『価格を考えるとお勧めなヘッドホン』 DENON AH-D5200 イ・ジュンさんのレビュー・評価

2018年 4月上旬 発売

AH-D5200

  • フラッグシップモデル「AH-D7200」と同様に天然木をハウジングに採用したオーバーイヤー・ヘッドホン。
  • 50mm径の「フリーエッジ・ドライバー」を採用し、入力信号にきわめて正確かつ低域の量感豊かなサウンドを実現。
  • イヤーパッドには一般的な人工皮革の約2倍の耐久性を持つ人工皮革を採用。頭部に合わせてフィットする形状記憶フォームで、ストレスフリーな付け心地。
AH-D5200 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥59,895

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥59,895

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,895¥66,550 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥59,895 〜 ¥59,895 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ハイレゾ:○ AH-D5200のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AH-D5200の価格比較
  • AH-D5200の店頭購入
  • AH-D5200のスペック・仕様
  • AH-D5200のレビュー
  • AH-D5200のクチコミ
  • AH-D5200の画像・動画
  • AH-D5200のピックアップリスト
  • AH-D5200のオークション

AH-D5200DENON

最安価格(税込):¥59,895 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月上旬

  • AH-D5200の価格比較
  • AH-D5200の店頭購入
  • AH-D5200のスペック・仕様
  • AH-D5200のレビュー
  • AH-D5200のクチコミ
  • AH-D5200の画像・動画
  • AH-D5200のピックアップリスト
  • AH-D5200のオークション

『価格を考えるとお勧めなヘッドホン』 イ・ジュンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AH-D5200のレビューを書く

イ・ジュンさん

  • レビュー投稿数:113件
  • 累計支持数:395人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
4件
3122件
CPU
2件
923件
イヤホン・ヘッドホン
80件
338件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性無評価
価格を考えるとお勧めなヘッドホン

Pionner U-05と標準アンバランスケーブルでの評価です。

【デザイン】評価 4
ハウジングはゼブラの黒のほうが好みに見えたが実際見ると単調でこれなら同じ黒でもD2000のほうが見比べると品良く見える。
D7200と比べて写真で感じる以上に変更点で安っぽい印象は気にはなったものの一応及第点。
ただ全世代のD7100と比べて装着感やコネクタ部の造りなど割と重要なところでしっかりと劣る。(シリーズ共通)
ヘッドバンドやアームのデザインも当たり障りのないところを目指したとしても凡庸でウッドハウジング頼み。
他の操作感も含めたデザインの細かいところで日本人の細やかなところを期待した場合かなりがっかりで評価3にしようかと思ったほど。

【高音の音質】評価 4〜5
当たり障りのない域という印象。
かつてのハイエンドAH-D5000と比べると音の終わり方の刺さるような印象は収まってもいる。
ハイエンドクラスは基本的に伸びやあるいは響きで印象的な域となるがそういうのはないがタイトにまとまっている。

【中音の音質】評価 5
D5000と比べて近くタイトに解像度高く洗練された印象。
ボーカルや奥の見通しがかなり良くなっている。色気は減少しているが艶はある。

【低音の音質】評価 4.5〜5
D5000と比べやはりタイトになっているが緩さは残る。ただしアタック感は強めなのでソースによっては低音が邪魔に感じる。

D5200はナノファイバーが使われていないせいかD7200やD9200のようなドライバーの限界を引き出すようなチューニングはされていない印象。
D5000を近めタイトに高解像度にした印象で、その分音場の解放やゆったり感は落ちている印象。
Hi-Resな現代風になったようでもあり他社と比べるとそうでもないようでもあり。
歯切れ悪い内容になってしまったが欠点が減り万人向けな音場になっていますのでお勧めしやすく良いです。


ただタイトよりに音も狭めて調整したその割にははやり強めの音が多重に重なると歪みが目立ちレスポンスがガクッと落ちるので、これはD9200にも起こるのでフリーエッジで大きく動くドーム型振動板の弱点かなと。
D7200は倍音等全域響きが芳醇な特性なので目立ちそれが弱点かなと思っていたが、どうもフリーエッジ共通の弱点っぽいなと。
やはり解像度やレスポンスでは平面駆動のPM-2の方が上手というか次元が違い表現力と奥方向の見通しで埋められない差があり、となるとおおらかに鳴らしてこそのフリーエッジかなと。

得意ジャンルはロックとかになると思いますが、リズムが後ろ方向に引っ張られる傾向はあるのでライブ映像、ポップスのほうがベターかなと。
D7200はソウルっぽいというかハワイアンっぽいというか響きでそういう感じに染めますが、D5200はスッキリした音場で多音再生もそこそこ。
D7200は単音でスカスカ感なくより魅せる感じですが、基本的にこのシリーズは多音というか圧少なめのソースで落ち着いて聴きたいかなと。

【フィット感】評価 4.5
D5000、D7100より側圧が強く重く感じる装着感でかなり劣る。
しかしD7200/D9200よりはヘッドバンドの厚みが増えた分、快適に感じる人は多いかもしれない。
正直ヘッドバンドの太さはデザイン的にも安っぽいのが残念だが、そのまま使うならD5200が無難かなと。

【外音遮断性】評価 4
D5000より良い。密閉型としては普通でもあるが良いと思うので評価4。

【音漏れ防止】評価 3
D5000同様、密閉型としては漏れは大きいほうだと思います。音場の閉鎖感のなさはこのあたりに影響?。

【総評】評価 5
D5000/D7000が好みだったならD7200の方がベターに思いますが、D5200のほうが今風で万人向きかなと。D9200もそんな方向性でしたし。
そしてこのD5000は5万円レベルで他社ハイエンドとも渡り合えるほど音質とバランスと装着感でよくまとまっていてお買い得感高いのが最大の良さかなと。
しっかりした所有感もありつつお買い得なので満足度は相当高いヘッドホンになるかと思います。それを加味すると欠点は無いに等しいでしょう。
ただ残念ながらこの曲ならこのヘッドホンで聴きたいというのが特になく、私の使い方や他の所有機との関係で活躍の機会はあまりなさそうなのが欠点ですね。

D2000より劣るというクチコミもありますが、劣っているのは左右方向の音場の広さとリラックス感、そしてデザインや質感・装着感もD2000より劣っているかなと。
D2000は低音が弱めでボーカルがD5200よりも聴きやすい感じです。
音質的にはD5200のほうがやや重めでやや重厚感はあり。そして左右が狭くなっているので上下の狭さはあまり感じないようにはなっているかなと。
ただ平均でみると同レベルの音質音場で好みの差の範囲に思いますので、装着感と質感でD2000が良く感じるのも分かるように思います。

主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性無評価
価格を考えると欠点はないに等しいお勧めヘッドホン

Pionner U-05と標準アンバランスケーブルでの評価です。

【デザイン】評価 4
ハウジングはゼブラの黒のほうが好みに見えたが実際見ると単調でこれなら同じ黒でもD2000のほうが見比べると品良く見える。
D7200と比べて写真で感じる以上に変更点で安っぽい印象は気にはなったものの一応及第点。
ただ全世代のD7100と比べて装着感やコネクタ部の造りなど割と重要なところでしっかりと劣る。(シリーズ共通)
ヘッドバンドやアームのデザインも当たり障りのないところを目指したとしても凡庸でウッドハウジング頼み。
他の操作感も含めたデザインの細かいところで日本人の細やかなところを期待した場合かなりがっかりで評価3にしようかと思ったほど。

【高音の音質】評価 4〜5
当たり障りのない域という印象。
かつてのハイエンドAH-D5000と比べると音の終わり方の刺さるような印象は収まってもいる。
ハイエンドクラスは基本的に伸びやあるいは響きで印象的な域となるがそういうのはないがタイトにまとまっている。

【中音の音質】評価 5
D5000と比べて近くタイトに解像度高く洗練された印象。
ボーカルや奥の見通しがかなり良くなっている。色気は減少しているが艶はある。

【低音の音質】評価 4.5〜5
D5000と比べやはりタイトになっているが緩さは残る。ただしアタック感は強めなのでソースによっては低音が邪魔に感じる。

D5200はナノファイバーが使われていないせいかD7200やD9200のようなドライバーの限界を引き出すようなチューニングはされていない印象。
D5000を近めタイトに高解像度にした印象で、その分音場の解放やゆったり感は落ちている印象。
Hi-Resな現代風になったようでもあり他社と比べるとそうでもないようでもあり。
歯切れ悪い内容になってしまったが欠点が減り万人向けな音場になっていますのでお勧めしやすく良いです。


ただタイトよりに音も狭めて調整したその割にははやり強めの音が多重に重なると歪みが目立ちレスポンスがガクッと落ちるので、これはD9200にも起こるのでフリーエッジで大きく動くドーム型振動板の弱点かなと。
D7200は倍音等全域響きが芳醇な特性なので目立ちそれが弱点かなと思っていたが、どうもフリーエッジ共通の弱点っぽいなと。
やはり解像度やレスポンスでは平面駆動のPM-2の方が上手というか次元が違い表現力と奥方向の見通しで埋められない差があり、となるとおおらかに鳴らしてこそのフリーエッジかなと。

得意ジャンルはロックとかになると思いますが、リズムが後ろ方向に引っ張られる傾向はあるのでライブ映像、ポップスのほうがベターかなと。
D7200はソウルっぽいというかハワイアンっぽいというか響きでそういう感じに染めますが、D5200はスッキリした音場で多音再生もそこそこ。
D7200は単音でスカスカ感なくより魅せる感じですが、基本的にこのシリーズは多音というか圧少なめのソースで落ち着いて聴きたいかなと。

【フィット感】評価 4.5
D7100より側圧が強く重く感じる装着感でかなり劣る。D5000と比べてもやや劣る。
しかしD7200/D9200よりはヘッドバンドの厚みが増えた分、快適に感じる人は多いかもしれない。
正直ヘッドバンドの太さはデザイン的にも安っぽいのが残念だが、そのまま使うならD5200が無難かなと。

【外音遮断性】評価 4
D5000より良い。密閉型としては普通でもあるが良いと思うので評価4。

【音漏れ防止】評価 3
D5000同様、密閉型としては漏れは大きいほうだと思います。音場の閉鎖感のなさはこのあたりに影響?。

【総評】評価 5
D5000/D7000が好みだったならD7200の方がベターに思いますが、D5200のほうが今風で万人向きかなと。D9200もそんな方向性でしたし。
そしてこのD5000は5万円レベルで他社ハイエンドとも渡り合えるほど音質とバランスと装着感でよくまとまっていてお買い得感高いのが最大の良さかなと。
しっかりした所有感もありつつお買い得なので満足度は相当高いヘッドホンになるかと思います。それを加味すると欠点は無いに等しいでしょう。
ただ残念ながらこの曲ならこのヘッドホンで聴きたいというのが特になく、私の使い方や他の所有機との関係で活躍の機会はあまりなさそうなのが欠点ですね。

主な用途
音楽
映画
ゲーム
接続対象
PC

参考になった0

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AH-D5200のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AH-D5200
DENON

AH-D5200

最安価格(税込):¥59,895発売日:2018年 4月上旬 価格.comの安さの理由は?

AH-D5200をお気に入り製品に追加する <137

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意