『セレナe-powerと比較検討して』 ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル Hiace5225さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

『セレナe-powerと比較検討して』 Hiace5225さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:448人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
191件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
セレナe-powerと比較検討して

トヨタ系はひと世代前なので候補に上がらず、セレナe-powerとステップHVと両方とも3回以上試乗して比較検討しました。

 
【エクステリア】
セレナは大人し目の見た目でパット見好印象なのですが、どうしても許せなかったのは後輪が極端に内側に引っ込んでいるところ。15インチだから余計目立ちます。
これはデザインが奇抜とか好き嫌いと言ったレベルの話はではなく、単に手抜き(コストカット)でしょう。
ツライチとは言いませんが、輸入車国産車はじめ最近ではわざわざカスタムしなくてもホイールがかなり外側に出て存在感ある車が増えている中、流石に引っ込み過ぎ。
私もそんなに車をカスタムしたり飾り立てたりするのが好きではないですが、流石にこれはノーマルでは絶対乗れません。ホイール交換してるセレナe-powerを街中で見ましたが、全然印象が違います。

ステップはハイブリッド投入とMCが同時期だったので暫く見た目が変わる(旧型になる)心配が無いのが良いですね。
ただ、リアの左右非対称が馴染めなかったのでボディカラー黒にしました。コレで解決。
特にブラックスタイルは格好良いですね。

【インテリア】
収納や質感は同等レベル。
セレナの2列目は3列目が収納状態だと邪魔してリクライニング出来ないのが長距離では辛い。ただ、3列目の座面はステハイよりも長く、乗り心地は良さそう。3列目の跳ね上げは女性には重いかな。
ステハイは3列目の床下収納や展開が女性や子供でもワンタッチで出来て、広大なラゲッジスペースが生まれるところに魅力を感じます。娘を迎えに行って自転車を積む事もあるので、床が低いのも良いですね。
うちは3列目は滅多に使わないのでステハイの方が合ってます。

USBがステハイ2.1wに対してセレナは1w。最近のスマホは大容量なので充電出来ないに等しい。何故1wにしてるのかそこは不思議。

【エンジン性能】
ここが1番大きな違いを感じました。
セレナは言ってみれば大きなノートe-power。
もちろんモーター駆動なので出足はそれなりですが、ステハイは別次元でした。
アクセルを無駄に踏み込まなくてもストレスなく静かに走ってくれるのは、本当に新感覚です。
流石アコードやオデッセイ譲り。
嫁さんも、凄く運転しやすいねと感動してました。何故なのかは本人分かっていませんが(笑)
ノーマルモードのバランスが素晴らしい。

【走行性能】
セレナe-powerも流石に最新車種だけあってそんなに不満はありません。
ただ、ステップワゴンの低床設計による地面に貼り付く様な安定した走りは、ミニバンである事を忘れてしまう事があります。
ハンドルを切ったら素直に曲がってくれる所もホンダらしくて良いですね。

【乗り心地】
家族が車酔いしやすいのはセレナだと思います。どうしても基本設計が古い分、床が高くフラつきが感じられます。
乗り心地は一度目の試乗から完全に違いがわかりました。

【安全性能・自動運転】
自動ブレーキの上限が、対車、対人共にステハイの方が20キロ以上上のようです。セレナは60キロ超えたら自動ブレーキ自体が作動しません。
ただ、歩行者の飛び出しに対しては優秀。

【その他】
わくわくゲートと、デュアルハッチバックですが、女性子供の事を考えるならわくわくゲートに軍配です。
妻が買い物して荷物を乗せたりするのに、セレナは高く持ち上げないといけないのはデメリットです。しかし私は背が高いし筋肉質なので、コレはこれでわくわくゲートとは違った便利さがあるなと思いました。
ステップのラゲッジはかなり低く、荷物の乗せおろしが本当に楽です。自転車やペットの乗せおろしも楽で、使い方が広がります。
まぁいずれもノア・ヴォクシーの工夫のないハッチに比べたら優秀ですが。

【燃費・価格】
燃費は互角だと思います。
価格については、よくぞこの値段で2000ccのi-MMDを積んだなと感心します。
ただ、セレナはワンペダルじゃないと燃費が伸びない。回生協調ブレーキを積んでいないから仕方がないけれど、コレってワンペダルの押し売りでは?

【嫁評価】
ステップは車幅も少し狭く、ステアリングも操作しやすくとにかく運転しやすいと好評でした。
踏み込まなくてもスーッと進むのが良いみたいです。
セレナはワンペダルが難しいとか、走行モード切り替えが多過ぎてそんな機能要らないと一蹴。エンジン回転が急に上がるのもやはり不評でした。
あと、住宅街なので夜中静かにしたいのに、スライドドアのピーピー音がうるさいとのこと。ステップはそもそも音が鳴らないですね。
珍しく車選びで意見が一致しました。

【総評】
何故こんなにステハイ寄りなのに当初セレナと比較検討したかと言えば、CMで好印象だったからです。
当初はステハイがモーター駆動と言うことも知りませんでした。
セレナも良い車です。当然です。400万ですから。
でもその価格であれば、もっと頑張れるのではと思ってしまいます。
特にホイールインセット(オフセット)は致命的です。この価格帯で他にそんな車ないでしょ?
セレナは今年の夏から秋にかけてマイナーチェンジするみたいなので、その時には絶対改善すべきですね。
ステハイは不満が無い事はないのですが、i-MMDに乗れると言うだけで今は毎日が快適です。
良い買い物をしました。10年乗りたいです。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車

参考になった192人(再レビュー後:64人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
セレナe-powerと検討して決めました

3ヶ月以上検討し、セレナe-powerとステップHVと両方とも3回以上試乗してステップHVに決めました。
以下比較結果です。
 
【エクステリア】
見た目は好みがあると思いますが、セレナは登場から3年が経過したデザインで、少し古臭い印象です。来年のMCでの刷新に期待。
ステップはハイブリッド投入とMCが同時期だったので暫く見た目が変わる(旧型になる)心配が無いのは有り難いです。
派手さは無いですが、見れば見るほどジワジワとスタイリングの良さを感じます。

【インテリア】
ステップはスポーティ、セレナはカジュアル。
収納は同等レベル。
セレナの2列目ロングスライドがよく言われますが、3列目が収納状態だと邪魔してリクライニング出来ないなど中途半端です。
ロングスライドとは、エスティマやオデッセイのように使えて初めて快適空間となるので、この2車と比べたらセレナはステップよりちょこっとスライド量が多いかなぁ程度でした。
逆に3列目の床下収納や展開が女性でもワンタッチで出来て、広大なラゲッジスペースが生まれるステップに魅力を感じます。
娘を迎えに行って自転車を積む事もあるので、床が低いのも良いです。

【エンジン性能】
ここが大きな決め手でした。
同じようにエンジンで発電してモーターで駆動させると言っても、その制御は全く違います。
ステップは出来るだけエンジンに頼らず、モーター走行の時間を長くする制御ですが、セレナはエンジンがかなり長時間回りっぱなしです。
セレナは小排気量エンジンなので、一定の回転でずっとエンジンを回し、エンジン回転が車速に比例しません。車道に出る際の徐行や、横断歩道手前で停車中にグワァーンと意図せず回転があがり、低速であるためコレがかなりうるさいです。歩行者がいたらびっくりすると思います。
ステップはそんなことはなく、アクセルワークに比例して回転が上がる制御のようです。
その代わりに、高速域ではセレナよりも回転が上がる場面があります。高速巡航時ではセレナの方がキーンと音が高いためか、かき消されて逆にステップより静かに感じる場面もありました。
登坂など高負荷時はどちらもそれなりにエンジンが唸りますが、3気筒のセレナはチープな音でがっかりします。軽自動車のようと言われますがまさに。

i-MMDを積んだアコードも、初期は今のセレナに近い制御だったようですが、意図せず回転が上がる事がユーザーからかなり不評で、今の車速に比例した制御に改良したようです。
e-powerに最初に乗ったときは逆にそれが新鮮で面白いと思ったのですが、暫く乗ると私には向いていないと感じました。

もちろん1200ccであの車体を引っ張る技術力は高いと思いますが、2000cc、2モーターの余裕ある走りと比較すると、ごまかしきれない部分が見えてきます。


【走行性能】
セレナe-powerも流石に最新車種だけあってそんなに不満はありません。
ただ、ステップワゴンの低床設計による地面に貼り付く様な安定した走りは、ミニバンである事を忘れてしまう事があります。


【乗り心地】
家族が車酔いしやすいのはセレナだと思います。どうしても基本設計が古い分、床が高くフラつきが感じられます。
まぁ、ただ運転の仕方によっては低床のステップでも酔うと思います。
普通に街乗りであれば、どちらも乗り心地良いです。
セレナは逆に床が高い分見晴らしが良いですね。

【安全性能・自動運転】
互角です。
自動ブレーキはセレナ、乗員の安全性はステップが勝っているというデータもありますが、大差ありません。
自動運転もほぼ同等です。

【その他】
わくわくゲートと、デュアルハッチバックですが、わくわくゲートに軍配です。
妻が買い物して荷物を乗せたりするのに、高く持ち上げないといけないのはデメリットです。
ステップのラゲッジはかなり低く、荷物の乗せおろしが本当に楽です。自転車やペットの乗せおろしも楽で、使い方が広がります。
逆にデュアルハッチバックはセレナの高い床だからこそ使えるのだなと思います。
まぁいずれもノア・ヴォクシーの工夫のないハッチに比べたら優秀ですが。

【燃費・価格】
燃費は互角だと思います。
価格については、よくぞこの値段で2000ccのi-MMDを積んだなと感心します。

【嫁評価】
ステップは車幅も少し狭く、ステアリングも操作しやすくとにかく運転しやすいと好評でした。
踏み込まなくてもスーッと進むのが良いみたいです。
セレナはワンペダルが難しいとか、走行モード切り替えが多過ぎてそんな機能要らないと一蹴。エンジン回転が急に上がるのもやはり不評でした。
あと、住宅街なので夜中静かにしたいのに、スライドドアのピーピー音がうるさいとのこと。ステップはそもそも音が鳴らないですね。
珍しく車選びで意見が一致しました。

【総評】
ステップHVに決めたのでステップ寄りの評価となりましたが、意図せずエンジン回転が上がる事とやたら高いオプション価格が許せる人にとっては、セレナe-powerもかなり良い車です。
日産はセレナとノートに集中して販売しているせいか、販売店もかなり力を入れていると思います。逆にホンダは車種が豊富で、
このあたりが影響して今後セレナの方が値引きが大きくなるかなぁとも考えましたが、現時点ではやはりステップHVのよい所が目立ちました。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
岡山県

新車価格
362万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった92

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4
セレナe-powerと検討して決めました

3ヶ月以上検討し、セレナe-powerとステップHVと両方とも3回以上試乗してステップHVに決めました。
以下比較結果です。
 
【エクステリア】
見た目は好みがあると思いますが、セレナは登場から3年が経過したデザインで、少し古臭い印象です。来年のMCでの刷新に期待。
ステップはハイブリッド投入とMCが同時期だったので暫く見た目が変わる(旧型になる)心配が無いのは有り難いです。
派手さは無いですが、見れば見るほどジワジワとスタイリングの良さを感じます。

【インテリア】
ステップはスポーティ、セレナはカジュアル。
収納は同等レベル。
セレナの2列目ロングスライドがよく言われますが、3列目が収納状態だと邪魔してリクライニング出来ないなど中途半端です。
ロングスライドとは、エスティマやオデッセイのように使えて初めて快適空間となるので、この2車と比べたらセレナはステップよりちょこっとスライド量が多いかなぁ程度でした。
逆に3列目の床下収納や展開が女性でもワンタッチで出来て、広大なラゲッジスペースが生まれるステップに魅力を感じます。
娘を迎えに行って自転車を積む事もあるので、床が低いのも良いです。

【エンジン性能】
ここが明確な決め手でした。
同じようにエンジンで発電してモーターで駆動させると言っても、その制御は全く違います。
ステップは出来るだけエンジンに頼らず、モーター走行の時間を長くする制御ですが、セレナはエンジンがかなり長時間回りっぱなしです。
セレナは小排気量エンジンなので、一定の回転でずっとエンジンを回し、エンジン回転が車速に比例しません。車道に出る際の徐行や、横断歩道手前で停車中にグワァーンと意図せず回転があがり、低速であるためコレがかなりうるさいです。歩行者がいたらびっくりすると思います。
ステップはそんなことはなく、アクセルワークに比例して回転が上がる制御のようです。
その代わりに、高速域ではセレナよりも回転が上がる場面があります。高速巡航時ではセレナの方がキーンと音が高いためか、かき消されて逆にステップより静かに感じる場面もありました。
登坂など高負荷時はどちらもそれなりにエンジンが唸りますが、3気筒のセレナはチープな音でがっかりします。軽自動車のようと言われますがまさに。

i-MMDを積んだアコードも、初期は今のセレナに近い制御だったようですが、意図せず回転が上がる事がユーザーからかなり不評で、今の車速に比例した制御に改良したようです。
e-powerに最初に乗ったときは逆にそれが新鮮で面白いと思ったのですが、暫く乗ると私には向いていないと感じました。

もちろん1200ccであの車体を引っ張る技術力は高いと思いますが、2000cc、2モーターの余裕ある走りと比較すると、ごまかしきれない部分が見えてきます。


【走行性能】
セレナe-powerも流石に最新車種だけあってそんなに不満はありません。
ただ、ステップワゴンの低床設計による地面に貼り付く様な安定した走りは、ミニバンである事を忘れてしまう事があります。


【乗り心地】
家族が車酔いしやすいのはセレナだと思います。どうしても基本設計が古い分、床が高くフラつきが感じられます。
まぁ、ただ運転の仕方によっては低床のステップでも酔うと思います。
普通に街乗りであれば、どちらも乗り心地良いです。
セレナは逆に床が高い分見晴らしが良いですね。

【安全性能・自動運転】
互角です。
自動ブレーキはセレナ、乗員の安全性はステップが勝っているというデータもありますが、大差ありません。
自動運転もほぼ同等です。

【その他】
わくわくゲートと、デュアルハッチバックですが、わくわくゲートに軍配です。
妻が買い物して荷物を乗せたりするのに、高く持ち上げないといけないのはデメリットです。
ステップのラゲッジはかなり低く、荷物の乗せおろしが本当に楽です。自転車やペットの乗せおろしも楽で、使い方が広がります。
逆にデュアルハッチバックはセレナの高い床だからこそ使えるのだなと思います。
まぁいずれもノア・ヴォクシーの工夫のないハッチに比べたら優秀ですが。

【燃費・価格】
燃費は互角だと思います。
価格については、よくぞこの値段で2000ccのi-MMDを積んだなと感心します。


【総評】
ステップHVに決めたのでステップ寄りの評価となりましたが、意図せずエンジン回転が上がる事とやたら高いオプション価格が許せる人にとっては、セレナe-powerもかなり良い車です。
日産はセレナとノートに集中して販売しているせいか、販売店もかなり力を入れていると思います。逆にホンダは車種が豊富で、
このあたりが影響して今後セレナの方が値引きが大きくなるかなぁとも考えましたが、現時点ではやはりステップHVのよい所が目立ちました。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
岡山県

新車価格
362万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格3
良い車だけどかなり迷っています

代車で3週間乗ってみました。
上質さが最重要ポイントとして他の車種と比較検討中です。
ライバルと言われる他社ミニバンとの比較も入れています。
 
【エクステリア】
ビックマイナーチェンジにより顔付きが大きく変わりました。
格好良くなりましたが、前期型に乗っている人からすれば「そんなに変えないでよ」と思うかも知れません。
ハイブリッド投入とMCが同時期だったので暫く見た目が変わる(旧型になる)心配が無いのは有り難いです。

リアデザインは一部で不評ですが、ミニバンのリアデザインなんて真四角でどれも大差ありません。リアディヒューザーを付けているステップを見ましたが、なかなか格好良かったですよ。
自動車業界も新しい挑戦をすれば必ず一部の人には否定されるのでそこは仕方ないですね。 
むしろ機能美だと思います。


【インテリア】
スポーティです。セレナは完全にママウケを狙っていますが、ステップワゴンは完全にパパウケを狙っていますね。カタログの雰囲気を見てもよくわかります。
ファミリーカーだけど所帯染みた感じは嫌だというパパには好印象ではないでしょうか。このあたりは好みの問題かと。
トヨタはちょっと古臭いですね。

【エンジン性能】
電動車なのでエンジン性能の評価は難しい。
モーター走行の滑らかな走りはセレナe-powerやノアHVよりは2クラスくらい上質に感じます。
早いというより、余裕があるなぁとゆったりした気分で乗れます。

【走行性能】
セレナe-power、ノアHVも流石に最新車種だけあってそんなに不満はありません。セレナはやはり少しロールがあり酔いやすいかもしれませんが、それでも昔のミニバンに比べたらかなり良いです。
どのミニバンも良いのですが、例えるならセレナ、ノアが昔のマークU、クレスタ、チェイサーだとして、ステップワゴンはクラウンやセルシオといったところでしょうか。
あくまでも走行性能の話だけですが。

【乗り心地】
乗り心地もある程度走行性能に比例しますね。
ただ、ステップワゴンはシートが少し滑りやすいのと3列目が収納性を重視しているためそれなりです。
近場ならともかく、大人が3列目に数時間乗って県外に遠出とかなら、シートには不満が出るかもしれません。
ラゲッジの収納力は抜群であるため、多人数乗車が多いか、荷物を沢山乗せるかなどで選べは良いと思います。

ただし、低床設計の安定した走りと、路面段差を適度に吸収し、総合的な乗り心地は一番良いと思います。
車酔いする家族がいるなら迷わずステップワゴンです。

【その他】
3週間使ってみてわくわくゲートは大発明だと気付きました。あんなギミック要らないと最初は思っていましたが、こんなに便利だとは…。

【燃費】
走り方次第で20キロ超えます。
ただし、この気持ち良い走りを堪能出来る車で、タラタラ燃費走行するのは勿体無いと感じます。

【価格】
ホンダセンシング等の機能面を考えたら、無難なところではないでしょうか。
安い買い物ではないです。


【総評】
ステップワゴンHVを買う人または検討する人は、他社のミニバンというよりは、CX-8やオデッセイなどの3ナンバークラスの多人数乗車車との比較をする人が多いのではないでしょうか。

ノアやセレナがMクラスミニバン、アルファードやヴェルファイアがLクラスミニバンと言われますが、その中間に当たるクラスの車だと思います。

そういう私もまだ購入には踏み切れていません。
他社のMミニバンは比較対象になりませんが、やはりCX-8、オデッセイHV、アルファードあたりと比べると、一長一短あり悩ましいところです。

レビュー対象車
試乗

参考になった36

 
 
 
 
 
 

「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
ホンダ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

新車価格帯:336〜366万円

中古車価格帯:239〜375万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <383

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意