『他の本体同サイズより画面が広くて良い(弱点はFOMAが利用不可)』 HUAWEI HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー] †うっきー†さんのレビュー・評価

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]

AIチップ内蔵の6型SIMフリースマホ

最安価格(税込): ¥47,252〜 登録価格一覧(7店舗)
発売日:2017年12月 1日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 8.0 販売時期:2017年冬モデル 画面サイズ:6インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:4000mAh HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
ユーザーレビュー > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > HUAWEI > HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー > HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]

『他の本体同サイズより画面が広くて良い(弱点はFOMAが利用不可)』 †うっきー†さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:669人
  • ファン数:42人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
13件
16847件
タブレットPC
1件
915件
NAS(ネットワークHDD)
2件
734件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス5
画面表示5
バッテリー5
カメラ無評価
他の本体同サイズより画面が広くて良い(弱点はFOMAが利用不可)
機種不明プリインストールアプリ
機種不明バッテリーの持ちは14日(2週間程度)
機種不明PCモードはHUBで充電しながら可能

プリインストールアプリ

バッテリーの持ちは14日(2週間程度)

PCモードはHUBで充電しながら可能

機種不明設定の階層が深い,ツインアプリでLINE対応,ナビゲーションの改善
機種不明GPSは文句なし
当機種カメラのAIモードで被写体を自動判断(青空)

設定の階層が深い,ツインアプリでLINE対応,ナビゲーションの改善

GPSは文句なし

カメラのAIモードで被写体を自動判断(青空)

EMUI8.0で追加変更された機能などをメインに記載します。

■アプリを終了しない設定でプッシュ通知を受け取る
設定→アプリと通知→アプリ→設定→特別なアクセス→バッテリー最適化を無視→右上の▼→すべてのアプリ→該当アプリ→許可(許可が閉じない設定です)
設定→電池→起動→該当アプリ→手動で管理(自動起動,他のアプリによる起動,バックグラウンドで実行)をオン
設定→電池→右上の歯車→消費電力が高いアプリ→オフ(通知のみなので好みでオンでも良い)
設定→アプリと通知→通知とステータスバー→通知で画面を点灯→オン(スリープ中に一時的に画面表示。不要ならオフでも良い)

スリープにして数時間放置後(12時間以上でも検証)もLINE,SMARTalkの着信は完璧。
Dozeへ移行するような長時間放置後はメール(検証はmyMailとBlueMail)のプッシュが安定しなかったので、AquaMail等でプッシュ,スリープ時はフェッチを併用する必要がありそう。

■バッテリーの持ちは14日(2週間程度)
待受けでは2週間程度持つようです。

0 SIM(SMSなし)のモバイル通信の場合
1%のバッテリー消費 3:36:05, 3:30:05, 3:20:26, 平均3:28:52
約14日程度持つ計算

0 SIM(SMSなし)+Wi-Fi常時接続の場合
4%消費に12:23:18
約13日程度持つ計算

計測時間が12時間程度の逆算なので参考値となりますが、バッテリーの持ちは問題ないようです。

■PCモードで充電と有線キーボード,マウス利用可能なHUB
2280円のHUBで可能でした。
https://www.amazon.co.jp/dp/B075V48TSY
USBポートが少ないので、さらにHUB(これはOTG非対応でも良さそう)を接続してキーボード,マウスなどを接続すればよいです。
端末側でタッチスクリーンと文字入力が必要なシーンでは、タッチスクリーンの下にソフトキーボード表示も可能です。
HUBを使ってキーボード,マウスを接続した方が楽だとは思います。
モニターにスマホと同じ画面にするモードもあります。
PCモードでは、端末側の表示とモニター側の表示は別のものが表示されて、別々の操作が可能です。
端末が自動でスリープになった場合は、外部モニターは消えないため、操作を継続可能。気が利いています。

■ツインアプリ
ツインアプリでLINEの複製が可能になっていました。

■DSDVのメリットデメリット
両スロットとも「2G/3G/4G」となるため、FOMA SIMが使えなくなりました。詳細は後述。
現時点ではauのVoLTEが非対応ですが、DocomoとAuのVoLTE対応の予定あり。

■みちびき(GZSS)に対応
スペック表では「GPS/AGPS/Glonass/Beidou」ですが、記載ミスです。
みちびき(GZSS)に対応していました。メーカーにも確認済。

■サイズ
6インチですが、画面の縁の領域が狭いため、5.5インチの端末と本体サイズは同じ程度です。
EMUI5.0のフローティングボタンが廃止されて、ナビゲーションメニューが採用されました。
ナビゲーションバーを非表示にして、ナビゲーションメニュー(小さい丸い円)を使えば、戻る,ホーム表示,マルチタスクボタンの代用が効きます。
これにより、さらに画面を広く使うことが出来ます。

■気になったこと
設定→無線とネットワーク→デュアルSIM設定→デュアルSIM 4G→オフにしても
両方とものSIMが「2G/3G/4G」となっている。期待としては、DSDS機同様に通信側でない方が「2G/3G」になって欲しい。
「2G/3G」にならないため、FOMA SIMが利用出来ない状態。
メーカーに要望は出しましたが、将来FOMAが利用できるようになるかは不明。


個人的評価としては、高額であることと、FOMAが利用出来ないことが厳しいので、評価は4程度にしたいところですが、
それ以外が素晴らしいと思うので、おまけで5とします。

さらに詳細な画像,動画入りのレビューは以下を参照。
http://ukki.hateblo.jp/entry/Mate10Pro

参考になった30人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
携帯性3
レスポンス4
画面表示4
バッテリー無評価
カメラ無評価
画面の淵が少なく他の同サイズのものより画面が広い
機種不明
機種不明
機種不明

機種不明
   

   

EMUI8.0で追加変更された機能などをメインに記載します。
その他、詳細は後日追記します。

■アプリを終了しない設定でプッシュ通知を受け取る
設定→アプリと通知→アプリ→設定→特別なアクセス→バッテリー最適化を無視→右上の↓→すべてのアプリ→該当アプリ→許可(許可が閉じない設定です)
設定→電池→起動→該当アプリ→手動で管理(自動起動,他のアプリによる起動,バックグラウンドで実行)をオン
設定→電池→右上の歯車→消費電力が高いアプリ→オフ(通知のみなので好みでオンでも良い)
設定→アプリと通知→通知とステータスバー→通知で画面を点灯→オン(スリープ中に一時的に画面表示。不要なオフでも良い)

スリープにして数時間放置後もSMARTalkの着信が可能。
本機では検証は1回ですが、最近novaやZenFone3でも安定していることをDoze移行後に複数回確認済。

■ツインアプリ
ツインアプリでLINEの複製が可能になっていました。

■DSDVのメリットデメリット
両スロットとも「2G/3G/4G」となるため、FOMA SIMが使えなくなりました。詳細は後述。
現時点ではauのVoLTEが非対応なのでメリットはあまりありませんが、将来対応されることがあれば通信はdocomo系,通話はauのVoLTEなどが可能となる可能性もあり。

■PCモードで充電と有線キーボード,マウス利用可能なHUB
2280円のHUBで可能でした。
https://www.amazon.co.jp/dp/B075V48TSY
USBポートが少ないので、さらにHUB(これはOTG非対応でも良さそう)を接続してキーボード,マウスなどを接続すればよいです。
端末側でタッチスクリーンと文字入力が必要なシーンでは、タッチスクリーンの下にソフトキーボード表示も可能です。
HUBを使ってキーボード,マウスを接続した方が楽だとは思います。
モニターにスマホと同じ画面にするモードもあります。
PCモードでは、端末側の表示とモニター側の表示は別のものが表示されて、別々の操作が可能です。
端末が自動でスリープになった場合は、外部モニターは消えないため、操作を継続可能。気が利いています。

■みちびき(GZSS)に対応
スペック表では「GPS/AGPS/Glonass/Beidou」ですが、記載ミスです。
みちびき(GZSS)に対応していました。メーカーにも確認済。

■サイズ
6インチですが、画面の淵の領域が狭いため、5.5インチの端末と同じ程度です。
EMUI5.0のフローティングボタンが廃止されて、ナビゲーションメニューが採用されました。
ナビゲーションバーを非表示にして、ナビゲーションメニュー(小さい丸い円)を使えば、戻る,ホーム表示,マルチタスクボタンの代用が効きます。
これにより、さらに画面を広く使うことが出来ます。

■気になったこと
アプリを終了しない設定にしても、メール(myMail)がDoze移行(2時間以上)後にロック画面表示とLED点滅がつかない。
通知自体は受け取っている(スリープ解除で着信している)ようなので、もう少し調査が必要。LINEでも検証予定。

設定→無線とネットワーク→デュアルSIM設定→デュアルSIM 4G→オフにしても
両方とものSIMが「2G/3G/4G」となっている。期待としては、DSDS機同様に通信側でない方が「2G/3G」になって欲しい。
「2G/3G」にならないため、FOMA SIMが利用出来ない状態。
「デュアルSIM 4G」のオンオフの挙動については、メーカーに確認中。

参考になった18

「HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]
HUAWEI

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]

発売日:2017年12月 1日

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー [チタニウムグレー]をお気に入り製品に追加する <385

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意