『素晴らしいの一言に尽きます』 パナソニック LUMIX DC-G9 ボディ 南万騎が原さんのレビュー・評価

2018年 1月25日 発売

LUMIX DC-G9 ボディ

  • 有効画素数20.3M画素を実現したLive MOSセンサーを採用した、ハイエンドクラスのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正機能 「Dual I.S.2」により、望遠域までシャッター速度6.5段分の補正効果を実現。
  • 応答速度が速く、きめ細やかで見やすい有機ELディスプレイを採用している。約368万ドットのライブビューファインダーは120fpsの高フレームレートで表示が可能。
LUMIX DC-G9 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥123,800

(前週比:+1,013円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥124,800

アキバ倉庫

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥79,300 (13製品)


価格帯:¥123,800¥217,005 (53店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥123,800 〜 ¥204,700 (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2033万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:586g LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • LUMIX DC-G9 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G9 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G9 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G9 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G9 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G9 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9 ボディのオークション

LUMIX DC-G9 ボディパナソニック

最安価格(税込):¥123,800 (前週比:+1,013円↑) 発売日:2018年 1月25日

  • LUMIX DC-G9 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G9 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G9 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G9 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G9 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G9 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9 ボディのオークション

『素晴らしいの一言に尽きます』 南万騎が原さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

南万騎が原さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:223人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
11件
デジタル一眼カメラ
6件
8件
デジタルカメラ
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
素晴らしいの一言に尽きます
機種不明11枚中9枚ピントが合っていました。
当機種
当機種3枚目

11枚中9枚ピントが合っていました。

3枚目

【デザイン】
一眼レフを彷彿とさせるメカメカしくて、かっこいいデザイン。また、ダイヤルの赤いラインは高級感があり、なかなか良いと思います。
【画質】
低感度の画質はとても良いですね。フルサイズに匹敵すると思います。また、高感度の画質も想像以上でした。ISO6400以上はE-M5 MarkIIIと比べてもG9の方がノイズが若干少ないです。ただ、カラーノイズはややG9が多いかもしれません。当然フルサイズ機の高感度画質には及びませんが、最新のAPS-C機と同等以上の高感度性能を持っていると思います。

2枚目の作例を撮ったときに思ったのですが、とてもクリアでしっかり写っています。ここまで写るカメラはなかなかありません。レンズとカメラ両方の画質が良いからこんな感じに撮れるのかなと思っています。

色味はあっさり系ですが、深みがありなかなか綺麗。SONY機のような色被りがほとんどないのもありがたいです。
【操作性】
ボタン・レバー・ダイヤル類は配置する場所、形などとても考えられていて素晴らしいです。特にAFモード(AFS・AFF、AFC、MF)を切り替えるレバーが親指付近にあるのが良いですね。頻繁にAFモードを切り替えるので、レバー1つですぐ切り替えられて便利です。ジョイスティックやAFエリア切り替えボタン、AFモード切り替えレバーが親指付近にまとまっているので、撮った写真を見るとき以外、基本片手で操作ができるのも良いです。また、シャッターボタン付近に露出補正ボタン、ISOボタン、WBボタンがあるのですが、ボタンの出っ張り具合が1つずつ異なっていて、真ん中のISOボタンは点字が付いているのでボタンいちいちを見なくてもこれは何のボタンなのか、ということが瞬時に把握できます。こういう細かい配慮は本当に使っていてありがたいなと思います。
ダイヤルも全部で合計して3つ付いていて、非常に使いやすいです。
レスポンスも基本的にキビキビ動いて、ストレスを感じません。ただ、電源をオフにする時に稀に少々もたつくことがあるので、そこだけ改善されれば完璧です。
【バッテリー】
ミラーレスとしては持ちはやや良いくらいでしょうか。ですが、省電力ファインダー撮影を設定したりするととても持つようになります。また、万が一バッテリー残量が無くなってしまってもUSB充電・給電に対応しているので、モバイルバッテリーで充電しながら撮影、ということもできます。
【携帯性】
マイクロフォーサーズの中では大きいですが、ミラーレス一眼の中で比べるとそこそこ小型軽量だと思います。大きさはNikonのZ6とそこまで変わらず、グリップが少々大きくなったくらいです。重さはZ6やα7IIIとほぼ同じで、結構軽いと思います。
【機能性】
AFスピード・精度ともに驚きました。今まで使ってきたカメラの中ではダントツで速くて高精度です。また、AFの追従性も素晴らしく、ウォブリングの癖は若干ありますがそれを除けば素晴らしいと思います。あくまで私の感覚になりますが、鉄道を撮った感じですと、最強AFを搭載したD500の8〜9割くらいの歩留まりです。また、SONYα6400と比べると歩留まりは大差ありません。暗所でもある程度このAF性能が維持されていて、凄いの一言です。レフ機に迫る性能だと思います。ただ、これはあくまでPanasonicレンズを付けた際の感想になります。OLYMPUSレンズを付けるとAF性能は悪くなる気がしました。特に動体だとそれが顕著です。やはりPanasonicボディにはPanasonicレンズが良いです。動体を撮られる方はこの点にお気をつけください。

作例の写真で使ったレンズは35-100F2.8の2型です。2枚目の作例のようなシーンですと、一眼レフでもハイビームをつけて走る電車にはAFCでピントが合いにくいのですが、このカメラはAFCでもしっかり合わせてくれました。

作例の3枚目は、周囲に光源がなく、ハイビームでやってくる電車を撮る、という非常に過酷な条件です。D500+純正70-200F2.8でもピントが合うかわからないくらいですが、G9+OLYMPUS40-150F2.8ではISOを結構あげれば普通にピントが合いました。おそらくPanasonicレンズを使えばさらに歩留まりは良くなると思います。

6.5段のボディ内手ぶれ補正も素晴らしく、しっかり効いています。ただ、画面でぴたっと止まるのはOLYMPUSの方です。
【液晶】
バリアングル液晶になっていて、ハイアングルやローアングルでも使いやすいです。液晶自体は結構綺麗。
ファインダーは想像以上に滑らかでした。そのうえ368万ドットのため、とても綺麗です。今のところミラーレスの中では一番動体を撮りやすいファインダーだと思います。また、撮影倍率を切り替えられるのも良い点です。特に眼鏡を着用する時はありがたさを感じます。ただ、他の方が仰る通りファインダーの歪みはあるものの、実用上は問題ないと思います。
また、G9が他のミラーレスカメラと違う点としては肩液晶があることでしょうか。この肩液晶はなくても不便とまではいきませんが、いちいち背面液晶を見ずに済むので、あると便利です。
【ホールド感】
グリップが大きめで、深さもあり、尚且つ握りやすい形状になっていて非常に良いです。重めのレンズを長時間持っていても、手や腕への負担がだいぶ軽減される感じです。
【総評】
私が今まで使ってきたミラーレスカメラの中で、性能面を含め一番総合的に優れていると感じます。ここまで良い点ばかり書いてしまいましたが、良くない点は30分制限がある、くらいしか見当たりません。ですが、このカメラはスチル向けですし30分制限があっても仕方ないと思います。
総評として、ほとんど良くない点がなく、そのうえ値段が下がり気味でコストパフォーマンスも抜群です。個人的には、心から買ってよかったと思えるカメラだなと感じました。

追記 作例を追加しました。


レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった25人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
素晴らしいの一言に尽きます
機種不明11枚中9枚ピントがあっていました
当機種
 

11枚中9枚ピントがあっていました

 

【デザイン】
一眼レフを彷彿とさせるメカメカしくて、かっこいいデザイン。また、ダイヤルの赤いラインは高級感があり、なかなか良いと思います。
【画質】
低感度の画質はとても良いですね。フルサイズに匹敵すると思います。また、高感度の画質も想像以上でした。ISO6400以上はE-M5 MarkIIIと比べてもG9の方がノイズが若干少ないです。ただ、カラーノイズはややG9が多いかもしれません。当然フルサイズ機の高感度画質には及びませんが、最新のAPS-C機と同等以上の高感度性能を持っていると思います。

2枚目の作例を撮ったときに思ったのですが、とてもクリアでしっかり写っています。ここまで写るカメラはなかなかありません。レンズとカメラ両方の画質が良いからこんな感じに撮れるのかなと思っています。

色味はあっさり系ですが、深みがありなかなか綺麗。SONY機のような色被りがほとんどないのもありがたいです。
【操作性】
ボタン・レバー・ダイヤル類は配置する場所、形などとても考えられていて素晴らしいです。特にAFモード(AFS・AFF、AFC、MF)を切り替えるレバーが親指付近にあるのが良いですね。頻繁にAFモードを切り替えるので、レバー1つですぐ切り替えられて便利です。ジョイスティックやAFエリア切り替えボタン、AFモード切り替えレバーが親指付近にまとまっているので、撮った写真を見るとき以外、基本片手で操作ができるのも良いです。また、シャッターボタン付近に露出補正ボタン、ISOボタン、WBボタンがあるのですが、ボタンの出っ張り具合が1つずつ異なっていて、真ん中のISOボタンは点字が付いているのでボタンいちいちを見なくてもこれは何のボタンなのか、ということが瞬時に把握できます。こういう細かい配慮は本当に使っていてありがたいなと思います。
ダイヤルも全部で合計して3つ付いていて、非常に使いやすいです。
レスポンスも基本的にキビキビ動いて、ストレスを感じません。ただ、電源をオフにする時に稀に少々もたつくことがあるので、そこだけ改善されれば完璧です。
【バッテリー】
ミラーレスとしては持ちはやや良いくらいでしょうか。ですが、省電力ファインダー撮影を設定したりするととても持つようになります。また、万が一バッテリー残量が無くなってしまってもUSB充電・給電に対応しているので、モバイルバッテリーで充電しながら撮影、ということもできます。
【携帯性】
マイクロフォーサーズの中では大きいですが、ミラーレス一眼の中で比べるとそこそこ小型軽量だと思います。大きさはNikonのZ6とそこまで変わらず、グリップが少々大きくなったくらいです。重さはZ6やα7IIIとほぼ同じで、結構軽いと思います。
【機能性】
AFスピード・精度ともに驚きました。今まで使ってきたカメラの中ではダントツで速くて高精度です。また、AFの追従性も素晴らしく、ウォブリングの癖は若干ありますがそれを除けば素晴らしいと思います。あくまで私の感覚になりますが、鉄道を撮った感じですと、最強AFを搭載したD500の8〜9割くらいの歩留まりです。また、SONYα6400と比べると歩留まりは大差ありません。暗所でもある程度このAF性能が維持されていて、凄いの一言です。レフ機に迫る性能だと思います。ただ、これはあくまでPanasonicレンズを付けた際の感想になります。OLYMPUSレンズを付けるとAF性能は悪くなる気がしました。特に動体だとそれが顕著です。やはりPanasonicボディにはPanasonicレンズが良いです。動体を撮られる方はこの点にお気をつけください。

作例の写真で使ったレンズは35-100F2.8の2型です。2枚目の作例のようなシーンですと、一眼レフでもハイビームをつけて走る電車にはAFCでピントが合いにくいのですが、このカメラはAFCでもしっかり合わせてくれました。
6.5段のボディ内手ぶれ補正も素晴らしく、しっかり効いています。ただ、画面でぴたっと止まるのはOLYMPUSの方です。
【液晶】
バリアングル液晶になっていて、ハイアングルやローアングルでも使いやすいです。液晶自体は結構綺麗。
ファインダーは想像以上に滑らかでした。そのうえ368万ドットのため、とても綺麗です。今のところミラーレスの中では一番動体を撮りやすいファインダーだと思います。また、撮影倍率を切り替えられるのも良い点です。特に眼鏡を着用する時はありがたさを感じます。ただ、他の方が仰る通りファインダーの歪みはあるものの、実用上は問題ないと思います。
また、G9が他のミラーレスカメラと違う点としては肩液晶があることでしょうか。この肩液晶はなくても不便とまではいきませんが、いちいち背面液晶を見ずに済むので、あると便利です。
【ホールド感】
グリップが大きめで、深さもあり、尚且つ握りやすい形状になっていて非常に良いです。重めのレンズを長時間持っていても、手や腕への負担がだいぶ軽減される感じです。
【総評】
私が今まで使ってきたミラーレスカメラの中で、性能面を含め一番総合的に優れていると感じます。ここまで良い点ばかり書いてしまいましたが、良くない点は30分制限がある、くらいしか見当たりません。ですが、このカメラはスチル向けですし30分制限があっても仕方ないと思います。
総評として、ほとんど良くない点がなく、そのうえ値段が下がり気味でコストパフォーマンスも抜群です。個人的には、心から買ってよかったと思えるカメラだなと感じました。

追記 以前はG9のほうが低感度で画質が良いと記載しましたが、改めてE-M5 MarkIII+14-150とG9+14-140で比較したところ、差はありませんでした。


レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった6

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
素晴らしいの一言に尽きます
機種不明合計で11枚撮影しました。ピントが合っている写真は11枚中9枚でした。
当機種9枚のピントが合った写真の中の1枚。ハイビームでもピントがしっかり合っています。
 

合計で11枚撮影しました。ピントが合っている写真は11枚中9枚でした。

9枚のピントが合った写真の中の1枚。ハイビームでもピントがしっかり合っています。

 

【デザイン】
一眼レフを彷彿とさせるメカメカしくて、かっこいいデザイン。また、ダイヤルの赤いラインは高級感があり、なかなか良いと思います。
【画質】
低感度の画質はとても良いですね。OM-D E-M5 MarkIIIと比べてもこちらの方が若干シャープな気がします。また、高感度の画質も想像以上でした。ISO6400以上はE-M5 MarkIIIと比べてもG9の方がノイズが若干少なく、ディテールも割と残っているように思います。おそらくノイズリダクションが優秀なのでしょう。フルサイズ機の高感度画質には及びませんが、最新のAPS-C機と同等以上の高感度性能を持っていると思います。

2枚目の作例を撮ったときに思ったのですが、とてもクリアでしっかり写っています。ここまで写るカメラはなかなかありません。レンズとカメラ両方の画質が良いからこんな感じに撮れるのかなと思っています。

色味はあっさり系ですが、深みがありなかなか綺麗。SONY機のような色被りがほとんどないのもありがたいです。
【操作性】
ボタン・レバー・ダイヤル類は配置する場所、形などとても考えられていて素晴らしいです。特にAFモード(AFS・AFF、AFC、MF)を切り替えるレバーが親指付近にあるのが良いですね。頻繁にAFモードを切り替えるので、レバー1つですぐ切り替えられて便利です。ジョイスティックやAFエリア切り替えボタン、AFモード切り替えレバーが親指付近にまとまっているので、撮った写真を見るとき以外、基本片手で操作ができるのも良いです。また、シャッターボタン付近に露出補正ボタン、ISOボタン、WBボタンがあるのですが、ボタンの出っ張り具合が1つずつ異なっていて、真ん中のISOボタンは点字が付いているのでボタンいちいちを見なくてもこれは何のボタンなのか、ということが瞬時に把握できます。こういう細かい配慮は本当に使っていてありがたいなと思います。
ダイヤルも全部で合計して3つ付いていて、非常に使いやすいです。
レスポンスも基本的にキビキビ動いて、ストレスを感じません。ただ、電源をオフにする時に稀に少々もたつくことがあるので、そこだけ改善されれば完璧です。
【バッテリー】
ミラーレスとしては持ちはやや良いくらいでしょうか。ですが、省電力ファインダー撮影を設定したりするととても持つようになります。また、万が一バッテリー残量が無くなってしまってもUSB充電・給電に対応しているので、モバイルバッテリーで充電しながら撮影、ということもできます。
【携帯性】
マイクロフォーサーズの中では大きいですが、ミラーレス一眼の中で比べるとそこそこ小型軽量だと思います。大きさはNikonのZ6とそこまで変わらず、グリップが少々大きくなったくらいです。重さはZ6やα7IIIとほぼ同じで、結構軽いと思います。
【機能性】
AFスピード・精度ともに驚きました。今まで使ってきたカメラの中ではダントツで速くて高精度です。また、AFの追従性も素晴らしく、ウォブリングの癖は若干ありますがそれを除けば素晴らしいと思います。あくまで私の感覚になりますが、鉄道を撮った感じですと、最強AFを搭載したD500の8〜9割くらいの歩留まりです。また、SONYα6400と比べると歩留まりは大差ありません。暗所でもある程度このAF性能が維持されていて、凄いの一言です。レフ機に迫る性能だと思います。ただ、これはあくまでPanasonicレンズを付けた際の感想になります。OLYMPUSレンズを付けるとAF性能は悪くなる気がしました。特に動体だとそれが顕著です。やはりPanasonicボディにはPanasonicレンズが良いです。動体を撮られる方はこの点にお気をつけください。

作例の写真で使ったレンズは35-100F2.8の2型です。2枚目の作例のようなシーンですと、一眼レフでもハイビームをつけて走る電車にはAFCでピントが合いにくいのですが、このカメラはAFCでもしっかり合わせてくれました。
6.5段のボディ内手ぶれ補正も素晴らしく、しっかり効いています。ただ、画面でぴたっと止まるのはOLYMPUSの方です。
【液晶】
バリアングル液晶になっていて、ハイアングルやローアングルでも使いやすいです。液晶自体は結構綺麗。
ファインダーは想像以上に滑らかでした。そのうえ368万ドットのため、とても綺麗です。今のところミラーレスの中では一番動体を撮りやすいファインダーだと思います。また、撮影倍率を切り替えられるのも良い点です。特に眼鏡を着用する時はありがたさを感じます。ただ、他の方が仰る通りファインダーの歪みはあるものの、実用上は問題ないと思います。
また、G9が他のミラーレスカメラと違う点としては肩液晶があることでしょうか。この肩液晶はなくても不便とまではいきませんが、いちいち背面液晶を見ずに済むので、あると便利です。
【ホールド感】
グリップが大きめで、深さもあり、尚且つ握りやすい形状になっていて非常に良いです。重めのレンズを長時間持っていても、手や腕への負担がだいぶ軽減される感じです。
【総評】
私が今まで使ってきたミラーレスカメラの中で、性能面を含め一番総合的に優れていると感じます。ここまで良い点ばかり書いてしまいましたが、良くない点は30分制限がある、くらいしか見当たりません。ですが、このカメラはスチル向けですし30分制限があっても仕方ないと思います。
総評として、ほとんど良くない点がなく、そのうえ値段が下がり気味でコストパフォーマンスも抜群です。個人的には、心から買ってよかったと思えるカメラだなと感じました。


レベル
初心者
主な被写体
風景
その他

参考になった10

 
 
 
 
 
 

「LUMIX DC-G9 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LUMIX DC-G9 ボディ
パナソニック

LUMIX DC-G9 ボディ

最安価格(税込):¥123,800発売日:2018年 1月25日 価格.comの安さの理由は?

LUMIX DC-G9 ボディをお気に入り製品に追加する <1176

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意