『Power Director 16 Ultraレビュー(再)』 CYBERLINK PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版 色異夢悦彩無さんのレビュー・評価

2017年10月13日 発売

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

販売形態:パッケージ版 ライセンス形式:乗り換え/アップグレード版 PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版の価格比較
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版の店頭購入
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のスペック・仕様
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビュー
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のクチコミ
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版の画像・動画
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のピックアップリスト
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のオークション

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版CYBERLINK

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月13日

  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版の価格比較
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版の店頭購入
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のスペック・仕様
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビュー
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のクチコミ
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版の画像・動画
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のピックアップリスト
  • PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 動画編集ソフト > CYBERLINK > PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版

『Power Director 16 Ultraレビュー(再)』 色異夢悦彩無さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:197人
  • ファン数:20人

よく投稿するカテゴリ

動画編集ソフト
37件
2409件
ビデオカメラ
0件
279件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
92件
もっと見る
満足度5
機能性4
使いやすさ5
安定性5
軽快性5
サポート5
マニュアル4
Power Director 16 Ultraレビュー(再)

起動画面

編集画面

ビデオコラージュデザイナー

   

カラーマッチ

   

Power Director 16 (PDR16) Ultraのレビューで、一部修正です。
−−−ビルド2313にアップデートしてから、暫く利用していなかったQTアニメーションアルファの動画ファイルを読み込んでみると背景透過していてアルファチヤンネルが有効になってました。この点について下記のレビューを一部修正して再掲します。−−−

乗換え・アップグレード版はCyberLink製品か他社動画編集ソフト製品を持っていれば購入できます (OS付属ソフトやフリーソフトは対象外、バンドル版はOK)。PDR16Ultraのメーカーサイトは下記。
http://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-ultra/features_ja_JP.html
動画キャプチャーソフト[Screen Recoder 16]も付属しています。
以下、ホームユースソフトとしての評価で、主に前Ver.15Ultraとの比較です。

【機能性】
○ホームユースNLEソフトとしての対応コーデック・形式や必要な機能は網羅されている。
○機能一覧と過去バージョンとの機能比較は下記。
https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-ultra/compare-upgrade_ja_JP.html
〇PDR16を起動すると(画像:起動画面)の通り各種の編集モードが選べます。通常は[タイムラインモード]で編集しますが、動画編集ビギナーの方でも素材をいれるだけで自動的にビデオを作成できる簡単モードもあります。

<Ver.16の新機能に関する感想>
・[エフェクトとテンプレートの追加]
コンテンツパック プレミアム3として増加してます。

・[360度編集での追加]
360度編集でも手ぶれ補正やタイトルアニメーション、地面等を球形にして小さな地球に立っているようなリトルプラネットが作れる。

・[ビデオコラージュデザイナー(画像:ビデオコラージュデザイナー)]
これはフォトムービーテンプレートにあるような分割画面で動画等を表示しますが、分割の形をデザインできてオシャレです。オープニングやエンディングムービー等に利用できそう。こういう効果は自分で一から作れますが面倒なので、好きな動画や画像をテンプレートに入れるだけで簡単に出来るのが良いですね。

・[カラーマッチ(画像:カラーマッチ)]
これは映像同士の色味をワンタッチで合わせる機能で、便利です。DaVinci Resolveのようにはいきませんが、ビギナーの方がザックリと色合わせする分には簡単な機能です。

・[LUT対応]
カラコレ機能の一つですが、Log撮影等の素材でルックアップテーブル適用が可能になりました。LUTデータはカメラ機種に適したものをダウンロードして使います。

・[HDR適用]
グローやエッジを調整できます。強度を上げ過ぎるとバンディングやプロックノイズが出るので軽く適用ですね。

・[オーディオダッキング]
会話シーン等の部分でBGMを部分的に自動でボリュームを下げて会話を分かりやすくしてくれる機能です。

・[Quicktime MOVの取り込み対応]
今回メリットを感じたのが、この対応です。
After Effectsで作ったロゴ等の動画素材をアルファ付きQTアニメーションで当方のライブラリーとして多く保存しています。それがPDR16で読めるようになったので利用できて便利です。

出力の方はアルファ付きで書き出せませんが、読み込みは出来るので編集素材に使えてOK。
(画像:編集画面)はこのAe出力したファイルで、VideoCopilotの自転する地球の3Dモデルや立体タイトル等を利用している例です。
MOVコンテナの読み込みが拡大し、ProRes422も読み込めるようになってホームソフトとしてはビックリ。

尚、もうそろそろ欲しい機能
・ベジェカーブでマスク切りできるペンツールを要望。ついでにそのマスクを動きに変形しながら追跡できるトラッキング機能も欲しいところ。DaVinci Resolve 14の無償版でもマスクトラックは搭載されてる。
要望レベルが高いかも知れませんが、現在の機能としてはこれを入れれば満点と思います。

【使いやすさ】
編集の基本部分はビギナーにも分り易く、直ぐに使えるようになると思います。少し凝った編集を行う場合にも各種の機能が充実してきたので使い易いですね。

【安定性】
PDR16の動作環境を満たす性能のPCでは安定して使えます。

【軽快性】
PC性能によりますが、トラック数やエフェクトを大量に使用しなければ円滑です。
4K/100Mbps以上の重いソース動画は、シャドウファイル(プロキシ)生成後に編集すればスムーズ。

【サポート】
CyberLinkのサポート回答レスポンスは良いです。過去からこのサポートには問い合わせ回答等でお世話になってます。

【マニュアル】
・サイトから無料ダウンロード出来る「ユーザーガイド」は写真や図説を豊富に使って分り易いです。
・ソフトのヘルプからダイレクトリンクでサイトのチュートリアル動画を見ることが出来る。

【全般】
PowerDirectorはホームユースのNLEソフトを代表するものになってきていますね。
付属のScreen Recorder 16も動画キャプチャーに重宝です。

【おまけ】
CyberLinkからアップグレードの案内があったので、サイトのダウンロードより安価に購入できました。又おまけにBOOMの効果音が50種入ったライブラリーが付属していました。主にVFX用の効果音ですが96KHzの高音質素材でGOODです。

参考になった15人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
機能性4
使いやすさ5
安定性5
軽快性5
サポート5
マニュアル4
Power Director 16 Ultra早速レビュー

起動画面

編集画面

ビデオコラージュデザイナー

   

カラーマッチ

   

Power Director 16 (PDR16) Ultraのレビューです。

乗換え・アップグレード版はCyberLink製品か他社動画編集ソフト製品を持っていれば購入できます (OS付属ソフトやフリーソフトは対象外、バンドル版はOK)。PDR16Ultraのメーカーサイトは下記。
http://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-ultra/features_ja_JP.html
動画キャプチャーソフト[Screen Recoder 16]も付属しています。
以下、ホームユースソフトとしての評価で、主に前Ver.15Ultraとの比較です。

【機能性】
○ホームユースNLEソフトとしての対応コーデック・形式や必要な機能は網羅されている。
○機能一覧と過去バージョンとの機能比較は下記。
https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-ultra/compare-upgrade_ja_JP.html
〇PDR16を起動すると(画像:起動画面)の通り各種の編集モードが選べます。通常は[タイムラインモード]で編集しますが、動画編集ビギナーの方でも素材をいれるだけで自動的にビデオを作成できる簡単モードもあります。

<Ver.16の新機能に関する感想>
・[エフェクトとテンプレートの追加]
コンテンツパック プレミアム3として増加してます。

・[360度編集での追加]
360度編集でも手ぶれ補正やタイトルアニメーション、地面等を球形にして小さな地球に立っているようなリトルプラネットが作れる。

・[ビデオコラージュデザイナー(画像:ビデオコラージュデザイナー)]
これはフォトムービーテンプレートにあるような分割画面で動画等を表示しますが、分割の形をデザインできてオシャレです。オープニングやエンディングムービー等に利用できそう。こういう効果は自分で一から作れますが面倒なので、好きな動画や画像をテンプレートに入れるだけで簡単に出来るのが良いですね。

・[カラーマッチ(画像:カラーマッチ)]
これは映像同士の色味をワンタッチで合わせる機能で、便利です。DaVinci Resolveのようにはいきませんが、ビギナーの方がザックリと色合わせする分には簡単な機能です。

・[LUT対応]
カラコレ機能の一つですが、Log撮影等の素材でルックアップテーブル適用が可能になりました。LUTデータはカメラ機種に適したものをダウンロードして使います。

・[HDR適用]
グローやエッジを調整できます。強度を上げ過ぎるとバンディングやプロックノイズが出るので軽く適用ですね。

・[オーディオダッキング]
会話シーン等の部分でBGMを部分的に自動でボリュームを下げて会話を分かりやすくしてくれる機能です。

・[Quicktime MOVの取り込み対応]
今回メリットを感じたのが、この対応です。
After Effectsで作ったロゴ等の素材をアルファ付きQTアニメーションで当方のライブラリーとして多く保存しています。それがPDR16で読めるようになったので利用できて便利です。
但し、PDRでそのままではアルファ透過出来ないので、「ブレンドモードの設定」で合成利用します。
(画像:編集画面)はこのAe出力したファイルで、VideoCopilotの自転する地球の3Dモデルや立体タイトル等を利用している例です。
MOVコンテナの読み込みが拡大し、ProRes422も読み込めるようになってホームソフトとしてはビックリ。

尚、もうそろそろ欲しい機能
・QT MOVの読み込みに対応したものの、アルファチャンネル付き動画の読み込みが依然として未対応。アルファ付きの出力は要らないが、読み込みは対応して欲しい。PNGアルファの画像は読み込めるが動画もよろしく。

・ベジエカーブでマスク切りできるペンツールを要望。ついでにそのマスクを動きに変形しながら追跡できるトラッキング機能も欲しいところ。DaVinci Resolve 14の無償版でもマスクトラックは搭載されてる。
要望レベルが高いかも知れませんが、現在の機能としてはこれを入れれば満点と思います。

【使いやすさ】
編集の基本部分はビギナーにも分り易く、直ぐに使えるようになると思います。少し凝った編集を行う場合にも各種の機能が充実してきたので使い易いですね。

【安定性】
PDR16の動作環境を満たす性能のPCでは安定して使えます。

【軽快性】
PC性能によりますが、トラック数やエフェクトを大量に使用しなければ円滑です。
4K/100Mbps以上の重いソース動画は、シャドウファイル(プロキシ)生成後に編集すればスムーズ。

【サポート】
CyberLinkのサポート回答レスポンスは良いです。過去からこのサポートには問い合わせ回答等でお世話になってます。

【マニュアル】
・サイトから無料ダウンロード出来る「ユーザーガイド」は写真や図説を豊富に使って分り易いです。
・ソフトのヘルプからダイレクトリンクでサイトのチュートリアル動画を見ることが出来る。

【全般】
PowerDirectorはホームユースのNLEソフトを代表するものになってきていますね。
付属のScreen Recorder 16も動画キャプチャーに重宝です。

【おまけ】
CyberLinkからアップグレードの案内があったので、サイトのダウンロードより安価に購入できました。又おまけにBOOMの効果音が50種入ったライブラリーが付属していました。主にVFX用の効果音ですが96KHzの高音質素材でGOODです。

参考になった9

「PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Ver9からVer16へ  4 2018年10月3日 11:48
9からの買い換え  4 2018年9月10日 22:20
15からの買い換え  4 2018年5月6日 21:48
慣れた操作性でサクサク  5 2018年4月5日 22:33
Power Director 16 Ultraレビュー(再)  5 2018年2月22日 13:51
お初のパッケージ版をGetしました (^_^)  5 2017年10月23日 14:49

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビューを見る(レビュアー数:6人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版
CYBERLINK

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月13日

PowerDirector 16 Ultra 乗り換え・アップグレード版をお気に入り製品に追加する <33

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(動画編集ソフト)

ご注意