『反則的使い方を教えます。』 SHURE SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア] tam-tam17701827さんのレビュー・評価

2018年 6月 7日 発売

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]

  • コンサートホールのような臨場感を体感できる高音質カナル型イヤホン。4基の高精度MicroDriverが、豊かな低域と明瞭で伸びのある高域を実現。
  • 騒音カット効果にすぐれたソフトで弾力のあるイヤーパッド採用の高遮音性デザインで、周囲の騒音をブロックするとともに快適なフィット感を提供。
  • リモコン・マイク付きでiPhoneとAndroidの両方に対応した脱着式「RMCE-UNIケーブル」と、Bluetoorh対応の「RMCE-BT1ケーブル」が付属する。
SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥89,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥89,800

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥89,800〜¥109,780 (5店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]の価格比較
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]の店頭購入
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のスペック・仕様
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のレビュー
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のクチコミ
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]の画像・動画
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のピックアップリスト
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のオークション

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]SHURE

最安価格(税込):¥89,800 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 6月 7日

  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]の価格比較
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]の店頭購入
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のスペック・仕様
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のレビュー
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のクチコミ
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]の画像・動画
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のピックアップリスト
  • SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のオークション

『反則的使い方を教えます。』 tam-tam17701827さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 銀メダル

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:463人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
105件
744件
ヘッドホンアンプ・DAC
7件
19件
スマートフォン
4件
14件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
反則的使い方を教えます。

あちこちで絶賛している熱狂的なSe846信者なので主観的要素がかなり入ってますが、全ての項目で唯一の最高点を付けてるイヤホンです。

再発が予定されてる旧パッケージの方にこのイヤホンの素晴らしさをレビューしてありますので真面目なレビューはそちらをお読みになって下さい。

イヤホンで10万円。高いですね、笑。イヤホンに1万円は出せない!という方からすればどうかしてる価格でしょう。

私個人はこのSe846はiPhone直挿しで主に使用してます。(反則的使い方でしょう?)

この価格帯のイヤホンを所有してる方々はおおむね高価なDAPをお持ちです。

スマホを再生機器と使用している方々もポタアンなどかませて使用してますね。

私もe2000,e3000などを自宅で鑑賞する際は、ポタアン、据え置き型ヘッドホンアンプを使います。
逆ではないか?と殆どの方に言われます。

iPhone直挿しで、e2000,e3000は使いません。(他にもイヤホンは持ってますがわかりやすい例としてエントリークラスを引き合いに出してます)

DAPもポタアンも持ってはいるのですが、基本的にカバンなど持たない主義ですので、iPhoneとDAP、両方は持てません。
特に夏場は薄着になりますし、ズボンのポケットしか収納スペースが無い訳です。

こう書くと、妥協してiPhone直挿しで使用していると思われがちですが違います。
ミドルクラス(3~5万)のDAPとミドルクラス(3~5万)のイヤホンを購入予定の方に良くアドバイスとしてiPhone直挿しの使用前提でSe846を勧めたりもします。(ハイレゾ音源が聴きたい、という使用目的の方は別ですが)

すでにiTunesで大量の音源をお持ちの方々にだけ勧めています。

勧めるにあたって当然確固たる事実が必要でしょうからiPhone直挿しのSe846の音を聴かせてあげます。
皆さん一様に驚かれますよ。あり得ない、と。

当然だと思います。据え置き型ヘッドホンアンプではSe846と良い勝負をするUM-PRO50ですがiPhone直挿しではそれなりのイヤホンになってしまいます。これははっきり言って偶然の産物です。妥協して使用して発見したものではないです。

これ以降100本近くの様々な価格帯のイヤホンで検証もしてみましたがこのような例を見つける事が出来ませんでした。
どうしてこうなるのか8割くらいは解明できましたが、少々の謎は未だにあります。

iPhone直挿しと書いてますがxsですのでLightning変換プラグは使用してます。
まずiPhone自体がパワーのある再生機器ではないので感度の悪い、鳴らしづらいイヤホンはその時点で失格になります。

当然ダイナミック型はBA型イヤホンより感度が悪いのでほとんどイヤホンが駄目です。

そこでマルチドライバーBA型イヤホンに絞られます。ハイブリッド型もダイナミックドライバーを使用してますので失格です。
シングルBAですと音が薄いのでこちらも駄目。マルチBA型でも感度の悪いものは失格です。

こうなってくるとかなり絞り込まれます。
UM-PRO50は公表スペックよりもかなり鳴らしやすく実際Se846よりも音量は取れます。

両機種ともたいへん高感度イヤホンなのでiPhoneといえどもMAXボリュームですと拷問に近い大音量が出ます。

同じモニター系イヤホンながらどうして明確な差が出てしまうのか?これはこれで説明がつくのですね。

UM-PRO50のがどちらかというとSe846よりもフラットです。Se846はUM-PRO50よりはヴォーカルが若干遠いです。
問題はLightning変換プラグにあります。これはイヤホンジャックを無くしてしまった時に散々叩かれた代物です。

個人的にもただの形状変換プラグだと思ってました。実際はあの小さなプラグ内にD/Aコンバータ、A/Dコンバータ、アンプが内蔵されているのでDAC内蔵のポタアンと全く同じ構造なわけです。つまりはiPhone内部にあったものを外に出しただけの話でイヤホンジャックを廃止したからと言って音質は悪くなって無いと思います。iPadのイヤホンジャックで比較しましたが同じ音質に感じましたし。

内蔵されているD/Aコンバータは当然安価な物だと推測されます。高価なDACほどフラットな音を理想として作られています。
安価なDACですからそれなりに良い音に聴かせようとするとヴォーカル帯域をフィーチャーした音作りになります。クラシックなど聴く方は少ないと思いますので、主にヴォーカルもので良い音が出せればいい訳です。

当然フラットでは無く典型的なカマボコ型だと推測します。(完全に推測でしかありませんがあながち的外れでも無いと思ってますが)
ここでこの2機種に多大な差が生じてしまうのです。

UM-PRO50のがフラットですが、ミッド、ハイともにドライバーを重ねる事で音の厚みを出してます。ヴォーカル帯域をフィーチャーしたDACですのでミドルレンジが強調され過ぎてしまい、非常に野暮ったいバランスになってしまうのですね。対してSe846はヴォーカルが若干遠い傾向です。
この二つバランスが見事なまでに相乗効果をもたらし並みのDAP顔負けの高音質での再生が可能となるわけですよ!

他にも多様な要因があるとは思いますが、そこまではわかりません。実際据え置き型アンプで鳴らすよりも良い音に聴こえてしまうので仕方ないです。実際確かめてみて下さい。といっても大体の視聴機はバランスノズルが装着されてますので、ブライトノズル使用でないと本領発揮は出来ないので実際に体感するならばSe846をお持ちの知人が居る方に限られますが。真面目な話、ハイレゾ音源を聴かない方でしたらDAP、イヤホン共々揃えるよりも大変お買い得だと思うんですよね。出てくる音質を考えると。それ程に良い音を出します。これは音質の好みもあるでしょうからご自身で確認はして下さい。
以上反則的使い方でした。

追記:
据え置き型アンプですと電源ケーブルによるノイズの影響があります。
Lightning変換プラグを使用したiPhoneを再生機器とした場合バッテリー駆動になるので、この影響を受けません。
インピーダンスの低いイヤホンですので、これによる影響も大きいと考察します。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった7人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
反則的使い方を教えます。


あちこちで絶賛している熱狂的なSe846信者なので主観的要素がかなり入ってますが、全ての項目で唯一の最高点を付けてるイヤホンです。
再発が予定されてる旧パッケージの方にこのイヤホンの素晴らしさをレビューしてありますので真面目なレビューはそちらをお読みになって下さい。
イヤホンで10万円。高いですね、笑。イヤホンに1万円は出せない!という方からすればどうかしてる価格でしょう。
私個人はこのSe846はiPhone直挿しで主に使用してます。(反則的使い方でしょう?)
この価格帯のイヤホンを所有してる方々はおおむね高価なDAPをお持ちです。
スマホを再生機器と使用している方々もポタアンなどかませて使用してますね。
私もe2000,e3000などを自宅で鑑賞する際は、ポタアン、据え置き型ヘッドホンアンプを使います。
逆ではないか?と殆どの方に言われます。
iPhone直挿しで、e2000,e3000は使いません。(他にもイヤホンは持ってますがわかりやすい例としてエントリークラスを引き合いに出してます)
DAPもポタアンも持ってはいるのですが、基本的にカバンなど持たない主義ですので、iPhoneとDAP、両方は持てません。
特に夏場は薄着になりますし、ズボンのポケットしか収納スペースが無い訳です。
こう書くと、妥協してiPhone直挿しで使用していると思われがちですが違います。
ミドルクラス(3~5万)のDAPとミドルクラス(3~5万)のイヤホンを購入予定の方に良くアドバイスとしてiPhone直挿しの使用前提でSe846を勧めたりもします。(ハイレゾ音源が聴きたい、という使用目的の方は別ですが)
すでにiTunesで大量の音源をお持ちの方々にだけ勧めています。
勧めるにあたって当然確固たる事実が必要でしょうからiPhone直挿しのSe846の音を聴かせてあげます。
皆さん一様に驚かれますよ。あり得ない、と。
当然だと思います。据え置き型ヘッドホンアンプではSe846と良い勝負をするUM-PRO50ですがiPhone直挿しではそれなりのイヤホンになってしまいます。これははっきり言って偶然の産物です。妥協して使用して発見したものではないです。
これ以降100本近くの様々な価格帯のイヤホンで検証もしてみましたがこのような例を見つける事が出来ませんでした。
どうしてこうなるのか8割くらいは解明できましたが、少々の謎は未だにあります。
iPhone直挿しと書いてますがxsですのでLightning変換プラグは使用してます。
まずiPhone自体がパワーのある再生機器ではないので感度の悪い、鳴らしづらいイヤホンはその時点で失格になります。
当然ダイナミック型はBA型イヤホンより感度が悪いのでほとんどイヤホンが駄目です。
そこでマルチドライバーBA型イヤホンに絞られます。ハイブリッド型もダイナミックドライバーを使用してますので失格です。
シングルBAですと音が薄いのでこちらも駄目。マルチBA型でも感度の悪いものは失格です。
こうなってくるとかなり絞り込まれます。
UM-PRO50は公表スペックよりもかなり鳴らしやすく実際Se846よりも音量は取れます。
両機種ともたいへん高感度イヤホンなのでiPhoneといえどもMAXボリュームですと拷問に近い大音量が出ます。
同じモニター系イヤホンながらどうして明確な差が出てしまうのか?これはこれで説明がつくのですね。
UM-PRO50のがどちらかというとSe846よりもフラットです。Se846はUM-PRO50よりはヴォーカルが若干遠いです。
問題はLightning変換プラグにあります。これはイヤホンジャックを無くしてしまった時に散々叩かれた代物です。
個人的にもただの形状変換プラグだと思ってました。実際はあの小さなプラグ内にD/Aコンバータ、A/Dコンバータ、アンプが内蔵されているのでDAC内蔵のポタアンと全く同じ構造なわけです。つまりはiPhone内部にあったものを外に出しただけの話でイヤホンジャックを廃止したからと言って音質は悪くなって無いと思います。iPadのイヤホンジャックで比較しましたが同じ音質に感じましたし。
内蔵されているD/Aコンバータは当然安価な物だと推測されます。高価なDACほどフラットな音を理想として作られています。
安価なDACですからそれなりに良い音に聴かせようとするとヴォーカル帯域をフィーチャーした音作りになります。クラシックなど聴く方は少ないと思いますので、主にヴォーカルもので良い音が出せればいい訳です。
当然フラットでは無く典型的なカマボコ型だと推測します。(完全に推測でしかありませんがあながち的外れでも無いと思ってますが)
ここでこの2機種に多大な差が生じてしまうのです。
UM-PRO50のがフラットですが、ミッド、ハイともにドライバーを重ねる事で音の厚みを出してます。ヴォーカル帯域をフィーチャーしたDACですのでミドルレンジが強調され過ぎてしまい、非常に野暮ったいバランスになってしまうのですね。対してSe846はヴォーカルが若干遠い傾向です。
この二つバランスが見事なまでに相乗効果をもたらし並みのDAP顔負けの高音質での再生が可能となるわけですよ!
他にも多様な要因があるとは思いますが、そこまではわかりません。実際据え置き型アンプで鳴らすよりも良い音に聴こえてしまうので仕方ないです。実際確かめてみて下さい。といっても大体の視聴機はバランスノズルが装着されてますので、ブライトノズル使用でないと本領発揮は出来ないので実際に体感するならばSe846をお持ちの知人が居る方に限られますが。真面目な話、ハイレゾ音源を聴かない方でしたらDAP、イヤホン共々揃えるよりも大変お買い得だと思うんですよね。出てくる音質を考えると。それ程に良い音を出します。これは音質の好みもあるでしょうからご自身で確認はして下さい。
以上反則的使い方でした。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
反則的使い方を教えます。  5 2019年9月10日 02:41
名機!  5 2019年5月1日 08:17

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のレビューを見る(レビュアー数:2人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]
SHURE

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]

最安価格(税込):¥89,800発売日:2018年 6月 7日 価格.comの安さの理由は?

SE846-CL+BT1-A [クリスタルクリア]をお気に入り製品に追加する <35

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意