『自作動画のラクラク視聴手段として大いに利用価値あり!』 Synology DiskStation DS218play ふぁいやぁあさんのレビュー・評価

DiskStation DS218play 製品画像
最安価格(税込):

¥27,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥27,800

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥27,800¥36,960 (21店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥29,192 〜 ¥29,192 (全国11店舗)最寄りのショップ一覧

ドライブベイ数:HDDx2 DLNA:○ DiskStation DS218playのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DiskStation DS218playの価格比較
  • DiskStation DS218playの店頭購入
  • DiskStation DS218playのスペック・仕様
  • DiskStation DS218playのレビュー
  • DiskStation DS218playのクチコミ
  • DiskStation DS218playの画像・動画
  • DiskStation DS218playのピックアップリスト
  • DiskStation DS218playのオークション

DiskStation DS218playSynology

最安価格(税込):¥27,800 (前週比:±0 ) 発売日:2017年10月27日

  • DiskStation DS218playの価格比較
  • DiskStation DS218playの店頭購入
  • DiskStation DS218playのスペック・仕様
  • DiskStation DS218playのレビュー
  • DiskStation DS218playのクチコミ
  • DiskStation DS218playの画像・動画
  • DiskStation DS218playのピックアップリスト
  • DiskStation DS218playのオークション

『自作動画のラクラク視聴手段として大いに利用価値あり!』 ふぁいやぁあさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

DiskStation DS218playのレビューを書く

ふぁいやぁあさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCケース
1件
3件
NAS(ネットワークHDD)
3件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
転送速度4
通信の安定性5
静音性5
耐久性無評価
機能性4
サイズ5
自作動画のラクラク視聴手段として大いに利用価値あり!

購入してまだ1か月以内ですが、久し振りに利用価値の高い製品に遭遇したので、投稿したいと思います。

【目的】昭和の終わりから平成の初めにかけてのVHS-C、8mmビデオテープ、ミニDVテープや、現代のFHDデジタルビデオカメラで撮影した家族や旅行先の映像を動画ファイルとしてPCに保存したものをPowerDirector15で編集し、NASにアップロードした後、テレビ、スマホ、iPadなどで視聴すること。

【背景】1、2年前までは、とにかく昔の映像はテープのままだと劣化するので、PCのHDDに保存したのちDVDに焼いてテレビで視聴することを前提としていましたが、DVDディスクの作成と整理が煩雑であり、視聴の度にディスクを出し入れするのは面倒でした。ところが最近のネット検索やYouTube上でのレビューで、NASを使えばDVDに落とさずとも様々なデバイスで視聴できる可能性を知り購入してみました。

【導入・初期設定】HDDはWesternDigitalのRedLabelが定番のようですが、少し安価なSeagateのNAS用を謳うIronWolf4TB2台を使いました。初期設定自体は他の型番のレビューやYouTubeでもお馴染みのように非常に簡単でほぼ疑問の余地はありません。ただ後述するよをうに、218playの前に218jを設置済みであり、同じネットワーク上での区別が心配でしたが、一旦218jの電源を落としネットワークから外した上で、218playの初期設定を行う過程でサーバー名だけを変えてユーザー名やパスワードは同一とすることで事無きを得ました。これはスマホのDSVideoなどにログインしても、一旦ログアウトして再ログインの際にはサーバー名を選択出来るようになっています。

【環境・使い勝手】デスクトップPCでPowerDirector15を使いながら自作動画を編集しmp4ファイルで出力します。何故わざわざ編集(と言っても削除くらい)が必要かと思われるかもしれませんが、生の映像はとかく地面や壁が映ったままとか無駄な部分が多く、なるべく残したい部分だけに削ぎ落とす作業が必要です。あまりダラダラ30分とか1時間以上続く記録的な映像を見ても飽きるだけです。また2-3GB以上の巨大なファイルサイズとなると、再生時に中断など何故かトラブルが起きやすく、経験的には500-1000MB程度が安定して使いやすいようです。これらを218playにアップロードし、ルーターのLANポートに有線で繋いだPanasonicTH-P55GT60(55型プラズマテレビ)のお部屋ジャンプリンクを介して視聴します。今まではDVDに焼いたり、ブルーレイレコーダーのHDDにコピーして視聴していましたが、その手間が省けて利便性が格段に向上しました。実は本製品の前に218jを導入しましたが、NAS内のHDD容量を節約する為にPowerDirector15上で圧縮率の高いH.265(H.264の半分程度のファイルサイズとなります)で出力したところ、この形式では218jにアップロードしてもPanasonicTH-P55GT60で視聴できなかった経緯から、新たに218playを購入したものの、結局はデバイス側のテレビが対応していなかったようでした。ChromecastやPlayStation4などでは対応しているようですが、今後の課題です。とにかく現環境であれこれ試していましたが、今は218playを使いH.264圧縮のmp4でファイルサイズ500MB-1GB程度で納めればテレビでもiPhoneでもiPadでもストレス無く再生できます。なお、自宅の有線はNTT西日本フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼で、実質下り300Mbps程度、無線はNECAtermWG2600HP2を使い、実質下り100Mbps程度です。自宅外でスマホやノートPCで視聴しようとすると、下り20-30Mbps以下の環境では再生に辿り着くまでの待ち時間が長く、再生が中断する可能性があります。ただ218jには無く218playにある機能として、通信速度が遅い時には少なくともiPhoneやiPad上では自動的に画像の解像度を落として再生を続けるみたいです。残った218jは写真やOfficeで作成したファイルの共有などに活用するつもりです。

【感想】昔の様々な媒体を初めとした映像管理と視聴に便利であり、編集作業を含めたPCのパフォーマンス、ある程度のスピードを確保できるインターネット環境とデバイスがあれば、比較的簡単に構築できると思います。ただ、この製品の優れた機能を幅広いユーザーに活用してもらうには、更なるメーカーの奮起を期待します。ユーザーズガイドやFAQに相当するナレッジデータベース、YouTube上で見れるチュートリアルビデオなどが用意してありますが、ビジネスユースのスタンスが色濃く、個人的な使用促進には今一つです。何故なら、ユーザーズガイドにある多くの記述は管理者の視点で書かれており、初心者ユーザーが本当に必要とする内容が見当たらない、また完全には日本語化されていない部分や、いかにも直訳的で意味不明な表現、全体に専門的で難解な部分が多く、私のような個人的に独学してきたユーザーには理解が及ばない事が多いように思います。私自身はこれらメーカーの用意したものよりも、ネット上でプロの写真家の方が書かれたブログやYouTube上でのレビュー動画を見て、ようやくここまで辿り着きました。ここに深く感謝致します。まだまだ多彩な活用法の理解には程遠く、勉学途上です。

【追記】Windows10では既定のWebブラウザーがMicrosoftEdgeになっていますが、このままでは2GB以上のファイルはアップロード出来ません。内容の更新がされていないのか、MicrosoftEdgeについての明確な記載がなく、最新のIE11か、GoogleChrome、Firefoxなどに変更する必要性があります。個人的にはGoogleChromeやFirefoxの動きが機敏な印象です。

使用目的
データ保存

参考になった19人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
転送速度4
通信の安定性5
静音性5
耐久性5
機能性4
サイズ5
自作動画のラクラク視聴手段として大いに利用価値あり!

導入してまだ1か月以内ですが、久し振りに利用価値の高い製品に遭遇したので、投稿したいと思います。

【目的】昭和の終わりから平成の初めにかけてのVHS-C、8mmビデオテープ、ミニDVテープや、現代のFHDデジタルビデオカメラで撮影した家族や旅行先の映像を動画ファイルとしてPCに保存したものをPower Director15で編集し、NASに保存した後、テレビ、スマホ、iPadなどで視聴すること。

【背景】1、2年前までは、とにかく昔の映像はテープのままだと劣化するので、PCのHDDに保存したのちDVDに焼いてテレビで視聴することを前提としていましたが、DVDディスクの作成と整理が煩雑であり、視聴の度にディスクを出し入れするのは面倒でした。ところが最近のネット検索やYouTube上でのレビューで、NASを使えばDVDに落とさずとも様々なデバイスで視聴できる可能性を知り購入してみました。

【導入・初期設定】HDDはWestern DigitalのRed Labelが定番のようですが、少し安価なSeagateのNAS用を謳うIronWolf 4TBを2台を使いました。初期設定自体は他の型番のレビューやYouTubeでもお馴染みのように非常に簡単でほぼ疑問の余地はありません。ただ後述するように、218playの前に218jを設置済みであり、同じネットワーク上での区別が心配でしたが、一旦218jの電源を落としネットワークから外した上で、218playの初期設定を行う過程でサーバー名だけを変えてユーザー名やパスワードは同一とすることで事無きを得ました。これはスマホのDS Videoなどにログインしても、一旦ログアウトして再ログインの際にはサーバー名を選択出来るようになっています。

【環境・使い勝手】デスクトップPCでPower Director15を使いながら自作動画を編集しmp4ファイルで出力します。何故わざわざ編集(と言っても削除くらい)が必要かと思われるかもしれませんが、生の映像はとかく地面や壁が映ったままとか無駄な部分が多く、なるべく残したい部分だけに削ぎ落とす作業が必要です。あまりダラダラ30分とか1時間以上続く記録的な映像を見ても飽きるだけです。また2-3GB以上の巨大なファイルサイズとなると、再生時に何故かトラブルが起きやすく、経験的には500-1000MB程度が安定して使いやすいようです。これらを218playにアップロードし、ルーターのLANポートに有線で繋いだPanasonic TH-P55GT60(55型プラズマテレビ)のお部屋ジャンプリンクを介して視聴します。今まではDVDに焼いたり、ブルーレイレコーダーのHDDにコピーして視聴していましたが、その手間が省けて利便性が格段に向上しました。実は本製品の前に218jを導入しましたが、NAS内のHDD容量を節約する為にPower Director15上で圧縮率の高いH.265(H.264の半分程度のファイルサイズとなります)で出力したところ、この形式では218jにアップロードしてもPanasonic TH-P55GT60で視聴できなかった経緯から、新たに218playを購入したものの、結局はデバイス側のテレビが対応していなかったようでした。ChromecastやPlay Station 4などでは対応しているようですが、今後の課題です。とにかく現環境であれこれ試していましたが、今は218playを使いH.264圧縮のmp4でファイルサイズ500MB-1GB程度で納めればテレビでもiPhoneでもiPadでもストレス無く再生できます。なお、自宅の有線はNTT西日本フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼で、実質下り300Mbps程度、無線はNEC Aterm WG2600HP2を使い、実質下り50Mbps程度です。自宅外でスマホやノートPCで視聴しようとすると、下り20-30Mbps以下の環境では再生に辿り着くまでの待ち時間が長く、再生が中断する可能性があります。ただ218jには無く218playにある機能として、通信速度が遅い時には少なくともiPhoneやiPad上では自動的に画像の解像度を落として再生を続けるみたいです。残った218jは写真やOfficeで作成したファイルの共有などに活用するつもりです。

【感想】昔の様々な媒体を始めとした映像管理と視聴に便利であり、編集作業を含めたPCのパフォーマンス、ある程度のスピードを確保できるインターネット環境とデバイスがあれば、比較的簡単に構築できると思います。ただ、この製品の優れた機能を幅広いユーザーに活用してもらうには、更なるメーカーの奮起を期待します。ユーザーズガイドやFAQに相当するナレッジデータベース、You Tube上で見れるチュートリアルビデオなどが用意してありますが、ビジネスユースのスタンスが色濃く、個人的な使用促進には今一つです。何故なら、ユーザーズガイドにある多くの記述は管理者の視点で書かれており、初心者ユーザーが本当に必要とする内容が見当たらない、また完全には日本語化されていない部分や、いかにも直訳的で意味不明な表現、全体に専門的で難解な部分が多く、私のような個人的に独学してきたユーザーには理解が及ばない事が多いように思います。私自身はこれらメーカーの用意したものよりも、ネット上でプロの写真家の方が書かれたブログやYou Tube上でのレビュー動画を見て、ようやくここまで辿り着きました。ここに深く感謝致します。まだまだ多彩な活用法の理解には程遠く、勉学途上です。

【追記】Windows10では既定のWebブラウザーがMicrosoft Edgeになっていますが、このままでは2GB以上のファイルはアップロード出来ません。内容の更新がされていないのか、Microsoft Edgeについての明確な記載がなく、最新のIE11か、Google Chrome、Firefoxなどに変更する必要性があります。個人的にはGoogle ChromeやFirefoxの動きが機敏な印象です。

使用目的
データ保存

参考になった2

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

DiskStation DS218playのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

DiskStation DS218play
Synology

DiskStation DS218play

最安価格(税込):¥27,800発売日:2017年10月27日 価格.comの安さの理由は?

DiskStation DS218playをお気に入り製品に追加する <277

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(NAS(ネットワークHDD))

ご注意