『これこそ時代の要望』 YAMAZEN YKG-C800(B) [ブラック] 小作人Aさんのレビュー・評価

2018年 1月中旬 発売

YKG-C800(B) [ブラック]

  • 60〜100度まで1度単位で温度調節が可能な電気ケトル。
  • ワンタッチ沸騰スイッチや、好みの温度で60分間キープできる保温機能を搭載している。
  • 注ぎやすい細口ノズル、握りやすい大きな取っ手、見やすい操作部を採用している。
YKG-C800(B) [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥6,315

(前週比:+1,155円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥6,315〜¥12,964 (34店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥7,631 〜 ¥7,631 (全国739店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:電気ケトル 容量:0.8L 重さ:0.98kg YKG-C800(B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • YKG-C800(B) [ブラック]の価格比較
  • YKG-C800(B) [ブラック]の店頭購入
  • YKG-C800(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • YKG-C800(B) [ブラック]のレビュー
  • YKG-C800(B) [ブラック]のクチコミ
  • YKG-C800(B) [ブラック]の画像・動画
  • YKG-C800(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • YKG-C800(B) [ブラック]のオークション

YKG-C800(B) [ブラック]YAMAZEN

最安価格(税込):¥6,315 (前週比:+1,155円↑) 発売日:2018年 1月中旬

  • YKG-C800(B) [ブラック]の価格比較
  • YKG-C800(B) [ブラック]の店頭購入
  • YKG-C800(B) [ブラック]のスペック・仕様
  • YKG-C800(B) [ブラック]のレビュー
  • YKG-C800(B) [ブラック]のクチコミ
  • YKG-C800(B) [ブラック]の画像・動画
  • YKG-C800(B) [ブラック]のピックアップリスト
  • YKG-C800(B) [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 電気ポット・電気ケトル > YAMAZEN > YKG-C800 > YKG-C800(B) [ブラック]

『これこそ時代の要望』 小作人Aさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

YKG-C800(B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:45件
  • 累計支持数:264人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
6件
0件
双眼鏡・単眼鏡
3件
0件
シェーバー
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
使いやすさ4
静寂性4
湯沸し力4
手入れのしやすさ4
サイズ4
これこそ時代の要望

【デザイン】 黒でまとめて、モダンな感じで良い。遠くから観るとお洒落。

【使いやすさ】 説明書を読むのが面倒だが、割合簡単。途中までしか読んでいないが、実用になっている。

【静寂性】 そんなに音はしない

【湯沸し力】 割合早い。他の事を遣っていると、とっくに沸いている。

【手入れのしやすさ】 丸洗い出来ない。底に接点があるので、濡らせない。ちょっと洗うのに神経を使う。拭き取らないと、感電、故障の原因になるらしい。ベースは接点剥き出しなんで、ちょっと怖い。昔の感じ。小まめに水は拭き取ろう。

【サイズ】 思ったほど幅は取らない。黒だからか、遠目ではスマートに見える。

【総評】 コーヒーのペーパードリップ用に買いました。今まで、ポットに調理用デジタル温度計を浸けて計っていました。87℃とか、92℃、95℃など、コーヒー豆屋さんに教えて貰って温度を調整していましたが、結構面倒くさい。でも確かに味は変わる。そこで、自動で温度調整して呉れるポットを探していましたが、目的にピッタリだったので、試しに購入。あっさりと願いを叶えてくれました。確認のため、使っていた温度計を当ケトルに浸けてみた。表示温度と殆ど同じでした。OK。ケトルの底にセンサーが飛び出ています。多分、デジタル温度計と同じようなものが、付いているのでしょう。95℃に保温を設定すると、見ていると94℃に下がると加熱し始め、96℃になると停止。確かに95℃になる。日本茶も80℃で淹れると美味しいです。見事。現代の技術を、手軽に反映したケトルです。今までこの値段で無かったのが不思議。コーヒー用、お茶用として最適です。ただ、コードは短いです。放ったらかしにすると自動で待機状態になります。カリタに注ぐにも、丁度良い細さ。高さを調整して、ドームを作り、回しながら均一に淹れます。

追記:暫く使ってみて、湧く時に音はシャーっと少しします。水は少し多めに入れると、温度が安定します。下のラインより多く入れろと書いて有ります。しかし、頗る便利だ。今までが嘘のようだ。コーヒーを淹れるのに、最適だし、その後80℃にして保温しておけば、お茶が美味しく淹れられる。これだけ進んだ世の中で、今迄無かった唯一理想のケトルです。手軽で便利。操作も慣れてくれば、ポンポンとタッチするだけです。プリセットの温度設定が便利。パックの玄米茶を淹れても、今までより凄く美味しい。やっぱり、温度って大切なんだと実感しました。

追記2:その後、取説読んでいませんが、どうやら左のタッチパネルのボタンが電源と思っていいようです。これにタッチして起動させ、沸騰させる場合は沸騰のボタン、保温の場合は、温度設定ボタンで設定後、保温ボタンを。私は、一旦沸騰させてから、温度設定ボタンでポンポンとプリセット値60-70-80-85-90を出して、更に希望の温度へ一度づつ上げて92℃にします。コーヒーを淹れた後は、温度設定ボタンで80℃にして、後でお茶を淹れています。初めから温度設定後に保温すると、ダイレクトに希望の温度のお湯が出来ます。ピッと知らせてくれます。温度を見ていると、入れた水道水の温度がドンドン上昇して行くのが見えて面白い。使用後に忘れて放っておくと、いつの間にか、電源が切れて待機状態になっているといったかんじです。他の電気ケトルが、時代遅れに感じます。

追記3;温度は、前回設定の値を覚えているようです。一度決めてしまえば、手間が省けます。私は、色々豆によって変えています。

追記4:毎日使っています。ガスで沸かすより便利。無くてはならない物の一つになりました。お薦めです。

重視項目
価格
その他

参考になった26人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
使いやすさ4
静寂性4
湯沸し力4
手入れのしやすさ4
サイズ4
これこそ時代の要望

【デザイン】 黒でまとめて、モダンな感じで良い。遠くから観るとお洒落。

【使いやすさ】 説明書を読むのが面倒だが、割合簡単。途中までしか読んでいないが、実用になっている。

【静寂性】 そんなに音はしない

【湯沸し力】 割合早い。他の事を遣っていると、とっくに沸いている。

【手入れのしやすさ】 丸洗い出来ない。底に接点があるので、濡らせない。ちょっと洗うのに神経を使う。拭き取らないと、感電、故障の原因になるらしい。ベースは接点剥き出しなんで、ちょっと怖い。昔の感じ。小まめに水は拭き取ろう。

【サイズ】 思ったほど幅は取らない。黒だからか、遠目ではスマートに見える。

【総評】 コーヒーのペーパードリップ用に買いました。今まで、ポットに調理用デジタル温度計を浸けて計っていました。87℃とか、92℃、95℃など、コーヒー豆屋さんに教えて貰って温度を調整していましたが、結構面倒くさい。でも確かに味は変わる。そこで、自動で温度調整して呉れるポットを探していましたが、目的にピッタリだったので、試しに購入。あっさりと願いを叶えてくれました。確認のため、使っていた温度計を当ケトルに浸けてみた。表示温度と殆ど同じでした。OK。ケトルの底にセンサーが飛び出ています。多分、デジタル温度計と同じようなものが、付いているのでしょう。95℃に保温を設定すると、見ていると94℃に下がると加熱し始め、96℃になると停止。確かに95℃になる。日本茶も80℃で淹れると美味しいです。見事。現代の技術を、手軽に反映したケトルです。今までこの値段で無かったのが不思議。コーヒー用、お茶用として最適です。ただ、コードは短いです。放ったらかしにすると自動で待機状態になります。カリタに注ぐにも、丁度良い細さ。高さを調整して、ドームを作り、回しながら均一に淹れます。

追記:暫く使ってみて、湧く時に音はシャーっと少しします。水は少し多めに入れると、温度が安定します。下のラインより多く入れろと書いて有ります。しかし、頗る便利だ。今までが嘘のようだ。コーヒーを淹れるのに、最適だし、その後80℃にして保温しておけば、お茶が美味しく淹れられる。これだけ進んだ世の中で、今迄無かった唯一理想のケトルです。手軽で便利。操作も慣れてくれば、ポンポンとタッチするだけです。プリセットの温度設定が便利。パックの玄米茶を淹れても、今までより凄く美味しい。やっぱり、温度って大切なんだと実感しました。

追記2:その後、取説読んでいませんが、どうやら左のタッチパネルのボタンが電源と思っていいようです。これにタッチして起動させ、沸騰させる場合は沸騰のボタン、保温の場合は、温度設定ボタンで設定後、保温ボタンを。私は、一旦沸騰させてから、温度設定ボタンでポンポンとプリセット値60-70-80-85-90を出して、更に希望の温度へ一度づつ上げて92℃にします。コーヒーを淹れた後は、温度設定ボタンで80℃にして、後でお茶を淹れています。初めから温度設定後に保温すると、ダイレクトに希望の温度のお湯が出来ます。ピッと知らせてくれます。温度を見ていると、入れた水道水の温度がドンドン上昇して行くのが見えて面白い。使用後に忘れて放っておくと、いつの間にか、電源が切れて待機状態になっているといったかんじです。他の電気ケトルが、時代遅れに感じます。

追記3;温度は、前回設定の値を覚えているようです。一度決めてしまえば、手間が省けます。私は、色々豆によって変えています。

重視項目
価格
その他

参考になった3

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
静寂性4
湯沸し力4
手入れのしやすさ4
サイズ4
これこそ時代の要望

【デザイン】 黒でまとめて、モダンな感じで良い。遠くから観るとお洒落。

【使いやすさ】 説明書を読むのが面倒だが、割合簡単。途中までしか読んでいないが、実用になっている。

【静寂性】 そんなに音はしない

【湯沸し力】 割合早い。他の事を遣っていると、とっくに沸いている。

【手入れのしやすさ】 丸洗い出来ない。底に接点があるので、濡らせない。ちょっと洗うのに神経を使う。拭き取らないと、感電、故障の原因になるらしい。ベースは接点剥き出しなんで、ちょっと怖い。昔の感じ。小まめに水は拭き取ろう。

【サイズ】 思ったほど幅は取らない。黒だからか、遠目ではスマートに見える。

【総評】 コーヒーのペーパードリップ用に買いました。今まで、ポットに調理用デジタル温度計を浸けて計っていました。87℃とか、92℃、95℃など、コーヒー豆屋さんに教えて貰って温度を調整していましたが、結構面倒くさい。でも確かに味は変わる。そこで、自動で温度調整して呉れるポットを探していましたが、目的にピッタリだったので、試しに購入。あっさりと願いを叶えてくれました。確認のため、使っていた温度計を当ケトルに浸けてみた。表示温度と殆ど同じでした。OK。ケトルの底にセンサーが飛び出ています。多分、デジタル温度計と同じようなものが、付いているのでしょう。95℃に保温を設定すると、見ていると94℃に下がると加熱し始め、96℃になると停止。確かに95℃になる。日本茶も80℃で淹れると美味しいです。見事。現代の技術を、手軽に反映したケトルです。今までこの値段で無かったのが不思議。コーヒー用、お茶用として最適です。ただ、コードは短いです。放ったらかしにすると自動で待機状態になります。カリタに注ぐにも、丁度良い細さ。高さを調整して、ドームを作り、回しながら均一に淹れます。

追記:暫く使ってみて、湧く時に音はシャーっと少しします。水は少し多めに入れると、温度が安定します。下のラインより多く入れろと書いて有ります。しかし、頗る便利だ。今までが嘘のようだ。コーヒーを淹れるのに、最適だし、その後80℃にして保温しておけば、お茶が美味しく淹れられる。これだけ進んだ世の中で、今迄無かった唯一理想のケトルです。手軽で便利。操作も慣れてくれば、ポンポンとタッチするだけです。プリセットの温度設定が便利。パックの玄米茶を淹れても、今までより凄く美味しい。やっぱり、温度って大切なんだと実感しました。

追記2:その後、取説読んでいませんが、どうやら左のタッチパネルのボタンが電源と思っていいようです。これにタッチして起動させ、沸騰させる場合は沸騰のボタン、保温の場合は、温度設定ボタンで設定後、保温ボタンを。私は、一旦沸騰させてから、温度設定ボタンでポンポンとプリセット値60-70-80-85-90を出して、更に希望の温度へ一度づつ上げて92℃にします。コーヒーを淹れた後は、温度設定ボタンで80℃にして、後でお茶を淹れています。初めから温度設定後に保温すると、ダイレクトに希望の温度のお湯が出来ます。ピッと知らせてくれます。温度を見ていると、入れた水道水の温度がドンドン上昇して行くのが見えて面白い。使用後に忘れて放っておくと、いつの間にか、電源が切れて待機状態になっているといったかんじです。他の電気ケトルが、時代遅れに感じます。

重視項目
価格
その他

参考になった1

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
静寂性4
湯沸し力4
手入れのしやすさ4
サイズ4
これこそ時代の要望

【デザイン】 黒でまとめて、モダンな感じで良い。遠くから観るとお洒落。

【使いやすさ】 説明書を読むのが面倒だが、割合簡単。途中までしか読んでいないが、実用になっている。

【静寂性】 そんなに音はしない

【湯沸し力】 割合早い。他の事を遣っていると、とっくに沸いている。

【手入れのしやすさ】 丸洗い出来ない。底に接点があるので、濡らせない。ちょっと洗うのに神経を使う。拭き取らないと、感電、故障の原因になるらしい。ベースは接点剥き出しなんで、ちょっと怖い。昔の感じ。小まめに水は拭き取ろう。

【サイズ】 思ったほど幅は取らない。黒だからか、遠目ではスマートに見える。

【総評】 コーヒーのペーパードリップ用に買いました。今まで、ポットに調理用デジタル温度計を浸けて計っていました。87℃とか、92℃、95℃など、コーヒー豆屋さんに教えて貰って温度を調整していましたが、結構面倒くさい。でも確かに味は変わる。そこで、自動で温度調整して呉れるポットを探していましたが、目的にピッタリだったので、試しに購入。あっさりと願いを叶えてくれました。確認のため、使っていた温度計を当ケトルに浸けてみた。表示温度と殆ど同じでした。OK。ケトルの底にセンサーが飛び出ています。多分、デジタル温度計と同じようなものが、付いているのでしょう。95℃に保温を設定すると、見ていると94℃に下がると加熱し始め、96℃になると停止。確かに95℃になる。日本茶も80℃で淹れると美味しいです。見事。現代の技術を、手軽に反映したケトルです。今までこの値段で無かったのが不思議。コーヒー用、お茶用として最適です。ただ、コードは短いです。放ったらかしにすると自動で待機状態になります。カリタに注ぐにも、丁度良い細さ。高さを調整して、ドームを作り、回しながら均一に淹れます。

追記:暫く使ってみて、湧く時に音はシャーっと少しします。水は少し多めに入れると、温度が安定します。下のラインより多く入れろと書いて有ります。しかし、頗る便利だ。今までが嘘のようだ。コーヒーを淹れるのに、最適だし、その後80℃にして保温しておけば、お茶が美味しく淹れられる。これだけ進んだ世の中で、今迄無かった唯一理想のケトルです。手軽で便利。操作も慣れてくれば、ポンポンとタッチするだけです。プリセットの温度設定が便利。パックの玄米茶を淹れても、今までより凄く美味しい。やっぱり、温度って大切なんだと実感しました。

重視項目
価格
その他

参考になった2

満足度5
デザイン5
使いやすさ4
静寂性4
湯沸し力4
手入れのしやすさ4
サイズ4
これこそ時代の要望

【デザイン】 黒でまとめて、モダンな感じで良い。遠くから観るとお洒落。

【使いやすさ】 説明書を読むのが面倒だが、割合簡単。途中までしか読んでいないが、実用になっている。

【静寂性】 そんなに音はしない

【湯沸し力】 割合早い。他の事を遣っていると、とっくに沸いている。

【手入れのしやすさ】 丸洗い出来ない。底に接点があるので、濡らせない。ちょっと洗うのに神経を使う。拭き取らないと、感電、故障の原因になるらしい。ベースは接点剥き出しなんで、ちょっと怖い。昔の感じ。小まめに水は拭き取ろう。

【サイズ】 思ったほど幅は取らない。黒だからか、遠目ではスマートに見える。

【総評】 コーヒーのペーパードリップ用に買いました。今まで、ポットに調理用デジタル温度計を浸けて計っていました。87℃とか、92℃、95℃など、コーヒー豆屋さんに教えて貰って温度を調整していましたが、結構面倒くさい。でも確かに味は変わる。そこで、自動で温度調整して呉れるポットを探していましたが、目的にピッタリだったので、試しに購入。あっさりと願いを叶えてくれました。確認のため、使っていた温度計を当ケトルに浸けてみた。表示温度と殆ど同じでした。OK。ケトルの底にセンサーが飛び出ています。多分、デジタル温度計と同じようなものが、付いているのでしょう。95℃に保温を設定すると、見ていると94℃に下がると加熱し始め、96℃になると停止。確かに95℃になる。日本茶も80℃で淹れると美味しいです。見事。現代の技術を、手軽に反映したケトルです。今までこの値段で無かったのが不思議。コーヒー用、お茶用として最適です。ただ、コードは短いです。放ったらかしにすると自動で待機状態になります。カリタに注ぐにも、丁度良い細さ。高さを調整して、ドームを作り、回しながら均一に淹れます。

重視項目
価格
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「YKG-C800(B) [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ほぼ満足  4 2019年7月13日 23:42
デザイン良し使い勝手良し  4 2019年7月2日 22:05
温度設定が出来て、内部がステンレス素材で優秀。  5 2019年2月22日 16:22
コーヒー、紅茶、お茶に特化したケトル  5 2019年2月6日 08:00
YKG-C800(W)は土台部分がいまいち  1 2019年1月21日 21:26
概ね満足  4 2018年12月17日 11:51
温度調節がハリオよりしやすい  5 2018年10月5日 21:20
注ぎ口のカーブにやや不満  4 2018年8月19日 15:47
これこそ時代の要望  5 2018年4月11日 11:48

YKG-C800(B) [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

YKG-C800(B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

YKG-C800(B) [ブラック]
YAMAZEN

YKG-C800(B) [ブラック]

最安価格(税込):¥6,315発売日:2018年 1月中旬 価格.comの安さの理由は?

YKG-C800(B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <219

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[電気ポット・電気ケトル]

電気ポット・電気ケトルの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(電気ポット・電気ケトル)

ご注意