『どこにでも持ち運べる安価なレコーダー!音楽の練習録音に便利』 ZOOM Handy Recorder H1n Babi Yarさんのレビュー・評価

Handy Recorder H1n 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥9,900

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥9,900

SOUNDHOUSE

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥9,900〜¥12,100 (14店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥9,900 〜 ¥9,900 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Handy Recorder H1nの価格比較
  • Handy Recorder H1nの店頭購入
  • Handy Recorder H1nのスペック・仕様
  • Handy Recorder H1nのレビュー
  • Handy Recorder H1nのクチコミ
  • Handy Recorder H1nの画像・動画
  • Handy Recorder H1nのピックアップリスト
  • Handy Recorder H1nのオークション

Handy Recorder H1nZOOM

最安価格(税込):¥9,900 (前週比:±0 ) 発売日:2017年11月下旬

  • Handy Recorder H1nの価格比較
  • Handy Recorder H1nの店頭購入
  • Handy Recorder H1nのスペック・仕様
  • Handy Recorder H1nのレビュー
  • Handy Recorder H1nのクチコミ
  • Handy Recorder H1nの画像・動画
  • Handy Recorder H1nのピックアップリスト
  • Handy Recorder H1nのオークション
ユーザーレビュー > 家電 > ICレコーダー > ZOOM > Handy Recorder H1n

『どこにでも持ち運べる安価なレコーダー!音楽の練習録音に便利』 Babi Yarさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Handy Recorder H1nのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:183人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
14件
14件
ビデオカメラ
2件
9件
デジタル一眼カメラ
4件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
音質3
マイク感度5
録音時間5
機能性5
バッテリー4
拡張性3
対応形式3
どこにでも持ち運べる安価なレコーダー!音楽の練習録音に便利
   

   

【デザイン】
ZOOMの製品は独特のデザインが好きかどうかで評価が変わると思いますが、ZOOM H1nに関してはお洒落なように感じます。
コンデンサーマイクの部分は埃が付着した際取り除きにくいので要注意。
仕込みマイクとして使うには少し大きいですが、この価格で買えるので文句は言えません。

【操作性】
一度覚えてしまえば直感的に操作できると思います。

【音質】
1万円前後のマイク付きレコーダーに過度の期待をすると裏切られると思います。
同じ価格帯の単品コンデンサーマイクや4〜5万円クラスのステレオマイク付きリニアPCMレコーダーと比較すると解像感や音の広がりが全然違います。特に、音源から離れたときに顕著に感じます。

とはいえ、H1nの内臓マイクもうまく使えば良好な音質で録ることができます。コツはなるべく音源から近くで録ることです。

感度が高くノイズを拾いやすいスモールダイヤフラムのステレオマイクの特性上、離れたところから録ると環境ノイズを拾いやすいです。
環境ノイズ(エアコンの音、パーカッションの共振音、音源以外の声など)をなるべく避け、音源の近くかつ適切なゲインで収音すれば、配信やYouTubeで使用する映像で音源を使うくらいだったら及第点だと思います。

@音楽(ポップス系の演奏)→かなりうまくセッティングしないと感動できる程の高音質にはなりませんが、スマホの音声とは別次元です。
A音楽(ブラス、吹奏楽、合唱、オーケストラなど)→指揮者の譜面台において練習録音を録る程度なら価格以上の満足を得られると思います。どうしてもこのレコーダーで公開用の録音をしたい場合は、譜面台など共振しやすいものの上は避けて、指揮者のすぐ後ろくらいの位置になるべく高く設置しましょう。
B音楽(声、楽器のソロ)→なるべく近いところで録りましょう。
C会議の収音→オート、mp3録音でもスマホとは比べ物にならないくらい良く撮れます。人間の動作音(机を叩く音、ペンを滑らせる音など)は気になると思いますが、仕方のないものです。
D会話の収音→動画の音声やポッドキャスト、配信で使用する場合はプラグインを使ってラベリアマイクを使用することをお勧めします。予算的にそれが厳しい場合は、環境ノイズのする屋外やエアコンの音のする室内を避け、反響音の少ない屋内で使用すると満足する音質が得られると思います。
Eオンカメラマイクとしての使用→ミニプラグの出力から一眼カメラ等の外部マイクとして使用することもできますが、正直お勧めはしません。感度が良すぎるため動作音を拾ってしまうということもあります。しかしそれ以上にオンカメラが求められる場合、ステレオコンデンサーマイクよりモノラルのガンマイクが合っている状況が大半です。なお、現場の環境音を拾って別撮りの音声と合わせるなどの用途なら向いていると思います。安価ですが、カメラの内臓マイクよりはずっと良い音が録れますので。

【マイク感度】
とても良いです。

【録音時間】
1日仕事で使うなら予備電池はあったほうが良いでしょう。基本的にはスペック通りです。

【機能性】
必要十分です。オートは記録用途の録音でとても便利ですし、リミッターは事前準備のできない収音で役立ちます。
PCやiOSではオーディオインターフェースとして使用できるのが地味に便利です。
小型スピーカーはあまり役立ちません。
外部マイクやライン録音もできますが、使用するのは専らラベリアマイクくらいです。

【バッテリー】
単四2本は便利です。わたしはエネループを使用しています。

【拡張性】
ほぼないです。マイク/ライン入力もたまに使用するので。

【対応形式】
演奏だけを録るなら24bit 96kHzで録っておくと何十年かした後によかったと思えるかもしれません。私は動画制作(24bit 48kHz)もしくはメモ録音(mp3,レベルはオート)で使用することが多いです。

【総評】
リニアPCMレコーダーは2007年頃流行りだして、進化が止まって久しい機材だと思います。編集を考えるとこれ以上の上位フォーマットは想定される用途的に使いづらいし、音質は内臓マイク、積んでいる基板やコンデンサーの品質なので価格に見合った音質にしか出すことができません。

1万円程度で買えるレコーダーには1万円程度の音質しかだせないんです。
それでもうまく使えば良い音で録ることは十二分に可能です。そして手軽にそこそこの録音をできるのはこういった安価なリニアPCMレコーダーがあるからです。

★低予算で動画制作の音声収録を考えるならPCMレコーダーより単品マイクを買ってみることを勧めます。どうしてもレコーダーが良いのならZOOM F1-LPやF1-SPなどが良いでしょう。
★バンドマン、ポップスを演奏する方は、できればXLR端子のついた製品Tascam DR-40 VER2-Jなどを購入しておいたほうがのちのち便利だと思います。
★学生さんやアマチュアの音楽家には練習やレッスンの録音で大活躍なので、ぜひZOOM H1nを手に取ってみることをお勧めしたいです。レッスン1、2回の価格で買える良質なレコーダーなんですから!

比較製品
TASCAM > DR-40 VER2-J
ZOOM > F1-SP
ZOOM > F1-LP
主な用途
会議
講義・講演
インタビュー
音楽

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Handy Recorder H1n」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Handy Recorder H1nのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Handy Recorder H1n
ZOOM

Handy Recorder H1n

最安価格(税込):¥9,900発売日:2017年11月下旬 価格.comの安さの理由は?

Handy Recorder H1nをお気に入り製品に追加する <46

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ICレコーダー]

ICレコーダーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ICレコーダー)

ご注意