RX-V585 レビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
2018年 5月下旬 発売

RX-V585

  • Dolby AtmosとDTS:Xに対応した7.1chネットワークAVレシーバー。
  • ハイレゾ音楽再生はDSD 11.2MHz、WAV/AIFF 192kHz/32bit(32bit-floatファイルは非対応)、FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitをサポート。
  • HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングに対応した4入力/1出力のHDMI端子を装備している。
RX-V585 製品画像
最安価格(税込):

¥47,080

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥47,080¥57,619 (10店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥73,000

店頭参考価格帯:¥53,900 〜 ¥53,900 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

サラウンドチャンネル:7.1ch HDMI端子入力:4系統 オーディオ入力:3系統 RX-V585のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • RX-V585の価格比較
  • RX-V585の店頭購入
  • RX-V585のスペック・仕様
  • RX-V585のレビュー
  • RX-V585のクチコミ
  • RX-V585の画像・動画
  • RX-V585のピックアップリスト
  • RX-V585のオークション

RX-V585ヤマハ

最安価格(税込):¥47,080 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 5月下旬

  • RX-V585の価格比較
  • RX-V585の店頭購入
  • RX-V585のスペック・仕様
  • RX-V585のレビュー
  • RX-V585のクチコミ
  • RX-V585の画像・動画
  • RX-V585のピックアップリスト
  • RX-V585のオークション

RX-V585 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.47
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:7人 (プロ:1人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.31 4.33 11位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.00 3.86 11位
音質 臨場感、音質の良さ 4.69 4.46 7位
パワー 最大音量の大きさ 4.53 4.46 9位
機能性 機能が充実しているか 4.16 4.39 12位
入出力端子 端子の数 4.47 4.34 11位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.63 4.00 13位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

RX-V585のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

kuniyosiさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:198人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
7件
0件
イヤホン・ヘッドホン
6件
1件
ボールペン
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ3

【デザイン】
従来通りのデザイン。
基本的にリモコンで使うのでフロントのボタン類はほとんど使わないと思う。
リアのスピーカー端子のあたりの質感はどうしても国内生産ではないので、少し安っぽい。

【操作性】
機能がありすぎて、逆に最初のころはまごつくと思う。
特に以前使っていたBASE-V50用のAVレシーバー(NR-365)の操作性と比べると、少し劣る。
ARCで接続したTVの操作をスマホ→レシーバー→テレビという流れで行えない。(操作用のスマホアプリにもリモコン画面はない)

【音質】
文句なし。
最初にFOSTEX GX100Basicをつけていたが、音場の広がりが以前のNR-365と比べて少し弱かったので、B&W 707S2に換装。
コチラの方がこのレシーバーにはよさそう。
静かな音でも、質感の細かさを感じる音作り。

ウーファーはアクティブウーファーでないと動かないので、新たにヤマハのを購入。

音楽を聴くときだが、設定で低音部をウーファーに回すと音の一体感に欠ける感触。
B&Wは低音も出るスピーカーのため、低音部は一緒に鳴らした方が一体感があった。
スピーカーのクセによって、このあたりは要調節。

以前のNR-365が、サラウンド効果もメリハリを追及した音作りに感じたが、コレの場合は自然すぎてドヤ顔サラウンドにはならない。
ただし、後からジワジワ来る。

【機能性】
スマホアプリの操作性は今一つ。
慣れもあるのだろうから、だんだんに覚えていくつもり。
ネットワーク経由でNASの音楽ファイルを見に行く速度はNR-365と比べ、速い。

【入出力端子】
必要十分。

【サイズ】
デカイ。
AVラック一段では収まらない。

【総評】
自然でしっとりと迫ってくる上質な音場。
音楽配信サービスにも対応。
出力も大きく、TVとの連携は一部不便にせよ、まずまず。
ただ、スピーカーとの相性は結構ハッキリ出ると思う。
なので、2種類以上フロント用のスピーカーを持っていた方がベストな組み合わせを模索できそう。

【スピーカー相性問題について:上記からしばらく経って】
アンプ自体の音がエネルギッシュなのか、能率の良いB&W 707S2では鳴りすぎて、音が締まらないことが判明。
やはり元のFOSTEX Gx100Basic の方が、節度ある鳴り方をしてくれるようです。

本格的な5.1Chで鳴らすときには、外部アンプ付きサブウーファーが必要です。
ただ、サブウーファーの電源を入れっぱなしにするのも面倒なので、フロント左右で低音をある程度出せた方がスッキリします。
フロント左右に使うスピーカーは低音に余裕があるものが良いと思います。

【その後】
GX100Basicを売却し、B&Wの新型606に換装。
高域から低域まで、素直に音が出されるようになった。
そこで起きた問題について。
新606はリアバスレフなので、日本の住環境ではお茶の間のホームシアターとしてセットすると、どうしても背後の壁に低音が響いて、こもった感じになりがち。
音響補正機能で、低音を若干抑えたバランスの取れた音質には出来るのだが、補正なしのダイレクト出力の方が音としては細やか。
設置スペースによって下記の選択肢がある。

@壁とリアが近いなら、補正機能を使って響きを最適化する。
A十分にスペースがとれるなら、ダイレクト出力の方が音は良い。

これは、GX100Basicではあまり感じられなかった差異。

とりあえず、現状では壁との間がそんなにスペースとれないので、補正機能を利用して、聴いている。

比較製品
ONKYO > BASE-V50(B)
設置場所
リビング

参考になった8人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

RX-V585のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RX-V585
ヤマハ

RX-V585

最安価格(税込):¥47,080発売日:2018年 5月下旬 価格.comの安さの理由は?

RX-V585をお気に入り製品に追加する <463

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意