『センサー面積4分の1というメリット 被写界深度が深い』 パナソニック LUMIX DC-G9 ボディ 北野三四郎さんのレビュー・評価

2018年 1月25日 発売

LUMIX DC-G9 ボディ

  • 有効画素数20.3M画素を実現したLive MOSセンサーを採用した、ハイエンドクラスのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正機能 「Dual I.S.2」により、望遠域までシャッター速度6.5段分の補正効果を実現。
  • 応答速度が速く、きめ細やかで見やすい有機ELディスプレイを採用している。約368万ドットのライブビューファインダーは120fpsの高フレームレートで表示が可能。
LUMIX DC-G9 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥104,700

(前週比:-100円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥104,700

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥77,000 (36製品)


価格帯:¥104,700¥208,424 (36店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥168,300 〜 ¥204,700 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2033万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:586g LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • LUMIX DC-G9 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G9 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G9 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G9 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G9 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G9 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9 ボディのオークション

LUMIX DC-G9 ボディパナソニック

最安価格(税込):¥104,700 (前週比:-100円↓) 発売日:2018年 1月25日

  • LUMIX DC-G9 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G9 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G9 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G9 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G9 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G9 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9 ボディのオークション

『センサー面積4分の1というメリット 被写界深度が深い』 北野三四郎さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9 ボディのレビューを書く

北野三四郎さん

  • レビュー投稿数:154件
  • 累計支持数:1069人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
57件
0件
デジタル一眼カメラ
15件
7件
メモリー
7件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
センサー面積4分の1というメリット 被写界深度が深い

 マイクロフォーサーズの最大のメリットは被写界深度が深いことです。画角を揃え、F値を揃えると、フルサイズF値の被写界深度の2倍の深度が得られます。具体的には、画角を揃えF5.6で撮影するとフルサイズF11の被写界深度が得られるということです。4/3型センサー面積が35mmフルサイズの4分の1というメリットです。
数本のレンズをテストしましたが、絞り開放から使えるレンズも多く、F5.6で解像力のピークとなるレンズも多いことが判りました。フルサイズやAPS-CではF8.0〜F11を多用していましたから、1〜2段速いシャッターが切れることになり、ブレ軽減に役立ちます。あるいは、より低ISOでの撮影という選択肢もあります。

 G9はマイクロフォーサーズBodyとしては大きく、136.9x97.3x91.6mm、重量658g。防塵防滴耐低温設計(-10〜40℃/10〜80%)

ファインダーは鮮明で見やすく、表示倍率が変えられます。

AFは速い。コントラストAFでここまで速くできるのかと「DFDテクノロジー」に驚くばかりです。
アイセンサーAF、ライブビューブースト等、便利な機能を選択・設定できます。設定メニューは他社比で解りやすい。
多機能でタッチパネルを含めると19のFnボタンを有しています。多すぎて半分も覚えられませんが、使い勝手は快適です。

シャッターがあまりに軽く「押す」というより「触れる」と言ったほうが近い。使い始めの頃、半押し程度でシャッターが切れてしまうことが何度もありました。公称耐久回数20万回。
バッファメモリーの大容量化により、JPEG連写600枚以上は驚異的です。ダブルSDカードスロット仕様。

Dual I.S.2が強い味方で、ボディ内手ブレ補正(B.I.S.補正6.5段)とレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)とが連動して制御してくれます。
グリップも大きく望遠レンズ使用時に心強いものがあります。

ローパスフィルターレス仕様は解像度も十分に高く、色再現も自然で階調も広い。
高ISO撮影はISO3200まで良好です。

RAWで撮影、Lightroomで現像するのが私の通常ですが、興味深いのが、画像横縦比3:2で撮影しても、Lightroomで「初期化ボタン」をクリックすると、上下が拡大し横縦比4:3に変化すること。同様に16:9、1:1で撮影しても4:3に初期化されました。当然、ファイルサイズも全て同じでした。

USB仕様が USB3.0 Micro-B Super Speed USB3.0 GEN1 と速いが、端子は Type-C にして欲しかった。Wi-Fiは5GHzにも対応。


令和のトレンドはフルサイズミラーレスですが、レンズ&ボディとトータルでの撮影機材を考えた場合、何分の1かの嵩・重量で済むマイクロフォーサーズは究極の撮影システムかも知れません。
パンフォーカスを狙う風景撮影はマイクロフォーサーズ、ボケ味を生かしたポートレートはフルサイズという住み分けが成り立つかも知れません。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった32人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
センサー面積4分の1というメリット 被写界深度が深い

 マイクロフォーサーズの最大のメリットは被写界深度が深いことです。画角を揃え、F値を揃えると、フルサイズF値の被写界深度の2倍の深度が得られます。具体的には、画角を揃えF5.6で撮影するとフルサイズF11の被写界深度が得られるということです。4/3型センサー面積が35mmフルサイズの4分の1というメリットです。
数本のレンズをテストしましたが、絞り開放から使えるレンズも多く、F5.6で解像力のピークとなるレンズも多いことが判りました。フルサイズやAPS-CではF8.0〜F11を多用していましたから、1〜2段速いシャッターが切れることになり、ブレ軽減に役立ちます。あるいは、より低ISOでの撮影という選択肢もあります。

 G9はマイクロフォーサーズBodyとしては大きく、136.9x97.3x91.6mm、重量658g。防塵防滴耐低温設計(-10〜40℃/10〜80%)

ファインダーは鮮明で見やすく、表示倍率が変えられます。

AFは速い。コントラストAFでここまで速くできるのかと「DFDテクノロジー」に驚くばかりです。
アイセンサーAF、ライブビューブースト等、便利な機能を選択・設定できます。設定メニューは他社比で解りやすい。
多機能でタッチパネルを含めると19のFnボタンを有しています。多すぎて半分も覚えられませんが、使い勝手は快適です。

シャッターがあまりに軽く「押す」というより「触れる」と言ったほうが近い。使い始めの頃、半押し程度でシャッターが切れてしまうことが何度もありました。公称耐久回数20万回。
バッファメモリーの大容量化により、JPEG連写600枚以上は驚異的です。ダブルSDカードスロット仕様。

Dual I.S.2が強い味方で、ボディ内手ブレ補正(B.I.S.補正6.5段)とレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)とが連動して制御してくれます。
グリップも大きく望遠レンズ使用時に心強いものがあります。

ローパスフィルターレス仕様は解像度も十分に高く、色再現も自然で階調も広い。
高ISO撮影はISO3200まで良好です。

RAWで撮影、Lightroomで現像するのが私の通常ですが、興味深いのが、画像横縦比3:2で撮影しても、Lightroomで「初期化ボタン」をクリックすると、上下が拡大し横縦比4:3に変化すること。同様に16:9、1:1で撮影しても4:3に初期化されました。当然、ファイルサイズも全て同じでした。

USB仕様が USB3.0 Micro-B Super Speed USB3.0 GEN1 と速いが、端子は Type-C にして欲しかった。Wi-Fiは5GHzにも対応。


令和のトレンドはフルサイズミラーレスですが、レンズ&ボディとトータルでの撮影機材を考えた場合、何分の1かの嵩・重量で済むマイクロフォーサーズは究極の撮影システムかも知れません。
パンフォーカスを狙う風景撮影はマイクロフォーサーズ、ボケ味を生かしたポートレートはフルサイズという住み分けが成り立つかも知れません。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「LUMIX DC-G9 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

LUMIX DC-G9 ボディ
パナソニック

LUMIX DC-G9 ボディ

最安価格(税込):¥104,700発売日:2018年 1月25日 価格.comの安さの理由は?

LUMIX DC-G9 ボディをお気に入り製品に追加する <1250

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意