SD-7 175/65R15 84S レビュー・評価

2018年 4月 1日 発売

SD-7 175/65R15 84S

  • 転がり抵抗性能を17%低減し、耐摩耗性能を12%向上。バランスのとれた基本性能にロングライフを加えた、低燃費タイヤの45〜80シリーズ。
  • アクティブポリマーを採用し、高い耐摩耗性能とすぐれた転がり抵抗の低減を両立。グリップポリマーを配合することで高いウェットグリップ性能も実現。
  • 剛性を高め、操縦安定性を向上させる「高硬度ブライトッピング」と、軽量化に伴う剛性低下を防ぐ「高硬度ビードフィラー」により、操縦安定性が向上。
SD-7 175/65R15 84S 製品画像

拡大

※ホイールは別売です

最安価格(税込):

¥4,861

(前週比:+242円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥4,861¥9,981 (13店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥4,861 〜 ¥6,480 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

外径:609mm 総幅:177mm 低燃費タイヤ(エコタイヤ):○ SD-7 175/65R15 84Sのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • SD-7 175/65R15 84Sの価格比較
  • SD-7 175/65R15 84Sの店頭購入
  • SD-7 175/65R15 84Sのスペック・仕様
  • SD-7 175/65R15 84Sのレビュー
  • SD-7 175/65R15 84Sのクチコミ
  • SD-7 175/65R15 84Sの画像・動画
  • SD-7 175/65R15 84Sのピックアップリスト
  • SD-7 175/65R15 84Sのオークション

SD-7 175/65R15 84STOYO TIRE

最安価格(税込):¥4,861 (前週比:+242円↑) 発売日:2018年 4月 1日

  • SD-7 175/65R15 84Sの価格比較
  • SD-7 175/65R15 84Sの店頭購入
  • SD-7 175/65R15 84Sのスペック・仕様
  • SD-7 175/65R15 84Sのレビュー
  • SD-7 175/65R15 84Sのクチコミ
  • SD-7 175/65R15 84Sの画像・動画
  • SD-7 175/65R15 84Sのピックアップリスト
  • SD-7 175/65R15 84Sのオークション
ユーザーレビュー > 自動車 > タイヤ > TOYO TIRE > SD-7 175/65R15 84S

SD-7 175/65R15 84S のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.41
(カテゴリ平均:4.35
レビュー投稿数:7人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
走行性能 ハンドル操作のしやすさ、加速の感じ方 4.09 4.25 85位
乗り心地 走行時の心地よさ、振動の伝わり方 3.49 4.23 104位
グリップ性能 路面の凹凸をしっかり捉えているか 3.34 4.10 103位
静粛性 騒音を出さずに走行しているか 3.70 4.03 92位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SD-7 175/65R15 84Sのレビューを書く

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「車タイプ:コンパクト」で絞込んだ結果 (絞込み解除

世界を旅したgsunさん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タイヤ
7件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
走行性能5
乗り心地5
グリップ性能4
静粛性5

ノーマルのスイフトZC83S、XG、i・stop無し、総重量980kgでテスト。

【 惰性下り走行性能 : 全ての ”A” タイヤとスタッドレスが同タイム 】
急坂・急カーブ群を惰性下りする走行性能は、ドライではA-bに近いが、A-cなので横Gを支えるコシが微妙に弱い感じが出るが、R47をグリップ限界速度越えの68km/hでの話だから、問題なし。だが、急な操舵では前輪が滑り出て、bよりもアンダーになる。
惰性下り走行性能テストでは、均一勾配7%の急カーブ群の1500mをフットブレーキもアクセルも無しで、オートで惰性下りしてゴールタイムを計測する。SD−7は、A-a 1銘柄、A-b 4銘柄、スタッドレス2銘柄と同タイムである。このテストは、測定機の スチールベルト、或は、ロールの上で測られた ”鏡面の直線道路” でのAAやAではなく、現実の道路の急カーブ群で、上下振動で横ズレ失速する ”実路面走行性能” を測るために考えたテストである。この為、タイヤの性能の違いが大きく現れる様に、均一勾配7%の急坂にR47、R52、R65・・、R102等々の、多様な6カ所の急カーブが有るワインディングコースを、フットブレーキとアクセルを使わず、位置エネルギーとタイヤの性能だけで下るという、再現性が高い試験方法を考えた。
このテストの結果、ラベリングが ”A” のタイヤは、wetグリップが a、b、c、と異なる場合、各カーブRでは横ズレ量に応じて走行速度に違いを生ずるが、6カ所の多様なRを経たゴール・タイムは同タイムという結果が得られたので、SD−7のラベリングの ”A” は統計的に信頼できる。また、このテストコース自体も、タイヤのグリップに対して、中立的なプロフィルを持ったコースである事が実証された事になる。

【 燃費 : my燃費テストルートでは、全 ”A” タイヤとスタッドレスの燃費が同じ 】
燃費は、my燃費テストルート(下道−高速道−最高標高714mの山道、各1/3づつの、往復100km)を設定。このルートの3往復8時間の燃費は、27.50km/リッター・満タン法、29.2車載燃費計、であり、他の7銘柄の28.62−27.09 のほぼ中央。町中燃費は、踏切もある往復28kmを6往復7時間で、28.15満タン法であり、中位である。従って、ラベリングの A-c の ”A” は、信頼性が高い。
 
【 静粛性: A-a、A-bより、かなり静か 】【田舎の荒れた舗装も、振動僅か】
静粛性は、A-a、A-bのタイヤより明らかに静かなので、急坂ワインディング路面の情報が消えて不安になった。反面、軽いSWIFTでも、荒れた舗装での跳ね上がり振動が小さいから、側壁を柔らかくして減衰性を高めた、良いタイヤである。(A-bのタイヤは、強いグリップが生み出す強い横Gに耐える様に側壁を強くしなければならないので、衝撃の減衰性が悪くなる宿命を背負うからウルサイ。また、それを隠すためにトレッド面を柔らかな材質や、変形し易いパターンで構成すると、直ぐに摩耗してウルサクなる。)

【 ドライ・グリップはb の僅か下、中wetではbより横ズレするが安定 】
ドライの惰性下りのR47での横ズレ失速量が、A-bより僅かに大きいので、ドライグリップは b の直ぐ下の ”c” と言える。
wetグリップは、雨上がり後の軽wetでは A-bと同等。タイヤの横に40cm飛沫が広がる中wetでは、A-bより横ズレが多い為に2秒遅いが安定していて、bよりもバラつかない。更に、フル・ワイパーでやっと前が見える重wetでは、右R47で、SD−7は A-bより早くスピンしたが、A-a は 横ズレは大きいものの70km/hで下れた。バンク角6度の助けは大きいが、このくらい ”a” は優れているので、ご参考まで。
この多様なwet条件の惰性下りの結果を観ると、b の直ぐ下のwetグリップ性能であると考えられるので、ラベリングの ”c” も信頼できるという結果となった。

【 性能の賞味期限 : 8銘柄に分散するから、賞味期限は廃車の先。ご容赦頂きたい。 】

【 まとめ 】
@ SD−7は、60km/h規格道路の勾配7%の急坂・急カーブ群を60km/hで余裕をもって下れるから、十二分の性能。音と振動が小さいので、タイヤと路面の状況が掴み難いのが、私的には不安。
A テストの結果、ドライの惰性下りのタイムが同じタイヤは、my燃費テストコースでのドライの燃費が同じ可能性が高い。と言うのは、走行ルートのプロフィルに依って、タイヤの特性の違いで燃費が逆転するので、例えば、直線的な高速道では、EP150が14%燃費が良いが、超ワインディングな急坂・急カーブの山道では、VRXが11%勝って逆転した(全52走のテスト結果)から、カーブの数と平均カーブRに依って、”夏タイヤ=スタッドレス ” となるコースがあると予想される。その例が、”my燃費テストルート” と ”惰性下り走行性能テストコース” である。このルートでは、グリップ強さに依る ”大カーブでの加速作用と急カーブでの失速作用 ” が、バランスされる結果、ラベリングAの夏タイヤとスタッドレスの、走行性能と燃費が同じになった。従って、両コースでのテスト結果は、公平的であると考えている。( ご参考:グリップ強さと急カーブでの横ズレ失速のデータは、7%勾配のR47での惰性下りで、A-a は2km/h増速、A-b群 は0−2km/h失速、A-c のSD−7は4km/hの失速である。尚、ライン取りは、対向車との安全を考えて、押さえた ”out−in−out” としている。)
以上。

車タイプ
コンパクト

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

K-A-Eさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
マウス
2件
0件
シェーバー
2件
0件
もっと見る
満足度5
走行性能4
乗り心地4
グリップ性能4
静粛性4

【走行性能】
私の使用用途では特に問題なしです。
【乗り心地】
私の使用用途では特に問題なしです。
【グリップ性能】
私の使用用途では特に問題なしです。
【静粛性】
私の使用用途では特に問題なしです。
【総評】
国産メーカーのタイヤとしては最安値でした。
特に私の使用では問題なく使えています。
もっとこだわる方には違いが分かると思うのですが、普段使いには十分です。
雨の日にとばすわけでもありませんし、グリップ力が必要な運転もしない方には十分だと思います。

車タイプ
コンパクト

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

JOCX-TVさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
0件
2件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
2件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
1件
もっと見る
満足度4
走行性能3
乗り心地2
グリップ性能2
静粛性1

価格安い。
価格以上の性能。
思ったより、うねうねしないから良い。

車タイプ
コンパクト

参考になった9人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おかげ様Br.さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タイヤ
2件
0件
無線LAN中継機・アクセスポイント
1件
0件
au携帯電話
1件
0件
もっと見る
満足度4
走行性能4
乗り心地3
グリップ性能4
静粛性4

コストは低く抑えられるので車の維持費としては単品で購入する物では無いので選択肢としてはとても良いです、コスパは抜群です。
性能はスタンダードタイヤと考えればです、特に違和感なく受け入れられると思います。
静粛性も問題なし、舗装されていない路面であっても不快に感じる事も無い。
ウェットグリップ性能は路面の水溜まりが深めの時やや浮いた感じがしますが通常の運転をする限り操作に影響はありません。
タイヤ表面の触感はやや硬めですが振動・乗り心地は問題なし、硬めなので路面状態を感じられるため車との一体感がありますので個人的に良い選択でした。

交換前の装着タイヤがこのタイヤより良い製品でしたので違和感があることを覚悟していましたが開発された時期の違いがハッキリと分かる体験でもありました、タイヤの性能は進歩し続けていることを実感しました。

車タイプ
コンパクト

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SD-7 175/65R15 84Sのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SD-7 175/65R15 84S
TOYO TIRE

SD-7 175/65R15 84S

最安価格(税込):¥4,861発売日:2018年 4月 1日 価格.comの安さの理由は?

SD-7 175/65R15 84Sをお気に入り製品に追加する <37

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[タイヤ]

タイヤの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(タイヤ)

ご注意