『ファーストインプレッション』 TEAC UD-505-B [ブラック] マークハチ公さんのレビュー・評価

2018年 1月27日 発売

UD-505-B [ブラック]

  • 旭化成エレクトロニクス製AKM「VERITA AK4497」を左右に1基ずつ搭載したデュアルモノーラル構成のUSB DAC/ヘッドホンアンプ。
  • DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bitのハイサンプリングレート・ハイレゾ音源に対応している。
  • 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路「TEAC-HCLD回路」を4回路搭載している。
UD-505-B [ブラック] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥141,103

(前週比:+1,323円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥141,103

e逸品館

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥141,103〜¥162,800 (17店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥159,840 〜 ¥162,800 (全国740店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):2系統 ハイレゾ:○ UD-505-B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • UD-505-B [ブラック]の価格比較
  • UD-505-B [ブラック]の店頭購入
  • UD-505-B [ブラック]のスペック・仕様
  • UD-505-B [ブラック]のレビュー
  • UD-505-B [ブラック]のクチコミ
  • UD-505-B [ブラック]の画像・動画
  • UD-505-B [ブラック]のピックアップリスト
  • UD-505-B [ブラック]のオークション

UD-505-B [ブラック]TEAC

最安価格(税込):¥141,103 (前週比:+1,323円↑) 発売日:2018年 1月27日

  • UD-505-B [ブラック]の価格比較
  • UD-505-B [ブラック]の店頭購入
  • UD-505-B [ブラック]のスペック・仕様
  • UD-505-B [ブラック]のレビュー
  • UD-505-B [ブラック]のクチコミ
  • UD-505-B [ブラック]の画像・動画
  • UD-505-B [ブラック]のピックアップリスト
  • UD-505-B [ブラック]のオークション

『ファーストインプレッション』 マークハチ公さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

UD-505-B [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:112人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

その他オーディオ機器
2件
7件
ネットワークオーディオプレーヤー
2件
5件
ノートパソコン
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性4
機能性5
ファーストインプレッション

次回の入荷が5月下旬と知り、よくよく思慮することもなくポチってしまいました。アップコンバートを含め設定項目の多さに少々面喰いましたが印象は悪くないです。1年前にSonicaDACを購入し、そちらのレビューで国内メーカーの奮闘に期待すると書いたのですが、当時の私の想いをTEACが実現してくれたことを素直に喜びたいと思います。TEACの製品はこれが初めてで、501も503も使用したことはありません。相性の問題はありますが、間もなくIO DATAから発売されるSoundgenicとの組み合わせも気になるところです。高級ヘッドホンは持ち合わせていませんので、LINE OUT(XLR)による評価になります。なお、フロントパネルの印字が薄いため、ブラック仕様は離れて見るとまっくろくろすけですw。

肝心の音質ですが、最初の一聴でピアノの音が違うと感嘆してしまいました。思わずツイーター換えたっけ?と独り言を発してました。拙宅の無骨なドライバー&ホーンでこんな音も出るんだと感心することしきりです。ピアノの音が楽器固有の倍音成分?を纏って綺麗に伸びてくれて気持ちがいいです。ピアノトリオの演奏が好きな私には否応なく好感度が上がりました。ピアノの再生音は出色です。ボーカルは伴奏と混濁することなく浮き上がるように聴こえます。アップコンを利用するとその印象は更に深まります。

UD-505の購入動機の一つにBulk Petの採用がありました。まだよく聴き込んでいませんので多少のフラシーボはあるかもしれませんが、IsochronousからBulk Petに変更すると、音の存在感やしっかり感みたいなものが増すように思います。Bulk Petを利用するにはTEAC HR Audio PlayerをPCにインストールして、[Configure]メニューの[Control Panel]で切り替えます。初期値はIsochronousで、Bulk Petは4つもあります。TEAC HR Audio PlayerにUSBドライバーのコントロールパネル機能を持たせた感じです。レイテンシーの選択項目はありません。

再生ソフトにJPLAYを利用していますが、505シリーズの発売に合わせて配布された新しいUSBドライバーではJPLAYSettingsのPlaying viaに「KS」付きのドライバー名が出てきてくれませんでした(Kermel Streamingを止めた?)。そこでBulk Petは選べなくなるものの最新のUSBドライバーを一旦削除し、503用の一つバージョンの古いUSBドライバーをインストールしてみたところ、「KS」付きのドライバー名が表示されました。新しいドライバーでは再生EngineはClassic一択でしたが、古いバージョンのものはULTRAStreamでも再生できました。ULTRAStreamで再生するために、残念ですが今はBulk Petを封印しています。ちなみにDAC Linkは170Hzです。XMOSを採用したSonicaDACも拙宅の環境下では安定再生の上限は170Hzですので立派なもんです。USB入力に限らず同軸入力も好印象ですのでJPLAY用にXMOS搭載のDDCを導入し、最新のUSBドライバーに戻すことも検討しています。

当初は☆4つを考えてましたが、上述の通り古いUSBドライバーでULTRAStreamの再生が可能になりましたので☆5つに改めましたw。UD-505は複合機ですが単体DACとしてみても価値はあります。私のDAC(含むNWP)遍歴は、DS-DAC-10に始まりHAP-Z1ES,NA11-S1,SonicaDAC,UD-505と続いてきましたが、音質面だけに限って言えば着実に向上してきたと思います(この間にアンプやスピーカーを替えてますから絶対とは言えませんけど…)。コスパが特に優れていると感じるのはネットワーク機能もあるSonicaDACですが、UD-505の音質はクラスを超えてきたと感じさせます。ハイエンド製品は買えないし買う気も起きませんが、この様な現実的な価格帯で頑張ってくれるメーカーには賛辞を贈りたいと思います。

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「UD-505-B [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

UD-505-B [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

UD-505-B [ブラック]
TEAC

UD-505-B [ブラック]

最安価格(税込):¥141,103発売日:2018年 1月27日 価格.comの安さの理由は?

UD-505-B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <206

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意