ROG STRIX X470-I GAMING レビュー・評価

2018年 4月27日 発売

ROG STRIX X470-I GAMING

  • X470チップセット搭載のAMD製CPU向けMini-ITXゲーミングマザーボード。第2世代Ryzenシリーズにも対応。
  • オンボードM.2ヒートシンクでM.2ドライブを冷却し、パフォーマンスと安定性を向上させる。
  • 「SupremeFX S1220A」と「Sonic Studio III」の組み合わせで奥行きのあるサウンドを実現し、アクションへの没入感が向上。
ROG STRIX X470-I GAMING 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:Mini ITX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X470 メモリタイプ:DDR4 ROG STRIX X470-I GAMINGのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ROG STRIX X470-I GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX X470-I GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX X470-I GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのオークション

ROG STRIX X470-I GAMINGASUS

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 4月27日

  • ROG STRIX X470-I GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX X470-I GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX X470-I GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX X470-I GAMINGのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > ASUS > ROG STRIX X470-I GAMING

ROG STRIX X470-I GAMING のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:2.95
(カテゴリ平均:4.40
レビュー投稿数:4人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 2.95 4.52 -位
互換性 パーツとの相性など 2.71 4.41 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 2.46 4.11 -位
機能性 付加機能は十分か 2.95 4.24 -位
設定項目 設定項目は豊富か 2.95 4.20 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 2.71 3.77 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG STRIX X470-I GAMINGのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マウス
1件
0件
マザーボード
1件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

【構成】
CPU:Ryzen 2700X
クーラー:Wraith Prism(2700X付属)
M/B:ROG STRIX X470-i GAMING
dGPU:Palit GeForce RTX2080 GamingPro OC
メモリ: HyperX Predator RGB DDR4-3200 8GBx2枚
SSD:XPG SX8000 ASX8000NP-512GM-C
ケース:IN WIN 901

【安定性】

 2700Xの標準メモリクロックは2933Mhzですが、マザーボードの表記にある3200MhzでOCできました。 HyperX Predator RGBのレビューサイトを参考に手動でOCしました。

【互換性】

 一番大切なメモリが3200hzで動いたので満足です。
ただし、メモリのHyperX Predator RGBはAura Syncに対応しているのですが、どうもX470マザーでは認識してくれません。せっかくRGBにこだわって買ったので、修正お願いします。

【拡張性】

 ヒートシンク付きのM.2があるのはNVMeを載せる自分としては評価できます(最近はヒートシンク多いですが、本製品はPCH、オーディオカード、M.2、ヒートシンクを基板上に積み重ねてあり相当工夫されています)。
ただ、希望があるとすればファンコネクタをあと一つ追加して欲しいです。ケースファンコネクタが1つなのは厳しいです。ファンコントローラーや分岐ケーブルなどありますが、コンパクトなケースが多いMini ITXでは、シンプルにマザーだけでファンを制御したいです。ちなみに、AIOポンプコネクタは4pinですがファンは制御できないと考えた方がいいです。

【機能性】

 いろんな機能あるので、公式サイトのスペック表確認するといいです。
せっかくM.2が2つあるんで、背面のM.2に安いNVMe128GBでも挿してStoreMIでHDDを高速化したいです。

【設定項目】

 UEFIでいろんな設定できます。これも、マニュアルを確認するといいです。

【付属ソフト】

 Ai Suite 3で5way Optimizationを押すと勝手にOCしますが、Wraith Prismではオールコア4.1GHzで90度近くいったのでCPUのOCはしていません。TPUが自動OCする機能のようです。ちなみに、UEFIから直接OCできますし、AMD公式のRyzen MasterでもOCできます。

【総評】

この製品に限ったことではないですがWraith PrismのRGB制御はマザーにあるRGBコネクタ(4pin)には挿さずに、基板上のUSB2.0コネクタに挿した方がいいです。そもそも、両方同時に挿してはいけません(私は間違って挿しました)。なぜなら、RGBストリップにさすとAura Syncで制御し、USB2.0ではWraith Prism専用ソフトで制御するからです。そして、アドレッサブルに対応しAMDロゴやリングの部分もRGB制御できるのはUSB2.0にさして専用ソフトで動かす時だけです。ちなみに、Wraith Prism専用ソフトはAMDではなくCooler Masterから配布されているAMD Ryzen Wraith Prism RGB lighting control softwareです(ここら辺が分かりづらい)。

内蔵グラフィックスの電源問題の影響か、マザーの値段もだいぶ安くなっていてお得です。2700Xなど内蔵グラフィックのないハイエンドモデルにはもってこいのマザーだと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

masterkskさん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:694人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

CPU
19件
1件
マザーボード
18件
0件
CPUクーラー
16件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

【構成】
CPU:Ryzen7 2700X
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:ROG-STRIX-RXVEGA56-O8G-GAMING
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3600Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【安定性】
念願のメモリスペック通りの動作が可能となった。さすがASUS、メモリ安定性は非常に高い。

【互換性】
相性問題等が起きることはありませんでした。Ryzen専用メモリで無くても3600MHz稼働が可能なことより、メモリの互換性も高いと考える。

【拡張性】
M.2が2個あるので、他社製ITXボードよりは拡張性は高いと思います。M.2ヒートシンク上のROGシンボルが光りますが、右側にあるそれ用のジャンパピンの存在に気づけないと、破損することがありそうなので、M.2ヒートシンクを取り外す際は注意が必要です。

【機能性】
M.2が2個あることとHDMI2.0対応のHDMIポートが特徴でしょうか。他にもサウンドチップのグレードも高く、値段が張るだけあります。尚、有線LANはINTELですが、無線LANはなぜか蟹さんでした。私は使うことがないから良いですが、高いから全てINTEL入ってると思ってはいけません。

【設定項目】
ASUSのUEFIは設定項目が多いので色々やろうと思えばできます。まあ、サイズ的にCPUのOCは止めておきますが。

【付属ソフト】
AURAとAi Suite3を使用、AURAはグラボとの連動も可能であり、当初に比べてかなり使える様になっているが、剥き出しケースではまぶしいので消灯としています。Ai Suite3はWindows10対応がどうとかで、モニタリング機能しか使えませんでした。出来ればファンコンだけでも使えるようにして欲しいところです。

【総評】
総じて安定性と機能性は高い製品であると思います。特にM.2にヒートシンクがついていることは、ITXボードにとって大きな強みといえます。本命のASRock製のITXボードとの価格差が1000円程度なので、先のヒートシンクの件でこちらを購入するに至りました。

後日、Ryzen7 2700XをX470マザーで使いたくなったので、Ryzen5 2400G→Ryzen7 2700Xに乗せ換えました。結果、メモリがフルスペックで動作可能となり、このボードの本領が発揮されました。また、3600Mhzのメモリフルスペック動作はこのマザーのみが可能であったので、旧製品含め今まで私が使ってきたどのRyzenマザーよりもメモリ安定性は高いと考えます。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった10人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG STRIX X470-I GAMINGのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ROG STRIX X470-I GAMING
ASUS

ROG STRIX X470-I GAMING

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 4月27日

ROG STRIX X470-I GAMINGをお気に入り製品に追加する <49

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意