日産 セレナ e-POWER 2018年モデル ハイウェイスター V(2018年3月1日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > セレナ e-POWER 2018年モデル

セレナ e-POWER 2018年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:セレナ e-POWER 2018年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:ハイウェイスター V 絞り込みを解除する

満足度:4.33
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:121人 (プロ:1人 試乗:29人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.41 4.34 64位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.03 3.93 61位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.07 4.13 88位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.27 4.21 44位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.11 4.05 70位
燃費 燃費の満足度 4.23 3.89 39位
価格 総合的な価格の妥当性 3.39 3.88 123位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「乗車人数:3人」で絞込んだ結果 (絞込み解除

ムーンライトハーモニーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地2
燃費4
価格4

あまり車には詳しくないものがレビューします。
セーフティパックB購入

【エクステリア】
外見はミニバンの中でもカッコイイと感じます。特に顔は、2019年8月マイチェン以降の顔よりも断然良いです。
【インテリア】
搭載してる設備は、ファミリーには有難いものばかりだと思います。ただ、ボタン周り、特に窓のボタン周りはコスト削減の為かとても安物感があります。
【エンジン性能】
ミニバンには初めて乗りましたが、こんなにも加速が良いのかと感動しました。アクセルペダルを踏んでタイムラグが無い、って感じでした。
【走行性能】
ワンペダルがなんといっても素晴らしいです。ブレーキの踏み替えが減るだけで相当楽です。納車日には慣れる程度で、もう他の車に乗ると面倒になってきました。なので時々ノーマルタイプで運転してます笑
【乗り心地】
静粛性は高いと思いますが、モーター充電する時は気にならない時もあれば、とてもうるさい時もあります。基本は静かです。座席にゼログラビティシートを採用してるようですが、正直良さが分からず、第一印象はあまり良くないって感じでした。期待しすぎた部分もあるでしょう。
【燃費】
猛暑の中の納車なので、エアコンはフロント、リアフルに使って平均16程度でした。前にノートに乗ってましたが、それよりも優れてますので満足してます。ドライブモードの切り替えで若干燃費が違うようですが、そこまで大差無いと思います。基本Sモードでの運転してます。
【先進技術】
プロパイロットについて色々調べてもどの程度のものかあまり書いてないので、実際に使った様子を説明します。
基本高速道路での使用を推奨しているようですが、ハンドル支援無しにして、前車の追随、前車が居なくても設定速度での自動運行を上手に使えば、一般道でも充分使用できます。もちろん曲がる時や先頭での信号待ちではキャンセルする必要がありますが、ボタン一つ押すかブレーキ踏めば解除されるので楽です。開始時もボタン押すだけで即開始され、レスポンスは非常に良いと思います。
高速道路では、ハンドル支援が役にたちますし、両サイドのレーンを反応するのに超速で感動しました。同一車線自動運転としては素晴らしいものだと思います。高速道路での巡航、渋滞時の疲労・ストレス軽減が大きかったです。
ただ、トンネル内での渋滞合流時、前車に続いてスピードは落ちますが、警告音が鳴り止まろうとはしません。30キロくらいの巡航時も、トンネル内では前の車に突っ込もうとします。トンネル外ではそのような事はありませんでした。又、雨の日は使用できないとの事ですが、普通に使用できました。それと、片側1車線対面の、センターラインがポールがある高速道路では、ハンドル支援が開始、解除と頻繁に起こり、煩わしかったです。ハンドル支援はおまけ程度と思った方が良いと思います。アクセルペダルを踏まなくても良いだけでも大変楽でした。

その他、オートブレーキホールドは、ブレーキを踏み停止するとブレーキ踏まなくても止まります。これも大変楽です。

自動駐車システムも楽には楽ですが、設定が手間なのでその間に止めた方が早いです。不慣れな所ならありかと。

アラウンドビューは言うまでも無く、あるべき機能ですよね。
【総評】
先進技術搭載の車を運転し、今までの車よりも様々な面で便利、楽になりました。なぜもっと早く買わなかったのか、と思っています。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年8月
購入地域
静岡県

新車価格
340万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
10万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

マジめなヤミ鍋さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:107人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
19件
スマートフォン
2件
8件
ウェアラブル端末・スマートウォッチ
0件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

ディスってるように見えますが、購入者です。かなり気に入って買ってますが「クルマってこう!」という自分の思い込みをひっくり返してくれたので、書きました。(追記部分は、だいぶシビアになってきました(苦笑))
【エクステリア】
印象批評は過去レビューを参照下さい。
追記では機能面で書きます。改めてハイウェイスターってドレスアップ車なんだなー、と。ドア周りの地上高(クリアランス)がだいぶ低めになるので、路肩で開けるときは注意が必要です。車体底面の前輪タイヤハウス前の整流板?も結構出っ張っているので、駐車場の車止めに「ズリズリ」と擦ってしまうことも。気になる人もいるかもです。
【インテリア】
ハンドル周りとマルチインフォメーションディスプレイ、運転支援系のシステムとナビの連携は秀逸。良く出来ています。
アラウンドビューを有効利用するためにも、大画面ナビがオススメ。
特によく使うのが「幅寄せ用・左前表示」です。低速で路肩に寄せつつ、カメラボタンを押すと、即座に左前輪の様子が映し出されます。ミラー位置や車両前端の目安も表示されるので「路肩まで○センチ」を車両感覚に頼らず、目で見て確認出来ます。アラウンドビューでは大雑把すぎるので、こういう繊細な使い方ができるのも嬉しいですね。
パーキングアシスト、意外と高性能です。でも駐車が苦手な人ほど怖くて使えないかも? とっさに使えないUIは、一考の余地あり。(あんまり使ってほしくはないのかな…)
シート形状はやっぱりステップワゴンなどに比べ一歩リードしてると思います。地味に良い部分なので、試乗等、乗り比べの際は要チェックですよ。
【エンジン性能】
1つ目、モーター駆動は最高に気持ちがいい。アクセルに忠実に反応します。コレはe−POWERの醍醐味です。Sモードでの力強さ&レスポンスの良さを例えるなら「MT車の2速」並、と言ったところ。(エコモードだと3速かな?)ミニバンなのに、このキビキビした走りが好燃費と共に手に入ります。
2つ目、回生ブレーキは想像以上に得した気分になります。下り坂直後のバッテリー走行の静けさは感無量です。一方で他のエンジン車に乗って減速する時に「嗚呼、エネルギー損失が…もったいない…」と、必要以上に悲しくなってしまうのも考えものですが。
3つ目、発電用エンジンの音は、どこかで工事でもしてるんだなーと思って無視しましょう。理由は走りと無関係に唸り出すから。でもエンジン駆動車に比べれば振動も無いし、音も静かです。
【走行性能】
常識が覆るワンペダル。想像以上に使えるプロパイロット。クルマの運転って…と、考えさせられます。なんか、クルマに似た新しいモノを見つけた気分です。驚くほど疲れないので、ロングクルージング向け。逆に言うと「走った!感」が少ないので、ドライバーはいくらドライブしても満足できないような…(^_^;)…まぁ、もともとドライビングマシンではないので仕方ないことですね。裏を返せば飽きない、ということかもしれません。
ちなみに坂道登りはエンジン全開で(モーター駆動なのに(笑))元気よくグイグイ登ります。下りはスピードを出してはいけません。コーナー最後が腰砕けになることがしばしば。後続に譲るくらいの気持ちで、ゆっくりのんびり下りましょう。
街なかの人通りの多いところでは、静か過ぎて気付いてもらえない「ハイブリッドあるある」。e‐powerも顕著ですが、セレナの場合、チャージモードのエンジン音で「存在感を出して走る」という…、ある意味「本末転倒(?)」なことで対応できます。ホント、静か過ぎます。(笑)
【乗り心地】
「峠で走って楽しむ」みたいなクルマとは、まったく別の乗り物です。思ったよりロールは少ないですが、ちょっと無理やり止めている印象。きれいな舗装道路ならスマートに走りますが、古くなった荒れた舗装道路(決して悪路ではありません。住宅街のレベルで)のようなアンジュレーションに弱く、ゴトゴトと頭の方もけっこう揺れます。足回りが「いなしてくれる」フラットな乗り心地、とはなりません。このあたり、酔いやすい人には向かない…というコメントにも頷けるところです。うちの酔いやすい娘は気にならないみたいですが(^_^;)。縦揺れはともかく、横揺れに弱い印象です。
値段から考えるともう少し懐の深い走り味を期待したいのですが、開発時間をe‐power走行に振り向けたのでしょう。煮詰めが甘く見えてしまいますので、残念なポイントです。
【燃費】
RG型ステップワゴンから変えたので、どんなに悪くても月とスッポンです。
時折、エンジン駆動車と天秤にかけて「価格差分の元を取るには…」なんて論じる方がいますが、そもそもハイブリッドやe−powerは『夢を買う』モノです。燃費だけ語るならLPガス車かディーゼルが一番かと。普通に「ちょっと良ければ」合格点です。
【価格】
割高です。ですが、前述のとおり、それを補って余りある新しい発見、楽しみがあります。
【総評】
今までホンダ車を乗り継いできたホンダ党です。当然、ステップワゴンHVと迷いました。ステップは自動車の正統進化たるハイブリッド。足回りなども「走り」に力を入れてます。新しい『自動車の』カタチは多分あちらでしょう。セレナe−powerは突然変異のホワイトタイガーみたいで、新しい『ドライビングの』カタチとでも言いましょうか。いい意味で目からウロコでした。つまり面白そうなものを見つけたワクワク感に、やられてしまいました。
バッテリーの劣化問題等、まだまだ課題はあるかも知れませんが「運転する楽しみ」と「ラクな移動手段」そして「同乗者(家族?)の使い勝手」を凝縮させた稀有な存在として、クルマ好きに一度は乗ってみてもらいたい、そんな乗り物と言えそうです。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
神奈川県

新車価格
340万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった70人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

リンゴ3さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
16件
デジタルカメラ
1件
3件
SoftBank(ソフトバンク)携帯電話
1件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

たまたま試乗したe-powerに魅せられて購入しました。
e-powerの走りは正に電気自動車です。ワンペダル走行で、ブレーキを踏むのはほぼ停車直前のみです。オートプロパイロットも想像以上に高速道路で使えます!これから長い相棒になりそうです!!!
パワーに不足はありませんが、発電エンジンが実走行に関係ないときにかかる違和感でマイナス1、内装を黒にしたため黒一色で自分でシルバーパーツをつけた点でマイナス1、結果としてオプション上乗せで高くなったことでマイナス1してますが、現時点で自分にとっては最善のワンボックスカーと思ってます。
トータルで大大大満足です!

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年11月
購入地域
愛知県

新車価格
340万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
0円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

elumesiaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格2

【エクステリア】
好みだと思うんですが、顔は好きじゃない。フォグとハイビームがLEDではない。
フットセンサーとバンパーのセンサーが最初からついてるのは便利だとは思う。
インテリジェンスミラーはいらない。雨の日の試乗でしたが曇ってました。
フットセンサーとインテリジェンスミラーをオプションにしてフォグとハイビームをLEDにした方がいいと個人的には思います。
デュアルバックドアは下の荷物を取る時に、一般的な身長の女性なら背伸びしないと取れないと思う。出し入れ出来るサイズもワクワクゲートが便利。

【インテリア】
値段の割には…ハンドルの細さ、パネルの安っぽい感じが運転中は気になる。

エアコンが左右独立してないのと、後部座席のオートデュアルエアコンが全グレードオプションなのはマイナスポイント。
2列目の横スライドと3列目の座り心地は優秀。
ただ跳ね上げ式の留め具が安っぽいのと、それによる荷室の狭さが気になる。

【走行性能】
ワンペダルは便利ですね。
モードが4つありますがエコモードは絶対使わないと思います。アクセルが重すぎて終始ストレスが溜まります。平坦地でワンペダル使わないなら、ノーマルモードで充分ですが、坂道はSモードじゃないと結構アクセル開けるんで、きついかな。
結果Sモードしか使えない。

【乗り心地】
悪いです。フワフワしてるし、ロールも。
15インチはミニバンでは悲しくなります。 ワンペダルは秀逸なのですが、後ろに乗ってた嫁はブレーキの効きで気分悪くなったらしいです…

【燃費】
試乗コースではリッター20を記録。燃費は街乗りで悪くない感じでした。

【価格】
ステップHVと同等装備にするとセレナの方が高いです。同じオプション付けて20万以上高かった…

【総評】
運転は女性にもしやすいと思うし、嫁がメインで車に乗る家庭にはいいと思います。
趣味が釣りの自分が使う車としては、走行性能と積載性能という面で候補から外れました。

レビュー対象車
試乗

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

demuchinさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
Mac ノート(MacBook)
1件
0件
タブレットPC
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格3

日々の通勤、GWのレジャーにて使用して 再レビューします。

初回のレビュー時は走行モードを「エコモード」で行っていました。
郊外を走る分には不満はありませんでしたが、街中や山中を走っているとモッサリ感がありました。
アクセルを踏んでも、スピードに乗せられないというものです。

「Sモード」にすると その感覚は一変。
加速が思いのままにできるようになりました。
モーターならではの 本来の加速感を感じることができるようになったのです。
踏めば踏むほど加速し、ワンペダルのお蔭で合流もスムーズに速度調整できます。
現在は フィーリング重視で「Sモード」固定で走行しています。

試乗で「走らない」と思った方は、エコモードだったのかもしれません。

燃費に関しては 22km/Lから、21km/Lになった程度。
山道は、登った分 降りた時の充電量が凄いので、平地同等の燃費で満足しています。


−−−−− 以下 初回レビュー −−−−−−

2011年のセレナC26(前期)ハイウェイスターVセレクションからの乗り換えです。

色はホワイト&ブラックのツートン
内装色はグレージュ(白系)

発表前に事前予約をし、4月22日の納車です。

オプションは・・・
ベーシックパック、ナビレコツインモニターパック、セキュリティセーフティパック、
バックビューモニター、ウインドウ撥水、5イヤーズコート、メンテプロパック

購入費用は約450万円。前車の下取りは65万円です。

友人が日産の営業マンで、過去に数台購入。
所有車歴は、R32スカイライン、ステージア、キューブ、デュアリス、C26セレナ。
それもあって他社とは購入前の比較をしていませんので ご了承ください。

【エクステリア】
個人的にC26よりは好きです。特に後ろが。
直線的な部分が多く、好みなので気に入っています。

ハイビームの光源はハロゲンですが、雪国なのでライトの着雪防止には有難い。
キセノンやLEDは、低温だと雪が解けないので。。。

【インテリア】
C26オーナーなら気づくでしょうが、運転席&助手席のシート幅が若干狭くなっています。
以前もアームレストを使っていましたが、簡単にシートベルトを挿入できました。
今回のモデルは狭くなっているので、シートベルトのバックルが挿入しづらい。

各座席のUSBは便利な装備です。ただ、最大1アンペアなので スマホが限界。
それ以上の電力が欲しいときは、助手席前のシガーソケット必須です。
2アンペアのUSBが標準で欲しかった。

MOPのカーナビはパナソニック製。リアモニターはクラリオン製でした。
ブルーレイ再生には対応していますが、どちらも720p画質です。
ディスプレイサイズが大きくなっただけに残念。
ちなみにUSBやSDカード内の動画も1920×1080は非対応。
ファイル自体が再生不可なので、車内で見るときは1280×720に変換を。

【エンジン性能】
3気筒独特の音がします。
代車で乗っていたマーチの感覚を思い出します。

ただ、オーディオを使ったり、会話をしていると気になりません。
荒れた路面ではロードノイズのほうが気になります。
たまにディスプレイでエンジンが作動しているか 確認したくなるほど。
高速道路ではフルに回りますが、今までよりも遥かに小さい音。
エンジン音の心配をされるのであれば、気にならない!と断言します。
オーディオレスならば 話は別ですが。。。

【走行性能】
アクセルによる速度調整は まるでラジコンカーのようですが、すぐに慣れます。
これに慣れると、他の車にストレスを感じるくらい楽です。
恐らく雪道の下り坂やコーナーの不安は無くなるでしょう。
ワンペダル・・・これだけでも購入する価値があると感じました。

【乗り心地】
ステアリングフィールは かなり軽めです。
C26よりも足回りは固く感じます。
でも、路面の突き上げは感じにくくなっています。
コーナーでも ふらつく感じはありませんでした。
お世辞にも剛性が高いとは言えませんが、普段乗りする分には満足です。

【燃費】
当方、田舎住まいで 18kmある自宅〜会社までの間に信号は5本。
通勤は峠越えなのですが、平均22km/Lという数値です。
平坦な道でエコ運転をしたら、28km/Lになりました。
C26時代も カタログ値15km/Lに対して平均14km/Lでしたので、
郊外居住の方は 燃費に不安はないと思われます。

【価格】
総額450万円は なかなかパンチのある金額だと思います。
上級グレード車に手が届きますしね。
ただ、中の上(セレナ最上級)か、上の下(エルグランド最下級)のどちらを買う?
・・・そう考えると 妥当かと思います。 

【総評】
納車までに他の方のレビューを読ませていただきましたが、「試乗レベル」では分からない車です。
自分は購入手続きしてからの試乗体験でしたが、試乗の時は今ほどの価値は見出せませんでした。

日産の広告は過剰で、価格もお高めの設定。
他社の商品力、パワー、有能なハイブリッドシステムには勝てない部分もあります。
しかし、所有してみて大変満足しています。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
富山県

新車価格
340万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった60人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

シャル・ロットさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
0件
7件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3

本日納車しました。
アルファード10系前期からの乗り換えです。
かなり自分視点の偏見が入っていると思いますが、ご容赦いただければ幸いです。

4/24日セレナ e-POWER 納車しまして一畑山までの往復約100キロのレビューです。
グレードはハイウェイスターV
カラーはダイヤモンドブラック
エクステリアオプションとしてフロントダイナミックパックを選択。
プロパイロットは未装備です。

【エクステリア】
C27の外見は他の車種よりは気に入っています。
個人的にですがオラオラ感が少なく e-POWER の特徴である
ブルーのラインがブラックに映えてよい感じです。
C27が出てから目新しく変えた部分は少ないですがそれゆえ見慣れた
姿なのですんなりと受け入れられました。ダイナミックパックつけるとカッコイイ。

【インテリア】
さすがに10系とはいえアルファードと比べるとポケットの大きさ、収納では劣りますが、
15年の車の進化に驚きました。個人的にはすっきりとまとまっている印象でした。
9インチナビも見やすく画面もきれいなのでSDに動画を入れて楽しめます。
以前はIpadで見ていました。
ただエアコンのスイッチ類がもう少し上にあると操作しやすかったなぁと思いました。

【エンジン性能】
よくエンジン音が聞こえて静粛性が・・・との声がありますが、個人的には気になるレベルではないと
感じました。もともと(どのようなエンジンでも)エンジンの音が好きなのもありますが・・・
チャージモードを入れるとエンジンは頻繁にかかりますが、平地を走るならそれほど気になるほど
ではないと思います。一畑山に登るときはさすがにバッテリーの減りが早かったのでかかりっぱなしでしたが。

【走行性能】
個人的にはかなり良いと感じました。前の車が2・4Lだったので多少重く感じていましたが e-POWER は楽に
走っていました。また一畑山の登りもアクセルを軽く踏み込むだけで登っていきますしパワー不足は自分は
感じませんでした。またワンペダル操作も最初は戸惑いますが慣れると楽に車をコントロールできます。

【乗り心地】
ステアリングはかなり軽いです。すごく楽に操作できます。
直進でも普通にしていればふらつくこともないですし操作はしやすいのではないでしょうか?
路面の凹凸もかなり吸収してくれますので車内に入ってくる音の割にはショックは少ないと感じました。
セカンドに乗っていた両親もキャプテンシートが楽だし乗り心地もよいとの感想がありました。

【燃費】
まだ100キロ程度しか走ってませんが車の表示では12キロを表示していました。
ただし100キロ走行時に走行可能距離が900キロ以上を示したいたのでまだまだ伸びるものと
思われます。また、帰りはほぼチャージモードであった為エンジンが頻繁にかかっていたのもあると思います。

【価格】
総額で420万でした。上位のミニバン(アル、ヴェル)の下位グレードの届く値段ですが、
結果的にはこちらで大満足しています。下手にアル、ヴェルの下位グレードよりこちらの
ほうが個人的にはよかったです。

【総評】
納車までにいろいろなレビューで不安な点もありましたがこの車は所有して初めて良さがわかる車だと
思います。試乗の短い時間ではこの車の良さはあまり見えてこないと思いました。
ただやはり価格的にホイホイと買えるものではないので・・・
確かに他社のハイブリッドに比べると劣る点もあると思いますが個人的には大満足の相棒です。

これからセレナ℮-powerを検討されている方はぜひ試乗は一度ではなく何度か試してみるのをオススメ
します。乗るたびにもしかしたら違う面が見えてくるかもしれません。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
愛知県

新車価格
340万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった50

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たらきくさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
5件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4
   

ミントホワイトパールです

   

ハイオク、ターボ付きレガシィからの買い替えです。
3月4日に契約、4月8日、購入した販売店第1号の納車です。

★エクステリア
グリル周りはメッキメッキしてなくて(オラオラしてなくて)大きさもちょうど良く上品な仕上がりになっていると思います。
フロントプロテクター付けたので、精悍な顔立ちになりました。色は限定色のミントにしましたが、グリルのブルーと同系色で馴染みよく見えます。

★インテリア
広々して開放感があります。ただ運転席のアームレストがもう少し幅広だと安定感あっていいかなぁ。肩幅あるので腕、ずり落ちそう。
2列目は足元伸ばせて快適です。左右にシートが動くのもいいですね。ただ、収納がもう少しあれば尚いいですね。家族がゲーマーですが充電には困りません!最高‼‼
基本3列目は格納してます。ラゲッジルーム下の収納が結構深さあるので、遊び道具とか色々入ります。

★乗り心地
納車したその足で、往復3時間程の山道ドライブしました。山頂にあるお寺へ安全祈願をしに行ったのですがずっとSモード走行で、燃費12キロくらいでした。
主人の運転でしたが慣れないeペダル、そしてレガシィとは違うフワフワした乗り心地のせいか2列目の私は車酔いしました…
子供は行きは助手席、帰りは2列目でしたが珍しくどちらも爆睡でした。フワフワが逆に気持ちよかったのかもしれません。

★まとめ
基本、燃費は気にしません。ハイオクじゃない事と税金安い事の方がポイント高いです。
車両本体は確かに高いですが、他の方のレビューにもある通り、この運転の新鮮さを体感して頂きたいです。eペダル、すごい便利です。最初は違和感ありましたが慣れるとホント楽!車種もカラーも走りも今までのマイカーと真逆の選択でしたが良い買い物をしたと思います。
今なら絶対数が少ないと言う優越感もあります(笑)

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
宮城県

新車価格
340万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

セレナ e-POWERの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった59

このレビューは参考になりましたか?参考になった

といれっとれじゃーさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:99人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

フロント

リヤ

エンジン&モータールーム

インパネ

2列目シート

専用アルミホイール

皆さん、こんにちは!

まずはこちらをご覧ください。
http://toilettreasure-c.blog.jp/archives/7729068.html

【エクステリア】
通常のセレナとの相違点はe-POWERのエンブレムがあるのと、フロントグリルのメッキ部がブルーになっていることです。
ボディカラーはブリリアントシルバーで、セレナとしては珍しいカラーなのですが、メッキ部のブルーが良いアクセントになっており、セレナのスタイリングも相まって、シャープな印象に仕上がっていたと思います。

【インテリア】
シフトレバーの周辺を除けば相違点はそれほどありません。
シートカラーはブラックでしたが、ストライプ状で飾り気がなく、質実剛健さを感じました。
インパネはピアノブラックが多用されているため、手垢は目立つと思います。

【エンジン性能】
エンジンはノートe-POWERやガソリン車のノート、マーチなどに搭載される1.2Lのエンジンですが、あくまでも補助用です。
基本的にはバッテリーで走行しており、e-POWERに使われているバッテリーは初代リーフと同じものだそうです。
もちろん、発進や坂道、平地も当たり前ですが、電気自動車のような加速感が味わえます。ただ、車格が違うのでリーフとはまた違った雰囲気です。

【走行性能】
これは!すごい!流石はリーフと同じバッテリーで走行しているだけあります。
リーフもそうですが、気を付けないと、法定速度を超えてしまいます。
営業の方、家族、そして、私が乗っており、私は比較的大柄なので、それなりの体重が掛かっていますが、快適そのものでした。

【乗り心地】
15インチの専用タイヤ・アルミが影響しているのかは分かりませんが、ちょっと道の段差を拾う感じがしました。
2列目のシートに座っていた、家族は段差を拾うのが気になったといっていました。
リーフでは段差を拾う感じはなかったので、ここは要改善点です。

【燃費】
試乗なので無評価です。

【価格】
これはちょっと高い気がします。ノートもそうですが、ベースのガソリン車に比べ40万円ほどアップしていますから、その価値が見いだせるぐらいの距離を乗らないと元が取れません。
セレナですと、場合によってはリーフが買えるぐらいの価格になりますから、お買い得感はありません。

【総評】
一言でいえば、リーフの心持ったミニバン!
ライバルはハイブリッドカーですが、セレナはエンジンの発電を利用した電気自動車です。
リーフのバッテリーで、すぅ〜と走る加速感はライバルでは味わえない感覚です。

レビュー対象車
試乗

参考になった34

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BCまこさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:147人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格2
 

HS-Vのフル装備でした。

W30型ラルゴに思いを馳せて

 

とある休日の昼下がり、晴天の青空を目にし小学生の子供に
「ドライブに行こう!」と言って愛車のノートe-POWERに乗り込んだ。
向かった先は20数年の付き合いのある地元ディ―ラー。
ハイウェイスターVのフル装備を前にして開口一番
「遂に出ましたね!買わないけど試乗させてください!!」とニッコリ笑顔で言いました。

【エクステリア】
Good
・初代はずんぐりむっくりした印象でしたが、代替わりする度に徐々に精悍な顔立ちになりました。
オラつき感のない優等生面に好感持てます。
・ご先祖様にあたるバネットラルゴからの正統後継機能ガラスハッチ!
・・・あぁ今はデュアルバックドアと言うんですね。
確かにコノ広さはドアですね、ノート並みの開口面積は雨の日でも心強い。
【インテリア】
Good
・7人乗りのため多彩なシートアレンジがスポイルされて残念!
・・・と思いきや2列目シートの横スライドは残してくれたので
W30型ラルゴのアヴェックシート(勝手に命名)も再現可能。
3列目の出入りもより自然に!
・低床ではないため高いアイポイントを取ることが出来る。
公道を走る上でより先の情報を知ることはこの上ないアドバンテージとなる。
・インテリジェントルームミラーの解像度はノートより上に感じた。
但し、あくまでもTVに映った画像なので見すぎると気持ち悪くなるおそれあり。
・標識検知機能は便利と言うより面白いと感じた。
安全装備ならもう少しアピールしても良いだろうが
人によってはウザがられる可能性も高い、今後に期待したい。
Bad
・本革巻きステアリングの質感。ノート以上であるがリーフ以下。
車格の差別化のつもりだろうが、高額な車なのでリーフ並みを採用して欲しい。
・助手席・2列目のアームレストが小さい。これでは休まらんばい。
・デジタル速度計は否定派!即座に確認する意味でアナログ的に見せるべきである。
【エンジン・モーター性能】
Good
・ノートのエンジン、リーフのモーター、インバーターの改良により出力は調整可能。
つまり、今後はスペースさえ許せば、どの車種にも移植が可能である。
・ターボを載せなくてもダウンサイジングエンジン搭載、税金もダウン。
Bad
・リーフより200kg重いので、もう少しトルクは欲しかった。
【走行性能】
Good
・ノートで慣れ親しんだe-POWERドライブだが、その味付けはノートと大きく異なるものだった。
加速度は
(ノート)Normalモード>Sモード>ECOモード に対し
(セレナ)Normalモード=Sモード>ECOモード となり
減速度は
(ノート)ECOモード>Sモード>Normalモード に対し
(セレナ)ECOモード=Sモード>Normalモード となる
おまけに、ノート・リーフのような大気を切り裂くような加速力は見られず、
また回生ブレーキでの減速力も若干マイルドな仕様であった。
この変更点に対する回答は「セレナはファミリーカーだからです。」とシンプルに教えてもらった。

成程、ミニバンのように前面投影面積が広く1.7tの重量物に、所謂イキったドライバーが乗れば車は走る凶器と化してしまうかもしれない。
また、回生ブレーキでの減速Gが急であればミニバンに着座している同乗者は気分が悪くなる可能性がある。
大柄なボディでは慣性力も大きく働くであろうから、出力をマイルドに調整したと推測される。

【乗り心地】
Good
・造りが確かなためか体感速度が遅く感じた。メーターで確認しないと速度超過するところであった。
・足回りは固すぎず柔すぎない、ミニバンとしては必要十分である。
・ロールは発生するがターンイン直前までに減速が完了していれば大した問題にはならない、e-POWERドライブなら減加速もスムーズに行える。
・子供を2列目に乗せていたので終了後乗り心地を尋ねようと後ろを振り向いたところ、すやすやと寝息をたてていた。乗り心地は推して知るべし。
【燃費】
・試乗のため無評価
【価格】
Bad
・Sハイブリ車との比較で約47万円差は高い、あと10万円低く設定すれば手を出しやすい。
・必要な装備・機能を求めるとV系グレードを選ばざるをえないオプション設定の幅のなさ。
・安全装備についても同様、全部盛のセーフティパックBの中に不要な装備が多々ある。
【総評】
正直「もったいない」の一言!
車の出来栄えについては申し分ないが、その販売方法には不満が多い。
便利な装備を付けようとカタログを眺めると不必要な装備もセットで付いてくるため、売りつけられる感覚が先立ち見積もりを取る気にもならなかった。
オプション・安全装備のアンケートを取り特別仕様車でも出さない限り、各ディ―ラーは苦戦するのではないだろうか?

とは言え他メーカーのユーザーも気になるのか、ここ価格コムのスレに於いては連日の盛況ぶり流石である。
セレナはニュースにあふれてる。日産セレナe-POWER誕生♪

レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

*れたす*さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:575人
  • ファン数:6人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能2
乗り心地3
燃費3
価格4

試乗です。普段乗りがほぼノーマルのマイチェン前現行アルファードハイブリッドG(2015年)なので、それとの比較をしてみました。燃費以外はアルファードを★5とした場合の点数を書いてみました。ガソリン入れさせて貰ったので、燃費も一応書いてます。

【エクステリア】
他の方も言われている通り、マイルドハイブリッドのハイウェイスターとほとんどまったく変わりません。ブルーのラインは気にしていれば目に入るものの自己主張は強くないので、没個性気味かな?といったところです。重厚過ぎるというか厳ついアルファードと比べると対照的です。

運転席からの眺望は、アルファードより良いです。ドアウィンドウの大きさが違いますし、開放感があります。アルファードの方がアイポイントは高くなりますが、そのぶんヘッドクリアランスが小さいため、背の高いうちの夫は特に、前席の広さを感じていたようです。

【インテリア】
アルファードと価格帯も違いますし、シートの質感やらハンドルやら、各部の質感はもちろん落ちます。
普段使いとしては、そんなに極端な違いはないと思いますけど、ハンドルだけはかなり安っぽい印象を受けてしまいます。

メーターが見づらいです。ごちゃごちゃしてて直感的に分かりにくい・・。

気になったのはセカンドシート、サードシートのヘッドクリアランスです。マイルドハイブリッドのハイウェイスターも確か狭かったような記憶がありますが、こちらはもっと狭いような?

アルファードもあの車体の割に、厚い内張りのせいで狭い印象のあるクルマなのですが、こちらの室内はもっと狭く感じました。

床の高さは、現行アルファードより高いです。2世代や1世代のアルファードと変わらないかも?

【エンジン性能】
重い車がジワジワ〜っと加速していく、ような感じはほとんどしません。ぐぐぐっと加速します。車体軽くなったイメージです。

アルファードは走り始めの数秒を超えるとエンジンで加速してるなぁ・・・って感じがしっかり感じられて、あまり踏み込まないように微調整したくなるんですけど(それで燃費がそれなりに変わったりします)、こちらはそんなにシビアなユーザーコントロールを要求してこないイメージ。

出足は踏み込まなくてもトルクフルで良い反面、70キロ〜の加速は余裕がない感じ。今回は大人3人+ちびちゃん乗車でしたけど、大人5人や7人乗っていて荷物もいっぱい積んでたりすると、かなり辛そうです。

のんびりまったり巡航速度で走っている分には、アルファードとほとんど変わらないと思います。

エンジンノイズはアルファードの静寂性にはかないません。結構聞こえます。ただ、バッテリーチャージ時の音はアルファードより小さいです。たぶんあまり高回転にならないから?

停車時にエンジンかかったときは、音だけでなくぶるんっという振動が伝わってきます。ハイブリッドモーターでなくスターターで掛けているようです。アルファードはハイブリッドモーターでスタートするため、ものすごく静かなんですよね。

【走行性能】
ショックはかなり柔らかめな設定みたいです。小気味よく切っていくと(教習所みたいなハンドルさばき)、かなり車体が振られます。山道の国道とか走ると酔ってしまうかも?

それに加えて15インチホイールですから、カーブはもともと苦手っぽいです。社外ホイールは必須かもしれません。ショック設定も少し弄った方が。

アルファードとくらべて一番大きく違うのがココです。燃費競争の超エコ運転な走り以外は楽しめなそう。

ワンペダルは、うーんなんか求めてるものと違うナァ・・と思ってすぐやめてしまいました。キビキビ反応しすぎて余裕がないです。アルファードでいうSモードの強化版のような。

【乗り心地】
上に書いたとおり、カーブ追従性が極端に悪いので、運転重視なロングドライブには向かないと思います。反面、高速道を90〜100km/hで流すようなトランスポートでしたら、不満は特に感じないと思います。プロパイロットもありますし。

【燃費】
満タンから29km走って入れさせて貰いました。やっぱりここ知りたいですし。1.78リットル入りました。

これだけ見るとリッター16kmちょっとでしょうか。エアコンは切ってましたけど、コールドスタートでしたし、ロングドライブするともっとずっと伸びる(アルファードも同じです)のかもしれないですけど。

【価格】
びっくりするほど安い!って気はしません。妥当かな?

【総評】
プロパイロットに憧れていて、今年車検のアルファードから乗り換えを検討していました。走行性能等は結構落ちますけど、選択肢として良いのではないでしょうか。残念ながら4WDの設定がないのでウチの候補からは外れました。

レビュー対象車
試乗

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

セレナ e-POWER
日産

セレナ e-POWER

新車価格:340万円

中古車価格:175〜419万円

セレナ e-POWER 2018年モデルをお気に入り製品に追加する <380

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

セレナe-POWERの中古車 (311物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意