『エンジンオイル量に注意?』 Soul of the Ultimate Nationさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CB125Rのレビューを書く

Soul of the Ultimate Nationさん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
37件
ノートパソコン
5件
29件
バイク(本体)
2件
14件
もっと見る
満足度3
デザイン5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
取り回し4
燃費5
価格1
エンジンオイル量に注意?

2020年8月18日 再レビュー
慣らし運転が終わったら再レビューすると書いておきながら放置しておりました。。。
CBを購入してから2年ほどでハンドルを4、5本変えたり、自分なりにカスタムしています。
慣らし運転が終わったエンジンをRevまで引っ張ってもエンジンフィールはどこまでもフラットで物足りないです。
購入から2年経ってもギア抜けは治らないです。
ガレージ保管でも結構サビます。
これがHONDAのクオリティーなのか?(除湿機必要)
自分の走行動画をYouTubeにアップしましたので、興味があったら見てください。
https://m.youtube.com/watch?v=N2anX3WmhCs

///////////////////////////////////////////////////////////////////

2018年6月22日 再レビュー
下記のサイトでCB125Rのリアサスは、7段階のスプリングプリロード調整が可能と記載あったのが、CB125R購入の決め手の1つだったのですが、実機にはプリロード調整がありません!
https://allabout.co.jp/gm/gc/474370/
記事の執筆者は相京雅行て方です。
純正サスでもプリロード調整が必要な方は気を付けてください!

///////////////////////////////////////////////////////////////////

※レビュー1回目 2018年6月7日
※慣らし運転中のレビューになります!
※参考データ、身長171cm、体重58kg、GROM125からの乗り換えになります。
※納車日に約500km走りました。

【デザイン】突き出たリアフェンダー以外は、大人の125ccって感じで最高です!
【エンジン性能】ホンダドリーム店から「慣らし運転は6000回転以下で500km」と言われていましたので、6000回転縛りの中では失速するとシフトダウンが必要でした。
グロムと比べるとトルク不足を感じました。 高回転型なのでしょうか?
【走行性能】6000回転縛りでも70km出せましたので、皮むきの終っていないタイヤでまぁまぁ走りましたが、リアサスは1cm〜1.5cmぐらいしかストロークしてなかったので、社外品などで固める必要は無いようです。
【乗り心地】シートのクッション性はグロムより良さそうですが、サスが固いので痛尻は一緒です。
【取り回し】グロムより若干悪くなりましたが、立ちゴケの心配はありません。 私の体格でもつま先立ちです。
【燃費】昔乗っていたNSR50改がリッター12kmでしたので、4スト最高!
【価格】45万は高い! 40万が適正価格! せめてDOHCで15馬力なら納得できた!(購入後も価格には納得していませんw)

【総評】
上にも書きましたが、とにかく高いです。 例えば「最近の軽自動車は高い!」と言われていますが「昔は軽の高級車が無かったので、軽にも高級車を作ってみた。」という流れで軽が高くなっているようです。
軽と同じ流れが125ccにも来て、HONDAの出した答えがCB125Rなのだと思います。
HONDAから「この強気な価格設定の価値が分かるか!」と言われてるような気がしますが、せめてDOHCにするべきだったと思います。
車体の剛性感は素晴らしいです。
LEDヘッドライトですがLoは50cc並みに暗いです。
Hiはまぁまぁ明るいです。
収納スペースは書類入れと思ってください。
収納スペース近くにACC電源取れそうなカプラーがありました。
↓たぶんこれが使えると思うので、グロムの時のを保管しています。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DOQRU5A/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
排気音はちょっと大きいです。 カブぐらい静かで良かったのに。。。
ギア抜け激しいです。 ポジションインジケーターには「1」「N」「2」「3」「4」「5」「6」のほかに「ー」があります。
この「ー」は何速でも発生します。 「ー」になっても走行できますが、ノッキングのような症状が激しいです。
シフトダウン時にアクセルの吹けがついて来ないですけど、すぐ慣れました。(乗り出して10kmぐらいは返品を考えました。)
ハンドルは中央28mm、端22mmの異形ですので、アクセサリーパーツを装着する際は注意が必要です。(私はお高い異形ハンドルに傷を入れました。。。)
あと夜間に一度CBを作業灯代わりに使用したのですが、時々「ファー」と異音がするのでCBに駆け寄って見ると、あのオモチャの様なラジエターに電動ファンが着いてるじゃないですか!
(ちょっとHONDAの本気を感じました。。。)

最後にタイトルの「エンジンオイル量に注意?」についてですが、慣らし運転後にオイルの汚れ具合を確認しようとオイルレベルゲージを見たところ、オイルゲージLo側先端にオイルが付くか付かないかぐらいしか入っていませんでした!
しかし半月ほど経ってよくよく考えてみたら、メンテナンススタンドに乗せて後輪が12cmほど浮いた状態で確認していたので、そのせいかもしれません。。。
慣らし500kmでも十分綺麗でしたので、取説通り1000kmでオイル交換するつもりです。
ちなみに、メンテナンススタンドに1人で載せようとした時にバランスを崩し車体が70度程に傾いたのですが、タンデムシートを引っ張るだけで引き起こせました!(これには感激しました!)
納車日に約500km走行して、次回の走行は約2ヶ月後を予定しています。
6000回転縛り解除後にまたレビューいたします。
宜しくお願いします。

使用目的
レース
頻度
月数回以下

参考になった41人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
取り回し4
燃費5
価格1
エンジンオイル量に注意?

2018年6月22日 再レビュー
下記のサイトでCB125Rのリアサスは、7段階のスプリングプリロード調整が可能と記載あったのが、CB125R購入の決め手の1つだったのですが、実機にはプリロード調整がありません!
https://allabout.co.jp/gm/gc/474370/
記事の執筆者は相京雅行て方です。
純正サスでもプリロード調整が必要な方は気を付けてください!

///////////////////////////////////////////////////////////////////

※レビュー1回目 2018年6月7日
※慣らし運転中のレビューになります!
※参考データ、身長171cm、体重58kg、GROM125からの乗り換えになります。
※納車日に約500km走りました。

【デザイン】突き出たリアフェンダー以外は、大人の125ccって感じで最高です!
【エンジン性能】ホンダドリーム店から「慣らし運転は6000回転以下で500km」と言われていましたので、6000回転縛りの中では失速するとシフトダウンが必要でした。
グロムと比べるとトルク不足を感じました。 高回転型なのでしょうか?
【走行性能】6000回転縛りでも70km出せましたので、皮むきの終っていないタイヤでまぁまぁ走りましたが、リアサスは1cm〜1.5cmぐらいしかストロークしてなかったので、社外品などで固める必要は無いようです。
【乗り心地】シートのクッション性はグロムより良さそうですが、サスが固いので痛尻は一緒です。
【取り回し】グロムより若干悪くなりましたが、立ちゴケの心配はありません。 私の体格でもつま先立ちです。
【燃費】昔乗っていたNSR50改がリッター12kmでしたので、4スト最高!
【価格】45万は高い! 40万が適正価格! せめてDOHCで15馬力なら納得できた!(購入後も価格には納得していませんw)

【総評】
上にも書きましたが、とにかく高いです。 最近の軽自動車は高いと言われていますが「昔は軽の高級車が無かった! 軽にも高級車を!」という流れで軽が高くなっているようです。
軽と同じ流れが125ccにも来て、HONDAの出した答えがCB125Rなのだと思います。
HONDAから「この強気な価格設定の価値が分かるか!」と言われてるような気がしますが、せめてDOHCにするべきだったと思います。
車体の剛性感は素晴らしいです。
LEDヘッドライトですがLoは50cc並みに暗いです。 HIはまぁまぁ明るいです。
収納スペースは書類入れと思ってください。
収納スペース近くにACC電源取れそうなカプラーがありました。
↓たぶんこれが使えると思うので、グロムの時のを保管しています。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DOQRU5A/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
排気音はちょっと大きいです。 カブぐらい静かで良かったのに。。。
ギア抜け激しいです。 ポジションインジケーターには「1」「N」「2」「3」「4」「5」「6」のほかに「ー」があります。
この「ー」は何速でも発生します。 「ー」になっても走行できますが、ノッキングのような症状が激しいです。
シフトダウン時にアクセルの吹けがついて来ないですけど、すぐ慣れました。(乗り出して10kmぐらいは返品を考えました。)
ハンドルは中央28mm、端22mmの異形ですので、アクセサリーパーツを装着する際は注意が必要です。(私はお高い異形ハンドルに傷を入れました。。。)
あと夜間に一度CBを作業灯代わりに使用したのですが、時々「ファー」と異音がするのでCBに駆け寄って見ると、あのオモチャの様なラジエターに電動ファンが着いてるじゃないですか!
(ちょっとHONDAの本気を感じました。。。)

最後にタイトルの「エンジンオイル量に注意?」についてですが、慣らし運転後にオイルの汚れ具合を確認しようとオイルレベルゲージを見たところ、オイルゲージLo側先端にオイルが付くか付かないかぐらいしか入っていませんでした!
しかし半月ほど経ってよくよく考えてみたら、メンテナンススタンドに乗せて後輪が12cmほど浮いた状態で確認していたので、そのせいかもしれません。。。
慣らし500kmでも十分綺麗でしたので、取説通り1000kmでオイル交換するつもりです。
ちなみに、メンテナンススタンドに1人で載せようとした時にバランスを崩し車体が70度程に傾いたのですが、タンデムシートを引っ張るだけで引き起こせました!(これには感激しました!)
納車日に約500km走行して、次回の走行は約2ヶ月後を予定しています。
6000回転縛り解除後にまたレビューいたします。
宜しくお願いします。

使用目的
その他
頻度
月数回以下

参考になった21

満足度3
デザイン4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
取り回し4
燃費5
価格1
エンジンオイル量に注意?
   

CB125Rメンテナンススタンド使用時

   

※慣らし運転中のレビューになります!
※参考データ、身長171cm、体重58kg、GROM125からの乗り換えになります。
※納車日に約500km走りました。

【デザイン】突き出たリアフェンダー以外は、大人の125ccって感じで最高です!
【エンジン性能】ホンダドリーム店から「慣らし運転は6000回転以下で500km」と言われていましたので、6000回転縛りの中では失速するとシフトダウンが必要でした。
グロムと比べるとトルク不足を感じました。 高回転型なのでしょうか?
【走行性能】6000回転縛りでも70km出せましたので、皮むきの終っていないタイヤでまぁまぁ走りましたが、リアサスは1cm〜1.5cmぐらいしかストロークしてなかったので、社外品などで固める必要は無いようです。
【乗り心地】シートのクッション性はグロムより良さそうですが、サスが固いので痛尻は一緒です。
【取り回し】グロムより若干悪くなりましたが、立ちゴケの心配はありません。 私の体格でもつま先立ちです。
【燃費】昔乗っていたNSR50改がリッター12kmでしたので、4スト最高!
【価格】45万は高い! 40万が適正価格! せめてDOHCで15馬力なら納得できた!(購入後も価格には納得していませんw)

【総評】
上にも書きましたが、とにかく高いです。 最近の軽自動車は高いと言われていますが「昔は軽の高級車が無かった! 軽にも高級車を!」という流れで軽が高くなっているようです。
軽と同じ流れが125ccにも来て、HONDAの出した答えがCB125Rなのだと思います。
HONDAから「この強気な価格設定の価値が分かるか!」と言われてるような気がしますが、せめてDOHCにするべきだったと思います。
車体の剛性感は素晴らしいです。
LEDヘッドライトですがLoは50cc並みに暗いです。 HIはまぁまぁ明るいです。
収納スペースは書類入れと思ってください。
収納スペース近くにACC電源取れそうなカプラーがありました。
↓たぶんこれが使えると思うので、グロムの時のを保管しています。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DOQRU5A/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
排気音はちょっと大きいです。 カブぐらい静かで良かったのに。。。
ギア抜け激しいです。 ポジションインジケーターには「1」「N」「2」「3」「4」「5」「6」のほかに「ー」があります。
この「ー」は何速でも発生します。 「ー」になっても走行できますが、ノッキングのような症状が激しいです。
シフトダウン時にアクセルの吹けがついて来ないですけど、すぐ慣れました。(乗り出して10kmぐらいは返品を考えました。)
ハンドルは中央28mm、端22mmの異形ですので、アクセサリーパーツを装着する際は注意が必要です。(私はお高い異形ハンドルに傷を入れました。。。)
あと夜間に一度CBを作業灯代わりに使用したのですが、時々「ファー」と異音がするのでCBに駆け寄って見ると、あのオモチャの様なラジエターに電動ファンが着いてるじゃないですか!
(ちょっとHONDAの本気を感じました。。。)

最後にタイトルの「エンジンオイル量に注意?」についてですが、慣らし運転後にオイルの汚れ具合を確認しようとオイルレベルゲージを見たところ、オイルゲージLo側先端にオイルが付くか付かないかぐらいしか入っていませんでした!
しかし半月ほど経ってよくよく考えてみたら、メンテナンススタンドに乗せて後輪が12cmほど浮いた状態で確認していたので、そのせいかもしれません。。。
慣らし500kmでも十分綺麗でしたので、取説通り1000kmでオイル交換するつもりです。
ちなみに、メンテナンススタンドに1人で載せようとした時にバランスを崩し車体が70度程に傾いたのですが、タンデムシートを引っ張るだけで引き起こせました!(これには感激しました!)
納車日に約500km走行して、次回の走行は約2ヶ月後を予定しています。
6000回転縛り解除後にまたレビューいたします。
宜しくお願いします。

使用目的
その他
頻度
月数回以下

参考になった7

 
 
 
 
 
 

「CB125R」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

CB125Rのレビューを書く

この製品の価格帯を見る

CB125R
ホンダ

CB125R

新車価格帯:473000473000

CB125Rをお気に入り製品に追加する <53

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意