『強力なAFと即応の操作性、ストレスフリーのフラッグシップ機』 パナソニック LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキット とびしゃこさんのレビュー・評価

2018年 1月25日 発売

LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキット

  • 有効画素数20.3M画素を実現したLive MOSセンサーを採用した、ハイエンドクラスのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正機能 「Dual I.S.2」により、望遠域までシャッター速度6.5段分の補正効果を実現。
  • 標準ズームレンズ「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.」が1本付属している。
LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキット 製品画像
最安価格(税込):

¥175,978

(前週比:+1,478円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥175,986

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥162,800 (13製品)


価格帯:¥175,978〜¥339,440 (53店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥175,980 〜 ¥285,300 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ
  • ボディ
  • 標準ズームライカDGレンズキット
  • 比較表

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2033万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:586g LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの価格比較
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの買取価格
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの店頭購入
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのレビュー
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのクチコミ
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの画像・動画
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのオークション

LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットパナソニック

最安価格(税込):¥175,978 (前週比:+1,478円↑) 発売日:2018年 1月25日

  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの価格比較
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの買取価格
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの店頭購入
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのレビュー
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのクチコミ
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットの画像・動画
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのオークション

『強力なAFと即応の操作性、ストレスフリーのフラッグシップ機』 とびしゃこさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:74件
  • 累計支持数:604人
  • ファン数:14人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
60件
314件
デジタル一眼カメラ
10件
303件
デジタルカメラ
0件
19件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
強力なAFと即応の操作性、ストレスフリーのフラッグシップ機
当機種1.細かい被写体もシャープに(キットのDG12-60mm, 12mm F9)
当機種2.ひしゃくの金属の質感は出ているでしょうか(キットのDG12-60mm, 43mm、F3.9)
当機種3.炭火と灰(キットのDG12-60mm, 48mmF3.9)

1.細かい被写体もシャープに(キットのDG12-60mm, 12mm F9)

2.ひしゃくの金属の質感は出ているでしょうか(キットのDG12-60mm, 43mm、F3.9)

3.炭火と灰(キットのDG12-60mm, 48mmF3.9)

当機種4. 手元の被写体も撮りやすい(キットのDG12-60mm, 40oF3.9)
当機種5.フレーミングさえできれば撮れます。ツバメ、顔認識AFのまま, (オリ12-100, 100mm)
当機種6.急に飛んできたカラスは遅いので余裕です。全、顔認識AFのまま (オリ12-100)

4. 手元の被写体も撮りやすい(キットのDG12-60mm, 40oF3.9)

5.フレーミングさえできれば撮れます。ツバメ、顔認識AFのまま, (オリ12-100, 100mm)

6.急に飛んできたカラスは遅いので余裕です。全、顔認識AFのまま (オリ12-100)

3カ月ほど使ったので、少しレビューしてみます。

【デザイン】
正面からグリップが目立つ一眼型のデザインです。

【画質】
Jpeg撮って出し専門です。被写体は人物(子供)、スナップ、
スポーツ(運動会)、風景です。
質感描写もよく(写真1-4、)ISOオートの上限は3200設定で
すが、高感度画質も良くなってます。

【操作性】
撮影に必要な基本操作が、液晶メニューに入らずボタンや
レバー、ダイアルですぐに設定できます。
スリングバックからグリップをつかんで取り出し、人差し指を
ひいてメインスイッチをONにしつつフレーミング、パナの
超高速AF-Sで1コマ目を撮影、以降は親指で背面コントロール
ホイールで露出調整しながら撮影しています。

E-M1mkII(所有機)ではボディ左肩上のメインスイッチで
どうしても両手操作が必要でした。

とっさの動体(飛んできた鳥など)撮影では右肩の
フォーカスモードレバーを親指でAF-Cに切り替え撮影します。
あらかじめ動体と判っている場合はボディ左肩の
ダイヤルで素早く連写モード1か2に切り替えておきます。

連写IはH(メカシャッター9(〜12)コマ/秒)、連写IIは
SH1(電子シャッター20コマ/秒)に設定しています。
SH1でもあきれるほど連続撮影できるため、SH2
(AF-S, MFなら60コマ/秒!)は封印中です(^_^;)。

ここ!というときに切れる軽いタッチのシャッターボタン
で好みです。親指AFは使っていません。

G9のメカシャッター(最速1/8000秒)音は、G8
(同1/4000秒)よりはわずかに大きいですが、
E-M1mkIIより静かでスナップにも十分使えます。

電子シャッターも実効1/60程度はありそうで、動体
でもそこそこ使えます。子供の寝顔や式典などでは、
レンズマウント脇のマルチファンクションレバーで
切り替えて、即座に無音撮影が可能です。

新設の肩液晶もEVF・液晶を覗かず設定が確認が
でき、スナップや待機中に便利です。

【バッテリー】
付属のバッテリー(1860mA)と、G8(同1200mA)と比で
1.5倍の容量がありますが、感覚的にそこまで持ちません。
早くなったAF(従来比6倍速の画像認識)や6.5段手ブレ補正、
120fpsブラックアウトフリーEVF、 4K60P動画などの影響で
しょうか。

当方の使い方で1日持ちますが、出先では予備バッテリー
が1個あると安心です。

【携帯性】
G8より大きく携帯性はM4/3機として良くはないです。
ただ、実使用ではその良好なグリップ、操作性と共に非常
に使いやすいです。
付属のライカDG12-60ズームとはベストバランスです。

【機能性】
シャッターボタン半押のみで、AF-S,AF-Cともに高速の
顔・瞳認識AFが可能です。
人物・子供や街角スナップ撮影では、瞳・顔認識AFにして
おけば、AFポイント移動操作などに煩わされず、フレーミング
とシャッターチャンスに集中できます。

顔検出不可の場合でも人体認識AFがフォローし背景抜けを
防ぎます。AF-S(顔認識+フォーカス優先設定)のみでも
超高速のため、飛び上がったり、ふざけたりの躍動感ある
子供写真が簡単に撮れます。

AF-C(顔・瞳・人体認識AFモード+バランス優先設定、ISOオート)
での追従性も十分で、キットズームのライカDG12-60mmでは、
至近距離(横位置で上半身位まで余裕です)まで、こちらに
すっ飛んでくる子供(小学生)の動きも写すことができます。

パナ25mmF1.7との組み合わせでは、室内でも3歳児で同様の
撮影が可能でした(作例は出せませんが、レビューしてます)。
ファインダー遅延もなく被写体捕捉も問題ありません。

オリンパス製レンズでも問題なく、12-100f4での作例ですが、
向かってくるツバメ(小さいですが(^_^;))や急に飛んできたカラス
も顔・瞳認識AF(全点AF)のまま、親指で右肩レバーをAF-Cに
してフレーミングし、シャッターを切ると撮れます(写真5,6)。

複数の人物が認識された場合は背面液晶タッチでメインの指定が
可能です。

総じて、簡単かつ凄まじい多点測距AF性能といえます。

手ブレ補正機能も純正レンズとのDual ISは当然として、ボディ内
手ブレ補正のみでもよく効きます。手ブレ補正のないオリ40-150mm
f2.8のテレ端+1.4倍テレコン(フルサイズ400mm相当)での手持ち
動画もそこそこみられるレベルです。
(着座で肘固定、壁などに寄りかかるとほとんどブレなく動画撮影
できます。)

【液晶】
高倍率(0.83倍!)で精細感、視認性が高く、動体対応(120fps)
の素晴らしいEVFです。
撮影中は気になりませんが、少し糸巻き収差があり低倍率でも
残ります。目をしっかり近づけると軽減されますが、メガネ使用者
は気になるかもしれません。

背面液晶は100万画素レベルですが十分きれいです。当方は
オートレビュー「切」設定で、必要な場合にピント拡大、消去コマ
を確認する程度なので、気になりません。

【ホールド感】
抜群です。摩擦係数の高い深めのグリップです。ボディは剛性感
があり、付属のキットズームはもちろん、重いオリの12-100F4や
40-150f2.8+x1.4テレコンでもバランスはよいです。

【総評】
高倍率で見やすいEVF、フレーミングとシャッターチャンスに集中
できる強力な自動多点AF機能と高速連写は、M4/3の程よい
被写界深度と相まって、ストレスフリーに躍動感のある人物・子供
写真を量産でき、瞬間的なスナップを切り取ります。

フラッグシップの感触、使用感、操作性で、M4/3システム全体
を加速する、素晴らしいカメラです。
フルサイズ機も使用中ですが、実際の撮影力が圧倒的に高い
ためこちらがメインです。

キットレンズのライカDG12-60mmとの組み合わせは文字通り
瞬速で、シャッター半押とともに合焦が終了しており、後は押す
だけです。

日常のほとんどの場面を記録するのに不足なく、必要に応じて
明るい単焦点や望遠ズームなどでシステムを組んだら、
一般的な被写体ではまず困ることはなさそうです。

比較製品
オリンパス > OM-D E-M1 Mark II ボディ [ブラック]
パナソニック > LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060
オリンパス > M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ

参考になった22人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
強力なAFと即応の操作性、ストレスフリーのフラッグシップ機
当機種1.細かい被写体もシャープに(キットのDG12-60mm, 12mm F9)
当機種2.ひしゃくの金属の質感は出ているでしょうか(キットのDG12-60mm, 43mm、F3.9)
当機種3.炭火と灰(キットのDG12-60mm, 48mmF3.9)

1.細かい被写体もシャープに(キットのDG12-60mm, 12mm F9)

2.ひしゃくの金属の質感は出ているでしょうか(キットのDG12-60mm, 43mm、F3.9)

3.炭火と灰(キットのDG12-60mm, 48mmF3.9)

当機種4. 手元の被写体も撮りやすい(キットのDG12-60mm, 40oF3.9)
当機種5.フレーミングさえできれば撮れます。ツバメ、顔認識AFのまま, (オリ12-100)
当機種6.急に飛んできたカラスは余裕です。顔認識AFのまま (オリ12-100)

4. 手元の被写体も撮りやすい(キットのDG12-60mm, 40oF3.9)

5.フレーミングさえできれば撮れます。ツバメ、顔認識AFのまま, (オリ12-100)

6.急に飛んできたカラスは余裕です。顔認識AFのまま (オリ12-100)

3カ月ほど使ったので、少しレビューしてみます。

【デザイン】
正面からグリップが目立つ一眼型のデザインです。

【画質】
Jpeg撮って出し専門です。被写体は人物(子供)、スナップ、スポーツ(運動会)、風景です。
質感描写もよく(写真1-4、)ISOオートの上限は3200設定ですが、高感度画質も良くなってます。

【操作性】
撮影に必要な基本操作が、液晶メニューに入らずボタンやレバー、ダイアルですぐに設定できます。
スリングバックからグリップをつかんで取り出し、人差し指をひいてメインスイッチをONにしつつフレー
ミング、パナの超高速AF-Sで1コマ目を撮影、以降は親指で背面コントロールホイールで露出調整
しながら撮影しています。
E-M1mkII(所有機)ではボディ左肩上のメインスイッチでどうしても両手操作が必要でした。

とっさの動体(飛んできた鳥など)撮影では右肩のフォーカスモードレバーを親指でAF-Cに切り替え撮影します。
あらかじめ動体と判っている場合はボディ左肩のダイヤルで素早く連写モード1か2に切り替えておきます。
連写IはH(メカシャッター9(〜12)コマ/秒)、連写IIはSH1(電子シャッター20コマ/秒)に設定しています。
SH1でもあきれるほど連続撮影できるため、SH2(AF-S, MFなら60コマ/秒!)は封印中です(^_^;)。

ここ!というときに切れる軽いタッチのシャッターボタンで好みです。親指AFは使っていません。
G9のメカシャッター(最速1/8000秒)音は、G8 (最速1/4000秒)よりはわずかに大きいですが、
E-M1mkIIより静かでスナップにも十分使えます。

電子シャッターも実効1/60程度はありそうで、動体でもそこそこ使えます。子供の寝顔や式典など
では、レンズマウント脇のマルチファンクションレバーで切り替えて即座に無音撮影が可能です。
新設の肩液晶もEVF・液晶を覗かず設定が確認ができ、スナップや待機中に便利です。

【バッテリー】
付属のバッテリー(1860mA)と、G8(同1200mA)と比で1.5倍の容量がありますが、感覚的にそこまで
持ちません。早くなったAF(従来比6倍速の画像認識)や6.5段手ブレ補正、120fpsブラックアウトフリー
EVF、 4K60P動画などの影響でしょうか。
当方の使い方で1日持ちますが、出先では予備バッテリーが1個あると安心です。

【携帯性】
G8より大きく携帯性はM4/3機として良くはないです。
ただ、実使用ではその良好グリップ、操作性と共に、非常に使いやすいです。
付属のライカDG12-60ズームとはベストバランスです。

【機能性】
シャッターボタン半押のみで、AF-S,AF-Cともに高速の顔・瞳認識AFが可能です。
人物・子供や街角スナップ撮影では、瞳・顔認識AFにしておけば、AFポイント移動
操作などに煩わされず、フレーミングとシャッターチャンスに集中できます。
顔検出不可の場合でも人体認識AFがフォローし背景抜けを防ぎます。
AF-S(顔認識+フォーカス優先設定)のみでも超高速のため、飛び上がったり、ふざ
けたりの躍動感ある子供写真が簡単に撮れます。

AF-C(顔・瞳・人体認識AFモード+バランス優先設定、ISOオート)での追従性も十分で、
キットズームのライカDG12-60mmでは、至近距離(横位置で上半身位まで余裕です)まで、
こちらにすっ飛んでくる子供(小学生)の動きも写すことができます。
パナ25mmF1.7との組み合わせでは、室内でも3歳児で同様の撮影が可能でした(作例は
出せませんが、レビューしてます)。
ファインダー遅延もなく被写体捕捉も問題ありません。

オリンパス製レンズでも問題なく、12-100f4での作例ですが、向かってくるツバメ(小さい
ですが(^_^;))や急に飛んできたカラスも顔・瞳認識AF(全点AF)のまま、親指で右肩レバ
ーをAF-Cにしてフレーミングしシャッターを切ると撮れます(写真5,6)。
複数の人物が認識された場合は背面液晶タッチでメインの指定が可能です。

総じて、簡単かつ凄まじい多点測距AF性能といえます。

手ブレ補正機能も純正レンズとのDual ISは当然として、ボディ手ブレ補正のみでもよく効きます。
手ブレ補正のないオリ40-150mm f2.8のテレ端+1.4倍テレコン(フルサイズ400mm相当)での
手持ち動画もそこそこみられるレベルです。(着座で肘固定、壁などに寄りかかるとほとんどブレ
なく動画撮影できます。)

【液晶】
高倍率(0.83倍!)で精細感、視認性が高く、動体対応(120fps)の素晴らしいEVFです。
撮影中は気になりませんが、少し糸巻き収差があり低倍率でも残ります。目をしっかり
近づけると軽減されますが、メガネ使用者は気になるかもしれません。
背面液晶は100万画素レベルですが十分きれいです。当方はオートレビュー「切」設定で、
必要な場合にピント拡大、消去コマの確認をする程度なので、気になりません。

【ホールド感】
抜群です。摩擦係数の高い深めのグリップです。ボディは剛性感があり、付属のキット
ズームはもちろん、重いオリの12-100F4や40-150F2.8+x1.4テレコンでもバランスはよいです。

【総評】
高倍率で見やすいEVF、フレーミングとシャッターチャンスに集中できる強力な自動多点AF機能と
高速連写は、M4/3の程よい被写界深度と相まって、ストレスフリーに躍動感のある人物・子供
写真を量産でき、瞬間的なスナップの切り取ります。

フラッグシップの感触、使用感、操作性で、M4/3システム全体を加速する、素晴らしいカメラです。
フルサイズ機も使用中ですが、実際の撮影力が圧倒的に高いためこちらがメインです。

キットレンズのライカDG12-60mmとの組み合わせは文字通り瞬速で、シャッター半押とともに合焦が
終了しており、後は押すだけです。日常のほとんどの場面を記録するのに不足なく、必要に応じて
明るい単焦点や望遠ズームなどでシステムを組んだら、一般的な被写体ではまず困ることはなさそうです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキット」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキット
パナソニック

LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキット

最安価格(税込):¥175,978発売日:2018年 1月25日 価格.comの安さの理由は?

LUMIX DC-G9L 標準ズームライカDGレンズキットをお気に入り製品に追加する <535

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意