Zolo Liberty+ [ブラック] レビュー・評価

2018年 1月上旬 発売

Zolo Liberty+ [ブラック]

  • グラフェン採用のドライバーが正確な振動を生み、高音質なサウンドを再生する、Bluetooth 5.0対応の完全ワイヤレスイヤホン。
  • イヤホン本体がフル充電された状態で最大3.5時間の連続再生ができ、充電ケースを使用すれば、最大48時間まで使用できる。
  • スマホのBluetooth設定から一度本機に接続すると、充電ケースから取り出すたびに自動接続する「PUSH AND GO」機能を備える。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:カナル型 装着方式:完全ワイヤレス(左右分離型) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:20Hz〜20kHz Zolo Liberty+ [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※正規取扱店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • Zolo Liberty+ [ブラック]の価格比較
  • Zolo Liberty+ [ブラック]の店頭購入
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のスペック・仕様
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のレビュー
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のクチコミ
  • Zolo Liberty+ [ブラック]の画像・動画
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のピックアップリスト
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のオークション

Zolo Liberty+ [ブラック]ANKER

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 1月上旬

  • Zolo Liberty+ [ブラック]の価格比較
  • Zolo Liberty+ [ブラック]の店頭購入
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のスペック・仕様
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のレビュー
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のクチコミ
  • Zolo Liberty+ [ブラック]の画像・動画
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のピックアップリスト
  • Zolo Liberty+ [ブラック]のオークション

満足度:4.36
(カテゴリ平均:4.27
レビュー投稿数:18人 (プロ:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.67 4.17 345位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.25 4.15 178位
低音の音質 低音部の音質の良さ 3.98 4.14 242位
フィット感 装着したときのフィット感など 3.66 4.08 313位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.06 3.81 150位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.06 3.77 162位
携帯性 コンパクトさ 4.10 3.79 195位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Zolo Liberty+ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。
VGP(ビジュアルグランプリ)審査副委員長。同ライフスタイル分科会座長。
THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。
日本オーディオ協会 諮問委員(2013-2020)。

専門誌、ネット、テレ…続きを読む

満足度3
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

コンパクトな充電器兼用ケース(iPhoneXと比較)

充電器兼用ケース内部

本体。質感のご参考に。

メーカーからサンプル機(メディア用)をお借りしてのレビューです。
音質は、Shanling M0やiPhoneXと組み合わせて確認しました。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
質感ですが、ケースが金属製で蓋エッジ部のダイヤモンドカットがキラッと光るのがポイント。同価格帯の他製品にくらべても、高級感は互角以上です。本体は樹脂素材ですが、価格に見合う質感を備えています。

【高音の音質】
「Zolo Liberty」と同様、システムとしては右側が親で左側が子のようです。一般的に、左右が独立した完全ワイヤレスイヤホンは、センターに定位すべき音が親側に寄る傾向があるのですが、本機の場合はやや左(子)側に寄る印象を受けます。
接続コーデックはプレスリリースにAAC/SBCの記載がありますが、当方がShanling M0で確認する限り、SBCのみ利用可能でした。(Shanling M0が完璧という保証はないので、あくまでも参考情報として)
なお、この価格帯の製品になると、AACやaptXに対応した製品も多いので、気になるポイントです。
音質は、「グラフェン採用ドライバー」のお陰か、解像感の高いキレのあるサウンドです。当方の感覚ではサ行の刺さりが気になりますが、鮮度を重視される方には好まれるかもしれません。

【低音の音質】
高域と同様、スッキリとキレが良く、全体として音場を広く感じさせてくれます。
アタックの鋭さやキレが印象的ですが、量感も適度に確保されていて、全体として好バランスです。

【フィット感】
かなりずんぐりした形です。「Zolo Liberty」に比べると、「ピタッ」という気持ち良さはありませんが、充分実用的です。

【外音遮断性】【音漏れ防止】
カナル型イヤホンとしては一般的な範疇です。

【携帯性】
充電器兼用ケースは「Zolo Liberty」よりもさらに小さく、指先に乗るほどのコンパクト。携帯性は非常に良好です。

【総評】
本機はケースが小型で質感の良さが魅力ですが、この価格帯になると、他社製品も音質や機能性(aptX対応やNFMIなど)でかなり力が入っていますので、本機を積極的にお勧めする理由は見つかりません。
悪い製品ではありませんので、デザインや質感が気に入られた方なら購入されても良いと思いますが、他社製品に照らすと、適正価格は1万円弱といったところでしょうか。
同じデザインテイストで、少しケースが大きめでも良ければ、同社の「Zolo Liberty」(8,000円前後)がおすすめです!

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Zolo Liberty+ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Zolo Liberty+ [ブラック]
ANKER

Zolo Liberty+ [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2018年 1月上旬

Zolo Liberty+ [ブラック]をお気に入り製品に追加する <90

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

colleee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意