『「手振れ補正」+「FUJIの色が欲しい」→「X-H1」で決まり!』 富士フイルム FUJIFILM X-H1 ボディ メガネ屋のモアイさんのレビュー・評価

FUJIFILM X-H1 ボディ

  • 「Xシリーズ」で初めてボディ内手ブレ補正機能を搭載した、フラッグシップモデルのデジタルミラーレス一眼カメラ。
  • 「X-Trans CMOS III」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載。幅広いシーンで高画質撮影が可能。
  • 「フリッカー低減撮影機能」を「Xシリーズ」で初めて搭載。蛍光灯や水銀灯など照明のちらつきがある不安定な光源下での連写撮影でも安定した露出を実現する。
FUJIFILM X-H1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥170,640 (前週比:+10,522円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2018年 3月 1日

店頭参考価格帯:¥170,640 〜 ¥258,660 (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:2430万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOSIII 重量:623g FUJIFILM X-H1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • FUJIFILM X-H1 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-H1 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-H1 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-H1 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-H1 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-H1 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-H1 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-H1 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-H1 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-H1 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-H1 ボディのオークション

FUJIFILM X-H1 ボディ富士フイルム

最安価格(税込):¥170,640 (前週比:+10,522円↑) 発売日:2018年 3月 1日

  • FUJIFILM X-H1 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-H1 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-H1 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-H1 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-H1 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-H1 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-H1 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-H1 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-H1 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-H1 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-H1 ボディのオークション

『「手振れ補正」+「FUJIの色が欲しい」→「X-H1」で決まり!』 メガネ屋のモアイさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:377人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
170件
レンズ
5件
5件
カメラバッグ・リュック
2件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性2
機能性5
液晶4
ホールド感5
「手振れ補正」+「FUJIの色が欲しい」→「X-H1」で決まり!
当機種ベルビア
当機種クラシッククローム
当機種クラシッククローム

ベルビア

クラシッククローム

クラシッククローム

当機種クラシッククローム
当機種クラシッククローム
当機種クラシッククローム

クラシッククローム

クラシッククローム

クラシッククローム

「X-H1」を使ってのブログ記事を作りました。
良ければご覧下さいませ。

https://meganeya-moai.hatenablog.com/archive/category/X-H1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■■■「X-H1」を買っ10ヶ月経過。「X-Pro2」との2台体制で撮影に行ったり、店頭で「X-T3」を触り「グリップ、シャッター、手振れ補正の違い」を確認したうえで5回目のレビューをします。「X-H1」を買おうかどうか迷われている方の参考になれば幸いです■■■


平成25年年末、人生で初めてマトモなカメラである「X-T10」を買い、平成26年は「XF35mm F1.4 R」「XF16-55mm F2.8 R LM WR」「XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」「XF 2X TC WR」と立て続けに購入。その後も「X-T2」と悩みながらも「X-Pro2」を購入し、さらに平成30年7月、キャッシュバッグキャンペーンにつられ「X-H1」を追加購入してしまった「フジの病」に罹っているアマチュアです。

「X-Pro2のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000845877/ReviewCD=1007231/#tab
「X-T10のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000777291/ReviewCD=887079/#tab

【デザイン】
普通の一眼レフっぽいデザインですね。
メーカー名が目立つのが嫌(X-Pro2みたいに少しでも地味にしたい)なので、「FUJIFILM」の白い文字を黒で塗ってしまいましたが、その後、やっぱり元に戻しました( ゚Д゚)

【画質】
ISO感度低め、絞り気味で撮影しても手振れしないので、今までの撮影と違う作例が出来つつあります。
今まで通り、フィルムシミュレーションをカスタム設定してカスタム登録していますが、X-Pro2よりもプロビアが綺麗に撮影出来る気がしてなりません。
けど冷静に考えたらボディ内手ブレ補正の効果なんだろうな〜と思います。
そしてエテルナですが・・・今までは主にプロビアのシャドーをマイナスにして撮影していましたが、エテルナではシャドーを下げる必要無し。変わりにカラーとシャープをプラスに振って撮影しています。作例のエテルナは全てそのようにカスタム設定しています。

【操作性】
露出ボタンが無くなって操作しづらいかな?とも思いましたが、すぐに慣れました。
当たり前ですが、ISO感度の設定は「X-Pro2」よりも操作しやすいです。
ドライブ設定は「X-Pro2」のドライブ設定の方が右手一本で操作出来るので「X-Pro2」の方が良いですね・・・(追記:10ヶ月近く使い、結果慣れました)。

【バッテリー】
純正以外のバッテリーだと、途中から急に減ります。追加で純正バッテリー1個、買いました。

【携帯性】
以前から使っているピークデザインのメッセンジャーバッグに普通に入ります。ただ付属のアイカップ(EC-XT L)が出っ張っているので、そこだけが不満です(撮影時には良いですが)。
そしてバックに入れているときは重さを感じますが、撮影時にはグリップの良さで重さを感じにくくなります。飛び出したグリップは携帯性とのトレードオフですね。

【機能性】
「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、今までだったらISO1600や3200に上げないといけなかった撮影時、ISO800固定で撮影出来るのは素晴らしいです。
「X-Pro2」の切れがあるシャッターとは違うベクトルのフェザータッチシャッターですが、静かな場所の雰囲気を壊さず、そしてカメラに興味が無い一般の方に邪魔にならない音です。
今まで周りを気にして電子シャッターで撮影していた場所(居酒屋など)でもメカニカルシャッターで撮影出来るようになったのが嬉しいです。

【液晶】
ファインダーは今までのFUJIのカメラの中で一番優秀です。液晶モニターは「X-Pro2」の方が見やすいので、よっぽどの事がない限りファインダーを覗きます。

【ホールド感】
「X-T10・X-Pro2」では純正のハンドグリップを買っていましたが、「X-H1」は不要です。地味ですが良い機能の一部です。
「X-T3」を店頭で触ってみましたが、「XF18-55mm」までならそのままで大丈夫。「XF16-55mm」だとハンドグリップが必要かと思いました。

【総評】
手振れ補正が無い「XF16-55mm」との組み合わせでは、「ISO感度低め・絞り気味・三脚不要」でも、今までとは違った撮影が出来ます。
結果、「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、三脚不要でも撮影出来る場所(タイミング)が増えるのが「X-H1」の良さかと思います。

「XF16-55」や「OISが無いレンズ」をお持ちの方に積極的にお勧めのカメラです(#^^#)

*作例は全てJPEG撮って出しです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった54人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性2
機能性5
液晶4
ホールド感5
「手振れ補正」+「FUJIの色が欲しい」→「X-H1」で決まり!
当機種エテルナ
当機種エテルナ
当機種エテルナ

エテルナ

エテルナ

エテルナ

当機種エテルナ
当機種ベルビア 手持ち撮影
当機種ベルビア 手持ち撮影

エテルナ

ベルビア 手持ち撮影

ベルビア 手持ち撮影

「X-H1」を約半年間使ってのブログ記事を作りました。
良ければご覧下さいませ。

https://meganeya-moai.hatenablog.com/entry/2018/12/30/055627

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■■■「X-H1」を買って6ヶ月経過。「X-Pro2」との2台体制で撮影に行ったり、店頭で「X-T3」を触り「グリップ、シャッター、手振れ補正の違い」を確認したうえで4回目のレビューをします。「X-H1」を買おうかどうか迷われている方の参考になれば幸いです■■■


平成25年年末、人生で初めてマトモなカメラである「X-T10」を買い、平成26年は「XF35mm F1.4 R」「XF16-55mm F2.8 R LM WR」「XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」「XF 2X TC WR」と立て続けに購入。その後も「X-T2」と悩みながらも「X-Pro2」を購入し、さらに平成30年7月、キャッシュバッグキャンペーンにつられ「X-H1」を追加購入してしまった「フジの病」に罹っているアマチュアです。

「X-Pro2のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000845877/ReviewCD=1007231/#tab
「X-T10のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000777291/ReviewCD=887079/#tab

【デザイン】
普通の一眼レフっぽいデザインですね。
メーカー名が目立つのが嫌(X-Pro2みたいに少しでも地味にしたい)なので、「FUJIFILM」の白い文字を黒で塗ってしまいました( ゚Д゚)

【画質】
ISO感度低め、絞り気味で撮影しても手振れしないので、今までの撮影と違う作例が出来つつあります。
今まで通り、フィルムシミュレーションをカスタム設定してカスタム登録していますが、X-Pro2よりもプロビアが綺麗に撮影出来る気がしてなりません。
けど冷静に考えたらボディ内手ブレ補正の効果なんだろうな〜と思います。
そしてエテルナですが・・・今までは主にプロビアのシャドーをマイナスにして撮影していましたが、エテルナではシャドーを下げる必要無し。変わりにカラーとシャープをプラスに振って撮影しています。作例のエテルナは全てそのようにカスタム設定しています。

【操作性】
露出ボタンが無くなって操作しづらいかな?とも思いましたが、すぐに慣れました。
当たり前ですが、ISO感度の設定は「X-Pro2」よりも操作しやすいです。
ドライブ設定は「X-Pro2」のドライブ設定の方が右手一本で操作出来るので「X-Pro2」の方が良いですね・・・(追記:4ヶ月近く使い、結果慣れました)。

【バッテリー】
純正以外のバッテリーだと、途中から急に減ります。追加で純正バッテリー買わなくてはいけないかも・・・

【携帯性】
以前から使っているピークデザインのメッセンジャーバッグに普通に入ります。ただ付属のアイカップ(EC-XT L)が出っ張っているので、そこだけが不満です(撮影時には良いですが)。
そしてバックに入れているときは重さを感じますが、撮影時にはグリップの良さで重さを感じにくくなります。飛び出したグリップは携帯性とのトレードオフですね。

【機能性】
「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、今までだったらISO1600や3200に上げないといけなかった撮影時、ISO800固定で撮影出来るのは素晴らしいです。
「X-Pro2」の切れがあるシャッターとは違うベクトルのフェザータッチシャッターですが、静かな場所の雰囲気を壊さず、そしてカメラに興味が無い一般の方に邪魔にならない音です。
今まで周りを気にして電子シャッターで撮影していた場所(居酒屋など)でもメカニカルシャッターで撮影出来るようになったのが嬉しいです。

【液晶】
ファインダーは今までのFUJIのカメラの中で一番優秀です。液晶モニターは「X-Pro2」の方が見やすいので、よっぽどの事がない限りファインダーを覗きます。

【ホールド感】
「X-T10・X-Pro2」では純正のハンドグリップを買っていましたが、「X-H1」は不要です。地味ですが良い機能の一部です。
「X-T3」を店頭で触ってみましたが、「XF18-55mm」までならそのままで大丈夫。「XF16-55mm」だとハンドグリップが必要かと思いました。

【総評】
手振れ補正が無い「XF16-55mm」との組み合わせでは、「ISO感度低め・絞り気味・三脚不要」でも、今までとは違った撮影が出来ます。
結果、「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、三脚不要でも撮影出来る場所(タイミング)が増えるのが「X-H1」の良さかと思います。

「XF16-55」や「OISが無いレンズ」をお持ちの方に積極的にお勧めのカメラです(#^^#)

*作例は全てJPEG撮って出しです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった7

満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性2
機能性5
液晶4
ホールド感5
「手振れ補正」+「FUJIの色が欲しい」→「X-H1」で決まり!
当機種エテルナ
当機種エテルナ
当機種エテルナ

エテルナ

エテルナ

エテルナ

当機種エテルナ
当機種エテルナ
当機種プロビア

エテルナ

エテルナ

プロビア

■■■「X-H1」を買って4ヶ月経過。「X-Pro2」との2台体制で撮影に行ったり、店頭で「X-T3」を触り「グリップ、シャッター、手振れ補正の違い」を確認したうえで3回目のレビューをします。「X-H1」を買おうかどうか迷われている方の参考になれば幸いです■■■


平成25年年末、人生で初めてマトモなカメラである「X-T10」を買い、平成26年は「XF35mm F1.4 R」「XF16-55mm F2.8 R LM WR」「XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」「XF 2X TC WR」と立て続けに購入。その後も「X-T2」と悩みながらも「X-Pro2」を購入し、さらに平成30年7月、キャッシュバッグキャンペーンにつられ「X-H1」を追加購入してしまった「フジの病」に罹っているアマチュアです。

「X-Pro2のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000845877/ReviewCD=1007231/#tab
「X-T10のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000777291/ReviewCD=887079/#tab

【デザイン】
普通の一眼レフっぽいデザインですね。
メーカー名が目立つのが嫌(X-Pro2みたいに少しでも地味にしたい)なので、「FUJIFILM」の白い文字を黒で塗ってしまいました( ゚Д゚)

【画質】
ISO感度低め、絞り気味で撮影しても手振れしないので、今までの撮影と違う作例が出来つつあります。
今まで通り、フィルムシミュレーションをカスタム設定してカスタム登録していますが、X-Pro2よりもプロビアが綺麗に撮影出来る気がしてなりません。
けど冷静に考えたらボディ内手ブレ補正の効果なんだろうな〜と思います。
そしてエテルナですが・・・今までは主にプロビアのシャドーをマイナスにして撮影していましたが、エテルナではシャドーを下げる必要無し。変わりにカラーとシャープをプラスに振って撮影しています。作例のエテルナは全てそのようにカスタム設定しています。

【操作性】
露出ボタンが無くなって操作しづらいかな?とも思いましたが、すぐに慣れました。
当たり前ですが、ISO感度の設定は「X-Pro2」よりも操作しやすいです。
ドライブ設定は「X-Pro2」のドライブ設定の方が右手一本で操作出来るので「X-Pro2」の方が良いですね・・・(追記:4ヶ月近く使い、結果慣れました)。

【バッテリー】
純正以外のバッテリーだと、途中から急に減ります。追加で純正バッテリー買わなくてはいけないかも・・・

【携帯性】
以前から使っているピークデザインのメッセンジャーバッグに普通に入ります。ただ付属のアイカップ(EC-XT L)が出っ張っているので、そこだけが不満です(撮影時には良いですが)。
そしてバックに入れているときは重さを感じますが、撮影時にはグリップの良さで重さを感じにくくなります。飛び出したグリップは携帯性とのトレードオフですね。

【機能性】
「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、今までだったらISO1600や3200に上げないといけなかった撮影時、ISO800固定で撮影出来るのは素晴らしいです。
「X-Pro2」の切れがあるシャッターとは違うベクトルのフェザータッチシャッターですが、静かな場所の雰囲気を壊さず、そしてカメラに興味が無い一般の方に邪魔にならない音です。
今まで周りを気にして電子シャッターで撮影していた場所(居酒屋など)でもメカニカルシャッターで撮影出来るようになったのが嬉しいです。

【液晶】
ファインダーは今までのFUJIのカメラの中で一番優秀です。液晶モニターは「X-Pro2」の方が見やすいので、よっぽどの事がない限りファインダーを覗きます。

【ホールド感】
「X-T10・X-Pro2」では純正のハンドグリップを買っていましたが、「X-H1」は不要です。地味ですが良い機能の一部です。
「X-T3」を店頭で触ってみましたが、「XF18-55mm」までならそのままで大丈夫。「XF16-55mm」だとハンドグリップが必要かと思いました。

【総評】
手振れ補正が無い「XF16-55mm」との組み合わせでは、「ISO感度低め・絞り気味・三脚不要」でも、今までとは違った撮影が出来ます。
結果、「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、三脚不要でも撮影出来る場所(タイミング)が増えるのが「X-H1」の良さかと思います。

「XF16-55」や「OISが無いレンズ」をお持ちの方に積極的にお勧めのカメラです(#^^#)

*作例は全てJPEG撮って出しです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった9

満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性2
機能性5
液晶4
ホールド感5
「手振れ補正」+「FUJIの色が欲しい」→「X-H1」で決まり!
当機種手持ち撮影:プロビア
当機種エテルナ
当機種クラシッククローム

手持ち撮影:プロビア

エテルナ

クラシッククローム

当機種手持ち撮影:アクロス
当機種エテルナ
当機種エテルナ

手持ち撮影:アクロス

エテルナ

エテルナ

■■■「X-H1」を買って2ヶ月経過。「X-Pro2」との2台体制で撮影に行ったり、店頭で「X-T3」を触り「グリップ、シャッター、手振れ補正の違い」を確認したうえで2回目のレビューをします。「X-H1」を買おうかどうか迷われている方の参考になれば幸いです■■■


平成25年年末、人生で初めてマトモなカメラである「X-T10」を買い、平成26年は「XF35mm F1.4 R」「XF16-55mm F2.8 R LM WR」「XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」「XF 2X TC WR」と立て続けに購入。その後も「X-T2」と悩みながらも「X-Pro2」を購入し、さらに平成30年7月、キャッシュバッグキャンペーンにつられ「X-H1」を追加購入してしまった「フジの病」に罹っているアマチュアです。

「X-Pro2のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000845877/ReviewCD=1007231/#tab
「X-T10のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000777291/ReviewCD=887079/#tab

【デザイン】
普通の一眼レフっぽいデザインですね。
メーカー名が目立つのが嫌(X-Pro2みたいに少しでも地味にしたい)なので、「FUJIFILM」の白い文字を黒で塗ってしまいました( ゚Д゚)

【画質】
ISO感度低め、絞り気味で撮影しても手振れしないので、今までの撮影と違う作例が出来つつあります。
今まで通り、フィルムシミュレーションをカスタム設定してカスタム登録していますが、X-Pro2よりもプロビアが綺麗に撮影出来る気がしてなりません。
けど冷静に考えたらボディ内手ブレ補正の効果なんだろうな〜と思います。

【操作性】
露出ボタンが無くなって操作しづらいかな?とも思いましたが、すぐに慣れました。
当たり前ですが、ISO感度の設定は「X-Pro2」よりも操作しやすいです。
ドライブ設定は「X-Pro2」のドライブ設定の方が右手一本で操作出来るので「X-Pro2」の方が良いですね・・・(追記:2ヶ月近く使い、結果慣れました)。

【バッテリー】
純正以外のバッテリーだと、途中から急に減ります。追加で純正バッテリー買わなくてはいけないかも・・・

【携帯性】
以前から使っているピークデザインのメッセンジャーバッグに普通に入ります。ただ付属のアイカップ(EC-XT L)が出っ張っているので、そこだけが不満です(撮影時には良いですが)。
そしてバックに入れているときは重さを感じますが、撮影時にはグリップの良さで重さを感じにくくなります。飛び出したグリップは携帯性とのトレードオフですね。

【機能性】
「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、今までだったらISO1600や3200に上げないといけなかった撮影時、ISO800固定で撮影出来るのは素晴らしいです。
「X-Pro2」の切れがあるシャッターとは違うベクトルのフェザータッチシャッターですが、静かな場所の雰囲気を壊さず、そしてカメラに興味が無い一般の方に邪魔にならない音です。
今まで周りを気にして電子シャッターで撮影していた場所でもメカニカルシャッターで撮影出来るようになったのが嬉しいです。

【液晶】
ファインダーは今までのFUJIのカメラの中で一番優秀です。液晶モニターは「X-Pro2」の方が見やすいので、よっぽどの事がない限りファインダーを覗きます。

【ホールド感】
「X-T10・X-Pro2」では純正のハンドグリップを買っていましたが、「X-H1」は不要です。地味ですが良い機能の一部です。
「X-T3」を店頭で触ってみましたが、「XF18-55mm」までならそのままで大丈夫。「XF16-55mm」だとハンドグリップが必要かと思いました。

【総評】
手振れ補正が無い「XF16-55mm」との組み合わせでは、「ISO感度低め・絞り気味・三脚不要」でも、今までとは違った撮影が出来ます。
結果、「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、三脚不要でも撮影出来る場所(タイミング)が増えるのが「X-H1」の良さかと思います。

「XF16-55」や「OISが無いレンズ」をお持ちの方に積極的にお勧めのカメラです(#^^#)

*作例は全て三脚無しのJPEG撮って出しです(^.^)

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった12

満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー2
携帯性3
機能性5
液晶4
ホールド感5
フジの集大成(XF16-55に最適!)
別機種X-pro2で撮影・クラシッククローム
当機種三脚無しで撮影:アクロス
当機種プロビア

X-pro2で撮影・クラシッククローム

三脚無しで撮影:アクロス

プロビア

当機種エテルナ
当機種エテルナ
当機種エテルナ

エテルナ

エテルナ

エテルナ

平成25年年末、人生で初めてマトモなカメラである「X-T10」を買い、平成26年は「XF35mm F1.4 R」「XF16-55mm F2.8 R LM WR」「XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」「XF 2X TC WR」と立て続けに購入。その後も「X-T2」と悩みながらも「X-Pro2」を購入し、さらに平成30年7月、キャッシュバッグキャンペーンにつられ「X-H1」を追加購入してしまった「フジの病」に罹っているアマチュアです。

「X-Pro2のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000845877/ReviewCD=1007231/#tab
「X-T10のレビュー」
http://review.kakaku.com/review/K0000777291/ReviewCD=887079/#tab

【デザイン】
普通の一眼レフっぽいデザインですね。
メーカー名が目立つのが嫌(X-Pro2みたいに少しでも地味にしたい)なので、「FUJIFILM」の白い文字を黒で塗ってしまいました( ゚Д゚)

【画質】
ISO感度低め、絞り気味で撮影しても手振れしないので、今までの撮影と違う作例が出来つつあります。
今まで通り、フィルムシミュレーションをカスタム設定してカスタム登録していますが、X-Pro2よりもプロビアが綺麗に撮影出来る気がしてなりません。
けど冷静に考えたらボディ内手ブレ補正の効果なんだろうな〜と思います。

【操作性】
露出ボタンが無くなって操作しづらいかな?とも思いましたが、すぐに慣れました。
当たり前ですが、ISO感度の設定は「X-Pro2」よりも操作しやすいです。
ドライブ設定は「X-Pro2」のドライブ設定の方が右手一本で操作出来るので「X-Pro2」の方が良いですね・・・こちらも慣れかもしれません。

【バッテリー】
純正以外のバッテリーだと、途中から急に減ります。追加で純正バッテリー買わなくてはいけないかも・・・

【携帯性】
以前から使っているピークデザインのメッセンジャーバッグに普通に入ります。ただ付属のアイカップ(EC-XT L)が出っ張っているので、そこだけが不満です(撮影時には良いですが)。
そしてバックに入れているときは重さを感じますが、撮影時にはグリップの良さで重さを感じにくくなります。飛び出したグリップは携帯性とのトレードオフですね。

【機能性】
「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、今までだったらISO1600や3200に上げないといけなかった撮影時、ISO800固定で撮影出来るのは素晴らしいです。
「X-Pro2」の切れがあるシャッターとは違うベクトルのフェザータッチシャッターですが、静かな場所の雰囲気を壊さず、そしてカメラに興味が無い一般の方に邪魔にならない音です。
今まで周りを気にして電子シャッターで撮影していた場所でもメカニカルシャッターで撮影出来るようになったのが嬉しいです。

【液晶】
ファインダーは今までのFUJIのカメラの中で一番優秀です。液晶モニターは「X-Pro2」の方が見やすいので、よっぽどの事がない限りファインダーを覗きます。

【ホールド感】
「X-T10・X-Pro2」では純正のハンドグリップを買っていましたが、「X-H1」は不要です。地味ですが良い機能の一部です。

【総評】
手振れ補正が無い「XF16-55mm」との組み合わせでは、「ISO感度低め・絞り気味・三脚不要」でも、今までとは違った撮影が出来ます。

【結論】
「ボディ内手振れ補正・フェザータッチシャッター・グリップ」の総合力の高さで、三脚不要でも撮影出来る場所(タイミング)が増えるのが「X-H1」の良さかと思います。

「XF16-55」や「OISが無いレンズ」をお持ちの方に積極的にお勧めのカメラです(#^^#)

*作例は全て三脚無しのJPEG撮って出しです(^.^)

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった24

 
 
 
 
 
 

「FUJIFILM X-H1 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X-H1 ボディ
富士フイルム

FUJIFILM X-H1 ボディ

最安価格(税込):¥170,640発売日:2018年 3月 1日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X-H1 ボディをお気に入り製品に追加する <683

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意