『K2最強、ただ操作性に難&音の艶が惜しい』 JVC N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー] 烏丸少将かっこいいでおじゃるさんのレビュー・評価

2017年11月下旬 発売

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]

  • 独自の高音質化技術「K2 TECHNOLOGY」により、ハイレゾ相当の高音質ワイヤレス再生を行えるBluetooth対応イヤホン。
  • SBC、AAC、Qualcomm aptX audioに対応し、コーデックごとに波形補正パラメーターを最適化する。
  • ハイレゾ対応40mmドライバーユニットにより、キレのある低音とソリッドなサウンドを再生できる。
N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー] 製品画像
最安価格(税込):

¥12,800

(前週比:-2,000円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥12,954

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥12,800¥24,640 (7店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥12,800 〜 ¥12,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:6Hz〜40kHz ハイレゾ:○ N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]の価格比較
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]の店頭購入
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のスペック・仕様
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のレビュー
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のクチコミ
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]の画像・動画
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のピックアップリスト
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のオークション

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]JVC

最安価格(税込):¥12,800 (前週比:-2,000円↓) 発売日:2017年11月下旬

  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]の価格比較
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]の店頭購入
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のスペック・仕様
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のレビュー
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のクチコミ
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]の画像・動画
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のピックアップリスト
  • N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のオークション

『K2最強、ただ操作性に難&音の艶が惜しい』 烏丸少将かっこいいでおじゃるさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

烏丸少将かっこいいでおじゃるさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:179人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
21件
スマートフォン
1件
19件
タブレットPC
1件
13件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
K2最強、ただ操作性に難&音の艶が惜しい

青、紺色?がとても綺麗。同心円加工は苦手だがこれは溝が浅く滑らかで綺麗で好きです

バンドの内側にK2ロゴ。もっと搭載製品増やしてほしい。文字の色が可愛い

見切れてますが上からK2、音量、再生(曲送り戻し)、電源、microB

 

再生ボタン、触るとかすかに下側が出ており判別可能。が、やはり操作しづらい

付属ケーブルはL型プラグ、細めでしなやかで〇。microBなのが残念

 

2019年8月にヨドバシで12,000円ほどで購入。
当時の最安値では1万円前後まで落ちてた気がするがアマの返品ガチャみたいな品にあたるのも嫌なのでヨドバシで。
衝動買いしたHA-F15BTでワイヤレスの解放感を味わい、リスニングも楽しめそうな当機を購入。
XA-V80でJVCのK2は良いと体験していたので、好きな音の傾向なのではないかと試聴なしで購入。
===================
【使用環境】
その他使用ヘッドホン:ATH-M50、ESW10JPN、AD1000PRM、JVC FX-850、HA-F15BT
再生デバイス:ビクター alneo XA-V80(有線)、SONY A-16、シャープSH-M07(HF Player)
ジャンル:R&B、Funk(JB、MJ etc.)、古楽(聖歌)、ピアノ、オケ、ロック(Aerosmith)、Jpop、ゲーム音楽、アニソン
---------------------
【長所】
・apt-X接続だけど音がかなりいい、K2効いてる
・耳覆いタイプで装着感よし、1時間以上しても痛くならない
 →蒸れは他の機種と同程度ある
・有線接続できる(付属の専用ケーブル)、音もなかなか
【短所】
・曲送りなどの操作がやりづらい(ボタンが分かりづらい)
・有線接続の時はK2オフなのが非常に残念
・高音の艶は期待していたほどではなかった、乾いた傾向の音
 →比較対象ATH-ESW10JPNなので価格帯が違いすぎるが
・付属ケーブルのコネクタがUSB-microB
【メーカーへの要望】
・有線の音質アップ&有線でもK2オンに
・操作性をよく(ボタン形状変更orフリック操作などに変更)
・有線のコネクタはUSBならせめてタイプCに、出来れば普通のステレオミニプラグ希望
【総論】
1万円前後の価格なら及第点
===================
 BT接続はウォークマンA10、スマホ(SH-M07)ともにスムーズに出来て、NFCも動作しました。スマホは当初うまく接続出来なかったが、「開発者向けオプションを有効に→Bluetooth AVRCPバージョンを1.5か1.6に変更」を実行(1.6に変更)したところ接続できました。
 購入時、A10を使用しているのでLDAC接続可能なソニーWH-H800と迷ったものの、私の耳が外耳の骨がゴツゴツしてるので耳載せタイプはすぐ痛くなってしまうこと、ソニーの音作りよりビクターの方が好みなことで最終的にこちらを選択。使用してみてやはり耳覆いタイプにしてよかったと感じました。外出中つけていても痛くなくて快適だし、ホームユースにもいけます。
【音質】
 K2はアルネオで効果を実感していたものの青歯に関しては未知だったが、実際当機の有線接続(付属ケーブルK2オフ)と青歯接続(K2オン)を聞き比べると青歯の方が心地よい聞こえ方でした。とくにスマホで顕著で、有線は出力がしょぼい再生デバイスでは青歯の方が断然音が良い(曲として楽しめる)です。K2の威力すごいです。
 有線も音が悪いということはなく、良い音質ですが有線の同価格帯なら他機種の方がコスパ良いものがあるかも。近い価格帯のM50と比較すると、曲としての立体感(強弱のメリハリ)と情報量、音場の広さでM50の方が優っています。比べると当機は音の各パーツがごちゃっとして曲として立体感に欠けてる印象と味付けが濃い目なので聞き疲れがします。長時間聞くならM50かなという感じ。ただ、有線でウォークマン(K2なし)とアルネオ有線接続(アルネオ側でK2オン)だと断然アルネオが勝つので、やはりK2の威力(以下略です。
 高音などが乾いた感じの傾向なのが個人的に少し残念(真剣に聞き比べではなく、普通に使ってて気付くレベル)。しかし、比較対象が価格帯の違うウッドハウジングのATH-ESW10JPN(特に艶のある音)なので、比較すること自体がフェアではないかも(よく使うヘッドホン同士なので落差がちょっと気になってしまったという話)。
 同じ音源で同じapt-X接続でも再生機器がスマホとウォークマンA10で音が変わってくるので(A10の方が若干情報量多い)、高級DAPでBT接続試してみたくなります。
【操作性】
 操作性の悪さが最大の難点。右ハウジングの後ろにずらっとボタンが並んでいますが、手で触っただけでどれがどのボタンか分かりません。上が何番目…と覚えても、ボタン自体の段差がほとんどないので注意深くなぞっていかないとどのボタンかわからない!個体差なのか不明ですが、私の場合は再生ボタンの下側だけがすこ〜し出ているので(指でなぞってうっすら分かるレベル)、それでなんとか操作出来ていますが、正直サっと曲送りすることは不可能です。プレイヤーで操作した方が早いです。ぜひ改善してほしいです。
【メーカーへお願い】
 今まで有線で高級ホームユースからポータブル用と各種揃えて不満はなかったものの、1度ワイヤレスを経験するとヘッドホンをしたまま部屋の中を移動したり線を気にしなくてよいことが快適で、ホームユースの高音質なものが欲しくなってきました。
 JVCはプレイヤーは出さないようなので、K2ファンとしてはヘッドホンやポタアンをもっと出してほしいです。カナル型は苦手なので無理ですが、ワイヤレスヘッドホンの上位機種が発売されたら買いたいので是非改善版をお願いしたいです。
その時は、2万円前後のカジュアル路線とウッドコーンなどを使用した高級路線(希望5万円まで)があると嬉しいです(我儘)。
長くなりましたが、1万円前後でBT接続でこの音質ならコスパ最高だと思うヘッドホンです。

比較製品
オーディオテクニカ > ATH-M50 BK [ブラック]
主な用途
音楽
その他
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
コスパ最強K2最強、ただ操作性に難&音の艶が惜しい

青、紺色?がとても綺麗。同心円加工は苦手だがこれは溝が浅く滑らかで綺麗で好きです

バンドの内側にK2ロゴ。もっと搭載製品増やしてほしい。文字の色が可愛い

見切れてますが上からK2、音量、再生(曲送り戻し)、電源、microB

 

再生ボタン、触るとかすかに下側が出ており判別可能。が、やはり操作しづらい

付属ケーブルはL型プラグ、細めでしなやかで〇。microBなのが残念

 

2019年8月にヨドバシで12,000円ほどで購入。
当時の最安値では1万円前後まで落ちてた気がするがアマの返品ガチャみたいな品にあたるのも嫌なのでヨドバシで。
衝動買いしたHA-F15BTでワイヤレスの解放感を味わい、リスニングも楽しめそうな当機を購入。
XA-V80でJVCのK2は良いと体験していたので、好きな音の傾向なのではないかと試聴なしで購入。
===================
【使用環境】
その他使用ヘッドホン:ATH-M50、ESW10JPN、AD1000PRM、JVC FX-850、HA-F15BT
再生デバイス:ビクター alneo XA-V80(有線)、SONY A-16、シャープSH-M07(HF Player)
ジャンル:R&B、Funk(JB、MJ etc.)、古楽(聖歌)、ピアノ、オケ、ロック(Aerosmith)、Jpop、ゲーム音楽、アニソン
---------------------
【長所】
・apt-X接続だけど音がかなりいい、K2効いてる
・耳覆いタイプで装着感よし、1時間以上しても痛くならない
 →蒸れは他の機種と同程度ある
・有線接続できる(付属の専用ケーブル)、音もなかなか
【短所】
・曲送りなどの操作がやりづらい(ボタンが分かりづらい)
・有線接続の時はK2オフなのが非常に残念
・高音の艶は期待していたほどではなかった、乾いた傾向の音
 →比較対象ATH-ESW10JPNなので価格帯が違いすぎるが
・付属ケーブルのコネクタがUSB-microB
【メーカーへの要望】
・有線の音質アップ&有線でもK2オンに
・操作性をよく(ボタン形状変更orフリック操作などに変更)
・有線のコネクタはUSBならせめてタイプCに、出来れば普通のステレオミニプラグ希望
【総論】
1万円前後の価格なら及第点
===================
 BT接続はウォークマンA10、スマホ(SH-M07)ともにスムーズに出来て、NFCも動作しました。スマホは当初うまく接続出来なかったが、「開発者向けオプションを有効に→Bluetooth AVRCPバージョンを1.5か1.6に変更」を実行(1.6に変更)したところ接続できました。
 購入時、A10を使用しているのでLDAC接続可能なソニーWH-H800と迷ったものの、私の耳が外耳の骨がゴツゴツしてるので耳載せタイプはすぐ痛くなってしまうこと、ソニーの音作りよりビクターの方が好みなことで最終的にこちらを選択。使用してみてやはり耳覆いタイプにしてよかったと感じました。外出中つけていても痛くなくて快適だし、ホームユースにもいけます。
【音質】
 K2はアルネオで効果を実感していたものの青歯に関しては未知だったが、実際当機の有線接続(付属ケーブルK2オフ)と青歯接続(K2オン)を聞き比べると青歯の方が心地よい聞こえ方でした。とくにスマホで顕著で、有線は出力がしょぼい再生デバイスでは青歯の方が断然音が良い(曲として楽しめる)です。K2の威力すごいです。
 有線も音が悪いということはなく、良い音質ですが有線の同価格帯なら他機種の方がコスパ良いものがあるかも。有線でウォークマン(K2なし)とアルネオ有線接続(アルネオ側でK2オン)だと断然アルネオが勝つので、やはりK2の威力(以下略です。
 ただ、高音などが乾いた感じの傾向なのが個人的に少し残念(真剣に聞き比べではなく、普通に使ってて気付くレベル)。しかし、比較対象が価格帯の違うウッドハウジングのATH-ESW10JPN(特に艶のある音)なので、比較すること自体がフェアではないかも(よく使うヘッドホン同士なので落差がちょっと気になってしまったという話)。
 同じ音源で同じapt-X接続でも再生機器がスマホとウォークマンA10で音が変わってくるので(A10の方が若干情報量多い)、高級DAPでBT接続試してみたくなります。
【操作性】
 操作性の悪さが最大の難点。右ハウジングの後ろにずらっとボタンが並んでいますが、手で触っただけでどれがどのボタンか分かりません。上が何番目…と覚えても、ボタン自体の段差がほとんどないので注意深くなぞっていかないとどのボタンかわからない!個体差なのか不明ですが、私の場合は再生ボタンの下側だけがすこ〜し出ているので(指でなぞってうっすら分かるレベル)、それでなんとか操作出来ていますが、正直サっと曲送りすることは不可能です。プレイヤーで操作した方が早いです。ぜひ改善してほしいです。
【メーカーへお願い】
 今まで有線で高級ホームユースからポータブル用と各種揃えて不満はなかったものの、1度ワイヤレスを経験するとヘッドホンをしたまま部屋の中を移動したり線を気にしなくてよいことが快適で、ホームユースの高音質なものが欲しくなってきました。
 JVCはプレイヤーは出さないようなので、K2ファンとしてはヘッドホンやポタアンをもっと出してほしいです。カナル型は苦手なので無理ですが、ワイヤレスヘッドホンの上位機種が発売されたら買いたいので是非改善版をお願いしたいです。
その時は、2万円前後のカジュアル路線とウッドコーンなどを使用した高級路線(希望5万円まで)があると嬉しいです(我儘)。
現在は値上がりしてしまってますが、1万円前後ならコスパ最高だと思うヘッドホンです。

主な用途
音楽
その他
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった0

満足度4
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
コスパ最強K2最強、ただ操作性に難&音の艶が惜しい

青、紺色?がとても綺麗。同心円加工は苦手だがこれは溝が浅く滑らかで綺麗で好きです

バンドの内側にK2ロゴ。もっと搭載製品増やしてほしい。文字の色が可愛い

見切れてますが上からK2、音量、再生(曲送り戻し)、電源、microB

 

再生ボタン、触るとかすかに下側が出ており判別可能。が、やはり操作しづらい

付属ケーブルはL型プラグ、細めでしなやかで〇。microBなのが残念

 

2019年8月にヨドバシで12,000円ほどで購入。
当時の最安値では1万円前後まで落ちてた気がするがアマの返品ガチャみたいな品にあたるのも嫌なのでヨドバシで。
衝動買いしたHA-F15BTでワイヤレスの解放感を味わい、リスニングも楽しめそうな当機を購入。
XA-V80でJVCのK2は良いと体験していたので、好きな音の傾向なのではないかと試聴なしで購入。
===================
【使用環境】
その他使用ヘッドホン:ATH-M50、ESW10JPN、AD1000PRM、JVC FX-850、HA-F15BT
再生デバイス:ビクター alneo XA-V80、SONY A-16、シャープ SH-M07(HF Player)
ジャンル:R&B、Funk(JB、MJ etc.)、古楽(聖歌)、ピアノ、オケ、ロック(Aerosmith)、Jpop、ゲーム音楽、アニソン
---------------------
【長所】
・apt-X接続のわりには音がいい、K2効いてる
・耳覆いタイプで装着感よし、1時間以上しても痛くならない
 →蒸れは他の機種と同程度ある
・有線接続できる(付属の専用ケーブル)
【短所】
・曲送りなどの操作がやりづらい(ボタンが分かりづらい)
・有線接続の時はK2オフなのが非常に残念
・高音の艶は期待していたほどではなかった
 →比較対象ATH-ESW10JPNなので価格帯が違いすぎるが
・付属ケーブルのコネクタがUSB-microB
【メーカーへの要望】
・有線の音質アップ&有線でもK2オンに
・操作性をよく(ボタン形状変更orフリック操作などに変更)
・有線のコネクタはUSBならせめてタイプCに、出来れば普通のステレオミニプラグ希望
【総論】
1万円前後の価格なら及第点
===================
 BT接続はウォークマンA10、スマホ(SH-M07)ともにスムーズに出来て、NFCも動作しました。スマホは当初うまく接続出来なかったが、「開発者向けオプションを有効に→Bluetooth AVRCPバージョンを1.5か1.6に変更」を実行(1.6に変更)したところ接続できました。
 購入時、A10を使用しているのでLDAC接続可能なソニーWH-H800と迷ったものの、私の耳が外耳の骨がゴツゴツしてるので耳載せタイプはすぐ痛くなってしまうこと、ソニーの音作りよりビクターの方が好みなことで最終的にこちらを選択。使用してみてやはり耳覆いタイプにしてよかったと感じました。外出中つけていても痛くなくて快適だし、ホームユースにもいけます。
【音質】
 K2はアルネオで効果を実感していたものの青歯に関しては半信半疑でいたが、実際当機の有線接続(付属ケーブルK2オフ)と青歯接続(K2オン)を聞き比べると青歯の方が心地よい聞こえ方でした。K2のコスパ(?)すごいです。逆に言えば有線の時がちょっと残念かなあと…価格は数千円高いですが、オーテクM50と比較すると有線の時は負けてるかも?
 また、ATH-ESW10JPNで同じ音源を再生すると音の艶がなく、高音などが乾いた感じで聞こえるのがハッキリ分かるので少し残念(真剣に聞き比べではなく、普通に使ってて気付くレベル)。しかし、そもそもの価格帯が違うこととウッドハウジングのESW10JPNは特に艶のある音なので、比較すること自体がフェアではないかも(よく使うヘッドホン同士なので落差がちょっと気になってしまったという話)。
 ただ、再生機器がスマホとウォークマンA10なので、高級機種なら変わってくるかもしれません。同じ音源で同じapt-X接続でもスマホよりA10の方が音は良いかなと感じるので、高級DAPで試してみたくなります。
【操作性】
 操作性の悪さが最大の難点。右ハウジングの後ろにずらっとボタンが並んでいますが、手で触っただけでどれがどのボタンか分かりません。上が何番目…と覚えても、ボタン自体の段差がほとんどないので注意深くなぞっていかないとどのボタンかわからない!個体差なのか不明ですが、私の場合は再生ボタンの下側だけがすこ〜し出ているので(指でなぞってうっすら分かるレベル)、それでなんとか操作出来ていますが、正直サっと曲送りすることは不可能です。プレイヤーで操作した方が早いです。ぜひ改善してほしいです。
【メーカーへお願い】
 今まで有線で高級ホームユースからポータブル用と各種揃えて不満はなかったものの、1度ワイヤレスを経験するとヘッドホンをしたまま部屋の中を移動したり線を気にしなくてよいことが快適で、ホームユースの高音質なものが欲しくなってきました。
 JVCはプレイヤーは出さないようなので、K2ファンとしてはヘッドホンやポタアンをもっと出してほしいです。カナル型は苦手なので無理ですが、ワイヤレスヘッドホンの上位機種が発売されたら買いたいので是非改善版をお願いしたいです。
その時は、2万円前後のカジュアル路線とウッドコーンなどを使用した高級路線(希望5万円まで)があると嬉しいです(我儘)。
現在は値上がりしてしまってますが、1万円前後ならコスパ最高だと思うヘッドホンです。

主な用途
音楽
その他
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった0

満足度4
デザイン5
高音の音質3
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4
K2すごいけど操作性に難&音の艶が惜しい

青、紺色?がとても綺麗。同心円加工は苦手だがこれは綺麗で好きです

バンドの内側にK2ロゴ。もっと搭載製品増やしてほしい。文字の色が可愛い

見切れてますが上からK2、音量、再生(曲送り戻し)、電源、microB

 

再生ボタン、触るとかすかに下側が出ており判別可能。が、やはり操作しづらい

付属ケーブルはL型プラグ、細めでしなやかで〇。microBなのが残念

 

2019年8月にヨドバシで12,000円ほどで購入。
当時の最安値では1万円前後まで落ちてた気がするがアマの返品ガチャみたいな品にあたるのも嫌なのでヨドバシで。
衝動買いしたHA-F15BTでワイヤレスの解放感を味わい、リスニングも楽しめそうな当機を購入。
XA-V80でJVCのK2は良いと体験していたので、好きな音の傾向なのではないかと試聴なしで購入。
===================
【使用環境】
その他使用ヘッドホン:ATH-M50、ESW10JPN、AD1000PRM、JVC FX-850、HA-F15BT
再生デバイス:ビクター alneo XA-V80、SONY A-16、シャープ SH-M07(HF Player)
ジャンル:R&B、Funk(JB、MJ etc.)、古楽(聖歌)、ピアノ、オケ、ロック(Aerosmith)、Jpop、ゲーム音楽、アニソン
---------------------
【長所】
・apt-X接続のわりには音がいい、K2効いてる
・耳覆いタイプで装着感よし、1時間以上しても痛くならない
 →蒸れは他の機種と同程度ある
・有線接続できる(付属の専用ケーブル)
【短所】
・曲送りなどの操作がやりづらい(ボタンが分かりづらい)
・有線接続の時はK2オフなのが非常に残念
・高音の艶は期待していたほどではなかった
 →比較対象ATH-ESW10JPNなので価格帯が違いすぎるが
・付属ケーブルのコネクタがUSB-microB
【メーカーへの要望】
・有線の音質アップ&有線でもK2オンに
・操作性をよく(ボタン形状変更orフリック操作などに変更)
・有線のコネクタはUSBならせめてタイプCに、出来れば普通のステレオミニプラグ希望
【総論】
1万円前後の価格なら及第点
===================
 BT接続はウォークマンA10、スマホ(SH-M07)ともにスムーズに出来ていますが、NFCはスマホしかうまく作動しません。ウォークマンは無反応だが通常の接続が早いのでまあいいか…と。スマホもNFCより普通にオンして自動認識の方が便利です(いちいちマークをかざして認識待つ方が手間がかかる)。
 購入時、A10を使用しているのでLDAC接続可能なソニーWH-H800と迷ったが、私の耳が外耳の骨がゴツゴツしてるので耳載せタイプはすぐ痛くなってしまうこと、ソニーの音作りよりビクターの方が好みなことで最終的にこちらを選択。使用してみてやはり耳覆いタイプにしてよかったと感じました。
 音質は、K2はアルネオで効果を感じていたけれど青歯に関しては半信半疑でいたが、実際当機の優先接続(付属ケーブルK2オフ)と青歯接続(K2オン)を聞き比べると青歯の方が良いと感じました。K2のコスパ(?)すごいです。逆に言えば有線の時がちょっと残念かなあと…数千円高いですが、オーテクM50と比較すると有線の時は負けてる印象。

 また、ATH-ESW10JPNで同じ音源を再生すると音の艶がなく、高音などが乾いた感じで聞こえるのがハッキリ分かるので少し残念でした(真剣に聞き比べではなく、普通に使ってて気付くレベル)。しかし、そもそもの価格帯が違うこととウッドハウジングのESW10JPNが艶のある音なので、比較すること自体がフェアではないかも(よく使うヘッドホン同士なので落差がちょっと気になってしまったという話です)。ただ、再生機器がスマホとウォークマンA10なので、高級機種なら変わってくるかもしれません。同じ音源で同じapt-X接続でもスマホよりA10の方が音は良いので、高級DAPで試してみたいです。
 あと残念なのが、操作性の悪さ。右ハウジングの後ろにずらっとボタンが並んでいますが、手で触っただけでどれがどのボタンか分かりません。上が何番目…と覚えても、ボタン自体の段差がほとんどないので注意深くなぞっていかないとどのボタンかわからない!個体差なのか不明ですが、私の場合は再生ボタンの下側だけがすこ〜し出ているので(指でなぞってうっすら分かるレベル)、それでなんとか操作出来ていますが、正直サっと曲送りすることは不可能です。改善してほしいです。
 
 今まで有線で高級ホームユースからポータブル用と各種揃えて不満はなかったものの、1度ワイヤレスを経験するとヘッドホンをしたまま部屋の中を移動したり線を気にしなくてよいことが快適で、ホームユースの高音質なものが欲しくなってきました。
 JVCはプレイヤーは出さないようなので、K2ファンとしてはヘッドホンやポタアンをもっと出してほしいです。カナル型は苦手なので無理ですが、ワイヤレスヘッドホンの上位機種が発売されたら買いたいので是非改善版をお願いしたいです。
その時は、2万円前後のカジュアル路線とウッドコーンなどを使用した高級路線(希望5万円まで)があると嬉しいです(我儘)。
現在は値上がりしてしまってますが、1万円前後ならコスパ最高だと思うヘッドホンです。

主な用途
音楽
その他
接続対象
スマートフォン・携帯電話

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
低音がよく出てます  4 2021年3月22日 10:09
音質が良い  5 2020年3月25日 05:23
K2最強、ただ操作性に難&音の艶が惜しい  4 2020年2月28日 00:13
とにかく音の良さに惚れました!  4 2019年2月2日 15:17
K2いいね  5 2018年11月11日 21:36
ジャズに最適  4 2018年10月7日 17:39
高音域が少し弱い。  4 2018年10月6日 22:06
2018年1月現在のBTヘッドホン傑作機  5 2018年1月7日 01:26
シンプルで高音質が光る傑作!!  5 2018年1月5日 10:41

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]
JVC

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]

最安価格(税込):¥12,800発売日:2017年11月下旬 価格.comの安さの理由は?

N_W SOLIDEGE SD70BT HA-SD70BT-A [ブルー]をお気に入り製品に追加する <41

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意