Ryzen 7 2700X BOX レビュー・評価

2018年 4月19日 発売

Ryzen 7 2700X BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロック3.7GHz、最大ブーストクロック4.3GHzで、TDPは105W。
  • RGB照明ごとのコントロールが可能な直接接触型ヒートパイプ採用CPUクーラー「AMD Wraith Prism Cooler」が付属する。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする学習・適応機能「AMD SenseMIテクノロジー」に対応。
Ryzen 7 2700X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥22,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥23,450

PC-IDEA Plus

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥22,980¥43,978 (8店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥23,470 〜 ¥23,470 (全国64店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 2700X クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 2700X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 7 2700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 2700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 2700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 2700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 2700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 2700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 2700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 2700X BOXのオークション

Ryzen 7 2700X BOXAMD

最安価格(税込):¥22,980 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月19日

  • Ryzen 7 2700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 2700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 2700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 2700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 2700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 2700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 2700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 2700X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 2700X BOX

Ryzen 7 2700X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.87
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:54人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.79 4.51 21位
安定性 安定して動作するか 4.83 4.72 15位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 3.84 4.29 34位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.70 4.35 7位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 2700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

チャダ2501さん

  • レビュー投稿数:85件
  • 累計支持数:182人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
13件
13件
PC用テレビチューナー
1件
18件
デジタル一眼カメラ
6件
8件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5

【処理速度】

そりゃI9-9900Kに比べれば劣るのでしょうが、6700Kとの比較では、何もかもが上です。大満足。

【安定性】

何方かと言うとマザーの影響が大きいとは思いますが安定しています。また、SANMAXメモリを選択したからと言う事もあるのでしょうが、2RANKモジュールでデュアルチャンネル、DDR4-3200で動作しています。

【省電力性】

気にした事が無いので。

【互換性】

X370世代以降全てのマザーに載るのですから、全く以て問題なし。

【総評】

演算能力もそうですが、メモリの帯域でインテルに大きく水を開けられていたので、今回の性能には大きく満足しています。

また、X370世代以降全てのマザーで第三世代RYZENが載るので、ストレージやVGAのピーク性能を気にしないのであれば、どのマザーを買っても後悔しないのが有り難い。

FX-8350で落胆してしまったのと、長らく新しいチップセットが出なかったのでインテルに鞍替えしましたが、数年振りにAMD でPCを組みました。

年齢的にゲームを遊ばなく成ってきたので、フレームレートを数%嵩上げする為にお金尾を投資する事は出来ません。何方かと言うと、現像処理の方が大事に成って来ています。

で、その現像速度は、6700Kと比較すれば格段に上がっています。二万円台でこの差が手に入るのであれば十分満足です。第三世代への繋ぎとして今購入しても恐らく後悔は無いでしょう。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

メゾ・フォルテさん

  • レビュー投稿数:109件
  • 累計支持数:135人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

電源ユニット
5件
3件
CPU
4件
3件
CPUクーラー
6件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性4
省電力性2
互換性4

【処理速度】
マルチスレッドは言うまでなくシングルスレッドもi7-4790k並でゲームも十分出来ます。
【安定性】
自分が使っているアプリソフトでは問題ありません。
【省電力性】
ざっくり計測した感じアイドル時約50w高負荷時200w越えなのでそれなりに電力食うと思います。
【互換性】
BIOS更新してあれば第一世代マザーボードも使えるのでそれなりにあると思います。
【総評】
8コア16スレッドともなると配信やAndroidエミュレータを複数起動しても余裕あります。ゲーム性能もIntelCPUと比べ一般人には体感出来ないレベルだと思います。ただ購入理由の1つになったStoreMIが使用するとスリープ出来なくなりまともに使えないのが残念でした。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キャッシュは増やせないさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
238件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
111件
CPU
2件
77件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5
   

TIME SPY ベンチマーク

   

Ryzen 3000シリーズを待っている方も多いかと思いますが値引きとキャンペーンにつられて買っちゃいました。

パソコン工房のマザーボードセット特価でTUF B450M-PRO GAMINGとのセットで28,667円でした。
CPUの値段で約1万円のマザーボードが無料で付いてきた感じです。

更に6月29日までの購入でゲーム2本プレゼントされるキャンペーンが実施中です。
THE DIVISION 2 GOLD EDITION ・・・セールで8,683円、World War Z ・・・セールで2,333円

Ryzen 2600のお値段で 2700Xが買えた計算になります。(ゲームに興味ない人にはどうでもいいかも知れませんが)

更に6月30日までの購入でRyzen 3000シリーズCPUが当たる(かも)キャンペーンも実施されています。
ここまでやられると耐えきれませんでした。

これだけキャンペーンをしても在庫を捌きたいのであれば、Ryzen 3000シリーズの性能にも期待できそうです。
結局買っちゃうんだろうな・・・

2700XはDDR4-3600 8GBx2、GeForce 1080Tiで使用しています。
各種ベンチマークソフトを試して負荷をかけても温度も低く安定して動作しており満足しています。(FFベンチはなぁ・・・)

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

利他心さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:285人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
34件
PCケース
5件
7件
モニターアーム
2件
5件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性無評価

ストレステスト実行時の2700Xの様子(-100mVのオフセット指定)

ストレステスト実行時のCPU使用率をタスクマネージャーで表示

ASUSとASRockのMBでは、SMTを無効にしたときにスリープ(S3に移行)できなくなる

 

CPU Vcore Voltageにオフセットで-100mVを指定(ASRock B450 Pro4の場合)

core performance boostを無効にすると、MAX3.7GHzのCPUに早変わり

 

本品、Ryzen 7 2700Xは、エンスージアストが好むCPUではありますが、エンスー専用のCPUではなく、万人の環境に適応する高い柔軟性を持ったCPUです。

本品は、オーバークロックやアンダークロックの知識がなくとも、簡単な設定だけでCPUの『個性』を大きく変えることができます。

―――――

【8C8Tでの運用】

→Webブラウズや、オフィス系ソフト・ADOBE系ソフトの利用が多い方

Ryzen 7 2700Xは、UFEIからSMT(AMDのマルチスレッド技術)を無効にすると、8C8TのCPUとして稼働させることができます。

動画のソフトウェアエンコードやCGレンダリングを多用しない『一般的なパソコンの使い方』をする人であれば、SMTを無効にすることで、高クロックと省電力性(≒低発熱)を手に入れることができます。

常時8スレッドで稼働する反面、CPU全体の消費電力が下がり、消費電力が下がることで発熱が抑えられ、発熱が抑えられることで、デフォルトの設定よりもシングルスレッド性能依存のソフトウェアの動作を高速化することができます。

《注》
ASRockやASUSのMBは、SMTを無効にするとスリープに移行できなくなる仕様のようです。
(詳細はASRock B450 Pro4の私のレビューをご参照ください)
8C8T運用を前提に2700Xを購入される方は、上記2メーカーのMBは避けた方が良いでしょう。

なお、ギガバイトはSMTを無効にしても正常にスリープ移行するとの報告を確認しておりますが、MSIについてはまだ未確認です。

―――――

【8C16Tでの運用】

《ケース1》
CPU Vcore Voltageにオフセットで-100mVを指定してやることで、発熱と消費電力がかなりマイルドになります。

2700Xは4.1GHzを超えたあたりから急激にワットパフォーマンスが下がるので、GTX1080 Ti以上のグラボを保有するゲーマーや、ベンチマークスコアの虜でもない限りは上記の設定をおすすめします。

-100mVのオフセットを指定すると、低負荷時では12W前後、YouTubeでフルHD動画の再生時で25W前後、ストレステスト時(16TのCPU使用率が100%)でも100W弱にまで消費電力が下がります(CPUクーラーがWraith Prismで850RPMの場合)。
→本品は冷却に余裕があるほど動作周波数が上昇する仕様なので、最大消費電力は冷却環境と「Precision Boost Overdrive」の有無で増減します。

《ケース2》
UFEIから「core performance boost」を無効にすると、動作クロックの上限が3.7GHzとなるので、16スレッドでありながら低発熱のCPUとして稼働させることが可能です。
このときのTDPは、無印2700のTDPである65Wを更に下回りますから、低消費電力CPUとしての運用も可能です。

―――――

Ryzenには千を超えるセンサー群と、SenseMIという高度な電圧制御&動作周波数制御技術が内蔵されています。

Windowsの電源プランからでもCPUのパフォーマンスをコントロールすることはできますが、SenseMIの繊細なコントロールと比べると制御が遅く、かつ大雑把であるため、Ryzen本来のパフォーマンスと省電力性を発揮するためには『Ryzenバランス』という専用の電源プランを導入する必要があります。

下記のAMDのサポートページから、Chipsets→AMD Socket AM4→マザーボードの型番と進み、『送信』を押下した後の遷移先のページから、環境にあったAMD Chipset DriversをDLしてください。
その後、Ryzenバランスに関するソフトのみを指定してインストールしたら、『Ryzenバランス』が電源プランに追加されていることを確認してください。

https://www.amd.com/ja/support

―――――

Ryzenは、通常のCPUとは構造が異なっており、CCX(Core Compulex)というコアが4つの『小さなCPU』2つと、Infinity Fabricという『連絡路』1つで構成されています。
つまり、パッケージ上は1つのCPUですが、内部的には2つのCPUが載っているわけです。

言葉で説明するとシンプルですが、AMDのこの発想はCPU界にイノベーションを巻き起こし、低価格でメニーコアのCPUを量産することを可能にしました。
ただし、メリットばかりではなく、シングルスレッド性能が弱い部分はこういった構造に起因しています。

それでも一昔前は、8C16TのCPUを買おうと思ったら10万超えが当たり前だったことを考えると、Ryzenの功績は大きいと思います。

CCX(Core Compulex)を組み合わせるという設計思想で、低価格でメニーコアを実現し、インテルの寡占市場に殴り込みをかけたのがRyzenです。

AMDの目論見は奏功し、多くの自作erにRyzenが支持され、改めてAMDがインテルの競争相手として日の目を見ることになりましたが、それはCPU市場の話で、ソフト側では全然メニーコア対応が進んでいないのが実情です。
ソフト側が対応するまであと数年、もう少し時間がかかりそうですね。

―――――

個人的には、インテルCPUの脆弱性と、殿様商売に辟易しているとこだったので、世間でRyzenが高く評価されているのは素直に喜ばしいです。

わたしはSandy BridgeまではインテルCPUを支持していたのですが、Ryzenが発表されてからこっち、すっかりAMDを支持しています。

インテルCPUは、MeltdownやらSpectreやらハイパースレッディングの問題やらグリスバーガーやらで購入する気がおきず、CPUの選定もRyzen同士の比較しか行っていません。

―――――

どうしてもゲームのフレームレートに拘りたい方も一定数いるわけですから、そういった方は高性能なグラボおよび高性能なCPUクーラーと一緒に9900Kを購入すれば良いと思います。

―――――

第3世代Ryzenの発売を間近に控えたいま、あえて2700Xを購入する意義は希薄ですが、コストパフォーマンスを優先するのであれば、この時期の購入も十分に検討できるのではないでしょうか。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった57人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sin999さん

  • レビュー投稿数:149件
  • 累計支持数:350人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
136件
マザーボード
6件
19件
PCケース
3件
18件
もっと見る
満足度4
処理速度3
安定性5
省電力性4
互換性3

【処理速度】
i9-9900kと比べるとやや重い
値段から考えると凄い使える

【安定性】
マザボとの相性?もあるのかな
特に不安定なこともなく動作する

【省電力性】
設定次第だけどマニュアルなら大飯喰らい

【互換性】
ここがイマイチ判断つかない
マザボとの相性が結構差がある気がする

【総評】
コストパフォーマンスは優れる
性能重視とかマルチ動作させるには物足りない
発熱に関してはi9-9900kよりファンがウルさくないしcoreTMPでも上昇しなかった
使い方次第、もしくは冷却システム次第という感じ

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

雨翁さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

電源ユニット
0件
2件
SDメモリーカード
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5

i3770Kから乗り換え。

CPU:Ryzen 7 2700X
M/B:MSI 470X Gaming Pro
G/C:玄人志向 GTX1070-E8GB/OC
RAM:Ballistix W4U2666BMS-8G ×4枚
SSD:Samsung 970 EVO PLUS
PSU:Seasonic SSR-850PX

以前使っていたマシーンのM/Bがダメになり、
AMDのCPUも気になっていたところで総入れ替えしました。
(グラフィックカード以外)

コスパ的にはすばらしく、
たまーにやるWorld of Warcraft、
Photoshopその他作業が非常に快適です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

にゃんと宙返りさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:126人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPU
5件
0件
CPUクーラー
3件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

i7 4930kから2700xに変更しました。初のAMDです。

6コアから8コアになった結果
avisynth+x264での動画エンコードをしての比較

30分番組を2passしました。
mt設定を忘れてたのでフルに多コアを活かせてませんが

4930k(定格)
1pass目 24:23
2pass目 23:28
     47分51秒

2700x(定格)
1pass目 22:19
2pass目 22:02
     44分21秒
と7%の速度向上が見られました。

上記2700xのエンコード時はサーマルスロットリングが発生してたようで再計測しました
2700x(定格)
1pass目 21:10
2pass目 20:58
     42分8秒

4930k (定格)より13%の速度向上が見られました。

遊んでるコアがあるのでMT設定を使用すればもっと差が開くと思います。
自分的にはゲームはあまりしないのでこれで十分ですが
コスパの良さと3000シリーズが控えてるという事で楽しみで仕方ありません。
ただCPUが予想より熱くなりました。 
定格でもエンコード等するとHWiNFO64のCPU(Tdie)読みで簡単に80度近くまで上がります。 4930kはOCCTで75度、エンコードで65度くらいでした。
空冷の超天で十分かなと思ってたので水冷にするべきか思案中です。
そこが-☆2

2019.01.17 追記
超天で冷えないと書いてましたが酷い勘違いでした。
グリスを塗り直してみようと超天を外すと保護シートが…orz
剥がしたと思ってたのについたまま
これが原因かと剥がして再度装着
動画エンコードしてみると最大63度
圧倒的に冷えます。夏場だと+10度だとしても73度 余裕があります。
定格運用ならCPU周辺部も冷やせる超天で十分だとわかりました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった15人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SAK2018さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
6件
ドローン・マルチコプター
0件
6件
CPUクーラー
0件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性3

エンコードの速度アップを期待して、i7 3770Kからの乗り換えです。
以前からRyzenという名前が気になっていた事と、intel9シリーズの値段が高い事もあってこれにしました。

TMPGEncVideo Mastering Works7を使って27分50秒のts動画をX264でMP4にエンコした結果、

i7 3770K:35分07秒 --> 2700X:13分52秒

3倍近い速さです。16スレッドフルに使ってます。

ちなみに、i7の環境でビデオカードGTX660のNVENCを使ってエンコしてみたら、13分52秒(あれ?同じじゃん。なんか複雑)
Ryzen環境でも変わらず。まあ、NVENCはX264より画質が多少落ちるということで。
気を取り直してビデオカードも1060に更新してNVENCしたら3分52秒!!最新ビデオカード恐るべし。
以前のマザーボードでは10シリーズが動かないかもと言われていたが、先に試してみるべきだったかな。

結果、マザーやらメモリーやらビデオカードやら最新のものになったこともありますが(お金もかかったが)、目的のエンコードが大幅に早くなり満足です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

モリマリガンさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
5件
CPUクーラー
3件
2件
スキャナ
1件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

高速+爆熱、でも、それを押し込め使っていく創意工夫。
そういうのが楽しい時期もあると思いますが、
ウェブやポスター等プロモーションの製作に、
5年は仕事で使いたい…静かに仕事に集中したい…となると、流石に未だに14nmなのに盛り込んで5ギガとか言ってるIntelの発熱は怖かったです。

ゲーマーではない一般ユーザーにとって、
今の技術で、体感として一番恩恵が大きいのは、ようやくストレージのボトルネックに解決案を示したM2タイプのSSDだと思います。

現実の業務を考えれば、cpuのマルチタスク化の恩恵もはストレージや高速メモリがあればこそではないでしょうか?

M2を起動ドライブとデータドライブ二枚使うとなると、それなりに発熱する以上、窒息系静穏ケースを使うのは怖く、低回転、低騒音ファンで全体にユルユルエアフローを流す造りにするのが無難に感じました。

そうなると、低回転ファンでも仕事をしてくれるマルチタスクに強いcpuが必要になり、現状での最適解は2700xかな?との結論に至ります。

処理速度はAdobe系のソフトを使う分には必要十分過ぎる性能です。
cpuで予算が浮く分、既に定評のある16G×二枚の32Gの高速メモリも手に入り、安定性にもなんの問題もなく使用する事が出来ています。


レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とあるテスラさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
5件
マザーボード
0件
6件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
5件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5

比較対象6700k

Ryzen7 2700xベンチ

Ryzen7 2700xベンチ(メモリ3600MHz)

【処理速度】シングル性能もウイルスバスター等を切ってない状態で同じ状態のi7 6700kに迫るほど。マルチスコアは2倍、非常に速いです…が、ブラウザを見たりシングル重視のゲームをするくらいでは体感上はバックグラウンドで何か動いた時のフレームレート落ちが減ったかな?程度です。一部ゲームでは最高フレームレートだけなら少し負けてることもあります。結果ベンチマークだと負けてるゲームが多いかもですね。僕はエンコードもするのでいいですが、ゲームメインでエンコードを考慮しないならi5 8400とかの方が「速い」のかもしれませんね。※写真のCINEBENCH R15テストのスコアはウイルスバスターなどの常駐ソフトを切らずに測定した数値です。(個人的にこれが実用速度だと思ってます。何かするためにバックグラウンドで起動してるソフトをわざわざ切って回りませんよね?)
例えばゲームでi7 6700kと比較すると、BF1は重いシーン(爆撃機の爆弾が近くに連続着弾など)だと20フレーム位よくなりました。逆に軽いシーンでは10〜20フレーム位負けてることもありますが、全体的には6700kで少しカクついて見えてたのが滑らかに動くようになりました。
World of Tanksでは意外なことに常に20〜30フレーム位よくなりました。ちなみにタスクマネージャーでCPUの動きを見てみたところ、1コアだけ80%位処理してて他に4コアがゲームと連動して動いている印象でした。6700kでは敵発見時カクっとすることがありましたが、ほとんどなくなりました。ただ、WoTはアップデートが頻繁に入るゲームなのでCPUだけで上記の効果が出たのか、アップデートで不具合が直ったのか悩むところですね…
取り敢えずWoTをするだけなら下位モデルのRyzen5 2600xがゲーム以外の性能などを考えるとi5 8400などよりコスパがよさそうですね。(^^;)

【安定性】以前G.SKILL F4-3200C16D-16GSXKBでは3200MHzにできないと書きましたが、できました。原因は本来メモリをCPUから一つ離れた。スロット2aと一つ飛ばして2bに差し込まないといけないところを1a1bに挿してしまってました。そこを直すだけであっさりXMPで3200MHzに設定できました。BF1以外は不安定な挙動もありません…僕が悪かったです。G.SKILL様AMD様すみません。
ゲームにも相性がありバトルフィールド1では平均fpsとゲーム中の最小fpsはi7 6700kより良くなりましたが、ゲームがクラッシュしてしまいます。一度だけブルースクリーン?も出たのでバトルフィールド1をどうしてもしたい人にはお勧めできないですね…次回作も同じゲームエンジンなら怪しいかな?(^^;)
※グラフィックスカードのファームウェアをディスプレイポートの不具合対応バージョンにしたところそれ以降クラッシュしていません。あくまで今はしてないだけで今後するかもしれないので何とも言えませんが…参考までに。(アップデートは自己責任で行ってください)
現在はBF1、BFV共に問題ありません。
【省電力性】8コア16スレッドなのでよくないでしょう。僕は気にしてないので無評価で、デスクトップで消費電力が気になる方はPentiumかCeleronで自作すると幸せになれると思いますw

【互換性】300世代マザーボードもBIOS次第ですが使用でき互換性は高い気がしてます。

【総評】ごく一部のゲーム(僕の知ってるところではBF1)では問題がありますが、それ以外では現状特に問題もなくメモリ選びに気を付ければいいCPUだと思います。(MBメーカーページを参考に変なところでお金をケチらずに動作保証のあるものを買いましょう。)
付属クーラーも定格運用でエンコード中3.8GHzは維持しつつ70度以内にぎりぎり収まるくらいのまともな性能があり、こだわらなければ買い足さなくても使えそうな感があり悪くはないです。僕は簡易水冷に変えようと思いますが…
追記:CINEBENCH R15を何度もしつこく回し続けほぼずっとCPU使用率を100%にするという意地悪をしてみた結果、AMD Ryzen Masterでの表示温度90.5度を記録しました…それ以上には上がりませんでしたがその時のスコアは1640位に落ちていました。簡易水冷の方が高い性能を長く維持できそうですね…(^^;)まあ、普通はRyzen7 2700xがずっとCPU使用率100%になることなんてめったにないと思いますが…
ライバルの8700kにも負けても1割勝てば2〜3割?という性能でクーラーも付くと考えるとお得です。勝つことはあまりないかもですが…(^^;)GPUを載せるなら十分選択肢の一つになると思います。
現在はi9 9900kも発売され、普及価格帯中最強ではなくなりましたが、i9が約2倍の価格なので費用対効果は高いと思いますね。ただしゲームによっては50%近く差がある場合もあるようで、とにかく最強のPCを作る場合はi9になりますね。
あと、Intel CPUで影響を強く受けるらしいセキュリティー問題も影響が少ないのも人によってはいいポイントかもしれませんね
【構成】
【CPU】Ryzen 7 2700X
【CPUクーラー】付属品
【メモリ】G.SKILL F4-3200C16D-16GSXKB
【マザーボード】ASRock X470 MASTER SLI
【ビデオカード】GTX1080
【SSD】WD Black PCIe WDS256G1X0C
【SSD】WD Black PCIe WDS512G1X0C
【HDD】ST4000DM004 [4TB SATA600 5400]
【ケース】ENERMAX ECB3010-B (Gravito -グラヴィット - ATX ブラック) 
【電源】NeoECO Gold NE750G
【OS】Windows 10 Home 64bit 日本語

比較製品
インテル > Core i7 6700K BOX
レベル
初めて自作
重視項目
その他

参考になった15人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

九郎猫さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
7件
マザーボード
1件
2件
CPUクーラー
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性3
互換性5

ベンチマーク時のモニタリング1

ベンチマーク時のモニタリング2

アイドル時にはかなり周波数が下がってます。

CPUIDのベンチマーク時

【処理速度】
Intelの7700kと肉薄するシングルスレッド性能。8700kにはシングルではあと一歩及ばずながら、マルチスコアでは圧倒している。

【安定性】
メモリの安定には気を使いました。僕のメモリだとマザーボードでは3433までの対応でしたが、安定のため3200で使用してます。
設定はXMP2のオート設定です。しかし色々設定しましたがこのメモリとの相性では3433、3600はダメでした。
元々デザインで選んだメモリなので、より性能を引き出したい方は相性が合ったメモリをおすすめします。
しかし確実にメモリ周りを含め、進化している、つまり安定に寄与しています。

【省電力性】
アイドル時にはパッケージで11w、ベンチマーク高負荷時で150w前後でした。
冷却にこだわったので、ぐんぐんブーストして電力とトレードオフになりました。設定はAutoです。
CPU性能の初代からの向上は、着実にAMDの技術の本気を感じました。
このマザーボードではアイドル時に500MHzまで落ちます。

【互換性】
ソケットが初代Ryzenと同じなので乗せれます、なのでわざわざマザーボードを買い換えなくてもよいです。
しかし、今1000番代のRyzenをお持ちの方は来年のZEN2を待っても良いかもしれません。

【まとめ】
定格でオーバークロックしないで使用した所感は、【速い、けど発熱がすごい】です。
今回は360mmの簡易水冷で高負荷時でも80度超えなかったので、メーカーの攻めたブーストを長く維持するには冷却が大事になります。
無理にオーバークロックする、そんな製品ではないです。
そもそもが、限界までメーカーがオートでしてくれるので煩わしい設定は考えず、冷やしさえすれば最高のCPUだと思いました。(負荷時でも3.8〜4.35まで安定してクロックが落ちません。しかしブーストする=電力増加)

ゲームに関しても8700kにはあと一歩及ばすで、ベストではないですがベター選択になりえました。
ゲーム以外にもクリエイティブな使い方をしたい人にはかなりオススメのCPUだと思いました。

【CPU】AMD Ryzen 7 2700X BOX
【CPUクーラー】 DEEPCOOL GAMER STORM CAPTAIN 360 EX WHITE RGB
【CPUグリス】Thermal Grizzly社製 オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス
【メモリ】 Corsair CMR16GX4M2C3600C18W [DDR4 PC4-28800 8GB 2枚組]
【MB】 ASRock X470 MASTER SLI
【GPU】 玄人志向 GALAKURO GK-GTX1080-E8GB/WHITE [PCIExp 8GB]
【SSD】 ADATA Ultimate SU800 ASU800SS-128GT-C 2台
【HDD1】 WESTERN DIGITAL WD20EZRZ-RT [2TB SATA600 5400]
【HDD2】SEAGATE ST1000DM010 [1TB SATA600 7200]
【ケース】 SILVERSTONE SST-PM01W-RGB ホワイト
【PSU】 KRPW-AK750W/88+
【その他】RGBマグネットライトケーブル5本、SILVERSTONE RGB14cmファン3台 ENERMAX ホワイトLED14cmファン4台

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

メタボマンさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:335人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
39件
マザーボード
2件
33件
洗濯機
2件
22件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性3
互換性5

使用コア数に乗じて段階的にクロックが落ちていくのですが、
前世代に較べて細かくなったため、フレームレートのガタツキが若干改善しました。
この若干の差が体感的な差になってたりするので、
前世代からの乗り換えは十分価値があると思います。

一方でメモリ周りの強化について、
この辺は所詮はリフレッシュに過ぎないというか…
ガリガリに設定詰めて頑張るオーバークロッカーなら兎も角、
XMP設定頼り切りのへっぽこOCビギナーにとっては大差無い感じ。
あまり夢は見られませんな…

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すぽたんさん

  • レビュー投稿数:52件
  • 累計支持数:330人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
24件
CPU
3件
4件
マザーボード
5件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4
 

全ブーストは3.975GHz(x39.75)、時々max4GHz(x40)

HandBrake実行中 室温22℃

 

CPU以外のパーツ構成
M/B:GIGABYTE X470 AORUS ULTRA GAMING
クーラー:Corsair H110i
メモリー:Kingston HX432C16PB3K2/16 8GBx2
ビデオ:MSI RX570 4GB
SSD :960EVO 250GB(M.2)
SSD :840EVO 500GB(SATA)
HDD :WD40EZRZ-RT2
電源:Cyonic AU-550X

以下2点を交換
CPU:Ryzen7 1700
M/B:MSI X370 Titanium

1700と2700Xを比較しながら進めてみたいと思います。
HandBrakeでのエンコード時間を比べてみました。
ソースは21GB(再生時間90分)のFullHD動画ファイル
品質設定は Fast 1080p30

CPU (メモリクロック) 実測時間 最大消費電力
1700 (2400) 34分05秒 178W
1700 (2933) 測定忘れ
2700X(2400) 29分31秒 219W
2700X(3000) 29分12秒 248W

1700は全コア3.2GHz、2700Xは全コア3.975GHz

【処理速度】
1700とのクロック比ほどは短縮できていませんが、5分近い短縮なので十分だと思います。

【安定性】
24時間稼働でもBSODや勝手な再起動は無く、負荷状態を長時間続けても不安定になったりはしません。
両方共DDR4-3200のメモリを3200で設定しても通りません。
1700は2933、2700Xは3000までが安定動作の範囲なので、2700Xはメモリコントローラの改善が見られます。

【省電力性】
ワットパフォーマンスの優等生である1700と比べると2700Xは劣りますが、許容範囲だと思います。
メモリを3000に設定すると消費電力の増大とともに発熱が増え、ケースの排気が暖かくなります。

【互換性】
300シリーズのマザーボードでも動作するので大丈夫でしょう。
できれば1700(X)、1800Xと同じように電源周りに余裕があるマザーボードが良いでしょう。

【総評】
Zen2まではRyzen7 1700を使うと決めていたものの、誘惑に負けてマザーボードごと購入しました。
発熱はアイドルで25℃前後、負荷状態でも60℃未満なので不安はありません。
メモリをOCした場合に消費電力が増え、排気の温度と各ファンの回転は上がりますが、熱交換が行われている証拠ぐらいに思っています。
消費電力量は1700が178Wから、ほぼ変わらないのに対して、2700Xは目まぐるしく変わり、上下幅も30W程ありました。
マザーボードの設定もほぼデフォルト(AUDIOを無効にしただけ)で問題無く動いています。
交換しても変化は少ないと思っていましたが、メモリコントローラやブースト時の挙動などの実感出来る改良が加えられており、1700同様にトラブルとも無縁なので非常に満足しています。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった6人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

パクパクバグさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:136人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
7件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
5件
0件
CPUクーラー
4件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5

   

   

【処理速度】 1800xを全コア40.25倍で使用していましたが、これは、全コア42倍駆動で使用が可能だと思われます。ちなみに、メモリーは、コルセアの3000を3133にプチOCして使用しています。

【安定性】 全コア42倍1.35vで安定しています。なお、BCLKが100ですと、実運用では少しクロックが凹むので100.2にしています。また、電圧を1.4vにして42倍以上も試しましたが、42.5倍では起動するものの、シネベンチが完走できませんでした。電圧を1.4v以上上げるのは、ノミ心臓の私にはチョット無理なので、電圧とクロック数の関係を考えると、42倍、1.35vくらいが美味しいところかと思います。

【省電力性】 電気代は考えないようにしています。発熱というより排熱は、ソルダリングなので良好と思われます。冷却装置は、簡易でない水冷で、ラジエーターは240×5.4mm厚1基、CPU、GPU冷却兼用。計測時の環境は室温27℃エアコンなし、ケースに入れた状態で、HWソフト読みでは、ストレステスト時に最高67℃でした。温度の上昇も穏やかでした。

【互換性】 370系のマザーもBIOSを更新して使用できるので、既に持っている人ならCPUの購入コストのみで換装できます。同じソケットが利用できるのに、わざわざ互換性なくした、どっかのCPUメーカーも見習ってほしいものです。

【総評】 X370マザーほか1800X時の構成のままでCPUのみ換装です。クロック速度も上がって、ゲームもそこそこ行けるレベルになってきた手ごたえあり。価格設定もいい感じで、また一歩、オールマイティに近づいたんじゃないかな?ryzen頑張ってますね。次の7mmも期待しちゃいますよ。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 2700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 2700X BOX
AMD

Ryzen 7 2700X BOX

最安価格(税込):¥22,980発売日:2018年 4月19日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 2700X BOXをお気に入り製品に追加する <1185

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意