『初有機EL』 東芝 REGZA 65X920 [65インチ] mn0518さんのレビュー・評価

2018年 7月25日 発売

REGZA 65X920 [65インチ]

  • 深みのある美しい"黒"を再現する「新世代4K有機ELパネル」を採用した、BS/CS 4Kチューナー内蔵の薄型テレビ(65V型)。
  • 「レグザエンジン Evolution PRO」や「BS/CS 4KビューティX PRO」機能により、ノイズを抑えて高精細な4K画質を実現する。
  • 地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画できる「タイムシフトマシン」や、2つの番組を同時に表示する「ダブルウインドウ」機能を備える。
REGZA 65X920 [65インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥368,000

(前週比:-98,400円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥368,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥368,000〜¥381,248 (3店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥368,000 〜 ¥368,000 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:4K OLED クリアダイレクトモーション 録画機能:外付けHDD REGZA 65X920 [65インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

REGZA 65X920 [65インチ] の後に発売された製品REGZA 65X920 [65インチ]とREGZA 65X930 [65インチ]を比較する

REGZA 65X930 [65インチ]

REGZA 65X930 [65インチ]

最安価格(税込): ¥383,300 発売日:2019年 7月18日

画面サイズ:65インチ 種類:有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:4K OLED クリアダイレクトモーション 録画機能:外付けHDD
 
  • REGZA 65X920 [65インチ]の価格比較
  • REGZA 65X920 [65インチ]の店頭購入
  • REGZA 65X920 [65インチ]のスペック・仕様
  • REGZA 65X920 [65インチ]の純正オプション
  • REGZA 65X920 [65インチ]のレビュー
  • REGZA 65X920 [65インチ]のクチコミ
  • REGZA 65X920 [65インチ]の画像・動画
  • REGZA 65X920 [65インチ]のピックアップリスト
  • REGZA 65X920 [65インチ]のオークション

REGZA 65X920 [65インチ]東芝

最安価格(税込):¥368,000 (前週比:-98,400円↓) 発売日:2018年 7月25日

  • REGZA 65X920 [65インチ]の価格比較
  • REGZA 65X920 [65インチ]の店頭購入
  • REGZA 65X920 [65インチ]のスペック・仕様
  • REGZA 65X920 [65インチ]の純正オプション
  • REGZA 65X920 [65インチ]のレビュー
  • REGZA 65X920 [65インチ]のクチコミ
  • REGZA 65X920 [65インチ]の画像・動画
  • REGZA 65X920 [65インチ]のピックアップリスト
  • REGZA 65X920 [65インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > 東芝 > REGZA 65X920 [65インチ]

『初有機EL』 mn0518さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

REGZA 65X920 [65インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:1278人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

映画(DVD・ブルーレイ)
5件
670件
薄型テレビ・液晶テレビ
4件
533件
ホームシアター スピーカー
4件
331件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質無評価
応答性能5
機能性5
サイズ5
初有機EL

(追記)
納品されて約1カ月が経ちましたが、新たに気づいた点がありましたので追記いたします。まずは改めて素晴らしいと思ったのが動画の応答速度性能です。液晶の場合、UHDBD等の高画質コンテンツにおいても微妙な「にじみ残像」が時折見受けられました。ハイエンドクラスのZ810xをもってしてもこの症状は出てしまい、どうセッティングしても軽減することができませんでした。これがX920ではまったく感じません。有機ELの画素応答速度は液晶ハイエンドと比較しても15分の1程度という高い数値がありますが、動画として最も自然な画に見えるのも有機ELの特徴だと思いました。

次にちょっと残念な点です。X920は動画配信のコンテンツのみ「ピュアダイレクト」がOFFれなくなりました。そのため映像にカクカク感が出てしまいます。また倍速モードは「スムース」でも殆どクリアスムースと同じヌメヌメした(映画チックな画ではない)映像で違和感を感じます。ただ、その動画コンテンツもプレーヤー経由で観た場合はピュアダイレクトもOFFにすることができますし「スムース」での視聴も自然な動きです。しかしレグザの液晶と比べ動画コンテンツにおいては残念な変更点です・・・。

-----------------------------------------------------------
58Z810Xからの買替です。
今回有機ELを購入するにあたりソニーのA8Fと最後まで悩みましたが、
・4kチューナーが内蔵になっている事
・デザイン
・画質には大きな違いが無い事
・使い慣れたレグザであること
などからX920にしました。また以前が58インチでしたので、65と55しかない有機では必然的に65インチになりました。42Z9000→50Z20X→58Z810Xとインチアップしてきて、とうとうフルサイズとなりましたがやっぱり65インチは迫力があります。

【デザイン】
初代X910の画面を消した際のラベンダー(紫っぽい)色が好きではありませんでしたが、パネルが新しくなったせいかX920はほぼ黒一色です。台座はX910より更に薄くなってブルーレイのケース1枚分程度の高さになっており、TV画面より台座(足)が一切前に出ていないデザインはTVのデザインとしてはこの上ない形だと思います。このクラスを使う方はサウンドバーを併用する方も多いと思いますが、画面前に何もないのでTVさえ底上げしてしまえばスムーズにサウンドバーが置けます。X920は画面に少しの傾斜をつけ、台座を重くして安定性を計っていますが、総重量46.5kgは有機の65インチの中ではかなりの重量級・・・、もう少し軽量化して欲しかった。画面の傾斜はまったく気にならないレベルです。ちなみに画面の薄さは実測で4mm、ベゼル自体は1.5mm位しかありません。ですので映像を写した時の黒い外枠の殆どが画面内のモノであるため、明かりを落して視聴すると画面だけが浮いている かのように見えます。

【操作性】
スイッチONで画面が立ち上がるまではしばらくかかりますが、あとは変わらずサクサクです。Z810xと比べてYoutubeなどの動画配信での操作は更に早くなったような気がします。リモコンのネットフリックスのボタンが一番下に来ましたので、使用頻度が高い人はとても使いやすいと思います。あとは「設定ボタン」がもう少し大きいとありがたいです。

【画質/応答性能】
自分がTVに求めている事は、4kブルーレイ等の高画質コンテンツを如何に綺麗に映し出してくれるか・・・という点で、X920に映し出すその映像は液晶ハイエンドと比較 しても 黒が沈んで色合いがくっきりするため、より肉眼に近い「奥行感/立体感」があります。特に4kブルーレイは素晴らしい画質です。後はどの角度から見ても「うっすらしない」視野角の広さは改めて良いと感じます。地デジもZ810Xと比較して、液晶ならではの残像も少なく安心して観ていられます。

【音質】
5.1chサウンドバー使用のためTV本体のスピーカーで聴く事はありませんが、ハイエンドらしく4つのスピーカーを装備しており薄型テレビとしては頑張っている方だと思います。

【機能性】
用途が完全に映画専用なので、タイムシフト機能は自分には宝の持ち腐れとなっています。ただし4kチューナーが内蔵になっていますので、年末開始のBS/ 4K放送では、NHKの高解像度カメラを使用したドラマやドキュメンタリー番組は非常に楽しみにしています。早々にチップの申し込みをしました。

【総評】
有機2代目のX920は「新型パネル」が採用されていますが、自宅で観るその映像美は2代目にしてかなりの完成度の高さで、残された課題は消費電力くらいではないか・・・と思うほどです。特に高画質コンテンツを映し出した時の黒が沈んだ立体的な映像には圧倒的なモノを感じます。また、視野角の広さや地デジの安定した映像など、どのような用途においても液晶ハイエンドクラスを上回っている・・・というのが率直な感想です。安い買い物ではありませんでしたが価格以上の満足感です。

視聴目的
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった30人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質無評価
応答性能5
機能性5
サイズ5
初有機EL

58Z810Xからの買替です。
今回有機ELを購入するにあたりソニーのA8Fと最後まで悩みましたが、
・4kチューナーが内蔵になっている事
・デザイン
・画質には大きな違いが無い事
・使い慣れたレグザであること
などからX920にしました。また以前が58インチでしたので、65と55しかない有機では必然的に65インチになりました。42Z9000→50Z20X→58Z810Xとインチアップしてきて、とうとうフルサイズとなりましたがやっぱり65インチは迫力があります。

【デザイン】
初代X910の画面を消した際のラベンダー(紫っぽい)色が好きではありませんでしたが、パネルが新しくなったせいかX920はほぼ黒一色です。台座はX910より更に薄くなってブルーレイのケース1枚分程度の高さになっており、TV画面より台座(足)が一切前に出ていないデザインはTVのデザインとしてはこの上ない形だと思います。このクラスを使う方はサウンドバーを併用する方も多いと思いますが、画面前に何もないのでTVさえ底上げしてしまえばスムーズにサウンドバーが置けます。X920は画面に少しの傾斜をつけ、台座を重くして安定性を計っていますが、総重量46.5kgは有機の65インチの中ではかなりの重量級・・・、もう少し軽量化して欲しかった。画面の傾斜はまったく気にならないレベルです。ちなみに画面の薄さは実測で4mm、ベゼル自体は1.5mm位しかありません。ですので映像を写した時の黒い外枠の殆どが画面内のモノであるため、明かりを落して視聴すると画面だけが浮いている かのように見えます。

【操作性】
スイッチONで画面が立ち上がるまではしばらくかかりますが、あとは変わらずサクサクです。Z810xと比べてYoutubeなどの動画配信での操作は更に早くなったような気がします。リモコンのネットフリックスのボタンが一番下に来ましたので、使用頻度が高い人はとても使いやすいと思います。あとは「設定ボタン」がもう少し大きいとありがたいです。

【画質/応答性能】
自分がTVに求めている事は、4kブルーレイ等の高画質コンテンツを如何に綺麗に映し出してくれるか・・・という点で、X920に映し出すその映像は液晶ハイエンドと比較 しても 黒が沈んで色合いがくっきりするため、より肉眼に近い「奥行感/立体感」があります。特に4kブルーレイは息を呑むほどの画質です。後はどの角度から見ても「うっすらしない」視野角の広さは改めて良いと感じます。地デジもZ810Xと比較して、液晶ならではの残像も少なく安心して観ていられます。

【音質】
5.1chサウンドバー使用のためTV本体のスピーカーで聴く事はありませんが、ハイエンドらしく4つのスピーカーを装備しており薄型テレビとしては頑張っている方だと思います。

【機能性】
用途が完全に映画専用なので、タイムシフト機能は自分には宝の持ち腐れとなっています。ただし4kチューナーが内蔵になっていますので、年末開始のBS/ 4K放送では、NHKの高解像度カメラを使用したドラマやドキュメンタリー番組は非常に楽しみにしています。早々にチップの申し込みをしました。

【総評】
有機2代目のX920は「新型パネル」が採用されていますが、自宅で観るその映像美は2代目にしてかなりの完成度の高さで、残された課題は消費電力くらいではないか・・・と思うほどです。特に高画質コンテンツを映し出した時の黒が沈んだ立体的な映像には圧倒的なモノを感じます。また、視野角の広さや地デジの安定した映像など、どのような用途においても液晶ハイエンドクラスを上回っている・・・というのが率直な感想です。安い買い物ではありませんでしたが価格以上の満足感です。

視聴目的
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質無評価
応答性能5
機能性5
サイズ5
初有機EL

58Z810Xからの買替です。
今回有機ELを購入するにあたりソニーのA8Fと最後まで悩みましたが、
・4kチューナーが内蔵になっている事
・デザイン
・画質には大きな違いが無い事
・使い慣れたレグザであること
などからX920にしました。また以前が58インチでしたので、65と55しかない有機では必然的に65インチになりました。42Z9000→50Z20X→58Z810Xとインチアップしてきて、とうとうフルサイズとなりましたがやっぱり65インチは迫力があります。

【デザイン】
初代X910の画面を消した際のラベンダー(紫っぽい)色が好きではありませんでしたが、パネルが新しくなったせいかX920はほぼ黒一色です。台座はX910より更に薄くなってブルーレイのケース1枚分程度の高さになっており、TV画面より台座(足)が一切前に出ていないデザインはTVのデザインとしてはこの上ない形だと思います。このクラスを使う方はサウンドバーを併用する方も多いと思いますが、画面前に何もないのでTVさえ底上げしてしまえばスムーズにサウンドバーが置けます。X920は画面に少しの傾斜をつけ、台座を重くして安定性を計っていますが、総重量46.5kgは有機の65インチの中ではかなりの重量級・・・、もう少し軽量化して欲しかった。画面の傾斜はまったく気にならないレベルです。ちなみに画面の薄さは実測で4mm、ベゼル自体は1.5mm位しかありません。ですので映像を写した時の黒い外枠の殆どが画面内のモノであるため、明かりを落して視聴すると画面だけが浮いている かのように見えます。

【操作性】
スイッチONで画面が立ち上がるまではしばらくかかりますが、あとは変わらずサクサクです。Z810xと比べてYoutubeなどの動画配信での操作は更に早くなったような気がします。リモコンのネットフリックスのボタンが一番下に来ましたので、使用頻度が高い人はとても使いやすいと思います。あとは「設定ボタン」がもう少し大きいとありがたいです。

【画質/応答性能】
自分がTVに求めている事は、4kブルーレイ等の高画質コンテンツを如何に綺麗に映し出してくれるか・・・という点で、X920に映し出すその映像は液晶ハイエンドと比較 しても 黒が沈んで色合いがくっきりするため、より肉眼に近い「奥行感/立体感」があります。特に4kブルーレイは息を呑むほどの画質です。後はどの角度から見ても「うっすらしない」視野角の広さは改めて良いと感じます。地デジもZ810Xと比較して、液晶ならではの残像も少なく安心して観ていられます。

【音質】
5.1chサウンドバー使用のためTV本体のスピーカーで聴く事はありませんが、ハイエンドらしく4つのスピーカーを装備しており薄型テレビとしては頑張っている方だと思います。

【機能性】
用途が完全に映画専用で普段から地デジはまったく観ないため、タイムシフト機能は自分には宝の持ち腐れとなっています。ただし4kチューナーが内蔵になっていますので、年末開始のBS/ 4K放送では、NHKの高解像度カメラを使用したドラマやドキュメンタリー番組は非常に楽しみにしています。早々にチップの申し込みをしました。

【総評】
有機2代目のX920は「新型パネル」が採用されていますが、自宅で観るその映像美は2代目にしてかなりの完成度の高さで、残された課題は消費電力くらいではないか・・・と思うほどです。特に高画質コンテンツを映し出した時の黒が沈んだ立体的な映像には圧倒的なモノを感じます。また、視野角の広さや地デジの安定した映像など、どのような用途においても液晶ハイエンドクラスを上回っている・・・というのが率直な感想です。安い買い物ではありませんでしたが価格以上の満足感です。

視聴目的
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった12

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質無評価
応答性能5
機能性5
サイズ5
初有機EL

58Z810Xからの買替です。
今回有機ELを購入するにあたりソニーのA8Fと最後まで悩みましたが、
・4kチューナーが内蔵になっている事
・デザイン
・画質には大きな違いが無い事
・使い慣れたレグザであること
などからX920にしました。また以前が58インチでしたので、65と55しかない有機では必然的に65インチになりました。42Z9000→50Z20X→58Z810Xとインチアップしてきて、とうとうフルサイズとなりましたがやっぱり65インチは迫力があります。

【デザイン】
初代X910の画面を消した際のラベンダー(紫っぽい)色が好きではありませんでしたが、パネルが新しくなったせいかX920はほぼ黒一色です。台座はX910より更に薄くなってブルーレイのケース1枚分程度の高さになっており、TV画面より台座(足)が一切前に出ていないデザインはTVのデザインとしてはこの上ない形だと思います。このクラスを使う方はサウンドバーを併用する方も多いと思いますが、画面前に何もないのでTVさえ底上げしてしまえばスムーズにサウンドバーが置けます。X920は画面に少しの傾斜をつけ、台座を重くして安定性を計っていますが、総重量46.5kgは有機の65インチの中ではかなりの重量級・・・、もう少し軽量化して欲しかった。画面の傾斜はまったく気にならないレベルです。ちなみに画面の薄さは実測で4mm、ベゼル自体は1.5mm位しかありません。ですので映像を写した時の黒い外枠の殆どが画面内のモノであるため、明かりを落して視聴すると画面だけが浮いている かのように見えます。

【操作性】
スイッチONで画面が立ち上がるまではしばらくかかりますが、あとは変わらずサクサクです。Z810xと比べてYoutubeなどの動画配信での操作は更に早くなったような気がします。リモコンのネットフリックスのボタンが一番下に来ましたので、使用頻度が高い人はとても使いやすいと思います。あとは「設定ボタン」がもう少し大きいとありがたいです。

【画質/応答性能】
自分がTVに求めている事は、4kブルーレイ等の高画質コンテンツを如何に綺麗に映し出してくれるか・・・という点で、X920に映し出すその映像は液晶ハイエンドと比較 しても 黒が沈んで色合いがくっきりするため、より肉眼に近い「奥行感/立体感」があります。特に4kブルーレイは息を呑むほどの画質です。後はどの角度から見ても「うっすらしない」視野角の広さは改めて良いと感じます。地デジもZ810Xと比較して、液晶ならではの残像も少なく安心して観ていられます。

【音質】
5.1chサウンドバー使用のためTV本体のスピーカーで聴く事はありませんが、ハイエンドらしく4つのスピーカーを装備しており薄型テレビとしては頑張っている方だと思います。

【機能性】
用途が完全に映画専用で普段から地デジはまったく観ないため、タイムシフト機能は自分には宝の持ち腐れとなっています。ただし4kチューナーが内蔵になっていますので、年末開始のBS/ 4K放送では、NHKの高解像度カメラを使用したドラマやドキュメンタリー番組は非常に楽しみにしています。早々にチップの申し込みをいたしました。

【総評】
有機2代目のX920は「新型パネル」が採用されていますが、自宅で観るその映像美は2代目にしてかなりの完成度の高さで、残された課題は消費電力くらいではないか・・・と思うほどです。特に高画質コンテンツを映し出した時の黒が沈んだ立体的な映像には圧倒的なモノを感じます。また、視野角の広さや地デジの安定した映像など、どのような用途においても液晶ハイエンドクラスを上回っている・・・というのが率直な感想です。安い買い物ではありませんでしたが価格以上の満足感です。

視聴目的
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質無評価
応答性能5
機能性5
サイズ5
初有機EL
   

   

58Z810Xからの買替です。
今回有機ELを購入するにあたりソニーのA8Fと最後まで悩みましたが、
・4kチューナーが内蔵になっている事
・デザイン
・画質には大きな違いが無い事
・使い慣れたレグザであること
などからX920にしました。また以前が58インチでしたので、65と55しかない有機では必然的に65インチになりました。42Z9000→50Z20X→58Z810Xとインチアップしてきて、とうとうフルサイズとなりましたがやっぱり65インチは迫力があります。

【デザイン】
初代X910のベゼルで光るスチールフレームが好きではありませんでしたが、X920はそれが無いため枠がまったく気になりません。また画面を消した際のラベンダー(紫っぽい)色もパネルが新しくなったせいかほぼ黒一色です。台座はX910より更に薄くなってブルーレイのケース1枚分程度の高さになっており、TV画面より台座(足)が一切前に出ていないデザインはTVのデザインとしてはこの上ない形だと思います。このクラスを使う方はサウンドバーを併用する方も多いと思いますが、画面前に何もないのでTVさえ底上げしてしまえばスムーズにサウンドバーが置けます。X920は画面に少しの傾斜をつけ、台座を重くして安定性を計っていますが、総重量46.5kgは有機の65インチの中ではかなりの重量級・・・、もう少し軽量化して欲しかった。画面の傾斜はまったく気にならないレベルです。ちなみに画面の薄さは実測で4mm、ベゼル自体は1.5mm位しかありません。ですので映像を写した時の黒い外枠の殆どが画面内のモノであるため、明かりを落して視聴すると画面だけが浮いている かのように見えます。

【操作性】
スイッチONで画面が立ち上がるまではしばらくかかりますが、あとは変わらずサクサクです。Z810xと比べてYoutubeなどの動画配信での操作は更に早くなったような気がします。リモコンのネットフリックスのボタンが一番下に来ましたので、使用頻度が高い人はとても使いやすいと思います。あとは「設定ボタン」がもう少し大きいとありがたいです。

【画質/応答性能】
自分がTVに求めている事は、4kブルーレイ等の高画質コンテンツを如何に綺麗に映し出してくれるか・・・という点で、X920に映し出すその映像は液晶ハイエンドと比較 しても 黒が沈んで色合いがくっきりするため、より肉眼に近い「奥行感/立体感」があります。特に4kブルーレイは息を呑むほどの画質です。後はどの角度から見ても「うっすらしない」視野角の広さは改めて良いと感じます。地デジもZ810Xと比較して、液晶ならではの残像も少なく安心して観ていられます。

【音質】
5.1chサウンドバー使用のためTV本体のスピーカーで聴く事はありませんが、ハイエンドらしく4つのスピーカーを装備しており薄型テレビとしては頑張っている方だと思います。

【機能性】
用途が完全に映画専用で普段から地デジはまったく観ないため、タイムシフト機能は自分には宝の持ち腐れとなっています。ただし4kチューナーが内蔵になっていますので、年末開始のBS/ 4K放送では、NHKの高解像度カメラを使用したドラマやドキュメンタリー番組は非常に楽しみにしています。早々にチップの申し込みをいたしました。

【総評】
有機2代目のX920は「新型パネル」が採用されていますが、自宅で観るその映像美は2代目にしてかなりの完成度の高さで、残された課題は消費電力くらいではないか・・・と思うほどです。特に高画質コンテンツを映し出した時の黒が沈んだ立体的な映像には圧倒的なモノを感じます。また、視野角の広さや地デジの安定した映像など、どのような用途においても液晶ハイエンドクラスを上回っている・・・というのが率直な感想です。安い買い物ではありませんでしたが価格以上の満足感です。

視聴目的
映画・ドラマ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「REGZA 65X920 [65インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
1ヶ月使って思うこと  4 2019年8月8日 09:08
画質最高!発色抜群!音以外はパーフェクト!  5 2019年8月6日 07:07
最高の画質だが最低の品質  1 2019年7月12日 17:49
納得のいく  4 2019年7月1日 14:55
有機ELにふさわしいコンテンツを楽しむためのテレビ  4 2019年5月6日 17:13
画質はすごい!  5 2019年3月16日 20:45
父ちゃんの夢は「デカいテレビが欲しかった。」  4 2019年2月5日 16:37
有機EL地デジ綺麗でよかった  4 2019年1月22日 21:39
4k紅白  5 2019年1月6日 12:10
メリハリがある明るさです  5 2019年1月1日 16:04

REGZA 65X920 [65インチ]のレビューを見る(レビュアー数:15人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

REGZA 65X920 [65インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

REGZA 65X920 [65インチ]
東芝

REGZA 65X920 [65インチ]

最安価格(税込):¥368,000発売日:2018年 7月25日 価格.comの安さの理由は?

REGZA 65X920 [65インチ]をお気に入り製品に追加する <594

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[薄型テレビ・液晶テレビ]

薄型テレビ・液晶テレビの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意