『フルサイズに移行』 SONY α7R III ILCE-7RM3 ボディ 弱夫さんのレビュー・評価

2017年11月25日 発売

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

  • 35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載した、上級向けのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを新たに搭載。手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.5段の補正効果を実現する。
  • スーパー35mmフォーマットで高解像度4K動画の本体内記録が可能。4Kの記録フォーマットにはXAVC Sを採用している。
α7R III ILCE-7RM3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥268,107

(前週比:-1,343円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥275,617

JP-TRADE plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥195,800 (254製品)


価格帯:¥268,107〜¥405,370 (44店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥268,109 〜 ¥362,868 (全国708店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:572g α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

α7R III ILCE-7RM3 ボディSONY

最安価格(税込):¥268,107 (前週比:-1,343円↓) 発売日:2017年11月25日

  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

『フルサイズに移行』 弱夫さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
18件
レンズ
1件
2件
ノートパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
フルサイズに移行

購入して5ヶ月経過したので、本格的に再レビューさせて頂きます。

【デザイン】
軍艦部が中央にあるので、鼻がモニターに触れてタッチパネルが誤作動するし、鼻の熱で液晶保護ガラスの糊が乾燥してしまい、剥がれかけて来ている。他の機種のようにEVFを左端にして欲しいと思う。

【画質】
レンズが解像する上に、ローパスフィルターが無いので、ついつい等倍鑑賞してうっとりしてしまう。それに慣れてしまい、画質をついつい厳しく見てしまう事になる。
各種テストではAPS-CのISO800と本機のISO3200が同レベルの高感度特性という事になっているが、ついいつものように等倍で見てしまい、ISO3200はノイズが多いと思ってしまい勝ちだ。しかし、改めて縮小したり、印刷したりして見れば、ISO3200でも十分使えるのが分かる。ISOが3200あれば、F4の小三元レンズでも、夜間撮影も手持ち撮影で十分可能です。

【操作性】
沢山あるカストマイズの選択肢には、微妙に一長一短がある(特定の設定を割り当てられないなど)ので、極力全部のカストマイズ方法を試すべき。それでも不足していると思うのが、ファイル容量が非常に大きいので、メモ代わりの撮影時に「押している間だけJPG撮影」があると便利なのですが。もちろん、スマホで撮影してもいいのですが、一眼のファイルとスマホのファイルは、普通全く別個に管理するハズなので、一眼のファイル内に、メモ写真がある事が重要なのです。

気に入っている操作性が、一番使いやすいC2にISO低速限界、C1にAWB時の優先設定を割り当てる事。ISO低速限界は標準に設定すると、ほぼ1/焦点距離というオーソドックスなシャッタースピードになり、強力な手ブレ補正もあるので、失敗はほぼ皆無で撮影出来る。ISOを低く抑えたい時は「低速」でも行ける。問題は「より低速」で失敗が怖いし、高感度が十分に使えるのでので、極力避けているのが実情。

もう一つ、設定でおすすめなのがC3(他のボタンでもいいが)にMR登録を割り当てる事。MR登録内容を随時煮詰めて行って、気付き次第上書き登録するのに、ボタンを割り当てておくと非常に便利です。

【バッテリー】
最初は減らない、減らないと思っていたが、数ヶ月使って慣れると、やはり使えば減ると感じて来た。自分は移動中に車で充電出来るので、予備は購入しておらず、モバイルバッテリーが予備だが、移動中に車で充電出来ない人は、一個は予備があった方がいいと思う。まあ最初はモバイルバッテリーを予備にして、不足を感じてから買えばいいと思います。

【携帯性】
APS-C機と比較すると、センサーサイズは2倍程なのに、重量も容積も何倍にも達している。とはいえ、実際にAPS-Cからステップアップしてみると、大人と子供というか、いままでのカメラは玩具だったのではと思う程、解像も測光精度も、何から何まで違うので、仕方ないかなとも思う。つまり、あまりAPS-Cで頑張らないで、さっさとフルサイズにステップアップするのがおすすめ。

【機能性】(ピクセルシフトマルチ撮影)
圧縮RAW、非圧縮RAW、ピクセルシフトマルチ撮影で比較しても、圧縮RAWと非圧縮RAWの差は微妙ですが、ピクセルシフトマルチ撮影は明らかに違います。本来、建築物などに使用し、風景には向きませんが、敢えて風景でテストした所、トーンジャンプに見える雲が出ていたのですが、ピクセルシフトマルチ撮影ではキレイに無くなっていました。
なお、ピクセルシフトマルチ撮影で撮影したRAWは、一枚一枚個別のRAWとしても現像出来ます。一方で、ピクセルシフトマルチ撮影では、ダイナミックレンジオプティマイザは使えません。この事からも、ピクセルシフトマルチ撮影がHDR機能も兼ねているのが分かります。RAW4枚分のファイル容量が必要ですし、現像時の反応もその分遅い感じです。
通常撮影でも十分過ぎる解像能力があるので、本当に効果が確信出来る時のみ活用する事になりそうです。

【液晶】(EVF)
今まで液晶信者でしたが、素晴らしいEVFの前に、EVF愛用者に宗旨変えしました。リアルタイムの映像は、ややカラーノイズが乗った画像です。撮影してオートプレビューに切り替わると、当然ですがノイズがすっと消えます。その代わり、今度はデジタル写真を縮小した際に発生する特有のボケを感じます。これは、カメラの内部処理で、リアルタイムでは事前に間引いた画素数で処理している一方、プレビューでは全画素から縮小表示するからでしょう。このように、カメラの内部処理の違いまで克明に表示するEVFの素晴らしさにハマっています。

ちなみに、EVFではSD1とSD2の残量を常に両方表示するので問題ありませんが、液晶では容量がゼロになったり、挿入されていないSDスロットの警告表示が優先的に行われるので、SD1がフルになってSD2にバトンタッチした後の警告表示が非常にウザいです。
これは要改善です。

【ホールド感】
最初はゴツく感じましたが、慣れて来ました。

【総評】
カメラである以上、レンズとセットで使うので、レンズとのマッチングも重要だと思う。高画素機なので高性能レンズ(ソニー純正ならGレンズ以上)で使いたい。純正Gレンズ以上ならRで使う事も前提でレンズが開発されているので、安心だ。中でもSEL1224Gとの相性は抜群。風景撮影が好きで、広角レンズが好きなら、SEL1224Gと本機で、幸せになれる事間違いありません!

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった22人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感5
フルサイズに移行

【デザイン】
至って普通だが三代目でも大幅には変わらず、古臭くならないのがいい。

【画質】
SEL55210で白鳥を撮影したが、非常に明瞭度が高く大満足。
今までキャプチャーワンでクラリティーを上げて現像していたが、不要になった。
明瞭度が高く鮮明に写っている為か、トリミング耐性も大幅に向上して感じるのが不思議だ。
ローパスフィルターレスの効果と思われるが、APS-Cクロップでも画質向上を感じるとは嬉しい誤算。サイレント撮影も今の所悪影響を感じるケースが無く、常用する予定。

【操作性】
軍手着用でも、全く問題なく操作出来る。
カスタムキーとファンクションメニューの使い分は、一発変更可能な物は前者、メニューが出る物は後者がおすすめ。撮影設定登録の対象外項目もファンクションメニューに入れると便利。

【バッテリー】
形状が工夫され、充電器にセットすると軽くロックされる構造が素晴らしい。
旧バッテリーでは、車での移動中に振動で緩み充電されていないケースが頻発して、ヘアバンドで巻いても防げずに困っていたので本当に有り難い。

容量も増えて安心だが、寒い環境で白鳥を連写していると、あっという間に減る。そこでモバイルバッテリーを接続したが、充電されずに驚いた。
充電は電源OFF時のみで、電源をONにするとチャージランプが消えて給電専用になる。結局モバイルバッテリーの電力を使う以上、一度カメラのバッテリーに貯めて使うのは二度手間なので、この仕様で問題はない。

USB-Bに有線リモコンを接続する場合、給電はUSB-Cになるが、付属のケーブルはUSB3.1対応で立派過ぎて硬いので、口金を痛める可能性がある。そこで100円均一のUSB2.0対応の柔らかいケーブルを購入するのがおすすめ。中でもセリアの平型ケーブルが最も柔らかい。
(硬いケーブル使用で、USB-Cのスマホが約一年で口金接触不良が発生するようになった実績あり)

【携帯性】
初代NEX-5やα5000と比較すると、センサーサイズ、手ブレ補正機構、堅牢性を考慮しても猛烈に大きく重い。しかし、SEL1224GやSEL24105Gとはサイズ感が合っている。

【機能性】
10コマ秒に期待したが、意外とコマ数が多く感じない。白鳥の場合、後ろに羽があった次のコマでは既に羽が前にあり、真ん中の状態がなかなか写っていない。よって、かなり大量に撮影した中から、羽の位置が気に入った写真を探し出す必要があった。

【液晶】
ファインダーは通常画質でも白鳥の毛並みの良さまで分かる優れもの。液晶の明るさはスマホのように自動調整出来ないので、カスタムキーに「モニター明るさ」を登録した。

撮影結果の確認で、画面の下10%位がグレーの帯になっているのが非常に気になる。ボタン操作のガイド表示が見える為の配慮のようだが、雪原の写真ばかり撮影する人以外には余計なお世話。しかも操作に慣れれば不要なハズで、撮影画像確認に画面の90%しか使えないのが残念だし、その部分を上に上げて確認し直すのも面倒で改善を望む。

【ホールド感】
APS-Cミラーレスでは、小指どころか薬指の上まで盛大に余っていたので、ホールド感はかなり良好。ホールドの質感もよく、高級感がある。

【動画】
S-LOG3でテスト撮影したが、グレーディングがかなり面倒。インスタントHDRの方がいいかも。
無料グレーディングソフト「DaVinci Resolve」は、専用GPUありのノートPCでは問題なく稼働するが、CPU内蔵GPUのノートPCでは、導入に失敗して稼働しなかった。

【総評】
風景メインなので画素数が必要と思いつつも、本当に高画素機が必要なのか自分でも半信半疑だったが、APS-Cクロップでも十分な画素数があり、高画素機にして本当に良かったと思う。
まだSEL1224Gでイルミネーション撮影、SEL55210で白鳥撮影の2回しか使ってないが、準備や設定を含めて今までに分かった事を共有させて頂きます。

【備考】
「カスタムキー」の設定
コントロールホイールISO感度
C1:ピント拡大
C2:APS-C切り替え
C3:カメラ内ガイド
C4:タッチ操作切替
マルチセレクター中央:フォーカススタンダード
中央:サイレント撮影
左:ドライブモード
右:モニター明るさ
下:ブライトモニタリング
AEL:押す間AEL
AF-ON:絞りプレビュー
フォーカスホールド:瞳AF

「ファンクションメニュー」への追加項目
ピクセルシフトマルチ撮影
AWB時の優先設定
ブラケット時のセルフタイマー
ファインダーフレームレート
ピクチャープロファイル
ガンマ表示アシスト

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「α7R III ILCE-7RM3 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
長く使えるカメラになりそう  4 2019年11月7日 19:14
高画素、動画、瞳AFで選ぶとこれしか無い。  4 2019年10月29日 04:31
撮影対象で選ぶ  5 2019年10月20日 23:13
今だからこそお買い得なモデル  5 2019年10月12日 22:09
まだまだ使えるバランスの良い高画素機  4 2019年10月7日 21:02
スチル撮影のスタンダード  4 2019年9月29日 20:58
α9と比べてみても素晴らしい  5 2019年9月27日 21:59
1年以上使用してみて、コスパの悪いカメラ  3 2019年9月25日 17:41
特になし  4 2019年9月23日 19:51
α7RUから乗り換えてみた結果  5 2019年9月11日 15:09

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを見る(レビュアー数:122人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R III ILCE-7RM3 ボディ
SONY

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

最安価格(税込):¥268,107発売日:2017年11月25日 価格.comの安さの理由は?

α7R III ILCE-7RM3 ボディをお気に入り製品に追加する <2391

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意