α7R III ILCE-7RM3 ボディ レビュー・評価

2017年11月25日 発売

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

  • 35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載した、上級向けのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを新たに搭載。手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.5段の補正効果を実現する。
  • スーパー35mmフォーマットで高解像度4K動画の本体内記録が可能。4Kの記録フォーマットにはXAVC Sを採用している。
α7R III ILCE-7RM3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥288,609

(前週比:-2,583円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥291,497

JP-TRADE plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥195,800 (29製品)


価格帯:¥288,609¥381,975 (39店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥288,612 〜 ¥319,880 (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:572g α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

α7R III ILCE-7RM3 ボディSONY

最安価格(税込):¥288,609 (前週比:-2,583円↓) 発売日:2017年11月25日

  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

α7R III ILCE-7RM3 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.53
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:131人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.05 4.52 49位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.72 4.54 16位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.92 4.29 35位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.36 4.15 9位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.52 4.26 14位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.47 4.41 19位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.42 4.33 18位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.92 4.42 39位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:風景」で絞込んだ結果 (絞込み解除

マクロなマグロさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:250人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
141件
レンズ
19件
76件
コンバージョンレンズ・アダプタ
0件
6件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質3
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感4

α7Vから買い替えました。
EVFと背面液晶の見やすさ以外は全てにおいてα7Vが上です。
α7Vの後継機のEVFがRVの同等かそれ以上でしたら、躊躇なく買い換えます。

再レビュー
結局、SONYのキャッシュバックキャンペーンとマップカメラの下取り額アップキャンペーンに乗って、実質手出しほぼ無しでα7Vの新品を買い戻しました。絶対に高画素が必要な人以外は、α7Vをお勧めします。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった36人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

モッくんとセリくんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
82件
レンズ
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
当機種2400万画素にトリミングした流し撮り
当機種2400万画素にトリミング ピット作業
当機種2800万画素にトリミングした流し撮り

2400万画素にトリミングした流し撮り

2400万画素にトリミング ピット作業

2800万画素にトリミングした流し撮り

当機種3000万画素で夜の閃光を
当機種4000万画素の流し撮り
当機種フル画素で

3000万画素で夜の閃光を

4000万画素の流し撮り

フル画素で

動きもの撮影のレビューがないのでレビューします。
高画素機は動きものには向かないのか?いや、α7RVでも結構撮れます。私は過去には一眼レフに大きなレンズを付けてモタスポを撮っていましたが、サーキット場を歩いて動き回るので軽いものがいいと思いミラーレスに乗り換え、最初はm4/3のE-M1MarkUで撮っていましたが、トリミングをした時の画質低下が気になりα7RVを買い増し、モタスポは撮れるか心配だったんですが撮ってみると結構撮れる。歩留まりは若干E-M1MarkUより落ちますが、トリミングしても2千万画素は残りかなり使えます。ソニーを使う人のほとんどは、動きものはα9にするのでしょうが、7RVでも結構撮れますよ。しかも、好きな構図にトリミングしても画像は結構奇麗なまま。私はプロとは違い、生涯へたっぴなアマチュアなのでガンガントリミングします。低速シャッターでの流し撮り写真をアップします。カメラをぶん回すのだから多少のブレとピンずれあるかもしれませんが、自分では満足しています。尚、α7系でも以前使っていた一眼レフよりはかなり軽いです。
2400万から2800万にトリミングした写真と、ノートリミングの写真をアップします。
あと、操作性とか機能性とかバッテリーのもちとかは他の人がいっぱいレビューしているので今回はモタスポ撮った感じのみレビューさせていただきました。今年はモタスポはまだ無観客でしか開催していないので、写真は2019年スーパー耐久富士24hです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
スポーツ
その他

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

エチオピア饅頭大使さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
40件
レンズ
2件
5件
タブレットPC
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種350oぐらい。ロックオンAFで十分追従してくれます。
当機種QBMマウントのドイツ製プラナー1.4/50にて。Eマウントはアダプタが豊富です。
当機種プラナー2/135AEGに接写リングをつけて。優秀な液晶と手振れ補正に助けられてます

350oぐらい。ロックオンAFで十分追従してくれます。

QBMマウントのドイツ製プラナー1.4/50にて。Eマウントはアダプタが豊富です。

プラナー2/135AEGに接写リングをつけて。優秀な液晶と手振れ補正に助けられてます

別機種MC ZENITAR 16mm F2.8。ロシアンレンズもばっちりOK。
当機種解像度高く、細かいところまでよく写ります。オリジナルは拡大で車番も判読できます。
 

MC ZENITAR 16mm F2.8。ロシアンレンズもばっちりOK。

解像度高く、細かいところまでよく写ります。オリジナルは拡大で車番も判読できます。

 

一昨年の秋に購入しました。当時はα7RWはまだ登場しておらず、SONYの最高画素機でした。
以前からオールドレンズ(といってもMF一眼レフ用レンズばかりですが)の母艦としてα7を利用しており、NikonDf、D600、OLYMPUS PEN-F等も併用しています。

【デザイン】
 αシリーズらしいデザインだと思いますが、特段良いとも悪いとも思いません。α7と比べるとマグネシウム使用により、ボディの質感や剛性は格段に良くなっていると思います。

【画質】
 良いと思います。不満な点は基本的にありません。ISO3200あたりまでなら、個人的には許容範囲だと思います。

【操作性】
 α7を使っていましたので、違和感はありませんが、他社からの乗り換えだと少し戸惑う点もある過も。メニューの階層はもう少し練ったほうがいいようにも思いますね。

【バッテリー】
 持ちはよくなりましたね。オールドレンズだと一日撮っていても予備バッテリーは必要ないかも?
 当たり前ですが、AFで撮影すると減りが早いですね(笑)

【携帯性】
 バッテリーグリップを常時つけていることもあり、一眼レフと比べて著しく携帯性が良いとは思いません。ただ、薄いですよね。ここは美点で、カメラバッグへの収まりがいいです。

【機能性】
 手振れ補正は良く効きますし、AFスピードも十分。鉄道写真を撮りますが、AFの追随も問題ありません。10コマ/秒の高速連写もいいですね。

【液晶】
 オールドレンズ仕様時は拡大してピント合わせしていますが、ピントの山が非常に見やすく、助かります。私はα7でもピントは合わせられるのですが、α7RVのほうが圧倒的にピントが合わせやすいと思います。また、連写時のブラックアウトはほぼ気になりません。

【ホールド感】
 α7と比べると格段に良くなったと思います。

【総評】
 α7RWが出たとはいえ、未だ第一線級の性能を持っていると思います。そのうちα7RW又はXあたりを導入することになるとは思いますが、5年保証も付けていますので、当面は使い続けることになると思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

AccuphaseFANさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:300人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

一眼レフカメラ(フィルム)
0件
66件
レンズ
9件
17件
デジタルカメラ
3件
21件
もっと見る
満足度2
デザイン3
画質3
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感2

α7R2から買い換えました。
とにかく電池の持ちが良くて非常に助かっています。
それ以外は自分の使用用途ではメリットは一切無いので何とも言えません。
できれば電子先幕後幕シャッターに設定した場合にバルブも使えるようにして欲しい。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

GENGARさん

  • レビュー投稿数:136件
  • 累計支持数:789人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
48件
11件
デジタル一眼カメラ
11件
1件
カメラバッグ・リュック
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種何気ない写真でも、高精細だと気持ち良いです
当機種感度を上げてもクリアな描写で驚きました
当機種ダイナミックレンジも広そうです

何気ない写真でも、高精細だと気持ち良いです

感度を上げてもクリアな描写で驚きました

ダイナミックレンジも広そうです

自身の大まかなカメラ遍歴としてCanon一眼レフ→マイクロフォーサーズ→フジXシリーズと流れ、ここでフルサイズへと戻ってきました。

【デザイン】
シンプルなデザインで好みです。
もう少し尖ったデザインも良いかなとは思いますが。

【画質】
素晴らしいです。
2000万画素級までのカメラしか使ったことがなく、そこからの倍増は圧巻でした。
画素数競争にはどちらかと言うと冷ややかな感情を持っていましたが、
しっかりとした性能を持つ高画素機は良いものですね。

【操作性】
設定できる項目が多く、なかなか慣れません。
頻繁に変える設定はボタンに割り振るなり、Fnで呼び出すなり出来るので
大きな不満はありません。
メニューのタッチ操作ができるようになると良いのですが。

【バッテリー】
大型のバッテリーで、これまでのミラーレスにはない安心感があります。
このくらい持ってくれれば不満はありません。

【携帯性】
フルサイズミラーレスとしては優秀かなと。
レンズが大きいので、システム全体としてはそれなりでしょうか。

【機能性】
暗い状況でのAFにはまだまだ不満、不安があります。
明るい状況においてもしばしばピント小外し、たまに大外しすることがあり、
ちょっと気を許せない感じはあります。
手振れ補正については優秀と感じます。

【液晶】
普通に見やすい液晶です。

【ホールド感】
グリップはもう少し大きくても、と思いますが、個人差もありますしね。
レンズは最大で70200GMを使っていますが、特に不満はありません。

【総評】
AFまわりの不満はありますが、出てくる絵に関しては何の文句もない優秀なカメラです。
新たな世界を見せてくれた一台で、これまでの機材をすべて処分する決断ができました。
その後購入したα9との使い分けで不満をカバーし、じっくり撮影するときの
頼れる相棒として活躍しています。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Leo_Mさん

  • レビュー投稿数:45件
  • 累計支持数:1033人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
21件
0件
デジタル一眼カメラ
6件
2件
デジタルカメラ
3件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

■前提条件
□対象者
初心者〜複数台所有利用数年程度の中級者
□利用シーン
人物、ペットなどの動体
街歩きスナップ
風景・建築物
□嗜好
解像度重視であり、シグマArtや
フォクトレンダーのApoLantharが好み
□後行程
現像前提でありJPEGはあまり重視しない
□静止画動画
動画はまったく撮らない。静止画のみ

■所感
発売から二年以上経過、画質や使い勝手等のレビューは出尽くしており、価格comで☆4-5個つけている方のレビュー通り。あとは個人の用途や予算次第で評価のとなり、私個人としては☆5個の最高のミラーレス一眼

■デザイン
モノを購入するとき、意思決定の一定割合はデザインで決めるだろう。αシリーズが売れてることは、定量的にこのデザインが受け入れられてる証左であり、私自身は、α7S、α7U、α7RU、α7Vも購入してるので慣れもあり、今となっては好みです

■画質
基本的にレンズ依存、ArtやApolantharを活かせるのは高画素の本機あるいはα7RWしかない。一方、高感度耐性はα7Vには敵わない、この点は購入前に理解しておくべき

色合いは、他社(個人としては直近フジくらいしか使ったこと無い)と比較するとブルーよりであっさりしてるようだが、現像前提なので無問題

■操作性
SONY機を複数利用した結果、メニュー構成を殆ど暗記しているため慣れれば問題ない(動画は例外)。カスタムボタンに何を割り当てるかは撮影者の目的によるが、個人的にはフォーカスエリア、フォーカスモード、測光、WB、瞳AF、APSC切り替え、Disp、ISO、ドライブモード、サイレント撮影、あとはコントロールホイールにクリエイティブスタイルで遊んでいる

■AF性能
おそらく他社のミラーレス機種よりは、といってもフジのX-T3くらいしか使ったこと無いが、瞳AFの合焦率は圧倒的に高いと思われる。ただ、同じSONY機で比較すると、α9どころかα7Vにも勝てない、特にペット撮影で瞳AFする際の合焦率で負けている点は高画素機のトレードオフと思い使い分けるしかない

■レンズ
フルサイズミラーレス一眼でマウントアダプター無しでレンズ販売種類を比較すると、他社よりも多様性あるレンズ群となっており一通りの要素は満たせるはず。GM、G、Batis、Loxia、シグマ、タムロン、フォクトレンダーなど、都合25本前後買ったり売ったりしており飽きずに楽しめている

■注意事項
☆5個でおすすめの機種ではあるが、レンズ沼がまっているため、相応の予算もセットで考えておいた方がよい

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

BE FREEさん

  • レビュー投稿数:99件
  • 累計支持数:558人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
24件
396件
デジタルカメラ
10件
46件
レンズ
23件
26件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

フルサイズのミラーレス機はα7初号機でスタートして、キャッシュバックにつられて半年でα7Uに買い替え、また約半年でα7RUに変えました。

RUの4000万画素は風景撮影では、葉1枚まで解像してくれて満足してました。

それまでは最終目標はα7Vでしたが、4000万画素も捨て難く、だんだんとα7RVに最終目標が変わって来ました。

【デザイン】
基本的にα7U以降は同じデザインかな?と思っています。

【画質】
RUから引き継いだ4000万画素は2000万画素クラスとは違ってかなり解像してくれます。VにせずにRVにした理由も4000万画素が欲しかったからです。

【操作性】
操作系も特に大きく変わっていませんが、シーンセレクトが無くなってます。夕日撮りの時はホワイトバランスを変えるのにシーンセレクトは便利だったので残念です。

【バッテリー】
格段に良くなりました。バッテリーチャージャーも付いて便利です。

【携帯性】
今までのαシリーズ同様、高性能でコンパクトです。

【機能性】
機能的にも満足です。

【液晶】
液晶、ファインダー共に少しですがRUより高詳細になってます。特にファインダーはかなり見やすくなりました。

【ホールド感】
初号機以外は基本的には同じで持ちやすいです。

【総評】
画質は7RUでも充分でしたが、AFの速さ正確さ、たまに使う連写スピードに不満がありました。RUの不満のほとんどがRVで解消されました。AF性能だけ見たら7Vの方が上かもしれませんがトータル性能は間違いなくRVの方が高性能です。このカメラとは長い付き合いになりそうな気がします。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ありゃいんさん

  • レビュー投稿数:91件
  • 累計支持数:998人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
22件
369件
スマートフォン
17件
86件
デジタルカメラ
1件
69件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
機種不明
機種不明
機種不明

機種不明
機種不明
 

 

7III発売と同時に、6DMKIIからα7IIIへ入れ替えました。
その後、7IIIの厚みのある画像とは裏腹に繊細な7RIIIの高画素画像と高品位なファインダーが気になりはじめ、キャンペーン終盤に入れ替えを来ない現在に至ります。

私の被写体は山にまつわる自然風景全般です。
縮小画像を数枚サンプルでUPしてみました。
撮影地は白馬大池と北八ヶ岳です。

【デザイン】
ソニーの定番形状となりました。
リュックに入れる際は6DMKIIと比べ凹凸が小さく収まりがいい感じがします。
充電端子カバーははめ込み式で使いにくく、α6500のようにヒンジにしてほしいところ。
この形に慣れてしまい、斬新さに欠けるところが難点かもしれません。

【画質】
文句なしに素晴らしい。
Dレンジの広さは6DMK2とはあまりに違いすぎて驚くほどです。
7IIIとの差はあまり感じませんが、αシリーズ全般に広いDレンジは夕景を撮影する際に身をもって感じる部分。
その半面のっぺりしやすいとも感じていましたが、7RIIIの画素数のおかげで立体感のを感じられる仕上がりです。

【操作性】
αのそれですが、年々改良されています。
最高に使いやすい、とは言えませんが、慣れれば十分使えるレベルになっています。

【バッテリー】
Zバッテリーは素晴らしい。
未だ完全にカラになるまで使っていません。
一泊の登山では2個+ポータブルバッテリーを持っていけば十分です。

【携帯性】
フルサイズゆえにレンズと一緒だと小さくはありません。
6DMK2と大差ないと感じます。
多少軽さはあるわけですが、ミラーレスの利点である小型軽量といったメリットは感じられません。

【機能性】
もう十分ですね。
これ以上の機能は不要なので、安価に振った機種を出してもらえると嬉しい。
瞳AFの威力のおかげで、人物撮影でAF-Cを積極的に使うようになりました。

【液晶】
特に問題はありませんが液晶の消費電力をもっと下げられたらと切望。

【ホールド感】
7IIIと似た感じですが、私は手のひらが小さく指が長いので、たいていのカメラにおいてホールド感に問題は感じません。

【総評】
ソニーの集大成といっていい機種です。
すでに新型が出てしまったとはいえ、ミラーレス以前を思えば、とてつもない進化を果たしていることに気が付きます。

高感度も問題なく使えて、連写もできる。
瞳にAFが追従、しかも自動です。
4K動画など、すでに当たり前の機能となりました。

欲を言えば、もう少しバッテリーの寿命が長ければとか、センサーにごみが付きにくくなれば等々欲は出ます。
でも、バッテリーはUSB充電が解決してしまうし、清掃は自分でもできることなので致命的な問題は見当たりません。

これは長く使えるカメラになりそうです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった24人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぶいたんさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:332人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
296件
ゲーム機本体
2件
181件
自動車(本体)
0件
123件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性2
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
機種不明左標準RAW 右NRオフ 
機種不明単発撮影と、PSM撮影ノイズ比較
機種不明PSMx4枚コンポジットと単発1枚比較

左標準RAW 右NRオフ 

単発撮影と、PSM撮影ノイズ比較

PSMx4枚コンポジットと単発1枚比較

機種不明左 標準  右 シャープネス弱め
当機種間違ってJPEG撮影してたのをレタッチ
当機種見よう見まねの新星景(下手くそ)

左 標準  右 シャープネス弱め

間違ってJPEG撮影してたのをレタッチ

見よう見まねの新星景(下手くそ)

普段はEOS 6Dを使っていますが、子供の運動会撮影と動画撮影、趣味の風景撮影をこなす一台はこれしかありません。
去年購入したので今はa7R4が出ておりますが、あちらの方がクロップ時の2600万画素になるため実用的には向いています。
a7R3は1700万画素のためA3印刷時の4200万画素印刷時とのギャップが大きいです。
価格が大丈夫な方はa7R4をオススメします。
以下は実際にスチルメインでa7R3を一年使用した感想です。

<発色・画質・解像度>
ソニー独特の色設定で、キヤノン、ニコンからするとブルーが強く人肌は冷感、風景青空は澄み渡る様な綺麗な青空です。
星景撮影などでレタッチを煮詰めて行くと、ブルー、マゼンダの色がキツイです。

圧倒的解像度をユーザーに体感させるためか、デフォルトRAWではのシャープネスが強い傾向です。
風景やポートレートではそれほど困ることが無いのですが、夜景や星景撮影の場合、シャープネスが星の色を飛ばしてしまう傾向があります。
LrやPsに入れる前にソニーオリジナルのEditアプリで若干シャープを弱める事で星の色が若干出す事は可能ですが、少し手間がかかる感じです。

高感度耐性ですが、この4200万画素センサーはカラーノイズが非常に強く出る傾向があります。その為か標準設定RAWの場合カラーノイズリダクションが非常に強くこれが星空撮影ではシャープネスの影響もありa7R3の星空の発色は滲みが少なく白い点だけになり、ちょっと強調するとあっさりと星の色が死んでしまう感じが否めないです。
Editでシャープネスを弱めるか、ソフトフィルターで周りのピクセルに滲ませる事で対応出来ますが、この高画素機でソフト処理するのは精神衛生的に良い気はしないですね、面倒くさいですし。笑

ピクセルシフト撮影をするとセンサーノイズが改善されます。星空撮影の場合ポータブル赤道儀できっちり追う事でこのカメラの本領が発揮されます。
ピクセルシフト時に被写体ブレを起こすと、異次元への扉のようなノイズが発生するのと、撮影が悪いと卍模様が出てしまう所が気になります。
バッチリ決まった時の解像力は半端なく、このカメラの醍醐味でしょう。
ただ、レタッチ経験者なら”絶対いらん処理してるだろこのカメラ”と思わせるほどノイズリダクションの効いたRAWを出すのは後々面倒臭い。
個人的な感想ですが、素のRAWを見る限り他の方が絶賛するほど高感度耐性が高いとは感じません。

当たり前ですが、十分な光量がある環境で低ISO撮影ならかなり高精細な写真が得られます。
本体は無改造ですが天の川の色は気象条件がよければまぁまぁ出てくれる感じです。(当たり前ですが)
キヤノンセンサーでは全くで色が無いような所にも30秒程度の露光でもしっかり情報が残っているのは流石だと感じます。

<AF性能>
MC-11に対応レンズと、非対応EFレンズでの使用ですが、AF速度は高速でCANON一眼レフ並みのスピードで合焦します。
瞳AFも機能しますが、精度に関しては被写体の大きさに左右されます。
ISO1600程度からの高感度時はかなりディティールが甘くなる為集合写真などの場合はISOを上げ過ぎない注意が必要です。
非対応EFレンズでAF-C(メーカーはNG出してる)は一応動きますが、レンズーカメラ間で通信エラーが出るのか、カメラが10秒程度ハングアップするタイミングがあります。(特にAF枠が出ていると時)加えてAFが全く合焦しなくなる事がたまに起こるので、その場合はMFでフォーカスをアシストするか、電源入れ直しで復帰します。キヤノンEFレンズ使用時には注意が必要です。
ただ、そのリスクがあってもAFが早いのと瞳AFの効果で非常に撮影が楽です。(物足りない間はありますが)
本領発揮するならソニー純正でしょう。MC-11経由はあくまでお遊びだと思って良いと思います。

<バッテリー>
普段撮影する場合ならそれ程感じないのですが、AF-C、撮影効果ON、高感度撮影時は消耗が早く感じます。
2個あると安心出来ます。

<操作感・重量感>
メニューがカオス、お気に入り、カスタムボタン4つをいかにカスタマイズするかが鍵。
お世辞にも良いとはあまり言えないのが現状です。
メニュータッチ操作が出来ないのも理解に困る。

ボディ自体は軽い為、200g程度のレンズならソニー純正ストラップSTP-WS2(MAX850g)で間に合うのは絶大な機動性を誇ります。
個人的a7R3+MC11+EF135F2ですが、基本ボディを持っているので今の所大丈夫(真似しないでください)
ボディ自体軽いですが、装着するレンズによっては重心が前に移動しすぎ先重りが発生、1日撮影すると眼レフの方が疲れにくい(特に手首)事も事実あります。

<ボディ内手ぶれ補正>
所有のEFレンズやシグマARTなどの非ISレンズがIS付きになる事で撮影シーンが広がりありがたい。
今までEF100F2.8L ISで撮影していた場面で135mmが使えるのはもはや革命。

性能は良いのですがバランスが悪い点も多くもう少し改良が必要だと感じます。
高速連写も流石ソニーだと思いますがメモリ書き込み時間からの操作制限とフル連写すると容量が枯渇するので意図的にMidかLoに落とした方がバランスは良いと感じます。α7Vとの差別化もできますし。

ノイズ比較とイカ釣りついでに撮影した天の川アップしてみます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

辛口整備士さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
2件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感3
機種不明街頭にクモの巣張ってるのも、拡大すると写ってたΣ(*゚Д゚*)
   

街頭にクモの巣張ってるのも、拡大すると写ってたΣ(*゚Д゚*)

   

ミラーレス、フルサイズ縛りで選定していました。
CanonのRFと迷いましたが、コンパクトなボディとミラーレスの先駆けって事でSONYになりました。
他に重きを置いていたのは、センサーの感度も有りました。
この辺りは、買って成功と満足しています。
旅行にも持って行きましたが不満なしです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
夜景
室内
その他

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

TXXさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
4件
レンズ
5件
1件
デジタルカメラ
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶3
ホールド感3

【デザイン】
決して良いとは思いませんが、他社も良くはありませんね。

【画質】
通常はここまでの画素数は必ずしも必要ありませんが、
APS-Cモードで1800万画素を確保するためと思えば必要かなと。
ノイズやダイナミックレンジの面で高画素が不利に働いていない点も○

【操作性】
メニュー項目は多いですが、マイメニューにまとめれば問題ありません。

【バッテリー】
フルサイズミラーレス随一のスタミナです。

【携帯性】
他社が参入するまではレンズが大きいなど言われていましたが、
いざ参入した他社はソニー以上に大きく重いレンズを連発。
結局システム全体で考えるとソニーが一番良いと思います。

【機能性】
後発の他社に見落としないどころか上回る部分さえあり、
ソニーの技術力の高さと先行したアドバンテージを感じる部分です。
α7シリーズの中でも一定の完成を見たモデルだと感じます。

【液晶】
EVFはくっきりしていますがコントラストが高すぎる傾向があり、
もっと自然な画を望みます。

【ホールド感】
小指余りを横位置撮影では感じませんが、縦位置では感じます。
この点ではR IVに魅力を感じます。

【総評】
他社の40万円弱のモデルに匹敵する内容を備えています。
R IIIの完成度が高いためR IVはマイナーチェンジとしか思えません。
この内容で20万円台はお買い得だと思います。
IIIを買うならもう少し奮発してこのR IIIをオススメしたいです。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
室内
その他

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とびしゃこさん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:752人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
63件
626件
デジタル一眼カメラ
10件
581件
デジタルカメラ
0件
39件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感3
当機種1. FE16-35ZA (16mm, f8, PL フィルター)
当機種2. 24GM (f1.4, 8sec ISO3200、コマ収差ほぼなし)
当機種3. FE 35 f1.8 (f3.2)

1. FE16-35ZA (16mm, f8, PL フィルター)

2. 24GM (f1.4, 8sec ISO3200、コマ収差ほぼなし)

3. FE 35 f1.8 (f3.2)

当機種4. Sigma 45 f2.8 DGDN (f4)
当機種5. FE100-400GM (400mm, f5.6, APS-C クロップ)
当機種6. LA-EA4+AF50 f3.5 macro (f3.5)

4. Sigma 45 f2.8 DGDN (f4)

5. FE100-400GM (400mm, f5.6, APS-C クロップ)

6. LA-EA4+AF50 f3.5 macro (f3.5)

購入して1年ほど使った印象です。

【デザイン】

α7Sから使っていますが、表面仕上げやシャッターボタン
の位置が変わっていますが、そっけないデザインは変わりません。


【画質】

画質拡大してみても、すっきりしていて、高感度もなかなか
良いと思います。三脚は使わず画質の荒れより手振れや被写体
ブレが嫌なので、ISOオート上限も12800にしています。
Aマウントのα99II(4200万画素)を使っていたためか、
第3世代では自然にα7RIIIへと流れつきました。

他社ユーザーからソニーの肌の色は難ありとの指摘もあり、
確かにそのように見えることもあります。その昔ポートレート
撮影時にCC(色補正)フィルターを使っていた癖で、人を撮る
時はAWB(オートホワイトバランス)の色相軸をマゼンタ(M)
方向に0.5、アンバー(A)方向に0.5ほど微調整し、ピクチャー
スタイルはスタンダードあるいはポートレートモードで撮って
います(微調整した数値は電源オフでも保存されます)。

風景は太陽光ホワイトバランスで補正無し、ピクチャースタイルは
風景モードで撮っています。街の光景は「風景」ではコントラスト
がつきすぎるため、スタンダードモードで撮っています。いずれも
Jpeg撮って出し+露出補正のみの撮影スタイルです。

手振れ補正機能付きの本機ですが、適当に撮影して拡大すると
微ブレで低画質にみえることがあります。本機のシャッター
感覚に慣れるまでは、広角、標準ズーム域の焦点距離でも過信
せずにSモード1/125〜/250秒にして撮ることをお勧めします。


【操作性】

マイクロフォーサーズのG9に比較で操作性は悪く、メニュー
配置も一部謎めいていてたどり着くのに時間がかかります。
使いこなすには、カスタムキー設定が必須といってよいです。

カスタムボタンのC1にAFモード、C2にフォーカスエリア、
C3にホワイトバランス、C4にフル/APS-Cクロップ切り替え、
コントロールホイールの真ん中押しボタンにMFピント拡大、
マルチセレクター中央押下をサイレントモード切替でひとまず
落ち着きました。

「押す間カスタム設定呼び出し」が秀逸で、自分で選んだボタン
を教えている間だけ、事前に設定した機能が呼び出され、カメラが
「変身」します。ボディを握っているときに親指で最も間違えずに
押しやすい位置にあるAF-ONボタンに、「シャッター優先オート、
シャッター速度1/500秒、ドライブモードは連続撮影、露出補正
-0.3段(単なる好み)、ISOオート、測光はマルチ、フォーカス
モードはAF-C、フォーカスエリアはゾーン、AFオンは、する」
を設定しています。

これでAやPモードの1点AF、単写でスナップ撮影中などでも、
子供が走ってきた、猫が歩いてきた、鳥や飛行機が飛んできた、
などのシチュエーションでAF-ONボタンをとっさに押してゾーン
AFのAF-C表示(合焦を表すAF枠が被写体上にちらちらする)
が現れたら、あとはシャッターを押して連写するだけで、大きな
失敗のない動体写真が取れます。まさに一瞬の切り替え技で、
速射性が増すため、この機能を非常に気に入っています。


【バッテリー】

手持ちではペンタックスK-1などのレフ機にはかないませんが、
α7Sやα7II用のNP-FW50から新型のNP-FZ100に変わって、
バッテリー切れのストレスは大幅に減りました。残り6%などの
表示でもまだもう一押し撮影でき、車内や休憩時に交換の間が
もてるようになりました。


【携帯性】

ボディは572gとα7S比で130gほど重くなりましたが、
手振れ補正機構搭載のためで、納得の重量増です。


【機能性】

AFはG9のような劇速AFではありませんが慣れてきました。
高画素機できちんとAFを合わせないとピンぼけ、手振れが
目立ちますので、静物はAF-Sで1点AF、動体はゾーンAF
または瞳AFでAF-Cにしています。

手振れ補正は5.5段分とのことですが、高画素のせいか拡大で
微ブレが目立ちます。G9の6.5段、E-M1mkIIの5.5段、K-1
の5段に比べて補正能力が弱く感じます。感覚的に3-3.5段
ぐらい?でしょうか。

AF-S,AF-Cともにシャッターボタン半押しでできる瞳AFは
とても便利です。秒10コマで一般的には十分な高速連写です。
サイレント撮影でも秒10コマ連写ができます。フリッカーレス
撮影可能で一応?防塵防滴です。


【液晶】

うまく撮れたかのピント拡大用として特に問題を感じていません。
EVFはきれいです。室内等の暗い状況で絞り気味の時のAFに伴う
画面のぎらつき(一瞬の白飛び)が気になることがありますが、
露出補正やホワイトバランス、ピント拡大確認、暗所でのみやすさ
などEVFならではのメリットを感じます。


【ホールド感】

コンパクトで携行性はよいですが小指が余ります。望遠使用時は
純正の延長グリップを付けています。


【総評】

風景、人物撮影に適したαEマウントのフルサイズ機です。
手振れ補正搭載のフルサイズ機として、軽量コンパクトで
携行性が良いです。1800万画素のAPS-Cクロップモード
も実用性十分です。

AFや連射も一定の水準をクリアしており、サイレント
撮影のスキャン速度も実用的な1/30秒程度を確保して
連写にも対応しています。

手振れ補正はやや弱く感じます。いいレンズのはずなのに、
AやPモードで画質が甘く感じる場合、まずSモードで
1/250秒あたりで試してみられるとよいと思います。

また、手振れ補正を生かした?ゴミ取り機能は超音波振動
のマイクロフォーサーズ比で今一つの印象で、粘着性でない
目視レベルのゴミも落ちず、ブロアを持ち歩いています。

素の操作性はよくありませんが、世代ごとにカスタムボタン
の数も増えてカスタムキー登録と「押す間カスタム設定
呼び出し」機能のおかげで、撮影時のストレスは大幅に
減りました。

最近は35/1.8や85/1.8、24GM、シグマ45/2.8などの
コンパクトで描写が良く、AFの速いレンズも増えて
きたため、楽しんで使えています。

比較製品
パナソニック > LUMIX DC-G9 ボディ
SONY > α7S ILCE-7S ボディ
SONY > α99 II ILCA-99M2 ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HIEN_さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:204人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
0件
デジタル一眼カメラ
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

α7Vで初めて(ミラーレス)一眼を手に取り、それから二ヶ月目で本機を手にとったもののレビューです。導入するレンズの高級化に伴い、24MPではそのポテンシャルを発揮できないのではないか。美しい階調を見てみたい。42MPならクロップ18MPだから実用的だ。などの判断から誘惑に敗北し購入しました。RW直前の時期です。この観点から言うとRWを買ってもよかったんですが、40万はきついかな……。キャッシュバック込みで新品24万程度でした。少し学んだ今なら、中古で19万台で並んでいますから、こっちで買ったかもしれません。Wについてはクロップで28MPだから凄まじいパフォーマンスなので、憧れなくもないですが、もし新機種を導入するならRXかな、と思っています。

これはあくまでも今回初めてミラーレスを手に取る人向けの意見になります。たまーに厳しい意見が並んでいますが、写真撮影しかしないというのであれば、RVがオススメで満足という感じがします。特にGMレンズを使って撮影した際の階調の出方や細部の拡大での確認をすると、実に42MPの強さを感じました。しかし動画機能が気になったり、レンズをそこまで調達していなかったり、そこそこ高感度耐性も欲しいという感じであればα7Vが安定です。本当はフルサイズの24MPがそんなに悪いものではないということはこの18年くらいのデジタル一眼カメラのスペックの歴史を考えれば自明です。私は流されてしまいました。またレンズ資産という点では、後から軽快なAPSC機を導入したときに使いまわせたりなどの特典もあります。率直に言えば、いまミラーレスで一番勢いがある機種は、α6000周辺のAPS-C系のどれかと、α7Vです。ほかは大衆的にはどうでもいいレベルですね(出たばかりなのでRWが騒がれていますが)。

αから入った人にとっては操作性はほとんど苦になりませんね。電池持ちも通常用途なら一日十分持ち、もう一個予備にバッテリーがあればほとんど安全です。VとRVの大きな違いはEVFの画質で、Vは悪いとされていますが、RVは及第点です。ホールド感については小指余りの小ささが逆に問題視されていますが、私は逆にこれで丁度いいという意見です。一眼レフから移ってきた人に特有の文句かな、と思います。

RVはハイエンド機なので、軽量のミラーレスなのにという気持ちはありますが、レンズがごつくなるのは仕方ないかなと思います。(装備によっては軽く運用できるポテンシャルがある、というだけですでに優秀ですね。)というかスポーツとかの現場ではなくコマーシャルなどの現場ではα9ではなくRVと無印V(!)が利用されています(『COMMERCIAL PHOTO』誌などを参照。一眼レフではCanonのシェアが高かったはずです。)から事実上のフラッグシップですね。シャッター回数などの耐性もVに対して二倍以上が想定されているので、写真を取るという目的ではやはり多少割高でもRVがオススメです。一

他社との兼ね合いでみると、もともとレフを使っていた人がそのメーカーを選ぶ傾向が見えます。しかし、そうでないのならば、ニコンのZ6〜Z7や、CanonのEOS RPなどを選ぶ必要はないし、あまり選んでいる人も目立たないなという印象です(特にCanon)。しかしLUMIX S1Rは凄そう。またAPS-Cだが富士フィルムのX-Tも存在感がある、という印象を持っています。とはいえ入門者としては情報も選択肢も多いSONYミラーレスを選ぶのは丸いな、と思いますし、プロでも使用者が多いのは依然として事実です。

SONYのミラーレスは解像度が高く見たままの描写をするということで、知人のプロカメラマン(レフ機ではCanonを使用)も高評価をしていましたが、最近自分も目が肥えてきて、自分の見たものとEVF上の発色がかなり違うということに気づいてきました。いつもということではないですが、彼岸花を撮っていたときに、目でみたときの朱色が、どうホワイトバランスや撮影モードをいじってもEVF上では再現できない。レタッチで対応するしかないですが、これは弱みだな、と思いました。この弱みをフォローするためにS1Rや富士フィルム機を持つのはありえることだと思います。もっともそこまでの余裕はないので私はそこは諦めてレタッチで対応することを決めましたが、たとえばスマホのカメラなどで保存しておくと違いがわかりやすいこともあるでしょう。これを持って画質の評価を☆3にすることもありえなくはないですが、他の能力を考えると☆3というわけにはいかないので、☆4です(☆5には至らない)。ただ、よく言われていることですが、デフォルトの発色は限界があるのだ、ということはここで私も述べておきたいと思います。

手持ちのR3はリセールバリューがそこそこのうちを狙って売り払ったりせず、大事に使っていこうと思っています。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

みのぷうさん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:683人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
33件
レンズ
4件
23件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

【デザイン】
筐体はα9と同じものと思われます、
左肩にドライブモードダイアルがないだけです
ただし、連射してバッファに書き込み待ちの時
7R3で連射スピードを変えたいなというとき
ダイアルの左で操作するわけですが
α9だと物理ダイアルなので変更可能ですが
7R3では、メニューなどほとんどの操作が待たずに可能ですが
ドライブモードだけが待たされます
グリップの厚みや、全面パネルとの一体化による
しっかり感などはα9と同様です
【画質】
パソコンの32.5インチ、IPS4Kディスプレイで見る限り
α9と比べあまり差はありません
ここぞとツボにはまった時の画質は7R3のほうがいいですが
AF-Cで連射してOKカットを比べると
α9のほうが倍撮れますし、眠さのない写真が量産できます
ホワイトバランスオートで雰囲気優先が選べるのが
7R2からの改善点ですが、α9も7R3も生き生きとした絵がとれます
【操作性】
カスタムボタンの追加によるAF-onボタンとAELボタンの分離
左肩にC3ボタンの追加はα9、7R3同様です
タッチパネル搭載も同様ですが、
7R3はタッチパッド機能が追加されています
タッチパッドは6500から搭載ですが操作感は向上しています
電源ボタンと動画ボタンの操作感がα9のカチッとした感じから
7R3のヌルっとした感じに変更されています
ジョイスティックの搭載もα9と同様にヌルヌルうごきます
α9と同じく、SDカードスロットとSD/MSカードスロットの
2つのメディアスロットを搭載しています
【バッテリー】
7R2までのNP-FW50型から、
2倍以上容量アップしたNP-FZ100型に
変更されたのはα9同様
α9から若干撮影可能枚数が増えてます
【携帯性・ホールド感】
フルサイズレンズ交換式カメラとして
ボディー内手振れ補正付ではこれ以上小さく作れない
のではないかというほど、小型軽量携帯性は素晴らしい
【機能性】
何と言っても、フルサイズ有効約4240万画素の高解像で、
AF/AE追随10コマ/秒高速連写をこのサイズで実現しています
また、常用ISO感度を最高ISO32000まで高め、
ISO100-32000(拡張ISO時の下限50、上限102400)の
幅広い感度域でノイズの少ない絵が手に入ります
高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを新たに搭載し、
手ブレ補正アルゴリズムを最適化することで、
5.5段の補正効果を実現しています
飛び道具の機能で、ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御し
イメージセンサーを正確に1画素分ずつずらして計4枚の画像を撮影
約1億6960万画素分の膨大な情報から、解像感に優れた
1枚の画像を生成するピクセルシフトマルチ撮影が可能です
蛍光灯などの人工光源の点滅によるちらつき(フリッカー)を検知し、
フリッカーによる影響が少ないタイミングで静止画を撮影できます
フリッカーレス撮影はEマウントボディーでは、初搭載です
【液晶・ファインダー】
Quad-VGA OLED Tru-Finder(トゥルーファインダー)をα9と同じく搭載
約369万画素の圧倒的な解像度、忠実な黒を高いコントラストで再現します
約144万ドットの大画面3.0型液晶モニターを、α9と同じく搭載し
液晶モジュールにはRGB画素にW(白)画素を加え、
屋外でも明るくクリアに見えるWhiteMagicディスプレイを採用しました
【総評】
α9と比べて格段に高画素にもかかわらず、カメラとしての動きが
実に軽快で気持ちよく撮影できます
起動時間などはα9と比べて同じか若干テキパキした感じ
風景を撮るときにメカシャッターで3枚ブラケットを多用しますが
α9で電子シャッターにした時と同じくらいの撮影間隔でブラケットできます
7R3ではサイレントシャッターになってしまい電子音ならせませんが
α9ではメカシャッターでは若干反応が鈍いです
シャッター音はα9のメカ>7R3のメカ>α9の電子の感じで
官能的なのはα9のメカシャッター音です
総合的に見て、20連射がいらない、高速なコンティニアスAF使わないならば
画質もよくトリミングも可能な7R3がまとまっていて使いやすいかと思います
値段は別として、α9がプロ向きで初心者が扱いずらいかというと
それは逆で何も考えずにオートで撮った時いい結果出せるのはα9かと
やはり4200万画素はそれなりにデリケートだし
ただし、ツボにはまった時の画質、ピクセルシフトマルチ撮影が可能
な点は7R3に軍配が上がると思います

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった41人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ホーリー28さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
62件
レンズ
0件
5件
雲台
0件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質4
操作性2
バッテリー2
携帯性3
機能性2
液晶4
ホールド感4

【デザイン】
個人的な好みがあるが、良くも悪くもなく普通でしょう。

【画質】
4000万画素オーバーは良いが、高感度耐性は良いとは言えない。ISO:3200以上はノイズ多く使う気になれない。
スターイーター問題も解決しているとは思えない。
高感度耐性については、APS-CのNikon D7500も使用しているが実感として大差ない。画素数が倍以上の為、印刷物やモニター上ではノイズが目立ちにくいというだけ。

【操作性】
お世辞にも良いとは言えない。特にレンズ交換のボタンがグリップとレンズの間にあるのが使いずらい。
ボタンが少ない為かメニューのネストが深く、目的の項目を探すのが大変で諦めるか、シャッターチャンスを逃す時がある。
意味不明なメニュー設定がある。例えば、リアレゾのシャッター間隔って電子シャッターだから必要なくね?
ちなみに、オリンパスのハイレゾの設定には、その様な項目は無く、明らかに電子シャッターで連射している。

【バッテリー】
まだまだ短い。
オリンパスOM-D E-M1 MarkUとNikon D7500とILCE-7RM3を3台並べて星景写真を同じように撮っていると、ダントツで最も早くバッテリが無くなる。

【携帯性】
ボディは軽くコンパクトだが、純正レンズが大きく重いものが多く、結果システム全体でみると携帯性の優位は、ほとんど感じない。
携帯性を考慮するとシグマ以外のサードパーティ製のレンズにするか、単焦点レンズにするしかないだろう。

【機能性】
PlayMemories Camera Appsに対応していないだけでなく、他メーカーにあるような多重露光,比較明合成と言った画像処理機能が無さすぎる。
当初、インターバル撮影機能も無かったため、コントローラーを買ってしまった。
リアレゾは、静物には使えるが風景撮影には向かない。しかも、カメラ内で合成が出来ない。
手ブレ補正も、実感としては2段程度で、本当に効いているのかと思うことがある。
値段の割に、防塵・防滴性能が保証されていないので、天気の良い日しか持ち出せない。
特に、センサーにゴミが付きやすく、レンズ交換する時は要注意である。屋外でセンサーのゴミ取りを行わざるを得ない時がある。
また、RAW現像時にも必ずゴミ処理を行う必要がある。従って、他メーカー品に比べると生産性が良くない。
オリンパスやNikonを長年使用してきたが、センサーのゴミに悩んだ経験が殆どない。

【液晶】
良く見える方だと思う。
特に、電子水準器の視点が1か所で、夜間も見えるのが良い。
ちなみに、オリンパスとNikonは、水平と垂直が分かれていて、手持ちでは水平と垂直を同時に合せるのが難しい。
背面液晶は、1軸可動式なので、縦位置にした時がつらい。

【ホールド感】
良い方と言える。

【総評】
一口にいうと、値段の割にコスパが良くないし、ゴミ処理が多く生産性が低い。
室内撮影ならゴミ問題は少ないだろうが、耐環境性が低いし風景撮影でプロは本当に使っているのか疑問というレベル。
PIXTAにアップすると、ゴミを指摘されることが多く、ゴミ処理をして再度アップするケースも多い。すなわち手間暇がかかる。

PlayMemories Homeが、moddファイルを作成するのもウザイ。定期的に削除している。

ソニーEマウントレンズは2本しか持っていないし、最近ではSony製品からの撤退も考えている。α7SUの後継機待ちです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R III ILCE-7RM3 ボディ
SONY

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

最安価格(税込):¥288,609発売日:2017年11月25日 価格.comの安さの理由は?

α7R III ILCE-7RM3 ボディをお気に入り製品に追加する <2405

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意