『傑出したところはないけれど、バランスに優れたタイヤかと。』 ファルケン AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XL Berry Berryさんのレビュー・評価

2018年 2月 発売

AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XL

  • 高い高速操縦安定性能とすぐれたウェット性能を実現したセダン、スポーツカー用のフラッグシップタイヤ。
  • 接地圧分布を最適化する非対称形のパターン・デザイン「ASYMMETRICAL PATTERN」を採用し、高速走行時の高いスタビリティを実現。
  • 突然の雨など予期せぬ路面状況の変化に対応するパターン・デザインと、水膜を効果的に除去するブレードサイプにより、強力な排水性を発揮する。
AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XL 製品画像

拡大

※ホイールは別売です

最安価格(税込):

¥13,430

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥13,430〜¥17,400 (17店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥14,332 〜 ¥17,400 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

ご利用の前にお読みください

  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLの価格比較
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLの店頭購入
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのスペック・仕様
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのレビュー
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのクチコミ
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLの画像・動画
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのピックアップリスト
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのオークション

AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLファルケン

最安価格(税込):¥13,430 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 2月

  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLの価格比較
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLの店頭購入
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのスペック・仕様
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのレビュー
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのクチコミ
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLの画像・動画
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのピックアップリスト
  • AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのオークション
ユーザーレビュー > 自動車 > タイヤ > ファルケン > AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XL

『傑出したところはないけれど、バランスに優れたタイヤかと。』 Berry Berryさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:150人
  • ファン数:23人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
0件
3771件
タイヤ
2件
3437件
スタッドレスタイヤ
0件
581件
もっと見る
満足度5
走行性能4
乗り心地5
グリップ性能5
静粛性4
傑出したところはないけれど、バランスに優れたタイヤかと。

ショルダー部

製造年週

トレッド面(後ろから)

ロードランナーで購入。
製造年週0218
製造国 Made in Japan
2018年2月17日発注、2月19日店舗到着、装着。
SUBARU BRZ C型 RWDでのレビューです。

【走行性能】
 直進安定性は良好です。
 操舵を始めると、素直に旋回に入ります。
 写真を見て分かるようにラウンドショルダーですので、ハンドリングは決してクイックではありません。鈍いということもなく、中庸というところでしょう。
 高速道路のレーンチェンジで気を遣うこともなく、かといってダルいこともないため、特に意識することがありません。

【乗り心地】
 路面の継ぎ目でのショックは軽減されました。アタリは柔らかい部類に入ると思います。
 プレミアムコンフォートにしたときほどの大きな改善とまではいかないでしょうけれど、乗り心地の良いプレミアムスポーツを選択したいときは候補に成り得ます。

【グリップ性能】
 グリップ力は限界まで攻め込んでいないため何とも言えないところですが、ステアリングを切ってトルクをかけた際、今まではスライドしていた踏み込み量でも食らいついています。
 以前記載したCinturato P7同様、アスファルトの細かな凸凹にコンパウンドが噛みついている感じはします。
 ウェット性能については不満・不安は感じません。最近のプレミアムスポーツタイヤの傾向どおりです。
 各種タイヤテストではウェットブレーキングが上位ですが、その通りかと思います。

【静粛性】
 慣らしが完了するまでは、空洞共鳴音が聞こえます。(段差を超えたときにタイヤ内部に響く「ポーン」という音。慣らしが進むにつれて目立たなくなります。
 パターンノイズは目立ちません。
 ロードノイズは高めの「サー」という感じですね。うまく抑えられていると思います。
 いただけないことがあるとすれば、砂・小石を巻き上げやすいこと。ホイールハウス内にパチパチと砂が当たりますし、小石もコツコツいいます。恐らくロードノイズよりも気になるかも・・・。

<再レビューにて>
 装着して3か月。距離も5000km弱走行しました。装着当初は砂・小石が巻き上げやすいと記載しましたが、距離が進むにつれて落ち着いてきました。雨上がりや未舗装路で多少巻き上げるくらいなので、同クラス他銘柄と変わらないくらいかと思います。

【燃費】
 一般道を走る分には、これといって燃費の伸びは感じません。また、ブレーキングが伸びるといったこともありません。

【総評】
 ドイツAuto Bild誌のサマータイヤテストで2位になったことが購入のきっかけになりました。

http://www.autobild.de/artikel/sommerreifen-test-2017-225-50-r-17-13303485.html

http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-Summer-Tyre-Test.htm
 しかし、よく資料を読んでみるとあのタイヤがありません。
 ウェットブレーキング1位になったここにもありません。。。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-Sportscars-Tyre-Test.htm

 ここにいました。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-AMS-Summer-Tyre-Test.htm
 ここにも。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-UHP-Tyre-Test.htm

                            ※リンク切れがありましたらご容赦

 そうです。私が本命にしていたタイヤのMICHELIN Pilot Sport 4です。
 Auto Bild誌のサマータイヤテストで2位をとったというのは、MICHELINからはPilot Sport 4ではなく、プレミアムコンフォートのPrimacy 3が相手だったから・・・ということも関係しているでしょう。それぞれテスト条件が異なるため一概には言えませんが、性能全般ではPilot Sport 4が上と認識して間違いありません。
 では、このタイヤを購入する上でのポイントは何かというと、「コストパフォーマンス」にあると思います。

 私はこのタイヤを4本¥65,800円(工賃込・・・1本¥14,800 工賃¥6,600)で購入しました。フジ・コーポレーションでは1本¥14,000です(3月9日現在)。工賃を含めると私の購入金額より若干(1000円弱)安いくらいでしょう。
 MICHELIN Pilot Sport 4はフジ・コーポレーションで1本¥21,300。工賃を入れるとトータル¥100,000弱。私が購入したところでは¥102,800です。
 いずれの店舗で購入するにせよ総額で¥35,000前後の出費減になります。
 タイヤを限界まで使用することは、通常の使用ではまずありません。緊急時に差異が出るということは考えられますが、タイヤによって差が出やすいウェットブレーキングに関しては上位の成績を納めていますから、費用対効果を求めるのであればこのタイヤでも十分購入候補に成り得ると思います。


 私が考える、このタイヤの購入に向いている方は、「国産・プレミアムスポーツ・ウェット重視・コストパフォーマンス・コンフォート性能も気にする方」かと思います。

車タイプ
クーペ

参考になった97人(再レビュー後:76人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
走行性能4
乗り心地5
グリップ性能5
静粛性4
傑出したところはないけれど、バランスに優れたタイヤかと。

ロードランナーで購入。
製造年週0218
製造国 Made in Japan
2018年2月17日発注、2月19日店舗到着、装着。
SUBARU BRZ C型 RWDでのレビューです。

【走行性能】
 直進安定性は良好です。
 操舵を始めると、素直に旋回に入ります。
 写真を見て分かるようにラウンドショルダーですので、ハンドリングは決してクイックではありません。鈍いということもなく、中庸というところでしょう。
 高速道路のレーンチェンジで気を遣うこともなく、かといってダルいこともないため、特に意識することがありません。

【乗り心地】
 路面の継ぎ目でのショックは軽減されました。アタリは柔らかい部類に入ると思います。
 大きな改善とまではいかないでしょうけれど、乗り心地の良いプレミアムスポーツを選択したいときは候補に成り得ます。

【グリップ性能】
 グリップ力は限界まで攻め込んでいないため何とも言えないところですが、ステアリングを切ってトルクをかけた際、今まではスライドしていた踏み込み量でも食らいついています。
 以前記載したCinturato P7同様、アスファルトの細かな凸凹にコンパウンドが噛みついている感じはします。
 ウェット性能については不満・不安は感じません。最近のプレミアムスポーツタイヤの傾向どおりです。
 各種タイヤテストではウェットブレーキングが上位ですが、その通りかと思います。

【静粛性】
 慣らしが完了するまでは、空洞共鳴音が聞こえます。(段差を超えたときにタイヤ内部に響く「ポーン」という音。慣らしが進むにつれて目立たなくなります。
 パターンノイズは目立ちません。
 ロードノイズは高めの「サー」という感じですね。うまく抑えられていると思います。
 いただけないことがあるとすれば、砂・小石を巻き上げやすいこと。ホイールハウス内にパチパチと砂が当たりますし、小石もコツコツいいます。恐らくロードノイズよりも気になるかも・・・。

<再レビューにて>
 装着して3か月。距離も5000km弱走行しました。装着当初は砂・小石が巻き上げやすいと記載しましたが、距離が進むにつれて落ち着いてきました。雨上がりや未舗装路で多少巻き上げるくらいなので、同クラス他銘柄と変わらないくらいかと思います。

【燃費】
 一般道を走る分には、これといって燃費の伸びは感じません。また、ブレーキングが伸びるといったこともありません。

【総評】
 ドイツAuto Bild誌のサマータイヤテストで2位になったことが購入のきっかけになりました。

http://www.autobild.de/artikel/sommerreifen-testsieger-2017-11452237.html
※リンクが切れたようです。

http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-Summer-Tyre-Test.htm
 しかし、よく資料を読んでみるとあのタイヤがありません。
 ウェットブレーキング1位になったここにもありません。。。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-Sportscars-Tyre-Test.htm

 ここにいました。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-AMS-Summer-Tyre-Test.htm
 ここにも。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-UHP-Tyre-Test.htm
                            ※リンク切れがありましたらご容赦

 そうです。私が本命にしていたタイヤのMICHELIN Pilot Sport 4です。
 Auto Bild誌のサマータイヤテストで2位をとったというのは、MICHELINからはPilot Sport 4ではなく、プレミアムコンフォートのPrimacy 3が相手だったから・・・ということも関係しているでしょう。それぞれテスト条件が異なるため一概には言えませんが、性能全般ではPilot Sport 4が上と認識して間違いありません。
 では、このタイヤを購入する上でのポイントは何かというと、「コストパフォーマンス」にあると思います。

 私はこのタイヤを4本¥65,800円(工賃込・・・1本¥14,800 工賃¥6,600)で購入しました。フジ・コーポレーションでは1本¥14,000です(3月9日現在)。工賃を含めると私の購入金額より若干(1000円弱)安いくらいでしょう。
 MICHELIN Pilot Sport 4はフジ・コーポレーションで1本¥21,300。工賃を入れるとトータル¥100,000弱。私が購入したところでは¥102,800です。
 いずれの店舗で購入するにせよ総額で¥35,000前後の出費減になります。
 タイヤを限界まで使用することは、通常の使用ではまずありません。緊急時に差異が出るということは考えられますが、タイヤによって差が出やすいウェットブレーキングに関しては上位の成績を納めていますから、費用対効果を求めるのであればこのタイヤでも十分購入候補に成り得ると思います。


 私が考える、このタイヤの購入に向いている方は、「国産・プレミアムスポーツ・ウェット重視・コストパフォーマンス・コンフォート性能も多少気にする」方かと思います。・・・砂・小石の巻き上げだけは「あばたもえくぼ」で。。。

車タイプ
クーペ

参考になった0

満足度5
走行性能4
乗り心地5
グリップ性能5
静粛性4
傑出したところはないけれど、バランスに優れたタイヤかと。

ショルダー

製造年週

トレッドパターン

ロードランナーで購入。
製造年週0218
製造国 Made in Japan
2018年2月17日発注、2月19日店舗到着、装着。
SUBARU BRZ C型 RWDでのレビューです。

【走行性能】
 直進安定性は良好です。
 操舵を始めると、素直に旋回に入ります。
 写真を見て分かるようにラウンドショルダーですので、ハンドリングは決してクイックではありません。鈍いということもなく、中庸というところでしょう。
 高速道路のレーンチェンジで気を遣うこともなく、かといってダルいこともないため、特に意識することがありません。

【乗り心地】
 路面の継ぎ目でのショックは軽減されました。アタリは柔らかい部類に入ると思います。
 大きな改善とまではいかないでしょうけれど、乗り心地の良いプレミアムスポーツを選択したいときは候補に成り得ます。

【グリップ性能】
 グリップ力は限界まで攻め込んでいないため何とも言えないところですが、ステアリングを切ってトルクをかけた際、今まではスライドしていた踏み込み量でも食らいついています。
 以前記載したCinturato P7同様、アスファルトの細かな凸凹にコンパウンドが噛みついている感じはします。
 ウェット性能については不満・不安は感じません。最近のプレミアムスポーツタイヤの傾向どおりです。
 各種タイヤテストではウェットブレーキングが上位ですが、その通りかと思います。

【静粛性】
 慣らしが完了するまでは、空洞共鳴音が聞こえます。(段差を超えたときにタイヤ内部に響く「ポーン」という音。慣らしが進むにつれて目立たなくなります。
 パターンノイズは目立ちません。
 ロードノイズは高めの「サー」という感じですね。うまく抑えられていると思います。
 いただけないことがあるとすれば、砂・小石を巻き上げやすいこと。ホイールハウス内にパチパチと砂が当たりますし、小石もコツコツいいます。恐らくロードノイズよりも気になるかも・・・。

【燃費】
 一般道を走る分には、これといって燃費の伸びは感じません。また、ブレーキングが伸びるといったこともありません。

【総評】
 ドイツAuto Bild誌のサマータイヤテストで2位になったことが購入のきっかけになりました。
http://www.autobild.de/artikel/sommerreifen-testsieger-2017-11452237.html
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-Summer-Tyre-Test.htm
 しかし、よく資料を読んでみるとあのタイヤがありません。
 ウェットブレーキング1位になったここにもありません。。。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-Sportscars-Tyre-Test.htm

 ここにいました。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-AMS-Summer-Tyre-Test.htm
 ここにも。
http://www.tyrereviews.co.uk/Article/2017-Auto-Bild-UHP-Tyre-Test.htm
                                      ※リンク切れご容赦
 そうです。私が本命にしていたタイヤのMICHELIN Pilot Sport 4です。
 Auto Bild誌のサマータイヤテストで2位をとったというのは、MICHELINからはPilot Sport 4ではなく、プレミアムコンフォートのPrimacy 3が相手だったから・・・ということも関係しているでしょう。それぞれテスト条件が異なるため一概には言えませんが、性能全般ではPilot Sport 4が上と認識して間違いありません。
 では、このタイヤを購入する上でのポイントは何かというと、「コストパフォーマンス」にあると思います。

 私はこのタイヤを4本¥65,800円(工賃込・・・1本¥14,800 工賃¥6,600)で購入しました。フジ・コーポレーションでは1本¥14,000です(3月9日現在)。工賃を含めると私の購入金額より若干(1000円弱)安いくらいでしょう。
 MICHELIN Pilot Sport 4はフジ・コーポレーションで1本¥21,300。工賃を入れるとトータル¥100,000弱。私が購入したところでは¥102,800です。
 いずれの店舗で購入するにせよ総額で¥35,000前後の出費減になります。
 タイヤを限界まで使用することは、通常の使用ではまずありません。緊急時に差異が出るということは考えられますが、タイヤによって差が出やすいウェットブレーキングに関しては上位の成績を納めていますから、費用対効果を求めるのであればこのタイヤでも十分購入候補に成り得ると思います。


 私が考える、このタイヤの購入に向いている方は、「国産・プレミアムスポーツ・ウェット重視・コストパフォーマンス・コンフォート性能も多少気にする」方かと思います。・・・砂・小石の巻き上げだけは「あばたもえくぼ」で。。。

車タイプ
クーペ

参考になった21

 
 
 
 
 
 

「AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XL」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XL
ファルケン

AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XL

最安価格(税込):¥13,430発売日:2018年 2月 価格.comの安さの理由は?

AZENIS FK510 215/45ZR17 91Y XLをお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[タイヤ]

タイヤの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(タイヤ)

ご注意