『先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!』 テスコム TC470 親愛なる矜持さんのレビュー・評価

2018年 5月 発売

TC470

  • ロングコーム(付属)で、ボウズからミディアムまで1mmごと(1〜70mm)にカットができるハイグレードタイプのヘアカッター。「刈り高さダイヤル」を備える。
  • 45度鋭角刃を使用し、カット性能が60%アップ(※メーカー比)。刃を開いたまま固定することで、掃除が簡単に行える「イージークリーン」機能を備える。
  • 水に強い防滴構造で水洗いも可能。コードレスで使えて、外でも風呂場でも使用可能(※風呂場など水気のある場所では電源アダプターの使用は不可)。
TC470 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥4,109

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥4,109

EC-JOY

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥4,109¥5,534 (28店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国700店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘアカッター 電源方式:充電・交流 電源・電圧:AC100-240V 50/60Hz 水洗い対応:○ TC470のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • TC470の価格比較
  • TC470の店頭購入
  • TC470のスペック・仕様
  • TC470のレビュー
  • TC470のクチコミ
  • TC470の画像・動画
  • TC470のピックアップリスト
  • TC470のオークション

TC470テスコム

最安価格(税込):¥4,109 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 5月

  • TC470の価格比較
  • TC470の店頭購入
  • TC470のスペック・仕様
  • TC470のレビュー
  • TC470のクチコミ
  • TC470の画像・動画
  • TC470のピックアップリスト
  • TC470のオークション

『先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!』 親愛なる矜持さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

TC470のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

親愛なる矜持さん

  • レビュー投稿数:63件
  • 累計支持数:549人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
7件
マウス
2件
5件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン4
使いやすさ5
維持費5
先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!

毎月の短髪カットで美容室に通っていたのは3年ほど前まで。
その頃既に髪型は「ほぼ坊主」。これに毎月4,500円を払うのはどうだか・・・。
髪型もそれほど気にならなくなってきた40代。
バリカンを買って、自分でカット出来れば節約もできるし、気になったらいつでもカット出来る。
何せ「ほぼ坊主」なので!

当機種の先代「TC430」の評判は良く、コストパフォーマンスも良好!
美容室での「ほぼ坊主」カット1回分に満たない額で「TC430」を購入した。
試行錯誤しながら、セルフ・カットに慣れ、年間美容室代54,000円 (4,500円×12ヶ月) が浮いた!
様々なコーム・アタッチメントがとても便利。刃先の取り外しや水洗いなど、優れたコストパフォーマンスに感動した。
丸2年半使った段階で内蔵ニッケル水素充電池が経年劣化し、以降はACアダプター接続下で使用。
また、アタッチメントのくびれ部位の割れをアロンアルファで補修しながら使っていた。

そしてこの度、新機種が発売になると言うので、早速購入と相俟った。

【デザイン】
実売最安値4千円弱に対するデザインと質感は全く申し分ない!
凹凸の少ないスリムですっきりとしたデザイン。
配色は一般的なシルバー、グレー系。
筐体の素材は樹脂系素材なので、金属系素材の堅牢性や高級感は無いが、問題無し!

【使いやすさ】
先代「TC430」より15g軽量化されフォルムもスリムに改良され取り回しも改善。
充電器も小型化軽量化され出力電流は半分未満に。
ただ造りがチープな故、断線に対する耐久性は低下したと思われる。

付属のアタッチメント数は先代「TC430」の6つに対し、3つに半減。
よく考えられ機能を集約したアタッチメントは3つのみの構成。
 ●ノーマルコーム・アタッチメント:毛足1mmから35mm用
 ●ロングコーム・アタッチメント:毛足36mmから70mm用
 ●スキ刈りコーム・アタッチメント:両サイドの使い分けでスキ刈量の多い/少ないを選べる

カット高は二つのコーム・アタッチメントを使い、それぞれ1mmずつ本体のダイヤルで調整できる!
これは「TC430」には無かった機能。
この1mmずつが意外にも便利で、頭頂部を長めに、側頭部を短めにする際、そのつなぎ部分の微調整に便利!
そしてスキ刈りコーム・アタッチメントはスキ刈り量を2段階選択できるので、つなぎ部分の段差調整に効果大!

刃そのものも「TC430」から進化。鋭角45度の刃先で「TC430」からカット性能が60%アップしたとのこと!
手入れは「TC430」同様、水洗いOK。
刃ユニットは取り外しが出来、さらに刃を上げて固定もできるのでクリーニングしやすい。

【維持費】
特段の出費は無い。
刃の手入れ用の潤滑油がなくなった際に買い足す程度。
この手のオイルは純正でなくても、皮膚に毒性がなくアレルゲンを含まなければ良い。
刃ユニットのみの購入交換も出来るが、先代「TC430」使用期間中に刃ユニットを交換する必要は無かった。
もし、経年劣化の部位を考えるなら内蔵のニッケル水素充電池だろう。
これはリチウムイオン充電池だと良かったな。
もしくはエネループなどを2本使い、交換出来るようになっていれば満点。

【総評】
この価格、この機能、このメインテナンス性、そして先代からの改善・向上。
Panasonic・Philips・Braunなど大手他社の高額なバリカンは選択肢に入らない。
この度も良い買い物が出来た!

ただ、私は「ほぼ坊主」の短髪専門なので「ロングコーム・アタッチメント」は必要無い。
当機「TC470」と兄弟機「TC460」の違いはこの「ロングコーム・アタッチメント」の有無のみ。
よって、毛足が35mm以下の短髪専門ならば「TC460」で良かった。

比較製品
テスコム > TC430

参考になった12人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
使いやすさ5
維持費5
先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!

毎月の短髪カットで美容室に通っていたのは3年ほど前まで。
その頃既に髪型は「ほぼ坊主」。これに毎月4,500円を払うのはどうだか・・・。
髪型もそれほど気にならなくなってきた40代。
バリカンを買って、自分でカット出来れば節約もできるし、気になったらいつでもカット出来る。
何せ「ほぼ坊主」なので!

当機種の先代「TC430」の評判は良く、コストパフォーマンスも良好!
美容室での「ほぼ坊主」カット1回分に満たない額で「TC430」を購入した。
試行錯誤しながら、セルフ・カットに慣れ、年間美容室代54,000円 (4,500円×12ヶ月) が浮いた!
様々なコーム・アタッチメントがとても便利。刃先の取り外しや水洗いなど、優れたコストパフォーマンスに感動した。
丸2年半使った段階で内蔵ニッケル水素充電池が経年劣化し、以降はACアダプター接続下で使用。
また、アタッチメントのくびれ部位の割れをアロンアルファで補修しながら使っていた。

そしてこの度、新機種が発売になると言うので、早速購入と相俟った。

【デザイン】
実売最安値4千円弱に対するデザインと質感は全く申し分ない!
凹凸の少ないスリムですっきりとしたデザイン。
配色は一般的なシルバー、グレー系。
筐体の素材は樹脂系素材なので、金属系素材の堅牢性や高級感は無いが、問題無し!

【使いやすさ】
先代「TC430」より15g軽量化されフォルムもスリムに改良され取り回しも改善。
充電器も小型化軽量化され出力電流は半分未満に。
ただ造りがチープな故、断線に対する耐久性は低下したと思われる。

付属のアタッチメント数は先代「TC430」の6つに対し、3つに半減。
よく考えられ機能を集約したアタッチメントは3つのみの構成。
 ●ノーマルコーム・アタッチメント:毛足1mmから35mm用
 ●ロングコーム・アタッチメント:毛足36mmから70mm用
 ●スキ刈りコーム・アタッチメント:両サイドの使い分けでスキ刈量の多い/少ないを選べる

カット高は二つのコーム・アタッチメントを使い、それぞれ1mmずつ本体のダイヤルで調整できる!
これは「TC430」には無かった機能。
この1mmずつが意外にも便利で、頭頂部を長めに、側頭部を短めにする際、そのつなぎ部分の微調整に便利!
そしてスキ刈りコーム・アタッチメントはスキ刈り量を2段階選択できるので、つなぎ部分の段差調整に効果大!

刃そのものも「TC430」から進化。鋭角45度の刃先で「TC430」からカット性能が60%アップしたとのこと!
手入れは「TC430」同様、水洗いOK。
刃ユニットは取り外しが出来、さらに刃を上げて固定もできるのでクリーニングしやすい。

【維持費】
特段の出費は無い。
刃の手入れ用の潤滑油がなくなった際に買い足す程度。
この手のオイルは純正でなくても、皮膚に毒性がなくアレルゲンを含まなければ良い。
刃ユニットのみの購入交換も出来るが、先代「TC430」使用期間中に刃ユニットを交換する必要は無かった。
もし、経年劣化の部位を考えるなら内蔵のニッケル水素充電池だろう。
これはリチウムイオン充電池だと良かったな。
もしくはエネループなどを2本使い、交換出来るようになっていれば満点。

【総評】
この価格、この機能、このメインテナンス性、そして先代からの改善・向上。
Panasonic・Philips・Braunなど大手他社の高額なバリカンは選択肢に入らない。
良い買い物をした!

ただ、私は「ほぼ坊主」の短髪専門なので「ロングコーム・アタッチメント」は必要無い。
当機「TC470」と兄弟機「TC460」の違いはこの「ロングコーム・アタッチメント」の有無のみ。
よって、毛足が35mm以下の短髪専門ならば「TC460」で良かった。

参考になった0

満足度5
デザイン4
使いやすさ5
維持費5
先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!

毎月の短髪カットで美容室に通っていたのは3年ほど前まで。
その頃既に髪型は「ほぼ坊主」。これに毎月4,500円を払うのはどうだか・・・。
髪型もそれほど気にならなくなってきた40代。
バリカンを買って、自分でカット出来れば節約もできるし、気になったらいつでもカット出来る。
何せ「ほぼ坊主」なので!

当機種の先代「TC430」の評判は良く、コストパフォーマンスも良好!
美容室での「ほぼ坊主」カット1回分に満たない額で「TC430」を購入した。
試行錯誤しながら、セルフ・カットに慣れ、年間美容室代54,000円 (4,500円×12ヶ月) が浮いた!
様々なコーム・アタッチメントがとても便利。刃先の取り外しや水洗いなど、優れたコストパフォーマンスに感動した。
丸2年半使った段階で内蔵ニッケル水素充電池が経年劣化し、以降はACアダプター接続下で使用。
また、アタッチメントのくびれ部位の割れをアロンアルファで補修しながら使っていた。

そしてこの度、新機種が発売になると言うので、早速購入と相俟った。

【デザイン】
実売最安値4千円弱に対するデザインと質感は全く申し分ない!
凹凸の少ないスリムですっきりとしたデザイン。
配色は一般的なシルバー、グレー系。
筐体の素材は樹脂系素材なので、金属系素材の堅牢性や高級感は無いが、問題無し!

【使いやすさ】
先代「TC430」より15g軽量化されフォルムもスリムに改良され取り回しも改善。
充電器も小型化軽量化され出力電流は半分未満に。
ただ造りがチープな故、断線に対する耐久性は低下したと思われる。

付属のアタッチメント数は先代「TC430」の6つに対し、3つに半減。
よく考えられ機能を集約したアタッチメントは3つのみの構成。
 ●ノーマルコーム・アタッチメント:毛足1mmから35mm用
 ●ロングコーム・アタッチメント:毛足36mmから70mm用
 ●スキ刈りコーム・アタッチメント:両サイドの使い分けでスキ刈量の多い/少ないを選べる

カット高は二つのコーム・アタッチメントを使い、それぞれ1mmずつ本体のダイヤルで調整できる!
これは「TC430」には無かった機能。
この1mmずつが意外にも便利で、頭頂部を長めに、側頭部を短めにする際、そのつなぎ部分の微調整に便利!
そしてスキ刈りコーム・アタッチメントはスキ刈り量を2段階選択できるので、つなぎ部分の段差調整に効果大!

刃そのものも「TC430」から進化。鋭角45度の刃先で「TC430」からカット性能が60%アップしたとのこと!
手入れは「TC430」同様、水洗いOK。
刃ユニットは取り外しが出来、さらに刃を上げて固定もできるのでクリーニングしやすい。

【維持費】
特段の出費は無い。
刃の手入れ用の潤滑油がなくなった際に買い足す程度。
この手のオイルは純正でなくても、皮膚に毒性がなくアレルゲンを含まなければ良い。

【総評】
この価格、この機能、このメインテナンス性、そして先代からの改善・向上。
Panasonic・Philips・Braunなど大手他社の高額なバリカンは選択肢に入らない。
良い買い物をした!

ただ、私は「ほぼ坊主」の短髪専門なので「ロングコーム・アタッチメント」は必要無い。
当機「TC470」と兄弟機「TC460」の違いはこの「ロングコーム・アタッチメント」の有無のみ。
よって、毛足が35mm以下の短髪専門ならば「TC460」で良かった。

参考になった0

満足度5
デザイン4
使いやすさ5
維持費5
先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!

毎月の短髪カットで美容室に通っていたのは3年ほど前まで。
その頃既に髪型は「ほぼ坊主」。これに毎月4,500円を払うのはどうだか・・・。
髪型もそれほど気にならなくなってきた40代。
バリカンを買って、自分でカット出来れば節約もできるし、気になったらいつでもカット出来る。
何せ「ほぼ坊主」なので!

当機種の先代「TC430」の評判は良く、コストパフォーマンスも良好!
美容室での「ほぼ坊主」カット1回分に満たない額で「TC430」を購入した。
試行錯誤しながら、セルフ・カットに慣れ、年間美容室代54,000円 (4,500円×12ヶ月) が浮いた!
様々なコーム・アタッチメントがとても便利。刃先の取り外しや水洗いなど、優れたコストパフォーマンスに感動した。
丸2年半使った段階で内蔵ニッケル水素充電池が経年劣化し、以降はACアダプター接続下で使用。
また、アタッチメントのくびれ部位の割れをアロンアルファで補修しながら使っていた。

そしてこの度、新機種が発売になると言うので、早速購入と相俟った。

【デザイン】
実売最安値4千円弱に対するデザインと質感は全く申し分ない!
凹凸の少ないスリムですっきりとしたデザイン。
配色は一般的なシルバー、グレー系。
筐体の素材は樹脂系素材なので、金属系素材の堅牢性や高級感は無いが、問題無し!

【使いやすさ】
先代「TC430」より15g軽量化されフォルムもスリムに改良され取り回しも改善。
充電器も小型化軽量化され出力電流は半分未満に。
ただ造りがチープな故、断線に対する耐久性は低下したと思われる。

付属のアタッチメント数は先代「TC430」の6つに対し、3つに半減。
よく考えられ機能を集約したアタッチメントは3つのみの構成。
 ●ノーマルコーム・アタッチメント:毛足1mmー35mm用
 ●ロングコーム・アタッチメント:毛足36mmー70mm用
 ●スキ刈りコーム・アタッチメント:両サイドの使い分けでスキ刈量の多い/少ないを選べる
カット高は二つのコーム・アタッチメントを使い、それぞれ1mmずつダイヤル調整できる!
これはTC430には無かった機能。
この1mmずつが意外にも便利で、頭頂部を長めに、側頭部を短めにする際、そのつなぎ部分の微調整に便利!
そしてスキ刈りコーム・アタッチメントはスキ刈り量を2段階選択できるので、つなぎ部分の段差調整に効果大!

手入れは「TC430」同様、水洗いOK。
刃ユニットは取り外しが出来、刃を上げて固定もできるのでクリーニングしやすい。

【維持費】
特段の出費は無い。
刃の手入れ用の潤滑油がなくなった際に買い足す程度。
この手のオイルは純正でなくても、皮膚に毒性がなくアレルゲンを含まなければ良い。

【総評】
この価格、この機能。
他社の高額なバリカンは選択肢に入らない。
良い買い物をした!

ただ、私は「ほぼ坊主」の短髪専門なので「ロングコーム・アタッチメント」は必要無い。
当機「TC470」と兄弟機「TC460」の違いはこの「ロングコーム・アタッチメント」の有無のみ。
よって、毛足が35mm以下の短髪専門ならば「TC460」で良かった。

参考になった0

満足度5
デザイン4
使いやすさ5
維持費5
先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!

毎月の短髪カットで美容室に通っていたのは3年ほど前まで。
その頃既に髪型は「ほぼ坊主」。これに毎月4,500円を払うのはどうだか・・・。
髪型もそれほど気にならなくなってきた40代。
バリカンを買って、自分でカット出来れば節約もできるし、気になったらいつでもカット出来る。
何せ「ほぼ坊主」なので!

当機種の先代「TC430」の評判は良く、コストパフォーマンスも良好!
美容室での「ほぼ坊主」カット1回分に満たない額で「TC430」を購入した。
試行錯誤しながら、セルフ・カットに慣れ、年間美容室代54,000円 (4,500円×12ヶ月) が浮いた!
様々なコーム・アタッチメントがとても便利。刃先の取り外しや水洗いなど、優れたコストパフォーマンスに感動した。
丸2年半使った段階で内蔵ニッケル水素充電池が経年劣化し、以降はACアダプター接続下で使用。
また、アタッチメントのくびれ部位の割れをアロンアルファで補修しながら使っていた。

そしてこの度、新機種が発売になると言うので、早速購入と相俟った。

【デザイン】
実売最安値4千円弱に対するデザインと質感は全く申し分ない!
凹凸の少ないスリムですっきりとしたデザイン。
配色は一般的なシルバー、グレー系。
筐体の素材は樹脂系素材なので、金属系素材の堅牢性や高級感は無いが、問題無し!

【使いやすさ】
先代「TC430」より15g軽量化されフォルムもスリムに改良され取り回しも改善。
充電器も小型化軽量化され出力電流は半分未満に。
ただ造りがチープな故、断線に対する耐久性は低下したと思われる。

付属のアタッチメント数は先代「TC430」の6つに対し、3つに半減。
よく考えられ機能を集約したアタッチメントは3つのみの構成。
 ●ノーマルコーム・アタッチメント:毛足1mm〜35mm用
 ●ロングコーム・アタッチメント:毛足36mm〜70mm用
 ●スキ刈りコーム・アタッチメント:毛足36mm〜70mm用
カット高は二つのコーム・アタッチメントを使い、それぞれ1mmずつダイヤル調整できる!
これはTC430には無かった機能。
この1mmずつが意外にも便利で、頭頂部を長めに、側頭部を短めにする際、そのつなぎ部分の微調整に便利!
そしてスキ刈りコーム・アタッチメントはスキ刈り量を2段階選択できるので、つなぎ部分の段差調整に効果大!

手入れは「TC430」同様、水洗いOK。
刃ユニットは取り外しが出来、刃を上げて固定もできるのでクリーニングしやすい。

【維持費】
特段の出費は無い。
刃の手入れ用の潤滑油がなくなった際に買い足す程度。
この手のオイルは純正でなくても、皮膚に毒性がなくアレルゲンを含まなければ良い。

【総評】
この価格、この機能。
他社の高額なバリカンは選択肢に入らない。
良い買い物をした!

ただ、私は「ほぼ坊主」の短髪専門なので「ロングコーム・アタッチメント」は必要無い。
当機「TC470」と兄弟機「TC460」の違いはこの「ロングコーム・アタッチメント」の有無のみ。
よって、毛足が35mm以下の短髪専門ならば「TC460」で良かった。

参考になった0

「TC470」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ひどすぎる  1 2020年1月2日 20:11
試しなしで販売してないか?  1 2018年10月7日 21:21
先代「TC430」を確実に改善。家庭用バリカンの最新決定版!  5 2018年5月27日 15:00

TC470のレビューを見る(レビュアー数:3人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

TC470のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

TC470
テスコム

TC470

最安価格(税込):¥4,109発売日:2018年 5月 価格.comの安さの理由は?

TC470をお気に入り製品に追加する <18

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[メンズグルーミング]

メンズグルーミングの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(メンズグルーミング)

ご注意