『予想をはるかに超える驚きの画質』 SONY VPL-VW245 (B) [ブラック] tatsumetalさんのレビュー・評価

2017年10月21日 発売

VPL-VW245 (B) [ブラック]

  • ネイティブ4Kパネルを搭載し、3Dコンテンツも2Dコンテンツと同様に4K解像度で楽しめるプロジェクター。
  • スクリーンの高さの1.5倍まで近づくことが可能。この距離におけるスクリーンに対する視野角は60度で、頭を左右に振らずに視野いっぱいに映像が入る。
  • 画素の色ずれが原因で発生する色の濁りやにじみの少ない、正確な色再現を可能にした「パネル固着技術」を採用している。
VPL-VW245 (B) [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥550,000

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:17:9 最大輝度:1500ルーメン 対応解像度規格:〜4K VPL-VW245 (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • VPL-VW245 (B) [ブラック]の価格比較
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]の店頭購入
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のレビュー
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のクチコミ
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]の画像・動画
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のオークション

VPL-VW245 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月21日

  • VPL-VW245 (B) [ブラック]の価格比較
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]の店頭購入
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のレビュー
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のクチコミ
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]の画像・動画
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • VPL-VW245 (B) [ブラック]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > プロジェクタ > SONY > VPL-VW245 (B) [ブラック]

『予想をはるかに超える驚きの画質』 tatsumetalさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

VPL-VW245 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:126人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
2件
38件
ブルーレイプレーヤー
2件
1件
AVアンプ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能4
静音性4
サイズ3
予想をはるかに超える驚きの画質

やっとVPL-VW245を購入できましたので、皆様が気になると思われる明るさや画質を中心にコメントさせていただきたいと思います。
まだ、4KUHDソフトを持っていませんので、それ以外の視聴での感想になります。

【視聴環境】
プロジェクター SONY 「VPL-VW245」
AVアンプ パイオニア「SC-LX85」
フロント用プリメインDENON 「PMA-2000」
ブルーレイプレーヤー SONY 「UBP-X800」
ブルーレイレコーダーパナソニック「DMR-BRZ1010」
スクリーン キクチ 100インチ「150PROGアドバンス 」ビーズスクリーン 投写距離 約3m

【明るさ】
当機は1500ルーメンですが、明るさに関しては全く問題ありません。
SONYストアで視聴した時も、投写距離 約5,6mで、恐らく120インチでの投影だったと思いますが、全く暗さを感じませんでした。
現在、ランプの明るさ低で、30%ぐらいに明るさを絞って、コントラストを高くして見ています。
(映画を見るときはシネマ画質に切り替えることもあります。)
現在、所有しておりますSONY機HW50ESは、1700ルーメンあるのですが、VW245は、色乗りがよく、鮮やかな画質ですのでVW245の方が明るく感じます。
また、2000ルーメン以上あるプロジェクターでも暗部が全く映らないものもありますので、このクラスのプロジェクターではルーメンは気にしなくて良いと思います。

【発色】
SONY機HW50ESは、SONY機特有の鮮やかで明るい発色でしたが、低画質な映像ですと、あっさりした感じで、色合いも少し薄く感じていました。
しかし、当機の発色は濃厚で、色乗りが良く、真紅の赤や深いブルー色も出ており、あっさりした感じは全くありません。濃厚と言っても、どぎつい感じではなく、色鮮やかな感じです。

【精細感】
一番驚いたのが、画像のザラつき、ドットの格子やノイズなどがほとんど見えないことです。
色乗りが良く、非常にクリアで高精細な映像です。
やはり、4Kパネルのなせる技でしょうか。
また、字幕などの文字もクッキリとシャープで、映像がキリッと締まります。

【暗部の描写】
非常にコントラストが高く、黒も結構締まり、暗い場面も、問題なく見えています。
当機はアドバンスアイリス機能がありませんが、なくても全く気にならないレベルです。

【リアリティークリエーション機能】
SONY自慢の超解像処理ですが、HW50ESでは、ザラつくため、ほとんど使っていませんでした。しかし、「245」では、ザラつきがほとんど感じないため、常時、オンにしています。この機能は、2K信号を4Kにアップする機能も兼ねています。

【VPL-VW535とVPL-VW245の関係】
このVPL-VW245は、VW535の機能を一部、省いたモデルで、中身は535と同じとのことでした。(SONYストアで当機を購入時に再度確認しましたので間違いないと思います。)
また、以前にSONYストアで、価格が安くなっていた旧型のプロジェクターを購入しようとしたところ、『VW245は、535のエンジンを積んでおり、535は以前よりはるかに画質が良くなっています。535の流れを汲む245の発売まで待った方がいい。』と購入を止められたことがありました。
まさか売るのが商売のそれもSONY直営店の店員さんから止められるとは思いませんでした。

余談ですが、当機を購入時に宮古島のUHDソフトについても質問したのですが、宮古島UHDはUHD導入時の初期の頃のソフトで、動画再生は難しいとのこと。映像がフワフワするそうです。私にはフワフワするという意味が分かりませんでしたが・・・

【まとめ】
SONY機を選んだ理由としては、リアル4Kということもあるのですが、一番の理由は鮮やかな発色の良さにあります。
ブルーレイ以上の高画質な映像は、結構、どのメーカーのプロジェクターもきれいに写るものですから、他のプロジェクターとの違いが、わかりにくいのですが、地上デジタルやYouTubeなど色々なものを見ていくと違い(各メーカーの画質に対する方向性やプロジェクターの個性)が出てきます。
個人の好みの問題ですが、SONY特有の鮮やかな発色が購入の一番の理由でした。
また、245については、まず、この価格帯ではあり得ない高画質です。
これだけ高画質ですと、100インチでの投影はもったいないですね。
120インチから150インチがベストでしょうか。
不満があるとすれば、レンズの自動開閉機能があればと思いますが、この価格帯では贅沢というものですよね。
今まで、プロジェクターを購入するもブルーレイなどの高画質映像はきれいですが、地上デジタルやBSなどの画質がもうひとつだったり、発色は良いのですが、暗部が暗くて見えなかったり(その逆もありました。)なかなか満足のいくプロジェクターに出会えなかったので、今回もまた失敗したらどうしよう?と不安一杯でしたが、当機を視聴して、一瞬でそんな迷いは吹き飛んでしまいました。
現在は、Amazontv、Netflix、YouTubeなどを中心に色々な映像を見まくっている状態です。
末永く、大切に使っていきたいと思います。

最後に 百聞は一見にしかずですので、映像写真を掲載させていただきました。(写真は、2Kブルーレイのライブ映像他です。最後の写真のみYouTubeからになります。多分、4Kにアップコンされていると思います。)
残念ながら、カメラがiPhoneですので、暗い場面で細かなところや表情がつぶれたり、様々な色が出ず、全体的に青っぽくなっていますが、実際は、本来の色が出ており、暗部の描写も出来ています。
色あい等はスルーしていただいて、精細感やライブ会場の奥行感だけでも皆様に伝わることが出来ればと思っています。

この投稿が、皆様のプロジェクター購入に少しでも参考になれば幸いです。
長文失礼しました。
【追記】
非常にコントラストが高く、ノイズのないクリアで精細な映像ですので、ライブを見られる方にもオススメです。生で見ているような感じで、凄い!の一言です。






主な用途
自宅

参考になった57人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能4
静音性4
サイズ3
予想をはるかに超える驚きの画質

やっとVPL-VW245を購入できましたので、皆様が気になると思われる明るさや画質を中心にコメントさせていただきたいと思います。
まだ、4KUHDソフトを持っていませんので、それ以外の視聴での感想になります。

【視聴環境】
プロジェクター SONY 「VPL-VW245」
AVアンプ パイオニア「SC-LX85」
フロント用プリメインDENON 「PMA-2000」
ブルーレイプレーヤー SONY 「UBP-X800」
ブルーレイレコーダーパナソニック「DMR-BRZ1010」
スクリーン キクチ 100インチ「150PROGアドバンス 」ビーズスクリーン 投写距離 約3m

【明るさ】
当機は1500ルーメンですが、明るさに関しては全く問題ありません。
SONYストアで視聴した時も、投写距離 約5,6mで、恐らく120インチでの投影だったと思いますが、全く暗さを感じませんでした。
現在、ランプの明るさ低で、30%ぐらいに明るさを絞って、コントラストを高くして見ています。
(映画を見るときはシネマ画質に切り替えることもあります。)
現在、所有しておりますSONY機HW50ESは、1700ルーメンあるのですが、VW245は、色乗りがよく、鮮やかな画質ですのでVW245の方が明るく感じます。
また、2000ルーメン以上あるプロジェクターでも暗部が全く映らないものもありますので、このクラスのプロジェクターではルーメンは気にしなくて良いと思います。

【発色】
SONY機HW50ESは、SONY機特有の鮮やかで明るい発色でしたが、低画質な映像ですと、あっさりした感じで、色合いも少し薄く感じていました。
しかし、当機の発色は濃厚で、色乗りが良く、真紅の赤や深いブルー色も出ており、あっさりした感じは全くありません。濃厚と言っても、どぎつい感じではなく、色鮮やかな感じです。

【精細感】
一番驚いたのが、画像のザラつき、ドットの格子やノイズなどがほとんど見えないことです。
色乗りが良く、非常にクリアで高精細な映像です。
やはり、4Kパネルのなせる技でしょうか。
また、字幕などの文字もクッキリとシャープで、映像がキリッと締まります。

【暗部の描写】
ビクター機ほどではないかも知れませんが、黒も結構締まり、暗い場面も、問題なく見えています。
当機はアドバンスアイリス機能がありませんが、なくても全く気にならないレベルです。

【リアリティークリエーション機能】
SONY自慢の超解像処理ですが、HW50ESでは、ザラつくため、ほとんど使っていませんでした。しかし、「245」では、ザラつきがほとんど感じないため、常時、オンにしています。この機能は、2K信号を4Kにアップする機能も兼ねています。

【VPL-VW535とVPL-VW245の関係】
このVPL-VW245は、VW535の機能を一部、省いたモデルで、中身は535と同じとのことでした。(SONYストアで当機を購入時に再度確認しましたので間違いないと思います。)
また、以前にSONYストアで、価格が安くなっていた旧型のプロジェクターを購入しようとしたところ、『VW245は、535のエンジンを積んでおり、535は以前よりはるかに画質が良くなっています。535の流れを汲む245の発売まで待った方がいい。』と購入を止められたことがありました。
まさか売るのが商売のそれもSONY直営店の店員さんから止められるとは思いませんでした。

余談ですが、当機を購入時に宮古島のUHDソフトについても質問したのですが、宮古島UHDはUHD導入時の初期の頃のソフトで、動画再生は難しいとのこと。映像がフワフワするそうです。私にはフワフワするという意味が分かりませんでしたが・・・

【まとめ】
SONY機を選んだ理由としては、リアル4Kということもあるのですが、一番の理由は鮮やかな発色の良さにあります。
ブルーレイ以上の高画質な映像は、結構、どのメーカーのプロジェクターもきれいに写るものですから、他のプロジェクターとの違いが、わかりにくいのですが、地上デジタルやYouTubeなど色々なものを見ていくと違い(各メーカーの画質に対する方向性やプロジェクターの個性)が出てきます。
個人の好みの問題ですが、SONY特有の鮮やかな発色が購入の一番の理由でした。
また、245については、まず、この価格帯ではあり得ない高画質です。
これだけ高画質ですと、100インチでの投影はもったいないですね。
120インチから150インチがベストでしょうか。
不満があるとすれば、レンズの自動開閉機能があればと思いますが、この価格帯では贅沢というものですよね。
今まで、プロジェクターを購入するもブルーレイなどの高画質映像はきれいですが、地上デジタルやBSなどの画質がもうひとつだったり、発色は良いのですが、暗部が暗くて見えなかったり(その逆もありました。)なかなか満足のいくプロジェクターに出会えなかったので、今回もまた失敗したらどうしよう?と不安一杯でしたが、当機を視聴して、一瞬でそんな迷いは吹き飛んでしまいました。
現在は、Amazontv、Netflix、YouTubeなどを中心に色々な映像を見まくっている状態です。
末永く、大切に使っていきたいと思います。

最後に 百聞は一見にしかずですので、映像写真を掲載させていただきました。(写真は、2Kブルーレイのライブ映像他です。最後の写真のみYouTubeからになります。多分、4Kにアップコンされていると思います。)
残念ながら、カメラがiPhoneですので、暗い場面で細かなところや表情がつぶれたり、様々な色が出ず、全体的に青っぽくなっていますが、実際は、本来の色が出ており、暗部の描写も出来ています。
色あい等はスルーしていただいて、精細感やライブ会場の奥行感だけでも皆様に伝わることが出来ればと思っています。

この投稿が、皆様のプロジェクター購入に少しでも参考になれば幸いです。

長文失礼しました。






主な用途
自宅

参考になった0

満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能4
静音性4
サイズ3
予想をはるかに超える驚きの画質

やっとVPL-VW245を購入できましたので、皆様が気になると思われる明るさや画質を中心にコメントさせていただきたいと思います。
まだ、4KUHDソフトを持っていませんので、それ以外の視聴での感想になります。

【視聴環境】
プロジェクター SONY 「VPL-VW245」
AVアンプ パイオニア「SC-LX85」
フロント用プリメインDENON 「PMA-2000」
ブルーレイプレーヤー SONY 「UBP-X800」
ブルーレイレコーダーパナソニック「DMR-BRZ1010」
スクリーン キクチ 100インチ「150PROGアドバンス 」ビーズスクリーン 投写距離 約3m

【明るさ】
当機は1500ルーメンですが、明るさに関しては全く問題ありません。
SONYストアで視聴した時も、投写距離約5,6mで、恐らく120インチでの投影だったと思いますが、全く暗さを感じませんでした。
現在、ランプの明るさ低で、30%ぐらいに明るさを絞って、コントラストを高くして見ています。
(映画を見るときはシネマ画質に切り替えることもあります。)
現在、所有しておりますSONY機HW50ESは、1700ルーメンあるのですが、VW245は、色乗りがよく、鮮やかな画質ですのでVW245の方が明るく感じます。
また、2000ルーメン以上あるプロジェクターでも暗部が全く映らないものもありますので、このクラスのプロジェクターではルーメンは気にしなくて良いと思います。

【発色】
SONY機HW50ESは、SONY機特有の鮮やかで明るい発色でしたが、低画質な映像ですと、あっさりした感じで、色合いも少し薄く感じていました。
しかし、当機の発色は濃厚で、色乗りが良く、真紅の赤や深いブルー色も出ており、あっさりした感じは全くありません。濃厚と言っても、どぎつい感じではなく、色鮮やかな感じです。

【精細感】
一番驚いたのが、画像のザラつき、ドットの格子やノイズなどがほとんど見えないことです。
色乗りが良く、非常にクリアで高精細な映像です。
やはり、4Kパネルのなせる技でしょうか。
また、字幕などの文字もクッキリとシャープで、映像がキリッと締まります。

【暗部の描写】
ビクター機ほどではないかも知れませんが、黒も結構締まり、暗い場面も、問題なく見えています。
当機はアドバンスアイリス機能がありませんが、なくても全く気にならないレベルです。

【リアリティークリエーション機能】
SONY自慢の超解像処理ですが、HW50ESでは、ザラつくため、ほとんど使っていませんでした。しかし、「245」では、ザラつきがほとんど感じないため、常時、オンにしています。この機能は、2K信号を4Kにアップする機能も兼ねています。

【VPL-VW535とVPL-VW245の関係】
このVPL-VW245は、VW535の機能を一部、省いたモデルで、中身は535と同じとのことでした。(SONYストアで当機を購入時に再度確認しましたので間違いないと思います。)
また、以前にSONYストアで、価格が安くなっていた旧型のプロジェクターを購入しようとしたところ、『VW245は、535のエンジンを積んでおり、535は以前よりはるかに画質が良くなっています。535の流れを汲む245の発売まで待った方がいい。』と購入を止められたことがありました。
まさか売るのが商売のそれもSONY直営店の店員さんから止められるとは思いませんでした。

余談ですが、当機を購入時に宮古島のUHDソフトについても質問したのですが、宮古島UHDはUHD導入時の初期の頃のソフトで、動画再生は難しいとのこと。映像がフワフワするそうです。私にはフワフワするという意味が分かりませんでしたが・・・

【まとめ】
SONY機を選んだ理由としては、リアル4Kということもあるのですが、一番の理由は鮮やかな発色の良さにあります。
ブルーレイ以上の高画質な映像は、結構、どのメーカーのプロジェクターもきれいに写るものですから、他のプロジェクターとの違いが、わかりにくいのですが、地上デジタルやYouTubeなど色々なものを見ていくと違い(各メーカーの画質に対する方向性やプロジェクターの個性)が出てきます。
個人の好みの問題ですが、SONY特有の鮮やかな発色が購入の一番の理由でした。
また、245については、まず、この価格帯ではあり得ない高画質です。
これだけ高画質ですと、100インチでの投影はもったいないですね。
120インチから150インチがベストでしょうか。
不満があるとすれば、レンズの自動開閉機能があればと思いますが、この価格帯では贅沢というものですよね。
今まで、プロジェクターを購入するもブルーレイなどの高画質映像はきれいですが、地上デジタルやBSなどの画質がもうひとつだったり、発色は良いのですが、暗部が暗くて見えなかったり(その逆もありました。)なかなか満足のいくプロジェクターに出会えなかったので、今回もまた失敗したらどうしよう?と不安一杯でしたが、当機を視聴して、一瞬でそんな迷いは吹き飛んでしまいました。
現在は、Amazontv、Netflix、YouTubeなどを中心に色々な映像を見まくっている状態です。
末永く、大切に使っていきたいと思います。

最後に 百聞は一見にしかずですので、映像写真を掲載させていただきました。(写真は、2Kブルーレイのライブ映像他です。最後の写真のみYouTubeからになります。多分、4Kにアップコンされていると思います。)
残念ながら、カメラがiPhoneですので、暗い場面で細かなところや表情がつぶれたり、様々な色が出ず、全体的に青っぽくなっていますが、実際は、本来の色が出ており、暗部の描写も出来ています。
色あい等はスルーしていただいて、精細感やライブ会場の奥行感だけでも皆様に伝わることが出来ればと思っています。

この投稿が、皆様のプロジェクター購入に少しでも参考になれば幸いです。

長文失礼しました。






主な用途
自宅

参考になった0

満足度5
デザイン5
発色・明るさ5
シャープさ5
調整機能4
静音性4
サイズ3
予想をはるかに超える驚きの画質

やっとVPL-VW245を購入できましたので、皆様が気になると思われる明るさや画質を中心にコメントさせていただきたいと思います。
まだ、4KUHDソフトを持っていませんので、それ以外の視聴での感想になります。

【視聴環境】
プロジェクター SONY 「VPL-VW245」
AVアンプ パイオニア「SC-LX85」
フロント用プリメインDENON 「PMA-2000」
ブルーレイプレーヤー SONY 「UBP-X800」
ブルーレイレコーダーパナソニック「DMR-BRZ1010」
スクリーン キクチ 100インチ「150PROGアドバンス 」ビーズスクリーン 視聴距離 約3m

【明るさ】
当機は1500ルーメンですが、明るさに関しては全く問題ありません。
SONYストアで視聴した時も、視聴距離約5,6mで、恐らく120インチでの投影だったと思いますが、全く暗さを感じませんでした。
現在、ランプの明るさ低で、30%ぐらいに明るさを絞って、コントラストを高くして見ています。
(映画を見るときはシネマ画質に切り替えることもあります。)
現在、所有しておりますSONY機HW50ESは、1700ルーメンあるのですが、VW245は、色乗りがよく、鮮やかな画質ですのでVW245の方が明るく感じます。
また、2000ルーメン以上あるプロジェクターでも暗部が全く映らないものもありますので、このクラスのプロジェクターではルーメンは気にしなくて良いと思います。

【発色】
SONY機HW50ESは、SONY機特有の鮮やかで明るい発色でしたが、低画質な映像ですと、あっさりした感じで、色合いも少し薄く感じていました。
しかし、当機の発色は濃厚で、色乗りが良く、真紅の赤や深いブルー色も出ており、あっさりした感じは全くありません。濃厚と言っても、どぎつい感じではなく、色鮮やかな感じです。

【精細感】
一番驚いたのが、画像のザラつき、ドットの格子やノイズなどがほとんど見えないことです。
色乗りが良く、非常にクリアで高精細な映像です。
やはり、4Kパネルのなせる技でしょうか。
また、字幕などの文字もクッキリとシャープで、映像がキリッと締まります。

【暗部の描写】
ビクター機ほどではないかも知れませんが、黒も結構締まり、暗い場面も、問題なく見えています。
当機はアドバンスアイリス機能がありませんが、なくても全く気にならないレベルです。

【リアリティークリエーション機能】
SONY自慢の超解像処理ですが、HW50ESでは、ザラつくため、ほとんど使っていませんでした。しかし、「245」では、ザラつきがほとんど感じないため、常時、オンにしています。この機能は、2K信号を4Kにアップする機能も兼ねています。

【VPL-VW535とVPL-VW245の関係】
このVPL-VW245は、VW535の機能を一部、省いたモデルで、中身は535と同じとのことでした。(SONYストアで当機を購入時に再度確認しましたので間違いないと思います。)
また、以前にSONYストアで、価格が安くなっていた旧型のプロジェクターを購入しようとしたところ、『VW245は、535のエンジンを積んでおり、535は以前よりはるかに画質が良くなっています。535の流れを汲む245の発売まで待った方がいい。』と購入を止められたことがありました。
まさか売るのが商売のそれもSONY直営店の店員さんから止められるとは思いませんでした。

余談ですが、当機を購入時に宮古島のUHDソフトについても質問したのですが、宮古島UHDはUHD導入時の初期の頃のソフトで、動画再生は難しいとのこと。映像がフワフワするそうです。私にはフワフワするという意味が分かりませんでしたが・・・

【まとめ】
SONY機を選んだ理由としては、リアル4Kということもあるのですが、一番の理由は鮮やかな発色の良さにあります。
ブルーレイ以上の高画質な映像は、結構、どのメーカーのプロジェクターもきれいに写るものですから、他のプロジェクターとの違いが、わかりにくいのですが、地上デジタルやYouTubeなど色々なものを見ていくと違い(各メーカーの画質に対する方向性やプロジェクターの個性)が出てきます。
個人の好みの問題ですが、SONY特有の鮮やかな発色が購入の一番の理由でした。
また、245については、まず、この価格帯ではあり得ない高画質です。
これだけ高画質ですと、100インチでの投影はもったいないですね。
120インチから150インチがベストでしょうか。
不満があるとすれば、レンズの自動開閉機能があればと思いますが、この価格帯では贅沢というものですよね。
今まで、プロジェクターを購入するもブルーレイなどの高画質映像はきれいですが、地上デジタルやBSなどの画質がもうひとつだったり、発色は良いのですが、暗部が暗くて見えなかったり(その逆もありました。)なかなか満足のいくプロジェクターに出会えなかったので、今回もまた失敗したらどうしよう?と不安一杯でしたが、当機を視聴して、一瞬でそんな迷いは吹き飛んでしまいました。
現在は、Amazontv、Netflix、YouTubeなどを中心に色々な映像を見まくっている状態です。
末永く、大切に使っていきたいと思います。

最後に 百聞は一見にしかずですので、映像写真を掲載させていただきました。(写真は、2Kブルーレイのライブ映像他です。最後の写真のみYouTubeからになります。多分、4Kにアップコンされていると思います。)
残念ながら、カメラがiPhoneですので、暗い場面で細かなところや表情がつぶれたり、様々な色が出ず、全体的に青っぽくなっていますが、実際は、本来の色が出ており、暗部の描写も出来ています。
色あい等はスルーしていただいて、精細感やライブ会場の奥行感だけでも皆様に伝わることが出来ればと思っています。

この投稿が、皆様のプロジェクター購入に少しでも参考になれば幸いです。

長文失礼しました。






主な用途
自宅

参考になった20

 
 
 
 
 
 

「VPL-VW245 (B) [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

VPL-VW245 (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

VPL-VW245 (B) [ブラック]
SONY

VPL-VW245 (B) [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年10月21日

VPL-VW245 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <81

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プロジェクタ]

プロジェクタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意