『次世代のカメラのかたち (ママにも優しいPROカメラだそうです)』 パナソニック LUMIX DC-G9 ボディ miyoさんさんのレビュー・評価

2018年 1月25日 発売

LUMIX DC-G9 ボディ

  • 有効画素数20.3M画素を実現したLive MOSセンサーを採用した、ハイエンドクラスのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正機能 「Dual I.S.2」により、望遠域までシャッター速度6.5段分の補正効果を実現。
  • 応答速度が速く、きめ細やかで見やすい有機ELディスプレイを採用している。約368万ドットのライブビューファインダーは120fpsの高フレームレートで表示が可能。
LUMIX DC-G9 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥120,935

(前週比:-2,256円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥120,935

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥108,900 (34製品)


価格帯:¥120,935〜¥229,604 (61店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥120,936 〜 ¥204,700 (全国708店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2033万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:586g LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • LUMIX DC-G9 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G9 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G9 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G9 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G9 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G9 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9 ボディのオークション

LUMIX DC-G9 ボディパナソニック

最安価格(税込):¥120,935 (前週比:-2,256円↓) 発売日:2018年 1月25日

  • LUMIX DC-G9 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G9 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G9 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G9 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G9 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G9 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G9 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G9 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G9 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G9 ボディのオークション

『次世代のカメラのかたち (ママにも優しいPROカメラだそうです)』 miyoさんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
次世代のカメラのかたち (ママにも優しいPROカメラだそうです)
当機種一富士 (ライカ DG バリオ エルマリート 12-60mm)
当機種二 "トンビ" (PZ 45-175、AFC追尾モード)
別機種三”サーファー”(A99+70-300G)このイメージで撮りたかったんですが。

一富士 (ライカ DG バリオ エルマリート 12-60mm)

二 "トンビ" (PZ 45-175、AFC追尾モード)

三”サーファー”(A99+70-300G)このイメージで撮りたかったんですが。

当機種今回はこれでした。(カイトサーファーです。遭難救助訓練ではありません)
当機種夜景も綺麗に手持ちで取れます。(みなとみらいにて)
当機種河津桜も綺麗でした。江ノ島はいいね。

今回はこれでした。(カイトサーファーです。遭難救助訓練ではありません)

夜景も綺麗に手持ちで取れます。(みなとみらいにて)

河津桜も綺麗でした。江ノ島はいいね。

【デザイン】

機能美と一言で表現出来ると思います。手に馴染む良いカメラです。

【画質】

今日初めて撮影に使用しました。ネイチャーフォトをM4/3で楽しんでいらっしゃる先輩方が多いようですが、私の場合は、ストリートスナップや風景、旅行写真が主です。このカメラの詳細な描写には正直感動しました。
SONY A99とツァイス単焦点をメインで使用していましたが、繊細な描写力は自分的にはあまり差を感じません。

【操作性】

まだ全てを理解していませんが以前から気になっていたスマホアプリでのシンクロ等について記します。

GX-7が発売された時にユーザーインタビューをグランフロント大阪のバックヤードで受けたことがあり、その時に「写真投稿する際にGPSのGeotaggingが必要なので正直、wifiとimage appの連携操作がよくありません」とお話したところ、『徐々に良くしていきますので今後とも宜しく....』と返答もらいました。

そして今回どう改良しているのか確認してみました。Bluetooth接続によるGeotagの記録(作動中はモニターにGPSと表示)とスマホによるリモコン シャッター、これは特に秀逸です。
wifi接続でのスマホからのカメラリモートは以前とあまり変わらないと思います。ただしワイヤレスの遠隔操作という点で考察すれば優秀なアプリと思います。オーナーになられたら是非試して撮影を楽しんでください。

【バッテリー】

頑張ってますね。

今日、撮影の帰りにグランフロント大阪のPanasonicに寄って、USBでのバッテリー給電について確認してきました。
私はモバイルバッテリーと本体を繋ぐケーブルをチャージャー用の細いケーブルと理解して出先でこれらを使用し充電しました。(出来ました)なので取説の表記に誤りがあるのでは?とこの件を尋ねると『そのようなケーブルの使い方(接続方法)をするなんて考えられません!』と窘められました。

正しくは付属の太いケーブルを使用するとのことです。(端子の先は”2ケ1”になっているケーブルです)
これは強度上の補強のためでもあるそうです。
それからPanasonicが推奨する正式なモバイルバッテリーは今の所ないそうです。(開発者インタビューでも具体的なモバイルバッテリーの製品名には触れていません)
経緯としてカメラ雑誌等のレビューで持て囃された事象だそうで、今後Panasonic製品が出るかもしれませんね。私はヨドバシ購入のANKERのバッテリー、Power Core13000(Output 5V 3A)を使用していますが問題ありませんでした。



【機能性】

今回、AFC、追尾モードを意識して使ってみました。結果から申し上げると『AFカスタム設定(写真)を変更させて実写したら良い』とこれまたグランフロント大阪のスタッフさんからアドバイスをもらいました。

追尾をターゲットの被写体(カイトサーファーにしてシャッター半押し。(オレンジ色のピンポイントマークから緑色のピンポイントでターゲットを認識>>緑色のターゲットのスコープが被写体を囲むようにファインダーに現れて追尾します)

けれどもこの緑色のターゲットのスコープがあらぬ方向に行ってしまうので困ってしまいました。


それから、私は購入宣言していますので4月中にUHS-UのSDカードとBTが送られてきますが、同じカードをヨドバシで購入して使用しています。このSDカードの”V90”規格、CP+で東芝のスタッフさんに聞いてみたら、新しいビデオデータ規格の最高位で最低保証速度が90MB/秒の読み書き出来るようです。写真データの読み書きも高速でなければ高速連写も出来ませんからね。

【ホールド感】

素晴らしい!
GX-7の開発責任者はMINOLTAでLEICA社と協業で”LEITZ-MINOLTA”の製作に携わった方と聞いています。MINOLTAがカメラ事業撤退の際、SONY、Panaに多くの人が移籍したと聞いていますが、MINOLTAのカメラグリップの拘りがPanaでも蘇りましたか。あるいはエルゴノミクスなどの技術が進化。何れにしても素晴らしい。(2回言いましたよ)

【総評】

純然なカメラメーカーとの違いをG9(Pro)取説を読んでいて改めて思いました。カメラを使いたい人のために出来うる限り平易な表現で本当にプロシュマーをターゲットにしてるのかと思うほど丁寧な説明しています。 でも困ったら” iA”で撮っちゃえ! 梅佳代さんで云うところのモードセレクト ”P”はプロの”P”。みたいな...

-ここから追記-
PRO機と標榜しているのになぜ"iA"モードを載せているのか? グランフロント大阪のスタッフさんに尋ねました。

そして次のような回答をいただきました。『あなたは写真撮影に長けているかもしれませんが、例えば家族旅行の際に奥さんやお子さんが「今度は私が撮ってあげるわ」と撮影者が変わった時にiAモード(特にポートレイトが良いそうです)にしてシャッターを押すだけで良い写真が撮れるはずです』とのこと。誰にでも使えないと良い製品ではない。この会社の思想なんでしょうね。  

今回、CP+にて5月発売のライカ DG バリオ エルマリート50-200の試写が出来き、係のスタッフさんから『ぜひiAモードで撮ってください』とのことでトライしてみましたが、綺麗に撮影できました。この50-200のレンズもいいね。

-追記ここまで-


余談ですが、確か2年前のCP+のPanaのブースにいたスタッフの方とカメラの最新技術について話をしていて、この方から「プロや特定の写真家にしか撮れなかったものを誰にでも撮影できるようにする補完技術ではないでしょうか...」と。私もこの方向性に間違いは無いと思います。


-追記-

CP+の若いスタッフさんに次のレンズは是非25 summiluxのリニューアルとフラッグシップになる防水のフラッシュ(1000Lx位の明るさのLEDライト付)、できればSTFタイプのレンズをリリースしてくださいとお願いしてきました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった49人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
次世代のカメラのかたち
当機種Leica D Vario-Elmar14-150で撮影。DFDのおかげで普通のスナップもノーストレス。
別機種『このUSBケーブルを使用してください』とのこと。
別機種スマホによる軽快なレスポンスのリモコン シャッター

Leica D Vario-Elmar14-150で撮影。DFDのおかげで普通のスナップもノーストレス。

『このUSBケーブルを使用してください』とのこと。

スマホによる軽快なレスポンスのリモコン シャッター

別機種12-60のレンズキットで購入でも、このレンズもG9には格好の良い組み合わせと得心。
   

12-60のレンズキットで購入でも、このレンズもG9には格好の良い組み合わせと得心。

   

【デザイン】

機能美と一言で表現出来ると思います。手に馴染む良いカメラです。

【画質】

今日初めて撮影に使用しました。ネイチャーフォトをM4/3で楽しんでいらっしゃる先輩方が多いようですが、私の場合は、ストリートスナップや風景、旅行写真が主です。このカメラの詳細な描写には正直感動しました。
SONY A99とツァイス単焦点をメインで使用していましたが、繊細な描写力は自分的にはあまり差を感じません。

【操作性】

購入したばかりで「まだ全てを理解していません」が以前から気になっていたスマホアプリでのシンクロ等について記します。

GX-7が発売された時にユーザーインタビューをグランフロント大阪のバックヤードで受けたことがあり、その時に「FlickrやGoogleに写真投稿する際にGPSのGeotaggingが必要なので正直、wifiとimage appの連携操作がよくありません」とお話したところ、『徐々に良くしていきますので今後とも宜しく....』と返答もらいました。

そして今回どう改良しているのか確認してみました。Bluetooth接続によるGeotagの記録(作動中はモニターにGPSと表示)とスマホによるリモコン シャッター、これは特に秀逸です。
wifi接続でのスマホからのカメラリモートは以前とあまり変わらないと思います。(スマホの操作画面に電源offのボタンが追加されたり、Power Zoomもリモコン操作可能だそうですが)。ただしワイヤレスの遠隔操作という点で考察すれば優秀なアプリと思います。オーナーになられたら是非試して撮影を楽しんでください。

【バッテリー】

よく頑張ってますね。

今日、撮影の帰りにグランフロント大阪のPanasonicに寄って、USBでのバッテリー給電について確認してきました。
私はモバイルバッテリーと本体を繋ぐケーブルをチャージャー用の細いケーブルと理解して出先でこれらを使用し充電しました。(出来ました)なので取説の表記に誤りがあるのでは?とこの件を尋ねると『そのようなケーブルの使い方(接続方法)をするなんて考えられません!』と窘められました。

正しくは付属の太いケーブルを使用するとのことです。(端子の先は”2ケ1”になっているケーブルです)
これは強度上の補強のためでもあるそうです。
それからPanasonicが推奨する正式なモバイルバッテリーは今の所ないそうです。(開発者インタビューでも具体的なモバイルバッテリーの製品名には触れていません)
経緯としてカメラ雑誌等のレビューで持て囃された事象だそうで、今後Panasonic製品が出るかもしれませんね。私はヨドバシ購入のANKERのバッテリー、Power Core13000(Output 5V 3A)を使用していますが問題ありませんでした。


【携帯性】

レンズも含めて本来カメラとはこんなものでしょう。

【機能性】

検証します。

【液晶】

いいよ。

【ホールド感】

素晴らしい!
GX-7の開発責任者はMINOLTAでLEICA社と協業で”LEITZ-MINOLTA”の製作に携わった方と聞いています。MINOLTAがカメラ事業撤退の際、SONY、Panaに多くの人が移籍したと聞いていますが、MINOLTAのカメラグリップの拘りがPanaでも蘇りましたか。あるいはエルゴノミクスなどの技術が進化。何れにしても素晴らしい。(2回言いましたよ)

【総評】

純然なカメラメーカーとの違いをG9(Pro)取説を読んでいて改めて思いました。カメラを使いたい人のために出来うる限り平易な表現で本当にプロシュマーをターゲットにしてるのかと思うほど丁寧な説明しています。 でも困ったら” iA”で撮っちゃえ!。梅佳代さんで云うところのモードセレクト ”P”はプロの”P”。みたいな。

余談ですが、確か2年前のCP+のPanaのブースにいたスタッフの方とカメラの最新技術について話をしていて、この方から「プロや特定の写真家にしか撮れなかったものを誰にでも撮影できるようにする補完技術ではないでしょうか...」と。私もこの方向性に間違いは無いと思います。

他社のフラッグシップ モデルの性能と同等または、凌駕する製品をいとも容易くリリースする総合的な開発力、感心しています。他社のように妙な力みや購入検討者を高揚させるようなコマーシャルもない。面白いメーカーとも思います。

ですが私は、このようなカメラブランドが日本にあり、ミラーレスカメラには未来があると考えています。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった15

満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
PANASONICからの次世代のカメラのかたち
当機種詳細に解像しています。(水平補正、トリミングのみ)
別機種こちらのケーブルと使用してください
別機種スマホ連携も総合家電メーカーの強みを遺憾なく発揮

詳細に解像しています。(水平補正、トリミングのみ)

こちらのケーブルと使用してください

スマホ連携も総合家電メーカーの強みを遺憾なく発揮

別機種グランフロントのスタッフ(責任者)に話してウケた、G9はハッタリも効くよ!
   

グランフロントのスタッフ(責任者)に話してウケた、G9はハッタリも効くよ!

   

【デザイン】

機能美と一言で表現出来ると思います。手に馴染む良いカメラです。

【画質】

今日初めて撮影に使用しました。ネイチャーフォトをM4/3で楽しんでいらっしゃる先輩方が多いようですが、私の場合は、ストリートスナップや風景、旅行写真が主です。このカメラの詳細な描写には少し感動しました。
SONY A99とツァイス単焦点をメインで使用していましたが自分的にはあまり差を感じません。

【操作性】

購入したばかりで「まだ全てを理解していません」。
以前GX-7が発売された時にユーザーインタビューを大阪グランフロントのバックヤードで受けたことがあり、その時に「FlickrやGoogleに写真投稿する際にGPSのGeotaggingが必要なので正直、wifiとimage appの連携操作がよくありません」とお話しして、『徐々に良くしていきますので今後とも宜しく....』と返答してもらいました。

今回のBluetooth接続によるGeotagの記録とスマホによるシャッターは秀逸です。これで有線リモコンから卒業できます。ユーザーになられたら是非試して撮影を楽しんでください。

【バッテリー】

よく頑張ってますね。

今日、撮影の帰りにグランフロントのPanasonicに寄って、バッテリーケーブルが細い方で良いですか?今日はこれで充電できましたし、取説の表記に誤りがあるのでは?と尋ねるとそのようなケーブルの使い方(接続方法)をするなんて考えられません!と窘められました。

正しくは付属の太いケーブルで端子の先は”2ケ1”になって物を使用するだそうです。これは強度上の補強のためでもあるそうです。Panasonicが推奨する正式なモバイルバッテリーは今の所ないそうです。カメラ雑誌等のレビューで持て囃された事象で今後Panasonic製品が出るかもしれません。私はヨドバシ購入のANKERのバッテリーを使用していますが問題ありませんでした。


【携帯性】

レンズも含めて本来カメラとはこんなものでしょう。

【機能性】



【液晶】

いいよ。

【ホールド感】

素晴らしい!
GX-7の製作責任者はMINOLTAでLEICA社と協業で”LEITZ-MINOLTA”の製作に携わった方と聞いています。MINOLTAがカメラ事業撤退の際、SONY、Panaに多くの人が移籍したと聞いていますが、MINOLTAのカメラグリップの拘りがPanaでも蘇りましたか。あるいはエルゴノミクスなどの技術が進化。何れにしても素晴らしい。(2回言いました)

【総評】

純然なカメラメーカーとの違いをG9(Pro)取説を読んでいて改めて思いました。確か2年前のCP+のPanaのブースにいたスタッフの方とカメラの最新技術について話をしていて、この方から「プロや特定の写真家にしか撮れなかったものを誰にでも撮影できるようにする補完技術ではないでしょうか...」と。私もこの方向性に間違いは無いと思います。このようなカメラブランドが日本にあり、ミラーレスカメラには未来がありますね。買ってよかったと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった15

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G9 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LUMIX DC-G9 ボディ
パナソニック

LUMIX DC-G9 ボディ

最安価格(税込):¥120,935発売日:2018年 1月25日 価格.comの安さの理由は?

LUMIX DC-G9 ボディをお気に入り製品に追加する <1088

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意