日産 セレナ e-POWER 2018年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > セレナ e-POWER 2018年モデル

セレナ e-POWER 2018年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:セレナ e-POWER 2018年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
G 2019年8月1日 マイナーチェンジ 1人
XV 2018年9月6日 マイナーチェンジ 7人
ハイウェイスター V 2018年9月6日 マイナーチェンジ 34人
AUTECH 2018年3月1日 ニューモデル 3人
XV 2018年3月1日 ニューモデル 5人
ハイウェイスター 2018年3月1日 ニューモデル 3人
ハイウェイスター V 2018年3月1日 ニューモデル 53人
満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:120人 (プロ:1人 試乗:29人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.44 4.34 49位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.05 3.93 60位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.08 4.13 84位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.26 4.21 39位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.11 4.05 74位
燃費 燃費の満足度 4.23 3.89 42位
価格 総合的な価格の妥当性 3.41 3.88 118位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:価格」で絞込んだ結果 (絞込み解除

matttkyさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア無評価
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

ステップワゴンと比較された方へ、
e POWERプロパイロットセレナとステップワゴンを比較されていますが、
私も両車を乗り比べ、徹底的に比較もしましたが、
最終的にセレナを購入しました。
残念ながらステップワゴンが優れていたのは、ハンドルの重さ(嫁にはマイナス)とスパーダの側面だけだったと思います。
低床はメリットでなく、車を小さく見せるデメリットであり視界も低くなります。
わくわくゲートも多人数乗車なら使えませんし、買い物にはスライドドアで充分かなぁ。
クルーズコントロールも渋滞時か、一般道なら郊外か田舎の道しか使えないので、プロパイロットがやはり優れています。
見た目と強気のトヨタさん、走り重視のホンダさん、
購入者がファミリー層で運転するのが奥様というのを忘れていませんか?

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
兵庫県

新車価格
322万円
本体値引き額
60万円
オプション値引き額
10万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった75

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とうしろさんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
14件
カーナビ
0件
7件
タイヤ
0件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格3

3月に車検を控え、子供たちも中学生と小学6年生になったのを機に
ミドルサイズのミニバンに乗り換えました。

ハイブリッド希望で、比較したのは
 (1)エスクワィアHV(トヨタ)
 (2)ステップワゴンスパーダHV(トヨタ)
 (3)セレナepowerハイウェイスター V(日産)
です。

【 エスクワィアHV 】
 視界の良さ、走行性、シートアレンジなど使い勝手は良かったです。
 内装も上品な感じでした。トヨタの車なのでトータルバランスは良いの
 かもしれません。
 トヨタとは15年ほどの付き合いでしたが、これまで担当だった営業が
 転職してしまい、後任は営業になって間もない人に交代。
 質問の回答、車の説明が素人っぽく感じ、見積も一見さん並みと同じ
 扱いだったため、ヴォクシー・ノアも基本同じ車なので人・物共に価格
 に見合わないと考え、候補から脱落となりました。
    
【 ステップワゴンHV 】
 試乗してみて走行性能はエスクワィアHVより明らかに上だと感じました。
 小さなことですが、サイドミラー付近に小さなミラーがついており死角を
 減らす工夫がされていて、ホンダセンシングによる安全性能も充実。
 運転しやすい車でした。賛否両論のわくわくゲートも子連れには画期的
 な発想だと思いました。
 ただ、今回の担当営業さんは、この車は燃費や維持費などで価格に
 見合わないため、マイナーチェンジ後のフリードをしきりに勧めて来ました。
 車の印象は良かったのですが、あまりに同じ話を繰り返されるため、
 ステップワゴンを売る気がなさそう。時間がもったいないので商談打ち切り。
 
【 セレナepower 】
 マイナーチェンジ直後で機能は充実していると思ったのですが時期的に
 値引きは期待できないと思っていて、試乗だけでもと思いディラーに予約
 しました。他社のように低床設計ではないとのことでしたが、試乗してみると
 街乗りでの乗り心地に差は感じません。
 外観、視界の良さ、シートアレンジの豊富さ、車内の広さなど良くできて
 いて私も妻も3社の中で一番気に入りました。
 希望の色、メーカーOPの在庫が1台だけあり、登録が増税前に間に合う
 こと。担当営業の頑張りで、値引きや下取りUP、プロパイロットを付けても
 キャッシュバックがあるなど、ギリギリで予算に収まりセレナepowerに決定。
 ※女性を味方につけると強いです(^^ゞ。

【エクステリア】
 今風のデザインなんでしょうか。好みは分かれると思いますが
 私も妻も気に入りました。まだ街中であまり見かけないですし
 買い物先の駐車場に置いていて見つけやすいです。

【インテリア】
 室内の広さは申し分ありません。シートアレンジ・2列目のテーブル
 ・USB充電など子連れに嬉しい機能満載。

【エンジン・走行性能】
 ecoモード、sモードで走行するとアクセルを離した時に、強いエンジンブレーキ
 がかかるのに最初は少し面食らいましたが、慣れれば気になりません。
 ※馴染めないのであれば、ノーマルモードにすればよいと思います。
 排気量1200ccですが、40キロ〜50キロまでスムーズに加速します。
 街乗りメインの我が家には十分な性能。セーフティセンスBを選択したので、
 オートブレーキホールドが便利です。坂道発進も気にせず運転できます。

【乗り心地】
 1列目・2列目のシート共に良いと思います。 3列目もホンダ、トヨタよりも
 シートに厚みがあるので子供たちは苦になっていないようです。
 跳ね上げるときに片手では厳しいですが、普段は、跳ね上げなくても荷物は
 それなりに積めるので困ることはありません。

【燃費】
 600キロほど走行しました。坂道が多い地域のせいか、街乗りメインで
 平均16〜17キロ/L程度です。
 カタログ値から考えると物足りなさを感じますが、このサイズ・重量であれば
 燃費は良いと思います。 前車(1500cc ガソリン車)は、同じ季節(10月〜11月)
 にエコタイヤ(BlueEarth)を装着して11キロ/L前後でした。

【価格】
 高いです。機能が充実しているとはいえOPつけると、あっという間に430万円位
 (値引なし)になりました。下取り車があっても、新車購入には躊躇います。
 今回はディーラーの営業・店長さんのおかげで、下取り価格UP、値引き
 (車両・OP)、社外調達、キャッシュバックを駆使して予算ギリギリに抑えることが
 できました。
 ファミリー層向けの仕様が多いのですが、新車で購入するには、他の何かを犠牲
 にする必要があるのかなと感じました。

【総評】
 高価格帯の車なので当然かもしれませんが、私には車の使い勝手、装備など
 トータル面での満足度が高いです。
  ※ミニバンの販売台数ナンバー1というのが素直に納得です。
 担当してくれたディーラー営業・店長さんのおかげで、欲しいと思える車を
 買うことができたことは素直に嬉しく思います。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
東京都

新車価格
349万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった39

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Iさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
91件
CPU
0件
17件
デジタルカメラ
1件
13件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

エクステリア
見る角度にもよりますが良いとおいます。

インテリア
高級感もとめてないので良いとおいます。

エンジン性能
エンジンついてますよ。

走行性能
スーッて感じですね。

乗り心地
プロパイまかせですが
長距離らくですね。  
   
燃費 燃費の満足度
平均15.5km
プロパイまかせですがいいですね。

価格 総合的な価格の妥当性
支払額ナイショ。
とにかく運転しやすく女性におすすめです。

他メーカーに比べてバックモニターの
画質が悪すぎる。
プロパイロット2.0と4wdはやくつけてね。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
兵庫県

新車価格
349万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ケケ坊さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:469人
  • ファン数:0人
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地3
燃費2
価格2

こんにちは。

e-POWERとi-MMDの違いを体験することが出来ましたので、レビューします。

結果的に僕の場合、i-MMDの走行性能に惹かれてステップワゴンハイブリッドを購入しましたが、e-POWERを試乗してみて、改めて感じたことがありましたので、レビューさせて頂きます。
ちょっと辛口コメントが多くあり、e-POWERのユーザーさんは不愉快に思うかもしれませんが、これから車を買おうと考えている方のためにも率直に感じたことをレビューします。

間違いがありましたら、御容赦ください。

ここ数年、日産の傾向を見ると、こんなに開発に手を書けなくても良いの?と心配になるような車が多くなっています。
昔みたいに国内で高級車セダンが売れなくなり、利益が取りずらくなっていることや、時代の流れで開発にもお金と時間がかかるようになってきているのは素人の僕にも何となく分かります。
それでも、自動車メーカーは日本の基幹産業を背負っているため、言い訳にしては行けません。
開発費が厳しくてもホンダのi-MMDのように手間暇掛けて頑張っているメーカーもあります。

最近の日産は、ユーザー受けを狙った「e-POWER」や「ワンペダル」なんて言うコジ付けのネーミングばかり考え、車の本質や基本性能のところで力不足を感じます。
車が大好きで毎日車のことを検証しているような賢いユーザーも多くいます。
ネーミングで誤魔化さないで、車の根幹部分を改善して行って欲しいものです。

セレナe-POWERとステップワゴンハイブリッドの比較

(セ)ワンペダル:(ス)協調回生ブレーキ
ワンペダルは脇道からクリープでジワジワ通りに出ることが出来ず、繊細なアクセルワークが必要で、例えると大根の桂剥きをしているように気を使います。
コストを抑え利益を出すためアクセルワークを犠牲にしてでも協調回生ブレーキを採用せず、無理やり燃費を稼ごうとする質素なシステムにしか思えません。まるでボーリングの玉をピンの手前50cmでピタッと止めるような気を使うブレーキングになり、これをワンペダルと言って大々的に売り出す意味が分かりません。
ワンペダルね〜上手いネーミング付けますの〜中身の無いシステムに僕は騙されませんぞよ。

(セ)e-POWER:(ス)i-MMD
そもそもノートと同じサイズのエンジンを載せることに無理があります。
この2台が街中を走っている時の音を外で聞き比べて見てください。
e-POWERは走り始めの発電による騒々しいエンジン音をかき消すために「シュイーーーーン」という大きな音をスピーカーから放送しているのでしょうか?
これをモーター音だと喜んで聞いていたら、勘違いしているかも知れませんよ。
i-MMDは余裕のあるエンジンサイズとアクセルワークに連動した発電制御を行い、まるで電気自動車のトルクとターボ車を掛け合わせたような特別感を味わえます。
しかも高速域はエンジン直結に切り替わるため、エンジン回転数も抑えられ音も静かで燃費も稼げます。
年2、3回、高速道路を使って遠出や旅行、ドライブをする方はi-MMDの方がおすすめです。

(セ)背高ミニバン:(ス)低床ミニバン
背高ミニバンは視界が良いとか言いますが、ステップワゴンの低床設計でもステーションワゴンより背高のため、けして低くはありません。
低床設計はフワフワした感じがなく、ミニバンでありながら道路に吸い付くような味わいで、道路で車を避けるときに車体の反応が良いように思います。
僕が思うに開発を疎かにしたため、装置全体を低床設計に集約出来なかった結果だと思っています。

日産嫌いみたいになってしまいましたが、そんなことはなく、過去日産車も乗っていたし、憧れていた車だってあります。デザインの落ち着き感や自動ブレーキ性能などステップワゴンハイブリッドよりセレナe-POWERの方が優れている点は多々あると思っています。

車の操作性や走行性能という根幹部分での制御システムを省き、あたかもそれが特別に優れているかのような誤認をユーザーに与えるような「ワンペダル」や「e-POWER」というネーミングを付け、車に関心の薄いユーザーが買ってしまうということをユーザー側も一歩立ち止まって考えて欲しいと思いレビューしました。

ユーザー側もメーカーの売り文句にやられっぱなしでは、ダメだと思っています。

本当の意味でいい車を作っていかないと、海外メーカーにも負けてしまいますし、日本のユーザーがメーカーからなめられて良い国産車が発売されなくなってしまいます。

日産だってネーミング重視でユーザーをまくし立てるような戦略を立てていたら、この先10年後は分かりません。

色々書きましたが車は趣味の世界ですので、楽しんでなんぼだと思っています。

納得の行くまで試乗して悩んて購入車を決めてください。

レビュー対象車
試乗

参考になった174

このレビューは参考になりましたか?参考になった

CX-8ナンバーエイトさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:112人
  • ファン数:0人
満足度1
エクステリア2
インテリア1
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費2
価格1

試乗の感想です。
確かに走りは良かったのですが、値段の割に内装はイマイチ、燃費も街乗りと郊外100km走行でリッター約13km、期待していたからチョットガッカリです。

レビュー対象車
試乗

参考になった71

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ank007さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地2
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
e-powerのブルーのラインが良いですね。

ハンズフリースライドドアですが、検出してから開くまでの挙動が遅く開き始めるまで無音なので検出したかしてないかわかりにくい。
検出した瞬間に何か音が鳴れば良いのですがこれでは使い物になりません。
汚れると動作しにくいとの話も聞きました
雪国では雪が付着すると作動しにくいとの話も聞きました。
メーカー側での改善が必要と感じました。
ここままでは要らない機能です

【インテリア】
Mクラスのミニバンはこんなものでしょ
そこそこです。

【エンジン性能】
発電専用のエンジンですから意図しないところでエンジンがかかりますが、低速走行でエンジンがかかるとやけに五月蝿い、慣れが必要です。

【走行性能】
各モードの加速感は十分に良いです。
sモードでの加速感はいい感じでした
ECOモードでもいい感じに加速してくれましたしgood
ワンペダルでのアクセルブレーキは自分の見に染み付いたアクセルワークを看破出来るほど、使い易いとは思えませんでした。
担当者からは慣れと言われましたが自分では到底慣れることの出来ない違和感でした。
試乗車はプロパイロット無しだったので違和感が強く出たかもしれません
e-ペダルとプロパイロットはセット必須な気がします。
アクセルペダルを離してからのブレーキが結構きつくかかるので同乗者は酔いやすいと思いました。
考えられてる方は必ず試乗した方が良いです。

【乗り心地】
ノリ心地は良かったですがコーナーでのロールが大きいような気がします。
ロードノイズも大きくなく快適に走行出来ました。
【燃費】
数キロの試乗なので割愛で

【価格】
安全性能コミコミでいいお値段になります。
他社と比べても特に大きく高いとは思いません

【総評】
購入を考えられている方は必ず試乗した方がいいと思います。
各社 得手不得手がありますので参考になればと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tmr1111さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

エアコン・クーラー
0件
3件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費1
価格2

実燃費について。カタログスペックはいいけれど、実燃費はどうかを街乗り+高速で調べてみました。街乗りは13.8km/L、高速では12.6km/L。うーん。ネットの情報通りですね。VOXYのガソリンとかわらんやん。さすがゴーン容疑者の日産という感じでしょうか。運転の問題もあるかもしれませんが、かなり不満な数字です。(セレナの前はアクアで、平均28km/Lだったので余計不満です)
走り心地はまあまあですかね。
値引きが大きいですが、元値が高く、同じスペックのトヨタ車と比べると価格はとんとんか若干割高(プロパイロットの分)だと思います。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
愛知県

新車価格
340万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
25万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった32

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yosasさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地3
燃費無評価
価格3

試乗で気に入らなかった点を備忘録的に
逆に言えばこれら以外は○ですね。

・ワンペダルが自分達には合わなかった。
 慣れかもしれませんが、慣れるまで使う気に
 なれない。
・発電時?の音が意外に頻繁でうるさい。
 走行中なら気づかないのかもしれませんか、
 信号停止中が多く気になりました。
・静寂性、走行性がイマイチ
 今ソリオに乗ってますが、
 それを大きくした感じでした。

レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

susumu.uさん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
3件
7件
デジタルカメラ
6件
3件
デスクトップパソコン
1件
6件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

【エクステリア】
妻が小型枠を希望したのでXVにしました。色はアズライトブルーですが、非常に気に入っています。また、冬タイヤ(汎用アルミセット)を購入しましたが、引き締まってかっこよく見えます。

【インテリア】
気に入ってますが、収納に細かい難点あり

【エンジン性能】
1200ccなので、それなり。

【走行性能】
プリウスと遜色ありません。

【乗り心地】。
基本的に静かで、見晴らしも良いです

【燃費】
まだ、2,000kmしか走ってませんが、メーター表示は13.7km/L.。
土田舎道は15km/lですが、100km以上の高速走行は10km/l程度かと。
都会の道はそれなりのエコ走行だと思いますが、90km以上の高速走行では好燃費は期待できない。


【総評】
e-powerのゴーカート感が好きで購入しましたが、今回3/21-23で埼玉‐能登を往復しましたが、プロパイロットを始めとした各種走行補助装置でwatchがSeeになり、長距離ドライブで疲れを全く感じません。ただ、基本的なエンジン性能の問題かと思いますが、高速走行では燃費は悪くなりがっかり。
プリウスがゴーカート感を出したら燃費含め最高なのだが・・・

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
埼玉県

新車価格
322万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

虎太朗7さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:68人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
イヤホン・ヘッドホン
1件
0件
掃除機
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3

セレナc27からc27e-POWERへ
乗換えました。
納車3000キロ走りました。
よく考えると小学生以下の子供がいる家庭で
cx-8をファミリーカーとして利用するには全てが中途半端だったので、ファミリーカーとして間違いなく安定感があるセレナe-POWERを購入。

【エクステリア】
やっぱりe-POWERのさり気ない青のラインがとてもかっこいい。青いのがあるだけで優越感に浸れます。

【インテリア】
不満はありません。

【走行性能】
ガソリンc27とは比べものにならないくらい乗りやすい。
普通が静かなのでエンジンがかかるとうるさく感じるが、うるさく感じるのも普段が静か過ぎるからです。

【乗り心地】
同じc27でも全くの別車に乗った感じです。
e-POWERが楽し過ぎで用事も無いのに運転したり、遠回りしたりして帰ってます。

【燃費】
Sモードで燃費気にしまくり走行で
高速で19
郊外で22

【価格】
ガソリン車が、安すぎるだけに、
e-POWERは高すぎる印象です。が、間違いなくお値段以上の車ですね。

【総評】
試乗しまくり、独身ならDのcx-8か5を買ってましたが、ファミリーで乗るにはcx-8ではやっぱり難しいですね。
セレナe-POWERはとにかく面白い、乗れば乗るほど味がでますね。

乗車人数
6〜7人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
兵庫県

新車価格
349万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Elijah Smithさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:719人
  • ファン数:3人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格4

【エクステリア】
ハイウェイスターの方が間違いなく格好良いですね。
特にフロントグリルのデザインがノーマルモデルと結構違うので、できればハイウェイスターの方が良いです。
ただ、20万円〜30万円程度価格差がありますので、外観と足で開閉できるハンズフリーオートスライドドアが不要なのであれば
ノーマルモデルでも良いと思います。

「e-POWER」モデルと「S-HYBRID」モデルの見た目の違いは、フロントグリルに青いラインが入っているのと、
e-POWERのエンブレム、リヤサイドスポイラー程度です。あまり違いはありません。


【インテリア】
広いですね。私はミニバンには普段あまり乗らないので感動しました。
2列目も3列目も広いですし、シートアレンジが豊富なのも良いです。
2列目シートの横スライド機能で3列目にも入りやすかったです。

1列目から2列目へのアクセスは「S-HYBRID」モデルの方が良かったです。
「S-HYBRID」モデルなら2列目に3人座れるので、そこも良いと思いました。


【エンジン性能】
「e-POWER」モデルと「S-HYBRID」モデルの最大の違いは「走り」ですね。はっきり言って、全く違います。
「S-HYBRID」モデルはエンジンが唸って、なかなか加速しません。

「S-HYBRID」モデルの後に「e-POWER」モデルに乗せてもらったのですが、「S-HYBRID」モデルと比較すると加速性能は倍くらい違います。
静粛性も「e-POWER」モデルの方が間違いなく上です。

また、「e-POWER Drive」もかなり便利で、Sモードにすれば加速は変わりませんが、減速力が強くなりブレーキいらずで走行可能です。ちょうど良い停止位置にするにはコツが必要だと思いますが、常にSモードで走行した方が便利だなと感じました。
個人的には「e-POWER Drive」はかなり好印象です。


【乗り心地】
サスペンションなども普通かなぁと思いました。
当たり前かもしれませんが、最新のCセグメント車などと比較すると負けていますね。
やはり乗り心地は、同価格帯だとセダンやハッチバックの方が良いですね。


【燃費】
実燃費は、「S-HYBRID」モデルが10.8km/L前後、「e-POWER」モデルが16.6km/L前後なので、実燃費で「e-POWER」モデルの方が5.0km/L以上良くなりそうです。
※使用環境により異なると思います。

地味に「キャップレス給油口」には感動しました。


【価格】
ライバルのホンダ「ステップワゴン」とは同程度の価格帯だと思います。
トヨタ「ヴォクシー」などと比較すると高いかもしれませんが、走りや安全性能は「セレナ」の方が間違いなく上です。

ディーラーで聞いた話だと、値引きは40万円程度になりそうでした。


【総評】
価格は40万円程度高くなってしまいますが、走りと燃費性能の差が決定的に違う「e-POWER」モデルの方が良いかなぁと思います。
ちょっとした快適装備なんかは、購入後に「付けておけば良かったなぁ」程度で終わりますが、走りと燃費って基本中の基本なので、妥協すると購入後、後悔する可能性もあると思います。

走行距離によって変わりますが、長い目で考えれば価格差は縮まる、または逆転する可能性もあるので「e-POWER」モデルがおすすめです。

安全性能も他車同クラスのミニバンと比較すると、最も優秀だと思います。
特に「プロパイロット」はかなり便利です。
「リーフ」で実際使用してみましたが、高速道路上だとアクセル・ブレーキ・ステアリング操作等ほとんど操作が不要になる感じで、本当に「自動運転」です。一般道でも使ってみましたが、信号が多いところでは実用的ではありません。信号が少ないところだと使えそうです。

「インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)」は、ステアリングが自動で操作されるだけなので、正直不要かなぁと思いました。

※安全装備、その他項目の比較は、以下のサイトを参考にしました。
https://bluesky-sheep.com/serena-voxy-stepwgn-2019

比較製品
日産 > セレナ
レビュー対象車
試乗

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

badiceさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
14件
スマートフォン
0件
14件
炊飯器
0件
7件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3

契約から一年経ち8000キロ走行したのでレビューします。

【エクステリア】
スッキリと洗練されたフロント、リアの造形は満足感を高めてくれる。特筆すべきはこのクラスで唯一ツートンカラーも選べること。黒&白のツートンモデルは欧州車にも通じる先進的なデザインセンスを感じる。

【インテリア】
非常に上品にまとまっている。グレージュのツートン内装は明るく、随所のブルーのアクセントも洒落ている。
ステアリングと足元スペースには不満が残る。ステアリングスイッチによるナビ等の操作内容が限定的だし、革巻きにもう少しヌメ感が欲しかった。また、運転席の足元空間が小さくウォークスルーはしづらい。

【快適・便利装備】
シートは座り心地と機能の両面で出来がよい。座り心地はまさに「宙に浮いた」感じで疲れが少ない。ゼログラビティとはよく言ったものだ。
シート機能面では、セカンドシートが秀逸。前後のロングスライドに加えて左右に動かせる機能がある。これにより、前席の親がセカンドシートの二人の小さな子どものお世話をする際、キャプテンシートを中央に寄せ、前方にスライドすることで利便性が向上する。また、シートベルト肩部がシートの背もたれに取り付けられており、3列目へのアクセスをベルトが邪魔しない。セカンドシートを中央もしくは片側に寄せることで3列目へのアクセスがさらに向上する。
その3列目のシートは、厚みたっぷりでUSBやテーブルまで備えられている。すべての乗員の快適度を高めようとする配慮が感じられる。
純正ナビが意外と使える。ブルーレイ対応であるため、家で録画したコンテンツを大容量のディスクで車内に持ち込める利点は大きい。
目的地の検索は日産コネクトのオペレーター任せがいい。有料サービスではあるが運転中でもナビをほとんど操作せず、対話によるあいまい検索ができるのは本当に安全で楽。
バックドアの使い勝手については、デュアルバックドアが便利なためフルオープンは使わなくなる。狭い場所で開閉できるだけでなく、非常に軽い力で開閉できるのがよい。ステップワゴンの左右非対称のバックドアは、左側からのアクセスが可能な場合のみ使用できるため駐車スペースによっては使用できない。ノア兄弟は、重い上に広大な開閉スペースを要するフルオープンバックドアのみを搭載するため使い勝手の面では論外。
また、信号待ちでのブレーキの踏み込みから解放させてくれるオートブレーキホールドや、障害物の検知時や車庫入れをナビ画面で支援してくれるアラウンドビューモニターは、このクルマで最も便利で不可欠な装備だと思う。
一方、その他の代表的なギミックとして、ハンズフリースライドドアやインテリジェントパーキングアシスト、スマートルームミラー等があるがまだ十分に活用できていない。

【安全性能】
物陰から飛び出してきた歩行者を検知して停止できる被害軽減ブレーキの試験結果をJNCAPが公開している。この結果でセレナは満点を獲得している。渋滞する対抗車線の車列の間から歩行者が飛び出しヒャッとする場面を経験するとこの性能は必須。
ちなみに同試験でまったく止まれていないステップワゴンはお話にならない。メーカーの安全に対する姿勢が疑われる。最新の高額なクルマを買うのに最も重要な予防安全性能でこの結果はあり得ない。

【走行性能】
アクセルひとつで走り出しから停止まで制御できるe-POWERドライブがこのクルマの一番の特徴。この機能のせいでクルマの運転がそれほど好きでなかった私でも病み付きになった。未来感溢れるモーター音と共に力強く走り出したかと思えば、アクセルを離せばスーと止まっていく。まさにゴーカートのような操作感に最初は足の疲れも感じたものの、すぐに慣れて今ではとても楽しく飽きもこない。遮音性にも優れ、エンジンが回っていない時の車内は異次元の静粛性とさえ感じる。
走りは腰高感のためかフワフワしたものを感じるが同乗者がクルマ酔いしたことはない。ステアリング操作は軽く、切り返しは容易。市街地中心に家族を乗せて走る上では一切不満はない。
プロパイロットは、長距離の運転疲労を減らしてくれる。ただし、中央分離帯の線種によっては捕捉できなくなったり、急なカーブで曲がりきれるのか不安になる時もあるので気は抜けない。これについてはまだまだ色んな状況でクセを掴んでいく必要がある。

【燃費】
運転者によって大きく左右される。ディスプレイのパワーメーターの指示位置がECO領域を維持するように運転すると燃費が向上するようだ。市街地走行の場合、燃費計はリッター20キロ前後になることもある。しかしながら、これをまったく無視して運転すると10キロちょい位になる。運転の仕方で燃費が大きく変わることも、このクルマを楽しませてくれる要素になっている。
エアコンを強めにすると燃費は落ち込む。対策としてこの冬は前後席にシートヒーターを付けて10キロ台後半の燃費を目指す。
燃費についてはステップワゴンと比較されることも多いが、燃料タンクの容量がステップに比べて3リッター多い。これは満タン時にステップより50キロほど長距離を走れることを意味しており、燃費改善に寄与している。

【マイナスポイント】
低床でないため高齢者や小さな子どもの乗り降りは支障がある。
また、時々ブーンと唸りだす1.3リッターエンジンの品のない音と振動には改善を求めたい。ただ、これと引き換えに2リッターエンジンのノア兄弟やステップに比べて年間5000円の税制上の恩恵があると思うと許容できる。

【総評】
あらゆる点で今までにない未来感を味あわせ楽しませてくれる。ノア兄弟やステップワゴンと比較されることも多いが別次元のクルマと言えよう。安全面でも維持費の面でも家族のための最高の選択。高額だが買って良かったとつくづく思う。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
大阪府

新車価格
340万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

フルヒコさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

今まで乗っていた車(C26)はクルーズコントロールしかついておりませんでした。しかも前を走る車の速度に関係なく設定速度で走り続けるので、便利ではあるけれど優れものとまではいかなかった。

さて、プロパイロットはどうか?
まずはクルーズコントロール機能。
前を走る車の速度が落ちれば、それを感知して減速する優れもの。いまどき当たり前かも。前方に車がいなければ設定した速度で走ります。
ただし、速度の設定は5km刻みであり前モデルの車は1km刻みで出来た。どちらが良いかは人それぞれかな。

クルーズ機能に追加して車線を感知してハンドルをアシストしてくれる。半自動運転だ。色んなコメントが寄せられているけれど、私の所感としては凄い時代が到来したな。と思いました。本当に楽チンになりそうな機能です。今はまだこの機能を信用しきれないので普通に運転している時よりも注意を払いながら試している感じです。慣れてしまえば相当に楽なはず。
誤作動も多いとかのコメントも見かけますが、思った以上に正確に運転してくれますよ。

この2つの大きな機能を総称してプロパイロットと呼んでいると思いますが、なかなか秀逸な機能だと感じてます。せっかくセレナに乗るなら是非この機能は付けて欲しいです。

まだ乗り始めたばかりなので、暫く乗ってみての感想も今後コメントしようと思います。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
東京都

新車価格
349万円
本体値引き額
50万円
オプション値引き額
5万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まだ若いつもりさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地5
燃費3
価格3

ホンダのステップワゴンスパーダとトヨタのヴォクシーとを比較してガソリン車の4wdセレナを購入しました!

【エクステリア】

これは間違いなくヴォクシーが一番だった。見た目がめちゃめちゃかっこよかった。セレナとステップワゴンは同列ぐらい。どっちも嫌いではないが、別にかっこいいって感じでもない。

【インテリア 内装装備】
これはセレナが一番よかった!
特に全席に付いているusbや3列目にもあるスライド、リクライニング機能は最高だった!さらにセレナとヴォクシーは2列目が横にスライドしたり、シートベルトが壁ではなくシートから出ているのでチャイルドシートを着けていてもシートを前後左右に移動できる点はステップワゴンにはなかった。

【エンジン性能】

正直素人なのであんまり詳しくはないが、ステップワゴンが一番しっくりきた感じ。次はヴォクシーかな?セレナは踏み込んでもすぐには加速しなかった。

【走行性能】

うーん。まぁ、多分、ステップワゴン。次点でヴォクシー。セレナはまぁ加速こそ遅いけど、普通って感じ。

【乗り心地】

2列目はどの車もしっかり作ってあるから評価が別れる3列目で評価するならセレナが一番よかった。ホールド感もあり、足も結構、大きく空間があった。シートもしっかりと作り込んであった。次点でヴォクシー。ステップワゴンは3列目がペラペラで結構、狭い。

【燃費】
あんまり気にしてない。
【価格】
オプションを結構付けるのであんまり比較にならないのでここは3で。


【総評】
今までから、3列目を常時使うので3列目の居住性や使い勝手を重視するとセレナになりました。
走りを重視するならステップワゴンかな?
ヴォクシーはリアに工夫がなく、わくわくゲートやデュアルバックドアのあるセレナなどと比較すると内装や使い勝手が今一つだった。走りは及第点。
epowerにしなかったのは金額と8人乗りがなかったこと、4wdがなかったからです❗かなり悩んで購入しました❗長く乗れる相棒になりそうです❗

乗車人数
8人以上
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
兵庫県

新車価格
349万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
10万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

elumesiaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格2

【エクステリア】
好みだと思うんですが、顔は好きじゃない。フォグとハイビームがLEDではない。
フットセンサーとバンパーのセンサーが最初からついてるのは便利だとは思う。
インテリジェンスミラーはいらない。雨の日の試乗でしたが曇ってました。
フットセンサーとインテリジェンスミラーをオプションにしてフォグとハイビームをLEDにした方がいいと個人的には思います。
デュアルバックドアは下の荷物を取る時に、一般的な身長の女性なら背伸びしないと取れないと思う。出し入れ出来るサイズもワクワクゲートが便利。

【インテリア】
値段の割には…ハンドルの細さ、パネルの安っぽい感じが運転中は気になる。

エアコンが左右独立してないのと、後部座席のオートデュアルエアコンが全グレードオプションなのはマイナスポイント。
2列目の横スライドと3列目の座り心地は優秀。
ただ跳ね上げ式の留め具が安っぽいのと、それによる荷室の狭さが気になる。

【走行性能】
ワンペダルは便利ですね。
モードが4つありますがエコモードは絶対使わないと思います。アクセルが重すぎて終始ストレスが溜まります。平坦地でワンペダル使わないなら、ノーマルモードで充分ですが、坂道はSモードじゃないと結構アクセル開けるんで、きついかな。
結果Sモードしか使えない。

【乗り心地】
悪いです。フワフワしてるし、ロールも。
15インチはミニバンでは悲しくなります。 ワンペダルは秀逸なのですが、後ろに乗ってた嫁はブレーキの効きで気分悪くなったらしいです…

【燃費】
試乗コースではリッター20を記録。燃費は街乗りで悪くない感じでした。

【価格】
ステップHVと同等装備にするとセレナの方が高いです。同じオプション付けて20万以上高かった…

【総評】
運転は女性にもしやすいと思うし、嫁がメインで車に乗る家庭にはいいと思います。
趣味が釣りの自分が使う車としては、走行性能と積載性能という面で候補から外れました。

レビュー対象車
試乗

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

セレナ e-POWER
日産

セレナ e-POWER

新車価格:299〜392万円

中古車価格:185〜419万円

セレナ e-POWER 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <381

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

セレナe-POWERの中古車 (496物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意