『不可能が可能に』 SONY α7 III ILCE-7M3 ボディ pent2houseさんのレビュー・評価

2018年 3月23日 発売

α7 III ILCE-7M3 ボディ

  • 有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載した、上級向けのミラーレスデジタル一眼カメラ。
  • 高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを備える。手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.0段の補正効果を実現している。
  • 独自のAFシステム「4Dフォーカス」に対応。693点の「像面位相差検出AFセンサー」を配置し、コントラストAFを425点に多分割化し、検出精度が向上。
α7 III ILCE-7M3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥189,000

(前週比:-5,323円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥192,159

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥169,950 (57製品)


価格帯:¥189,000〜¥252,868 (63店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥189,000 〜 ¥252,800 (全国711店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2530万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 重量:565g α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの中古価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの買取価格
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの店頭購入
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの純正オプション
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのレビュー
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのクチコミ
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの画像・動画
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのピックアップリスト
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのオークション

α7 III ILCE-7M3 ボディSONY

最安価格(税込):¥189,000 (前週比:-5,323円↓) 発売日:2018年 3月23日

  • α7 III ILCE-7M3 ボディの価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの中古価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの買取価格
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの店頭購入
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの純正オプション
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのレビュー
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのクチコミ
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの画像・動画
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのピックアップリスト
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのオークション

『不可能が可能に』 pent2houseさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 III ILCE-7M3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:655人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
250件
レンズ
8件
34件
ノートパソコン
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感2
不可能が可能に
当機種瞳AFにて(蝋燭の光のみ)
当機種動体撮影(薄暗い室内)
当機種動体撮影(高速で遠ざかるジェット機)

瞳AFにて(蝋燭の光のみ)

動体撮影(薄暗い室内)

動体撮影(高速で遠ざかるジェット機)

当機種高感度撮影(ISO10000)
   

高感度撮影(ISO10000)

   

約一年半前にCanonのレフ機(80D)からα7IIIに乗り換えました。本機は非常に人気のある機種のようですので興味をもっている方々のご参考になれば幸いです。

私の主な撮影対象は以下です。高感度と動体撮影に強いことが条件となります。

1. 子供(9割)
2. エアショー、その他(1割)

【APS-Cのレフ機から、フルサイズ・ミラーレスへ】
私が子供を撮る上で一番重要だと思うのは「シャッターチャンス」です。風景ならまだしも、子供の一瞬のしぐさ、表情は逃したら終わりです。

あと「ローアングル」で撮ること。子供の目線まで下がらなければ雰囲気のあるものは撮れません。よってライブビューでの撮影が重要となります。

80D は明るい屋外で光学ファインダーで撮る場合は問題ありませんでした。しかしライブビューでは動く子供を追えるレベルのAFではありませんでした。

子供を撮る上で暗い場所であることは日常茶飯事。その点でも80Dは暗所でのAF性能は十分ではなく、F1.4のレンズを使っても多くのシャッターチャンスを逃し悔しい思いをしました。

ミラーレスであればファンダーでもライブビューでもAFは同じです。80D では不可能だったことを可能にするには、高感度性能とライブビューAFに優れたフルサイズ・ミラーレスが私にとって理想となります。

【CanonからSonyへ】
2016年半ば頃から80Dを使い初め、数ヶ月後には高感度性能への不満からフルサイズに興味を持ちました。当時EOS 6D 、α7IIが実質の選択肢でした。

その時は次に来るであろうα7III、またCanonから近い登場するであろうフルサイズ・ミラーレスに対する期待もありました。しかし2017年3月、CP+でCanon幹部の方から「ミラーレスは我々が思った程伸びていない」の発言に失望。まだ見ぬCanonのフルサイズ・ミラーレスは諦めました。

そのわずか3週間後にα9登場。その発言の直後だっただけに、ミラーレスのイメージを覆すショックでした。

2018年3月、長い間噂になっていたα7IIIが遂に登場。α9のAF性能を引き継ぎ、α9を超える高感度性能を備え期待以上の性能。同月のCP+でCanon幹部の方は「ミラーレスをこれ以上放置すると顧客が離れる」と軌道修正しましたがα7IIIを見た私は「もう、これしかない」と確信。日本に一時帰国後、下取り用の80Dを引っさげてSonyストアに直行しました。

2019年11月現在、各社からフルサイズ・ミラーレスが発売されていますが、α7IIIの人気は未だ衰えていないようです。

私が今現在選ぶとしてもα7III、予算があればα9にすると思います。私が求めているのは動体撮影に強いモデルで、フルサイズ・ミラーレスの中ではα7IIIがα9に次いで優れていると思われます。Canonには愛着を持っていましたが、冷静に自分自身のニーズで選べばα7IIIが一番の選択肢となります。

【APS-Cのレフ機(80D)との比較】
最初に感動したのは期待通りの高感度の強さ。80DのISO1600とα7IIIのISO12800は大体同じ位と感じます。約3段分の改善となります。

80Dでは晴天下で撮ると簡単に白飛びしていましたが、α7IIIでは現像すれば感動するほど改善します。同様に黒潰れもかなり復活します。APS-Cとフルサイズの違いも含め、ダイナミックレンジがここまで違うとは驚きでした。

AFに関してはレフ機とミラーレスでは癖が違うということを知りました。レフ機(80D)ではファインダーの真ん中にピントを合わせるのはα7IIIよりコンマ1~2秒速い印象です。しかしレフ機は被写体がファインダーの中央から外れるとピントも外れる。

α7IIIはファインダーの中央から多少外れても被写体を追い続けてくれます。要はα7IIIはレフ機より粘るのです。これによりヒット率が数倍程向上した印象です。

瞳AFを使えばファインダーの中央に蝋燭の火があっても中央から外れた瞳にピントを合わせてくれます。レフ機では蝋燭の火にピントを合わせようとするのでこういう撮り方は出来ませんでした。

【不満】
グリップは悪いです。エクステンションを付ける等の対策をしないと、重いレンズを付けて使う気がしません。その点80Dのグリップは良かったです。

バッテリー充電アダプターが別売りです。最初から付いている機種α7RIII等との価格差はその分差し引いて考える必要があります。

UIはCanonと比べれば分かりづらいと最初は感じました(もう慣れましたが)。

【こぼれ話】
以前Canonさんと関わりの深い仕事をしておりました。その時に聞いた話です。

Canonは昔カメラメーカーとしては無名で高級機といえばニコン、普及機といえばヤシカだったという時代があったそうです。

M会長が昔NY駐在時代にでタクシーに乗った時、運転手との会話でこんなことがあったそうです。

運転手「どこの会社に勤めてるんだ?」
M会長「Canonだ」
運転手「ほう、いい会社に務めてるな。素晴らしいじゃないか。」
M会長(誇らしく思う)
運転手「一流のホテルはみんなあんたの会社のタオルを作っている」
M会長(タオル???)
(実は当時Cannonというタオルの老舗メーカーがあり、運転手はCanonをCannonだと思ったようです。)
M会長「違う、CannonではなくカメラメーカーのCanonだ」
運転手「ああ、ヤシカのことか?」
M会長(ぐぬぬ。。。。ヤシカ、今に見ていろよ。)

と闘志を燃やされたそうです。

そして時は流れ、ヤシカはおろかニコンさえも抜き去りCanonのカメラは世界のトップシェアとなるほどの成長を遂げました。

【最後に】
カメラ市場は斜陽の真っ只中ですが、私が撮りたい子供、エアショー等の動体撮影はスマホでは出来ないしおそらく今後も難しいでしょう。

私にとって80Dはバランスの取れた良いカメラで写真の楽しさを思い出させてくました。α7IIIはレフ機での不可能を可能にしたカメラだと言えます。

読んでいただきありがとうございました。

主な被写体
子供・動物

参考になった406人(再レビュー後:114人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感2
不可能が可能に
当機種蝋燭の光による瞳AF
当機種虹とF35
 

蝋燭の光による瞳AF

虹とF35

 

作例追加(2018/11/11)

私はCanonに愛着があり、Sonyの製品には不信感さえ持っていました。

以前Canonと関わりの深い仕事をしておりました。中の人も何人か知っております。ある意味恩義も感じています。

Sonyに関しては、昔買ったウォークマンが1年そこそこで立て続けに2台壊れて煮え湯を飲まされました。いわゆるソニータイマーを経験して以来製品に対するネガティブな印象さえもっておりました。

そんな私ですが、EOS 80Dからの乗り換えになります。

撮影対象は子供です。

【レフ機から乗り換え】
私が子供を撮る上で一番重要だと思うのは「シャッターチャンス」です。風景ならいざしらず子供の一瞬のしぐさ、表情は逃したら終わりです。

それと「ローアングル」で撮ること。時には大人の目線ではなく、子供の目線まで下がらなければ雰囲気のあるものは撮れません。よってライブビューでの撮影が重要となります。

80D は屋外で光学ファインダーで撮るのは問題ありませんでしたが、ライブビューではファインダーとは異なるAF方式となり、とても動き回る子供を追えるレベルのAFではなかった。

子供と室内で一緒に過ごすため、ある程度暗いところでも撮りたい場面が多々ありました。その点でも80Dは暗所でのAF性能は光学ファインダーでさえも十分ではありませんでした。F1.4のレンズをもってしてもバースデーケーキの蝋燭等、多くのシャッターチャンスを逃し悔しい思いをしました。

ミラーレスであればライブビューでもファインダービューでもAFは同じです。α7iii のAF性能はα9並だとすれば、現時点で世界最高レベルのライブビューAFだと言えます。つまり現在のCanonのどのカメラよりも優れたライブビューAFをバリアングル液晶で使えるということになります。α7iiiで無理なら他のどのカメラでも無理だということになるので諦めがつきます。

不信感さえ持っていたSonyに今回乗り換えた理由のもう一つは、ここ最近のSony「攻め」の姿勢に共感するからでもあります。

2016年7月頃から80Dを使い初め、数ヶ月後にはフルサイズへ心が傾き出しました。当時は6D 、α7iiが実質の選択肢でした。当時次に来るであろう6D2、α7iiiはどうなるか見てみようと思っていました。

2017年3月、α9登場。Sonyはそれまでのミラーレスのイメージを覆しました。
そして8月に6D2は登場。しかし結果は80Dのフルサイズ版のようで、6Dからの劇的は進歩は感じませんでした。

おそらく風景を撮るだけなら6D2でもα7iiiでもあまり差はないかもしれません。しかし薄暗い室内で動き回る子供をローアングルから撮るような使い方をするのであれば、80Dのフルサイズ版のような6D2ではおそらく無理です。(バリアングル液晶がない5D4でさえも)

そして2018年3月、待ちに待ったα7iiiが登場。α7Riiiの399点を超える693点位相差AF。α9の25点を超える425点コントラストAFが6D2とほぼ同じ価格。

Canonに固執しない限り6D2を選ぶ理由はありませんでした。

なぜCanonのイメージセンサーはSonyの周回遅れだと言われるのか。理由の一つはCanon製品ラインナップの序列を重視した「技術の出し惜しみ」にあるのではないかと個人的には感じています。

例えば「6D2は5D4より格下なので、性能は低くなければならない。」そのように悠長なことをやっていてはSonyとの差は開くばかりではないでしょうか。Sonyはおそらく数ヶ月前に出来てなかった技術が出来れば、その時点で出す最新機種に載せてくる。だから進歩も早い。

CanonもSonyも技術者の優秀さは変わらないでしょう。ただ人間とは目の前のハードルを常に高めれば進歩するのは当然のといえます。

【不満】
グリップはかなり悪いです。エクステンションを付ける等の対策をしないと、重いレンズを付けて使う気がしません。他の部分が良いだけに勿体無い。

UIがキャノンほど優れていない点については、これは長年の経験の差であり改善には時間を要するでしょう。

バッテリー充電アダプターが別売りなのはちょっと騙されたような気分です。最初からついているα7Riiiとの価格差はその分(約1万円分)差し引いて考える必要があります。

【こぼれ話】
Canonは昔カメラメーカーとしては無名で高級機といえばニコン、普及機といえばヤシカだったという時代があったそうです。
M会長が昔NY駐在時代にでタクシーに乗った時、運転手との会話でこんなことがあったそうです。

運転手「どこの会社に勤めてるんだ?」
M会長「Canonだ」
運転手「ほう、いい会社に務めてるな。素晴らしいじゃないか。」
M会長(誇らしく思う)
運転手「一流のホテルはみんなあんたの会社のタオルを作っている」
M会長(タオル???)
(実は当時Cannonというタオルの老舗メーカーがあり、運転手はCanonをCannonだと思ったようです。)
M会長「違う、CannonではなくカメラメーカーのCanonだ」
運転手「ああ、ヤシカのことか?」
M会長(ぐぬぬ。。。。ヤシカ、今に見ていろよ。)

と闘志を燃やされたそうです。
そして時は流れ、ヤシカはおろかニコンさえも抜き去りCanonのカメラは世界のトップのシェアとなるほどの成長を遂げました。
今時代はレフ機からミラーレスへ。かつてのように今のSonyにどう対抗するか楽しみです。

【最後に】
子供の成長の記録をより美しい物にしたい。私にとって80Dはバランスの取れた良いカメラで写真の楽しさを思い出させてくました。α7iiiはレフ機での不可能を可能にしたカメラだと言えます。

読んでいただきありがとうございました。

主な被写体
子供・動物

参考になった170

満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感2
不可能が可能に
機種不明Sigma 50mm F1.4 for E mount
   

Sigma 50mm F1.4 for E mount

   

私はCanonに愛着があり、Sony(の製品)には不信感さえ持っていました。

以前Canonと関わりの深い仕事をしておりました。中の人も何人か知っております。ある意味恩義も感じています。

Sonyに関しては、昔買ったウォークマンが1年そこそこで立て続けに2台壊れて煮え湯を飲まされました。いわゆる「ソニータイマー」を経験して以来製品に対するネガティブな印象さえもっておりました。

そんな私ですが、今回EOS 80Dからの乗り換えになります。

撮影対象は子供です。

【レフ機から乗り換え】
私が子供を撮る上で一番重要だと思うのは「シャッターチャンス」です。風景ならいざしらず子供の一瞬のしぐさ、表情は逃したら終わりです。

それと「ローアングル」で撮ること。時には大人の目線ではなく、子供の目線まで下がらなければ雰囲気のあるものは撮れません。よってライブビューでの撮影が重要となります。

80D は屋外で光学ファインダーで撮るのは問題ありませんでしたが、ライブビューではコントラストAFとなり、とても動き回る子供を追えるレベルのAFではなかった。

子供と室内で一緒に過ごすため、ある程度暗いところでも撮りたい場面が多々ありました。その点でも80Dは暗所でのAF性能は光学ファインダーでさえも十分ではありませんでした。(F1.4のレンズをもってしても)バースデーケーキの蝋燭等、多くのシャッターチャンスを逃し悔しい思いをしました。

ミラーレスであればライブビューでもファインダービューでもAFは同じです。α7iii のAF性能はα9並だとすれば、現時点で世界最高レベルのライブビューAFだと言えます。つまり現在のCanonのどのカメラよりも優れたライブビューAFをバリアングル液晶で使えるということになります。α7iiiで無理なら他のどのカメラでも無理だということになるので諦めがつきます(笑)。

不信感さえ持っていたSonyに今回乗り換えた理由のもう一つは、ここ最近のSony「攻め」の姿勢に共感するからでもあります。

2016年7月頃から80Dを使い初め、数ヶ月後にはフルサイズへ心が傾き出しました。当時は6D 、α7iiが実質の選択肢でした。当時次に来るであろう6D2、α7iiiはどうなるか見てみようと思っていました。

2017年3月、α9登場。Sonyはそれまでのミラーレスのイメージを覆しました。
そして8月に6D2は登場。しかし結果は80Dのフルサイズ版のようで、6Dからの劇的は進歩は感じませんでした。

おそらく風景を撮るだけなら6D2でもα7iiiでもあまり差はないかもしれません。しかし薄暗い室内で動き回る子供をローアングルから撮るような使い方をするのであれば、80Dのフルサイズ版のような6D2ではおそらく無理です。(バリアングル液晶がない5D4でさえも)

そして2018年3月、待ちに待ったα7iiiが登場。α7Riiiの399点を超える693点位相差AF。α9の25点を超える425点コントラストAFが6D2とほぼ同じ価格。

Canonに固執しない限り6D2を選ぶ理由はありませんでした。

なぜCanonのイメージセンサーはSonyの周回遅れだと言われるのか。理由の一つはCanon製品ラインナップの序列を重視した「技術の出し惜しみ」にあるのではないかと個人的には感じています。

例えば「6D2は5D4より格下なので、性能は低くなければならない。」そのように悠長なことをやっていてはSonyとの差は開くばかりではないでしょうか。Sonyはおそらく数ヶ月前に出来てなかった技術が出来れば、その時点で出す最新機種に載せてくる。だから進歩も早い。

CanonもSonyも技術者の優秀さは変わらないでしょう。ただ人間とは目の前のハードルを常に高めれば進歩するのは当然のといえます。

【不満?】
グリップは80Dほど快適ではありません。しかしミラーレスはコンパクトなので、これはある意味致し方ないと私は思います。Sonyは(カメラの)デザインは容易に変えない方針だと聞きますし、外付けのグリップ等で対応するしかありません。

UIがキャノンほど優れていない点については、これは長年の経験の差であり改善には時間を要するでしょう。UIを一朝一夕に変えればそれまでのユーザーを混乱させることになります。UIは時間をかけて少しずつ進歩させるしかありません。

バッテリー充電アダプターが別売りなのはちょっと騙されたような気分です。最初からついているα7Riiiとの価格差はその分(約1万円分)差し引いて考える必要があります。

【こぼれ話】
Canonは昔カメラメーカーとしては無名で高級機といえばニコン、普及機といえばヤシカだったという時代があったそうです。
M会長が昔NY駐在時代にでタクシーに乗った時、運転手との会話でこんなことがあったそうです。

運転手「どこの会社に勤めてるんだ?」
M会長「Canonだ」
運転手「ほう、いい会社に務めてるな。素晴らしいじゃないか。」
M会長(誇らしく思う)
運転手「一流のホテルはみんなあんたの会社のタオルを作っている」
M会長(タオル???)
(実は当時Cannonというタオルの老舗メーカーがあり、運転手はCanonをCannonだと思ったようです。)
M会長「違う、CannonではなくカメラメーカーのCanonだ」
運転手「ああ、ヤシカのことか?」
M会長(ぐぬぬ。。。。ヤシカ、今に見ていろよ。)

と闘志を燃やされたそうです。
そして時は流れ、ヤシカはおろかニコンさえも抜き去りCanonのカメラは世界のトップのシェアとなるほどの成長を遂げました。
今時代はレフ機からミラーレスへ。かつてのように今のSonyにどう対抗するか楽しみです。

【最後に】
子供の成長の記録をより美しい物にしたい。私にとって80Dはバランスの取れた良いカメラで写真の楽しさを思い出させてくました。α7iiiはレフ機での不可能を可能にしたカメラだと言えます。

読んでいただきありがとうございました。

主な被写体
子供・動物

参考になった122

 
 
 
 
 
 

「α7 III ILCE-7M3 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
スタンダードモデルとは思えない充実性能  5 2020年1月24日 13:05
一段世界が変わりました。  5 2020年1月13日 14:43
D750からの乗り換えです  4 2020年1月1日 21:30
最高のコスパカメラ  5 2019年12月31日 22:57
パパママカメラ以外なら○です!  5 2019年12月29日 17:07
α7Uから買い換えました  5 2019年12月21日 20:19
レンズ交換式カメラ初心者※iPhoneXSとの比較  5 2019年12月12日 12:04
不可能が可能に  5 2019年11月12日 08:46
これからはミラーレス時代  4 2019年11月6日 23:34
持ち運びやすくて良い  4 2019年11月6日 09:37

α7 III ILCE-7M3 ボディのレビューを見る(レビュアー数:152人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 III ILCE-7M3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7 III ILCE-7M3 ボディ
SONY

α7 III ILCE-7M3 ボディ

最安価格(税込):¥189,000発売日:2018年 3月23日 価格.comの安さの理由は?

α7 III ILCE-7M3 ボディをお気に入り製品に追加する <3842

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意