『車自体は素晴らしい。それだけに、もう少しだけ頑張ってほしい。』 スズキ クロスビー 2017年モデル 義元くん。さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > クロスビー 2017年モデル

『車自体は素晴らしい。それだけに、もう少しだけ頑張ってほしい。』 義元くん。さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

クロスビー 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

義元くん。さん

  • レビュー投稿数:136件
  • 累計支持数:355人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格無評価
車自体は素晴らしい。それだけに、もう少しだけ頑張ってほしい。

我が家の軽自動車のリコール(二度目)の代車です。
【エクステリア】
スズキお得意の軽自動車のストレッチ版です。実際には全くの別車種なんですがね。
かつてのスイフトはKeiのストレッチ版でしたし、ソリオだって同様にワゴンRからの派生車種でした。ランディについてもエブリイランディというエブリイの派生車種でした。
このクロスビーはというと、見ての通りハスラーのストレッチ版とも言えるデザインです。
個人的には結構好きなデザインで、ハスラーよりも好みです。
【インテリア】
インテリアは質感を語るような車種ではないかと思います。かなりポップなテイストです。先代ハスラーにも通じる、光沢のあるプラスチックが目を引きます。VWのup!のように外装色と統一させてもバチは当たらないような気がしますが。
エアコンの操作パネルは内装部品の共通化が得意なスズキにあって、専用部品を採用しているようです。その点は好感を持てました。また、六角形のマークがドアトリムのパーツのエンボス加工に組み込まれていたり、シートのファブリックにもプリントされていたりと、世界観にこだわった車のように感じます。
親曰く、メーターのデザインが安っぽく見えるとのことで、たぶん色遣いのせいかと思いますが。
【エンジン性能】
エンジン性能は必要にして十分です。普段、車重の重いNAの軽自動車に乗り慣れているからということもありますが、山道も楽に登ってくれます。ターボラグは少し感じるところですが、不快なほどに扱いにくいということもないです。また、振動もエンジン音もほとんど伝わってきません。非常に快適なドライブでした。惜しむらくはアイドリングストップ直前に少しエンジンがブルっと振動することくらいでしょうか。これは比較的排気量の大きい3気筒エンジンということもあって仕方のない部分かとも思います。
【走行性能】
普段、スーパーハイト系軽自動車や設計の古いセダンに乗っているからか、ステアリングがクイックに感じられ、最初は少し怖かったです。
中立付近の微妙な操舵までしっかり反応してくれる印象でしたし、何よりも安心感を持ってハンドルを切っていくことができました。また、狙った通りのコースを辿っていくことができ、非常に気持ちよかったです。
比較対象が非常に良くないということもあって、まったく参考にならないでしょうけども。教習車もコンフォートでしたからね。
また、マイルドハイブリッドの制御も煮詰められているのか、スペーシアよりもブレーキ操作に気を使わなくても、スッと無衝動停車が可能になっていました。正直羨ましかったです。スペーシアもCVT制御プログラムの更新などで同じようになってくれないものかと。
【乗り心地】
さすがに最新車種ということもあって、普段乗っている車よりは格段に乗り心地は良かったです。細かい振動はしっかりと吸収してくれている印象で、後部座席でも比較的快適に過ごすことができました。
大きい段差では突き上げを感じることもありましたが、車格やコストを考慮するとここが妥協点なのかとも感じました。
【燃費】
メーター表示では12km/L辺りを指していました。この車種は燃費にこだわった車種ではないようなので、ここは仕方のない部分なのかなと。むしろ、4WDで山道も走って(しかも普通に踏みました。省燃費運転は全く意識していません)その程度の燃費だったので、悪くはないのではないでしょうか。
【価格】
230万円前後ということで、軽自動車にちょっとプラスするだけで。むしろ車種によっては少しおつりが返ってくるであろう金額でこれだけの余裕が生まれるのであれば、こちらを選んだ方が幸せになれる気がします。
それにしても、最近の車は高いですね。
【総評】
小物トレー部にUSBポートが付いていたり、荷室が撥水防汚加工になっていたりと使い勝手にこだわった、趣味性の強い車種のように感じました。
個人的には乗ってみて魅力あふれる車種であると感じました。
それだけに、もう少し安全性に気を配ってほしいと思いました。
ハスラーをストレッチして(先述の通り、全くの別車種なことは理解しています)普通車になり、見事に5人が乗れるようになったわけです。
でも、何故か後席は5:5分割可倒なんですよね。それだけだったらまだいいのですが、問題は中央席ヘッドレストがないことなんです。後席用は確かに、前席用と異なりアクティブヘッドレストもついていませんし、簡易的なものなのは分かっています。ですが、やはり有ると無いのとでは、衝突時の被害は大きく異なってくると思います。
ファミリーユース向けのソリオですら同じような有様とあって、スズキの開発者の良識を疑いたくなるところです。ソリオのライバル車のトール3兄弟にも、この車のライバルのロッキー兄弟にも、何なら格下のブーン兄弟ですら中央席ヘッドレストを装備しています。もっと言えば後席のシートベルトインジケータランプまで装備しています。
シートバックテーブルをつける前にするべきことはあるのではないでしょうか。
同じスズキでも、世界戦略車であるスイフトは装備しています。
どうか、スズキの開発者の方には頑張っていただいて、もっと乗員全員が安心して乗れる車作りをしていただきたいものと思います。
長々と失礼いたしました。

レビュー対象車
試乗

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

クロスビー 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

クロスビー 2017年モデル
スズキ

クロスビー 2017年モデル

新車価格:180〜220万円

中古車価格:95〜256万円

クロスビー 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <272

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

monoka
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意