『加速装置付きミニバン』 ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル あかビー・ケロさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル

『加速装置付きミニバン』 あかビー・ケロさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:1701人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3
加速装置付きミニバン
   

   

約1年前試乗しましたがフリード君の点検がてら再試乗させていただきました。
1人乗車8キロチョイの幹線道路コースです。
試乗車はスパーダハイブリッドG-EXのDOP8インチナビ付きの4800km走行もの。
多分前回と同じ個体

【エクステリア】
前回レビュー参考
1年経ち多少見慣れましたが、メッキグリル苦手なので個人的にはノーマル派

【インテリア】
水平基調のインパネでシンプルで良い。
特に使い勝手等で不満はないですが、
スパーダの内装はプライムシートもトリコットもブラックしかないのは残念。
木目調インパネのフリードの方がインテリア風仕上げで上質かな。。
フリードより高い座面は見晴らし良く、サイド、後ろの視界も広いので、初めてドライビングする人も内輪差を注意すれば、すぐ慣れるでしょうね。

【エンジン性能】
ビックリしたのはコレ!前回は初試乗で市街地だったのでアクセル踏込み控えめで解りませんでしたが、今回はバイパスメインなので平地の直線でSモードにして、踏み込んだところ、なんじゃこりゃ!
油断していたとはいえ背中をドンと押されるほどの加速力にビックリしました。
0-200ならシビックと互角ではと思えるほど(真偽は分かりません)
あとバッテリー半分でしたが、57km/hくらいまでモーター走行出来るのはi- MMDだからでしょうか、流石ストロングハイブリッド
燃費が良い訳です。
アイストからの復帰も静かで気付かないレベルでした。

【走行性能】
フリードと同デザインの本革ハンドルを回すと、油圧式パワステみたいな重めな印象。
腕力が落ちたかな、
ブレーキは特にハイブリッド特有の感触はなく、ダイレクト感あり調整しやすいです。

【乗り心地】
16インチ、60タイヤの割には、フリードより固めての印象ですが、余程の悪路でもない限り後席からクレームは出ないでしょう。

【燃費】
燃費計をリセットして8キロチョット走行でメーター読みで18.2kmでした。
エアコン使用して、このサイズでハイブリッドフリード並みの燃費は素晴らしい。

(気になった点)
雨天での試乗だったので
ワイパーのモーター音が気になった。
オプションの8インチナビの画質が荒い。

【総評】
単なるトランスポーターの運転手としてはなく、ドライバー含め楽しめるミニバンとして運転する楽しみはあります。
ただフリードに慣れた自分には後ろが50センチも長くて、バスの運転手になった気分で取り回しに気をつかいます。
荷物満載で帰省するとか、子供の部活の送迎車としてならこのサイズが便利でしょう。
初代くらいに4.6m以下の前ノアくらいの方が需要があると思いますが各メーカすぐサイズ横並びにするから嫌いです。

大は小を兼ねますが、自分にはフリードで充分だなと認識した試乗でした。



レビュー対象車
試乗

参考になった50人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格3
ライバルに対し死角なしの完成度

発売されてからだいぶ間が空きましたが、
やっと試乗できたので個人的感想を
1人のり、3キロチョイの市街地コースです。

【エクステリア】
フロントはシャトルのメッキグリル?風に、存在感が強調された顔になりました。
遠くから見るとカッコ良いのですが、個人的には前期の方が良かった。
リアはパッと見同じですがスポイラーの両サイドのツノがやり過ぎのような。

【インテリア】
内装もセンターコンソールの追加とメーター左側がハイブリッドのメーターになり、カーボン調パネルの化粧直し程度、スッキリ広々イケア調のインテリアで居心地良い。天井が高グリル子供はもちろん大人も移動が楽で良し。もちろん停車時のみで使用願います。
ハンドルは滑らず、握り心地良し。
アルミブレーキもデザインカッコ良いです。《←すいません、ガソリンのスパーダCSのみでした。》

試乗車のシートは合皮のプライムムースのコンビシートで高級感ありマス。本革?シフトノブも質感よく良いのですが、メカニカル的に手応えないのがチョット解りづらい。
一艘のことNSXみたいにボタンでも良いのではないでしょうか。

【エンジン性能】
やはり車格からフリードでは無く、オデッセイのシステムを小さくして納めた点はマル、コスト的にも厳しいと思いますが、よく載せましたね。
純ガソリンより100kgほど重くなってますが、パワー不足どころかSモード時は十分な加速が得られます。中速までならガソリンターボと同じくらいではないかと感じました。
ただ加速時にヒューンとCVTの音が聞こえてくるのが気になりました。

【走行性能】
スパーダらしくスポーティな味付けで、これだけ背が高く大きな車体の割りにドライバーの操作に気持ち良く反応して車体が小さく感じます。
停車時は静か過ぎて無音に耐えれられない人は苦痛かも、アイドルストップからの復帰も体感できず、
荒れた道もありましたがパターンノイズも小さく
フリードHVと同様静寂性は高いです。

家のフリードより視点が高く見晴らし良いのですが、
約50bm長いので狭隘な道路等内輪差は慣れるまで気を使うかも、ただし16インチのおかげで取り回しは楽です。
試乗車はマルチビュー付きナビで助かりました。

ブレーキタッチはハイブリッドらしく回生が入るので、フリードと比較すると調整幅がないので思った以上に減速感があります。エンブレで使用するSモードだといっそう。
EVモードはウィーンと昔UFOが飛ぶシーン効果音みたいのが、ハイブリッドは静かすぎるのでトヨタも一緒ですが、
オートブレーキホールドあると便利ですね。楽に安全確保できます。

【乗り心地】
スポーティで硬質な味付けですが、ハンドリングと同乗者への配慮がされた絶妙なセッティング
単発な段差もトントンと軽快にいなしてます。
ハイブリッドは専用チューニングサスとパフォーマンスダンパーで車体を補強しているのも効いているのかもしれません。

【燃費】
試乗の為無評価としますが、メーター読みで13.2キロくらいでしたが、短距離試乗メインなら過酷?な使用なら御の字では、多分ガソリンなら10切るでしょう。

【価格】
売れ筋グレードは335から355万でクルスピより30万高いくらいなので、妥当な価格付ではと思いました。

【総評】
オプションもライバル同様、渋滞対応ACCやハンズフリースライドドアや満載でも後方確認できるアドパンスドルームミラーも、今後チョイスできるようです。

スタイルはともかくファミリーカーとして使い勝手、走行性能、燃費においては現時点コスパナンバーoneなのは間違いないと思います。
来春発売のセレナepowerは燃費、価格設定によっては好ライバルになるかもしれませんが。



レビュー対象車
試乗

参考になった12

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格3
市街地試乗で感じたこと
   

   

だいぶ間が空きましたが試乗できたので個人的感想を
1人のり、3キロチョイの市街地コースです。

【エクステリア】
フロントはシャトルのメッキグリル?風に取り入れて存在感が強調された顔になりました。遠くから見るとカッコ良いのですが、個人的には前期の方が…
リアはパッと見同じですがスポイラーの両サイドのツノがやり過ぎのような。


【インテリア】
内装もセンターコンソールの追加とメーター左側がハイブリッドのメーターになり、カーボン調パネルの化粧直し程度、スッキリ広々イケア調のインテリアで居心地良い。天井が高グリル子供はもちろん大人も移動が楽で良し。もちろん停車時のみで使用願います。
ハンドルは滑らず、握り心地良し。
アルミブレーキもデザインカッコ良いです。
本革?シフトノブも質感よく良いのですが、メカニカル的に手応えないのがチョット解りづらい。
一艘のことNSXみたいにボタンでも良いのではないでしょうか。

【エンジン性能】
やはり車格からフリードでは無く、オデッセイのシステムを小さくして納めた点はコスト的にも厳しいと思いますが奮発しましたね。
純ガソリンより100キログラムほど重くなってますが、パワー不足どころかSモード時は十分な加速が得られます。中速までならガソリンターボと同じくらいではないかと感じました。
ただ加速時にヒューンとCVTの音が聞こえてくるのが気になりました。

【走行性能】
スパーダらしくスポーティな味付けで、これだけ背が高く大きな車体の割りにドライバーの操作に気持ち良く反応して車体が小さく感じます。

家のフリードより視点が高く見晴らし良いので、取り回しはすぐ慣れりと思いますが。
長さがあるので狭隘な道路等内輪差は慣れるまで気をつかうかな、試乗車はパノラマビュー付きで有り難かったです。

ブレーキタッチはハイブリッドらしく回生が入るので、フリードと比較すると調整幅がないので思った以上に減速感があります。エンブレで使用するSモードだといっそう。
EVモードはウィーンと昔UFOが飛ぶシーン効果音みたいのが、ハイブリッドは静かすぎるのでトヨタも一緒ですが、
オートブレーキホールド使うと良いですね。楽に安全確保できます。

【乗り心地】
スポーティで硬質な味付けですが、ハンドリングと同乗者への配慮がされた絶妙なセッティング
単発な段差もトントンと軽快にいなしてます。

【燃費】
試乗の為無評価としますが、メーター読みで13.2キロくらいでしたが、短距離試乗メインなら過酷?な使用なら御の字では、多分ガソリンなら10切るでしょう。

【価格】
カタログは330から350万デスノで、妥当な価格付毛では、

【総評】
オプションてんこ盛りにすればオデッセイ超えるので・値引き込み妥当迷う人もいるでしょう。
ただスタイルはともかくファミリーカーとして使い勝手、走行性能、燃費においては現時点コスパナンバーoneなのは間違いないと思います。


レビュー対象車
試乗

参考になった1

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地無評価
燃費無評価
価格3
変更点の写真

展示車両があったので写真のみアップします。
試乗は来週以降ではとの事でした。

追加されたセンターコンソール高さが低いのでウォークスルーは可能です。
またセカンドの足置き場がフリードハイブリッドみたいに盛りあがりフットレストとして丁度良い角度です。
展示車両は車両附属込みで400万、OP諸費用入れると430以上?になるようです。

レビュー対象車
試乗

参考になった22

 
 
 
 
 
 

「ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
ホンダ

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

新車価格帯:336〜366万円

中古車価格帯:255〜375万円

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <377

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意