KRPW-BK450W/85+ レビュー・評価

2018年 1月下旬 発売

KRPW-BK450W/85+

80PLUS BRONZEを取得したATX電源ユニット(450W)

KRPW-BK450W/85+ 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥5,035

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥5,035

TSUKUMO

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥5,035¥7,534 (15店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥6,040 〜 ¥6,040 (全国14店舗)最寄りのショップ一覧

対応規格:ATX12V Ver2.4/EPS12V Ver2.92 電源容量:450W 80PLUS認証:Bronze サイズ:150x140x86mm KRPW-BK450W/85+のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • KRPW-BK450W/85+の価格比較
  • KRPW-BK450W/85+の店頭購入
  • KRPW-BK450W/85+のスペック・仕様
  • KRPW-BK450W/85+のレビュー
  • KRPW-BK450W/85+のクチコミ
  • KRPW-BK450W/85+の画像・動画
  • KRPW-BK450W/85+のピックアップリスト
  • KRPW-BK450W/85+のオークション

KRPW-BK450W/85+玄人志向

最安価格(税込):¥5,035 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 1月下旬

  • KRPW-BK450W/85+の価格比較
  • KRPW-BK450W/85+の店頭購入
  • KRPW-BK450W/85+のスペック・仕様
  • KRPW-BK450W/85+のレビュー
  • KRPW-BK450W/85+のクチコミ
  • KRPW-BK450W/85+の画像・動画
  • KRPW-BK450W/85+のピックアップリスト
  • KRPW-BK450W/85+のオークション

KRPW-BK450W/85+ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.78
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:8人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.67 4.26 -位
容量 容量は十分か 4.67 4.55 -位
安定性 安定して動作するか 4.79 4.44 -位
静音性 動作音は静かか 4.84 4.40 -位
コネクタ数 コネクタ数は十分か 4.74 4.40 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 5.00 4.29 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

KRPW-BK450W/85+のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

Takesi_38さん

  • レビュー投稿数:1610件
  • 累計支持数:4305人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

CPU
118件
0件
メモリー
113件
4件
SSD
89件
11件
もっと見る
満足度5
デザイン4
容量4
安定性4
静音性4
コネクタ数5
サイズ5
 

550Wの箱が残っていたので並べて

もうPATAはSATAケーブルでOKな気がする SATAコネクタ数に差があります

 

デザイン・サイズ】
セミプラグインタイプのATX電源としてはかなりコンパクトな奥行140o。また筐体塗装は少しだけ光沢のあるブロンズブラックで気持ち高級感ある。

容量・安定性】
450Wながら変換効率が85%以上となるBronze認証製品。電気特性からすると小容量となるほど変換効率は出しにくいハズ?なので優秀。
加えて、+12V出力へ最大で450W?(Bronze認証の肝な気がw)をとってあり、そこだけの数値でみるとクラス以上の出力。※もちろん3.3/5Vも含めたトータルの出力が450Wなので、実質的には+12Vはどう頑張っても400W以下となるが。

12Vと電圧出力がCPU周りやグラボなど高負荷のかかりやすい回路にクラスを超えた容量考慮してあり、それはそのまま安定性にもつながる。

クロシコ電源製品の特長・良点であるが、電源回路において要となるコンデンサに信頼できる日本製耐熱105℃製品を採用しているので、耐性にも期待が持てる。経年劣化もしにくい。
価格以上の品質だと思います。人気も当然。


静音性】
インテリジェント120mmFANを搭載しており、出力が260Wを超えないかぎり本気で回る事はなく構成次第というか、最近の消費電力大人しいCPUやストレージ(SSD)で組めば、ミドルクラス以下のグラボ挿してても余程高負荷を掛けない限り、その出力までいかない。

FAN開口部から覗くかぎり中の空間は余裕あり排熱性も良いと思われ、温度上昇しにくそう。そこは製品の耐性向上にも直結するポイント。


コネクタ数】
付属ケーブルを全て差し込めば、HDD(4pin)x3・FDDx1 / SATA-Lx2(x2) / PCI-Express(6+2pin)x2 と過不足ないコネクタ数という印象。PATAケーブル部はもういっそSATAケーブルでいいと思う。

直出しとなるメインケーブル及びEPSのケーブルに関してはメッシュスリーブで、プラグイン系のケーブルは全てフラットタイプなので取り回しが比較的容易で良い。ただ、ケーブル長は50cm程度で大型ケースには向かない。大型ケースだと背面配線はこのままでは無理となる。


総評】
同シリーズの550Wを組み込んだPCを使っています。余計な電源系ケーブルがない事でかなりコンパクトなケースなのだが、内部はスッキリしている。また昨今のPCケースはサイドパネル透明で中見えちゃうタイプ多い。そこも考慮して今回コレをチョイスしました。
セミプラグインなので、マザーへのメインケーブルは標準装備。通常構成であればコレは必須なので問題なし。必要なケーブル数だけを使うため、背面の隙間にケーブルを隠す事も容易い。

電源ユニットも長い目でみれば消耗品の部類、長年しっかり使える良製品でも経年劣化によって変換効率は落ちていきます。使い方(オン/オフ頻度)や使用環境にもよりますが、10年間現役の製品であれば変換効率はかなり悪くなっていると考えた方が無難です。

また電源ユニットの出力不安定となるとそのままそれは、PC稼働の安定性を欠いてしまい、症状から電源ユニット故障をなかなか疑いにくかったりします。ブチブチ電源が落ちるなどの判り易い症状パターンもありますが。

比較製品
玄人志向 > KRPW-BK550W/85+
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

KRPW-BK450W/85+のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

KRPW-BK450W/85+
玄人志向

KRPW-BK450W/85+

最安価格(税込):¥5,035発売日:2018年 1月下旬 価格.comの安さの理由は?

KRPW-BK450W/85+をお気に入り製品に追加する <171

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[電源ユニット]

電源ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(電源ユニット)

ご注意