Ryzen 5 2400G BOX レビュー・評価

Ryzen 5 2400G BOX

  • 4コア8スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHz、最大クロックは3.9GHz、TDP(熱設計電力)は65W。
  • 「Zen」アーキテクチャーは、前世代のAMDコアと比べてIPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上も向上している。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 5 2400G BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):¥14,077 (前週比:-3円↓)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2018年 2月13日

店頭参考価格帯:¥14,277 〜 ¥14,830 (全国75店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 2400G クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:2MB Ryzen 5 2400G BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Ryzen 5 2400G BOXの価格比較
  • Ryzen 5 2400G BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 2400G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 2400G BOXのレビュー
  • Ryzen 5 2400G BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 2400G BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 2400G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 2400G BOXのオークション

Ryzen 5 2400G BOXAMD

最安価格(税込):¥14,077 (前週比:-3円↓) 発売日:2018年 2月13日

  • Ryzen 5 2400G BOXの価格比較
  • Ryzen 5 2400G BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 2400G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 2400G BOXのレビュー
  • Ryzen 5 2400G BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 2400G BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 2400G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 2400G BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 2400G BOX

Ryzen 5 2400G BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.62
(カテゴリ平均:4.66
レビュー投稿数:39人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
処理速度 4.48 4.50 33位 処理速度は速いか
安定性 4.22 4.72 43位 安定して動作するか
省電力性 4.36 4.30 25位 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか
互換性 4.15 4.35 23位 対応マザーボードは豊富か
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 2400G BOX

Ryzen 5 2400G BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

pabcerさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
2件
0件
CPU
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性無評価

Deskmini A300用のAPUとして購入しました。
Intelよりもグラフィック性能が強いとの謳い文句にそそのかされました。

実際、使ってみた感触が良かったのでとりあえず項目ごとに書いていきます。

【処理速度】
一番驚かされたのがこれです。
20000円切るCPUだったのであまり期待はしていなかったのですが、
4C/8T, 3.6Ghzの動作周波数は数値だけではありませんでした。非常にサクサク動きます。
非常にコスパがいいと思います。

【安定性】
これに関しては、マザボの問題かCPU(もしくは内蔵グラフィック?)の問題なのかわからないのですが、動画再生直後たまに5秒くらい音が再生されないことがあります。
それ以外は特に問題ないので☆4とさせていただきます。

【省電力性】
これも非常に良いともいます。TDP65Wは、CPUとしては普通といった感じですが、この商品はAPUです。しかも、軽めのPCゲームなら動かせてしまうくらいのパワーがあります。それで65Wはかなり省電力だと思います。
更に、この商品はマザーボードが対応していればcTDP設定で35Wまで下げることができます。
そのときにワットチェッカーで測った値が45Wくらいでしたが、性能上は特にそこまで落ちた感じはしませんでした。重いゲームだとわかりませんが、マイクラ(win10版)くらいなら35Wでも十分でした。

【総評】
APUにもかかわらず、この値段で4c/8tはいい意味で卑怯だと思います(笑)
非常にいい買い物をさせていただきました。

ずっとintelでしたが、用途によってAMDと使い分けてもいいかな、と思えるような非常にいいAPUでした。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

yamama_sanさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
2件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性4
省電力性4
互換性4

多くの記事で大絶賛されているほど、すごい高性能とは思いませんでした(もちろん、この価格帯レベルで考えての話)。
ネット記事を読んだり、ネット動画を見たり、画像編集をするという使い方をする分には、7年前のIntel i5 Sandy Bridge CPUと感覚的に差がないと感じたからです(7年前のCPUからの移行だったので、ベンチマークとか見てワクワクと期待しすぎたのもある)。

ただ、内蔵グラフィック機能は進歩しているので、Google Earthの3D表示やVCEでのハードウェア動画圧縮が速かったです。今までの内蔵GPUだと性能チェックで弾かれていたような3Dゲームも遊べるみたいです。

多くのアプリケーションやサービスがIntel CPUを基準にしているからかもしれませんが、ブラウザを使用している時に乱れや表示がおかしくなることがあります。ハードウェアアクセラレーションのせいかもしれません。
VLC動画プレーヤーも、関連の設定を見直しても動画が止まって表示できなくなったりすることがあります。グラフィックドライバが更新されれば直るかもしれません。

タイミング的にとても安く買えたので、全体的には満足です。

【追記: 2019-04-10】
グラフィックドライバが頻繁に更新され、更新をする度に問題が改善されて来ました。
H.265動画が再生中にフリーズしたり、H.265動画の編集のつなぎ目に大きなノイズが入ったりしていましたが、そのような不具合はなくなりました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった15人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ikjdさん

  • レビュー投稿数:61件
  • 累計支持数:136人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
11件
10件
グラフィックボード・ビデオカード
4件
13件
デスクトップパソコン
1件
14件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性5
省電力性2
互換性3

ふと思いつきで組みました。

【処理速度】
旧世代APUから比べると劇的に伸びています。しかし4コア8スレッドではもうちょっと欲しかったかも。
iGPUは申し分なし。

【安定性】
ウチの環境ではド安定。

【省電力性】
意外と知られていない弱点。まあiGPUがしっかりしている分だけ発熱/消費電力が高いといえばその通り。

【互換性】
今では充分でしょう。もっといろいろ作ってほしいが。

【総評】
最初のRyzen APUとしては相手にガツンと重い一撃を食らわせるほど出来が良すぎる。

以前のAPUでも散々「問題はCPUが弱い事」と言われてきて、ようやく理想に近いAPUが出来上がってきた、という感じ。

ローエンドでもグラボを載せなきゃi9 9900Kだろうがこの2400Gにゲームで勝てない、という事態になってしまっている。

本当に、このAPUは面白いです。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
3件
CPUクーラー
0件
1件
SSD
0件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

【構成】
CPU:Ryzen 2400G (Precision Boost OFF)
マザー:B450I GAMING PLUS AC
メモリ:G.skill Trident Z RGB F4-3200C16D-16GTZR
ストレージ:Intel SSD 760p M.2 256GB
電源:picoPSU-160-XT / 120W ACアダプタ
ケース:E-H80
CPUクーラー:Noctua NH-L9a-AM4

持ち運びしやすい小型PCを作ろうと悪戦苦闘しました。
ケースをリテールクーラー基準で選んでしまったため、このクーラーならケースはE-H60でよかったかも。

シネベンチを回しても落ちたりしませんので、消費電力的にギリギリ何とかなってると思います。

発熱もそれほどでもないので、扱いやすいと感じました。
マザー側にcTDP設定がないため、Precision Boost OFFで対応しています。




レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すぽたんさん

  • レビュー投稿数:40件
  • 累計支持数:208人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
22件
CPU
3件
4件
マザーボード
5件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度3
安定性5
省電力性3
互換性5
 

HandBrake実行中

通常はブースト・オフで使用

 

CPU以外のパーツ構成
M/B:GIGABYTE GA-AB350N-Gaming WIFI
クーラー:CPU付属
メモリー:Crucial W4U2400CM-8G DDR4-2400 8GBx2
ビデオ:Vega11(オンダイ シェア1GB)
SSD :Kingston SV300S37A/120G
HDD :HGST HTS547575A9E384(2.5インチ 750GB)
電源:玄人志向 KRPW-G3-400W/90+

HandBrakeを使用してCPU設定ごとのエンコード時間、消費電力量、
CPU温度を比べてみました
ソースは21GB(再生時間90分)のFullHD動画ファイル
品質設定は Fast 720p30
デフォルト以外はブースト・オフ
アイドル状態は全て25W:32℃
室温は25℃、電力量と温度は最大値

設定:実行時間:電力量:温度
Default:39分37秒:98W:86℃
3.6GHz:38分46秒:90W:72℃
3.2GHz:43分21秒:64W:54℃

参考 Ryzen7 2700X
Default:17分48秒:216W:74℃

【処理速度】
強力なグラフィック能力を考慮せず、CPUのみの評価です。
3.6GHzよりデフォルト(Max 3.9GHz)の処理速度が遅いのは1コアでもブーストが効くと、他のコアのクロックが落ちるためで、ワースト条件では3GHzを下回る場合もあります。
またブーストが効いてもクロックは3.7GHzまでしか上がりませんでした。
2700Xと比べて見劣りするのは仕方ないですが、トータルで見てみれば大変優秀です。

【安定性】
一ヶ月間24時間稼働で、不安定になったことは一度もありません。

【省電力性】
デフォルトとブースト・オフから3,2GHzにするとCPU温度と消費電力はかなり下がりますが、処理能力もクロック分だけ落ち、1700(2700Xに非ず)の半分といった感じです。
ヒートスプレッダとダイの接触面のグリスが悪いのか、CPU温度は不安を覚える場面もありますが、不具合が生じたことはないので大丈夫でしょう。

【互換性】
マザーボードをが対応BIOS(UEFI)にさえなっていれば不安はありません。

【総評】
サブPCのCore i3を置き換えるために購入しました。
CPUのコア温度は高いものの、付属CPUクーラーで十分に運用可能です。
CPUのクロックを下げれば温度と消費電力量をかなり削減できるので、暑い時期はクロックダウンを試してみては如何でしょうか。

*間違いを修正しました

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった7人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

まくろいさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
2件
マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性無評価
省電力性無評価
互換性5

BIOS 電圧など

CINEBENCH R15 と CPU-Z

DDR4-3333 SR2枚 GFX clock 1250

DDR4-3333 SR2枚 GFX clock 1500

DDR4-3066 SR4枚 GFX clock 1250

DDR4-3066 SR4枚 GFX clock 1500

RYZEN1000番台シリーズではメモリーのRank数やクロックがCPUの性能に直結していましたので、RYZEN Gシリーズではどういう影響が出るのかテストしてみました。


主な今回の構成
CPU.....RYZEN5 2400G
M/B.....B350M MORTAR
MEM
@W4U2400CM-4G
( 2セットでSR4枚として 計16G DDR4-3066 にOC )
ASamsung M378A5143EB1-CPB バルク品
( 2枚でSR2枚として 計8G DDR4-3333 にOC )


前提条件として
・違うメモリを使用するのは、Samsungメモリの方が高クロックで廻ったためです。
・それぞれ 3DMark Fire Strike が完走したクロックでの比較になります。
・OCはBIOSから行いました。
・OCはマザーの機能である Memory Try It からプロファイルを選ぶ、簡易的な物で行いました。
・クロック以外はレイテンシ、電圧ともにできるだけ揃えました。
・Precision Boost はOFFにしてあります。
・iGPUのクロックも定格とOCで比較しました。


※今回の検証は常用を目的としていません。
自己責任でOCを行いました。
私の興味、環境での結果ですので、参考程度にしていただければと思います。
BIOSのバージョンなどはSSを参照お願いします。
SSは枚数制限のため、一部まとめてあります。


【処理速度】
<CPU部>
RYZEN5 1400 (3.5GHzで使用中 Precision Boost OFF ) と
RYZEN5 2400G (3.6GHzで検証 Precision Boost OFF ) を
CINEBENCHで比較すると、クロック当たりの性能はほぼ変わらないと思われます。
メモリクロックで性能が若干変わる 1400 に比べ、CCXが一個である 2400Gはメモリクロックにかかわらず一定のスコアが出る様子です。
ただ、Fire Strike で比較すると physics score では、1400 > 2400G となりました。

<iGPU部>
今回の本題です。
SR 4G*2 DDR4-3333 16-18-18-36-1T
SR 4G*4 DDR4-3066 16-18-18-38-1T
の比較では、わずかに 3066*4 方がスコアが良い結果が出ました。
※SS参照お願いします。
SR*4で動作させることによって、クロックでのスコア差が無くなりました!
とても興味深いです。
SRの方がRYZENでは高クロックで動くと知られていますが、
DR*2 や SR*4 であれば、高クロックでなくても十分に Radeon Vega の性能を引き出せるんではないでしょうか。


数値上では僅かですが、実際のゲームで違いがあったらおもしろいですね。
どちらにしてもiGPUとしては本当に最強です。


【安定性】
BIOSやドライバがまだでたばかりである事と、OCしての検証のため安定性の判断はできません。


【省電力性】
計測する機材を持っていない為、比較が出来ません。


【互換性】
マザーとの互換性は、AM4マザーであればBIOS更新でRYZEN G は使用できるそうです。
折角のiGPUですので、映像の出力端子の皆無は確認したいですね。
メモリとの互換性は、マザーの動作サポートされた製品であれば心配はいらないんではないでしょうか。


【総評】
APU好きとしては最高です。mini-itxでの運用も楽しいですが、
例えば、手持ちの同一メモリが4枚あるなら、スロットが4つのmicroATX以上でも楽しいかなと思いました!


どなたかの参考になれば幸いです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

m-seiさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
1件
12件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
8件
マザーボード
3件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性4

購入後、色々テストをしてみてその結果を踏まえて再評価をしてみました。

【処理速度 CPU】
1500Xから変更しました。
エンコード処理をしないので、困る事は有りません。

【処理速度 GPU】
メインメモリの一部をビデオメモリとして使いますが、
最大2GBまで割り振れません。
RX550相当と言われていますので、軽いゲームなら十分でしょう。
メインメモリの速度=ビデオメモリの速度となり、これがGDDR5と比べて
転送速度が理論上半分以下となりネックとなりますが、
私の環境ではDDR4−2666でもDDR4−3200でも違いは
体感できませんでした。

【安定性】
ゲームを行うと高確率でフリーズします。(カクカク動作するのでは無く、フリーズ)
描写設定を落とすと安定して動きます。

【省電力性】
これが最大の売りです。
そこそこのCPUとローエンドクラスのGPUが1セットでこの消費電力は
魅力的です。

1500Xに比べて10℃近く温度が上がりました。
OCCTで負荷かけて50℃程度

【互換性】
UEFIを最新の物に書き換えないと使えません。
これから新規購入する人は、UEFIのバージョンに注意が必要です。

【総評】
グラボはカードサイズの制限上、ファンがうるさくなりやすい傾向なので
それをCPUに統合して無くすという解決方法が嬉しい。
但しGPUはローエンドクラス相当です。
購入を検討している方は、自分がやりたい事を考えた上で購入した方が
良いと思います。 GPUの性能不足で動かなかったら、買う意味が有りません。

高性能なGPUを内蔵したCPUが欲しいならHBM2まで内蔵した
Kaby Lake-Gを待つのが賢明だと思います。

【構成】
M/B X370 GAMING PRO CARBON
CPU これ
CPUクーラー LPWAC120-HF
メモリ TDPRD416G3200HC14ADC01→BLE2K8G4D26AFEA

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった8人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 2400G BOX
AMD

Ryzen 5 2400G BOX

最安価格(税込):¥14,077発売日:2018年 2月13日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 2400G BOXをお気に入り製品に追加する <995

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意