Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB] レビュー・評価

2018年 5月25日 発売

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]

  • Radeon RX VEGA 64搭載オーバークロック仕様のビデオカード。広帯域の大容量キャッシュメモリーHBM2 8GBを備え、高い電力効率とメモリー性能を提供。
  • VR対応モデルで、AMDのLiquidVRテクノロジーにより、VR体験とのスムーズな互換性を実現し、美しく多彩で臨場感のあるVR体験が可能。
  • 映像出力端子にDisplayPort 1.4×3、HDMI 2.0b×1を装備。AMD Eyefinityテクノロジーをサポートし、柔軟なマルチディスプレイ構成ができる。
Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

搭載チップ:AMD/Radeon RX Vega 64 バスインターフェイス:PCI Express 3.0 x16 モニタ端子:HDMIx1/DisplayPortx3 メモリ:HBM2/8GB Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]の価格比較
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]の店頭購入
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のスペック・仕様
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のレビュー
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のクチコミ
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]の画像・動画
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のピックアップリスト
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のオークション

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]MSI

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 5月25日

  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]の価格比較
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]の店頭購入
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のスペック・仕様
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のレビュー
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のクチコミ
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]の画像・動画
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のピックアップリスト
  • Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > グラフィックボード・ビデオカード > MSI > Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.20
(カテゴリ平均:4.44
レビュー投稿数:30人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 3.68 4.57 -位
画質 画質のよさ 4.76 4.56 -位
機能性 機能の豊富さ 4.55 4.21 -位
処理速度 処理速度の速さ 4.64 4.36 -位
静音性 動作音は静かか 3.01 4.29 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.28 3.56 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

おもきょきょさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性3
付属ソフト4

CPUは31〜61℃くらいでした。

ファンの音はヘッドホン使用なら自分は気にならないくらい

2019年11月にAmazonにて¥31.091にて購入。
2600K以来の久しぶりの自作でグラボの1050tiはそのまま引っ越し予定だったけど、せっかく9900Kにしたんでグラボも2070S辺りにしたくてあれこれ検索してMSIのVentusがお手頃っぽいけど60.000弱・・・パーツ流用はサウンドカード、電源、ケースくらいしかできなくてモニターも買い替えたかったので予算を削ることに・・・・

レビューや口コミでのチューニングで化けるっぽいとの書き込みを見て面白そうだったので、思い切って購入です!まずは構成。余計なのも出てますが、もしかしたら近い構成の方もおられるかも知れないので一応全部書いておきます。

【PCケース】CORSAIR GRAPHITEシリーズ ホワイトモデル CC600TWM-WHT
【CPU】 Corei9-9900K
【マザーボード】ASUS ROG STRIX Z390-F GAMING【ATX】  
【グラボ】MSI Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC
【SSD】SSD 250GB 970 EVO Plus M.2 Type2280
【HDD】 WD Green 3.5inch IntelliPower 3.0TB
【Sカード】CREATIVE PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium HD SB-XFT-HD
【電源】Corsair 80PLUS GOLD CMPSU-1200AXJP
【CPUクーラー】Corsair H150i PRO RGB 水冷CPUクーラー
【メモリ】G.Skill SniperX F4-3600C19D-16GSXWB 
【ディスプレイ】三菱FLATRON E2341×2(古い・・・)

CPUはオーバークロックなしで使用。メモリーだけXMPIIの自動オーバークロック3600。Biosでいじったのはこれくらいかな。

Radeon設定はクチコミで「Re22さん」の「低電圧化でワットパフォーマンス大幅上昇」を丸コピーしました(笑)
色々細かいチューニングもアレンジしたんですが、自分の環境には一番マッチだったようです。
性能>電気代だったので、電圧制限も+50%にしてます。

FF14とFF15ベンチ回して「え?思ってたより全然いい」っていうのが感想でした。
温度、ファンの音、電気代を気にしなければこれだけお手頃のグラボはないんじゃないでしょうか。

現在ファンや電圧の調整を微妙にコントロールして、さらにベストな設定が出来ないか試しています(電気代犠牲にしてももっとパフォーマンス上げる設定がないのか等)これが楽しい。こういう設定の試行錯誤が好きで燃える人結構いるんじゃないでしょうか?(笑)

配線が見苦しいですがPCとベンチ、ファンの設定写真ものせておきます。






レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

月の輪のらいぞうさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
画質4
機能性4
処理速度4
静音性2
付属ソフト無評価

RX480と入れ替えました
WQHD環境でFHD環境RX480以上のパフォーマンスがありそうです

ケースも金属製でしっかりしたつくりで満足度が高いです

PCIE 8pinが二個ある650Wの電源で使用中ですが
バランスモードMAX220Wぐらいで問題なさそうです

ゲームで負荷がかかると外排気らしく音は大きいです
反対にアイドル時は予想以上に静かに感じました

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

edo0219さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性無評価
処理速度5
静音性3
付属ソフト無評価

amazonにて約32000円で購入しました。
3万円ちょっとでこの性能ならコスパよいのではないでしょうか?

少し気になる点としてはやはり消費電力が高いところ
ファン回転数が高いとかなりうるさいところでしょうか。

値段の割に高性能、自分はとても満足しています。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

タカアンドヒロさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
画質無評価
機能性4
処理速度5
静音性3
付属ソフト無評価

8月にツクモで税込35000円で購入しZEN2 3600機に装着
XO病とマルチモニタ時のメモリクロック張り付きを避けたかったのでHBMであるVEGAの本製品を選びました
OverdriveNToolでP5〜P7を150mVほど下げ(もっと下げられるかも)Pwoer Target -25%で使用しています

【安定性】
安定性はいつものRADEONですが私はドライバ19.7.3で大きな問題は起きておらず普通に遊べています

【機能性】
Fluid Motionも破綻が少なくすごくいいです

【処理速度】
前環境のi7-3770+RX470と比べWorld War 3等のフレームレートが倍増しよりリッチな設定にできとても満足しています

【静穏性】
Zero RPM機能はないはずですがファンコンをいじらなければアイドル時はファンが止まります
ほぼ無音ですが負荷に伴ってミョーと云う感じに鳴きますし高回転時の音はお察しの通りです
とはいえR5のような静穏ケースであれば中負荷程度なら気になりませんし2400RPMまでは割と静かなのでイヤホンをしていれば聞こえません

ちなみにHWiNFO上ではアイドル時100RPM前後で動いてるように見えますが実際には止まっていて430RPM(13%)あたりから回り始めます

【総評】
安売りされている旧世代のRX500とRX400シリーズで使うのと同じゲーム設定同じFPS上限なら消費電力は半分で済みますからワッパはかなりのものです
倍の値段ですが確実に倍以上の性能でお買い得です

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sakage3333さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質無評価
機能性5
処理速度5
静音性4
付属ソフト無評価

安価になったので2枚購入しました。
外排気ファンなので冷却面で色々気を遣わずに複数枚搭載できます。
消費電力がネックですが低電圧化すればかなり抑えられ、ファンノイズも静かになります。

私の用途では1.4GHz,900mV駆動でRADEON VII(標準設定)の80%程度の性能、電力性能比はVIIを上回ります。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ニーソスキー教授さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
2件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
1件
マウス
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質無評価
機能性4
処理速度4
静音性4
付属ソフト無評価
   

   

型落ちとはいえ1世代前のハイエンドGPUが3万円で購入できたのはとてもラッキーでした。

【機能】デュアルBIOSになっており、ブラケット側がプライマリ、手前がセカンダリで20W程度省電力寄りの設定になっています。
【デザイン】本機は外排気のブロワーファンのため、軸流ファンを複数搭載できるオリファンモデルに比べれば冷却面では不利です。
一方で、ケース内に熱気を撒き散らさないために、省スペースのPCやマルチGPUで真価を発揮します。
私の場合もMini-ITXのため、外排気グラボはよく利用します。
筐体はバックプレートを含めほぼ金属製で、手に持ってみるとずしりとくる重さと金属の冷たさがあってかっこいいです。(1kg超)

いかに発熱を抑えてファン回転数を抑えるかがジサカーとしての腕の見せどころとなります。
実際のチューニングは各自お調べいただきたいです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Hisami Tachibanaさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
2件
タブレットPC
0件
3件
CPU
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度5
静音性2
付属ソフト無評価

   

   

RX5700と迷ったのですがRX5700は現在Fluid motionの存在が確認できないことと、2019年8月時点、この商品が以前と比べ大変安価ということもあって、購入を決めました。
Ryzen5 1600ではボトルネックかもしれないと思いつつ購入したVega 64ですが、その前に使ってたRX480と比較してFF14ベンチスコアは10600から13700で3000上がり30%スコアアップという感じ。FirestrikeはCPUが違うので一概に比較できないけどスコア12000から19000(Wattmanターボモード、カスタムで電圧下げた設定だと17800くらい)と性能アップを感じてます(Ryzen5 1600、RX480のスコアは検索して下さい。でも同じくらいで12000くらいだったと思います)。

windows8.1を使っていますが、windows7用のドライバで殆ど不具合なく動きます。
ブラウザのハードウェアアクセラレーション支援はオフにして下さい、オンにすると一部動画や配信動画などを見るとフリーズします。DXVAデコーダとも相性が良くない様子で、DXVAデコーダの使用もMPC-BEなどを使う時はオフにして使っています。少し調べた感じ、他のwindowsでもそうなのかもしれません。
ドライバなのかVega64自身がなのかわかりませんがハードウェアアクセラレーション支援やDXVAデコーダ周りあたり一部不具合を抱えているのかなって思います。

設定はWattmanにてカスタムで設定していて、平均消費電力を少し下げるため、GPU電圧制御を手動で設定しています。上から1100、1080、1050、1020、980、950、900という感じです。MHzはダイナミックをオンにしています(数値は変えず)。メモリのMhzは1100(後日、断続的高負荷時に起きるモニター一、二箇所の点滅が気になって色々探ったところ、これを1070に下げたところ消えました、現在は余裕を見て1060で運用中)。
ファンの回転数は少し静音化を試みて75℃で38%回る設定。その設定で今のところ安定動作しています。
グラフィックボードのファンの煩さはFF14ベンチやFirestrikeベンチを回している時なかなか煩いです。ドライヤーの弱くらいの煩さがあります(回転数は2700rpmくらい)。でもまあ、慣れでしょうね。Minecraftを影MODを入れて遊ぶ時は時々Minecraftでの高負荷がかかると少し回る感じです(1700rpmくらい)。
ちなみにWattmanでファンの回転数を100%に設定すると回転数は3600rpmくらいになります。

主に遊んでいるゲームはMinecraftですが、FPSは思ったほどアップしませんでした。CPUがボトルネックなので。Minecraftはメインはシングルスレッドの性能で、MODなどを使う時にMODに対してのみ他のスレッドを使う感じなので結局はシングルスレッドの性能が高くないと良いグラフィックボードを買ってもCPUがボトルネックになります。FPSが出ません。
MinecraftのFPSは比べた感じRX480+core i7 6700K 4.6GhzにOCとVega64+Ryzen5 1600が同じくらいか少しだけVega64+Ryzen5 1600のスコアが上という感じです。Minecraft JE1.12.2にForge、Optifine、影MOD(SEUS11.0、Renewed1.0.0など)の環境で比較しました。RX480+Ryzen5 1600だとFPSが10〜20くらい下です。最初の組み合わせやVega64+Ryzen5 1600では描写距離24チャンクで建物がある牧場(牛、豚、羊、鶏、馬などたくさん)付近でFPS20〜30でます。RX480+Ryzen5 1600では20を切っていました。
ちなみにOCしたcore i7 6700KはCinebench R15でシングルスレッド性能200ちょうど前後でした。
今使っているRyzen5 1600は4.0GhzにOCしてシングルスレッド性能160くらいです。
将来的にRyzen7 3700X(OCしてない状態でCinebench R15でシングルスレッド200くらいというのを見かけた)などに買い換えるつもりなのでMinecraftでどのくらいCPUのボトルネックが解消されるのか楽しみです。もちろんFF14ベンチやFireStrikeの数値アップにも期待です。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

器割丸さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
メモリー
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
画質5
機能性5
処理速度5
静音性3
付属ソフト無評価

【安定性】
そのままでも安定して動いてくれますが、フルロード時に燃費が悪くなります。

【画質】
綺麗です。今まで使っていたsandy bridge時代の内蔵グラフィックより、高解像度でできることがかなり多くなりました。

【機能性】
ドライバに付属しているソフトが多機能で使いやすく、マシンパワーの調整などをして消費電力を抑えつつ高パフォーマンスを維持するように設定することもできます。

【処理速度】
とても早いです。ある程度ハイエンドな要求には耐え、ミドルをターゲットにした少し軽めの用途では余裕を持って動作していることが使用率や消費電力などから読み取れます。

【静音性】
外排気タイプなのでやはり音はするのですが、あまり耳障りでなく、アイドル時は扇風機やエアコンの動作音より静かで、動作時もイヤホンをすれば気にならなくなる程度の音です。

【付属ソフト】
ドライバ付属のソフトが便利で、このボードに付属のソフトはあまり利用していないので無評価です。

【総評】
消費電力は低負荷時は少なく抑えられており、高負荷時も設定によってTDPよりかなり下の、200w弱付近の消費電力で高性能を発揮することができる、コストパフォーマンスに優れたグラフィックボードだと思います。問題は熱と、その熱を排出するための音ですが、デスクと距離を離し、熱がちゃんと流れる場所に置けるような人には、あまり問題なく使用できるのではないでしょうか。私自身は、デスクの真横に置いているのですが、負荷が高くなる時はイヤホンをしているせいもあり平気でした。購入前に思っていたよりデメリットが気にならなかったので、かなり満足しています。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

minanihaさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
5件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
画質無評価
機能性5
処理速度無評価
静音性2
付属ソフト無評価

9/20現在ヤフショで31980円で売っていますね
(ポイントも考えれば実質はさらにお安い!)
VEGA64には本機の外排気シロッコファンでは冷却性能が足らず
本気を出せてない感があります

外排気シロッコファンなら性能出せないからVEGA56でもいいと思うのですが
現在VEGA56よりも寧ろ安い!

実用上低電圧化・FAN速度最適化必須だと思います
(お好み・環境によりパワーリミットの変更も)

標準セッティングでは大雑把に
5700無印とほぼ互角の本機
(パワーリミットやブーストクロックのごにょごにょすれば1割程5700に分がある)


good
・標準セッティングで5700とタメを張り31980円とコスパ最高
・外排気シロッコファンはうるさいのだが、普通のFANとは音質が違い
 例えればドライヤーのような音で低音は響かない
 特にヘッドホンを使うとかすれば音量の割に気になりにくいと思う
・静圧の高いシロッコファンの外排気なので
 ケース内に熱風を撒き散らさない
 窒息気味のケースでも確実に冷却する
・5700シリーズよりドライバが成熟して安定している
・fluid motionが使える
・geforceと比較してFreeSynch対応

bad
・でかい重いうるさい
 (27cm、1068g、シロッコファン)
・大雑把に同性能の無印5700より130W電気食い=熱い=うるさい
・RTXのNVENCにはかなわない

まとめ
・RTX2070やRTX2060superより5700を狙ってる人
・5700には値段や安定性の面からまだ手が出せない人
・どうしてもfluidmotionが必要な人
・騒音と発熱と消費電力に目をつむれる人
・設定を煮詰めるのが好きなOC気質な人
・値段が一番気に入った人
全部当てはまる人にはオススメです!



*9/28追記

しばらく使用して
FurmarkやFFXVベンチ(4K NVIDIA関連以外最高)で1時間焚いて
異常無く許容できるFAN速度で概ね65℃以下に
落ち着くところを目標に設定煮詰めてみて・・・・

中々どうして、いや、すごく良いです!
実は本機のVega56版の中古を所持していて
64/56ぐらいの消費電力で1割ぐらいのパフォーマンスアップに
なればいいな〜と期待してはいたのですが
性能アップしつつほぼ同等の
消費電力≒発熱≒騒音に抑えられたw

購入した個体が当たりなのか
56が中古で劣化していたのか外れ個体だったのか
56は64の選別落ち?だからなのでしょうか?
コアの回路規模が増大してHBM2がサムスンになって速くなったのに
当方の個体に関しては両者のコア電圧とクロックそろえて
ほぼ同じ消費電力でしたっ

それでもデフォでは爆熱なので
設定煮詰めるのが苦にならない人には
安くて56よりメモリも速いしオススメです!
その際ワットメーターか電力計機能搭載電源は必須です!

参考になった3人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

NJINさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性4
処理速度5
静音性3
付属ソフト3

=====================================
CPU: RYZEN 5 2600
Motherboard: MSI B450M BAZOOKA PLUS
MEMORY: Corsair CMK16GX4M2A2666C16 8GB x 4 = 32GB
Graphic card: MSI Radeon RX 570 ARMOR 8G ⇒ MSI Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC
PowerSupply: 玄人志向 80PLUS Bronze 650W
OS:Windows10 64bit Pro
Monitor:24インチ FHD 60Hz 2台
Case:オープンケース状態
室内温度:27~28℃
=====================================

購入前に何より心配になってたところは、
やっぱり「騒音」と「(消費電力による)発熱」だった。


・まず「騒音」に関しては、
60hzモニター環境(FHD)だったらまず高負荷ゲーム(PUBGなど)でもGPUが余裕で処理するため、
そもそも温度が上がらないし、当然うるさくもなかった。
(PUBGでは90~160fpsを記録。65~70℃)

3DMARKのFireStrikeテストやストレステストで、
わざわざ高負荷を掛けるとさすがにうるさくなる。
高負荷の際にも特に高周波などはなし(個体差があるらしい)。
FireStrikeのGraphicScoreは「22300」

・次は「発熱(消費電力)」
VEGAシリーズがAMDビデオカードの中でもさらに電力のバカ食いで有名なモデルなので、
現在持ってる650wブロンズで耐えてくれるかがまず心配だったが、
バランスモードではビデオカードだけでピーク時220wほどの消費で、問題なく起動できたので安心。

AMDのwattman設定で電圧を下げること(メモリは上げる)で、
さらに性能を上げてそのまま220w~230wを安定的にキープ出来た。
FireStrikeのGraphicScoreは「23643」。ストレステストも98.7%達成。
(wattman設定は口コミにある画像を参考+電力制限50%)

意外と外排気ファンの性能が悪くなくてびっくり。
ただその分室内の温度は必ず上昇するので
夏使用時はエアコンなどは必須だと思う。
(室内温度はエアコンで27~28℃前後)


RX570に続いてコスパ抜群だし買って大成功。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

紫っぽい黄色さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
3件
17件
SSD
0件
3件
自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度4
安定性4
画質5
機能性4
処理速度5
静音性3
付属ソフト4

グラボ買い換えたいな〜と、価格COMを漁っていたら、値下げ率がかなり高い、こちらのボードを見つけた。

む、ね、値下げ率60%超って・・・・これ、AMD(ATI)のフラッグっシップモデルじゃないですか・・・・・まぁちょい古いけど、

中古でGF 10XX系を買うより、こちらの方がコスパが良い、との判断で、購入しました。
(YAHOOショッピングですとポイントキャンペーン分で実質25kぐらいで買えるので・・・。)

GF GT 1030からの乗り換えですので、当然のごとく性能は段違い。

Radeonはかなり久しぶりですが、ソフトもかなり良いものが付属していますね。

スコア等は未計測ですが、価格性能比はかなりのものだと思います。

ただ、電力はかなり食いますけどね・・・・・省電力モードでも200w切るぐらいか・・・・

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tenbitさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
画質5
機能性5
処理速度4
静音性3
付属ソフト4
   

FH4のベンチマークテストの結果

   

【安定性】 非常に良いです。

【画質】 4kモニターを使用していますが全く問題ないです。

【機能性】 ユーティリティソフトもなかなか使い勝手が良いです。

【処理速度】 Forza Horizon 4の画質向上のための買い換えでしたが、4k ウルトラで60fpsが達成できたので満足です。

【静音性】 ゲーム中は気になりませんが、やはり処理中の音はかなりのものです。

【総評】 価格が下落する中、ヤフーショッピングの割引で実質25000円位で買えたこともあり、そのコスパの高さに大満足。まだ購入して間がないので、これから色々な設定を試していくのが楽しみです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MissyKittyさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:6人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性4
画質5
機能性5
処理速度5
静音性1
付属ソフト無評価

4Kディスプレイを購入したのでディスプレイに合わせて性能を上げるためにRX470から切り替えました。さらにDeepLearningの勉強用にLinuxのROCmでTensorflowを動かしてみたり、Window MRでのVRに使用しています。

VEGA64のアッパーミドルからハイエンドに属するGPUなので、DCGAN等のDeepLeaningでは十分な性能が出ます。VRは今のところSteamVRの無料アプリを少し動かしただけですが特に問題はありません。画質についても問題なくYoutubeの4K動画がきれいに表示できています。

音はうるさいです。またワットモニターで測定するとDeepLearningの学習時やVR時など高負荷になるとPC全体で消費電力が400W近くになります。

また、ディスプレイ(PHILIPS 276E8VJSB/11)や変換アダプタ(サンワサプライ AD-DPPHD01) の問題かもしれませんが、DPを変換してHDMIに接続した場合、スリープ後に再表示できない場合や、ディスプレイにDPで接続している別のPCに表示を切り替えた後HDMIに戻したときに再表示できないことがあります。HDMIで直接ディスプレイに接続した場合は問題ないので、VRヘッドセットをDP変換で接続しています。

今安いお店では35000円ぐらいで購入できるのでコストパフォーマンスは非常に高いです。安くてそこそこ性能のあるグラフィックボードが必要な方にはおすすめです。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Aspirationalさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
安定性5
画質5
機能性3
処理速度5
静音性2
付属ソフト3

久しぶりにPCゲームがやりたくなったので、そのために今回購入しました。
目的はフルHDで最新のゲームをやることで、宗教上の理由からNvidia製品は買うことができないため、
必然的に本製品を選択しました。

・安定性
Assasin's Creed OdysseyやShadow of the Tomb Rainder, Biohazard RE2等の最新ゲームをフルHD最高設定で長時間プレイしていますが、今のところ非常に安定しています。

・画質
画質の良しあしはあまりわかりませんが、素人目に見て発色等綺麗だと思います。

・機能性
Freesync等いろいろな機能はありますが、特に多くも少なくもないのでは。

・処理速度
ゲーム目的での購入なので、ゲームの処理性能のみに関していうと、おおむねRTX2070やGTX1080と同等です。
4K等でゲームをするわけではないので、満足のいくパフォーマンスです。

・静音性
正直に言うと、五月蝿い部類に含まれると思います。
高負担時は、ヘッドホンをしていても分かるほどファンの音が五月蝿いです。
また、コイル鳴きも確認できます。

・付属ソフト
グラフィックドライバの他に、MSIのAfterburnerが付属していますが、とてもOCできるようなカードではないので、使う機会はほぼないかと思われます。

消費電力が非常に高いこと、ファンの音が五月蝿いことを除けば非常に満足です。
次世代のNAVIにも期待したいです。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GoriSan12さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

メモリー
0件
1件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
画質4
機能性4
処理速度4
静音性3
付属ソフト4

とある目的で自作のグラボを1080tiから換装して使ってます。
ランクダウンするのも嫌でしたので、丁度NTT-x で安くなっていたので購入。
結果としては何の遜色もなく動いてます。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]
MSI

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 5月25日

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC [PCIExp 8GB]をお気に入り製品に追加する <157

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(グラフィックボード・ビデオカード)

ご注意