『良し悪しハッキリ別れるもジワジワ良さが効いてくるクルマ』 スバル フォレスター 2018年モデル Alpineclimberさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > フォレスター 2018年モデル

『良し悪しハッキリ別れるもジワジワ良さが効いてくるクルマ』 Alpineclimberさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォレスター 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:208人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
0件
レンズ
3件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4
良し悪しハッキリ別れるもジワジワ良さが効いてくるクルマ

Advance 2.0(A型末期)
納車1年、約15000km走行しまして、エイジングや車両のクセへの慣れとかこなれてきたのでレビューを投稿したいと思います。
(所々、前所有車カローラ・ルミオンや友達所有の前型フォレスターと比較しつつ)

【エクステリア】
コンサバでデザイン的な攻めが足りないとか、前型からほとんど変わってないとか言われていますが、個人的には良いと思ってます。前型と比べても洗練されてきたと思います。角張ったデザインのためか本車より若干幅広の競合他車(RAV4, CRV, CX5など)と比べても大きさの見劣りは全くありません。個人的にはライトグリーンのカラーリングがとても気に入っています。
イケてない点に、前型と比べて後方視界が若干劣っている点や、雨天走行中にボンネットのノッチに溜まった水が跳ねる点が挙げられます。

【インテリア】
全体的に不満はありません。強いて言えば収納スペースがやや少ないことくらいでしょうか。
ガバッと開く荷台は使い勝手がよいです。室内空間も広く、車中泊にもストレスなく対応できますね。
余談ですが社外の擬似革シートカバーかけると高級感かなり増しますね!

【エンジン性能】
力不足はAdvance所有者の多くが不満に思う点ですね。確かに非力感は否めません。中央自動車道の笹子トンネル付近や韮崎〜諏訪南間などの上りで法定速度を維持するのに3000回転必要です。モーターアシストの効かない100km/h以上の加速もかなり重いです。このあたり車重に対する絶対的な力不足はどうしても目立ちますね。また発進時は一旦モーター回すせいかエンジントルクが出るまで若干のラグがあります。さらに言うと3000回転以上の高負荷時でもバッテリーチャージが走ることがあり、ちょっと理解に苦しむ制御も…
ネガが目立ちますが、アクセルのクセさえつかめれば80km/hまではかなり機敏に動いてくれます。少なくとも下道走る分には快適で、普段使いのうえでは全く不自由は感じません。

【走行性能】
常時AWDの安心感や安定感はよいですね。前所有車よりずっと大きな体格・地上高ですが、ロールや旋回半径などほとんど運転感覚は変わりません。これはけっこうすごいことかと。
時たまちょっとアホなハイブリッド制御はご愛嬌…今後の成熟に期待。

【乗り心地】
よいです。長時間運転がまるで苦になりません。
自称酔いやすいという友人も、この車では不思議と酔わないと言っていました。
ロードノイズがもう少し抑えられると尚良いのですが…

【燃費】
満タン法で、2〜3人で山行くときはだいたい14km/L強、5人冬山フル装備(荷台パンパン)で東京〜八ヶ岳(美濃戸山荘)走ったときは13km/L、下道中心に東京〜仙台など平坦な道走行時は17km/L近く出ます。近所の混みやすい道ちょい乗りで10km/Lくらいです。
全体的に、前車カローラ(FF)と比べて車格が全く違うのに燃費は若干悪いくらいに収まってます。ただ、条件や運転の仕方次第ではずいぶん差がでそうです。
世間的にはあまり肯定的な評価は聞きませんが、私は割とよいと思っています。しかしながらストロング系ハイブリッド車とは比べるべきではないですね。あちらは50万以上高額ですので...

【価格】
価格に見合う価値は十分にあります。
ディーラーからもそこそこ値引きが引き出せれば、とてもコスパに優れた車だと思います。
これ以上を求めれば、当然価格も跳ね上がります。

【総評】
美点と欠点がはっきり出るクルマです。2.5L NAと本車とでは価格差がほとんどありませんが、重点(性格)が明確に違うので、そこをきちんと理解すればどちらを選んでもそれなりに高い満足度が得られると思います。いろいろ言われる本車も後年改良が進めば更に快適さを増すでしょう。
ただ長い目で見れば、本車はストロング系ハイブリッドやPHEVへの過渡期の中途半端な存在でしかないのかもしれません。
いずれにせよ、不満はあれど噛めば噛むほどジワジワ良さがわかる、独特な良さのある車です。せっかく新車で買ったので、これからも長く付き合いたいと思います。

レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
東京都

新車価格
309万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
15万円

フォレスターの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった26人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4
良し悪しハッキリ別れるもジワジワ良さが効いてくるクルマ
   

   

Advance 2.0(A型末期)
納車1年、約15000km走行しまして、エイジングや車両のクセへの慣れとかこなれてきたのでレビューを投稿したいと思います。
(所々、前所有車カローラ・ルミオンや友達所有の前型フォレスターと比較しつつ)

【エクステリア】
コンサバでデザイン的な攻めが足りないとか、前型からほとんど変わってないとか言われていますが、個人的には良いと思ってます。前型と比べても洗練されてきたと思います。角張ったデザインのためか本車より若干幅広の競合他車(RAV4, CRV, CX5など)と比べても大きさの見劣りは全くありません。個人的にはライトグリーンのカラーリングがとても気に入っています。
イケてない点に、前型と比べて後方視界が劣っている点や、雨天走行中にボンネットのノッチに溜まった水が跳ねる点が挙げられます。

【インテリア】
個人的に悪いと思う点はあまりありません。収納スペースがやや少ないことくらいでしょうか。
社外の擬似革シートカバーかけると高級感かなり増しますね!

【エンジン性能】
力不足はAdvance所有者の多くが不満に思う点ですね。確かに非力感は否めません。中央自動車道の笹子トンネル付近や韮崎〜諏訪南間などの上りで法的速度を維持するのに3000回転必要です。モーターアシストの効かない100km/h以上の加速もかなり重いです。このあたり車重に対する絶対的な力不足はどうしても目立ちますね。また発進時は一旦モーター回すせいかエンジントルクが出るまで若干のラグがあります。さらに言うと3000回転以上の高負荷時でもバッテリーチャージが走ることがあり、ちょっと理解に苦しむ制御も…
ネガが目立ちますが、アクセルのクセさえつかめれば80km/hまではかなり機敏に動いてくれます。少なくとも下道走る分には快適で、普段使いのうえでは全く不自由は感じません。

【走行性能】
常時AWDの安心感や安定感はよいですね。前所有車よりずっと大きな体格・地上高ですが、ロールや旋回半径などほとんど運転感覚は変わりません。これはけっこうすごいことかと。
時たまちょっとアホはハイブリッド制御はご愛嬌…今後の成熟に期待。

【乗り心地】
よいです。長時間運転がまるで苦になりません。
自称酔いやすいという友人も、この車では不思議と酔わないと言っていました。
ロードノイズがもう少し抑えられると尚良いのですが…

【燃費】
満タン法で、2〜3人で山行くときはだいたい14km/L強、5人冬山フル装備(荷台パンパン)で東京〜八ヶ岳(美濃戸山荘)走ったときは13km/L、下道中心に東京〜仙台など平坦な道走行時は17km/L近く出ます。近所の混みやすい道ちょい乗りで10km/Lくらいです。
全体的に、前車カローラ(FF)と比べて車格が全く違うのに燃費は若干悪いくらいに収まってます。ただ、条件や運転の仕方次第ではずいぶん差がでそうです。
世間的にはあまり肯定的な評価は聞きませんが、私は割とよいと思っています。しかしながらストロング系ハイブリッド車とは比べるべきではないですね。あちらは50万以上高額ですので...

【価格】
価格に見合う価値は十分にあります。
ディーラーからもそこそこ値引きが引き出せれば、とてもコスパに優れた車だと思います。
これ以上を求めれば、当然価格も跳ね上がります。

【総評】
美点と欠点がはっきり出るクルマです。2.5L NAと本車とでは価格差がほとんどありませんが、重点(性格)が明確に違うので、そこをきちんと理解すればどちらを選んでもそれなりに高い満足度が得られると思います。いろいろ言われる本車も後年改良が進めば更に快適さを増すでしょう。
ただ長い目で見れば、本車はストロング系ハイブリッドやPHEVへの過渡期の中途半端な存在でしかないのかもしれません。
いずれにせよ、不満はあれど噛めば噛むほどジワジワ良さがわかる、独特な良さのある車です。せっかく新車で買ったので、これからも長く付き合いたいと思います。

レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
東京都

新車価格
309万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
15万円

フォレスターの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4
良し悪しハッキリ別れるもジワジワ良さが効いてくるクルマ

Advance 2.0(A型末期)
納車1年、約15000km走行しまして、エイジングや車両のクセへの慣れとかこなれてきたのでレビューを投稿したいと思います。
(所々、前所有車カローラ・ルミオンや友達所有の前型フォレスターと比較しつつ)

【エクステリア】
コンサバでデザイン的な攻めが足りないとか、前型からほとんど変わってないとか言われていますが、個人的には良いと思ってます。前型と比べても洗練されてきたと思います。角張ったデザインのためか本車より若干幅広の競合他車(RAV4, CRV, CX5など)と比べても大きさの見劣りは全くありません。個人的にはライトグリーンのカラーリングがとても気に入っています。
イケてない点に、前型と比べて後方視界が劣っている点や、雨天走行中にボンネットのノッチに溜まった水が跳ねる点が挙げられます。

【インテリア】
個人的に悪いと思う点はあまりありません。収納スペースがやや少ないことくらいでしょうか。
社外の擬似革シートカバーかけると高級感かなり増しますね!

【エンジン性能】
力不足はAdvance所有者の多くが不満に思う点ですね。確かに非力感は否めません。中央自動車道の笹子トンネル付近や韮崎〜諏訪南間などの上りで法的速度を維持するのに3000回転必要です。モーターアシストの効かない100km/h以上の加速もかなり重いです。このあたり車重に対する絶対的な力不足はどうしても目立ちますね。また発進時は一旦モーター回すせいかエンジントルクが出るまで若干のラグがあります。さらに言うと3000回転以上の高負荷時でもバッテリーチャージが走ることがあり、ちょっと理解に苦しむ制御も…
ネガが目立ちますが、アクセルのクセさえつかめれば80km/hまではかなり機敏に動いてくれます。少なくとも下道走る分には快適で、普段使いのうえでは全く不自由は感じません。

【走行性能】
常時AWDの安心感や安定感はよいですね。前所有車よりずっと大きな体格・地上高ですが、ロールや旋回半径などほとんど運転感覚は変わりません。これはけっこうすごいことかと。
時たまちょっとアホはハイブリッド制御はご愛嬌…今後の成熟に期待。

【乗り心地】
よいです。長時間運転がまるで苦になりません。
自称酔いやすいという友人も、この車では不思議と酔わないと言っていました。
ロードノイズがもう少し抑えられると尚良いのですが…

【燃費】
満タン法で、2〜3人で山行くときはだいたい14km/L強、5人冬山フル装備(荷台パンパン)で東京〜八ヶ岳(美濃戸山荘)走ったときは13km/L、下道中心に東京〜仙台など平坦な道走行時は17km/L近く出ます。近所の混みやすい道ちょい乗りで10km/Lくらいです。
全体的に、前車カローラ(FF)と比べて車格が全く違うのに燃費は若干悪いくらいに収まってます。ただ、条件や運転の仕方次第ではずいぶん差がでそうです。
世間的にはあまり肯定的な評価は聞きませんが、私は割とよいと思っています。しかしながらストロング系ハイブリッド車とは比べるべきではないですね。あちらは50万以上高額ですので...

【価格】
価格に見合う価値は十分にあります。
ディーラーからもそこそこ値引きが引き出せれば、とてもコスパに優れた車だと思います。
これ以上を求めれば、当然価格も跳ね上がります。

【総評】
美点と欠点がはっきり出るクルマです。2.5L NAと本車とでは価格差がほとんどありませんが、重点(性格)が明確に違うので、そこをきちんと理解すればどちらを選んでもそれなりに高い満足度が得られると思います。いろいろ言われる本車も後年改良が進めば更に快適さを増すでしょう。
ただ長い目で見れば、本車はストロング系ハイブリッドやPHEVへの過渡期の中途半端な存在でしかないのかもしれません。
いずれにせよ、不満はあれど噛めば噛むほどジワジワ良さがわかる、独特な良さのある車です。せっかく新車で買ったので、これからも長く付き合いたいと思います。

レビュー対象車
新車
購入時期
2019年6月
購入地域
東京都

新車価格
309万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
15万円

フォレスターの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「フォレスター 2018年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
★新型SPORTと新型X-BREAK、2台乗り比べて来ました (^_^)  4 2020年11月23日 11:33
満足感の高い買い物  5 2020年11月15日 20:34
フォレスタースポーツ 1.8Lターボ  5 2020年11月14日 12:12
1.8SPORT契約 試乗  5 2020年11月10日 23:05
BSアウトバックとの比較試乗  5 2020年11月9日 20:47
フォレスター納車しました!  5 2020年10月28日 12:24
アドバンスもっとアピールしたら良いのに!  5 2020年10月16日 23:20
質実剛健で、ファミリーにおすすめな車  5 2020年10月15日 13:32
スバル車いいよ。  5 2020年10月10日 22:55
スルメのようなクルマ!?  4 2020年10月7日 17:56

フォレスター 2018年モデルのレビューを見る(レビュアー数:162人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォレスター 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

フォレスター
スバル

フォレスター

新車価格:291〜328万円

中古車価格:209〜379万円

フォレスター 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <1379

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

フォレスターの中古車 (全4モデル/2,006物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意