α7R III ILCE-7RM3 ボディ レビュー・評価

2017年11月25日 発売

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

  • 35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載した、上級向けのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを新たに搭載。手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.5段の補正効果を実現する。
  • スーパー35mmフォーマットで高解像度4K動画の本体内記録が可能。4Kの記録フォーマットにはXAVC Sを採用している。
α7R III ILCE-7RM3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥277,769

(前週比:-231円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥277,952

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥195,800 (50製品)


価格帯:¥277,769¥405,370 (51店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥277,771 〜 ¥362,868 (全国12店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:572g α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

α7R III ILCE-7RM3 ボディSONY

最安価格(税込):¥277,769 (前週比:-231円↓) 発売日:2017年11月25日

  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

α7R III ILCE-7RM3 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.52
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:126人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.05 4.52 55位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.72 4.54 16位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.91 4.29 45位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.36 4.15 17位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.54 4.26 17位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.47 4.41 23位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.42 4.33 21位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.91 4.42 46位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

とびしゃこさん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:694人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
63件
384件
デジタル一眼カメラ
10件
374件
デジタルカメラ
0件
22件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感3
当機種1. FE16-35ZA (16mm, f8, PL フィルター)
当機種2. 24GM (f1.4, 8sec ISO3200、コマ収差ほぼなし)
当機種3. FE 35 f1.8 (f3.2)

1. FE16-35ZA (16mm, f8, PL フィルター)

2. 24GM (f1.4, 8sec ISO3200、コマ収差ほぼなし)

3. FE 35 f1.8 (f3.2)

当機種4. Sigma 45 f2.8 DGDN (f4)
当機種5. FE100-400GM (400mm, f5.6, APS-C クロップ)
当機種6. LA-EA4+AF50 f3.5 macro (f3.5)

4. Sigma 45 f2.8 DGDN (f4)

5. FE100-400GM (400mm, f5.6, APS-C クロップ)

6. LA-EA4+AF50 f3.5 macro (f3.5)

購入して1年ほど使った印象です。

【デザイン】

α7Sから使っていますが、表面仕上げやシャッターボタン
の位置が変わっていますが、そっけないデザインは変わりません。


【画質】

画質拡大してみても、すっきりしていて、高感度もなかなか
良いと思います。三脚は使わず画質の荒れより手振れや被写体
ブレが嫌なので、ISOオート上限も12800にしています。
Aマウントのα99II(4200万画素)を使っていたためか、
第3世代では自然にα7RIIIへと流れつきました。

他社ユーザーからソニーの肌の色は難ありとの指摘もあり、
確かにそのように見えることもあります。その昔ポートレート
撮影時にCC(色補正)フィルターを使っていた癖で、人を撮る
時はAWB(オートホワイトバランス)の色相軸をマゼンタ(M)
方向に0.5、アンバー(A)方向に0.5ほど微調整し、ピクチャー
スタイルはスタンダードあるいはポートレートモードで撮って
います(微調整した数値は電源オフでも保存されます)。

風景は太陽光ホワイトバランスで補正無し、ピクチャースタイルは
風景モードで撮っています。街の光景は「風景」ではコントラスト
がつきすぎるため、スタンダードモードで撮っています。いずれも
Jpeg撮って出し+露出補正のみの撮影スタイルです。

手振れ補正機能付きの本機ですが、適当に撮影して拡大すると
微ブレで低画質にみえることがあります。本機のシャッター
感覚に慣れるまでは、広角、標準ズーム域の焦点距離でも過信
せずにSモード1/125〜/250秒にして撮ることをお勧めします。


【操作性】

マイクロフォーサーズのG9に比較で操作性は悪く、メニュー
配置も一部謎めいていてたどり着くのに時間がかかります。
使いこなすには、カスタムキー設定が必須といってよいです。

カスタムボタンのC1にAFモード、C2にフォーカスエリア、
C3にホワイトバランス、C4にフル/APS-Cクロップ切り替え、
コントロールホイールの真ん中押しボタンにMFピント拡大、
マルチセレクター中央押下をサイレントモード切替でひとまず
落ち着きました。

「押す間カスタム設定呼び出し」が秀逸で、自分で選んだボタン
を教えている間だけ、事前に設定した機能が呼び出され、カメラが
「変身」します。ボディを握っているときに親指で最も間違えずに
押しやすい位置にあるAF-ONボタンに、「シャッター優先オート、
シャッター速度1/500秒、ドライブモードは連続撮影、露出補正
-0.3段(単なる好み)、ISOオート、測光はマルチ、フォーカス
モードはAF-C、フォーカスエリアはゾーン、AFオンは、する」
を設定しています。

これでAやPモードの1点AF、単写でスナップ撮影中などでも、
子供が走ってきた、猫が歩いてきた、鳥や飛行機が飛んできた、
などのシチュエーションでAF-ONボタンをとっさに押してゾーン
AFのAF-C表示(合焦を表すAF枠が被写体上にちらちらする)
が現れたら、あとはシャッターを押して連写するだけで、大きな
失敗のない動体写真が取れます。まさに一瞬の切り替え技で、
速射性が増すため、この機能を非常に気に入っています。


【バッテリー】

手持ちではペンタックスK-1などのレフ機にはかないませんが、
α7Sやα7II用のNP-FW50から新型のNP-FZ100に変わって、
バッテリー切れのストレスは大幅に減りました。残り6%などの
表示でもまだもう一押し撮影でき、車内や休憩時に交換の間が
もてるようになりました。


【携帯性】

ボディは572gとα7S比で130gほど重くなりましたが、
手振れ補正機構搭載のためで、納得の重量増です。


【機能性】

AFはG9のような劇速AFではありませんが慣れてきました。
高画素機できちんとAFを合わせないとピンぼけ、手振れが
目立ちますので、静物はAF-Sで1点AF、動体はゾーンAF
または瞳AFでAF-Cにしています。

手振れ補正は5.5段分とのことですが、高画素のせいか拡大で
微ブレが目立ちます。G9の6.5段、E-M1mkIIの5.5段、K-1
の5段に比べて補正能力が弱く感じます。感覚的に3-3.5段
ぐらい?でしょうか。

AF-S,AF-Cともにシャッターボタン半押しでできる瞳AFは
とても便利です。秒10コマで一般的には十分な高速連写です。
サイレント撮影でも秒10コマ連写ができます。フリッカーレス
撮影可能で一応?防塵防滴です。


【液晶】

うまく撮れたかのピント拡大用として特に問題を感じていません。
EVFはきれいです。室内等の暗い状況で絞り気味の時のAFに伴う
画面のぎらつき(一瞬の白飛び)が気になることがありますが、
露出補正やホワイトバランス、ピント拡大確認、暗所でのみやすさ
などEVFならではのメリットを感じます。


【ホールド感】

コンパクトで携行性はよいですが小指が余ります。望遠使用時は
純正の延長グリップを付けています。


【総評】

風景、人物撮影に適したαEマウントのフルサイズ機です。
手振れ補正搭載のフルサイズ機として、軽量コンパクトで
携行性が良いです。1800万画素のAPS-Cクロップモード
も実用性十分です。

AFや連射も一定の水準をクリアしており、サイレント
撮影のスキャン速度も実用的な1/30秒程度を確保して
連写にも対応しています。

手振れ補正はやや弱く感じます。いいレンズのはずなのに、
AやPモードで画質が甘く感じる場合、まずSモードで
1/250秒あたりで試してみられるとよいと思います。

また、手振れ補正を生かした?ゴミ取り機能は超音波振動
のマイクロフォーサーズ比で今一つの印象で、粘着性でない
目視レベルのゴミも落ちず、ブロアを持ち歩いています。

素の操作性はよくありませんが、世代ごとにカスタムボタン
の数も増えてカスタムキー登録と「押す間カスタム設定
呼び出し」機能のおかげで、撮影時のストレスは大幅に
減りました。

最近は35/1.8や85/1.8、24GM、シグマ45/2.8などの
コンパクトで描写が良く、AFの速いレンズも増えて
きたため、楽しんで使えています。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

yuhki2001jpさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:102人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
11件
タブレットPC
3件
7件
デジタル一眼カメラ
2件
8件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感3

7RUを買おうと思いながら早2年、キャッシュバック込みで15万円となったこのタイミング
お値打ち感に惹かれ購入を考えるも、少し冷静に考え最終的に7RVを購入

7RUと比較して、7RVを選んだ決め手はいくつかありますが、よく言われている内容通りです

・ 1段上の高感度 実用3200→6400
・ 1段上の手振れ補正 4.5段→5.5段
・ 1段広い低感度時のダイナミックレンジ
・ 2倍以上のバッテリー寿命
・ 2倍の連射性能 5コマ/秒→10コマ/秒
・ 2倍の動体追従性、AF速度向上、瞳AF精度向上、動物AF対応
・ Wスロット+UHS-U対応
・ 2倍以上の大容量且つ高速なバッファーメモリー搭載 
・ USB Type-Cの採用(高速充電、高速転送)
・ 1.5倍の解像度のEVF 240万→360万
・ 背面モニターの高解像度化とタッチAF採用
・ 画像処理エンジンBIONZ Xの高速化
・ ピクセルシフト撮影機能追加
・ ジョイスティックの採用、カスタムボタン追加           etc

探せばまだ沢山あるのでしょうが、調べた限りこんな違いでした。
現在の7RUと7RVの最安値での比較は約9万円
ただ、例えば2年後下取りに出すとすれば、7RVの下取り価格はおそらく7RUの5〜7万円上だと思います
どうせ2年後には新しいものが欲しくなってるので、実質+4万円以下で堪能できるのならα7RVを買おうと思い購入

画質ほかのレビューは、ど素人が寸評するのもおこがましいので割愛させていただきます
諸先輩方の作例、評価を見てください

比較製品
SONY > α7R II ILCE-7RM2 ボディ
レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
室内

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nsnicさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:201人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
1件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性2
バッテリー無評価
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種動き物も驚くほどしっかり追ってくれました レンズFE24-105mm F4 G OSS
当機種風景写真はド素人 参考になるでしょうか・・・ レンズFE24-105mm F4 G OSS
当機種風景写真はド素人 参考になるでしょうか・・・ レンズFE24-105mm F4 G OSS

動き物も驚くほどしっかり追ってくれました レンズFE24-105mm F4 G OSS

風景写真はド素人 参考になるでしょうか・・・ レンズFE24-105mm F4 G OSS

風景写真はド素人 参考になるでしょうか・・・ レンズFE24-105mm F4 G OSS

【購入の経緯】
CANON EOS5D MarkWにてポートレート撮影をしていますが、ピントが甘いものがチラホラ。
一眼レフはAFポイントが中心に寄っているため、コサイン収差が影響しているのか等考えましたが、やはり私の腕のせいだろうという結論に達しました。
その腕を補うために、AFポイントが広く瞳AFが秀逸と噂の当機購入に踏み切りました。

CANON EOS5D MarkWを1年8ヶ月ほど使用し、新たに当機を追加購入。
そのためCANON EOS5D MarkWとの対比で、レビューコメントを書かせていただきます。

【デザイン】
私は長年使った一眼レフのおにぎり型の丸っこいデザインがいまだに好きになれないため、ミラーレス機の薄型の角張ったデザインの方が好きです。
本来であればFUJIFILM X-PRO2のようなクラシックデザインが好みですが、当機の前衛的なデザインも悪くないと思います。

【画質】
さすが4200万画素、細かいところまでしっかり写し出します。
ローパスフィルターレスのおかげもあってか、画像を相当拡大してみても潰れているところがありません。
色合いに関してはCANONの絵の方が好みですが、RAWで撮ってLightroomで現像するので問題ありません。

【操作性】
当機で一番不満を感じたのがメニュー画面で、CANONのメニューに比べると、なかなか行きたいところに辿り着けません。
CANONは項目別にしっかりまとまっていてそこから掘り下げていく感じ、SONYはまとまりが少ないためページ項目が多くなっています。
ただしSONYの方が調整やカスタムできる項目が多いようです。

【バッテリー】
こちらに関しては、まだ空になるまで使っていないため、無評価とさせていただきます。

【携帯性】
今まで使ってきた一眼レフと比べるのは酷かもしれませんが、とてもコンパクトです。
一眼レフだと、「今日は撮影するぞ」と気合を入れないとカメラを持ち出ししませんでしたが、この大きさならばちょっとした外出にも持っていけます。
ただし、レンズは一眼レフと同等に大きいのがネックです…。

【機能性】
冒頭にも書きましたが、当機を購入した理由は評価の高い瞳AFを体感してみたかったためです。
コレがやはり素晴らしいの一言!
ミラーレス機特有の広いAFエリアを、合焦点の緑のマークが縦横無尽に駆け巡ります。
一度使ってみてください、本当に驚きますよ。

あとミラーレス機は動体撮影に弱いと言われてきましたが、当機では相当追従してくれると思います。
先日富士スピードウェイのホームストレートで、250km/h以上で走行するマシンをAF-Cで追従してみましたが、しっかり追ってくれEVFの遅延やカクツキもあまり気にならなかったです。

【液晶】
CANON EOS5D MarkWの液晶も良かったですが、当機も同等にキレイです。
乗り換えても不満はないと思います。

【ホールド感】
当然一眼レフ機と比べると、ホールド感は落ちます。
しかしホールド性を高めようとすれば、ボディが大きくなり当機の魅力が半減されるので、大きさの割には悪くないと思います。
ちなみによく言われている小指余りですが、私も手が大きく小指が掛かりませんが、あまり気になりません。

【総評】
CANON EOS5D MarkWとの2台持ちは贅沢だと購入をためらっていましたが、瞳AFを使ってみたくなり物欲に勝てず購入に至りました。
結果としましては購入しよかったと思っています。
技術の進歩は目覚ましく、今日ではミラーが無いこのコンパクトで軽いボディで、シチュエーションによっては一眼レフ以上の撮影が可能になりました。
考え方によってはカメラマン(素人プロ問わず)は、OVF=現実そのものではなく、EVF=画像を切り取っているのだから、その出来上がりが初めから予測できるEVFが本来理想の姿なのかもしれません。
α7RVを購入し、ミラーレス機がこのような素晴らしい発展を遂げていると知った今、我々も新しい技術を今以上に受け入れていくべきだと思いました。

SONYα7RVの購入記をブログに書き留めましたので、よかったらご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
https://motorsport-photography.net/under-review-for-purchasing-sony-a7r3/

SONYα7RVで撮影した写真です。参考になるかわかりませんがよかったらご覧ください。
 ↓ ↓ ↓
https://motorsport-photography.net/race-queen_photo_2018-7/

【以下を変更し再レビュー】
メニューの操作性が非常にわかりにくいため操作性を『星3→星2』に変更しました。
画像を追加しました。

比較製品
CANON > EOS 5D Mark IV ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
スポーツ

参考になった59人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kid1002さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:214人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
14件
レンズ
5件
1件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性3
機能性4
液晶3
ホールド感3
当機種
当機種
当機種

当機種
機種不明
機種不明

【デザイン】
Looks like a mix of the ILCE-7RM2 and the ILCE-9. From afar you'll think it's a ILCE-7RM2, but when you look closer you'll see it bears a lot of resemblance to the ILCE-9, though not completely the same. Whether you like it or not, this is probably the way Sony's going to make their cameras in the future.

【画質】
Just like the ILCE-7RM2 but better in every way. Impossibly good dynamic range and great high ISO performance. Lack of an AA filter makes this a beast of a camera in terms of resolution and sharpness.

【操作性】
Finally Sony is creating mirrorless cameras that are on par with other DSLRs in terms of ergonomics & controls. With the exception of the ILCE-9, the ILCE-7RM3 is most likely the best mirrorless camera on the market if you care about control over your camera. Certainly, Fujifilm X Series do a better job at making a call-back to the analogue age of cameras, but Sony cameras represent the future of how cameras should be made in IMHO: better joystick (albeit slower response time than Fuji, damn it), more function buttons, and much better ergonomics.

I do wish the camera is a little taller, though. My pinkie can sometimes hang awkwardly when using long lenses. Also, menu is still a mess.

【バッテリー】
The new Z-type batteries on the ILCE-7RM3 and the ILCE-9 can easily double one's shooting time compared to ILCE-7RM2, which uses the tiny little NP-FW50. Battery performance is now DSLR-like. Well done, Sony.

【携帯性】
This is not a pocketable camera by any means. It's smaller than most DSLRs out there, but still one of the largest mirrorless cameras without a doubt.

【機能性】
I cannot believe Sony took out the APP capabilities that were found on previous alpha series cameras (other than the ILCE-9). This is a soft move that cannot be tolerated.

Besides that, of course, it's a Sony, which means it's jam-packed with all those futuristic features that are both innovative and inspiring. Eye-AF is now fully functional with adapted lenses using the MC-11 and Canon lenses. I tested my EF 35mm F1.4 L II USM and Eye-AF in AF-C totally worked. Native lenses do give users much better performance, still, but I can say that adapted lenses are totally tolerable even in fast-pace shooting situations.

With the addition of 10 fps shooting (with mechanical shutter!), improved AF performance, more accurate AE & AWB, I cannot ask for more from Sony.

I don't shoot movies with my cameras, but the ability to shoot in 4K resolution is nice. One might want to wait for the ILCE-7SM3 though.

【液晶】
Same as most cameras before this. Not good at all. Hard to see under harsh daylight, and colors are not as attractive as on my Canon DSLRs.

【ホールド感】
Meh.

【総評】
THIS IS THE KING OF ALL MIRRORLESS CAMERAS. THE ILCE-7RM3 IS ABSOLUTELY INCREDIBLE.

INSTAGRAM: chiaki_days (https://www.instagram.com/chiaki_days/)
BLOG :https://michaelycis.wixsite.com/home

(Lenses tested: Sony FE 35mm F1.4 ZA, Sony FE 50mm F1.4 ZA, Sony FE 85mm F1.4 GM, Canon EF 35mm F1.4 L II USM, Sigma 85mm F1.4 DG HSM)

比較製品
SONY > α7R II ILCE-7RM2 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
報道
その他

参考になった31人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

jmokさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
24件
レンズ
2件
19件
スピーカー
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性3
液晶5
ホールド感5

初のレビュー投稿になります。

レンズ交換式カメラデビューが6年前のNEX-5N、その後α6300を経て直近ではα6500を1年間で20000枚ほど撮ってきました。このたび7R3を入手、1ヶ月で5000枚ほど、国内での旅行、イルミ、子供の幼稚園の行事と海外旅行で使ってのレビューです。

【デザイン】
この点については特に気にしてません。文句ないです。

【画質】
クリアで文句ないですが、色のりがややあっさり目でしょうか。ただ、これは6500で24F18Zや35F14Zなどの単焦点がメインだったのに対し、最近は7R3では24-105Gや100-400GMをメインに使っているからかもしれません。LightRoomでどうとでもなるレベルですが。

一般的なAFの追従性とかピントが合う速度は6500ともあまり変わった気はしませんが、瞳AFは6500と比べてとても速くなった気がします。

あと、フルサイズになって当たり前かもですが、星景や夜景を撮ることの多い私にとって、6500と比べて高ISOが使えるのは非常にメリットです。夜間の空港周りとか、飛行機を撮るのに6500ではISO800位まで、7R3ではISO3200でも撮れるようになり大分シャッタースピードを上げることが出来ます(あくまでも個人的な感覚ですが)。

【操作性】
6500に比べてボタンが多くなってカスタマイズの範囲が増えてベターです。
ただ、シャッターボタンを押しても撮影できない(シャッターがおりない)現象があります。設定なのかどうか分かってませんが6500ではありませんでした。。

【バッテリー】
6500の時はバッテリーを5本とか持ってましたが、1日1本で済むようになりました。7R3のバッテリーは2本持ってますが、2本目に取り替えたことは今のところないです。

【携帯性】
当たり前ですが6500に比べて大きく重くなり個人的にはちょっとマイナスですが、他社のカメラから比べると。。ちゃんと使ったことがないですが。

【機能性】
まだ色んな機能を使いこなせているわけではないですが、APS-Cクロップが望遠的に使えてめっちゃ便利です。

問題点もあり。
海外口コミサイトにも出てますが、PlayMemories Mobileとの連動による位置情報が記録されません。その口コミサイトではiOSでの不具合が指摘されていますがAndroidでも位置情報が記録されない問題があります。早く直して欲しいです。

また、6500では使えていたCamera Appsが使えなくなったのはかなりマイナス。タイムラプス、カメラリモコンなど使えるようにして欲しいです。

【液晶】
特に問題ないです。6500から特段良くなったとも思いませんが。。

【ホールド感】
よくαは小さくて小指が収まらない、というご意見があります。私も今までのカメラに比べ重くなったことから、グリップエクステンション合った方が楽かと思い入手しましたが、結果としてはNEX-5Nの時代から小指が余る状態に馴れていたせいか、エクステンションを付ける事による重量増加+三脚をそのまま付けられないことからエクステンションは使わなくなってしまいました。


【総評】
正直まだ全然使いこなせていません。まだまだポテンシャルのあるカメラだと感じています。
APS-Cのレンズ専用のレンズ(SEL1018、SEL24F18Z、タムロン18-200など)があり、しばらくは6500と併用かと考えていましたが、APS-Cクロップモードで十分。7R3のみで行きます!

ご参考になれば幸いです。

比較製品
SONY > α6500 ILCE-6500 ボディ
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

piece of cakeさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:84人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
84件
レンズ
1件
1件
シェーバー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種1枚目
当機種2枚目
当機種3枚目

1枚目

2枚目

3枚目

当機種4枚目
当機種5枚目
当機種6枚目

4枚目

5枚目

6枚目

※人物の目をフォトショでモザイク加工した画像の機種名非表示について価格コムより回答がありました。特に指南はなかったのですが、いろいろ試した結果を指示に従い再投稿します。(一部再現像)この投稿の段階で結果は不明ですが、フォトショでのoutputは書き出しではなく別名で保存するのが適切?!。少々レビュー内容も追加してます。既にお読み戴いた方には何度も申し訳ありません。

発売日に手にした直後、訪れたフランス3ヶ所での初レビューでした。現地ではこの冬一番の寒さだったようで、雪が舞う中シャッター切る指先が凍えました。既に半年間7RAを使用しており、その上でのレビューです。なお、1枚目はパリ・オスマンの百貨店「ギャラリー・ラファイエット」のクリスマスツリー、2枚目はパリ・モンマルトルのサクレクール寺院、3枚目はパリ・セーヌ川沿いのカフェ「Le Depart Saint Michel」、4枚目はドイツ国境近くアルザス地方の街ストラスブールの「ストラスブール大聖堂」、5枚目は同じく大聖堂の裏手にて、6枚目はアルザス地方の村、リクヴィール村にて。4,5枚目は高感度のテストでISO-12800です。RAW現像、全て手持ちで日中の写真はありません。高感度NRはOFF、長秒時NRはONのままです。人物の顔はフォトショでモザイク入れてます。また、自分はつぶつぶの評価は意味がないと考えていることもあり、あまり細かな機能評価はしていません。

【デザイン】
OLYMPUSのように纏めてほしかったのですが、これだけの機能を小さく軽く収めたことを考えれば納得しないわけではありません。

【画質】
同じセンサー、高画素機の7RAよりもコントラストの点で落ち着きが見られ、ダイナミックレンジは使用感としては格段に向上しているような印象です。解像感についてはいわずもがな素晴らしい。高感度域の暗部のノイズは多めだと思います。これはディテールの丸めよりはノイズ処理で妥協せざるを得なかった技術上の制限のように感じてます。どこまでクラップしてどう見せるかだと思うのですが、私には十分です。確認用含めjpg+RAWで撮っていますが、7RAに比べ現像時の修正が殆どありません。ちなみに載せた4、5枚目の「ストラスブール大聖堂」はISO12800ですがかなりノイジーです。長秒時NRをOFFにしての効果は不詳。ローSSになってしまったので雪の軌跡が出ています。

【操作性】
小さなボディに機能を詰め込んだだけあってユーザ・インタフェースという点だけに特化して考えれば、それほど高得点ではないと思います。指の大きな方は慣れるまで時間を要するかもしれません。D750も使ってましたが、私にとっては7RAと大きく変わらないので特に問題は感じてません。私は殆どがフレキシブルスポットですが、特に暗いシーンだと四角い枠の色が判別できず苦労します。また、フレキシブル〜が割り当てられているマルチセレクターですが、寒くて指が凍えそうな環境で指先が出た手袋では、あの形状は押す指の腹が痛くなります。

【バッテリー】
7RAと比べ格段に持ちが違います。予備バッテリーも持参しましたが、あまり出番はありませんでした。寒冷地での特性については現地でせいぜい−3℃くらいだったので、未評価です。

【携帯性】
7RAを使っていた頃から、これより大きく重いカメラは持つ気が無くなりました。本体が小さく軽いということの価値は大きく、それによって勝ち得たメリット、余裕は撮影における機動性や思考に大きな恩恵をもたらします。北アルプス等の高山で30kgのリュックを背負いフィルムカメラを持ち歩いていたこともありますが、一つの荷物で100gでも軽くなりしかも容量も小さくなれば、場合によれば生死を境とするシビアな環境では恩恵は大きいと思います。今回行ったパリはスリ等も多く、治安の悪い地域にも夜間に行ったりしましたので、コンパクトにまとまっていてバックパックへの頻繁な出し入れに便利なのは助かりました。(出している時に使ったBLACKRAPIDの斜めたすき掛けストラップは、カメラの重さ大きさが邪魔にならず機動性が良かったです)購入を検討されている方は、全体的な評価の中で携帯性によるメリットによる恩恵と他の評価軸でのメリット・デメリットとを、バランス見て検討されればと思います。三脚使用主体の方には特にお勧めする気は有りません。

【機能性】
GPSは必須じゃないが、できれば欲しい機能です。特に海外など土地勘に疎い場所での撮影場所を後から整理するのには難儀します。あと、ストラスブールで結構雪が降りしきっていてレンズ交換する勇気が出ず、圧巻のライトアップされた大聖堂を撮る為のBatis 25mmを使わずじまいでした。(最初から終わりまで全てDistagon 1.4/35)相変わらずセンサーがむき出しになるので、シビアな環境でも安心してレンズ交換できる機能が欲しいですね。マウント部の固定ネジが7RAより6本に増えたのは安心感があります。高画素機なら必須の本体5軸手振れ補正はいろんなローSSでの結果を見る限り、7RAより確実に強化されている感触です。(公称5.5段というデジタルな数値については未評価、7RAは公称4.5段)夜間時撮影シーンの多い自分には回転ブレを含むこの補正機能は強力です。

【液晶】
7RAより見やすくなった気がします。それでもコントラストは若干高めですが、撮影の邪魔にはなりません。

【ホールド感】
特に問題を感じません。

【総評】
買い換えてまだそんなに使ってませんが、まだまだ改善点はあるのは当然として、撮って出てきた絵を見るたびに意欲の沸く使い手に応え得るいいカメラだと思います。そもそもデジタル化の流れの中で自社センサー技術のないカメラ事業を継続不可と判断し(技術者と共に)ソニーに移管したミノルタの決断は、正しかったのでしょう。カメラに関わらず機械駆動部分はできる限り無くなりエレクトロニクス化されていく流れだと思っており、ミラーレスが主流となっていく中で先進技術に長けるソニーのこれからが楽しみです。あとは。。もう一段価格が安くなればと思うのですが。

比較製品
SONY > α7R II ILCE-7RM2 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった38人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

masaboogieさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

α7Uを2年間使ってきてからα7RVを使い始めた感想です。

【デザイン】
パッと見はα7Uとほぼ変わらないデザインですが、質感がかなり良くなりました。安っぽい感じはほぼなくなったように思います。
開封し、箱から出した瞬間に「何かが違う!」と感じました。

【画質】
当然のことかもしれませんがα7Uの24MPと比べると、拡大して見たときに明らかに鮮明繊細に写っています。これは感動しました。
そしてWBをオートで撮影時の色再現は見事だと思います。薄暗いカフェの店内の照明や、夜の街灯の下で撮影の際にα7Uの時は色かぶりが気になっていましたが、α7RVはほとんど気になりません。
APS-Cクロップの18MPも充分すぎるくらいに綺麗です。基本的に単焦点レンズしか使わないので、カスタムキーひとつで焦点距離を1.5倍にして撮影出来るのはとても便利です。
高感度の画質もα7Uと比較すると2段分くらい良くなっていると思います。

【操作性】
非常に細かい点まで改善されていることに関心しました。ボタンの押しやすさ、各種ダイアルのクリック感はα7Uと較べて格段に良くなっています。特にα7Uの時に軽すぎてクルクル回りすぎていたコントロールホイールは適度に重くなっていて、操作しやすいです。
マルチセレクターもそれなりに使いやすいです。
カスタムキーに割当てられる項目も増えていて、正に痒い所に手が届くといった感じです。

【バッテリー】
私の場合、α7Uの時は常に4本持ち歩いていましたが、α7RVは長持ちするようになり、2本あれば大丈夫。
体感で2倍のスタミナになったと感じます。
モバイルバッテリー等からUSBで充電ができるという点もありがたいです。
α7Uでは別売りだったバッテリーチャージャーが付属してくる点も高評価です。
もっと長持ちしてくれれば良いのでしょうがミラーレスである以上、レフ機と比べてバッテリーの持ちが悪いのは仕方のないことかもしれません。
しかし、これだけのスタミナ強化はとても評価出来る点だと思います。

【携帯性】
これはどんなレンズを付けるかで変わってくるので…。
しかし、これだけのスペックでこのサイズのボディであることは凄いことだと思います。
エルマーなどの沈胴式のレンズを付けるととんでもなくコンパクト。
ただ闇雲に沈胴させると内部に干渉するので注意が必要ですが。

どんなカメラでも大口径レンズを付けたら携帯性は損なわれます。
レンズを優先するか携帯性を優先するか…。

【機能性】
AFの精度とスピードの速さはとても驚きました。
α7Uとは比べものにならないくらい。
特にAF-Cの食いつきは凄まじいです。ロックオンAFで捕まえた被写体は抜群に追いかけてくれます。
瞳AFも素晴らしいです。この機能のためだけにこのカメラを選んでも良いのではないかと…言ったら言い過ぎですかね…。
今までなかったフリッカーレスの機能も助かります。
他にも旧モデルからの細かな改善点がかなり見受けられます。

気になる点としては、MENU内の項目が多すぎるので、目的の項目に追いつくまで多少の慣れが必要と感じました。マイメニューとカスタムキーを如何に使いこなすか、というところでしょうか。
せっかくのタッチパネルなので、MENU画面でもタッチパネル操作で項目を選択できるようになればいいと思いました。
あとは、メモリーカード内の画像を確認する時にスロット1とスロット2の切替がすぐにできないのは不便です。いちいちMENUに入ってから再生するスロットの切替をしなければいけないのは面倒です。

【液晶】
綺麗です。
特にEVFはα7Uと比べると劇的に良くなっています。
α7Uで背面モニターとEVFが敏感に切り替わってイライラしていましたが、α7RVではそういった事はありません。
特にチルトした際にEVFが完全にOFFになるのは、ウエストレベルで撮影する際に助かります。

【ホールド感】
握りやすくなりました。
α7Uは握った際に若干チープな印象を受けましたが、α7RVは握った感じで「良いカメラ感」があります。
ただ、コンパクトなボディなので小指が余ります。
純正の縦グリップを付けると幾分グリップしやすくなりますが、もう少し深く握れる形状になると使いやすいと思います。

【総評】
総合的に満足度は高いです。
初心者からベテランまで、満足度高く使えるのではないかと思います。

旧モデルでの不満を解消するべく、SONYさんがしっかりと仕事をしてくれていると素直に感じます。

比較製品
SONY > α7 II ILCE-7M2 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
その他

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Quaid Luisisさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:377人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
8件
2件
デジタル一眼カメラ
1件
6件
レンズ
5件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
別機種オールドレンズ装着例
   

オールドレンズ装着例

   

【レビュアー】
機械操作やGUIの理解が得意で、人に教えられる程度にカメラも使いこなしています。
この機種を購入するまでのメイン機種はα7IIで純正FEレンズは2470GM、55Z、100STFを使用。それ以外はオールドレンズ80本くらいを日替わりで使っています。
今までにソニー機ではα100、NEX-C3、NEX-F3、NEX-6、α7、α7IIを使用していて、キャノンはKissX3、KissX7を、NikonはD80、D300、D700あたりを使っています。それ以外もカメラ屋や電気屋でよく触っています。
あまり人が行かないような場所に行って撮るスナップと、夕景、職場でのイベント撮影やネコがメインの被写体です。
賞金が出た賞の受賞歴があります。

【デザイン】
α9とほぼ同様で、ミラーレスαシリーズとひと目でわかるデザインです。
質感・剛性感もα9に近く、α7IIに比べ大きく向上しています。
ソフトウェアデザインは基本的にカスタムボタンに機能を好きに割り当てて利用するGUIなので、凝り性の人に向いています。

【画質】
普通にとってもISO3200くらいまでは精細感を欠かない高画質です。
センサー性能もトップクラスなのでレンズが良ければ忠実に答えてくれます。
今回から実装されたピクセルシフト合成は純正アプリImagingEdgeで合成でき、専用のRAWファイルになります。ImagingEdgeで現像でき、シグマのFoveonセンサーのような緻密な描写になります。
高画素モニタやピクセル等倍で鑑賞する方にもおすすめできる優れた画質です。

【操作性】
α9よりも更に細かな改善がなされているため、ソニー機に慣れている人にはかなり使いやすいものになっています。
他社機ユーザーの方が初めて使う場合は、操作のカスタマイズをどこまで追い込めるかがαシリーズを使いこなすコツだと思います。
αシリーズは全体的にデジタル機器に強い人に向いている操作系ですね。
本機は動画ユーザーにも使いやすいと思います。

【バッテリー】
α9と同じバッテリーなので単純にα7IIシリーズの倍以上もちますね。
連射メインだと1000枚は楽に超えます。
概ね1日くらい撮れるので、2、3個あればたいていの人はOKだと思います。
ガッツリ長時間動画とか撮る方には電池を4個搭載できるオプションが出てますので、一眼レフを超える長時間撮影も試せますよ。

【携帯性】
他社フルサイズよりは圧倒的に小型です。
レンズ次第ではありますが、フィルムカメラ並のサイズ感なので良いですね。
α7IIより重いはずなのですが、グリッピングが良くなったので重たいレンズつけたときはむしろ軽く感じます。

【機能性】
α7II使っていた身としては、カスタマイズ項目が増えて嬉しい限りです。
他社にあるような機能も大体は搭載されたのではないでしょうか。
手ぶれ補正もα7IIよりは明らかに良くなっていますね。
シンクロ接点でモノブロック光らせてみましたがチャージが早ければ連射もできます。
ピクセルシフトは自動で電子シャッターになります。電子(サイレント)シャッターは通常ストロボが光らないのですが、ピクセルシフト中は光らせる事ができます。なおピクセルシフトの電子シャッターは物理シャッターより幕速が遅いのでSS1/13が同調速度になります。
MFを多用する人は、フルサイズセンサーカメラならαシリーズ一択といえるレベルでMF操作が快適です。
α7II世代にあったアプリ追加機能はなくなっているので注意が必要です。
あとピクセルシフトで使用する純正アプリのImagingEdgeは結構動作が重たいですね。(VAIO Z Canvasでもかなりの時間CPU100%になります)

【液晶・EVF】
どちらもかなりキレイですね。
画面起こすとEVF切り替えがオフになるのもいい感じです。
EVFは覗き口のフチの反射が気になる人は植毛紙を切って貼ると見やすくなりますよ。

【ホールド感】
グリップエクステンションをつけていますが、α7IIよりも中指のかかりが良くなっていてホールド感は良いです。
グリップエクステンションをつけると下手な一眼レフより持ちやすいです。
つけないと小指が余る人が多いと思います。

【総評】
事前によく調べて買っているので想像通りの使用感で不満はほとんどなく、個人的に満足度は非常に高いです。
高い次元でまとまっているミラーレス版D850という感じのモデルです。(あるいはα99IIのEマウント版)
他社を含む古今東西のあらゆるレンズがマウントアダプタで付き、その全てで手ぶれ補正が効く非常に懐の深いカメラです。

4240万画素のピクセルシフトの画質は恐ろしいほどにキレイですので、静物撮影メインの人には超おすすめです。
瞳AFや顔認識は他社より一歩先を行っていて、ボケのキレイなレンズも多いのでポートレート撮影メインの人にもかなりおすすめです。
画質を妥協せず軽量化を図りたい風景写真専門の人にもおすすめできます。
動体とかもそれなりにいけますが、流石にα9の方がおすすめですね。

2017年はEマウントレンズがすごい勢いで増えましたが、来年もこの勢いで充実するのを期待して本レビューの締めとさせて頂きます。

参考になった82

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R III ILCE-7RM3 ボディ
SONY

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

最安価格(税込):¥277,769発売日:2017年11月25日 価格.comの安さの理由は?

α7R III ILCE-7RM3 ボディをお気に入り製品に追加する <2427

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意