『声の出ない主人公と、主人公にだけボイスがないシステムがマッチ』 ブロッコリー 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita] 酒缶さんのレビュー・評価

2018年 8月23日 発売

殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]

  • 何者かに追われている主人公が、裏社会を生きるキャラクターたちと共同生活を送りながら、自身の謎と秘密に迫る裏社会×恋愛ADV。
  • 主人公の「イチゴ」は礼儀正しく真面目だが、ある出来事をきっかけに声を失い、スマホで筆談してコミュニケーションをとる。
  • 共通プロローグの最後の選択肢でルート分岐するが、ゲーム開始時に選択できるのは5人のみで、一定の条件を満たすと6人目が開放される。
殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita] 製品画像

画像提供:Joshin

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥5,380

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥5,380

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥5,380〜¥6,930 (10店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥6,300

ジャンル:裏社会×恋愛ADV プレイ人数:1 CERO:CERO「C」15歳以上対象 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]の価格比較
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]の店頭購入
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のスペック・仕様
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のレビュー
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のクチコミ
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]の画像・動画
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のピックアップリスト
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のオークション

殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]ブロッコリー

最安価格(税込):¥5,380 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 8月23日

  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]の価格比較
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]の店頭購入
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のスペック・仕様
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のレビュー
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のクチコミ
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]の画像・動画
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のピックアップリスト
  • 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のオークション
ユーザーレビュー > ゲーム > PlayStation Vita ソフト > ブロッコリー > 殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]

『声の出ない主人公と、主人公にだけボイスがないシステムがマッチ』 酒缶さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度4
操作性4
グラフィック4
サウンド4
熱中度4
継続性4
ゲームバランス4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

声の出ない主人公と、主人公にだけボイスがないシステムがマッチ
   

パッケージ、カートリッジ

   

【概要】
・過去のトラウマから言葉を失った主人公の「イチゴ」は、殺し屋の出入りする喫茶店でウエイトレスとして働き、裏社会の人々と関りながら真実を追う裏社会×恋愛ADV。

・操作方法
 方向キー 項目の選択
 方向キー上下 バックログ
 ○ボタン 決定・メッセージ
 ×ボタン キャンセル・解除・メッセージウインドウ非表示
 △ボタン 選択肢までスキップ
 □ボタン システムメニュー
 Lボタン クイックセーブ
 Rボタン クイックロード
 STARTボタン オートモードON/OFF
 SELECTボタン 既読スキップON/OFF

・タイトルメニューから選べる項目は4種類。
「New Game」ストーリーの最初からプレイ
「Load game」セーブデータからの再開
「Extra」ゲームに登場したCGやムービーなどの閲覧
「Option」各種設定


【評価】
・ジュラルミンケースで運ばれるという衝撃的な状況からスタートし、トラウマから声が出ず、スマホで筆談するというかなり変わった設定の主人公が、裏社会の人間だけど、裏の顔で生活しているターゲットキャラクターとの恋愛に発展していくという、現実ではまずありえないだろうと思われる設定を体験することができる乙女ゲーム。主人公は無表情キャラという、これまた感情移入しにくそうな設定だが、声が出ない設定と、主人公のボイスがないつくりがマッチしていて、乙女ゲームとしては十分にありなキャラクターを楽しめる。

・それほど長くない共通ルートが終わるとキャラクター選択画面になり、キャラクターを選ぶことで個別ストーリーが始まる。個別ストーリー中には2択の選択肢が多数登場し、正誤の数に応じてトゥルーエンドかバッドエンドかに分岐するようになっている。正解の選択肢を選ぶと画面に〇が表示されるため、選択肢でセーブして正解を選び続ければトゥルーエンドは誰でも達成できる。1人のキャラクターは、2択で全部上を選んだら、特に何も考えずにトゥルーエンドになってしまった。

・6人のターゲットキャラクターがいるが、最初に選べるのは5人で、5人のトゥルーエンドを見ると6人目のキャラクターを選べるようになる。パッケージのメインビジュアルもパッケージ裏面にも6人のキャラクターが登場しているため、1人のキャラクター部分が隠されていても十分にネタバレしているし、むしろ、そのキャラクターのストーリーだけを攻略したくて購入した人にはダマしのようにも感じる。

・裏社会が舞台で、裏社会的な会話や事件が発生する反面、登場しているキャラクターが若くてリアルさがいまいち感じられない。設定が「現代日本のどこかにある街」となっていることが、むしろリアルさを失くしてしまっているように思う。

・選択肢ごとにセーブをすれば攻略がやりやすい反面、ロード後の画面切り替えが遅く、フリーズしてしまったのか不安になる。また、ゲームを起動したときにトロフィー情報などを見に行く処理が長く、なかなかゲームが始まらないのも不安になる。ゲーム起動時に電子マニュアルを読めないため、処理は結構重いのかもしれない。なお、普通にオートプレイでゲームを進めていた時に、1回だけ、原因不明の不具合でゲームが強制終了になっている。


【まとめ】
・リアルさにはあまりこだわりがなく、裏社会のイケメンとの恋愛を楽しみたい人にはいいゲームなのかもしれません。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]
ブロッコリー

殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]

最安価格(税込):¥5,380発売日:2018年 8月23日 価格.comの安さの理由は?

殺し屋とストロベリー [通常版] [PS Vita]をお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(PlayStation Vita ソフト)

ご注意