『4Kチューナ搭載以外X9500Gと大差ないです!』 SONY BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ] Risa@Hさんのレビュー・評価

2018年 6月 9日 発売

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]

  • 4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」や高輝度技術「X-tended Dynamic Range PRO」を搭載した、49V型の4K液晶テレビ。
  • 独自技術の「X-Motion Clarity」により、動きの速い映像を「なめらか」かつ「くっきり」と再現。スポーツやアクションシーンでリアルな映像を楽しめる。
  • 「Android TV」機能を搭載し、リモコンに話しかけるだけでテレビ放送や録画番組、ネット動画のコンテンツを簡単に検索できる。
BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥178,480

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥178,480〜¥178,480 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン
画面サイズ

種類 : 液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:倍速駆動パネル LEDバックライトタイプ : 直下型 録画機能:外付けHDD BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ] の後に発売された製品BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]とBRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]を比較する

BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]

BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]

最安価格(税込): ¥141,999 発売日:2019年 6月 8日

画面サイズ:49インチ 種類:液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動パネル LEDバックライトタイプ:直下型 録画機能:外付けHDD
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のオークション

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]SONY

最安価格(税込):¥178,480 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 6月 9日

  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > SONY > BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]

『4Kチューナ搭載以外X9500Gと大差ないです!』 Risa@Hさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:153人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
5件
12件
エアコン・クーラー
2件
8件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質3
応答性能5
機能性5
サイズ5
4Kチューナ搭載以外X9500Gと大差ないです!

地上波もBSも興味ある番組が少なくなった昨今、AndroidTVで有料コンテンツをストリーミングで観れるので退屈はしません。
機種やメーカーを伏せて、家電量販店で見るとどの店に行っても、X8500Fと比べてもLED「部分」直下型のこのテレビが明るさにムラがなく圧倒的に綺麗に映っていたので、決め手になりました。

4Kのチューナーが未搭載ですが、画像処理エンジンが優秀なせいか、2K放送を4K画質にアップコンバートしてくれるので、4K映像に限りなく近い表現力があり、言われなければ4K放送と差異は感じません。
画質は実際の物より綺麗になってしまっていてやや人工的で、ソニー独特の原色が鮮やか過ぎて自然な色を求める人はシャープやパナや中国メーカーハイセンス傘下になった東芝が良いかと思います。

DAZN、U-Next、アマゾンプライム等AndroidTVの用途が多く +テレビという感じです。
4Kチューナーは買わずに、必要に応じて4Kチューナーのついたレコーダーを買う予定です。

音は薄型テレビの大きな課題のひとつですが、YAMAHAのサウンドバーを使用しており解決済みです。
ただ、画面から音が出力されているようで、はっきりしたこもったような音で聞き辛いということはなく、観るコンテンツによってはテレビのスピーカーでも十分な品質です。

今はとても安く買え、もう品薄になっていますが、昨年末にJoshinで110,000円と安く購入できたのでここまではほぼ満足していました。


この機種では搭載されておらず別売で3万以上(ソニー製だと約5万)必要だった4Kチューナーが、2019年モデルの新型のX9500Gに搭載されたので、X9500Gを先月2019年6月満を辞してリビング用に購入しましたが、2018年モデルの本製品と画質もレスポンスも音質も大差なく、4Kチューナー分で、X9000Fより4-5万円高いと自分に言い聞かせました。

今はもう10万以下で購入できるので、4Kチューナーで観れるコンテンツはごく一部で、地上波が4Kになる事はアンテナ等から種々4K環境が必要なので考えにくく2Kアップコンバード画像で十分です。
どうしても4Kチューナが必要になれば、わざわざチューナーを数万出して付け足しし配線を汚くするより、4Kチューナー搭載のレコーダーを購入すると思います。

今底値のようで個人的に49インチ、50インチテレビでは国内メーカーでは個人的に最高の画質と思います。
それが10万前後で買える今、文句の付けようがありません。

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-49X8500G [49インチ]
SONY > BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]
パナソニック > VIERA TH-49GX850 [49インチ]
視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
ドキュメンタリー
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
12〜15畳

参考になった11人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質3
応答性能5
機能性5
サイズ5
4Kチューナ搭載以外X9500Gと大差ないです!

地上波もBSも興味ある番組が少なくなった昨今、AndroidTVで有料コンテンツをストリーミングで観れるので退屈はしません。
機種やメーカーを伏せて、家電量販店で見るとどの店に行っても、X8500Fと比べてもLED「部分」直下型のこのテレビが明るさにムラがなく圧倒的に綺麗に映っていたので、決め手になりました。

4Kのチューナーが未搭載ですが、画像処理エンジンが優秀なせいか、2K放送を4K画質にアップコンバートしてくれるので、4K映像に限りなく近い表現力があり、言われなければ4K放送と差異は感じません。
画質は実際の物より綺麗になってしまっていてやや人工的で、ソニー独特の原色が鮮やか過ぎて自然な色を求める人はシャープやパナや中国メーカーハイセンス傘下になった東芝が良いかと思います。

DAZN、U-Next、アマゾンプライム等AndroidTVの用途が多く +テレビという感じです。
4Kチューナーは買わずに、必要に応じて4Kチューナーのついたレコーダーを買う予定です。

音は薄型テレビの大きな課題のひとつですが、YAMAHAのサウンドバーを使用しており解決済みです。
ただ、画面から音が出力されているようで、はっきりしたこもったような音で聞き辛いということはなく、観るコンテンツによってはテレビのスピーカーでも十分な品質です。

今はとても安く買え、もう品薄になっていますが、昨年末にJoshinで110,000円と安く購入できたのでここまではほぼ満足していました。


この機種では搭載されておらず別売で3万以上(ソニー製だと約5万)必要だった4Kチューナーが、2019年モデルの新型のX9500Gに搭載されたので、X9500Gを先月2019年6月満を辞してリビング用に購入しましたが、2018年モデルの本製品と画質もレスポンスも音質も大差なく、4Kチューナー分で、X9500Gより5万円高いと自分に言い聞かせました。

今はもう10万以下で購入できるので、4Kチューナーで観れるコンテンツはごく一部で、地上波が4Kになる事はアンテナから環境他4K環境が必要なので考えにくく2Kアップコンバード画像で十分です。
どうしても4Kチューナが必要になれば、わざわざチューナーを数万出して付け足しし配線を汚くするより、4Kチューナー搭載のレコーダーを購入すると思います。

今底値のようで個人的に49インチ、50インチテレビでは国内メーカーでは個人的に最高の画質と思います。
それが10万前後で買える今、文句の付けようがありません。

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-49X8500G [49インチ]
SONY > BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]
パナソニック > VIERA TH-49GX850 [49インチ]
視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
ドキュメンタリー
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
12〜15畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質3
応答性能5
機能性5
サイズ5
4Kチューナ搭載以外X9500Gと大差ないです!

地上波もBSも興味ある番組が少なくなった昨今、AndroidTVで有料コンテンツをストリーミングで観れるので退屈はしません。
機種やメーカーを伏せて、家電量販店で見るとどの店に行っても、X8500Fと比べてもLED「部分」直下型のこのテレビが明るさにムラがなく圧倒的に綺麗に映っていたので、決め手になりました。

4Kのチューナーが未搭載ですが、画像処理エンジンが優秀なせいか、2K放送を4K画質にアップコンバートしてくれるので、4K映像に限りなく近い表現力があり、言われなければ4K放送と差異は感じません。
画質は実際の物より綺麗になってしまっていてやや人工的で、ソニー独特の原色が鮮やか過ぎて自然な色を求める人はシャープやパナや中国メーカーハイセンス傘下になった東芝が良いかと思います。

DAZN、U-Next、アマゾンプライム等AndroidTVの用途が多く +テレビという感じです。
4Kチューナーは買わずに、必要に応じて4Kチューナーのついたレコーダーを買う予定です。

音は薄型テレビの大きな課題のひとつですが、YAMAHAのサウンドバーを使用しており解決済みです。
ただ、画面から音が出力されているようで、はっきりしたこもったような音で聞き辛いということはなく、観るコンテンツによってはテレビのスピーカーでも十分な品質です。

今はとても安く買え、もう品薄になっていますが、昨年末にJoshinで110,000円と安く購入できたのでここまではほぼ満足していました。


この機種では搭載されておらず別売で3万以上(ソニー製だと約5万)必要だった4Kチューナーが、2019年モデルの新型のX9500Gに搭載されたので、X9500Gを先月2019年6月満を辞してリビング用に購入しましたが、2018年モデルの本製品と画質もレスポンスも音質も大差なく、4Kチューナー分で、X9000Fより5万円高いと自分に言い聞かせました。

今はもう10万以下で購入できるので、4Kチューナーで観れるコンテンツはごく一部で、地上波が4Kになる事はアンテナから環境他4K環境が必要なので考えにくく2Kアップコンバード画像で十分です。
どうしても4Kチューナが必要になれば、わざわざチューナーを数万出して付け足しし配線を汚くするより、4Kチューナー搭載のレコーダーを購入すると思います。

今底値のようで個人的に49インチ、50インチテレビでは国内メーカーでは個人的に最高の画質と思います。
それが10万前後で買える今、文句の付けようがありません。

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-49X8500G [49インチ]
SONY > BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]
パナソニック > VIERA TH-49GX850 [49インチ]
視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
ドキュメンタリー
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
12〜15畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質3
応答性能5
機能性5
サイズ5
4Kチューナ搭載以外X9000Fと大差ないです!

地上波もBSも興味ある番組が少なくなった昨今、AndroidTVで有料コンテンツをストリーミングで観れるので退屈はしません。
機種やメーカーを伏せて、家電量販店で見るとどの店に行っても、X8500Fと比べてもLED「部分」直下型のこのテレビが明るさにムラがなく圧倒的に綺麗に映っていたので、決め手になりました。

4Kのチューナーが未搭載ですが、画像処理エンジンが優秀なせいか、2K放送を4K画質にアップコンバートしてくれるので、4K映像に限りなく近い表現力があり、言われなければ4K放送と差異は感じません。
画質は実際の物より綺麗になってしまっていてやや人工的で、ソニー独特の原色が鮮やか過ぎて自然な色を求める人はシャープやパナや中国メーカーハイセンス傘下になった東芝が良いかと思います。

DAZN、U-Next、アマゾンプライム等AndroidTVの用途が多く +テレビという感じです。
4Kチューナーは買わずに、必要に応じて4Kチューナーのついたレコーダーを買う予定です。

音は薄型テレビの大きな課題のひとつですが、YAMAHAのサウンドバーを使用しており解決済みです。
ただ、画面から音が出力されているようで、はっきりしたこもったような音で聞き辛いということはなく、観るコンテンツによってはテレビのスピーカーでも十分な品質です。

今はとても安く買え、もう品薄になっていますが、昨年末にJoshinで110,000円と安く購入できたのでここまではほぼ満足していました。


この機種では搭載されておらず別売で3万以上(ソニー製だと約5万)必要だった4Kチューナーが、2019年モデルの新型のX9500Gに搭載されたので、X9500Gを先月2019年6月満を辞してリビング用に購入しましたが、2018年モデルの本製品と画質もレスポンスも音質も大差なく、4Kチューナー分で、X9000Fより5万円高いと自分に言い聞かせました。

今はもう10万以下で購入できるので、4Kチューナーで観れるコンテンツはごく一部で、地上波が4Kになる事はアンテナから環境他4K環境が必要なので考えにくく2Kアップコンバード画像で十分です。
どうしても4Kチューナが必要になれば、わざわざチューナーを数万出して付け足しし配線を汚くするより、4Kチューナー搭載のレコーダーを購入すると思います。

今底値のようで個人的に49インチ、50インチテレビでは国内メーカーでは個人的に最高の画質と思います。
それが10万前後で買える今、文句の付けようがありません。

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-49X8500G [49インチ]
SONY > BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]
パナソニック > VIERA TH-49GX850 [49インチ]
視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
ドキュメンタリー
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
12〜15畳

参考になった1

満足度3
デザイン4
操作性3
画質4
音質1
応答性能2
機能性5
サイズ5
AndroidTVとLED直下型が決め手、実物より綺麗に映る。

地上波もBSも興味ある番組が少なくなった昨今、AndroidTVで有料コンテンツをストリーミングで観れるので退屈はしません。
機種やメーカーを伏せて、家電量販店で見るとどの店に行っても、X8500Fと比べてもLED直下型のこのテレビが明るさにムラがなく圧倒的に綺麗に映っていたので、決め手になりました。

4Kのチューナーが未搭載ですが、画像処理エンジンが優秀なせいか、2K放送を4K画質にアップコンバートしてくれるので、4K映像に限りなく近い表現力があり、言われなければ4K放送と差異は感じません。
画質は実際の物より綺麗になってしまっていて綺麗ですが、やや人工的でソニー独特の原色が鮮やか過ぎて自然な色を求める人はシャープやパナが中国メーカー傘下になった東芝が良いかと思います。

DAZN、U-Next、アマゾンプライム等AndroidTVの用途が多く +テレビという感じです。
4Kチューナーは買わずに、4Kチューナーのついたレコーダーを買う予定です。

音は薄型テレビの大きな課題のひとつですが、YAMAHAのサウンドバーを使用しており解決済みです。

あとはAndroidTVのアプリの反応が、ワンテンポ遅くタイムラグがあり、AndroidOSがアップデートされ重たくなった場合どうなるかですが、その前にソニータイマーが発動する気がしています。そうならない事を願いますが。

今はとても安く買え、もう品薄になっていますが、昨年末にJoshinで110,000円と安く購入できたのでここまではほぼ満足していました。

ところが新型の2019年型のX9500Gをリビング用に購入したら、大幅にX9000Fの課題が解決されていました。
AndroidTVのアプリの起動がHDDからSSDに交換したくらい速いです。
ペラペラ音質だった薄型テレビではしっかりした音(低音はやや弱いですが)最高レベルではないでしょうか。

4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」からアップデートされた「X1 Ultimate」は画質よりも処理速度がかなり快適に改善されており、
AndroidTVがサクサクになりより快適になりました。
4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」と「X1 Ultimate」の差は、インテルのプロセッサーに例えるとi3とi7くらいの差、
i5とXeon(4コアと12コア)くらいの差を感じます。

旧機X9000Fでは搭載されておらず別売で3万以上必要だった4Kチューナーが、新型のX9500Gに搭載されたのを考慮すると、発売間もないですが、15-16万円なら買いだと思います。

テレビは技術の進歩が早く寿命が短くなりましたが、その分とても安くなりました。

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-49X8500G [49インチ]
SONY > BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ]
パナソニック > VIERA TH-49GX850 [49インチ]
視聴目的
ニュース・報道
スポーツ
ドキュメンタリー
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
12〜15畳

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
4K液晶テレビの最高峰  5 2019年7月27日 21:34
安くて高画質です  5 2019年7月23日 17:29
ソニー好きなことを再認識した笑  4 2019年7月17日 19:01
4Kチューナ搭載以外X9500Gと大差ないです!  5 2019年7月17日 16:34
お買い得で満足  5 2019年7月17日 11:25
買ってよかった  5 2019年6月26日 22:31
AQUOS 50インチから買い換え  5 2019年6月16日 21:54
明るく鮮明な画面です。  5 2019年6月4日 17:38
多分人を選ぶ  4 2019年6月3日 00:23
最高のテレビ  5 2019年6月2日 06:20

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のレビューを見る(レビュアー数:41人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]
SONY

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]

最安価格(税込):¥178,480発売日:2018年 6月 9日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ]をお気に入り製品に追加する <2182

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[薄型テレビ・液晶テレビ]

薄型テレビ・液晶テレビの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意