『電源ケーブルや真空管がデフォルトのままなら星3つですが』 カイン HA-1A MK2 2年未満のオーディオ初心者さんのレビュー・評価

2018年 3月20日 発売

HA-1A MK2

  • ベストセラーとなった前モデル「HA-1A」の設計責任者がヘッドホン出力にターゲットを置き10年の研究の末に開発した真空管ヘッドホンアンプ。
  • ロシア製の真空管「EL84EH」2本を搭載し、ヘッドホンアンプに加えプリアウト機能も備える。
  • ヘッドホン出力に最適化し600Ωまで対応。再生周波数帯域は20Hz〜45kHz ±3dB。
HA-1A MK2 製品画像
最安価格(税込):

¥81,009

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥81,009

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥81,009¥91,575 (7店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥89,110 〜 ¥91,575 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):2系統 HA-1A MK2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HA-1A MK2の価格比較
  • HA-1A MK2の店頭購入
  • HA-1A MK2のスペック・仕様
  • HA-1A MK2のレビュー
  • HA-1A MK2のクチコミ
  • HA-1A MK2の画像・動画
  • HA-1A MK2のピックアップリスト
  • HA-1A MK2のオークション

HA-1A MK2カイン

最安価格(税込):¥81,009 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 3月20日

  • HA-1A MK2の価格比較
  • HA-1A MK2の店頭購入
  • HA-1A MK2のスペック・仕様
  • HA-1A MK2のレビュー
  • HA-1A MK2のクチコミ
  • HA-1A MK2の画像・動画
  • HA-1A MK2のピックアップリスト
  • HA-1A MK2のオークション

『電源ケーブルや真空管がデフォルトのままなら星3つですが』 2年未満のオーディオ初心者さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HA-1A MK2のレビューを書く

2年未満のオーディオ初心者さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:123人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
1件
77件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
45件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
19件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性3
電源ケーブルや真空管がデフォルトのままなら星3つですが

電源ケーブル交換必須 効果は低域に顕著

4本のビスに対してワッシャー1つ(笑) さすが中華製造品質

真空管を抜くとソケットに演出用LED これまた中華っぽい(笑)

上流から下流まで機材が相当増えてきたので
現在は寝室のサブシステムとして主にhifimanや MrSpeakers、final D8000駆動させるのに使用

注意 前のReviewでHE6seも問題無しと投稿しましたが、これを訂正します
当機プリアウトに何台かパワーアンプやプリメインアンプを繋ぎHE6se付属のHEadaptersをアンプスピーカーアウトに接続して確認しました(HE6seはスピーカーアンプに接続を推奨しており、その為のアダプターが付属しています)
当機単独では力不足なのが如実に判明しました
TPA3255を使ったパワーアンプなら本機の音色を変えずに臨場感や立体感を改善出来ます
プリアウトはA端子の音質なので、B端子の音がお好きなら兄弟チップのTPA3251を搭載したアンプをオススメします
本文にある通りB端子は本来の音質に抑制を加えてあります(Cayin技術者も参加の海外フォーラム有 尚、日本のkopekはB端子や電源など突っ込んだ質問には技術者でも答えられないので自分はCayinと直接やり取りしています)

以下本文
トラポにBluesound NODE 2i(電源強化済)
DACにtopping D90
そこからrcaで当機に xlrでA90に
ヘッドフォンはhifimanやMrSpeakers、final D8000など音源に合わせて使い分け
メインは当機A端子にHE-1000se、プリアウトしたパワーアンプ経由でHE6se
ケーブル、アクセ類はプロショップと相談して最良の品にしてあります

幸か不幸か不具合などにより新品3台を
短期間に聴き較べられました
現在は3台目を使い続けていますが、三者三様といいますか多少のバラツキがありました
バラツキの要因は真空管にあるのか本体にあったのかは不明ですが、結果として現在の3台目が1番好みでした

当製品の仕様では

RCA 12DT5(1本)
12AU7(2本) 
EL84EH(2本)
となっておりますが、プリ管に変更が有りました
以前は中国製の「Shuguang 12AU7」を使用しておりましたが、「Shuguang 12AU7」の生産が完了したため、
現在は「JJ Electronics ECC82(12AU7)」に切り替わっております

これは朗報でして、Shuguang 12AU7の品質の悪さはReviewでも散々指摘されていました
ha-1a mk2が届いたら貴方が最初にやらねばならない事はプリ管の交換だとか(笑)
デフォルトプリ管が酷い事は海外フォーラムでも言われていますしHA-1AMK2 Reviewと検索してトップに出るレビュアーも指摘しています
https://parttimeaudiophile.com/2017/01/29/review-cayin-ha-1a-mk2/

現行プリ管はさほどは悪くは有りませんが真空管らしさに欠け、それがha-1a mk2の出音にかなり影響していると感じました
ha-1a mk2を活かすならプリ管とパワー管は交換が必須と思います
デフォルトの真空管は作動確認用と割り切って、好みの高品質な真空管に交換しないと勿体ないと思います
低価格帯の機器に付属したケーブル類は作動確認用でお気に入りに買い替えますよね?
ha-1a mk2の真空管や電源ケーブルも同じに考えて良いと思います

自分はデフォルトのまま数ヶ月も使い、コレは手放しても良いかも…とも思っていました
しかし真空管と電源ケーブルを交換してからは評価が反転
スペック上ではA90に遥かに劣る当機ですが出音では全ての点においてha-1a mk2が上になりました

尚、整流管につきましては互換性もなく選択肢が限られてもいるのでkopekさんから購入するのが良いと思います
因みにkopekさん販売価格は
RCA 12DT5(1本):3,850円(税込)です
海外からも1/10で買えますし秋葉原でも1/3で買えますがkopekさんで買うのが安心かと思います

他の管も参考にkopekさん価格を書くと

ECC82(12AU7)(1本)  :4,290円(税込)
EL84EH  (1本):7,590円(税込)
希望される方にはkopekさんで取り付けもして頂けます
ヴィンテージでなく現行品という事で、プリ管やパワー管のマッチングは行われていません
メーカーが出荷時に測定しているので、それをそのまま使っています
マッチドペアに拘る場合は専門店を探してみて下さい

御自分で交換されると気付きますが、残念ながらソケットにLEDが埋め込められています
真空管を照らすチープな演出で外野から馬鹿にされています(笑)

カバーの取り外しは裏の4本のビスを外して行いますが、カバー裏のネジの頭と本体のフレームにコードを固定するタイラップが干渉して外し難くなっています
ご注意ください
あと、私の個体はネジのワッシャーが4本のうち3本が不足していました
音質には関係が有りませんが、製造品質はさすが中華といったところか(笑)

本機にはAとBの2種の端子が用意されていますが、Aに制限を加えたものがBでした
Aは半導体的でBが真空管的、という訳ではなくデフォルトの真空管によりAが半導体っぽい聴こえ方をするだけです
Bは制限された結果音量も下がりますが加えてレンジやステージも狭くなり、用途的には酷い録音状態の音源を聴くとき限定かなと思います

色々とツッコミどころは有りますが、試聴してイマイチと感じた方でもデフォルトの真空管や電源ケーブルから交換すると多少は良くなります
値段も下がってきたので改めて購入を検討してみても良いかと思います


参考になった35人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性3
電源ケーブルや真空管がデフォルトのままなら星3つですが

お決まりの電源ケーブル交換で効果てきめん(特に低域に顕著)

4本のビスを外すだけ(何故かワッシャーが3つも不足 さすがは中華)

白いタイラップ(インシュロック)と盛り上がったネジ頭が干渉して引っ掛かるので注意

デフォルトの真空管 プリは特に交換必須

真空管を取り外すとLEDが チープな演出だから止めて欲しい

今回は念の為にプリとパワーをマッチドペアに交換

使用環境は
トラポにBluesound NODE 2i(電源強化済)
DACにtopping D90
そこからrcaで当機に xlrでA90に
ヘッドフォンはhifiman の2台がメイン
he-6seとaryaを音源に合わせて使い分け
aryaとの相性は定評のあるところですが、皆さん気になるのはアンプ喰いで有名なhe-6seの方でしょう
(メーカー公式で50Ωで2Wから5W推奨)
topping A90でも出力は足りていますが
やや淡白で聴き疲れをしないので、此方は1日中聴いていられる組み合わせになります
一方で真空管をデフォルトから交換した当機との組み合わせでは、彫りの深い音の彫刻をぶつけてくる様な濃厚な鳴り方に変わります
注意すべきは出力インピーダンス
このアンプは300Ωを基準に増減する仕組み
ヘッドフォンの音質作りに想定されたアンプの出力インピーダンスや駆動方式・要求電圧からリスナーの好みで選択
注)出力インピーダンスは低い程良い訳ではありません


幸か不幸か不具合などにより新品3台を
短期間に聴き較べられました
現在は3台目を使い続けていますが、三者三様といいますか多少のバラツキがありました
バラツキの要因は真空管にあるのか本体にあったのかは不明ですが、結果として現在の3台目が1番好みでした

当製品の仕様では

RCA 12DT5(1本)
12AU7(2本) 
EL84EH(2本)
となっておりますが、プリ管に変更が有りました
以前は中国製の「Shuguang 12AU7」を使用しておりましたが、「Shuguang 12AU7」の生産が完了したため、
現在は「JJ Electronics ECC82(12AU7)」に切り替わっております

これは朗報でして、Shuguang 12AU7の品質の悪さはReviewでも散々指摘されていました
ha-1a mk2が届いたら貴方が最初にやらねばならない事はプリ管の交換だとか(笑)

現行プリ管はさほどは悪くは有りませんが真空管らしさに欠け、それがha-1a mk2の出音にかなり影響していると感じました
ha-1a mk2を活かすならプリ管とパワー管は交換が必須と思います
デフォルトの真空管は作動確認用と割り切って、好みの高品質な真空管に交換しないと勿体ないと思います
低価格帯の機器に付属したケーブル類は作動確認用でお気に入りに買い替えますよね?
ha-1a mk2の真空管や電源ケーブルも同じに考えて良いと思います

自分はデフォルトのまま数ヶ月も使い、コレは手放しても良いかも…とも思っていました
しかし真空管と電源ケーブルを交換してからは評価が反転
スペック上ではA90に遥かに劣る当機ですが出音では全ての点においてha-1a mk2が上になりました

尚、整流管につきましては互換性もなく選択肢が限られてもいるのでkopekさんから購入するのが良いと思います
因みにkopekさん販売価格は
RCA 12DT5(1本):3,850円(税込)です
海外からも1/10で買えますし秋葉原でも1/3で買えますがkopekさんで買うのが安心かと思います

他の管も参考にkopekさん価格を書くと

ECC82(12AU7)(1本)  :4,290円(税込)
EL84EH  (1本):7,590円(税込)
希望される方にはkopekさんで取り付けもして頂けます
ヴィンテージでなく現行品という事で、プリ管やパワー管のマッチングは行われていません
メーカーが出荷時に測定しているので、それをそのまま使っています
マッチドペアに拘る場合は専門店を探してみて下さい

御自分で交換されると気付きますが、残念ながらソケットにLEDが埋め込められています
真空管を照らすチープな演出なのでmk3が出るときには廃止して頂きたい点だと私的には思いました

カバーの取り外しは裏の4本のビスを外して行いますが、カバー裏のネジの頭と本体のフレームにコードを固定するタイラップが干渉して外し難くなっています
ご注意ください
あと、私の個体はネジのワッシャーが4本のうち3本が不足していました
音質には関係が有りませんが、製造品質はさすが中華といったところか(笑)

本機にはAとBの2種の端子が用意されていますが、Aに制限を加えたものがBでした
Aは半導体的でBが真空管的、という訳ではなくデフォルトの真空管によりAが半導体っぽい聴こえ方をするだけです
Bは制限された結果音量も下がりますが加えてレンジやステージも狭くなり、用途的には酷い録音状態の音源を聴くとき限定かなと思います
ha-1a mk2本来の良さはA端子になるのでB端子ではなく4.4mmやxlr4pinにしてくれると嬉しいですね mk3にはBA出力を期待したいと思います
裏のプリアウトからバランス対応のA90にも繋いで試しましたが出音を聴いて止めました
いくら良いケーブルで繋いでもヘッドフォンアンプの数珠つなぎは愚かな行為ですね
半導体アンプ直か真空管アンプ直の2択で充分です
素直にパワーアンプに繋いでスピーカーで繋ぐ事をオススメします

このヘッドフォンアンプ、試聴してイマイチと感じた方でもデフォルトの真空管や電源ケーブルから交換すると2段3段は軽く良くなります
改めて購入を検討してみては如何でしょうか


参考になった12

満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性3
真空管がデフォルトのままなら星3つですが

4本ビスを外すだけ(何故かワッシャーが3つも不足 さすがは中華)

白いタイラップ(インシュロック)と盛り上がったネジの頭が干渉して引っ掛かるので注意

カバーを外したデフォルトの真空管

真空管を取り外すとLED チープな演出だから止めて欲しい

念の為にプリとパワーをマッチドペアに交換

使用環境はDACにtopping D90
そこからrcaで当機に xlrでA90に
ヘッドフォンはhifiman の2台がメイン
he-6seとaryaを音源に合わせて使い分け
聴くジャンルはプログレでインストか男性ボーカルばかりで女性ボーカルは聴いていません
aryaとの相性は定評のあるところですが、皆さん気になるのはアンプ喰いで有名なhe-6seの方でしょう
(メーカー公式で50Ωで2Wから5W推奨)
topping A90でも出力は足りていますが
やや淡白で聴き疲れをしないので、此方は1日中聴いていられる組み合わせになります
一方で真空管をデフォルトから交換した当機との組み合わせでは、彫りの深い音の彫刻をぶつけてくる様な濃厚な鳴り方に変わります


幸か不幸か不具合などにより新品3台を
短期間に聴き較べられました
現在は3台目を使い続けていますが、三者三様といいますか多少のバラツキがありました
バラツキの要因は真空管にあるのか本体にあったのかは不明ですが、結果として現在の3台目が1番好みでした

当製品の仕様では

RCA 12DT5(1本)
12AU7(2本) 
EL84EH(2本)
となっておりますが、プリ管に変更が有りました
以前は中国製の「Shuguang 12AU7」を使用しておりましたが、「Shuguang 12AU7」の生産が完了したため、
現在は「JJ Electronics ECC82(12AU7)」に切り替わっております

これは朗報でして、Shuguang 12AU7の品質の悪さはReviewでも散々指摘されていました
ha-1a mk2が届いたら貴方が最初にやらねばならない事はプリ管の交換だとか(笑)

現行プリ管はさほどは悪くは有りませんが真空管らしさに欠け、それがha-1a mk2の出音にかなり影響していると感じました
ha-1a mk2を活かすならプリ管とパワー管は交換が必須と思います
デフォルトの真空管は作動確認用と割り切って、好みの高品質な真空管に交換しないと勿体ないと思います
低価格帯の機器に付属したケーブル類は作動確認用でお気に入りに買い替えますよね?
ha-1a mk2の真空管も同じに考えて良いと思います

自分はデフォルトのまま数ヶ月も使い、コレは手放しても良いかも…とも思っていました
しかし交換してからは評価が反転
スペック上ではA90に遥かに劣る当機ですが出音では全ての点においてha-1a mk2が上になりました

尚、整流管につきましては互換性もなく選択肢が限られてもいるのでkopekさんから購入するのが良いと思います
因みにkopekさん販売価格は
RCA 12DT5(1本):3,850円(税込)です
海外からも1/10で買えますし秋葉原でも1/3で買えますがkopekさんで買うのが安心かと思います

他の管も参考にkopekさん価格を書くと

ECC82(12AU7)(1本)  :4,290円(税込)
EL84EH  (1本):7,590円(税込)
希望される方にはkopekさんで取り付けもして頂けます
ヴィンテージでなく現行品という事で、プリ管やパワー管のマッチングは行われていません
メーカーが出荷時に測定しているので、それをそのまま使っています
マッチドペアに拘る場合は専門店を探してみて下さい

御自分で交換されると気付きますが、残念ながらソケットにLEDが埋め込められています
真空管を照らすチープな演出なのでmk3が出るときには廃止して頂きたい点だと私的には思いました

カバーの取り外しは裏の4本のビスを外して行いますが、カバー裏のネジの頭と本体のフレームにコードを固定するタイラップが干渉して外し難くなっています
ご注意ください
あと、私の個体はネジのワッシャーが4本のうち3本が不足していました
音質には関係が有りませんが、製造品質はさすが中華といったところか(笑)

本機にはAとBの2種の端子が用意されていますが、Aに制限を加えたものがBでした
Aは半導体的でBが真空管的、という訳ではなくデフォルトの真空管によりAが半導体っぽい聴こえ方をするだけです
Bは制限された結果音量も下がりますが加えてレンジやステージも狭くなり、用途的には酷い録音状態の音源を聴くとき限定かなと思います
ha-1a mk2本来の良さはA端子になるのでB端子ではなく4.4mmやxlr4pinにしてくれると嬉しいですね mk3にはBA出力を期待したいと思います
裏のプリアウトからバランス対応のA90にも繋いで試しましたが出音を聴いて止めました
いくら良いケーブルで繋いでもヘッドフォンアンプの数珠つなぎは愚かな行為ですね
半導体アンプ直か真空管アンプ直の2択で充分です
素直にパワーアンプに繋いでスピーカーで繋ぐ事をオススメします

このヘッドフォンアンプ、試聴してイマイチと感じた方でもデフォルトの真空管から交換すると2段3段は軽く良くなります
改めて購入を検討してみては如何でしょうか


参考になった6

満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性3
真空管がデフォルトのままなら星3つですが

使用環境はDACにtopping D90
そこからrcaで当機に xlrでA90に
ヘッドフォンはhifiman の2台がメイン
he-6seとaryaを音源に合わせて使い分け
聴くジャンルはプログレでインストか男性ボーカルばかりで女性ボーカルは聴いていません

幸か不幸か不具合などにより新品3台を
短期間に聴き較べられました
現在は3台目を使い続けていますが、三者三様といいますか多少のバラツキがありました
バラツキの要因は真空管にあるのか本体にあったのかは不明ですが、結果として現在の3台目が1番好みでした

当製品の仕様では

RCA 12DT5(1本)
12AU7(2本) 
EL84EH(2本)
となっておりますが、プリ管に変更が有りました
以前は中国製の「Shuguang 12AU7」を使用しておりましたが、「Shuguang 12AU7」の生産が完了したため、
現在は「JJ Electronics ECC82(12AU7)」に切り替わっております

これは朗報でして、Shuguang 12AU7の品質の悪さはReviewでも散々指摘されていました
ha-1a mk2が届いたら貴方が最初にやらねばならない事はプリ管の交換だとか(笑)

現行プリ管はさほどは悪くは有りませんが真空管らしさに欠け、それがha-1a mk2の出音にかなり影響していると感じました
ha-1a mk2を活かすならプリ管とパワー管は交換が必須と思います
デフォルトの真空管は作動確認用と割り切って、好みの高品質な真空管に交換しないと勿体ないと思います
低価格帯の機器に付属したケーブル類は作動確認用でお気に入りに買い替えますよね?
ha-1a mk2の真空管も同じに考えて良いと思います

自分はデフォルトのまま数ヶ月も使い、コレは手放しても良いかも…とも思っていました
しかし交換してからは評価が反転
スペック上ではA90に遥かに劣る当機ですが出音では全ての点においてha-1a mk2が上になりました

尚、整流管につきましては互換性もなく選択肢が限られてもいるのでkopekさんから購入するのが良いと思います
因みにkopekさん販売価格は
RCA 12DT5(1本):3,850円(税込)です
海外からも1/10で買えますし秋葉原でも1/3で買えますがkopekさんで買うのが安心かと思います

他の管も参考にkopekさん価格を書くと

ECC82(12AU7)(1本)  :4,290円(税込)
EL84EH  (1本):7,590円(税込)
希望される方にはkopekさんで取り付けもして頂けます
ヴィンテージでなく現行品という事で、プリ管やパワー管のマッチングは行われていません
メーカーが出荷時に測定しているので、それをそのまま使っています
マッチドペアに拘る場合は専門店を探してみて下さい

御自分で交換されると気付きますが、残念ながらソケットにLEDが埋め込められています
真空管を照らすチープな演出なのでmk3が出るときには廃止して頂きたい点だと私的には思いました

カバーの取り外しは裏の4本のビスを外して行いますが、カバー裏のネジの頭と本体のフレームにコードを固定するタイラップが干渉して外し難くなっています
ご注意ください
あと、私の個体はネジのワッシャーが4本のうち3本が不足していました
音質には関係が有りませんが、製造品質はさすが中華といったところか(笑)

本機にはAとBの2種の端子が用意されていますが、Aに制限を加えたものがBでした
Aは半導体的でBが真空管的、という訳ではなくデフォルトの真空管によりAが半導体っぽい聴こえ方をするだけです
Bは制限された結果レンジやステージも狭くなり、用途的には酷い録音状態の音源を聴くとき限定かなと思います
ha-1a mk2本来の良さはA端子になるのでB端子ではなく4.4mmやxlr4pinにしてくれると嬉しいですね mk3にはBA出力を期待したいと思います
裏のプリアウトからバランス対応のA90にも繋いで試しましたが出音を聴いて止めました
いくら良いケーブルで繋いでもヘッドフォンアンプの数珠つなぎは愚かな行為ですね
半導体アンプ直か真空管アンプ直の2択で充分です
素直にパワーアンプに繋いでスピーカーで繋ぐ事をオススメします

このヘッドフォンアンプ、試聴してイマイチと感じた方でもデフォルトの真空管から交換すると2段3段は軽く良くなります
改めて購入を検討してみては如何でしょうか


参考になった9

あなたのレビューを投稿しませんか?

HA-1A MK2のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

HA-1A MK2
カイン

HA-1A MK2

最安価格(税込):¥81,009発売日:2018年 3月20日 価格.comの安さの理由は?

HA-1A MK2をお気に入り製品に追加する <53

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】検討中
  • 【Myコレクション】友人用に
  • 【その他】
  • 【その他】PC
  • 【欲しいものリスト】a

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意