『余裕のある空間で綺麗な音です』 DENON AH-D5200 きばにゃんさんのレビュー・評価

2018年 4月上旬 発売

AH-D5200

  • フラッグシップモデル「AH-D7200」と同様に天然木をハウジングに採用したオーバーイヤー・ヘッドホン。
  • 50mm径の「フリーエッジ・ドライバー」を採用し、入力信号にきわめて正確かつ低域の量感豊かなサウンドを実現。
  • イヤーパッドには一般的な人工皮革の約2倍の耐久性を持つ人工皮革を採用。頭部に合わせてフィットする形状記憶フォームで、ストレスフリーな付け心地。
AH-D5200 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥59,895

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥59,895

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,895¥66,550 (19店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥59,895 〜 ¥59,895 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ハイレゾ:○ AH-D5200のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AH-D5200の価格比較
  • AH-D5200の店頭購入
  • AH-D5200のスペック・仕様
  • AH-D5200のレビュー
  • AH-D5200のクチコミ
  • AH-D5200の画像・動画
  • AH-D5200のピックアップリスト
  • AH-D5200のオークション

AH-D5200DENON

最安価格(税込):¥59,895 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月上旬

  • AH-D5200の価格比較
  • AH-D5200の店頭購入
  • AH-D5200のスペック・仕様
  • AH-D5200のレビュー
  • AH-D5200のクチコミ
  • AH-D5200の画像・動画
  • AH-D5200のピックアップリスト
  • AH-D5200のオークション

『余裕のある空間で綺麗な音です』 きばにゃんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AH-D5200のレビューを書く

きばにゃんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
3件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3
余裕のある空間で綺麗な音です
   

DA-310USBではなくDenDACに接続の図。

   

購入から一ヶ月ほど使用してのレビューで、2ヶ月目で音質と装着感を一部追記しました。
アンプはノートPCにDA-310USBをUSB接続しています。


【音質】
このヘッドホンの最大の特徴は個々の音が手前に主張しすぎず、余裕のある空間の中で綺麗に分離して聴こえることです。
他の高価格帯のヘッドホンでは迫力がある音のために音が遠く、強く、グイグイ主張する、映画館の大きなスピーカーのような印象であるのに比べると、AH-D5200は繊細で迫力には乏しいものの、主張しすぎないことで生まれる空間の余裕の中に残響や空気感が感じられ、耳全体を使って埋もれていた細かい音まで聴くことができる といった感じです。

音のバランスとしては木製ハウジングのためか、女性ボーカルなどの中高音がサラサラと情報量多めに聴こえます。
高音・低音も量は多くないものの、締まりはありつつ刺さらない優しい音だと感じます。
ハウジング内での反響というか飽和したような音が出にくいので聴き疲れは少ないです。

音場感は広く外側から聴こえるというよりも、イヤホンのように脳内定位から自然に立体的に広がる感じ。
ボーカル曲などではセンターの定位に集中できて聴きやすいです。

他のリスニングヘッドホンと比べると、上記の主張しすぎない音場感と高音・低音のためモニターヘッドホンのような正確さがあり、余計な味付けや残響を足さずに音源を楽しむことができそうです。


【ヨドバシで試聴した他機種との比較】
DENON AH-D7200
7200の方が迫力のある音が遠くで鳴る感じなので、映画やゲーム、オーケストラには向いてそうです。
繊細な中高音は5200に分があるので、下位グレードというよりはチューニングの違いと捉えても良いかもしれません。

DENON AH-D1200・AH-MM400
高音が綺麗な1200とノリの良い低音が主張する400ですが、流石に全体のクオリティでは劣ります。

SENNHEISER HD660S
同価格帯ではこちらも良かったです。
中高音などの解像度ではちょっとぼやけている感じですが、 豊かでノリの良い低音に包まれる感じは好きでした 。

SENNHEISER HD800
660Sのぼやけた感じが消えて締まりのある繊細な音で、音の質としてもAH-D5200より一段上かもしれません。
適度な迫力で音場感がとても広いので、その辺はAH-D7200に似ていると感じました。
価格が気にならなければこちらも良いですね。

SONY MDR-1AM2
低音も高音もかなり主張するので音が飽和するような感じで、余裕のある空間に包まれるというよりは音の波に飲まれるような。
人気モデルの最新機種なので一応入れましたが、リスニングモデルとは傾向が違うのでちょっと比較には厳しいです。



【耐久性・デザイン】
全体的にしなやかというか、ヘッドバンドの延長部分や回転軸が細そうなのでねじれや圧力には弱そうです。
金属部分の表面は非光沢処理なので、硬いものがこすれると凹みはしないものの光沢のある浅い傷がつきます。
寝ながら聞いたり持ち運んだりには向かないと思います。
ゼブラウッドハウジングは個体差はあるものの、物欲を満たしてくれる感じで良いですね。
万一の断線を考えるとリケーブル出来るのも嬉しい仕様。

【装着感】
側圧は弱め、装着感はそこそこ良いです。
イヤーパッドはサラサラベロアなどではなくしっとり合皮なので皮脂が乗るとペタつきます。良く捉えれば汚れが染み込みにくい。
仕事やゲームで12時間くらい付けていても痛くなったりすることはありません。
使い始めはやや硬くて耳周りに「乗っている」感じのイヤーパッドも、内部の形状記憶フォームがヘタってくることでスッポリ収まる感じで付け心地は若干優しくなります。

側圧が弱くて頭頂部で支えないと後方にずり落ちてくるため、ヘッドバンドをやや長めにしてヘッドバンドを前寄りにして装着するのがコツです。(AH-D7200のレビューを参考にしました)

【遮音性・音漏れ】
遮音性、音漏れは密閉型にしては良くないかも。
自宅やオフィスなどでの使用では問題なさそうですが、共同の寝室や図書館では音量を控えた方が良さそうです。

【価格】
5万円以上と高価格帯ではあるものの、個人的にはHD800やAH-D7200と同じラインで比較できる機種だと感じていますので、コスパは悪くないかと思います。



レビューは以上となります。ありがとうございました。

比較製品
DENON > AH-D7200
ゼンハイザー > HD 660 S
DENON > AH-MM400
主な用途
音楽
映画
接続対象
PC

参考になった23人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3
余裕のある空間で綺麗な音です
   

コチラはDA-310USBではなくDenDACに接続してます。

   

購入から一ヶ月ほど使用してのレビューになります。
アンプはノートPCにDA-310USBをUSB接続しています。


【音質】
このヘッドホンの最大の特徴は個々の音が手前に主張しすぎず、余裕のある空間の中で綺麗に分離して聴こえることです。
他の高価格帯のヘッドホンでは迫力がある音のために音が遠く、強く、グイグイ主張する、映画館の大きなスピーカーのような印象であるのに比べると、AH-D5200は繊細で迫力には乏しいものの、主張しすぎないことで生まれる空間の余裕の中に残響や空気感が感じられ、耳全体を使って埋もれていた細かい音まで聴くことができる といった感じです。

音のバランスとしては木製ハウジングのためか、女性ボーカルなどの中高音が情報量多めに聴こえます。
高音・低音も量は多くないものの、締まりのある音だと感じます。

他のリスニングヘッドホンと比べると、上記の主張しすぎない音場感と高音・低音のためモニターヘッドホンのような正確さがあり、余計な味付けや残響を足さずに音源を楽しむことができそうです。



【ヨドバシで試聴した他機種との比較】
DENON AH-D7200
7200の方が迫力のある音が遠くで鳴る感じなので、映画やゲーム、オーケストラには向いてそうです。
繊細な中高音は5200に分があるので、下位グレードというよりはチューニングの違いと捉えても良いかもしれません。

DENON AH-D1200・AH-MM400
高音が綺麗な1200とノリの良い低音が主張する400ですが、流石に全体のクオリティでは劣ります。

SENNHEISER HD660S
同価格帯ではこちらも良かったです。
中高音などの解像度ではちょっとぼやけている感じですが、 豊かでノリの良い低音に包まれる感じは好きでした 。

SENNHEISER HD800
660Sのぼやけた感じが消えて締まりのある繊細な音で、音の質としてもAH-D5200より一段上かもしれません。
適度な迫力で音場感がとても広いので、その辺はAH-D7200に似ていると感じました。
価格が気にならなければこちらも良いですね。

SONY MDR-1AM2
低音も高音もかなり主張するので音が飽和するような感じで、余裕のある空間に包まれるというよりは音の波に飲まれるような。
人気モデルの最新機種なので一応入れましたが、リスニングモデルとは傾向が違うのでちょっと比較には厳しいです。



【耐久性・デザイン】
全体的にしなやかというか、ヘッドバンドの延長部分や回転軸が細そうなのでねじれや圧力には弱そうです。
金属部分の表面は非光沢処理なので、硬いものがこすれると凹みはしないものの光沢のある浅い傷がつきます。
寝ながら聞いたり持ち運んだりには向かないと思います。
ゼブラウッドハウジングは個体差はあるものの、物欲を満たしてくれる感じで良いですね。

【装着感】
装着感はそこそこです。
イヤーカップの中で耳は微かに当たる程度なのでそういう意味では装着感は良いですが、弱めの側圧と大きめのイヤーパッドで支えるタイプなので頭頂部やヘッドホンのズレは気になるかも。
イヤーパッドが大きいので耳の下(あご裏)が圧迫される感じが気になる人もいるかも。
イヤーパッドはサラサラベロアなどではなくしっとり合皮なので皮脂が乗るとペタつきます。
ただ、仕事やゲームで12時間くらい付けていても痛くなったりすることはありません。

【遮音性・音漏れ】
遮音性、音漏れは密閉型にしては良くないかも。
自宅やオフィスなどでの使用では問題なさそうですが、共同の寝室や図書館では音量を控えた方が良さそうです。

【価格】
5万円以上と高価格帯ではあるものの、個人的にはHD800やAH-D7200と同じラインで比較できる機種だと感じていますので、コスパは悪くないかと思います。



レビューは以上となります。ありがとうございました。

比較製品
DENON > AH-D7200
ゼンハイザー > HD 660 S
DENON > AH-MM400
主な用途
音楽
映画
接続対象
PC

参考になった6

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

AH-D5200のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

AH-D5200
DENON

AH-D5200

最安価格(税込):¥59,895発売日:2018年 4月上旬 価格.comの安さの理由は?

AH-D5200をお気に入り製品に追加する <132

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意