『意外と硬め ※追記あり』 スズキ スペーシア 2017年モデル 義元くん。さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > スペーシア 2017年モデル

『意外と硬め ※追記あり』 義元くん。さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

スペーシア 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:116件
  • 累計支持数:254人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
30件
25件
シャープペン
7件
1件
充電池・充電器
7件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能無評価
乗り心地4
燃費3
価格4
意外と硬め ※追記あり

私自身免許証をもっていなく運転ができないため、ただの高校生の戯言と思って読んでくだされば結構です。
【エクステリア】
とぼけたようなフェイスで、先代の明らかな女性ウケを狙ったデザインとはガラッと変わりました。
最近流行りのイカツイ顔とも違い、まさに万人ウケを狙ったフレンドリーなデザインになりました。
リアのエクステリアは、背の高さを意識させるデザインになっているように感じます。
スーツケースがモチーフらしいです。見ればわかるとは思いますが。
【インテリア】
こちらも、先代とは方向性を変えてきたように感じます。
先代は実用性一辺倒な印象が強かったのですが、現行モデルはエクステリア同様にスーツケースをモチーフとしてポップさを演出しています。
ライバル車との差別化は十分にできていると思います。
ただ、軽自動車ですし、コスト制約も厳しいはずですから仕方ないところではあるとおもいますが、ドアトリムの薄っぺらさや、インパネの素材感をはじめとした安っぽさというのが出てしまっているところは否めないと思います。
軽自動車に高級感を求めてはいけないことはわかっていますがね。
【エンジン性能】
エンジン性能というよりも、動力性能という面で書きます。
以前乗っていたクルマは、セルボの19年式でしたので、そちらとの比較も含めてです。
動力は不足しているように感じます。
セルボよりも明らかに遅いです。まあ、これに関しては、セルボが軽すぎたというのとミッションが違うので仕方ないところですが。
坂道やバイパス・高速などの合流でモタツキを感じます。
自分が運転しているわけではないのですが、明確な違いを感じました。
山岳地域にお住まいの方や、高速道路をよく利用される方が検討されるのであれば、ターボを装着されることをお勧めします。
あ、あとはキュルキュルいいませんし、アイドリングストップからの復帰も素早いです。
たまにモーター走行していて非常に面白いです。
【走行性能】
上に同じ
ロールは下に書いてある硬めの足回りで抑えてる感じがします。
ボディはしっかりしているのかなと感じました。
【乗り心地】
乗り心地は、タイトルに書いたとおりです。
意外と硬めです。
タントカスタムよりも硬いような気がします。
そちらのクルマよりも突き上げ感は大きい感じはしますが、路面の細かい凹凸等は拾わないので、不快感はありません。
【燃費】
期待していた程の数値は出なかったようで、少しだけ落胆しているようです。
20.0km/Lもいきません。
【価格】
価格はそんなに高くはないと感じました。
もちろん、軽自動車の本質ともいえるセダン系のクルマに比べればかなり高いですが、装備や広さや使い勝手を考えるとお買い得価格なのではないでしょうか。
【総評】
私は免許を持っていないため、走行フィールなんかは書くことができません。すみません。
約11年乗り続けてきたセルボが車検を目前にイグニッションコイルが逝ってしまい、これを機に急遽買い換えることとなり、急ぎで決めましたが、流石に11年経っているとレベルが違いすぎて驚きました。
乗り心地も荒さがなくなり、エンジン音もかなり小さく、車内は足が組めるほど広い。
10年以上前のクルマをお持ちで、尚且つ買い替えを考えているのなら、是非検討されてみてはいかがでしょうか。
2019年8月1日 追記
リコールに出してきました。
エクステリアやインテリアが変わるわけありませんが、走行性能に関しては大きな違いが見られたので追記します。
まず、エンジン性能の観点からです
エンジンが変わったわけではないですが、加速が良くなったとは聞きます。
エンジンオイルは交換したようですが、オイルだけでそんなに変わるものなのでしょうか。
次に、走行性能の観点です。
免許を持っていませんので、乗り心地や運転者の話のみです。
まず、スズキディーラーから帰るときに既に実感できたのが、突き上げが非常にマイルドになっているという点。
今までは内臓にグッとくるような、ガツンとくる突き上げが多かったのですが、サスセッティングは相変わらず硬めではあるものの、内装が大きくビビる程の衝撃はなくなりました。
また、走行時の安定性も向上したとのことでした。
以前と違い、高速道路での巡航が加速の改善と相まって、非常に楽になったと言っていました。
ただ、狭いトレッド幅に対して背が非常に高いため、横風には煽られやすいです。
続いて、燃費に関してです。
燃費も大幅に改善したということです。
加速が改善したために踏み込みの量や回数が減ったからなのか、はたまたエンジン周りを何かしら弄ったのかは定かではありませんが、今までよりもメーター読みで2km/L程度改善したと言っていました。(もちろん、運転の仕方なんかは変えていません)
リコールに出してから不満点が一気に改善され、これまで以上に愛着を持って接することができそうです。
もちろん、リコールは無いに越したことはありませんし、スズキさんの今回の事件では世間での評判を大きく落とすこととなってしまいました。
今回のリコールは「ミス」ではなく「不正」です。
今回の反省を生かして、今後はこのようなことのないよう、しっかりと会社自体を改善していってくれるといいと思います。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
静岡県

新車価格
149万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スペーシアの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能無評価
乗り心地4
燃費3
価格4
意外と硬め

私自身免許証をもっていなく運転ができないため、ただの高校生の戯言と思って読んでくだされば結構です。
【エクステリア】
とぼけたようなフェイスで、先代の明らかな女性ウケを狙ったデザインとはガラッと変わりました。
最近流行りのイカツイ顔とも違い、まさに万人ウケを狙ったフレンドリーなデザインになりました。
リアのエクステリアは、背の高さを意識させるデザインになっているように感じます。
スーツケースがモチーフらしいです。見ればわかるとは思いますが。
【インテリア】
こちらも、先代とは方向性を変えてきたように感じます。
先代は実用性一辺倒な印象が強かったのですが、現行モデルはエクステリア同様にスーツケースをモチーフとしてポップさを演出しています。
ライバル車との差別化は十分にできていると思います。
ただ、軽自動車ですし、コスト制約も厳しいはずですから仕方ないところではあるとおもいますが、ドアトリムの薄っぺらさや、インパネの素材感をはじめとした安っぽさというのが出てしまっているところは否めないと思います。
軽自動車に高級感を求めてはいけないことはわかっていますがね。
【エンジン性能】
エンジン性能というよりも、動力性能という面で書きます。
以前乗っていたクルマは、セルボの19年式でしたので、そちらとの比較も含めてです。
動力は不足しているように感じます。
セルボよりも明らかに遅いです。まあ、これに関しては、セルボが軽すぎたというのとミッションが違うので仕方ないところですが。
坂道やバイパス・高速などの合流でモタツキを感じます。
自分が運転しているわけではないのですが、明確な違いを感じました。
山岳地域にお住まいの方や、高速道路をよく利用される方が検討されるのであれば、ターボを装着されることをお勧めします。
あ、あとはキュルキュルいいませんし、アイドリングストップからの復帰も素早いです。
たまにモーター走行していて非常に面白いです。
【走行性能】
上に同じ
ロールは下に書いてある硬めの足回りで抑えてる感じがします。
ボディはしっかりしているのかなと感じました。
【乗り心地】
乗り心地は、タイトルに書いたとおりです。
意外と硬めです。
タントカスタムよりも硬いような気がします。
そちらのクルマよりも突き上げ感は大きい感じはしますが、路面の細かい凹凸等は拾わないので、不快感はありません。
【燃費】
期待していた程の数値は出なかったようで、少しだけ落胆しているようです。
20.0km/Lもいきません。
【価格】
価格はそんなに高くはないと感じました。
もちろん、軽自動車の本質ともいえるセダン系のクルマに比べればかなり高いですが、装備や広さや使い勝手を考えるとお買い得価格なのではないでしょうか。
【総評】
私は免許を持っていないため、走行フィールなんかは書くことができません。すみません。
約11年乗り続けてきたセルボが車検を目前にイグニッションコイルが逝ってしまい、これを機に急遽買い換えることとなり、急ぎで決めましたが、流石に11年経っているとレベルが違いすぎて驚きました。
乗り心地も荒さがなくなり、エンジン音もかなり小さく、車内は足が組めるほど広い。
10年以上前のクルマをお持ちで、尚且つ買い替えを考えているのなら、是非検討されてみてはいかがでしょうか。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
静岡県

新車価格
149万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

スペーシアの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

 
 
 
 
 
 

「スペーシア 2017年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
日常の足として使い勝手が良い  4 2019年11月27日 02:39
納車されたー  5 2019年11月10日 18:12
これは良い!  5 2019年10月7日 22:53
ヘッドライトをLEDに変えたい!  4 2019年8月12日 17:49
意外と硬め ※追記あり  4 2019年8月1日 15:09
購入8ヶ月後の感想  4 2019年5月25日 12:58
燃費はもう少し期待したのですが・・  5 2019年2月9日 07:38
概ね満足していますが、  4 2018年11月6日 07:42
納得のセカンドカー  5 2018年10月12日 15:56
2ヶ月乗っての再レビュー  4 2018年9月22日 08:26

スペーシア 2017年モデルのレビューを見る(レビュアー数:28人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

スペーシア 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

スペーシア
スズキ

スペーシア

新車価格帯:135〜161万円

中古車価格帯:85〜222万円

スペーシア 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <270

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意