LS-P4 レビュー・評価

2018年 2月 9日 発売

LS-P4

3マイクシステム「TRESMIC」を搭載したリニアPCMレコーダー

LS-P4 製品画像
最安価格(税込):

¥13,839

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥13,839¥21,978 (41店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国738店舗)最寄りのショップ一覧

内蔵メモリー容量:8GB 最大録音時間:253時間 LS-P4のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • LS-P4の価格比較
  • LS-P4の店頭購入
  • LS-P4のスペック・仕様
  • LS-P4のレビュー
  • LS-P4のクチコミ
  • LS-P4の画像・動画
  • LS-P4のピックアップリスト
  • LS-P4のオークション

LS-P4オリンパス

最安価格(税込):¥13,839 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 2月 9日

  • LS-P4の価格比較
  • LS-P4の店頭購入
  • LS-P4のスペック・仕様
  • LS-P4のレビュー
  • LS-P4のクチコミ
  • LS-P4の画像・動画
  • LS-P4のピックアップリスト
  • LS-P4のオークション

LS-P4 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.12
(カテゴリ平均:4.25
レビュー投稿数:7人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.00 4.13 4位
操作性 ボタンの配置や、操作のしやすさ 3.88 3.95 6位
音質 音質の良さ 3.62 4.19 8位
マイク感度 マイク感度の良さ 3.56 4.23 8位
録音時間 録音時間は十分か 4.28 4.51 7位
機能性 機能が充実しているか 4.50 4.17 3位
バッテリー バッテリーの持ちの良さ 4.50 4.22 2位
拡張性 軽さ、コンパクトさ 4.48 4.09 2位
対応形式 対応フォーマットの多さ 4.43 4.02 3位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

LS-P4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な用途:講義・講演」で絞込んだ結果 (絞込み解除

Gケニーさん

  • レビュー投稿数:102件
  • 累計支持数:2371人
  • ファン数:31人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
210件
タブレットPC
3件
49件
SSD
2件
50件
もっと見る
満足度3
デザイン4
操作性3
音質3
マイク感度無評価
録音時間3
機能性4
バッテリー4
拡張性無評価
対応形式無評価
 

 

● データ

・ 添付ニッケル電池(1.2v, 750mAh)の録音時間;
  (例)48.0kHz/24bit (FLAC)、microSDを使用時
   ==> 満充電から電池切れまで:10時間20分、ファイル総容量:7.1GB、690MB/時間
・ 内蔵メモリは8GB、実質6.9GB
  48.0kHz/24bit (FLAC)で10時間録音
・ 充電時間は2時間35分(eneloop充電器使用時)


● 気になるところ

・ ケースさへ付いていない。
・ PCMの高音質音楽を目的でユーザーは購入しているのに、内蔵メモリーは実質6.9GB。ハイレゾで5−15時間程度。最低でも16GBは必要だと思う。
・ 録音中にメモリーの残量が分からない。表示されている残り時間は意味の無い1ファイルの最大録音時間との差。継続録音しているのに意味不明。
・ 録音開始時、いつもRECボタンを2回押し。オートでもレベル調整の確認が必要。
・ USBで充電するとき、OKボタンを押さないと充電してくれない。遅れるとダメ。
・ 再生時のスキップ操作(10秒/30秒/1分/5分飛ばし、逆スキップ)の切り換えは、毎回Menuでやらないとダメ。
・ 録音中、ず〜とRECボタン周辺部がオレンジ点灯で電池消耗を早めている。


● LS-P4 vs. PCM-A10 (機能面)

・前者はケースも防風カバーも無し。後者は両方有り。
・前者はeneloopで使用できる汎用充電池で交換が可能。後者は内蔵固定型充電池。
・前者は内蔵メモリー8GBにmSDは32GBまで。後者は内蔵16GBにmSDは128GBも可能。
・前者はメモリーオーバー時、自分でmSDに切り換え。後者は自動で切り替わる。
・前者はFLAC録音できるが、後者はできない。
・前者は再生時のボリューム調整は十字ダイヤル、後者は側面の+−専用ボタン。
・録音機能も再生の操作性もどちらも似たり寄ったりだが、後者にリハーサル機能あり。
 しかしリハーサル機能は使用状況を間違うと、逆に酷い音割れにつながるリスクがある。


● 音質

音質を第三者に言葉で説明するのは難しい。以下、2つのケースで動画音声で紹介する。
動画はPCMをMP3(256bps)に落としていて実際より差異は分かりにくくなっています。
くれぐれもPCスピーカーで聴かないようにお願いしたい。ヘッドフォンを推奨。

1) 動画1
https://youtu.be/cZQfqxZf1ac
・CD音源、オーディオスピーカー左右 + 低音専用スピーカー、1mで録音。
・48.0kHz/24bit、センターマイク: on、ローカット: off、ズームマイク(指向性):off
[印象]
原音を直接耳で聞くのと、録音を介した音では随分違う。LS-P4は明らかにこもっており、低域に余計なLoudnessがかかり中高域の透明感も弱い。

2) 動画2
https://youtu.be/EeCJg7wopbY
・生バンド(ピアノ、ベース、ドラム)を2m距離で録音。
・48.0kHz/24bit、設定は前ケースと同等。
・ノーマライズで音量を揃えている。
[印象]
・人の声と違い、こもっている感は少ない。音源がとても大きいからと思う。
・前ケースほど両者に大きな違いは出ていないが、LS-P4は「ベース」がやや
 締まりのない音になっている。


● 総評

ICレコーダーの生命は操作性や機能性より、やはり音質。PCM-A10と比較すると、残念ながら音の透明感で差が出ている。録音状況によって、あまり差が出ない場合もあるがその傾向は確かにある。音楽をなるべく忠実に再現したいという人は避けた方が良いかもしれない。

主な用途
会議
講義・講演
音楽

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

LS-P4のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LS-P4
オリンパス

LS-P4

最安価格(税込):¥13,839発売日:2018年 2月 9日 価格.comの安さの理由は?

LS-P4をお気に入り製品に追加する <157

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ICレコーダー]

ICレコーダーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ICレコーダー)

ご注意