『TEACのリファレンス マスタークロックジェネレーター!!』 TEAC CG-10M 組紐屋の竜.さんのレビュー・評価

CG-10M 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥143,856

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥143,856

PREMOA(A-price)

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥143,856〜¥159,841 (15店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥159,840 〜 ¥159,840 (全国701店舗)最寄りのショップ一覧

製品種類:マスタークロックジェネレーター 消費電力:15.6W 幅x高さx奥行:290x84.5x248.7mm CG-10Mのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CG-10Mの価格比較
  • CG-10Mの店頭購入
  • CG-10Mのスペック・仕様
  • CG-10Mのレビュー
  • CG-10Mのクチコミ
  • CG-10Mの画像・動画
  • CG-10Mのピックアップリスト
  • CG-10Mのオークション

CG-10MTEAC

最安価格(税込):¥143,856 (前週比:±0 ) 発売日:2017年10月28日

  • CG-10Mの価格比較
  • CG-10Mの店頭購入
  • CG-10Mのスペック・仕様
  • CG-10Mのレビュー
  • CG-10Mのクチコミ
  • CG-10Mの画像・動画
  • CG-10Mのピックアップリスト
  • CG-10Mのオークション

『TEACのリファレンス マスタークロックジェネレーター!!』 組紐屋の竜.さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CG-10Mのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:182件
  • 累計支持数:324人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
9件
789件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
518件
イヤホン・ヘッドホン
3件
83件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
TEACのリファレンス マスタークロックジェネレーター!!

AK380、AK320は、ifiののOTGケーブル+USBケーブルでifiのipurifier2を噛まして接続

UD505とCGー10Mのリアパネル

CGー10Mのフロントアナログメーター(このメーター位置で安定している状態です。)

【デザイン】
シンプルなデザインで格好良いです。日本でのリリースはSilverのみとなります。
【音質】
マスタークロックジェネレーターの外部クロック入力でも、BNC同軸ケーブル、電源ケーブル、デジタルトランスポート、オーディオグレードの電源タップ等の影響を大いに受けます。

オーディオグレードのUSBケーブル、解像度の高い電源ケーブル、解像度の高いBNC同軸ケーブル等を利用する事が条件となりますが、電源を入れて約40分から45分くらいで安定した状態で使用出来る感じですかね。

購入して初日で電源を入れて約40分くらいで十分音質の変化を感じられました。

取扱説明書には、電源を入れて2分で使えるとは書いてますが、TEACサポートセンターに電話しても電源を入れて約2分で使えますが安定するのに約30分から1時間くらいかかるとの事でしたね。
発売当初、ヨドバシカメラ梅田店でも試聴会を行っている様ですが、電源を入れて約30分から45分で安定する感じで変化を十分感じられたそうです。
【操作性】
ノイズ対策された解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、解像度の高いノイズ対策されたBNC同軸ケーブル、解像度の高いノイズ対策された電源ケーブル等を使用する事が条件ですが、取扱説明書に記載と通り繋ぐだけです。
入力は、取扱説明書に記載の通り50ΩのBNC同軸ケーブルなので、50ΩのBNC同軸ケーブルをインピーダンスマッチングの兼ね合いで使用しています。(サイバーシャフトの50ΩBNCセミリジッドケーブル)
サイバーシャフトの50Ωの安い方のRG58A/Uも試しましたが、ifi micro iLINK付属のBNC同軸ケーブル(たぶん75Ωだと思います。取扱説明書にもインピーダンスの記載は有りませんが…)より音質的に劣ってましたね(笑)
ケーブルの質は、同程度だと思いますがBNC端子のグレードは、ifi micro iLINKの方がグレードが高い感じでしたね。
(サポセンに電話したところ75ΩのBNC同軸ケーブルも一応動作するみたいですとの事だったので、50ΩのBNC同軸ケーブル2機種と合わせて3種類BNC同軸ケーブルを試しました。)

UD505と繋いでますが、UD505本体でCLOK SYNCをONにするだけです。
【機能性】
TEACリファレンスOCXOを搭載していて、オーブンタイプで立ち上がりも早く、安定もし易いTEACのマスタークロックジェネレーターとなります。

マスタークロックジェネレーターには珍しい、フロントパネルのアナログメーターで安定度合いが確認取れる様になってします。
(アナログメーター2より1メモリ値が低いところが安定している状態の様です。)写真参照

TEACサポートセンターに電話確認していますが、取扱説明書に記載の通り電源を入れて約2分で使えますが、安定するのに約30分から1時間かかるので、CGー10Mの電源は入れっぱなしで使用しない時はUD505の電源だけを落とせば良いとの事です。
【総評】
電源ケーブルも付属品の純正の物、オヤイデの付属ケーブルよりちょっと解像度が高く、音の分離も高く、縦軸のサウンドステージもちょっと広い楽曲用、録音用の電源ケーブルとゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUPの解像度上げる系の物、アコースティックリバイブの縦軸のサウンドステージを向上させる物等4種類程度試しましたが、解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUP系のゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の電源ケーブルが外部クロック入力の変化を観じやすく良かったのです。

購入当初は、上述したケーブル類でPCとifiのノイズ低減のアクセサリー類(ifiのipurifier2、ifiのiDefender3.0、ifiのiPower5V)併用して使用しましたが、所詮PCオーディオなのでUD503、UD505に音質的に最適化されたPDー501HRにゾノトーンのフラッグクラスのRCAケーブルからのLINE OUTより、やはり音質的には良いBNC同軸ケーブル、電源ケーブル等を使用しても一歩劣るがPCオーディオでは十分楽しめるので星4つの評価にしようと思ってましたが、デジタルトランスポートをAK380、AK320、ZX2かZX100+BCRーNWH10+オーディオグレードのUSBケーブル+ifiのipurifier2→UD505にデジタルトランスポートを変更すると、更にS/N比、ジッターも低減され超高解像度のクリアな音質になりました。

CGー10Mを購入して変化がイマイチの人は、高解像度の電源ケーブル、高解像度のBNC同軸ケーブル、デジタルトランスポート(SPDIF接続の光、同軸デジタル接続のプレイヤー、フェムトクロック等の高精度のクロック搭載のUSB DDCは、プレイヤー、USB DDCの高精度のクロックを利用するのでUSBデジタル接続のみ有効となります。)を変更するとビックリするくらい超高解像度の音質で各楽器の音の定位も定まってリスニング出来ます。

フラッグシップクラスのDAPの方が解像度、音の分離能、縦軸のサウンドステージも良い感じですね。
DAPのデジタルアウトは、DAPの電子回路を経由してデジタルアウトするので、解像度、S/N比、音の厚み、低音域、美音系等のキャラクターもキチンとデジタルアウトされるので。

CGー10Mを使いこなすコツは、高解像度の電源ケーブルへ変更する事、オーディオグレードのUSBケーブル(使用しているのは、AIM電子のフラッグシップUSBケーブル UA3 1m、SAEC SUPRA USB 1m、オルトフォン DGIーK2 Silver 1mを各PCを含むデジタルトランスポートに相性も合わせて使用しています。)、解像度の高いBNC同軸ケーブル、高級DAP等を使用したデジタルトランスポートでしょうかね。

PC→オーディオグレードのUSBケーブル、安価なサイバーシャフトの50Ωの安物のBNCケーブル(RG58A/U)+CGー10M純正ケーブルくらいでは何時間CGー10Mの電源を入れっぱなしにしておいてもCGー10Mの良さは感じられないでしょう。

サポセンに確認していますがUD505は、発熱も殆どないのでUD505の上に乗せて使用しても囲われて熱が籠もる環境でなければ大丈夫との事です。私の環境では横置きも出来る様にしていますが撮影では面倒くさいので縦置きで撮影しています。

又、NT505、エソテリックのKー05Xs等にも使用出来ます。

参考になった3人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
TEACのリファレンス マスタークロックジェネレーター!!

AK380、AK320は、ifiののOTGケーブル+USBケーブルでifiのipurifier2を噛まして接続

UD505とCGー10Mのリアパネル

CGー10Mのフロントアナログメーター(このメーター位置で安定している状態です。)

【デザイン】
シンプルなデザインで格好良いです。日本でのリリースはSilverのみとなります。
【音質】
マスタークロックジェネレーターの外部クロック入力でも、BNC同軸ケーブル、電源ケーブル、デジタルトランスポート、オーディオグレードの電源タップ等の影響を大いに受けます。

オーディオグレードのUSBケーブル、解像度の高い電源ケーブル、解像度の高いBNC同軸ケーブル等を利用する事が条件となりますが、電源を入れて約40分から45分くらいで安定した状態で使用出来る感じですかね。

購入して初日で電源を入れて約40分くらいで十分音質の変化を感じられました。

取扱説明書には、電源を入れて2分で使えるとは書いてますが、TEACサポートセンターに電話しても電源を入れて約2分で使えますが安定するのに約30分から1時間くらいかかるとの事でしたね。
発売当初、ヨドバシカメラ梅田店でも試聴会を行っている様ですが、電源を入れて約30分から45分で安定する感じで変化を十分感じられたそうです。
【操作性】
ノイズ対策された解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、解像度の高いノイズ対策されたBNC同軸ケーブル、解像度の高いノイズ対策された電源ケーブル等を使用する事が条件ですが、取扱説明書に記載と通り繋ぐだけです。
入力は、取扱説明書に記載の通り50ΩのBNC同軸ケーブルなので、50ΩのBNC同軸ケーブルをインピーダンスマッチングの兼ね合いで使用しています。(サイバーシャフトの50ΩBNCセミリジッドケーブル)
サイバーシャフトの50Ωの安い方のRG58A/Uも試しましたが、ifi micro iLINK付属のBNC同軸ケーブル(たぶん75Ωだと思います。取扱説明書にもインピーダンスの記載は有りませんが…)より音質的に劣ってましたね(笑)
ケーブルの質は、同程度だと思いますがBNC端子のグレードは、ifi micro iLINKの方がグレードが高い感じでしたね。
(サポセンに電源したところ75ΩのBNC同軸ケーブルも一応動作するみたいですとの事だったので、50ΩのBNC同軸ケーブル2機種と合わせて3種類BNC同軸ケーブルを試しました。)

UD505と繋いでますが、UD505本体でCLOK SYNCをONにするだけです。
【機能性】
TEACリファレンスOCXOを搭載していて、オーブンタイプで立ち上がりも早く、安定もし易いTEACのマスタークロックジェネレーターとなります。

マスタークロックジェネレーターには珍しい、フロントパネルのアナログメーターで安定度合いが確認取れる様になってします。
(アナログメーター2より1メモリ値が低いところが安定している状態の様です。)写真参照

TEACサポートセンターに電話確認していますが、取扱説明書に記載の通り電源を入れて約2分で使えますが、安定するのに約30分から1時間かかるので、CGー10Mの電源は入れっぱなしで使用しない時はUD505の電源だけを落とせば良いとの事です。
【総評】
電源ケーブルも付属品の純正の物、オヤイデの付属ケーブルよりちょっと解像度が高く、音の分離も高く、縦軸のサウンドステージもちょっと広い楽曲用、録音用の電源ケーブルとゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUPの解像度上げる系の物、アコースティックリバイブの縦軸のサウンドステージを向上させる物等4種類程度試しましたが、解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUP系のゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の電源ケーブルが外部クロック入力の変化を観じやすく良かったのです。

購入当初は、上述したケーブル類でPCとifiのノイズ低減のアクセサリー類(ifiのipurifier2、ifiのiDefender3.0、ifiのiPower5V)併用して使用しましたが、所詮PCオーディオなのでUD503、UD505に音質的に最適化されたPDー501HRにゾノトーンのフラッグクラスのRCAケーブルからのLINE OUTより、やはり音質的には良いBNC同軸ケーブル、電源ケーブル等を使用しても一歩劣るがPCオーディオでは十分楽しめるので星4つの評価にしようと思ってましたが、デジタルトランスポートをAK380、AK320、ZX2かZX100+BCRーNWH10+オーディオグレードのUSBケーブル+ifiのipurifier2→UD505にデジタルトランスポートを変更すると、更にS/N比、ジッターも低減され超高解像度のクリアな音質になりました。

CGー10Mを購入して変化がイマイチの人は、高解像度の電源ケーブル、高解像度のBNC同軸ケーブル、デジタルトランスポート(SPDIF接続の光、同軸デジタル接続のプレイヤー、フェムトクロック等の高精度のクロック搭載のUSB DDCは、プレイヤー、USB DDCの高精度のクロックを利用するのでUSBデジタル接続のみ有効となります。)を変更するとビックリするくらい超高解像度の音質で各楽器の音の定位も定まってリスニング出来ます。

フラッグシップクラスのDAPの方が解像度、音の分離能、縦軸のサウンドステージも良い感じですね。
DAPのデジタルアウトは、DAPの電子回路を経由してデジタルアウトするので、解像度、S/N比、音の厚み、低音域、美音系等のキャラクターもキチンとデジタルアウトされるので。

CGー10Mを使いこなすコツは、高解像度の電源ケーブルへ変更する事、オーディオグレードのUSBケーブル(使用しているのは、AIM電子のフラッグシップUSBケーブル UA3 1m、SAEC SUPRA USB 1m、オルトフォン DGIーK2 Silver 1mを各PCを含むデジタルトランスポートに相性も合わせて使用しています。)、解像度の高いBNC同軸ケーブル、高級DAP等を使用したデジタルトランスポートでしょうかね。

PC→オーディオグレードのUSBケーブル、安価なサイバーシャフトの50Ωの安物のBNCケーブル(RG58A/U)+CGー10M純正ケーブルくらいでは何時間CGー10Mの電源を入れっぱなしにしておいてもCGー10Mの良さは感じられないでしょう。

サポセンに確認していますがUD505は、発熱も殆どないのでUD505の上に乗せて使用しても囲われて熱が籠もる環境でなければ大丈夫との事です。私の環境では横置きも出来る様にしていますが撮影では面倒くさいので縦置きで撮影しています。

又、NT505、エソテリックのKー05Xs等にも使用出来ます。

参考になった0

満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
TEACのリファレンス マスタークロックジェネレーター!!

AK380、AK320は、ifiののOTGケーブル+USBケーブルでifiのipurifier2を噛まして接続

UD505とCGー10Mのリアパネル

CGー10Mのフロントアナログメーター(このメーター位置で安定している状態です。)

【デザイン】
シンプルなデザインで格好良いです。日本でのリリースは、Silverのみとなります。海外モデルには、BLACKモデルも有りますが。
【音質】
マスタークロックジェネレーターの外部クロック入力でも、BNC同軸ケーブル、電源ケーブル、デジタルトランスポート、オーディオグレードの電源タップ等の影響を大いに受けます。

解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、電源ケーブル、解像度の高いグレードの高いBNC同軸ケーブル等を利用する事が条件となりますが、電源を入れて約40分から45分くらいで安定した状態で使用出来る感じですかね。

購入して初日で電源を入れて約40分くらいで十分音質の変化を感じられました。

取扱説明書には、電源を入れて2分で使えるとは書いてますが、TEACサポートセンターに電話しても電源を入れて約2分で使えますが安定するのに約30分から1時間くらいかかるとの事でしたね。
発売当初、ヨドバシカメラ梅田店でも試聴会を行っている様ですが、電源を入れて約30分から45分で安定する感じで変化を十分感じられたそうです。
【操作性】
ノイズ対策された解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、解像度の高いノイズ対策されたBNC同軸ケーブル、解像度の高いノイズ対策された電源ケーブル等を使用する事が条件ですが、取扱説明書に記載と通り繋ぐだけです。
入力は、取扱説明書に記載の通り50ΩのBNC同軸ケーブルなので、50ΩのBNC同軸ケーブルをインピーダンスマッチングの兼ね合いで使用しています。(サイバーシャフトの50ΩBNCセミリジットケーブル)
サイバーシャフトの50Ωの安い方のRG58A/Uも試しましたが、ifi micro iLINK付属のBNC同軸ケーブル(たぶん75Ωだと思います。取扱説明書にもインピーダンスの記載は有りませんが…)より音質的に劣ってましたね(笑)
ケーブルの質は、同等程度だと思いますがBNC端子のグレードは、ifi micro iLINKの方がグレードが高い感じでしたね。
(サポセンに電源したところ75ΩのBNC同軸ケーブルも一応動作するみたいですとの事だったので、50ΩのBNC同軸ケーブル2機種と合わせて3種類BNC同軸ケーブルを試しました。)

UD505と繋いでますが、本体でCLOK SYNCをONにしてCGー10Mの外部クロックに切り替えるだけです。
フロントパネルのCLOKのランプがブルーに点灯すればOKです。
【機能性】
TEACリファレンスOCXOを搭載していて、オーブンタイプで立ち上がりも早く、安定もしやすいTEACのマスタークロックジェネレーターとなります。

マスタークロックジェネレーターには珍しい、フロントパネルのアナログメーターで安定度合いが確認取れる様になってします。
(アナログメーター2より1メモリ値が低いところが安定している状態の様です。)写真参照

TEACサポートセンターに電源確認していますが、取扱説明書に記載の通り電源を入れて約2分で使えますが、安定するのに約30分から1時間かかるので、CGー10Mの電源は入れっぱなしで使用しない時はUD505の電源だけを落とせば良いとの事です。
【総評】
電源ケーブルも付属品の純正の物、オヤイデの付属ケーブルよりちょっと解像度が高く、音の分離も高く、縦軸のサウンドステージもちょっと広い楽曲用、録音用の電源ケーブルとゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUPの解像度上げる系の物、アコースティックリバイブの縦軸のサウンドステージを向上させる物等4種類程度試しましたが、解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUP系のゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の電源ケーブルが外部クロック入力の変化を観じやすく良かったのです。

購入当初は、上述したケーブル類でPCとifiのノイズ低減のアクセサリー類(ifiのipurifier2、ifiのiDefender3.0、ifiのiPower5V)併用して使用しましたが、所詮PCオーディオなのでUD503、UD505に音質的に最適化されたPDー501HRのゾノトーンのフラッグクラスのRCAケーブルからのLINE OUTより、やはり音質的には良いBNC同軸ケーブル、電源ケーブル等を使用しても一歩劣るがPCオーディオでは十分楽しめるので星4つの評価にしようと思ってましたが、デジタルトランスポートをAK380、AK320、ZX2かZX100+BCRーNWH10+オーディオグレードのUSBケーブル+ifiのipurifier2→UD505にデジタルトランスポートを変更すると、更にS/N比、ジッターも低減され超高解像度のクリアな音質になりました。

CGー10Mを購入して変化がイマイチの人は、高解像度の電源ケーブル、高解像度のBNC同軸ケーブル、デジタルトランスポート(SPDIF接続の光、同軸デジタル接続のプレイヤー、フェムトクロック等の高精度のクロック搭載のUSB DDCは、プレイヤー、USB DDCの高精度のクロックを利用するのでUSBデジタル接続のみ有効となります。)を変更するとビックリするくらい超高解像度の音質で各楽器の音の定位も定まってリスニング出来ます。

フラッグシップクラスのDAPの方が解像度、音の分離能、縦軸のサウンドステージも良い感じですね。

CGー10Mを使いこなすコツは、高解像度の電源ケーブルへ変更する事、オーディオグレードのUSBケーブル(使用しているのは、AIM電子のフラッグシップUSBケーブル UA3 1m、SAEC SUPRA USB 1m、オルトフォン DGIーK2 Silver 1mを各PCを含むデジタルトランスポートに相性も合わせて使用しています。)、解像度の高いBNC同軸ケーブル、高級機DAP等を使用したデジタルトランスポートでしょうかね。


PC→オーディオグレードのUSBケーブル、安価なサイバーシャフトの50Ωの安物のBNCケーブル(RG58A/U)+CGー10M純正ケーブルくらいでは何時間CGー10Mの電源を入れっぱなしにしておいてもCGー10Mの良さは感じられないでしょう。

サポセンに確認していますがUD505は、発熱も殆どないのでUD505の上に乗せて使用しても囲われて熱が籠もる環境でなけらば大丈夫との事です。私の環境では横置きも出来る様にしていますが、撮影では面倒くさいので縦置きで撮影しています。

又、NT505、エソテリックのKー05Xs等にも使用出来ます。




参考になった0

満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
TEACのリファレンス マスタークロックジェネレーター!!

AK380、AK320は、ifiののOTGケーブル+USBケーブルでifiのipurifier2を噛まして接続

UD505とCGー10Mのリアパネル

CGー10Mのフロントアナログメーター(このメーター位置で安定している状態です。)

【デザイン】
シンプルなデザインで格好良いです。日本でのリリースは、Silverのみとなります。海外モデルには、BLACKモデルも有りますが。
【音質】
マスタークロックジェネレーターの外部クロック入力でも、BNC同軸ケーブル、電源ケーブル、デジタルトランスポート、オーディオグレードの電源タップ等の影響を大いに受けます。

解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、電源ケーブル、解像度の高いグレードの高いBNC同軸ケーブル等を利用する事が条件となりますが、電源を入れて約40分から45分くらいで安定した状態で使用出来る感じですかね。

購入して初日で電源を入れて約40分くらいで十分音質の変化を感じられました。

取扱説明書には、電源を入れて2分で使えるとは書いてますが、TEACサポートセンターに電話しても電源を入れて約2分で使えますが安定するのに約30分から1時間くらいかかるとの事でしたね。
発売当初、ヨドバシカメラ梅田店でも試聴会を行っている様ですが、電源を入れて約30分から45分で安定する感じで変化を十分感じられたそうです。
【操作性】
ノイズ対策された解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、解像度の高いノイズ対策されたBNC同軸ケーブル、解像度の高いノイズ対策された電源ケーブル等を使用する事が条件ですが、取扱説明書に記載と通り繋ぐだけです。
入力は、取扱説明書に記載の通り50ΩのBNC同軸ケーブルなので、50ΩのBNC同軸ケーブルをインピーダンスマッチングの兼ね合いで使用しています。(サイバーシャフトの50ΩBNCセミリジットケーブル)
サイバーシャフトの50Ωの安い方のRG58A/Uも試しましたが、ifi micro iLINK付属のBNC同軸ケーブル(たぶん75Ωだと思います。取扱説明書にもインピーダンスの記載は有りませんが…)より音質的に劣ってましたね(笑)
ケーブルの質は、同等程度だと思いますがBNC端子のグレードは、ifi micro iLINKの方がグレードが高い感じでしたね。
(サポセンに電源したところ75ΩのBNC同軸ケーブルも一応動作するみたいですとの事だったので、50ΩのBNC同軸ケーブル2機種と合わせて3種類BNC同軸ケーブルを試しましたが。)

UD505と繋いでますが、本体でCLOK SYNCをONにしてCGー10Mの外部クロックに切り替えるだけです。
フロントパネルのCLOKのランプがブルーに点灯すればOKです。
【機能性】
TEACリファレンスOCXOを搭載していて、オーブンタイプで立ち上がりも早く、安定もしやすいTEACのマスタークロックジェネレーターとなります。

マスタークロックジェネレーターには珍しい、フロントパネルのアナログメーターで安定度合いが確認取れる様になってします。
(アナログメーター2より1メモリ値が低いところが安定している状態の様です。)写真参照

TEACサポートセンターに電源確認していますが、取扱説明書に記載の通り電源を入れて約2分で使えますが、安定するのに約30分から1時間かかるので、CGー10Mの電源は入れっぱなしで使用しない時はUD505の電源だけを落とせば良いとの事です。
【総評】
電源ケーブルも付属品の純正の物、オヤイデの付属ケーブルよりちょっと解像度が高く、音の分離も高く、縦軸のサウンドステージもちょっと広い楽曲用、録音用の電源ケーブルとゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUPの解像度上げる系の物、アコースティックリバイブの縦軸のサウンドステージを向上させる物等4種類程度試しましたが、解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUP系のゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の電源ケーブルが外部クロック入力の変化を観じやすく良かったので、ゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の電源ケーブルを使用しています。

購入当初は、上述したケーブル類でPCとifiのノイズ低減のアクセサリー類(ifiのipurifier2、ifiのiDefender3.0、ifiのiPower5V)併用して使用しましたが、所詮PCオーディオなのでUD503、UD505に音質的に最適化されたPDー501HRのゾノトーンのフラッグクラスのRCAケーブルからのLINE OUTより、やはり音質的には良いBNC同軸ケーブル、電源ケーブル等を使用しても一歩劣るがPCオーディオでは十分楽しめるので星4つの評価にしようと思ってましたが、デジタルトランスポートをAK380、AK320、ZX2かZX100+BCRーNWH10+オーディオグレードのUSBケーブル+ifiのipurifier2→UD505にデジタルトランスポートを変更すると、更にS/N比、ジッターも低減され超高解像度のクリアな音質になりました。

CGー10Mを購入して変化がイマイチの人は、電源ケーブル、BNC同軸ケーブル、デジタルトランスポート(SPDIF接続の光、同軸デジタル接続のプレイヤー、フェムトクロック等の高精度のクロック搭載のUSB DDCは、プレイヤー、USB DDCの高精度のクロックを利用するのでUSBデジタル接続のみ有効となります。)を変更するとビックリするくらい超高解像度の音質で各楽器の音の定位も定まってリスニング出来ます。

フラッグシップクラスのDAPの方が解像度、音の分離能、縦軸のサウンドステージも良い感じですね。

CGー10Mを使いこなすコツは、オーディオグレードのUSBケーブル(使用しているのは、AIM電子のフラッグシップUSBケーブル UA3 1m、SAEC SUPRA USB 1m、オルトフォン DGIーK2 Silver 1mを各PCを含むデジタルトランスポートに相性も合わせて使用しています。)、解像度の高いBNC同軸ケーブル、高級機DAP等を使用したデジタルトランスポートでしょうかね。

PC→オーディオグレードのUSBケーブル、安価なサイバーシャフトの50Ωの安物のBNCケーブル(RG58A/U)+CGー10M純正ケーブルくらいでは何時間CGー10Mの電源を入れっぱなしにしておいてもCGー10Mの良さは感じられないでしょう。

サポセンに確認していますがUD505は、発熱も殆どないのでUD505の上に乗せて使用しても囲われて熱が籠もる環境でなけらば大丈夫との事です。私の環境では横置きも出来る様にしていますが、撮影では面倒くさいので縦置きで撮影しています。

又、NT505、エソテリックのKー05Xs等にも使用出来ます。

参考になった1

満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
TEACのリファレンス マスタークロックジェネレーター!!

【デザイン】
シンプルなデザインで格好良いです。日本でのリリースは、Silverのみとなります。海外モデルには、BLACKモデルも有りますが。
【音質】
マスタークロックジェネレーターの外部クロック入力でも、BNC同軸ケーブル、電源ケーブル、デジタルトランスポート、オーディオグレードの電源タップ等の影響を大いに受けます。

解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、電源ケーブル、解像度の高いグレードの高いBNC同軸ケーブル等を利用する事が条件となりますが、電源を入れて約40分から45分くらいで安定した状態で使用出来る感じですかね。

購入して初日で電源を入れて約40分くらいで十分音質の変化を感じられました。

取扱説明書には、電源を入れて2分で使えるとは書いてますが、TEACサポートセンターに電話しても電源を入れて約2分で使えますが安定するのに約30分から1時間くらいかかるとの事でしたね。
発売当初、ヨドバシカメラ梅田店でも試聴会を行っている様ですが、電源を入れて約30分から45分で安定する感じで変化を十分感じられたそうです。
【操作性】
ノイズ対策された解像度の高いオーディオグレードのUSBケーブル、解像度の高いノイズ対策されたBNC同軸ケーブル、解像度の高いノイズ対策された電源ケーブル等を使用する事が条件ですが、取扱説明書に記載と通り繋ぐだけです。
入力は、取扱説明書に記載の通り50ΩのBNC同軸ケーブルなので、50ΩのBNC同軸ケーブルをインピーダンスマッチングの兼ね合いで使用しています。(サイバーシャフトの50ΩBNCセミリジットケーブル)
サイバーシャフトの50Ωの安い方のRG58A/Uも試しましたが、ifi micro iLINK付属のBNC同軸ケーブル(たぶん75Ωだと思います。取扱説明書にもインピーダンスの記載は有りませんが…)より音質的に劣ってましたね(笑)
ケーブルの質は、同等程度だと思いますがBNC端子のグレードは、ifi micro iLINKの方がグレードが高い感じでしたね。
(サポセンに電源したところ75ΩのBNC同軸ケーブルも一応動作するみたいですとの事だったので、50ΩのBNC同軸ケーブル2機種と合わせて3種類BNC同軸ケーブルを試しましたが。)

UD505と繋いでますが、本体でCLOK SYNCをONにしてCGー10Mの外部クロックに切り替えるだけです。
フロントパネルのCLOKのランプがブルーに点灯すればOKです。
【機能性】
TEACリファレンスOCXOを搭載していて、オーブンタイプで立ち上がりも早く、安定もしやすいTEACのマスタークロックジェネレーターとなります。

マスタークロックジェネレーターには珍しい、フロントパネルのアナログメーターで安定度合いが確認取れる様になってします。
(アナログメーター2より1メモリ値が低いところが安定している状態の様です。)写真参照

TEACサポートセンターに電源確認していますが、取扱説明書に記載の通り電源を入れて約2分で使えますが、安定するのに約30分から1時間かかるので、CGー10Mの電源は入れっぱなしで使用しない時はUD505の電源だけを落とせば良いとの事です。
【総評】
電源ケーブルも付属品の純正の物、オヤイデの付属ケーブルよりちょっと解像度が高く、音の分離も高く、縦軸のサウンドステージもちょっと広い楽曲用、録音用の電源ケーブルとゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUPの解像度上げる系の物、アコースティックリバイブの縦軸のサウンドステージを向上させる物等4種類程度試しましたが、解像度UP、音の分離能UP、音の厚みUP系のゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の電源ケーブルが外部クロック入力の変化を観じやすく良かったので、ゾノトーンの3ピン ハイブリッド導体の電源ケーブルを使用しています。

購入当初は、上述したケーブル類でPCとifiのノイズ低減のアクセサリー類(ifiのipurifier2、ifiのiDefender3.0、ifiのiPower5V)併用して使用しましたが、所詮PCオーディオなのでUD503、UD505に音質的に最適化されたPDー501HRのゾノトーンのフラッグクラスのRCAケーブルからのLINE OUTより、やはり音質的には良いBNC同軸ケーブル、電源ケーブル等を使用しても一歩劣るがPCオーディオでは十分楽しめるので星4つの評価にしようと思ってましたが、デジタルトランスポートをAK380、AK320、ZX2かZX100+BCRーNWH10+オーディオグレードのUSBケーブル+ifiのipurifier2→UD505にデジタルトランスポートを変更すると、更にS/N比、ジッターも低減され超高解像度のクリアな音質になりました。

CGー10Mを購入して変化がイマイチの人は、電源ケーブル、BNC同軸ケーブル、デジタルトランスポート(SPDIF接続の光、同軸デジタル接続のプレイヤー、フェムトクロック等の高精度のクロック搭載のUSB DDCは、プレイヤー、USB DDCの高精度のクロックを利用するのでUSBデジタル接続のみ有効となります。)を変更するとビックリするくらい超高解像度の音質で各楽器の音の定位も定まってリスニング出来ます。

フラッグシップクラスのDAPの方が解像度、音の分離能、縦軸のサウンドステージも良い感じですね。

CGー10Mを使いこなすコツは、オーディオグレードのUSBケーブル(使用しているのは、AIM電子のフラッグシップUSBケーブル UA3 1m、SAEC SUPRA USB 1m、オルトフォン DGIーK2 Silver 1mを各PCを含むデジタルトランスポートに相性も合わせて使用しています。)、解像度の高いBNC同軸ケーブル、高級機DAP等を使用したデジタルトランスポートでしょうかね。

PC→オーディオグレードのUSBケーブル、安価なサイバーシャフトの50Ωの安物のBNCケーブル(RG58A/U)+CGー10M純正ケーブルくらいでは何時間CGー10Mの電源を入れっぱなしにしておいてもCGー10Mの良さは感じられないでしょう。

サポセンに確認していますがUD505は、発熱も殆どないのでUD505の上に乗せて使用しても囲われて熱が籠もる環境でなけらば大丈夫との事です。私の環境では横置きも出来る様にしていますが、撮影では面倒くさいので縦置きで撮影しています。

又、NT505、エソテリックのKー05Xs等にも使用出来ます

参考になった0

あなたのレビューを投稿しませんか?

CG-10Mのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

CG-10M
TEAC

CG-10M

最安価格(税込):¥143,856発売日:2017年10月28日 価格.comの安さの理由は?

CG-10Mをお気に入り製品に追加する <50

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[その他オーディオ機器]

その他オーディオ機器の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(その他オーディオ機器)

ご注意