α7R III ILCE-7RM3 ボディ レビュー・評価

2017年11月25日 発売

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

  • 35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rを搭載した、上級向けのミラーレス一眼カメラ。
  • 手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを新たに搭載。手ブレ補正アルゴリズムも最適化したことで、5.5段の補正効果を実現する。
  • スーパー35mmフォーマットで高解像度4K動画の本体内記録が可能。4Kの記録フォーマットにはXAVC Sを採用している。
α7R III ILCE-7RM3 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

プロダクトアワード2018

最安価格(税込):

¥278,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥278,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥195,800 (61製品)


価格帯:¥278,000¥405,370 (48店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥278,000 〜 ¥362,868 (全国11店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:572g α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

α7R III ILCE-7RM3 ボディSONY

最安価格(税込):¥278,000 (前週比:±0 ) 発売日:2017年11月25日

  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの中古価格比較
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの買取価格
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの店頭購入
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのスペック・仕様
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの純正オプション
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビュー
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのクチコミ
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディの画像・動画
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのピックアップリスト
  • α7R III ILCE-7RM3 ボディのオークション

α7R III ILCE-7RM3 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.52
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:126人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.05 4.52 54位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.72 4.54 16位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.91 4.29 45位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.36 4.15 17位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.54 4.26 16位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.47 4.41 23位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.42 4.33 21位
ホールド感 しっかりホールドできるか 3.91 4.42 47位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:91件
  • 累計支持数:987人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
22件
368件
スマートフォン
17件
84件
デジタルカメラ
1件
69件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
機種不明
機種不明
機種不明

機種不明
機種不明
 

 

7III発売と同時に、6DMKIIからα7IIIへ入れ替えました。
その後、7IIIの厚みのある画像とは裏腹に繊細な7RIIIの高画素画像と高品位なファインダーが気になりはじめ、キャンペーン終盤に入れ替えを来ない現在に至ります。

私の被写体は山にまつわる自然風景全般です。
縮小画像を数枚サンプルでUPしてみました。
撮影地は白馬大池と北八ヶ岳です。

【デザイン】
ソニーの定番形状となりました。
リュックに入れる際は6DMKIIと比べ凹凸が小さく収まりがいい感じがします。
充電端子カバーははめ込み式で使いにくく、α6500のようにヒンジにしてほしいところ。
この形に慣れてしまい、斬新さに欠けるところが難点かもしれません。

【画質】
文句なしに素晴らしい。
Dレンジの広さは6DMK2とはあまりに違いすぎて驚くほどです。
7IIIとの差はあまり感じませんが、αシリーズ全般に広いDレンジは夕景を撮影する際に身をもって感じる部分。
その半面のっぺりしやすいとも感じていましたが、7RIIIの画素数のおかげで立体感のを感じられる仕上がりです。

【操作性】
αのそれですが、年々改良されています。
最高に使いやすい、とは言えませんが、慣れれば十分使えるレベルになっています。

【バッテリー】
Zバッテリーは素晴らしい。
未だ完全にカラになるまで使っていません。
一泊の登山では2個+ポータブルバッテリーを持っていけば十分です。

【携帯性】
フルサイズゆえにレンズと一緒だと小さくはありません。
6DMK2と大差ないと感じます。
多少軽さはあるわけですが、ミラーレスの利点である小型軽量といったメリットは感じられません。

【機能性】
もう十分ですね。
これ以上の機能は不要なので、安価に振った機種を出してもらえると嬉しい。
瞳AFの威力のおかげで、人物撮影でAF-Cを積極的に使うようになりました。

【液晶】
特に問題はありませんが液晶の消費電力をもっと下げられたらと切望。

【ホールド感】
7IIIと似た感じですが、私は手のひらが小さく指が長いので、たいていのカメラにおいてホールド感に問題は感じません。

【総評】
ソニーの集大成といっていい機種です。
すでに新型が出てしまったとはいえ、ミラーレス以前を思えば、とてつもない進化を果たしていることに気が付きます。

高感度も問題なく使えて、連写もできる。
瞳にAFが追従、しかも自動です。
4K動画など、すでに当たり前の機能となりました。

欲を言えば、もう少しバッテリーの寿命が長ければとか、センサーにごみが付きにくくなれば等々欲は出ます。
でも、バッテリーはUSB充電が解決してしまうし、清掃は自分でもできることなので致命的な問題は見当たりません。

これは長く使えるカメラになりそうです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった18人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ぶいたんさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:326人
  • ファン数:16人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
293件
ゲーム機本体
2件
181件
自動車(本体)
0件
123件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性2
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
機種不明左標準RAW 右NRオフ 
機種不明単発撮影と、PSM撮影ノイズ比較
機種不明PSMx4枚コンポジットと単発1枚比較

左標準RAW 右NRオフ 

単発撮影と、PSM撮影ノイズ比較

PSMx4枚コンポジットと単発1枚比較

機種不明左 標準  右 シャープネス弱め
当機種間違ってJPEG撮影してたのをレタッチ
当機種見よう見まねの新星景(下手くそ)

左 標準  右 シャープネス弱め

間違ってJPEG撮影してたのをレタッチ

見よう見まねの新星景(下手くそ)

普段はEOS 6Dを使っていますが、子供の運動会撮影と動画撮影、趣味の風景撮影をこなす一台はこれしかありません。
去年購入したので今はa7R4が出ておりますが、あちらの方がクロップ時の2600万画素になるため実用的には向いています。
a7R3は1700万画素のためA3印刷時の4200万画素印刷時とのギャップが大きいです。
価格が大丈夫な方はa7R4をオススメします。
以下は実際にスチルメインでa7R3を一年使用した感想です。

<発色・画質・解像度>
ソニー独特の色設定で、キヤノン、ニコンからするとブルーが強く人肌は冷感、風景青空は澄み渡る様な綺麗な青空です。
星景撮影などでレタッチを煮詰めて行くと、ブルー、マゼンダの色がキツイです。

圧倒的解像度をユーザーに体感させるためか、デフォルトRAWではのシャープネスが強い傾向です。
風景やポートレートではそれほど困ることが無いのですが、夜景や星景撮影の場合、シャープネスが星の色を飛ばしてしまう傾向があります。
LrやPsに入れる前にソニーオリジナルのEditアプリで若干シャープを弱める事で星の色が若干出す事は可能ですが、少し手間がかかる感じです。

高感度耐性ですが、この4200万画素センサーはカラーノイズが非常に強く出る傾向があります。その為か標準設定RAWの場合カラーノイズリダクションが非常に強くこれが星空撮影ではシャープネスの影響もありa7R3の星空の発色は滲みが少なく白い点だけになり、ちょっと強調するとあっさりと星の色が死んでしまう感じが否めないです。
Editでシャープネスを弱めるか、ソフトフィルターで周りのピクセルに滲ませる事で対応出来ますが、この高画素機でソフト処理するのは精神衛生的に良い気はしないですね、面倒くさいですし。笑

ピクセルシフト撮影をするとセンサーノイズが改善されます。星空撮影の場合ポータブル赤道儀できっちり追う事でこのカメラの本領が発揮されます。
ピクセルシフト時に被写体ブレを起こすと、異次元への扉のようなノイズが発生するのと、撮影が悪いと卍模様が出てしまう所が気になります。
バッチリ決まった時の解像力は半端なく、このカメラの醍醐味でしょう。
ただ、レタッチ経験者なら”絶対いらん処理してるだろこのカメラ”と思わせるほどノイズリダクションの効いたRAWを出すのは後々面倒臭い。
個人的な感想ですが、素のRAWを見る限り他の方が絶賛するほど高感度耐性が高いとは感じません。

当たり前ですが、十分な光量がある環境で低ISO撮影ならかなり高精細な写真が得られます。
本体は無改造ですが天の川の色は気象条件がよければまぁまぁ出てくれる感じです。(当たり前ですが)
キヤノンセンサーでは全くで色が無いような所にも30秒程度の露光でもしっかり情報が残っているのは流石だと感じます。

<AF性能>
MC-11に対応レンズと、非対応EFレンズでの使用ですが、AF速度は高速でCANON一眼レフ並みのスピードで合焦します。
瞳AFも機能しますが、精度に関しては被写体の大きさに左右されます。
ISO1600程度からの高感度時はかなりディティールが甘くなる為集合写真などの場合はISOを上げ過ぎない注意が必要です。
非対応EFレンズでAF-C(メーカーはNG出してる)は一応動きますが、レンズーカメラ間で通信エラーが出るのか、カメラが10秒程度ハングアップするタイミングがあります。(特にAF枠が出ていると時)加えてAFが全く合焦しなくなる事がたまに起こるので、その場合はMFでフォーカスをアシストするか、電源入れ直しで復帰します。キヤノンEFレンズ使用時には注意が必要です。
ただ、そのリスクがあってもAFが早いのと瞳AFの効果で非常に撮影が楽です。(物足りない間はありますが)
本領発揮するならソニー純正でしょう。MC-11経由はあくまでお遊びだと思って良いと思います。

<バッテリー>
普段撮影する場合ならそれ程感じないのですが、AF-C、撮影効果ON、高感度撮影時は消耗が早く感じます。
2個あると安心出来ます。

<操作感・重量感>
メニューがカオス、お気に入り、カスタムボタン4つをいかにカスタマイズするかが鍵。
お世辞にも良いとはあまり言えないのが現状です。
メニュータッチ操作が出来ないのも理解に困る。

ボディ自体は軽い為、200g程度のレンズならソニー純正ストラップSTP-WS2(MAX850g)で間に合うのは絶大な機動性を誇ります。
個人的a7R3+MC11+EF135F2ですが、基本ボディを持っているので今の所大丈夫(真似しないでください)
ボディ自体軽いですが、装着するレンズによっては重心が前に移動しすぎ先重りが発生、1日撮影すると眼レフの方が疲れにくい(特に手首)事も事実あります。

<ボディ内手ぶれ補正>
所有のEFレンズやシグマARTなどの非ISレンズがIS付きになる事で撮影シーンが広がりありがたい。
今までEF100F2.8L ISで撮影していた場面で135mmが使えるのはもはや革命。

性能は良いのですがバランスが悪い点も多くもう少し改良が必要だと感じます。
高速連写も流石ソニーだと思いますがメモリ書き込み時間からの操作制限とフル連写すると容量が枯渇するので意図的にMidかLoに落とした方がバランスは良いと感じます。α7Vとの差別化もできますし。

ノイズ比較とイカ釣りついでに撮影した天の川アップしてみます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とびしゃこさん

  • レビュー投稿数:77件
  • 累計支持数:692人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
63件
384件
デジタル一眼カメラ
10件
373件
デジタルカメラ
0件
22件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感3
当機種1. FE16-35ZA (16mm, f8, PL フィルター)
当機種2. 24GM (f1.4, 8sec ISO3200、コマ収差ほぼなし)
当機種3. FE 35 f1.8 (f3.2)

1. FE16-35ZA (16mm, f8, PL フィルター)

2. 24GM (f1.4, 8sec ISO3200、コマ収差ほぼなし)

3. FE 35 f1.8 (f3.2)

当機種4. Sigma 45 f2.8 DGDN (f4)
当機種5. FE100-400GM (400mm, f5.6, APS-C クロップ)
当機種6. LA-EA4+AF50 f3.5 macro (f3.5)

4. Sigma 45 f2.8 DGDN (f4)

5. FE100-400GM (400mm, f5.6, APS-C クロップ)

6. LA-EA4+AF50 f3.5 macro (f3.5)

購入して1年ほど使った印象です。

【デザイン】

α7Sから使っていますが、表面仕上げやシャッターボタン
の位置が変わっていますが、そっけないデザインは変わりません。


【画質】

画質拡大してみても、すっきりしていて、高感度もなかなか
良いと思います。三脚は使わず画質の荒れより手振れや被写体
ブレが嫌なので、ISOオート上限も12800にしています。
Aマウントのα99II(4200万画素)を使っていたためか、
第3世代では自然にα7RIIIへと流れつきました。

他社ユーザーからソニーの肌の色は難ありとの指摘もあり、
確かにそのように見えることもあります。その昔ポートレート
撮影時にCC(色補正)フィルターを使っていた癖で、人を撮る
時はAWB(オートホワイトバランス)の色相軸をマゼンタ(M)
方向に0.5、アンバー(A)方向に0.5ほど微調整し、ピクチャー
スタイルはスタンダードあるいはポートレートモードで撮って
います(微調整した数値は電源オフでも保存されます)。

風景は太陽光ホワイトバランスで補正無し、ピクチャースタイルは
風景モードで撮っています。街の光景は「風景」ではコントラスト
がつきすぎるため、スタンダードモードで撮っています。いずれも
Jpeg撮って出し+露出補正のみの撮影スタイルです。

手振れ補正機能付きの本機ですが、適当に撮影して拡大すると
微ブレで低画質にみえることがあります。本機のシャッター
感覚に慣れるまでは、広角、標準ズーム域の焦点距離でも過信
せずにSモード1/125〜/250秒にして撮ることをお勧めします。


【操作性】

マイクロフォーサーズのG9に比較で操作性は悪く、メニュー
配置も一部謎めいていてたどり着くのに時間がかかります。
使いこなすには、カスタムキー設定が必須といってよいです。

カスタムボタンのC1にAFモード、C2にフォーカスエリア、
C3にホワイトバランス、C4にフル/APS-Cクロップ切り替え、
コントロールホイールの真ん中押しボタンにMFピント拡大、
マルチセレクター中央押下をサイレントモード切替でひとまず
落ち着きました。

「押す間カスタム設定呼び出し」が秀逸で、自分で選んだボタン
を教えている間だけ、事前に設定した機能が呼び出され、カメラが
「変身」します。ボディを握っているときに親指で最も間違えずに
押しやすい位置にあるAF-ONボタンに、「シャッター優先オート、
シャッター速度1/500秒、ドライブモードは連続撮影、露出補正
-0.3段(単なる好み)、ISOオート、測光はマルチ、フォーカス
モードはAF-C、フォーカスエリアはゾーン、AFオンは、する」
を設定しています。

これでAやPモードの1点AF、単写でスナップ撮影中などでも、
子供が走ってきた、猫が歩いてきた、鳥や飛行機が飛んできた、
などのシチュエーションでAF-ONボタンをとっさに押してゾーン
AFのAF-C表示(合焦を表すAF枠が被写体上にちらちらする)
が現れたら、あとはシャッターを押して連写するだけで、大きな
失敗のない動体写真が取れます。まさに一瞬の切り替え技で、
速射性が増すため、この機能を非常に気に入っています。


【バッテリー】

手持ちではペンタックスK-1などのレフ機にはかないませんが、
α7Sやα7II用のNP-FW50から新型のNP-FZ100に変わって、
バッテリー切れのストレスは大幅に減りました。残り6%などの
表示でもまだもう一押し撮影でき、車内や休憩時に交換の間が
もてるようになりました。


【携帯性】

ボディは572gとα7S比で130gほど重くなりましたが、
手振れ補正機構搭載のためで、納得の重量増です。


【機能性】

AFはG9のような劇速AFではありませんが慣れてきました。
高画素機できちんとAFを合わせないとピンぼけ、手振れが
目立ちますので、静物はAF-Sで1点AF、動体はゾーンAF
または瞳AFでAF-Cにしています。

手振れ補正は5.5段分とのことですが、高画素のせいか拡大で
微ブレが目立ちます。G9の6.5段、E-M1mkIIの5.5段、K-1
の5段に比べて補正能力が弱く感じます。感覚的に3-3.5段
ぐらい?でしょうか。

AF-S,AF-Cともにシャッターボタン半押しでできる瞳AFは
とても便利です。秒10コマで一般的には十分な高速連写です。
サイレント撮影でも秒10コマ連写ができます。フリッカーレス
撮影可能で一応?防塵防滴です。


【液晶】

うまく撮れたかのピント拡大用として特に問題を感じていません。
EVFはきれいです。室内等の暗い状況で絞り気味の時のAFに伴う
画面のぎらつき(一瞬の白飛び)が気になることがありますが、
露出補正やホワイトバランス、ピント拡大確認、暗所でのみやすさ
などEVFならではのメリットを感じます。


【ホールド感】

コンパクトで携行性はよいですが小指が余ります。望遠使用時は
純正の延長グリップを付けています。


【総評】

風景、人物撮影に適したαEマウントのフルサイズ機です。
手振れ補正搭載のフルサイズ機として、軽量コンパクトで
携行性が良いです。1800万画素のAPS-Cクロップモード
も実用性十分です。

AFや連射も一定の水準をクリアしており、サイレント
撮影のスキャン速度も実用的な1/30秒程度を確保して
連写にも対応しています。

手振れ補正はやや弱く感じます。いいレンズのはずなのに、
AやPモードで画質が甘く感じる場合、まずSモードで
1/250秒あたりで試してみられるとよいと思います。

また、手振れ補正を生かした?ゴミ取り機能は超音波振動
のマイクロフォーサーズ比で今一つの印象で、粘着性でない
目視レベルのゴミも落ちず、ブロアを持ち歩いています。

素の操作性はよくありませんが、世代ごとにカスタムボタン
の数も増えてカスタムキー登録と「押す間カスタム設定
呼び出し」機能のおかげで、撮影時のストレスは大幅に
減りました。

最近は35/1.8や85/1.8、24GM、シグマ45/2.8などの
コンパクトで描写が良く、AFの速いレンズも増えて
きたため、楽しんで使えています。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HIEN_さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:140人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
0件
デジタル一眼カメラ
2件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

α7Vで初めて(ミラーレス)一眼を手に取り、それから二ヶ月目で本機を手にとったもののレビューです。導入するレンズの高級化に伴い、24MPではそのポテンシャルを発揮できないのではないか。美しい階調を見てみたい。42MPならクロップ18MPだから実用的だ。などの判断から誘惑に敗北し購入しました。RW直前の時期です。この観点から言うとRWを買ってもよかったんですが、40万はきついかな……。キャッシュバック込みで新品24万程度でした。少し学んだ今なら、中古で19万台で並んでいますから、こっちで買ったかもしれません。Wについてはクロップで28MPだから凄まじいパフォーマンスなので、憧れなくもないですが、もし新機種を導入するならRXかな、と思っています。

これはあくまでも今回初めてミラーレスを手に取る人向けの意見になります。たまーに厳しい意見が並んでいますが、写真撮影しかしないというのであれば、RVがオススメで満足という感じがします。特にGMレンズを使って撮影した際の階調の出方や細部の拡大での確認をすると、実に42MPの強さを感じました。しかし動画機能が気になったり、レンズをそこまで調達していなかったり、そこそこ高感度耐性も欲しいという感じであればα7Vが安定です。本当はフルサイズの24MPがそんなに悪いものではないということはこの18年くらいのデジタル一眼カメラのスペックの歴史を考えれば自明です。私は流されてしまいました。またレンズ資産という点では、後から軽快なAPSC機を導入したときに使いまわせたりなどの特典もあります。率直に言えば、いまミラーレスで一番勢いがある機種は、α6000周辺のAPS-C系のどれかと、α7Vです。ほかは大衆的にはどうでもいいレベルですね(出たばかりなのでRWが騒がれていますが)。

αから入った人にとっては操作性はほとんど苦になりませんね。電池持ちも通常用途なら一日十分持ち、もう一個予備にバッテリーがあればほとんど安全です。VとRVの大きな違いはEVFの画質で、Vは悪いとされていますが、RVは及第点です。ホールド感については小指余りの小ささが逆に問題視されていますが、私は逆にこれで丁度いいという意見です。一眼レフから移ってきた人に特有の文句かな、と思います。

RVはハイエンド機なので、軽量のミラーレスなのにという気持ちはありますが、レンズがごつくなるのは仕方ないかなと思います。(装備によっては軽く運用できるポテンシャルがある、というだけですでに優秀ですね。)というかスポーツとかの現場ではなくコマーシャルなどの現場ではα9ではなくRVと無印V(!)が利用されています(『COMMERCIAL PHOTO』誌などを参照。一眼レフではCanonのシェアが高かったはずです。)から事実上のフラッグシップですね。シャッター回数などの耐性もVに対して二倍以上が想定されているので、写真を取るという目的ではやはり多少割高でもRVがオススメです。一

他社との兼ね合いでみると、もともとレフを使っていた人がそのメーカーを選ぶ傾向が見えます。しかし、そうでないのならば、ニコンのZ6〜Z7や、CanonのEOS RPなどを選ぶ必要はないし、あまり選んでいる人も目立たないなという印象です(特にCanon)。しかしLUMIX S1Rは凄そう。またAPS-Cだが富士フィルムのX-Tも存在感がある、という印象を持っています。とはいえ入門者としては情報も選択肢も多いSONYミラーレスを選ぶのは丸いな、と思いますし、プロでも使用者が多いのは依然として事実です。

SONYのミラーレスは解像度が高く見たままの描写をするということで、知人のプロカメラマン(レフ機ではCanonを使用)も高評価をしていましたが、最近自分も目が肥えてきて、自分の見たものとEVF上の発色がかなり違うということに気づいてきました。いつもということではないですが、彼岸花を撮っていたときに、目でみたときの朱色が、どうホワイトバランスや撮影モードをいじってもEVF上では再現できない。レタッチで対応するしかないですが、これは弱みだな、と思いました。この弱みをフォローするためにS1Rや富士フィルム機を持つのはありえることだと思います。もっともそこまでの余裕はないので私はそこは諦めてレタッチで対応することを決めましたが、たとえばスマホのカメラなどで保存しておくと違いがわかりやすいこともあるでしょう。これを持って画質の評価を☆3にすることもありえなくはないですが、他の能力を考えると☆3というわけにはいかないので、☆4です(☆5には至らない)。ただ、よく言われていることですが、デフォルトの発色は限界があるのだ、ということはここで私も述べておきたいと思います。

手持ちのR3はリセールバリューがそこそこのうちを狙って売り払ったりせず、大事に使っていこうと思っています。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

bwjさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感4

メニュー操作がnikon,canonと比べてわかりにくく、なれるまで時間がかかりそうだ。
撮影が順調に進めば、評価も上がると思われる。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

nofuzohさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
デジタルカメラ
1件
0件
レンズ
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感3

α7RVにSEL20TCとSEL200600Gを装着しカワセミの追尾しダイビングシーンをと考え,30mほど先のワイヤにとまっているカワセミにピント合わせをしようと試みましたが、ピントはどのようにしても会いません。
もちろんマニュアルフォーカスにすれば可能ですが、そうすると追尾が出来ませんのでこれは無理かと思います。
フォーカスエリアはフレキシブルスポット フォーカスモードはAF-c SSは1/1000 その他はオートです。
他の設定等が必要なのでしょうか。 

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yugyugさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
37件
レンズ
4件
6件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感3

追加レビュー
写真機としては不満はないが敢えて
ダメ出し2点
今後の機種で改善してもらいたいこと。

◇液晶
ファインダーの色味は許容範囲
液晶の色味がファインダーと違い、
ファインダーのように色温度などの微調整ができないのが欠点。
液晶の色味が信用できないのでファインダーで確認している。
パナソニックのG9では液晶も微調整できるので、この辺りが少々不満。

スマホアプリのリモート撮影機能が後2歩足らない。
フォーカス移動、フォーカスONなどは最低必要。
ついついパナと比較してしまうがアプリのレベルが低すぎる。

優れたカメラのハード性能を活かすも殺すも・・・
ファームウェア、ソフトウェア
ソニのエンジニアさん、販売戦略部?の皆様 ぜひよろしく!


以下 前回のレビューのまま

サイズ◇
グリップ感について・・
大きなレンズを使わないので私には、小指余りも気になりませんでした。
別にエクステンショングリップはなくても
個人的には軽いレンズを付けている時は片手でも撮れるます。
重いレンズだと、まあ、どんなカメラでも片手では安定しないですから
噂ほど・・・問題ではなかったので。
手の大きさも、指の太さも違いますし
サイズに関しては、噂ではなく、実際に触って評価した方がいいです。
プロではありませんし、本格的な撮影と言うよりは
スナップで持ち出すことが多いので
やはりカメラはコンパクトである方がうれしいです。


デザイン◇
店舗で見た時は買う気がなかったのですが
印象は・・・無骨で今時ではない感じでした。
それは丸っぽいデザインのカメラが多いので
対比してしまうからかもしれません。
実際に購入して手にしてみると・・
デザイン良いですね。シャープな感じ。ソニーだけど。

画質◇
基本Raw現像です。
キャノンは80Dをほんの短期間所有してましたが
パナソニックの色味にやや近い気がします。
自然な色味ではキャノンの撮って出しは流石だと思いましたが
ソニーの色味がそこまで、歪であるわけでありません。
自分で色に責任が持てるならRaw現像で何とでもなります。
不満はありません。

EVF&液晶◇
必要十分な画質で特に目が疲れると言うことはありません。
ホワイトバランスはほぼ、白優先で使っています。


手振れ補正◇
G9を所有してますが・・
そちらの方が手振れは上の印象。
S1系の手振れ補正は優れているようですが
ソニーフルサイズも
もう一段強化されると夜の撮影などでも心強ですが。
次世代に期待!?(買えるかどうかは別として)
それでも無いよりはあった方がいい。

アプリ&ソフト◇
転送ソフト
一覧表示するまでに結構時間がかかります。
拡大プレビューで前後の写真に移動できないなど・・・
ソフトの機能面で物足りなさがあります。
(そのあたりはパナソニックがやや優れている)

テザー
動画テザー撮影後に、転送を続けて行うことができないので
まとめ撮りして転送するか、
USB接続モードをいちいち切り替えて転送するしかなく
スムーズに運用できない。
パナソニックのテザーソフトのように撮影後に転送可にしていただけると助かる
それが一番の不満。

操作性◇
カスタムメニューを使えばいいのと
ファンクションボタンに割り当てすれば
複雑?と言われるメニューにもそんなにかかわることもなく
大きな迷いはない。


操作ロック機能があるが
コントロールダイヤル(十字キー?)の回転はロックできるが
押下することをロックできないので
ISO感度やドライブモードが知らぬ間に変わってしまうことがある。
押下につていもロックできるようにしてもらいたい。


AF◇
AFは不足はなく、瞳AFも活用でき
満足度は高い。
AFが合いにくい被写体もあるようですが
G9に比べてそれが特に際立って酷いという感じはしない。

動画◇
マイクアダプターが使えるので
動画でも使おうと思ってましたが
写真のメイン機にしていて、3脚に付けはずしするのが面倒・・で
今はまだG9で済ませています。
動画での出番は今のところ少ないですが
少し使った印象では、テザーアプリ以外は満足できるものです。
将来的にはサブでα6400以降のものをサブ機にしたいと思っています。

アダプター
MC-11でキャノンのレンズも使えますが
EF50mmF1.4などはかなりAF早いです。
むしろシグマを凌いで。
135mmF1.8 SIGMA CANON用でも MC-11で実用範囲のAF速度が得られますが
若干、ソニーEマウント用のほうがスムーズです(よりピントの合うのが早く、AF-Cにも対応している)


今のところ
買って良かったと思えるカメラです。
早々に壊れないことを祈ります!(大事に使っての話)


下手糞ながら作例を少しだけ上げておきます。

レベル
初心者
主な被写体
風景
子供・動物
夜景

参考になった14人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

@ZERO@さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:74人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
7件
レンズ
0件
6件
自動車(本体)
0件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶3
ホールド感3

もともとキヤノンユーザーでこれまでの使用ボディは
7D→6D→5Dmark4→α7RB→EOS Rとなっています。
上記に記載した通り、バリバリのキヤノンユーザーで現在はαを売却しRを使用しています。

もともとα7RBを購入したきっかけは、
・持ち歩きに軽いカメラが欲しかった。
・現在勢いのある、αを使ってみたかった。
・マウントアダプタを使えばEFレンズを使用できる。
↑これが一番理由として大きい

なるべく平等なレビューを心がけていますが、少しキヤノンひいきな面もあるかもしれません。

【デザイン】
正直、デザインは好みではありません。
なぜ、こんなにカクカクなんだろうっていうのが第一印象です。
傷に弱そう。
(実際中古ショップに並んでるボディは角が削れているのが多い)
またボディの質感が値段の割にしょぼい。ボタンの押し心地等もフニャフニャだったり統一感がありません。
ただダイヤルとか見栄えの面にはお金かかっていそうな感じ。
個人的にはEOS Rの方が質感の面では好きです。

【画質】
撮った写真を撮ってびっくりしました。
こんなど素人でも線が細くて、とても高品位な写真を吐き出してくれます。
写真を撮る楽しさを思い出させてくれました。
ダイナミックレンジも広く、少々失敗した写真でも後処理でどうにでもなる安心感もあります。
高感度の画質はノイズの処理が甘い感じがします。
ですが、高解像度なだけあって力技で見れる画質になっています。

よく大口径や小口径や騒いでいる人がいますが、正直気になりません。
確かに、大口径でないと作れないレンズもあると思いますが、
現状のソニーのラインナップで不満はないかと。
それにG・GMレンズの画質は凄まじいものがあります。
たとえば、FEの24-105とRFの24-105で大した差は感じません。

【操作性】
イマイチですね。
うまく説明しづらいのですが、ボタンの配置が練られていないのか、
ファインダーを覗いたまま操作する時に指の移動距離が長い。
メニューの階層が非常にわかりにくい上に多い為、
目的地になかなかたどり着かない。

α使った後に5D4使うと使いやすいなって思います。
(本当はRと書きたかったのですが、なんだあのAF-ONの配置は・・・)

【バッテリー】
持ちますね。この持ち具合が基準だと思います。
予備のバッテリーも買いましたが、あまり使う事ありませんでした。

【携帯性】
5Dからだと非常に小さく、軽くなって満足していました。
ですが、RやZが出た今この小ささがメリットだとは思わなくなりました。

ボディが小さい為、グリップも小さく自分も小指が余ります。
小さいレンズを付けている時は気にならないのですが、GやGMレンズを付けると、
握りが甘くなります。
グリップエクステンションをつければいいと言う意見もありますが、そうでは無いと思うんですよね。
そもそもあれを付けると、バッテリーの交換や机に置いた時のバランスも悪くなりますし。
現在ソニーは画質重視の為、レンズも拡大傾向にあります。
それならR系や9系はグリップをもう少し大きくして欲しいというのが自分の思いです。

【機能性】
連写や、手ぶれ補正等の機能に不満はありません。
十分満足して使えると思っています。
正直RやZはまだ追いつかないのでは・・・
(内心追いつくどころか抜き去って欲しい)

ただ暗いところで絞った状態だとAFが迷いまくるのが気になりました。
(居酒屋レベルの暗さで合焦せず・・・)

最初にも書きましたが、自分はEFレンズが使えるという話でαを購入しました。
ですが、正直”本当に使えるだけ"というレベルでした。
AFも中央は動くが、周辺は精度も速度もダメ。
また、瞳AF時の精度もイマイチでした。
αの機能をフルで使うのであればFE一択です。

【液晶】
必要十分なスペックだと思いますが、EVFは完全にキヤノン、ニコン、パナより下だと思います。
比べると覗いた時のモニター感がすごい。
RBが出た時はこいつならいけると思ったのですが・・・

【ホールド感】
小指が完全に余ります。
小さいレンズを使用する時には問題ありませんが、大きいレンズを使う時には
力がうまく入らず、とても疲れます。。

【総評】
色々書きましたが、正直Rを使ってる今でもRBはいい機種だったな〜と思います。
吐き出す絵は一級品で、いろんな不満が吹き飛ぶぐらい満足していました。
使い勝手の部分をハード的にもソフト的にも詰めてくれば、文句なしの機種になりそうです。

ただこの機種に問わず、ソニーで心配なのは品質の部分です。
自分が買ったFE24−105mmは初期ロットという事もあり、絞るとフォーカスシフトが発生してまともに使えない。
そして、普通にスナップで写真を撮っていると書き込み不良でSDのデータが消えた事も一度だけ。

どちらもすでに解決している問題ですので、これから買う人は気にしなくて大丈夫ですが
ここが個人的に引っかかり、キヤノンに戻った理由でもあります。

これからは品質の面でも技術を高めていただきたいです。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

神奈川のごんたさん

  • レビュー投稿数:67件
  • 累計支持数:414人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
193件
スマートフォン
14件
133件
ワイモバイル モバイルデータ通信(旧イー・モバイル)
1件
23件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶無評価
ホールド感2

α9からダウンサイジングしました。
画素数が多いのこだわりがなければα9が良かった感じがします。
【画質】
この機種ならば文句なしです。
【操作性】
α9からダウンサイズだと違和感がある。α7シリーズならばすんなりできます。
【バッテリー】
α9と同じになったので以前よりはマシになったくらいです。
【携帯性】
レンズによります。
GMレンズが良いですがコストがかかるのが難点です。高倍率レンズでもコンパクトになります。

【ホールド感】
α9が良かったです。
【総評】
NikonのZ7が使って良かったのでフルサイズのソニーは手放しました。ミラーレンズフルサイズに試したくNikonと併用していました。Rならばα9のボディに準じても良い感じがしました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kome00rさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:118人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
3件
ノートパソコン
1件
0件
デジタルカメラ
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質3
操作性2
バッテリー4
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感4

私が初めて買った一眼レフは小さい中古カメラでした。
当時世界最小最軽量と言われていたものです。
でも最近は小ささ軽さより機能充実の為か、ファミリー向けでも結構な大きさです。

そんな中このカメラは
機能は十分。
画像も、ちょっとノイズが多いけどまぁきれい。
操作性はソニーらしい扱いにくさ。ダメです。
でもこのカメラの一番いいところは
いつまでも握っていたい、触っていたいという
持った時の心地のよさです。
掌-てのひら-で握っているカメラをじーっと見ている。
初めて一眼レフを買った時に同じ事をしてました。

このカメラは

掌-たなごころ‐

がいいのです。

幸せな気分になります。

参考になった16人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

geysirさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:114人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
2件
5件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感4

最小サイズで最高画質。
SONYが当初から掲げていたコンセプト。それは今も昔も変わらないままだ。他社から軒並み発売されたフルサイズミラーレスは十分に魅力的なスペックを備えているが、いくつかの点でそれらに乗り換える事は無いだろうと思っている。

【デザイン】

デザインは最高ではないが相対的に見るとこれ一択しかないのが現状だ。日本のプロダクトデザインのガラパゴス化は顕著であり、西洋諸国に比べて酷く遅れていると感じる中、最もグローバルでミニマルなモダニズムを備えたデザインコンセプトだと感じる。カメラは先進的なガジェットでありながら、身体性の延長線上にある機器なので、小さな躯体にミニマリズムとエルゴノミクスを上手く同居させることは非常に難しいプロダクトだと感じる。そういう意味では使い勝手の中にもプロダクトとしてのデザインコンセプトに上手く落とし込んだ数少ない製品。決して取ってつけたような差別化ゆえの成れの果て。アンバランスな寄せ集めの塊ではなく、各部、各パーツに共通する規則のあるデザインという意味ではこれに準ずるものは今のところ無い。

【画質】

撮って出しのjpgの事を画質と言うのであれば、あまりにも勿体無いので評価しない。
私にとってカメラは背負カゴと一緒で、如何にその瞬間にその場の情報を多く持ち帰れるかが重要なので、誰かが既に手を加えたインスタント食品が口に入るまで只々待つようなマネはしない。自分で調理してこそ、初めてそのカメラの質の良さを感じることが出来るとすれば、このカメラは十分過ぎるほどの量と質を詰め込めるのは間違いない。

【操作性】

α7Rから比べれば、格段に使いやすくなった。
マルチセレクターも搭載されるなど、撮影スピードも早くなった。ようやくマニュアル車からオートマチックに移り変わったぐらいの進化を感じる。扱いづらいと思う点も無いわけではないが、後は慣れの問題だろう。使いこなしてこそカメラだ。そういう意味では多機能な半面、素人向けではない。

【バッテリー】

バッテリー前機種と比べても格段に良くなった。
バッテリーを気にする事ほど撮影に支障をきたすことは無い。2個あれば安心。そう思わせてくれれば◎

【携帯性】

カメラにとっての携帯性は、画質や操作性以上に重要かもしれない。どんなに画質が良くとも、大きく重い機材は長く遠く持ち運ぶことが出来ない。精神的にも自然と脚が重くなり、遂には持ち出す事をしなくなってしまう。この点、靴と一緒で軽く履き心地の良い靴は、自然と身体を新たなフィールドへと運んで行ってくれる良い作用がある。このカメラは小さく、軽くとも十分に満足できる画質を提供してくれるポテンシャルを持っているので、持ち出す事は何の苦にもならない。カメラは持ち出して、撮ってこそ初めて上手くなるものだ。戸棚の中にしまっていては意味がない。
グリップが小さ事は欠点だが奥行きが少ない事でレンズを外した状態での持ち運びは実にコンパクトだ。サブ機でもう一台持っていてもシステム全体が実に軽量だ。海外スナップなどでは悪目立ちしなくて良いというメリットもある。大きくしたければ、ブラケットや縦グリやグリップエクステンダーなどなどオプションで如何様にもなるのだから、頼むから無駄に大きくしないでいて欲しい。それは逆に安易な考えだ。
 
【機能性】

正にてんこ盛りで、α7RII+α6500を売り払ってこれ一台にしたのも、AFと連写性能が格段に良くなった事で風景、ブツ撮りは勿論の事、動体撮影にも使えてしまう万能選手になりうると判断したからだ。APS-Cサイズにクロップしても1600万画素残れば御の字。よほど特殊な状況でない限り、これ一台であらゆる状況に使えてしまう心強さは、他にない唯一無二の存在だと感じている。

【液晶】

EVFはまだまだ改善の余地あり。チラつきが目につくことがある。
LCDディスプレイは薄く、シンプルでとても気に入っている点である。
ディスプレイは高級なテレビモニターのようにソリッドな板であって欲しい。

【ホールド感】

小指余り、がトレンドワードになりつつあるが、個人的には全く問題を感じていない。
前述の通りオプションでいくらでも解決するからだ。GABALE-QR-L-PLATE-BRACKETを使用しているが、見た目も使い勝手もとても良い。
アルカスイス互換の雲台に取り付け可能で且つ、縦幅も増すのであればデフォルトで大きいよりも用途が増えた事になる。
基本的には左手でレンズを支えるようにしているので、右手はシャッターを軽く押すようにすればギュッと握る必要など実は無いというのがそもそもある。

【総評】

全てがトップレベルの高性能カメラである事は間違いないが、使いこなすにはそれなりの知識と経験を要するので決して素人向けでは無い。
小さいからといって決して妥協があるわけではなく、携行し易いギリギリのサイズの中にどれだけの性能を詰め込めるか挑戦した意欲的なカメラだと思う。本来カメラはそう言うものだろう。このカメラのおかげで私の行動範囲は以前よりも遥かに広くなったし、今まで興味の無かった野生動物の世界まで知ることが出来た。これからも本質を見失わずにいいカメラづくりを続けてもらいたい。上記の理由から私にはこのカメラ一択だ。

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sige65さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:199人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
0件
自動車(本体)
2件
5件
レンズ
4件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性4
バッテリー無評価
携帯性4
機能性4
液晶無評価
ホールド感4
当機種
別機種
 

 

ニコンD7200から乗り換え。
そろそろフルサイズにと物色中に一眼レフでは重量がボディのみで1kg前後になるので躊躇しており、ミラーレスでは今のAPS-Cと同じくらいになるということでZ7を心待ちにしていたが、高機能ではあるが性能も価格も本格的過ぎ断念。
レンズも揃っているSonyに乗り換えたもの。レンズも24-105が納期待ちのため、24-70ツァイスで購入。
レンズセットで1kg弱で手持ちでも十分楽。高機能でカスタマイズボタンで機能切り替えが楽という触れ込みだが、まだまだ覚えられていないので多くは使えない。
高画素のものはピントがシビアと聞いていたが、現セットでは手持ちでも特に気にならない。望遠やシビアにキレのいい写真を追及される方には使い勝手は違ってくるでしょう。色のりもなかなかで十分気に入っている。
高画素なのでクロップしても自分には十分なような。
ボディサイズは確かに少し小さいが使用中は左手で支えるので右手は私はそんなに気にならない。
社外品のボディカバーでだいぶ使いやすくなった。
しかしレンズを付ければ結構な大きさになるので重量が増えなければもう少し大きくてもいいように思う。
GMレンズはちょっと高価でそろえるのが大変。f4通しでも十分なような。しかしテレコンは欲しいですな。
現像ソフトもわかりやすく使いやすい。ファイルサイズが大きいのでパソコンは結構なパワーがいるかも。
ホワイトバランス、シャープネス等変更時の反映がコアi7でも瞬時とはいかない。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KANADANさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶4
ホールド感4

仕事で30年以上キヤノンを愛用していましたが、4年前にa7s購入後はマウントアダプターなども使用してキヤノンと併用しています。やはり軽さも性能の内と50歳を越えてから実感しました。a7sでは純正レンズを使用してもAFの追従性に満足出来ませんでしたが、その後追加で購入したa7Rllでは改善が感じられました。ただ、それでもやはりインタビュー撮影などではキヤノン1DXか5DMk4を選んでいました。
このa7Rlllを購入する前にa7sをa7lllにコンバートしたのですが、AFの信頼性が個人的には驚くほど進化していて、瞳フォーカスなどを利用してインタビュー撮影などでも使用するようになりました。ずっと気がかりだったメモリーカードもスロットが2つになり心配事が減ったことも仕事で使う上では大きいメリットです。
今回a7Rllを入れ替えるにあたり、キヤノンがリリースしたEOS-Rと悩みましたが、ミラーレスカメラとしての使いやすさが進化を続けてきたSONYが勝っていると判断し、価格差はありましたがa7Rlllを選びました。
a7lllで享受していたメリットがもれなくこのa7Rlllでも使えるので、撮影のストレスを減らすことができました。
画質についてはISO感度6400でもライトルームで後処理をする事で容易に印刷に耐えるものだと感じています。
次のバージョンでどのように進化するのか今から楽しみです。

レベル
プロ
主な被写体
人物
夜景
室内
報道

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

(迫真さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:204人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
0件
デジタルカメラ
3件
0件
外付け ハードディスク
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種善福寺川の地域猫
当機種isoをかなり上げまくりの夜の公園
当機種善福寺川緑地のオオタカ

善福寺川の地域猫

isoをかなり上げまくりの夜の公園

善福寺川緑地のオオタカ

【デザイン】
ペンタ部の「SONY」のロゴに嫌悪感がある人は少なからず居るとは思いますが、ここまでこなれてきたSONYのカメラ事業の事を考えると、逆にイバリの効くデザインなのでは、と感じます。
特にペンタ部にロゴがある、ということはαのフルサイズなわけですから、ある意味「おっ!」と親近感さえ湧く時代が、もう来ているのでは。
とは言っても機能と自分へマッチするかどうかで買い物をしている僕にとってはそれほどデザインは重要ではありませんが、少なくともデザインとしてはすごく完成度が高いと思います。
【画質】
フルサイズとはこういうものか、とまざまざと感じさせてもらいました。近所の野鳥や風景を撮っても、解像度の凄まじさはオリンパスさんとは桁が違う感じです。
ただしisoはいくら明るいレンズを使ったとしても、夜間、それも人物を撮る時にはかなり難しいものがありました。
後発のα7M3の方が夜間や暗がりに関しては強い、というかノイズが目立たないので、結局M3の方をメインにすることになり、実質試用期間は10ヶ月でお役御免となりました。
【操作性】
モードダイアルを中押ししないとモード変更出来ないのが一番のネックです。明るいところでしたら問題ありませんが、まだαに慣れていない事もあり、暗所でまごつく事しばしば、、、、
【バッテリー】
先日丸一日、850枚ほど撮影しましたが、かなり保ちは良いと感じました。またUSB-Cケーブルでモバイルバッテリーから充電出来る事もあり、現状予備バッテリーは購入しておりません。荷物を少しでも軽く、少なくしたいのでこのシステムはとても助かります。
【携帯性】
それまでメインで使っていたO-MD E-M1 MarkUと比べると若干大きいかな?と感じる程度です。 O-MDやGH4で使っていたバッグに普通に収まるのは助かります。
他社製品をdisるわけではないですが、これがD850や5D MarkWだったらこうは行きません。小さすぎるのはもちろんんそれなりの弊害がありますが、この小ささは僕にとって、機能を殺さない「ジャストな」小ささ、と感じました。
ギターで言うならスタインバーガーのギター(もちろんUSA時代の)と言ったところでしょうか(解る人には解りますが解らない人には全く解らない例えでごめんなさい)
【機能性】
ものすごく充実しています。EVFの偉大さには感心せざるを得ません。また、ダイヤルが右側に集中しているため、望遠レンズ等を使っても左手はレンズホールドに集中出来るので、余計なストレスがありません。ただ、極所等では使っておりませんので防塵防滴、タフネスさについては試していないことが多すぎるので、意見を述べることは控えさせていただきます。
瞳AF・暗所での高感度耐性についてはまさかの後発のM3の方が優秀という結果になり、かなりがっくりしました。。。
ボディで発売時14万円の差はかなりでかかったです。

【液晶】このクラスの液晶で悪かろうはずがありません。非常に見やすく満足しています。
ただ、M3と比べてものすごく良い、という訳ではなく、よく言われている「M3は液晶が、、、」と言う感覚はありませんでした。
結局家でPhotoshopなどで確認・編集する僕としてはどちらも大差なく感じます。
【ホールド感】
GH4、O-MDなどと比べても全く違和感無く、スッと馴染めるホールド感です。僕はバッテリーグリップは付けず、小指で底部をホールドする感じです。
【総評】
仕事での物撮りからはまり込み、風景、スナップ、そしてライブ撮影へと深みにハマる内にどうしてもフルサイズの必要性を感じ、予約して購入いたしました。
途中まさかのM3のアナウンスにより、3ヶ月併用、もちろん解像度の素晴らしさは認めるとしても、自分のニーズとしてはM3の方が勝っている結果になり、今後はS3の発表を待ってレンズを吟味して揃えていこうと思います。
実は去年RM2を1ヶ月レンタルしたことがあるのですが、その際のAFの遅さなどにかなりがっくりしたのですが、RM3になって、ほぼ別物、と言って良いくらいAFが早くなりました。
ニコン・キャノンが本格的にフルサイズミラーレス市場に参戦して来ましたが、やはり新規格がこなれるには最低でも3世代は必要、ということでしょうか。
確かに「パーフェクト!」なカメラではありませんが、それ以上の物をSONYさんは感じさせてくれます。
物獲り・暗所でフラッシュが炊けない状況の撮影がメインなので、M3に以降しましたが、SONYの新規格は今後も応援していきたく思います。
もちろんニコン・キャノンさんがそれ以上の物を出す、というのであればそれはそれで期待しております。
三国志ではないですが、やはり競合勢力が3つある、というのは市場にとってものすごく健康的な状況だと思いますので、今後もSONYさんの動向を追っていきたく思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

買物親父さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感4

写りに関しては満足してますが
やはり 雨天時は問題ありますね
5DマークVでは 多少の雨天時でも まず 問題なく撮れますが
α7rVでは 無理ですね 今回で2度目の雨天使用ですが
1回目は 作動しなくなり 電源を切ったり バッテリーを抜いて対応しましたが
今回は 前半の100枚ほど 保存されていませんでしたね
これでは プロカメラマンの人は 不安ですね
私はアマチュアですので 雨天時は他のカメラを使えばいいですが
プロはメイン機では不安で使えないかな?
これは 批判なので削除されるかも知れませんが
実体験ですのでごめんなさいね

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物

参考になった48

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R III ILCE-7RM3 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R III ILCE-7RM3 ボディ
SONY

α7R III ILCE-7RM3 ボディ

最安価格(税込):¥278,000発売日:2017年11月25日 価格.comの安さの理由は?

α7R III ILCE-7RM3 ボディをお気に入り製品に追加する <2427

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意