『ズブの素人がホンダ技研工業の戦略を読み解く』 ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル ケケ坊さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

『ズブの素人がホンダ技研工業の戦略を読み解く』 ケケ坊さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:344人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
0件
自動車(本体)
2件
1件
洗濯機
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
ズブの素人がホンダ技研工業の戦略を読み解く

こんにちは。

僕は良い車であれば、どのメーカーでも構わない流れ者です。今回縁あってステップワゴンハイブリッドを購入しました。

専門家のコンメントはどれも似通っていて読者も飽きていると思われますので、これから購入を考えている方のためにも、i-MMDの素晴らしさとホンダの戦略を交え僕なりにレビューします。

最近のホンダは他メーカーと比べ独自路線を歩み、デザインや走行性能など「ホンダカラー」を大事にしている印象です。

まず初めに、これだけ世間が自動ブレーキなどのセンシング性能に関心を集める中、大手メーカーでは唯一と言っていいほどセンシング技術に一歩遅れを取り、ホンダらしさを求め走行性能の開発に注力しています。

仮にセンシング技術に遅れをとっても、今は日本のみならず諸外国で開発が盛んに行われていて、ホンダがセンシング技術にたち行かなくなっても、簡単に巻き返すことができると思っています。

それから日産のように「e-POWER」や「ワンペダル」などネーミングでユーザーをまくし立てるような販売方法はいずれユーザーが気付き、ツケが回ってくると思っています。
こんな売り方は、僕も商売でやっていましたし、良いキャッチコピーを考えた!私のお陰で売れた!なんて上層部が喜ぶだけだと思います。
システムを省いているのに、あたかも優れているかのようなネーミングを付け、車に詳しくないユーザーに買ってもらう。
口先だけで中身が伴わない、これでずっと売れたら一番楽して儲かりますの〜

完成車に仕上げるまで、多くの人材と時間を要することが素人の僕にも分かります。

限られたマンパワーの中、どこの開発におもむきを置くかは、自動車メーカーでは重要なことであって、その後の経営状況も大きく左右しますし、ヒットカーを出せず泥沼状態から長年抜け出せなくなる怖ささえあります。

ところで、この分かりずらいホンダのi-MMDというネーミング。
e-POWERのように万人受けするネーミングより、少し分かりずらくなっています。
欧米を意識し、その良さを理解した人だけが分かるネーミングです。
一見e-POWERと同じシリーズハイブリッドと思いきや、高速域でガソリン車のようにエンジン直結になったり、アクセルワークに連動した発電制御など、ホンダのi-MMDは全く別物に仕上がっています。

試乗では中々高速道路まで運転出来ないため分からないと思いますが、エンジン直結に切り替わったタイミングは、モニターを見ていないと体感出来ないぐらい乗り味に磨きをかけています。

i-MMDとe-POWERを乗り比べ、まず感じることは、i-MMDは運転する人のアクセルワークに対して制御が働き車が乗り手に合わせてくれる印象ですが、e-POWERは強いて言うと発電機積んでいる農耕機みたいな質素な制御という印象です。

ホンダが「スポーツハイブリッド」と名付けるように、今だに時代を感じさせる「スポーツ」を採用しています。

アルファードの3500ccを乗っている方でも、i-MMDに乗ると格下のミニバンのはずが、アクセルを半分ぐらい踏み込むと、静かにグイッーと加速することから、そのギャップに大抵は驚きます。

(アルファード)
車両重量2150kg
総排気量3456cc
最高出力301PS/6,600rpm
最大トルク36.8kgf・m/4,600-4,700r.p.m.
JC08モード10.6km

(ステップワゴンハイブリッド)
走行用モーター
車両重量1820kg
総排気量1993cc
最高出力 184PS / 5,000 - 6,000 rpm
最大トルク 32.1kgf・m / 0-2,000 rpm
JC08モード25.0km

スペックでも分かるようにi-MMDは軽量級の重量挙げ選手のような感じです。

一度、常用域のエンジン回転数で最大トルクを味わってしまうと、ガソリン車が好きな僕でも戻れなくなります。

アクセル開度に連動した発電制御によって、電気自動車のトルクとターボ車のような特別感を味わえます。
機会があれば、試乗してゆっくりと半分位までアクセルを踏んでみて下さい。

そして重要なのが試乗の後です。
どこのメーカーでもいいのですが、同じ2000ccクラスのガソリン車を試乗してみて下さい。
i-MMDの良さが一番分かります。

僕はフォレスターにも興味があり試乗しましたが、エンジン音はうるさいし、アイドリングストップはまるで戦車がエンジンを掛けたように震え、一度i-MMDのシームレスな乗り味を体験してしまうと、もうガソリン車には戻れないな〜

最近のホンダはF1スポーツにも力を入れるようになり、イベントで神宮外苑のいちょう並木をF1カーで走らせ、F1に興味が無い僕も、感動して鳥肌が立ちました。

このイベントはホンダユーザーにとってボーナスでしたし、他メーカーが安全装備!安全装備!で忘れ掛けていた車の走りや楽しさを思い知ることになります。

ホンダはF1にも加わり、以前よりユーザーの気持ちも、開発者の気持ちも上がってます。

完成車はお金を出せば誰でも乗れますが、開発者の気持ちは、乗る人が感じ理解しないと知りえません。

車の開発者は僕みたいな小うるさいユーザーを納得させないといけないので、それはもうプレッシャーがあり大変です。

ステップワゴンハイブリッドを購入して2年近く経ちますが、今でも金額以上の価値があると確信しています。

僕は良い車があれば他社に乗り換える流れ者です。

本田技研工業ガンバレー!

そして最後に皆さんへ縁あってのお願いがあります。

現行のステップワゴンハイブリッドを乗ることになったオーナーさんは、是非ヘッドライトをオートにしてみて下さい。

日中はコの字型にポジションランプが光ります。

安全上、車の認識もアップしますし、多分ポジションランプを光らせた方がカッコイイと思います。

あまり派手にしたくない方もいると思いますが、現行の車の中で見ても、ポジションランプひとつで一番印象が変わる車だと思っています。

特に日中はポジションランプを光らせないと、シャトルと同類の顔付きになり、イケメンではありません。

ここまで御付き合いいただきありがとうございました。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年12月
購入地域
東京都

新車価格
362万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった124

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
ホンダ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

新車価格帯:336〜366万円

中古車価格帯:239〜381万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <383

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意