『実用域に達した、ガソリン車と比べても不便を感じない。』 日産 リーフ 2017年モデル ESHY24Gさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > リーフ 2017年モデル

『実用域に達した、ガソリン車と比べても不便を感じない。』 ESHY24Gさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

リーフ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

ESHY24Gさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:59人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1456件
掃除機
0件
92件
空気清浄機
1件
23件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格2
実用域に達した、ガソリン車と比べても不便を感じない。

所有しているので辛口評価しますがいい車です。

【エクステリア】
可もなく不可もなくごく普通の外観

【インテリア】
10数年前なら結構いい内装だが軒並み他社の内装が良くなり特にトヨタの内装が大幅に良くなってる現在かなり見劣りがする、チープさを感じる。
上を見上げるとライト廻りのちゃちさ、至るところのネジのむき出し、操作ボタンの押しにくさ。
乗り出し300万円以下の車にも負けるのは何とかしてもらいたい。

シートレイアウトに関しても、前席は90度迄しか倒れず、後席はリクライニングせず、後席を倒せば段差が35pもありフラットにならない。

大柄な人は後席では頭がぶつかって辛い、後5p高ければまず当たる人はいないと思う。
もっとも多くの人は問題ないと思うが世界でも売るのだから改善した方が良いと思う、190p近い人は注意。

ナビが7インチなのは使いにくい、特にアラウンドビューとバックモニターで分割されるので小さすぎて見にくい、これならバックモニターだけの方がよっぽど良い。

7スピーカーこれは売りなのか?全く音は良くない売りにするならドアのスピーカーはもう少し大きく更にこの大きさの車でも最低でも11スピーカー位は必要。
e-plusGでは標準装備だが他のモデルで選択する理由は全く無く自分でスピーカーを変えたりツィーター、ウーファーを追加した方が良い。

【エンジン性能】
モーター走行はリニアで気持ちが良くたまにガソリン車を運転するとあれっこの車調子が悪い?って思ってしまう。
この爽快感はガソリン車では味わえない。

【走行性能】
最近は馴れてしまったがとにかく走りは楽しい、将来の電気自動車の伸びしろを考えるとガソリン車には戻れないかも。
ただ雨の日ブレーキが効きにくい、回生ブレーキにあぐらをかいてブレーキ性能を落としている気がします、パッドを変えるだけでも改善するかも。
挙動はオーバーステア気味で重さからか結構簡単にコースを外れてしまうので山道ではガソリン車のように飛ばさないように。

雪道には強く普通に走っていれば不安は全く感じない。

e-plusではe-pedal時の反応を弱くしてしまっているので残念な部分です、e-pedal40k試乗の時は楽しくて使ってましたがe-plusでは全く使わないですね。

【乗り心地】
脚はノーマルでこれぐらいあれば私は大満足あえて社外に変えると言う気持ちも起こらない。
リアがトーションビームと言う事を考えても一般使用では不満無いレベルになっている。

シートに関してはちょっとやわいしあまり良くない、長距離運転には向かない。
ただ試乗した40Kの布シートよりはe-plusG標準の革シートのおかげでしっかりしている、布シートより沈みこみが少なく若干疲れにくい印象。

【燃費】
62Kの実用域は53.2K程
航続距離350キロ弱

電費は6.5程度
(ecoモード、エアコンON、連れ待ち中もON、たまにラフ運転)
頑張れば6.9程度、油断すると6.3
冬場でも電費があまり落ちないのは進化しているがそもそも旧型は8位走るのでパワーに振り分けたと言う事でしょうか、それは正解ですが誰でも電費8位で走れるモードがあっても良かったかと。

【価格】
まだまだ高く買おうと思う人は少ないかも。
逆にもう少し高くても外観、特に内装やシートアレンジを頑張れば購買層は増えるかも。
マイナーでナビは大きくなったものの価格は上昇
【総評】
まだまだ不出来な部分は多いが、走行性能に関してはガソリンよりも良いですし、航続距離に関しては遠乗りを考えても一応実用域に達したと思います。

充電によるバッテリー温度の上昇も40kの半分程度なので当日の繰返し充電でも熱による走行不能にはなりにくい、冬場は体感としてそれほど落ち込みは感じなかった。

駄目な部分を結構書いたが総評としては気に入っています。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
千葉県

新車価格
472万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

リーフの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格2
実用域に達した、ガソリン車と比べても不便を感じない。

所有しているので辛口評価しますがいい車です。

【エクステリア】
可もなく不可もなくごく普通の外観

【インテリア】
10数年前なら結構いい内装だが軒並み他社の内装が良くなり特にトヨタの内装が大幅に良くなってる現在かなり見劣りがする、チープさを感じる。
乗り出し300万円以下の車にも負けるのは何とかしてもらいたい。

シートレイアウトに関しても、前席は90度迄しか倒れず、後席はリクライニングせず、後席を倒せば段差が35pもありフラットにならない。

大柄な人は後席では頭がぶつかって辛い、後5p高ければまず当たる人はいないと思う。
もっとも多くの人は問題ないと思うが世界でも売るのだから改善した方が良いと思う、190p近い人は注意。

ナビが7インチなのは使いにくい、特にアラウンドビューとバックモニターで分割されるので小さすぎて見にくい、これならバックモニターだけの方がよっぽど良い。

7スピーカーこれは売りなのか?全く音は良くない売りにするならドアのスピーカーはもう少し大きく更にこの大きさの車でも最低でも11スピーカー位は必要。
e-plusGでは標準装備だが他のモデルで選択する理由は全く無く自分でスピーカーを変えたりツィーター、ウーファーを追加した方が良い。

【エンジン性能】
モーター走行はリニアで気持ちが良くたまにガソリン車を運転するとあれっこの車調子が悪い?って思ってしまう。
この爽快感はガソリン車では味わえない。

【走行性能】
最近は馴れてしまったがとにかく走りは楽しい、将来の電気自動車の伸びしろを考えるとガソリン車には戻れないかも。
ただ雨の日ブレーキが効きにくい、回生ブレーキにあぐらをかいてブレーキ性能を落としている気がします、パッドを変えるだけでも改善するかも。

e-plusではe-pedal時の反応を弱くしてしまっているので残念な部分です、e-pedal40k試乗の時は楽しくて使ってましたがe-plusでは全く使わないですね。

【乗り心地】
脚はノーマルでこれぐらいあれば私は大満足あえて社外に変えると言う気持ちも起こらない。
リアがトーションビームと言う事を考えても一般使用では不満無いレベルになっている。

シートに関してはちょっとやわいしあまり良くない、長距離運転には向かない。
ただ試乗した40Kの布シートよりはe-plusG標準の革シートのおかげでしっかりしている、布シートより沈みこみが少なく若干疲れにくい印象。

【燃費】
62Kの実用域は53.2K程

電費は6.5程度
(ecoモード、エアコンON、連れ待ち中もON、たまにラフ運転)
頑張れば6.9程度、油断すると6.3

【価格】
まだまだ高く買おうと思う人は少ないかも。
逆にもう少し高くても外観、特に内装やシートアレンジを頑張れば購買層は増えるかも。

【総評】
まだまだ不出来な部分は多いが、走行性能に関してはガソリンよりも良いですし、航続距離に関しては遠乗りを考えても一応実用域に達したと思います。

充電によるバッテリー温度の上昇も40kの半分程度なので当日の繰返し充電でも熱による走行不能にはなりにくい、冬場は逆に温度が上がらないかも知れないがまだ冬を経験してないので解りません。

駄目な部分を結構書いたが総評としては気に入っています。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
千葉県

新車価格
472万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

リーフの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22

満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格2
実用域に達した、ガソリン車と比べても不便を感じない。

【エクステリア】
可もなく不可もなくごく普通の外観

【インテリア】
10数年前なら結構いい内装だが軒並み他社の内装が良くなり特にトヨタの内装が大幅に良くなってる現在かなり見劣りがする、チープさを感じる。

シートレイアウトに関しても、前席は90度迄しか倒れず、後席はリクライニングせず、後席を倒せば段差が35pもありフラットにならない。

ナビが7インチなのは使いにくい、特にアラウンドビューとバックモニターで分割されるので小さすぎて見にくい、これならバックモニターだけの方がよっぽど良い。

【エンジン性能】
モーター走行はリニアで気持ちが良くたまにガソリン車を運転するとあれっこの車調子が悪い?って思ってしまう。

【走行性能】
最近は馴れてしまったがとにかく走りは楽しい、将来の電気自動車の伸びしろを考えるとガソリン車には戻れないかも。
ただ雨の日ブレーキが効きにくい、回生ブレーキにあぐらをかいてブレーキ性能を落としている気がします、パッドを変えるだけでも改善するかも。

e-plusではe-pedal時の反応を弱くしてしまっているので残念な部分です、e-pedal40k試乗の時は楽しくて使ってましたがe-plusでは全く使わないですね。

【乗り心地】
脚はノーマルでこれぐらいあれば私は大満足あえて社外に変えると言う気持ちも起こらない。

シートに関してはちょっとやわいしあまり良くない、長距離運転には向かない。
ただ試乗した40Kの布シートよりはe-plusG標準の革シートのおかげでしっかりしている、布シートより若干疲れにくい印象。

【燃費】
62Kの実用域は53.2K程

電費は6.5程度
(ecoモード、エアコンON、連れ待ち中もON、たまにラフ運転)
頑張れば6.9程度、油断すると6.3

【価格】
まだまだ高く買おうと思う人は少ないかも。
逆にもう少し高くても外観、特に内装やシートアレンジを頑張れば購買層は増えるかも。

【総評】
まだまだ不出来な部分は多いが、走行性能に関してはガソリンよりも良いですし、航続距離に関しては遠乗りを考えても一応実用域に達したと思います。
駄目な部分を結構書いたが総評としては気に入っています。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
千葉県

新車価格
472万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

リーフの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった1

満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格2
実用域に達した、普通車と比べても不便を感じない。

【エクステリア】
可もなく不可もなくごく普通の外観

【インテリア】
10数年前なら結構いい内装だが軒並み他社の内装が良くなり特にトヨタの内装が大幅に良くなってる現在かなり見劣りがする、チープさを感じる。

シートレイアウトに関しても、前席は90度迄しか倒れず、後席はリクライニングせず、後席を倒せば段差が35pもありフラットにならない。

ナビが7インチなのは使いにくい、特にアラウンドビューとバックモニターで分割されるので小さすぎて見にくい、これならバックモニターだけの方がよっぽど良い。

【エンジン性能】
モーター走行はリニアで気持ちが良くたまにガソリン車を運転するとあれっこの車調子が悪い?って思ってしまう。

【走行性能】
最近は馴れてしまったがとにかく走りは楽しい、将来の電気自動車の伸びしろを考えるとガソリン車には戻れないかも。
ただ雨の日ブレーキが効きにくい、回生ブレーキにあぐらをかいてブレーキ性能を落としている気がします、パッドを変えるだけでも改善するかも。

e-plusではe-pedalの反応を弱くしてしまっているので残念な部分です、e-pedal40k試乗の時は楽しくて使ってましたがe-plusでは全く使わないですね。

【乗り心地】
脚はノーマルでこれぐらいあれば私は大満足あえて社外に変えると言う気持ちも起こらない。

シートに関してはちょっとやわいしあまり良くない、長距離運転には向かない。

【燃費】
62Kの実用域は53.2K程

電費は6.5程度
(ecoモード、エアコンON、連れ待ち中もON、たまにラフ運転)
頑張れば6.9程度、油断すると6.3

【価格】
まだまだ高く買おうと思う人は少ないかも。
逆にもう少し高くても外観、特に内装やシートアレンジを頑張れば購買層は増えるかも。

【総評】
まだまだ不出来な部分は多いが、走行性能に関してはガソリンよりも良いですし、航続距離に関しては遠乗りを考えても一応実用域に達したと思います。
駄目な部分を結構書いたが総評としては気に入っています。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
千葉県

新車価格
472万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

リーフの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

満足度4
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格2
実用域に達した、普通車と比べても不便を感じない。

【エクステリア】
可もなく不可もなくごく普通の外観

【インテリア】
10数年前なら結構いい内装だが軒並み他社の内装が良くなり特にトヨタの内装が大幅に良くなってる現在かなり見劣りがする、チープさを感じる。

シートレイアウトに関しても、前席は90度迄しか倒れず、後席はリクライニングせず、後ろ席を倒せば段差が30pもありフラットにならない。

ナビが7インチなのは使いにくい、特にアラウンドビューとバックモニターで分割されるので小さすぎて見にくい。

【エンジン性能】
モーター走行はリニアで気持ちが良くたまにガソリン車を運転するとあれっこの車調子が悪い?って思ってしまう。

【走行性能】
最近は馴れてしまったがとにかく走りは楽しい。
ただ雨の日ブレーキが効きにくい、回生ブレーキにあぐらをかいてブレーキ性能を落としている気がします、パッドを変えるだけでも改善するかも。

e-plusではe-pedalの反応を弱くしてしまっているので残念な部分です、e-pedal40k試乗の時は楽しくて使ってましたがe-plusでは全く使わないですね。

【乗り心地】
脚はノーマルでこれぐらいあれば私は大満足あえて社外に変えると言う気持ちも起こらない。

シートに関してはちょっとやわいしあまり良くない、長距離運転には向かない。

【燃費】
62Kの実用域は53.2K程
電費は6.5程度
(エアコンON、連れ待ち中もON、たまにラフ運転)
頑張れば6.9程度、油断すると6.3

【価格】
まだまだ高く買おうと思う人は少ないかも。
逆にもう少し高くても外観、特に内装やシートアレンジを頑張れば購買層は増えるかも。

【総評】
まだまだ不出来な部分は多いが、走行性能に関してはガソリンよりも良いですし、航続距離に関しては遠乗りを考えても一応実用域に達したと思います。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年4月
購入地域
千葉県

新車価格
472万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

リーフの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「リーフ 2017年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

リーフ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

リーフ
日産

リーフ

新車価格:332〜499万円

中古車価格:164〜449万円

リーフ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <432

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

リーフの中古車 (全2モデル/1,034物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

monoka
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意