日産 セレナ e-POWER 2018年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > セレナ e-POWER 2018年モデル

セレナ e-POWER 2018年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:セレナ e-POWER 2018年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
G 2019年8月1日 マイナーチェンジ 1人
XV 2018年9月6日 マイナーチェンジ 7人
ハイウェイスター V 2018年9月6日 マイナーチェンジ 35人
AUTECH 2018年3月1日 ニューモデル 3人
XV 2018年3月1日 ニューモデル 6人
ハイウェイスター 2018年3月1日 ニューモデル 3人
ハイウェイスター V 2018年3月1日 ニューモデル 53人
満足度:4.34
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:122人 (プロ:1人 試乗:29人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.41 4.34 74位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.03 3.93 60位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.07 4.12 88位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.27 4.20 49位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.10 4.05 56位
燃費 燃費の満足度 4.23 3.89 30位
価格 総合的な価格の妥当性 3.38 3.87 130位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「使用目的:仕事用」で絞込んだ結果 (絞込み解除

chamonix9174さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
 

 

c26を6年乗り、11万キロ走りましたけども
ステアリングにガタが出て来て
修理をするには、結構掛かるらしく、
来年車検で、それもあるので、
おもいっきり清水の舞台から飛び降りるつもりで
ハイウェイスターVを契約しました

【エクステリア】
賛美両論のフロント周り
オラオラ系とか、言われてますが
これはこれで、自分的にはアリだと思います

【インテリア】
あまり欠点はないですが、
フロントのセンターコンソール
もう少し考えて、c26みたいな
センターコンソールして欲しかった

【エンジン性能】
静かで、会話の邪魔はしません

【走行性能】
登りが続くところでは
エンジンは回ったままですね
プロパイロットは!便利ですね

【乗り心地】
前車は、なんか、フワフワな感がしてたけど
この車は少しゴツゴツ感があるのかな?

【燃費】
モーターだけで走る場合もあるので
走行距離をいれた燃料で割って
出す燃費とは、少し違うのかと思いました

【価格】
やはり、e-powerだと、
高いかなぁとも思いましたけど、
乗りはじめて!価格相当だなと思いました

【総評】
しばらく遊べそうです

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年4月
購入地域
岡山県

新車価格
349万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
5万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Globesさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:115人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度2
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能2
乗り心地4
燃費1
価格1
   

日産e-powerと上手に付き合うためにP.21

   

とにかく寒いです。
ミニバンの大きさで、1200ccのエンジンでは、暖房が効き始めるのにかなりの時間がかかります
私は、建設業なので、朝の出勤時間が早く
出かけるのがAM5時前後です。
埼玉でも東京寄りですが、朝の気温は0°前後です。
普通のエンジンの車だと、10分も暖気すれば温かくなりますが
30分経っても40分経っても温かくなりません
説明書に日産e-powerと上手に付き合うためにと言うページがあります
ここには、燃費をよくするために、寒い時はエアコンの代わりにヒーターシートやステアリングヒーターを使うと書いてありますが
これは、寒冷地仕様にしか付いていません
私が購入する時には、営業マンにも勧められませんでした。
ですが、e-powerには、絶対に必要な機能です。
乗用車タイプの小さな車でしたら、1200ccのエンジンでも容易に暖房が利くと思うのですが
ミニバンクラスでは、車全体が温かくなるのに1時間以上かかります
それから、暖房を使用すると、非常に燃費が悪く、11km/1L程度しか走りません。
日中ですと暖房を切ると、18Km/1Lのデーターが出ます。
特別仕様車で高燃費データーを掲載してるのは、詐欺だと思いませんか
ヒーターシートはメーカーオプションなので、後付けが出来ません。
かといって、後付けのヒーターシートを付けると配線だらけになってしまうので、せっかくのインテリアが台無しになってしまいます。

セレナのe-powerの注文時には、ヒーターシートは必要不可欠です。
e-powerには、シートヒーターは標準装備にするべきだと思います
今回は、オプション込み 値引き込み 460万円を払いましたが
非情に残念な買い物でした

乗車人数
6〜7人
使用目的
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年12月
購入地域
埼玉県

新車価格
349万円
本体値引き額
50万円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった115

このレビューは参考になりましたか?参考になった

小さいデジカメ好きさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:193人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
90件
デジタルカメラ
5件
19件
ブルーレイドライブ
3件
9件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

主に仕事用に使っていた大型SUVが13年を迎え、増税される前に安全装置と燃費性能に優れたミニバンを比較検討の結果購入しました。
競合する国内外のミニバンをレンタカーをして乗り比べたり、セレナのSハイブリッドも一週間ほど乗りました。個別に見て行くと、ライバル車の方が工夫せず実用燃費が高くでる、床が低く乗り降り、荷物の積み下ろしが楽、シャシー的な限界性能が高い、パワフル、高速でもっと早く走っても燃費が良いまま、一部安全機能が優れている、顔のバリエーションが豊富、カッコいいなどなど良い点も多いのです。
しかし電動車としてとてもよくまとめられ、バランスの良さから来る疲れにくさ、視界の広さを含めた安全性、運転していて面白い、慣れると燃費も良い、別次元の静粛性が気に入ったこともあり、購入しました。 個人的にはXVにプレミアムインテリアを付け、少し全長が短い、5ナンバー、実燃費が良いなどの実用面、控えめなデザイン共に気に入っています。購入後気づいたのは、空調の良さ、見晴らしの良さ、カメラ型ミラーが便利な事です。

e-powerセレナのプロパイロットは、Sハイブリッドのプロパイロットとは全くの別物で、十分な実用性能と感じます。(怖がりで報告をよくしてくれる、意外に運転の上手な初心者ドライバーと二人で協力して運転している感覚)。
ものすごく静かで、変な異音がほとんどしないこと、発電時の音は慣れと、シュアラスターのハイブリッド用エンジン添加剤を入れて音質が変わった事、走行してこなれたのか気にならなくなりました。ワンペダルは慣れるともう戻れませんし、意外に雪道もエコモードで普通に走れました。乗り心地や三列目がちゃんと使える事も気に入っています。ワンペダル時の加速減速と、ブレーキング時の挙動については、プライベートで乗ることのある高級車以上にも感じます。

この車の最大の魅力は、これまで疲れてしまい泊りがけ以外では行けなかった場所に、日帰りでも気軽に行ける所です。その上、ちょっと工夫すれば実用燃費も、エアコンや暖房使用時で17km/L以上、不使用時だと20Km/L以上となり、従来の車の倍以上走行しているのに、燃費が良いので消費したガソリン代はほぼ同じ。いいことづくめです。
おすすめしたい車です。

安全支援装置には何度か運転のダメ出しされ、運転の仕方を見直すことになり助けられています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年12月
購入地域
神奈川県

新車価格
322万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった50人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Iさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
91件
CPU
0件
17件
デジタルカメラ
1件
13件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

エクステリア
見る角度にもよりますが良いとおいます。

インテリア
高級感もとめてないので良いとおいます。

エンジン性能
エンジンついてますよ。

走行性能
スーッて感じですね。

乗り心地
プロパイまかせですが
長距離らくですね。  
   
燃費 燃費の満足度
平均15.5km
プロパイまかせですがいいですね。

価格 総合的な価格の妥当性
支払額ナイショ。
とにかく運転しやすく女性におすすめです。

他メーカーに比べてバックモニターの
画質が悪すぎる。
プロパイロット2.0と4wdはやくつけてね。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
その他
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
兵庫県

新車価格
349万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

雑種犬だいきちさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
30件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
3件
プリンタ
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3

2019年型 e power hsv です。
9月初めに納車されてから乗ってみた感じです。

前車はc25G後期です。

c25と比べて、新車時の乗り心地がとても良いです。
c25の時は、足回りが馴染むまで15.000キロくらい酔いやすかったのですが、今回の車は酔いがなくカチッとしてるのですがしなやかです。

室内は総じて静かなだけに、発電用エンジンがかかった時の音がうるさく感じます。

プロパイロット は高速では素晴らしいの一言。
長距離でも気にならないです。

高速で200kmほど連続走行した時に、カーブ+トンネルの出入口+センターラインと波線の二重線のところでラインオーバーしそうになったことが2回、プロパイロット 解除されたこと1回でした。

進路変更の車が前に入ってきた時は、しっかり認識しますが、合流などで幅寄せのように寄ってくる車には対処出来ませんでした。
この点を注意した上でも、運転の疲れを想像以上に軽減してくれます。
またプロパイロット の車線認識については、かなりかすれたラインも認識します。
しかし前期型のほうが一般道で認識しやすいなと感じます。
一般道で使うことはないので、そこはいいかなと。

ワンペダル走行は、すぐ慣れます。
慣れると快適です。

アダプティブled ヘッドライトを観察すると、高速道路で後方から抜いていく車の側面をハイビームで照らしていますが、後部ドアくらいまで来ると、ロービームに、切り替わっています。
追い抜いていく車の、ドアミラーを過ぎたあたりまで
ハイビームですので、抜いていく車が眩しくないか気になります。
前走車や対向車を、照らし続けることはありませんでした。

パーキングアシストは、使える場所では使える。使えない場所では使えない。という感じです。
駐車枠を決めて開始すると、ハンドル操作をしてくれるのですが、前進後退はドライバーが操作します。
指定の位置まで前進して、指定の位置まで後退と。駐車完了まで繰り返します。
ここで少し問題が。前進後退の切り替わる場所まで距離があるので、狭い駐車場や道では壁や他車に衝突するので、指定する場所まで進めません。
そこで仕方なくバックに入れると支援放棄されるかと思いきや、パーキングアシストを続けてくれます。
切り返し回数がかなり増えますので時間はかかりますが、機能としては楽しめます。
さっと自分で駐車してもいいし、パーキングアシストで、どうやって止めるかを楽しむのもいいなと思いました。
注意点として、自走式立体駐車場などで、駐車スペースの真横な柱がある場合は、何も無いかのように、巻き込んで、ぶつかって行こうとしますので、真横はセンサーは無いと認識しておかないとって感じです。


気になるところはありますが、多くの機能が満載された家電のような印象を持ちました。

見た目や運転支援について、批判的な意見は目にすることがありますが、ぜひ一度乗ってもらいたいなと思える車です。

乗車人数
6〜7人
使用目的
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車

参考になった15人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ただのクルマバカさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
41件
ドライブレコーダー
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

【エクステリア】

ファーストインプレッションはあまり良い印象ではなかったが、見慣れてしまえば、これもありかな、と。
T社のような、オラオラ系よりは全然ましです。

ただし、ホイールのインセットの設定があまりにひどい。
特にHS系はエアロパーツの分、余計に奥まって見える。
ツライチにせよ、とは言わないが、もう少しなんとかならんのかね。

【インテリア】

デジタルメーターのクルマに乗ったことがなかったので、最初は違和感ありまくりでしたが、すぐ慣れました。
というか、スピードメーターの数字が、思ったより動かないので逆にびっくり(デジタルってもっと目まぐるしく変わるものだと思ってました)。古いアナログ人間なもので。

あと、数字のフォントが、いかにもデジタルでございます感、を出しまくり(笑)。
いくつかのフォントから選択できればいいのに。ここだけが、一昔前の近未来感がありありで、ちょっとダサいと思うのは自分だけ?
日本人の考えるデジタル感って、初代ソアラの頃から変わってねえ(笑)。

インパネを含め、全体のバランスは良いと思います。
スイッチの配置など、若干の?はありますが、慣れれば気にならないレベルです。

【エンジン性能】

完全モーター駆動! 
これに尽きます。このために買ったようなものです。いやマジで。

エンジン駆動との切り替えなど潔く切り捨て、シリーズハイブリッドに徹した、その心意気に惚れました!
効率を考えれば、H社のi-MMDとかがベストなのは百も承知で、敢えてそうしなかったニッサンの決断に感謝です。

【走行性能】

3リッターNAエンジン並みのビッグトルクを、ゼロ発進時から発生する電気モーターならではの加速感!病みつきです。

また、回生協調ブレーキといった、しゃらくさいシステム(笑)など、これまた潔く切り捨て、スロットルペダル一本で回生と加速をコントロールする「ワンペダルドライブ」。
このレビューの題名にも選んだ、「自分でやる楽しさ」を、この「ワンペダルドライブ」が全てを体現しています。

機械任せにしない、ドライバーの技量に任せるところは任せる、この潔さ!
結果として、人によって(運転者のスキルによって)燃費性能に大幅な差が発生する。

誰が乗ってもそこそこの好燃費が出せるクルマは、ゴマンとある。
でも敢えてそれをせず、「やれるもんならやってみなはれ!」と、ドライバーに丸投げ(笑)。
もう、毎日が挑戦です。楽しくって、楽しくって!

【乗り心地】

前車(4ナンバーの商用バン)と比べるのは酷ですが、こんなに違うのか、と目からウロコが落ちまくり(笑)、です。
やっぱり乗用と商用(貨物)は全然違います。

なので、普通の人の一般的な、乗用車→乗用車への乗り換えのレビューの参考にはならないと思います。
的確な感想等を知りたい皆様には、他の方々がお書きになったレビューをご参考になさった方がよろしいかと。

【燃費】

走行性能の欄にも書きましたが、走り方で全然変わります。
色々試しましたが、自分でもびっくりするくらい差が出ます。
参考までに

峠を攻めた時 4km/L
高速右側車線を流れに乗って 14km/L
高速左側車線を80km/h 18km/L
一般道(郊外) 18〜22km/L
一般道(都心) 15〜19km/L
箱根の山登り(流れに乗って) 8〜10km/L 
箱根の山下り 40〜50km/L

なお、峠や箱根路以外はかなりエコランを意識しての走行です。
ガソリン車と同じような感覚で、何も考えずに走った場合、高速はそれ程差は出ませんが、一般道は上記の数値よりもマイナス3〜5/km/L位下がると思います。 また、エアコンの使用頻度、設定温度でも変わってくると思います。
それでも、ミニバンとして考えると、ガソリン車よりは大分いいかな。

【価格】

ナビやフロアマットをレスオプションにしたりと、一般的な買い方とは多少違っていると思います。
自分としてはこんなもんかな、くらいです。
オプションをてんこ盛りすると、とんでもない金額になるのは、各社同じですね。

【総評】

自分はこの車を仕事車として、日々の業務に使用しています。
ほぼ365日、乗らない日はないと言っていいでしょう。
納車してからもうすぐ3か月、間もなく一万キロにならんとするところです。

でも、運転が苦であると感じたことは、一切ありません。
どんなに渋滞にはまっても、早朝でも深夜でも、好天でも土砂降りでも、全く嫌になったりしたことがありません。

こんなクルマ、初めてです。
重箱の隅をつつけば、そりゃあ何か出るでしょう。
でもそんな事は、評論家のセンセイ方に任せておけばよろしいかと。

乗って楽しいクルマ、それで充分です。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
神奈川県

新車価格
340万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37

このレビューは参考になりましたか?参考になった

狛犬*さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

(再レビュー)
時間ができたので、再レビューします。
親戚が同時期に購入した新型アルファード(ガソリン車)との比較も混じっています。

【エクステリア】
かっこいいです。
いかつい外見が苦手なので、セレナはgood。

【インテリア】
使い勝手も良い。
確かに、シートの座り心地はアルファードがいいですが、中も外も作りが大きいので室内空間はセレナ の方が広く感じます。
2列目から3列目への移動もスムーズ。
アルファードは革シートだったせいか、子供の汗でベタベタする感じがありました。

【乗り心地】
悪くはないと思います。
車酔いしやすい息子も酔うことはありませんし、すぐに寝てしまいます。

【燃費】
親戚のアルファードは8km/Lもないとのことでしたがが
今のところ17km/Lは出ています。

【価格】
高いですね。
あと少しでも安くなれば、手が出やすいかな。

【総評】
乗っていて楽しい車だと思います。
子供たちも大満足です。

乗車人数
6〜7人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年5月
購入地域
福岡県

新車価格
340万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
15万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

なにわのセレナさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

まずドアを開けると懐かしい新車の匂い
今まで乗ってたC25セレナが我が家に来たのは11年前、11年ぶりの匂いです。
運転席に座って、今までのアナログなC25と違い、近未来的なインパネで一瞬戸惑います。
スタートボタンを押すと、インバーターの独特な何とも表現のしにくい音が微かに聞こえてきます。そのまま暫く色々と見ていると、ブルルルとエンジンがかかり、あぁなるほど3気筒ねとあまり上品とは言えないエンジン音がしました。
【エクステリア】
外観的には私自信かっこいいと思ってます。これは個人それぞの感覚の違いで意見は別れるでしょう

フロントグリルのブルーのラインは他車との差別化でいいと思ってます。
【インテリア】
以前に乗ってたC25との比較になりますが、運転席回りはスッキリとしていい感じです。
運転席と助手席の間の台と言うのか、電池の収納の為に出っ張った部分を台にしたのでしょうけど、違和感があります。

【エンジン性能】
発進はスムーズでC25のアクセルを踏んでも、のたーと発進するのではなくスーと発進していきます。
前車を追い越したい時にアクセルを踏むとこれもスーとストレス無しに加速してくれます。

低速で走ってる時にエンジンがかかると少しエンジン音が聞こえますが、少し速度が上がるともう気にならない程度です。

【走行性能】
アクセルを踏んで、タイムラグが無く車がスーっと動くので扱いやすいです。
eペダルでの制動力には最初は戸惑いましたが、数キロ走れば慣れてきました。

阪神高速と西名阪道を走りましたが、プロパイロットのハンドル操作は、阪神高速のカーブのきつい所では解除されます。西名阪道の緩いカーブは問題なくハンドルはクイクイと反応してカーブをトレースしてくれました。
一度驚いたのは、トンネルから出てすぐに逆光でハンドルが急に右に切ろうとして、驚いて修正しました。逆光の時は注意が必要です。

【乗り心地】
満足です。これもC25との比較になりますが、足回りからの突き上げがマイルドなった感じです。これは11年も乗った車からの乗り換えなので、当然かもしれません。

【燃費】
もう暫く走らないとわかりませんが、今のところ高速道路と下道が半々で18キロくらいです。

【価格】
高いと思います。

【総評】

乗車人数
6〜7人
使用目的
レジャー
仕事用
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
大阪府

新車価格
340万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アンパン70さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:293人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格2

普段乗っているオデアブソHVとそれを購入する際に比較した箱型ミニバン、先日発売されて試乗したステップHVとの比較です。
【エクステリア】
箱型ミニバンの中ではNO.1と思いますが、デザインの好みは人それぞれですので、善し悪しはないと思っています。
【インテリア】
視界の広さは他の箱型ミニバンと比べてもオッと思わせる開放感です。設計が古く腰高、高重心と叩かれることもありますが、それが随一の見晴らしになったと言えます。但し、デリカD:5は負けてないかもです。三角窓の広さも広視界に貢献しています。
USBコネクタが3列とも装備してあり、小物や飲み物の収納も確保されています。また、二列目シートバックに三列目用トレイがあるのもGOODです。
ただ残念なのは1500wの電源がないこと。オデ、ステップHV、ヴォクシーは装備可能で、旅行中のビデオ・カメラの充電や、万が一の災害時にガソリンさえあれば非常用電源としてかなり有効です。
【動力性能】
先にノートe-POWERに試乗して感動していたため、正直拍子抜けです。初期加速は悪くないのですが伸びがない。ヴォクシーより若干良いくらい。ステップはのシステム出力がセレナ、ヴォクを48ps(N-BOX1台分!)上回っており、かなり余力があります。感覚的にはオデ、ステップの初期設定であるECOモードにセレナのSモードがとどいているかなあという感じで、どちらかというとステップターボに近い。加速性能は雑誌「セレナe-POWERのすべて」で0ー80km/h加速比較記事が軽く出てますので、参考にしてください。
【走行性能】
これも厳しくなります。ヴォクシー・ステップは低床化、低重心化を進めたため、ワインディングや都市高速での旋回に余裕が生まれています。この低床化技術はホンダが特許でかなり押さえていて、トヨタはそこに触れないよう独自に低床化を実現するために月日を費やした経緯があります。同様にHVはトヨタが特許で固めていたりと各社で技術を押さえており、作れば良いというものではないというのが難しいところです。
【乗り心地】
基本的に静かで加速も変速段差がなく滑らかです。またe-POWERは発電に最適なエンジン回転数を維持しているようでエンジン音は比較的一定のため段々気にならなくなります。ヴォクは登坂路ではかなりエンジンが唸ります。ステップも基本静かですが、アクセルの踏込みとエンジン回転数をある程度連動させており、エンジン音に抑揚がある分セレナより音が入ってきます。
ホンダは2013年に他車(アコード)にHV機構(i-MMD)を搭載した際、セレナ同様一定回転数にしていたのですが、ユーザーからアクセルとエンジン音のギャップに違和感を感じるという声が多く、現在の設定に変更した経緯があります。しかし、燃費や環境を考えればe-POWERの設定の方が主流になることを望みます。
あとセレナの場合、ステップでは感じないエンジン始動時の振動を若干感じます。これはステップが2.0L直4に対し、セレナが1.2l直3であることが要因かと思っていますが、他の理由かもしれません。
また、乗り心地というより2列目以降の乗降性ですが、オデ・ステップ・ヴォクは低床設計のため子供、高齢者、ペットには優しいです。
【安全性能・快適性能】
ヴォクは簡易的な衝突軽減ブレーキです。セレナのプロパイロット、ステップHVのホンダセンシングは多少の機能の違いはあれ、ほぼ同性能とみて良いと思います。セレナはオートハイビーム、インテリジェントルームミラー、ステップは100v電源、歩行者回避(ブレーキ+ハンドル)、信号情報活用支援辺りが相違点です。
バックドアもヴォクは平凡な開閉のみ、セレナ、ステップは縦横の違いはありますが、中開きが可能です。
CMでもあったスライドドアを足で開ける機能、あれはいらないと思いました。ステップ・セレナにはつけられますがセレナはノブ横の開閉ボタンで、ステップはノブ自体が小指で開けられるし、キーのリモコンで開ければ済むことです。
シートアレンジはセレナ・ヴォクの2列目はロングスライドが可能です。ステップ2列目はスライド量大きくないですが、HVでも一列目下スペースの犠牲を最小限にしているため、前に出しても足先を滑り込ませることができます。
3列目は使用用途や好みになると思います。
【燃費】
バッテリー容量がステップより0.5多い分起伏が少ない一般道での燃費はセレナの方が良いのではと思います。但しセレナはエンジン直結機構がない分、65km/h超や登坂路の走行では燃費悪化が避けられません。ヴォクシーも同様に高速ではセレナの燃費を上回ることが予測できます。
ちなみによく日産e-POWERはホンダi-MMDの下位互換とネットの書き込みでありますが、互換性はありませんのでこれに当たりません。多分下位機構といいたいのでしょうが、前述のように平坦な一般道では同じ原理となるe-POWERとi-MMDに差はなくなるため、バッテリー容量の多いセレナに優位性があります。特に都市部、平野部の方には向いており、ステップはトータル燃費で優位性があります。
【価格】
高い!の一言に尽きます。試乗して説明受けて、いい車だなあと思っていたところ、営業から価格を聞いて衝撃が走りました。なら室内も広く、シートも上質なオデHVでいいやと思いました。価格設定は再考の余地ありです。
【総評】
日産ファンとそれ以外で口コミではかなり白熱していましたので、なるべく客観的にレビューすることを心がけました。
改めて比較するとノア/ヴォクがこのままのはずがないので、確実に次はすごいのを出してくるだろうと予測がつきます。
セレナはドライバーだけでなく、同乗者のこともよく考えられてて快適性の高い車だと思います。どの車が良いかは住環境、家族構成、使用用途等によって変わってきますので、優劣つけられるものではありません。

レビュー対象車
試乗

参考になった115

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

セレナ e-POWER
日産

セレナ e-POWER

新車価格:299〜380万円

中古車価格:203〜419万円

セレナ e-POWER 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <384

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

セレナe-POWERの中古車 (493物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意