『電源ノイズとは?  【】内は音痩せ原因と対策について考察』 iFi audio iPurifier AC マイルド75さんのレビュー・評価

iPurifier AC 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥17,280

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥17,280¥17,600 (7店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥16,000

店頭参考価格帯:¥17,280 〜 ¥17,280 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

製品種類:アクティブ・ノイズ・キャンセレーション 幅x高さx奥行:40x40x100mm iPurifier ACのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • iPurifier ACの価格比較
  • iPurifier ACの店頭購入
  • iPurifier ACのスペック・仕様
  • iPurifier ACのレビュー
  • iPurifier ACのクチコミ
  • iPurifier ACの画像・動画
  • iPurifier ACのピックアップリスト
  • iPurifier ACのオークション

iPurifier ACiFi audio

最安価格(税込):¥17,280 (前週比:±0 ) 発売日:2017年12月15日

  • iPurifier ACの価格比較
  • iPurifier ACの店頭購入
  • iPurifier ACのスペック・仕様
  • iPurifier ACのレビュー
  • iPurifier ACのクチコミ
  • iPurifier ACの画像・動画
  • iPurifier ACのピックアップリスト
  • iPurifier ACのオークション

『電源ノイズとは?  【】内は音痩せ原因と対策について考察』 マイルド75さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

iPurifier ACのレビューを書く

マイルド75さん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:118人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
0件
57件
ヘッドホンアンプ・DAC
1件
42件
イヤホン・ヘッドホン
7件
25件
もっと見る
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4
電源ノイズとは?  【】内は音痩せ原因と対策について考察

電源のノイズとは何か?
電源の正弦波の線をギザギザにじませるモノ。
ノイズ=余分な電力。
ノイズが音響機器に入ると余分な音を生成し易くなる。
人間の食べ物で例えると、栄養過多又は一部の栄養素の過剰摂取状態。
結果は、機器・人の寿命を縮める。

ノイズの原因は、家庭内で言えばLED照明からインバーター機器まで全ての電化製品。ACアダプタや充電器も。
無線LANなんかもPCオーディオでは立派なノイズ源になります。
私は、某有名メーカーのコードレス掃除機の大型充電器により4.5〜5KHz帯が1デシベル以上増えたのを経験しました。それからは音楽鑑賞時はタップの個別スイッチで必ず電源ラインから外すようにしました。
特定の音に化けるノイズがあるので、オーディオ再生はノイズ退治しないと始まりません。
田舎の一軒家でも、何も対策しなければ必ずノイズ=余計な音が乗ってくる。

「オーディオ再生は電源から」
フェライトコアやコイル&コンデンサや当商品やクリーン電源システムなどなど、ご予算に合わせて色々。
使えば使うほどノイズによる余分な音が消えるので、音はスッキリクッキリしだす。
こんな音は味気ないと感じるかもしれないが、ノイズの機器への悪影響が無くなるので、機器の寿命を伸ばしてくれる。
【音痩せ注意】:交流電気は表皮効果で電線の外側表面に多く流れるので、コイルの入っているノイズフィルターは1500W対応[太いコイル採用]商品を選ぶこと。500W対応では音痩せする可能性大。コイルの耐電流の半分運用なら音痩せしないでしょうから、1500W対応商品でも750W運用が安心。昔は、細いコイルで巻き数ばかり気にしたノイズフィルターが溢れていたそうな。音痩せするとユーザーに認知されたら、殆ど絶滅。
コイル以外での音痩せは後述。

「正常な音なのに好みじゃない!?」
余分な音が無くなると言う事は「正」にも「負」にもなる。
良い結果=聴き易くなった・輪郭がクッキリし音像感立体感アップ・音が柔らかくなる・透明になる。
悪い結果=躍動感が無くなる・響きが少なくなる・ホール感が無くなる・軽いつまらない音。
手持ちの機器がどんな電源環境を想定し開発されたかも重要。一般家庭の電源を考慮して商品開発しているでしょうが、一般家庭の電源ノイズレベルの基準は設定不可能。
都市と農村部でもノイズレベルは違うし、関東・関西電力等の電力会社間でも違うし、外国開発なら尚更。
メーカーの想定したノイズレベル(余計な音の加算)より少なくした場合は「負」に傾いていくのでしょう。音響機器の栄養失調状態に。

【栄養=電気(電子)の量低下を招いていたら音痩せにも】
【フェライトコアでの音痩せ】:流れてる電気(電子)から10%程度のノイズを抽出したとしたら残り90%なので、燃料不足に陥るからか。電子は空いた10%スペースを瞬時に完全補完出来ない。だが、オーディオ機器は瞬時完全補完を要求する。また、高調波ノイズ成分は表皮効果を受けにくいので中にも多く分布するが、外に出される時に外周に流れている電子の流れを阻害する。
音痩せの原因は、コイルで(10%)遮断・フェライトコアで(10%)抽出する時に電子密度が低下&電子の流れが乱れ、電子の(瞬間)総量が低下するから。
コイルは30A対応の太線なら音痩せ皆無(私は30A対応コイル×2とコンデンサのLPFも使用)なので、フェライトコアもブレーカーから機器まで太い電線で供給させるほど音痩せ被害は少なそう。電流(電子)量の多くない細電線VVF1.6のブレーカーラインに5個10個とフェライトコアを付けて、100Vを下回りそうな末端に音響装置を繋いでいたら音痩せ被害甚大でしょう。
【当商品での音痩せ】iFi HPによると、アース接続しないとノーマルモードノイズより多く分布するコモンモードノイズを除去できないそうな。これを使うならアース接続必須と言える。ただ、アース接続でノイズを抽出除去した結果、電子の量が低下したらな(ライン全体)音痩せに。アースしなくてもコイルの場合のように(個別)音痩せ可能性はある。軽減・回避策は同じで、太い電線(VVF2.0以上)を使い、且つ音響機器の入口を102Vぐらいの余裕電圧にすることか。

根本対策には電気工事が必要になるでしょうが、工事無理ならオーディオ機器が繋がったブレーカーラインはフェライトコア1個2個に止める。当商品は最も効果が出ない所に繋げるしかないか。
対処療法はPC上なら簡単に出来る。パラメトリックイコライザー搭載の音楽ソフトを使えば良いだけ。
私はJRMCのパラメトリックイコライザーで減衰した帯域の微調整をしている。響きが足りない・ホール感が足りないなら8kHz・10kHz帯などを0.1〜0.2デシベルぐらい微増で。

ノイズ対策にはマイオーディオ専用電柱とかクリーン電源システムとか上を見ればキリが無い。
ノイズ対策として当商品1個だけでは不十分だが、1万7千円程なのでオーディオ商品としては高いと言えないか。
何より、煩わしいアースループ問題から解放されるので有り難い。
ただ、使用環境温度(部屋温度)上限は何度なのか?雷サージ電圧対応商品なのか?不明なので夏場は外す予定
40℃対応6万ボルト対応なら安心だが、期待出来ないので☆4つ評価。

空間を飛んでくるノイズもある。
温度調整機能(サイリスタ)の有る電気暖房機等の強烈なノイズ発生家電は高周波(ラジオ)ノイズも発する。高周波ノイズは直接音響機器や信号ケーブルに飛び込んでくる。これらを防ぐのは困難。距離を離すか音響機器等を電磁波防止シートで覆わないと防げない。音楽鑑賞時は、ノイズを殆ど出さない伝熱管増減方式の遠赤外線電気ストーブが大活躍、ノンインバーター機器&白熱灯照明も良い。

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4
電源ノイズとは?  【】内は音痩せ原因と対策について考察

電源のノイズとは何か?
電源の正弦波の線をギザギザにじませるモノ。
ノイズ=余分な電力。
人間の食べ物で例えると、栄養過多又は一部の栄養素の過剰摂取状態。
ノイズが音響機器に入ると余分な音を生成し易くなる。
人間で言えば、みかんを食べ過ぎて肌が黄色くなったり、脂肪分過剰摂取・ミネラル過剰摂取などなど。
結果は、機器・人の寿命を縮めるモノ。

ノイズの原因は、家庭内で言えばLED照明からインバーター機器まで全ての電化製品。ACアダプタや充電器も。
無線LANなんかもPCオーディオでは立派なノイズ源になります。
私は、某有名メーカーのコードレス掃除機の大型充電器により4.5〜5KHz帯が1デシベル以上増えたのを経験しました。それからは音楽鑑賞時はタップの個別スイッチで必ず電源ラインから外すようにしました。
特定の音に化けるノイズがあるので、オーディオ再生はノイズ退治しないと始まりません。
都会だけでなく田舎の一軒家でも、何も対策しなければ必ずノイズ=余計な音が乗ってくる。

「オーディオ再生は電源から」
フェライトコアやコイル&コンデンサや当商品やクリーン電源システムなどなど、ご予算に合わせて色々。
使えば使うほどノイズによる余分な音が消えるので、音はスッキリクッキリしだす。
こんな音は味気ないと感じるかもしれないが、これが一番正常な電力による一番正常な音と言える。
何より、ノイズの機器への悪影響が無くなるので、機器の寿命を伸ばしてくれる。
【音痩せ注意】:交流電気は表皮効果で電線の外側表面に多く流れるので、コイルの入っているノイズフィルターは1500W対応[太いコイル採用]商品を選ぶこと。500W対応では音痩せする可能性大。コイルの耐電流の半分運用なら音痩せしないでしょうから、1500W対応商品でも750W運用が安心。昔は、細いコイルで巻き数ばかり気にしたノイズフィルターが溢れていたそうな。音痩せするとユーザーに認知されたら、殆ど絶滅。
コイル以外での音痩せは後述。

「正常な音なのに好みじゃない!?」
余分な音が無くなると言う事は「正」にも「負」にもなる。
良い結果=聴き易くなった・輪郭がクッキリし音像感立体感アップ・音が柔らかくなる・透明になる・アナログ的になる。
悪い結果=躍動感が無くなる・響きが少なくなる・ホール感が無くなる・軽いつまらない音。
手持ちの機器がどんな電源環境で開発されたかも重要か。一般家庭の電源を考慮して商品開発しているでしょうが、一般家庭の電源ノイズレベルの基準は設定不可能。
都市と農村部でもノイズレベルは違うし、関東・関西電力等の電力会社間でも違うし、外国開発なら尚更。
メーカーの想定したノイズレベル(余計な音の加算)より少なくした場合は「負」に傾いていくのでしょう。音響機器の栄養失調状態に。

【栄養=電気(電子)の量低下を招いていたら音痩せにも】
【フェライトコアでの音痩せ】:流れてる電気(電子)から10%程度のノイズを抽出したとしたら残り90%なので、燃料不足に陥るからか。電子は空いた10%スペースを瞬時に完全補完出来ないでしょう。(高調波ノイズ成分は表皮効果を受けにくいので、こんな簡単な現象ではないかもしれませんが。)
コイルの音痩せと原理は同じで、コイルは(10%)遮断でフェライトコアは(10%)抽出するから。
コイルは30A対応の太線なら音痩せ皆無(私は30A対応コイル×2とコンデンサのLPFも使用)なので、フェライトコアもブレーカーから機器まで太い電線で供給させるほど音痩せ被害は少なそう。電流(電子)量の多くない細電線VVF1.6のブレーカーラインに5個10個とフェライトコアを付けて、100Vを下回りそうな末端に音響装置を繋いでいたら音痩せ決定でしょう。
【当商品での音痩せ】iFi HPによると、アース接続しないとノーマルモードノイズより多く分布するコモンモードノイズを除去できないそうな。これを使うならアース接続必須と言える。ただ、アース接続でノイズを抽出除去した結果、電子の密度が低下したらな(ライン全体)音痩せに。アースしなくてもコイルの場合のように(個別)音痩せ可能性はある。軽減・回避策は同じで、太い電線(VVF2.0以上)を使い、且つ音響機器の入口を102Vぐらいの余裕電圧にすること。

根本対策には電気工事が必要になるでしょうが、工事無理ならオーディオ機器が繋がったブレーカーラインはフェライトコア1個2個に止める。当商品は最も効果が出ない所に繋げるしかないか。
対処療法はPC上なら簡単に出来る。パラメトリックイコライザー搭載の音楽ソフトを使えば良いだけ。
私はJRMCのパラメトリックイコライザーで減衰した帯域の微調整をしている。響きが足りない・ホール感が足りないなら8kHz・10kHz帯などを0.1〜0.2デシベルぐらい微増で、16kHz帯は聞こえないので大幅に上げても良いかな。

ノイズ対策にはマイオーディオ専用電柱とかクリーン電源システムとか上を見ればキリが無い。
ノイズ対策として当商品1個だけでは不十分だが、1万7千円程なのでオーディオ商品としては高いと言えないか。
何より、煩わしいアースループ問題から解放されるので有り難い。
ただ、使用環境温度(部屋温度)上限は何度なのか?雷サージ電圧対応商品なのか?不明なので夏場は外す予定。(夏場は耳の休養期間にして高音難聴回避)
40℃対応6万ボルト対応なら安心だが、この値段では高度な性能を期待出来ない。よって、☆4つ評価。
フェライトコアは、温度調整機能(サイリスタ)の有る電気暖房機等の強烈なノイズ発生家電に使用。
サイリスタのように高周波(ラジオ)ノイズも発する家電には、直接働き掛けるフェライトコアの方が有効。

参考になった0

満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4
電源ノイズとは?  【】内は音痩せ原因と対策について考察

電源のノイズとは何か?
電源の正弦波の線をギザギザにじませるモノ。
ノイズ=余分な電力。
人間の食べ物で例えると、栄養過多又は一部の栄養素の過剰摂取状態。
ノイズが音響機器に入ると余分な音を生成し易くなる。
人間で言えば、みかんを食べ過ぎて肌が黄色くなったり、脂肪分過剰摂取・ミネラル過剰摂取などなど。
結果は、機器・人の寿命を縮めるモノ。

ノイズの原因は、家庭内で言えばLED照明からインバーター機器まで全ての電化製品。ACアダプタや充電器も。
私は、某有名メーカーのコードレス掃除機の大型充電器により4.5〜5KHz帯が1デシベル以上増えたのを経験しました。それからは音楽鑑賞時はタップの個別スイッチで必ず電源ラインから外すようにしました。
特定の音に化けるノイズがあるので、オーディオ再生はノイズ退治しないと始まりません。
都会だけでなく田舎の一軒家でも、何も対策しなければ必ずノイズ=余計な音が乗ってくる。

「オーディオ再生は電源から」
フェライトコアやコイル&コンデンサや当商品やクリーン電源システムなどなど、ご予算に合わせて色々。
使えば使うほどノイズによる余分な音が消えるので、音はスッキリクッキリしだす。
こんな音は味気ないと感じるかもしれないが、これが一番正常な電力による一番正常な音と言える。
何より、ノイズの機器への悪影響が無くなるので、機器の寿命を伸ばしてくれる。
【音痩せ注意】:交流電気は表皮効果で電線の外側表面に多く流れるので、コイルの入っているノイズフィルターは1500W対応[太いコイル採用]商品を選ぶこと。500W対応では音痩せする可能性大。コイルの耐電流の半分運用なら音痩せしないでしょうから、1500W対応商品でも750W運用が安心。昔は、細いコイルで巻き数ばかり気にしたノイズフィルターが溢れていたそうな。音痩せするとユーザーに認知されたら、殆ど絶滅。
コイル以外での音痩せは後述。

「正常な音なのに好みじゃない!?」
余分な音が無くなると言う事は「正」にも「負」にもなる。
良い結果=聴き易くなった・輪郭がクッキリし音像感立体感アップ・音が柔らかくなる・透明になる・アナログ的になる。
悪い結果=躍動感が無くなる・響きが少なくなる・ホール感が無くなる・軽いつまらない音。
手持ちの機器がどんな電源環境で開発されたかも重要か。一般家庭の電源を考慮して商品開発しているでしょうが、一般家庭の電源ノイズレベルの基準は設定不可能。
都市と農村部でもノイズレベルは違うし、関東・関西電力等の電力会社間でも違うし、外国開発なら尚更。
メーカーの想定したノイズレベル(余計な音の加算)より少なくした場合は「負」に傾いていくのでしょう。音響機器の栄養失調状態に。

【栄養=電気(電子)の量低下を招いていたら音痩せにも】
【フェライトコアでの音痩せ】:流れてる電気(電子)から10%程度のノイズを抽出したとしたら残り90%なので、燃料不足に陥るからか。電子は空いた10%スペースを瞬時に完全補完出来ないでしょう。(高周波ノイズ成分は表皮効果を受けにくいので、こんな簡単な現象ではないかもしれませんが。)
コイルの音痩せと原理は同じで、コイルは(10%)遮断でフェライトコアは(10%)抽出するから。
コイルは30A対応の太線なら音痩せ皆無なので、フェライトコアもブレーカーから機器まで太い電線で供給させるほど音痩せ被害は少なそう。電流(電子)量の多くない細電線VVF1.6のブレーカーラインに5個10個とフェライトコアを付けて、100Vを下回りそうな末端に音響装置を繋いでいたら音痩せ決定でしょう。
【当商品での音痩せ】iFi HPによると、アース接続しないとノーマルモードノイズより多く分布するコモンモードノイズを除去できないそうな。これを使うならアース接続必須と言える。ただ、アース接続でノイズを抽出除去した結果、電子の密度が低下したらな(ライン全体)音痩せに。アースしなくてもコイルの場合のように(個別)音痩せ可能性はある。軽減・回避策は同じで、太い電線(VVF2.0以上)を使い、且つ音響機器の入口を102Vぐらいの余裕電圧にすること。

根本対策には電気工事が必要になるでしょうから、出来ないならオーディオ機器が繋がったブレーカーラインはフェライトコア1個2個に止める。
当商品は最も効果が出ない所に繋げるしかないか。
対処療法はPC上なら簡単に出来る。パラメトリックイコライザー搭載の音楽ソフトを使えば良いだけ。
私はJRMCのパラメトリックイコライザーで減衰した帯域の微調整をしている。響きが足りない・ホール感が足りないなら8kHz帯・10kHz帯などを0.1〜0.2デシベルぐらい微増で。

ノイズ対策にはマイオーディオ専用電柱とかクリーン電源システムとか上を見ればキリが無い。
ノイズ対策として当商品1個だけでは不十分だが、1万7千円程なのでオーディオ商品としては高いと言えないか。
何より、煩わしいアースループ問題から解放されるので有り難い。
ただ、使用環境温度(部屋温度)上限は何度なのか?雷サージ電圧対応商品なのか?不明なので夏場は外す予定。(夏場は耳の休養期間にして高音難聴回避)
40℃対応6万ボルト対応なら安心だが、この値段では高度な性能を期待出来ない。よって、☆4つ評価。
フェライトコアは、温度調整機能(サイリスタ)の有る電気暖房機等の強烈なノイズ発生家電に使用。性悪白物家電のノイズ撃退は当商品だけでは心許ない。

参考になった0

満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4
電源ノイズとは

電源のノイズとは何か?
電源の正弦波の線をギザギザにじませるモノ。
ノイズ=余分な電力。
人間の食べ物で例えると、栄養過多又は一部の栄養素の過剰摂取状態。
ノイズが音響機器に入ると余分な音を生成し易くなる。
人間で言えば、みかんを食べ過ぎて肌が黄色くなったり、脂肪分過剰摂取・ミネラル過剰摂取などなど。
結果は、機器・人の寿命を縮めるモノ。

ノイズの原因は、家庭内で言えばLED照明からインバーター機器まで全ての電化製品。ACアダプタや充電器も。
私は、某有名メーカーのコードレス掃除機の大型充電器により4.5〜5KHz帯が1dB以上増えたのを経験しました。それからは音楽鑑賞時はタップの個別スイッチで必ず電源ラインから外すようにしました。
特定の音に化けるノイズがあるので、オーディオ再生はノイズ退治しないと始まりません。
都会だけでなく田舎の一軒家でも、何も対策しなければ必ずノイズ=余計な音が乗ってくる。

「オーディオ再生は電源から」
フェライトコアやコイル&コンデンサや当商品やクリーン電源システムなどなど、ご予算に合わせて色々。
使えば使うほどノイズによる余分な音が消えるので、音はスッキリクッキリしだす。
こんな音は味気ないと感じるかもしれないが、これが一番正常な電力による一番正常な音と言える。
何より、ノイズの機器への悪影響が無くなるので、機器の寿命を伸ばしてくれる。
【注】:交流電気は表皮効果で電線の外側表面に多く流れるので、コイルの入っているノイズフィルターは1500W対応[太いコイル採用]商品を選ぶこと。500W対応では音痩せする可能性大。コイルの耐電流の半分運用なら音痩せ皆無でしょうから、1500W対応商品でも1000W運用が安心750W運用が万全。昔は、細いコイルで巻き数ばかり気にしたノイズフィルターが溢れていたそうな。音痩せするとユーザーに認知されたら、殆ど絶滅。

「正常な音なのに好みじゃない!?」
余分な音が無くなると言う事は「正」にも「負」にもなる。
良い結果=聴き易くなった・輪郭がクッキリし音像感立体感アップ・音が柔らかくなる・透明になる・アナログ的になる。
悪い結果=躍動感が無くなる・響きが少なくなる・ホール感が無くなる・軽いつまらない音。
手持ちの機器がどんな電源環境で開発されたかも重要か。一般家庭の電源を考慮して商品開発しているでしょうが、一般家庭の電源ノイズレベルの基準は設定不可能。
都市と農村部でもノイズレベルは違うし、関東・関西電力等の電力会社間でも違うし、外国開発なら尚更。
メーカーの想定したノイズレベルより少なくした場合は「負」に傾いていくのでしょう。音響機器の栄養失調状態に。
また、音の好みは千差万別。キレキレの音が好み、しっとり包まれる音が好み、等々。メーカー技術者の好みも入ってくる(デノンサウンド・ソニーサウンドなど)。
耳の正常度も部屋の環境(ヘッドホン視聴時においては耳の形)も千差万別。
色々やって試行錯誤するのもオーディオの楽しみ。
色々やっても好みの音に成らない場合の一番簡単な改善方法は、PCソフト上ならパラメトリックイコライザー(JRMC等)を使う事。JRMCは、ほぼ劣化無く音を如何様にも調整出来る万能ソフト。
パラメトリックイコライザーで、ノイズ対策で減り過ぎてしまった音域を増やして(響きが足りない・ホール感が足りないなら8kHz帯・10kHz帯などを増やして)、不出来な再生装置(特にヘッドホン)の発する余計な音域を減らして聴感上のF特をフラットにすれば、一つの理想である録音スタジオの音の再現に近付けるでしょう。
私は、フェライトコア・雷サージフィルター付きのコイル&コンデンサ・当商品2個(テレビ等を繋いだコンセントに1個・アンプ等を繋いだコンセントに1個)とJRMCを使いノイズ対策をしている。
フェライトコアは、温度調整機能(サイリスタ)の有る電気暖房機等の強烈なノイズ発生家電に使用。性悪白物家電のコンセントプラグに一つ一つ付けてる。フェライトコアも音痩せする場合があるので、オーディオ機器が繋がったブレーカーラインは必要最小限で。

ノイズ対策にはマイ電柱とかクリーン電源システムとか上を見ればキリが無い。
ノイズ対策として当商品1個だけでは不十分だが、1万7千円程なのでオーディオ商品としては高いと言えないか。
何より、煩わしいアースループ問題から解放されるので有り難い。
ただ、使用環境温度(部屋温度)上限は何度なのか?雷サージ電圧対応商品なのか?不明なので夏場は外す予定。 40℃対応6万ボルト対応なら安心だが、この値段では高度な性能を期待出来ない。よって、☆4つ評価。
【iFi HPによると、アース接続しないとノーマルモードノイズより多く分布するコモンモードノイズを除去できないそうな。これを使うならアース接続必須と言える。】

参考になった0

満足度4
デザイン4
音質4
操作性4
機能性4
電源ノイズとは

電源のノイズとは何か?
電源の正弦波の線をギザギザにじませるモノ。
ノイズ=余分な電力。
人間の食べ物で例えると、栄養過多又は一部の栄養素の過剰摂取状態。
ノイズがデジタル音響機器に入ると余分な音を生成し易くなる。
人間で言えば、みかんを食べ過ぎて肌が黄色くなったり、脂肪分過剰摂取・ミネラル過剰摂取などなど。
結果は、機器・人の寿命を縮めるモノ。

ノイズの原因は、家庭内で言えばLED照明からインバーター機器まで全ての電化製品。ACアダプタや充電器も。
私は、某有名メーカーのコードレス掃除機の大型充電器により4.5〜5KHz帯が1dB以上増えたのを経験しました。それからは音楽鑑賞時はタップの個別スイッチで必ず電源ラインから外すようにしました。
都会だけでなく田舎の一軒家でも、何も対策しなければ必ずノイズ=余計な音が乗ってくる。

「オーディオ再生は電源から」
フェライトコアやコイル&コンデンサや当商品やクリーン電源システムなどなど、ご予算に合わせて色々。
使えば使うほどノイズによる余分な音が消えるので、音はスッキリクッキリしだす。
こんな音は味気ないと感じるかもしれないが、これが一番正常な電力による一番正常な音と言える。
何より、ノイズの機器への悪影響が無くなるので、機器の寿命を伸ばしてくれる。
【注】:交流電気は表皮効果で電線の外側表面に多く流れるので、コイルの入っているノイズフィルターは1500W対応[太いコイル採用]商品を選ぶこと。500W対応では音痩せする可能性大。コイルの耐電流の半分運用なら音痩せ皆無でしょうから、1500W対応商品でも1000W運用が安心750W運用が万全。昔は、細いコイルで巻き数ばかり気にしたノイズフィルターが溢れていたそうな。音痩せするとユーザーに認知されたら、殆ど絶滅。

「正常な音なのに好みじゃない!?」
余分な音が無くなると言う事は「正」にも「負」にもなる。
良い結果=聴き易くなった・輪郭がクッキリし音像感立体感アップ・音が柔らかくなる・透明になる・アナログ的になる。
悪い結果=躍動感が無くなる・響きが少なくなる・ホール感が無くなる・軽いつまらない音。
手持ちの機器がどんな電源環境で開発されたかも重要か。一般家庭の電源を考慮して商品開発しているでしょうが、一般家庭の電源ノイズレベルの基準は設定不可能。
都市と農村部でもノイズレベルは違うし、関東・関西電力等の電力会社間でも違うし、外国開発なら尚更。
メーカーの想定したノイズレベルより少なくした場合は「負」に傾いていくのでしょう。音響機器の栄養失調状態に。
また、音の好みは千差万別。キレキレの音が好み、しっとり包まれる音が好み、等々。メーカー技術者の好みも入ってくる(デノンサウンド・ソニーサウンドなど)。
耳の正常度も部屋の環境(ヘッドホン視聴時においては耳の形)も千差万別。
色々やって試行錯誤するのもオーディオの楽しみ。
色々やっても好みの音に成らない場合の一番簡単な改善方法は、PCソフト上ならパラメトリックイコライザー(JRMC等)を使う事。JRMCは、ほぼ劣化無く音を如何様にも調整出来る万能ソフト。
パラメトリックイコライザーで、ノイズ対策で減り過ぎてしまった音域を増やして(響きが足りない・ホール感が足りないなら8kHz帯・10kHz帯などを増やして)、不出来な再生装置(特にヘッドホン)の発する余計な音域を減らして聴感上のF特をフラットにすれば、一つの理想である録音スタジオの音の再現に近付けるでしょう。
私は、フェライトコア・雷サージフィルター付きのコイル&コンデンサ・当商品2個(テレビ等を繋いだコンセントに1個・アンプ等を繋いだコンセントに1個)とJRMCを使いノイズ対策をしている。
フェライトコアは、温度調整機能(サイリスタ)の有る電気暖房機等の強烈なノイズ発生家電に使用。性悪家電のコンセントプラグに一つ一つ付けてる。

ノイズ対策にはマイ電柱とかクリーン電源システムとか上を見ればキリが無い。
ノイズ対策として当商品1個だけでは不十分だが、1万7千円程なのでオーディオ商品としては高いと言えないか。
何より、煩わしいアースループ問題から解放されるので有り難い。
ただ、使用環境温度(部屋温度)上限は何度なのか?雷サージ電圧対応商品なのか?不明なので夏場は外す予定。 40℃対応6万ボルト対応なら安心だが、この値段では高度な性能を期待出来ない。よって、☆4つ評価。
【iFi HPによると、アース接続しないとノーマルモードノイズより多く分布するコモンモードノイズを除去できないそうな。これを使うならアース接続必須と言える。】

参考になった0

あなたのレビューを投稿しませんか?

iPurifier ACのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

iPurifier AC
iFi audio

iPurifier AC

最安価格(税込):¥17,280発売日:2017年12月15日 価格.comの安さの理由は?

iPurifier ACをお気に入り製品に追加する <38

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[その他オーディオ機器]

その他オーディオ機器の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(その他オーディオ機器)

ご注意