『揺れる花、こども撮り、瞳AF・AF-Cでジャスピン多く最強です』 SONY α7 III ILCE-7M3 ボディ TTcomさんのレビュー・評価

2018年 3月23日 発売

α7 III ILCE-7M3 ボディ

  • 有効約2420万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載した、上級向けのミラーレスデジタル一眼カメラ。
  • 高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを備える。手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.0段の補正効果を実現している。
  • 独自のAFシステム「4Dフォーカス」に対応。693点の「像面位相差検出AFセンサー」を配置し、コントラストAFを425点に多分割化し、検出精度が向上。
α7 III ILCE-7M3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥195,289

(前週比:-1,910円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥197,064

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥161,800 (164製品)


価格帯:¥195,289〜¥252,868 (50店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥195,292 〜 ¥227,500 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2530万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 重量:565g α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの中古価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの買取価格
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの店頭購入
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの純正オプション
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのレビュー
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのクチコミ
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの画像・動画
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのピックアップリスト
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのオークション

α7 III ILCE-7M3 ボディSONY

最安価格(税込):¥195,289 (前週比:-1,910円↓) 発売日:2018年 3月23日

  • α7 III ILCE-7M3 ボディの価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの中古価格比較
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの買取価格
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの店頭購入
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック・仕様
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの純正オプション
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのレビュー
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのクチコミ
  • α7 III ILCE-7M3 ボディの画像・動画
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのピックアップリスト
  • α7 III ILCE-7M3 ボディのオークション

『揺れる花、こども撮り、瞳AF・AF-Cでジャスピン多く最強です』 TTcomさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 III ILCE-7M3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:480人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
17件
16件
デジタル一眼カメラ
4件
19件
SSD
4件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
揺れる花、こども撮り、瞳AF・AF-Cでジャスピン多く最強です
当機種揺れる花でもAF-Cは合い続けます
当機種等倍で見るとオレンジのチューリップがリアルです
当機種ダイナミックレンジが広く、暗い中の色合いの変化もキレイです。

揺れる花でもAF-Cは合い続けます

等倍で見るとオレンジのチューリップがリアルです

ダイナミックレンジが広く、暗い中の色合いの変化もキレイです。

当機種しっとりした深い色が出ます。
当機種影に隠れがちな瞳にも瞳AFが素早く合います
当機種デジタルが苦手な紫色もキレイです

しっとりした深い色が出ます。

影に隠れがちな瞳にも瞳AFが素早く合います

デジタルが苦手な紫色もキレイです

再レビューです。
このところ持ち出すのはα7Vばかりとなりました。

α7,α7Sの正常進化形としては非常に使いやすい。
長時間露光から、次の撮影まで待ち時間が非常に少ないです。これは大変うれしいです。
連射後、保存中のため次の動作ができないというのが、すごく減りました。
速いAF、たくさん設定できるボタンと、細かい機能性アップ。タッチフォーカスとフォーカス移動レバー。

一番α7Vのうれしい理由はAF-Cの粘り強さと瞳AFで、失敗(ピンボケ)が圧倒的に少ないことです。

いままでは5枚〜10枚に1枚ジャスピンあれば良かったですが、α7Vは手ぶれ・被写体ブレの速度に気をつければ、必ず狙ったところをとらえてくれます。
AFに起因するピンボケはほぼないです。
しかもサイレント撮影で170連写できます。
これはα7、α7S、α6000にはなかった大幅な進化です。

AF-Cの動作はAF被写体追従感度で5段階に、すばやく移るのか、粘るのかを設定できます。普段は標準3にしています。

画質はジャスピンのローパスフィルターレスと比べれば飛び抜けて良くはないですが、AFが常に合っており、良い写真が多くなったためか解像感は上がりました。
ピントが合っていない写真がほぼないことに驚嘆します。

その分、ホワイトバランス、構図などに時間を使えますし、
ごまかしがきかないため、自分の腕の悪さがストレートに写真に表現されることになります。

ホワイトバランスはStandard、雰囲気優先(やや赤より?)、白さ優先(やや青より)を選べます。こどもの肌を写すにはStandardが良さそうです。
お肌キレイの設定がなくなっているため、見たままのリアルな肌を写し取ります。ごまかしがきかない、ストレートな肌の表現です。

室内撮りでは、やや緑かぶり、黄色かぶりは減ったものの、SONYならではで、お肌の色かぶりは残っている印象ですが、ホワイトバランスAutoのどれを選択するのか、グレーカードを使用、室内ならバウンス撮影やオフカメラストロボで工夫をするまでです。

フラッシュ同調時のホワイトバランスの暴れ方は、α5100、α6000、α7、α7Sと変わらずです。
X-T20の、ホワイトバランスのうまさと比べてしまうと劣りますが、SONYはこんなものと、グレーカードとオフカメラストロボを駆使する原動力にもなります。

重量は、やはり重くなったという印象です。

EOS60Dが重量と大きさがイヤでNEX-5Rを購入し、その画質の良さに反する携帯性に驚きました。
画質と機能を求めて、だんだん重量が増しています。
α7M3以上の重量はイヤです。
現時点で限界かもしれません。持ちやすいですが、それでも重いことに変わらず、私の指の太さでは、中指の第1関節が当たりが強く赤く痛くなります。
Canon ハンドストラップE2を使って、手にぶら下げる感じで移動し、グリップを握る頻度を撮影時のみに極力少なくなるようにしています。

濃いめのしっとりした色合いはα7Sに近い画質です。
ファインダーは見やすいです。α7Sやα7よりは視認性は良いです。

Supre APS-CモードをC1ボタンに割り振りました。
SEL2470Zのテレ端を105mmに画質をほぼ落とさずに最短撮影距離と最大撮影倍率をアップできます。

購入初期では、電池は設定をいじるだけで、どんどん減って驚きましたが、撮影に入ると粘ります。
α7では1日持たないこともあり予備電池を持ち歩いていましたが、α7Vでは1個で充分かもしれません。数日撮影しても、すぐに充電しなければならないほどまで減らない印象です。
充電器と予備電池は購入しましたが、高額でしたが、常に予備電池を持ち歩く必要はなさそうです。

お願いできるなら、フォーカス移動時はグレー表示のフォーカスポイントが見失うことが多く、赤や黄緑色などの視認性が良い色にして欲しかったです。
前は十字キーでもフォーカス移動可能でしたが、専用レバーが付いたため移動できなくなり、親指の位置を変更する必要があります。

いろいろ言いましたが、総じて購入して良かったです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった55人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
揺れる花、こども撮り、瞳AF・AF-Cでジャスピン多く最強です。
当機種揺れる花でもAF-Cは合い続けます
当機種
当機種

揺れる花でもAF-Cは合い続けます

当機種
当機種影に隠れがちな瞳にも瞳AFが素早く合います
当機種

影に隠れがちな瞳にも瞳AFが素早く合います

再レビューです。
このところ持ち出すのはα7Vばかりとなりました。

α7,α7Sの正常進化形としては非常に使いやすい。
長時間露光から、次の撮影まで待ち時間が非常に少ないです。これは大変うれしいです。
連射後、保存中のため次の動作ができないというのが、すごく減りました。
速いAF、たくさん設定できるボタンと、細かい機能性アップ。タッチフォーカスとフォーカス移動レバー。

一番α7Vのうれしい理由はAF-Cの粘り強さと瞳AFで、失敗(ピンボケ)が圧倒的に少ないことです。

いままでは5枚〜10枚に1枚ジャスピンあれば良かったですが、α7Vは手ぶれ・被写体ブレの速度に気をつければ、必ず狙ったところをとらえてくれます。
AFに起因するピンボケはほぼないです。
しかもサイレント撮影で170連写できます。
これはα7、α7S、α6000にはなかった大幅な進化です。

AF-Cの動作はAF被写体追従感度で5段階に、すばやく移るのか、粘るのかを設定できます。普段は標準3にしています。

画質はジャスピンのローパスフィルターレスと比べれば飛び抜けて良くはないですが、AFが常に合っており、良い写真が多くなったためか解像感は上がりました。
ピントが合っていない写真がほぼないことに驚嘆します。

その分、ホワイトバランス、構図などに時間を使えますし、
ごまかしがきかないため、自分の腕の悪さがストレートに写真に表現されることになります。

ホワイトバランスはStandard、雰囲気優先(やや赤より?)、白さ優先(やや青より)を選べます。こどもの肌を写すにはStandardが良さそうです。
お肌キレイの設定がなくなっているため、見たままのリアルな肌を写し取ります。ごまかしがきかない、ストレートな肌の表現です。

室内撮りでは、やや緑かぶり、黄色かぶりは減ったものの、SONYならではで、お肌の色かぶりは残っている印象ですが、ホワイトバランスAutoのどれを選択するのか、グレーカードを使用、室内ならバウンス撮影やオフカメラストロボで工夫をするまでです。

フラッシュ同調時のホワイトバランスの暴れ方は、α5100、α6000、α7、α7Sと変わらずです。
X-T20の、ホワイトバランスのうまさと比べてしまうと劣りますが、SONYはこんなものと、グレーカードとオフカメラストロボを駆使する原動力にもなります。

重量は、やはり重くなったという印象です。

EOS60Dが重量と大きさがイヤでNEX-5Rを購入し、その画質の良さに反する携帯性に驚きました。
画質と機能を求めて、だんだん重量が増しています。
α7M3以上の重量はイヤです。
現時点で限界かもしれません。持ちやすいですが、それでも重いことに変わらず、私の指の太さでは、中指の第1関節が当たりが強く赤く痛くなります。
Canon ハンドストラップE2を使って、手にぶら下げる感じで移動し、グリップを握る頻度を撮影時のみに極力少なくなるようにしています。

濃いめのしっとりした色合いはα7Sに近い画質です。
ファインダーは見やすいです。α7Sやα7よりは視認性は良いです。

Supre APS-CモードをC1ボタンに割り振りました。
SEL2470Zのテレ端を105mmに画質をほぼ落とさずに最短撮影距離と最大撮影倍率をアップできます。

購入初期では、電池は設定をいじるだけで、どんどん減って驚きましたが、撮影に入ると粘ります。
α7では1日持たないこともあり予備電池を持ち歩いていましたが、α7Vでは1個で充分かもしれません。数日撮影しても、すぐに充電しなければならないほどまで減らない印象です。
充電器と予備電池は購入しましたが、高額でしたが、常に予備電池を持ち歩く必要はなさそうです。

お願いできるなら、フォーカス移動時はグレー表示のフォーカスポイントが見失うことが多く、赤や黄緑色などの視認性が良い色にして欲しかったです。
前は十字キーでもフォーカス移動可能でしたが、専用レバーが付いたため移動できなくなり、親指の位置を変更する必要があります。

いろいろ言いましたが、総じて購入して良かったです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
AFのおかげで失敗が少なくなった分、言い訳が通用しなくなった
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

画質は良いですけれど,特別な感動は、まだないです。
その点は、はじめてのフルサイズのα7やAPS-CとしてはハイレベルなローパスフィルターレスのX-T20ほどの驚きはないです。
等倍で見るとα7とあまりかわらないような、甘い解像感でややガックリですが、ローパスフィルター付きの2400万画素のままですから変わりようがない。
この点でみるならα7R2またはα7R3を買うべきであったと思われます。

でも、AFの粘りに失敗が少ないのは確かです。
その分、ホワイトバランス、構図などに時間を使えますし、
ごまかしがきかないため、自分の腕の悪さがストレートに写真に表現されることになります。

こどもの肌色は、やや残念です。液晶がα7Sよりキレイに見える気がするため、期待してPCで見ましたが、ほぼ同じ色合い。
お肌キレイの設定がなくなり、肌の質感にごまかしがきかない、ストレートな肌の表現です。

室内撮りでは、やや緑かぶり、黄色かぶりは減ったものの、SONYならではで、お肌の色かぶりは残っている印象です。

フラッシュ同調時のホワイトバランスの暴れ方は、α5100、α6000、α7、α7Sと変わらずです。
X-T20の、ホワイトバランスのうまさと比べてしまうとがっかりですが、SONYはこんなものと、グレーカードとオフカメラストロボを駆使する原動力にもなります。

重量は、やはり重くなったという印象です。

EOS60Dが重量と大きさがイヤでNEX-5Rを購入し、その画質の良さに反する携帯性に驚きました。
画質と機能を求めて、だんだん重量が増しています。
α7M3以上の重量はイヤです。
現時点で限界かもしれません。持ちやすいですが、それでも重いことに変わらず、しばらくすると中指の第1関節が赤く痛くなります。

ファインダーは見やすいです。α7Sやα7よりは視認性は良いです。
濃いめのしっとりした色合いはα7Sに近いかもしれません。

電池は設定をいじるだけで、どんどん減りますが、撮影に入ると粘ります。
充電器と予備電池は購入しましたが、高額でした。


お願いできるなら、フォーカス移動時はグレー表示のフォーカスポイントの色を赤や黄緑色などに変えて欲しかったです。
前は十字キーでもフォーカス移動可能でしたが、専用レバーが付いたため移動できなくなり、親指の位置を変更する必要があり面倒です。



いろいろ言いましたが、α7,α7Sの正常進化形としては非常に使いやすい。

長時間露光から、次の撮影まで待ち時間が非常に少ないです。これは大変うれしいです。
連射後、保存中のため次の動作ができないというのが、すごく減りました。

速いAF、たくさん設定できるボタンと、細かい機能性アップ。タッチフォーカスとフォーカス移動レバー。

総じて購入して良かったです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった25

 
 
 
 
 
 

「α7 III ILCE-7M3 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
1年11ヶ月使用して  5 2020年12月18日 09:08
耐久性  4 2020年12月8日 09:35
非常に満足  5 2020年12月5日 06:02
海での撮影  5 2020年11月24日 04:08
Z6から乗り換えた印象  2 2020年11月24日 00:19
使用1か月レビュー(随時追記予定)! G9と比較  4 2020年11月20日 12:08
購入して満足です  5 2020年9月24日 23:12
液晶、画質、持ちにくさの3点が残念です。  1 2020年9月3日 16:19
微妙…  1 2020年8月25日 20:20
良いですよ!  4 2020年8月18日 05:26

α7 III ILCE-7M3 ボディのレビューを見る(レビュアー数:177人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7 III ILCE-7M3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7 III ILCE-7M3 ボディ
SONY

α7 III ILCE-7M3 ボディ

最安価格(税込):¥195,289発売日:2018年 3月23日 価格.comの安さの理由は?

α7 III ILCE-7M3 ボディをお気に入り製品に追加する <4311

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意